YouTubeから聞こえるアメリカの声

Archive for the ‘Uncategorized’ Category

United We Serve 共に尽くそう: ミシェル・オバマからのメッセージ

In Uncategorized on 2009/06/22 at 23:59


President Obama has said that the challenges we face are unprecedented and that we need to build a new foundation for economic growth in America. The administration has begun this work with the dramatic new investments in education, health care, and clean energy. But we cannot do this alone here in Washington. Economic recovery is as much about what you’re doing in your communities as what we are doing here in Washington. And it’s going to take all of us working together.

オバマ大統領は言いました。現在私たちは、今までにないチャレンジに直面している。アメリカの経済成長の新しい基盤を作り直さなければならない。政府はこの目標に向かって、教育や医療やクリーンエネルギーへの新しい投資を始めました。でもワシントンでだけでは成し遂げられません。経済回復にとって、あなたがあなたの地域で行うことが、ワシントンでの私たちの行動と同じように重要なのです。そして回復には私たち全員の力が必要です。

Today marks the kick-off of united we serve, the administration’s nationwide summer service initiative. With the knowledge that ordinary people can achieve extraordinary things when given the proper tools, this initiative aims to both expand the impact of existing organizations and encourage people like you and me to develop our own do-it-yourself service projects.

今日「United We Serve / 共に尽くそう」が開始されました。政府が率先して全国のみなさんに呼びかける、夏の奉仕活動です。道具や方法があれば、普通の人が普通以上のことを実現できます。この呼びかけの企画には、現存する奉仕団体の活動活性化と、あなたや私のような個人が新しい奉仕プロジェクトを生み出す、両方の役割を果たします。

And you can do this all online at serve.gov. In fact, just think of serve.gov as your online resource for service. It makes it easy to not only find volunteer opportunities in your community, but it also helps you create and promote your own service projects. So if you have a great volunteer idea, like a book drive for a local school, or cleaning up a neighborhood park, the tools on serve.gov help you turn that great idea into a successful service project.

活動への参加は、サイト serve.gov から出来ます。 serve.gov をあなたの奉仕活動の情報センターと考えて下さい。あなたの地域で行われているボランティア活動を簡単に探すことが出来ます。奉仕活動のアイデアのヒントや、あなたが考えた活動の公開や宣伝もできます。地元の学校への移動図書室、近隣公園の清掃など、もし素晴らしいアイデアがあったら serve.gov の道具を利用して、ぜひ成功させてください。

You may know that service has been my life’s work in many ways. It’s near and dear to my heart. Earlier in my career I helped start a wonderful service organization in Chicago that helped young people pursue careers in public service. I’ve never been happier in my life than when I was working to build that organization.

奉仕活動は、長い間、私の人生の基盤でした。私が最も大事に、心に刻んでいることです。社会人の始めの頃、私はシカゴのある奉仕団体の創立にたずさわりました。社会福祉の分野で働きたがっている若者たちを、その実現のために援助する、素晴らしい団体でした。人生の中で、あの時ほど幸せだったことはありません。

See there’s a feeling that you get when you help somebody else achieve their goals, the fulfillment of putting your faith into action and feeling that you’re part of something bigger than yourself, and doing your part for the greater good.

目標に向かって頑張る人々、その人たちを助けて、その目標が達成できた時、その時の素晴らしい気持ち。自分が信じて援助に力を注ぎ、それが現実になった時の満足感と喜び。自分が自分よりもずっと大きなものの一部になる実感。偉大な良心のために、自分の役割を果たした感覚。

And while many of us it may seem impossible to squeeze even more time out of the day and do more, because we all have busy lives. This summer the president and I are asking you to make time and do your part. And I promise you won’t regret it. So, wherever your interests lie, whether it’s working with young people or caring for the sick and elderly in our hospitals, or helping to make the homes in your neighborhood more energy-efficient, or any other issue, the most important thing is for you to get involved.

多くの人にとって、多忙な毎日から時間を絞り出すことは不可能だと感じられるでしょう。私たちの生活は本当に多忙です。でもこの夏、大統領と私から、みなさんに参加をお願いします。時間を作って、あなたの役割を果たして欲しいのです。決して後悔しないことをお約束します。子供たちの世話、病院での病人や高齢者の世話、コミュニティーの家々の省エネ化、あなたの興味のある分野でいいのです。どんな分野であっても、一番大切なのは「参加する」ことです。

So log on to serve.gov and let’s work together to build a new foundation for America. As the President says, America’s new foundation will be built one community at a time. And that starts with you.

serve.gov を訪れて下さい。そしてアメリカの新しい基盤を一緒に作りましょう。大統領が言うように、アメリカの新しい基盤は、コミュニティーひとつひとつの再建から始まるのです。そしてそれはあなたから始まるのです。

– – – – – – – – –
「United We Serve / 共に尽くそう」2009年6月22日 – 9月11日
http://serve.gov

First lady touts volunteerism in San Francisco
ファースト・レディー、サンフランシスコで奉仕活動開幕(写真集)
http://www.sfgate.com/cgi-bin/object/article?f=/c/a/2009/06/22/MNN818BJM0.DTL

To kick start a national convention of volunteers, first lady Michelle Obama helped put the finishing touches on a playground at Bret Harte Elementary School in San Francisco on Monday. (Mike Kepka / The Chronicle)

全国ボランティア集会を記念して、ミシェル・オバマはサンフランシスコのBret Harte小学校の改築作業に参加。

広告

「FOOD, INC.」食品産業がどうやってあなたを病気に肥満に貧困にしているか – そしてそれと闘う方法

In Environment, Health Care, Uncategorized on 2009/06/09 at 00:06


「FOOD, INC.」食品産業がどうやってあなたを病気に肥満に貧困にしているか – そしてそれと闘う方法

The way we eat has changed more in the last 50 years than in the previous 10,000. The modern supermarket has an average of 47,000 products. The industry doesn’t want you to know the truth about what you’re eating. Because if you knew, you might not want to eat it.
私たちの食生活はこの50年間で変わりました。それ以前の1万年間での変化よりも急激な変化を遂げました。近代的なスーパーマーケットには平均して4万7千種の商品が並んでいます。食品産業は、あなたが食べているものの真実を知らせたくありません。もし知ったら、食べたくなくなるかもしれないから。

We’ve never had food companies this powerful in our history.
Everything we’ve done in modern agriculture is to grow it faster, fatter, bigger, cheeper. If you can grow a chicken in 49 days, why would you want one you got to grow in 3 months. When you go through a supermarket, there’s an illusion of diversity. So much of our industrial food turns out to be rearrangement of corns.
歴史上、食品産業がこれほどまでに力を持ったことはありません。近代農業のすべての目標が、早く大きく安く生産すること。鳥が49日で出荷できるのなら、三ヶ月もかける理由があるのか?スーパーマーケットの商品棚には「多種の食品」の幻覚があります。なんと多くの産業加工品が、みなトウモロコシから出来ていることか!

CORN PRODUCTS: KETCHUP, CHEESE, TWINKIES, BATTERIES, PEANUT BUTTER
トウモロコシ製品: ケチャップ、チーズ、トゥウィンキーズ、電池、ピーナッツバター

AMERICA’S FOOD INDUSTRY IS MAKING A KILLING
アメリカの食品産業はぼろ儲けをしている

Sometimes you look at vegetables and say, OK we can get 2 hamburgers for the same price.They have managed to make it against the law to criticize the products. There’s an effort to make it illegal to publish a photo of any industrial food operations.
野菜の高価な値段、同じ値段でハンバーガーが二つ買えるのです。政府はなんと、食品産業商品を批判することを違法にしてしまいました。食品産業の生産過程の写真を公開することを違法にする動きが進んでいます。

AND IT’S MAKING US SICK
そして食品産業商品は私たちを病気にする

I find it incredible, FDA wants to allow the sale of meat from animals without any labeling. Peanut butter contaminated with salmonella. E.coli has been found in spinach, apple juice. Smells like money to me.
驚くことに、FDA米国食品医薬品局は、食肉に生産地表示をしなくてもよいことを望んでいます。ピーナッツバターからサルモネラ菌、ほうれん草やリンゴジュースから大腸菌!「儲かるからね」

BUT YOU HAVE THE POWER TO TURN THE TABLES
しかし私たちには、逆転の力がある!

The average consumer does not feel very powerful. It’s exact opposite. When we run the items past supermarket scanner, we’re voting for local or not, organic or not. Look at the tobacco industry. The battle against tobacco is the perfect model of how an industry’s irresponsible behavior can be changed.
一般消費者は、自分は無力だと感じています。でも実際は逆なんです。スーパーマーケットで商品のバーコードが読まれるたびに、私たちは投票しているのです。地元生産品かそうでないか、有機農製品かそうでないか。タバコ産業を思い出して下さい。タバコ産業を相手取った闘いは、大産業がその無責任な産業形態を変えることになった素晴らしい雛形です。

“MORE THAN A TERRIFIC MOVIE – IT’S AN IMPORTANT ONE” – EW
「素晴らしい映画、そしてそれ以上に重大な映画」エンターティンメント・ウィークリー
“THE FILM I HAVE ALWAYS BEEN WAITING FOR” – ALICE WATERS
「ずっと待っていた映画」アリス・ウォータース

Imagine what would be if as a national policy, the idea would be to have such nutritionally dense food, that people actually felt better, had more energy, and weren’t sick as much. See, that’s a noble goal. People got to start demanding good wholesome food of us, and we deliver! I promise you!
想像してみて下さい。もしほんとうに栄養たっぷりな食物が生産されて、食べた人々が元気になりエネルギーが出て、もう病気になることがない、それがもし国家の方針になったら。農家にとってそれは素晴らしい目標です。人々は自然の恵みの食品を要求するべきなのです。そうすれば農家はそれを生産します。きっと生産します。

YOU’LL NEVER LOOK AT DINNER THE SAME WAY AGAIN
この映画を見たら、あなたの夕食を見る目は変わる

IN THEATRES JUNE 12TH 2009
米国2009年6月12日公開「FOOD, INC.」フード・インク
http://foodincmovie.com
http://youtube.com/takepart