YouTubeから聞こえるアメリカの声

Archive for the ‘Politics’ Category

オバマ当選から一年「オルガナイズ・フォー・アメリカ」「バイ・ザ・ピープル」「レイバー・デー」

In Activism, Politics on 2009/11/04 at 23:00


33 months ago, on the steps of old capital in Springfield Illinois, our movement for change began. And weeks and months that followed, in the living rooms and backyards all across America, millions of you lent your voices to the movement. You volunteered. Some of you for the very first time, others for the first time in a long time. You became neighborhood team leaders, precinct captains and caucus captains. You knocked on doors, dug into your savings and talked to anyone who listened. And step by step, block by block, you’ve created the greatest grassroots campaign ever assembled.

33ヶ月前、イリノイ州スプリングフィールドの古い州議会の階段に立った時から、私たちのチェンジへのムーブメントは始まった。その後何週間何ヶ月、アメリカ中の居間で裏庭で、あなたのように何百万もの人々がムーブメントのために声を貸してくれた。ボランティアとして働いてくれた。生まれて初めてのボランティア活動だった人々もいたし、ずいぶん長いことしていなかった活動に再度参加してくれた人もいた。コミュニティーのチームリーダーになったり、行政区キャプテンや幹部会リーダーになったりしてくれた。戸をたたき、貯金を寄付し、耳を傾ける人々にはすべて話しかけた。一歩づつ、ひと区画づつ、私たちは史上最大の草の根選挙キャンペーンを作り上げた。

Because of you, we stood together one year ago today, and helped to bend the arc of history. As I said on that night, victory alone was not the change we sought. It was only the chance for us to make that change. You understood the enormity of the test that lay ahead, and you knew the challenges that we face might not met in one year or one term.

あなたたちのお陰で、一年前の今日、共に歴史を変えることができた。あの夜私が言ったように、私たちが求めたのは勝利だけではない。勝利は私たちが変化を起こすための機会に過ぎない。私たちを待ち受ける試練の大きさはみながわかっている。そして直面する挑戦たちは一年、一期では打ち勝てないかもしれないことも。

That’s why you decided to keep the movement going. You’ve created “Organizing for America” to build on the strength of campaign and keep the call for change alive in every corner of our nation. And today that movement is strong as ever. Over 2-million of you have taken an action in support of “Organizing for America”‘s health care campaign. And you recently generated 315000 calls to congress in a single day. Each of you is making difference in your way. That’s why I want to thank you. Not just for your astonishing work during the campaign, but also your unyielding dedication ever since.

だからあなたたちはムーブメントを持続することを決めたのだ。選挙キャンペーンの時の団結と力を持続し、全国でチェンジを求める声を響かせ続けるために、「オルガナイズ・フォー・アメリカ」を作ったのだ。そして今日、その活動はさらに強さを増している。「オルガナイズ・フォー・アメリカ」の医療保険制度キャンペーンのために、200万人が活動参加した。たった一日で議会に31万5千の電話をすることができた。あなた方の一人一人がそれぞれのやり方でアメリカを変えている。だから私はあなたに感謝したい。選挙キャンペーンでの目覚ましい活動だけでなく、それ以後も譲ることなく献身しているあなたへに。

Because of your support, we are working to bring the change to America. We are beating back the worst economic crises since the great depression. We are investing in clean energy economy that will not only free us from the grips of foreign oil, but also creates new green jobs in the process. And we are closer than ever been to passing the real meaningful health insurance reform in the United States of America.

あなたの支援があって、私たちはアメリカにチェンジをもたらすための仕事ができる。大恐慌以来最悪の経済を立て直そうとしている。クリーンエネルギーへの投資を行い、石油の鎖を断ち切り、同時に新しい環境産業を作り出す。そして合衆国全土に本当に意味のある医療保険の改正の実現に、今までになく近づいている。

So we are making progress. But giving the big challenges Americans facing across this county, we also have a lot of work to do. That’s why I’m counting on your help. There are “Organizing for America” staff and volunteers in every corner of every state, ready to help you get started. Just fill up the form below. One of them will give you a call, and let you know how you can help in your community.

私たちは確実に前進している。しかしアメリカ市民が全国で直面している挑戦を思うと、まだまだやらなければならないことがたくさんある。あなたの助力に期待している。「オルガナイズ・フォー・アメリカ」のスタッフやボランティアは、全国各地であなたの参加を待っている。以下のフォームで登録してもらえれば、すぐに連絡を取り合って、あなたがあなたの地域でできることがわかる。

Challenges we face are not easy. They won’t be solved overnight. But if you stand with me, if you keep making calls and knocking on doors and pushing for change, then together we will secure the promise of America for future generations. Thanks so much.

私たちが直面する挑戦は容易くない。一夜で解決できることではない。だが私と一緒に立ち上がり、電話をし戸をたたいてチェンジを望み続ければ、未来の世代のためにアメリカの約束を、きっと守ることが出来る。ありがとう。

「オルガナイズ・フォー・アメリカ」登録して参加しよう
Organizing for America / Sign Up to Get Involved
http://my.barackobama.com/year


HBOドキュメンタリー「バイ・ザ・ピープル」バラク・オバマの選挙キャンペーン記録
HBO Documentary Films presents “By The People: The Election of Barack Obama.”

HBO: By The People
http://www.hbobythepeople.com


ドキュメンタリー「レイバー・デー」バラク・オバマの選挙キャンペーン、SEIUの記録

Labor Day
http://www.labordaythemovie.com

上院議員テッド(エドワード)・ケネディー

In Civil Rights, Health Care, Politics on 2009/08/28 at 00:38


Tribute to Senator Ted Kennedy from the 2008 Democratic National Convention
2008年民主党全国大会での上院議員テッド(エドワード)・ケネディー紹介クリップ
(0:00 – 2:40)

(Edward Kennedy) The sea for me has always been a metaphor of life. I mean the sea is a constantly evolving, changing, shifting aspect of both nature and of life.  That sort of exposure to the sea is both enriching and enhancing, and it’s fun.
(エドワード・ケネディー) 私にとって海は、人生の例えだ。常に変化し、揺れ続ける。自然も人生も。そんな気持ちで海にいると、心が豊かになるし、なにしろ楽しい。

(Vicki Kennedy) The sea, the wind, the outdoors, it is the most renewing, healing place for him and always has been.
(妻ヴィッキー・ケネディー) 海、風、自然.. それらはいつも夫を癒し、新しいエネルギーを与えてくれます。

(Sen. John Kerry) He loves getting out sailing. I think he’s never more in peace, and perhaps in some ways never more in touch with his families and his roots and his brothers when he’s out sailing.
(ジョン・ケリー上院議員) 彼はヨットをこよなく愛しています。きっとヨットに乗っている時、一番心の平安を得られ、家族との繋がりを確かめられるのだと思います。子供の頃のことや兄たちとのことを、しっかり思い出せるからだと思います。

(Edward Kennedy) I grew up in a family that wanted to achieve in a sense of making a difference in people’s lives.
(エドワード・ケネディー) 人々の人生を良い方に変えることに価値を置く、そんな家族の中で私は育ったんだ。

(Sen. John Kerry) I know that Ted Kennedy has always been unbelievably sensitive to the accomplishes of his brothers. They were his inspirations.
(ジョン・ケリー上院議員) 彼はいつも兄たちの功績にとても敬意を評していました。彼にとって兄たちは、とても影響力がある存在でした。

(Rep. John Lewis) He has a legacy. He’s done his best to pick up his two brothers left off.
(ジョン・ルイス下院議員) 彼には大きな遺産があります。兄たちがやり残したことを達成しようと、彼は最善を尽くして来ました。

(Edward Kennedy 1968) Like my three brothers before me, I pick up a fallen standard, sustained by their memory of our priceless years together. I shall strive to carry forward that special commitment to justice, to excellence, and courage that distinguished their lives.
(エドワード・ケネディー、1968年のスピーチ) 軌跡を築いた三人の兄たちのように、私も今日その道を選ぼう。共に過ごした掛け替えのない記憶に支えられて。その意思を次いで私は前進する。彼らが身を以て追従した、正義と勇気に向かって。

(Rep. John Lewis) He championed the cause of those who’ve been left out. The poor, the elderly, the children, those without education..
(ジョン・ルイス下院議員) 彼は社会から取り残された人々のために、大きな成果をあげました。貧しい人々、老人たち、子供たち、教育を得ることが出来ない人々のために。

(Vicki Kennedy) With brought up to believe that to those who’s much given, much required. But it’s really bigger than that. He really feels a moral obligation to do everything possible to make this world a better place.
(妻ヴィッキー・ケネディー) 夫は生まれた時から、社会に尽くすことが要求された環境でした。でももっと大きなことなのです。夫は心から、世界をより良く変えるためにできることをすべてしなければならない、という使命感を持っています。

(Rep. John Lewis) I’ve heard Sen. Kennedy said in many occasions that ‘Health Care is not privilege, it is right.’
(ジョン・ルイス下院議員) ケネディー上院議員が何度もこう言っているのを聞きました「医療は特権ではない、市民の権利なのだ」

(Edward Kennedy 1980) Long as I have a voice in the United States Senate, it’s going to be for that Democratic platform plank that provides decent quality health care for North and South, East and West, for all of America, as a matter of right and not privilege..
(エドワード・ケネディー、1980年のスピーチ) 合衆国上院議員としての声がある限り、私は主張し続ける。民主主義の基盤はしっかりとした医療をすべての市民に提供することだと。北から南、東から西、アメリカ全土で。医療は特権ではなく権利なのだ。

(Sen. John Kerry) Because of Ted Kennedy, people have things today, they are able to do things today, they are able to reach for American dream in the way they were never imagined.
(ジョン・ケリー上院議員) テッド・ケネディーの功績で、私たちは今、多くのことができる。アメリカン・ドリームを実現できる。昔は想像もできなかったようなことが。

オフィシャルサイト
http://www.tedkennedy.org
http://www.youtube.com/tedkennedy

HBOドキュメンタリー
TEDDY: In His Own Words

http://www.hbo.com/docs/docuseries/teddy

Recovery.gov: 米国復興再投資計画ポータル

In Politics on 2009/02/17 at 21:51

In the face of an economic crisis we haven’t seen since the Great Depression, The American Recovery and Reinvestment Plan represents a strategic and significant investment in our country’s future.  The size and scale of this plan demand unprecedented efforts to root out waste, inefficiency and unnecessary spending.

30年代大恐慌以来の経済危機に直面する今、このARRP米国復興再投資計画が提示しているのは、我国の未来への重大な投資です。これほどの大規模な計画を推進するためには、無駄や効率の悪さ、そして不必要な出費を、今までにない努力を費やして根絶しなければなりません。

Recovery.gov will be the online portal for these efforts. Publishing information about how the funding secured by the legislation will be spent in a timely, targeted and transparent manner. Instead of politicians doling out money behind closed doors, the important decisions about where taxpayer dollars are invested will be yours to scrutinize.

Recovery.govは、これらの努力へのオンライン・ポータルです。ARRPによって確保された政府援助金の動向をwebで公開することは、的確な援助、そして行政の透明性につながります。閉じられた扉の裏で政治家たちが勝手に予算を分配するのではなく、税金がどのように使われるのかを、みなさんの目で見て欲しいのです。

Right now, Recovery.gov provides projections, based on the planning that went into the legislation.  And once the money starts to go out to build new roads, modernize schools and create new jobs, you’ll be able to see how, when and where it is spent.

現在Recovery.govでは、ARRPに基づいた計画予定を公開しています。ARRPの援助金の投資が始まると、新しい道路が作られ、学校が近代化され、新しい仕事が増えていきます。どこでどのように投資金が使われているかを、Recovery.govでお伝えして行きます。

So take a look now, but come back often. Recovery.gov will be changing and growing a lot in the weeks and months ahead. And we’re counting on your participation. Thank you.

Recovery.govを訪れて下さい。これからの数週間数ヶ月、Recovery.govはどんどん変化して行きます。どうか頻繁に訪れて下さい。あなたの参加を待っています。ありがとう!

米国復興再投資計画ポータル
http://Recovery.gov

– – – – – – – –
President Obama Portals: オバマ大統領米国政府関連オフィシャルサイト

USAServe.org 奉仕活動支援ポータル
http://USAService.org
関連ブログ: USAService.org
https://100voices.wordpress.com/2009/01/26/usaserviceorg/

White House ホワイトハウス
http://youtube.com/whitehouse

http://whitehouse.gov

Presidential Inaugural 就任式委員会
http://youtube.com/inauguration
http://pic2009.org

President-elect Obama 移行期間活動
http://change.gov
http://youtube.com/ChangeDotGov

BarackObama.com 選挙活動
http://barackobama.com
http://youtube.com/BarackObamadotcom

USAService.org

In Activism, Politics on 2009/01/26 at 00:28

America’s greatness was not crafted in skyscrapers alone, but on the ground by those who could see what needed to be done. Volunteers who in service stepped forward onto the dust of the moon, a levee in the heartland, the marble steps of a dream. You may ask yourself: ‘Where’s my moon, my levee, my dream?,’ Well, it’s here, with you. Step forward. Help renew America. At USAService.org.

アメリカの素晴らしさは高層ビルに刻まれているだけではない。アメリカの素晴らしさは至る所で、成すべきことを見つめる人々の中に息づいている。人類を月に送る道で、あの堤防の傍らで、そして夢をかなえる階段を造るために、ボランティアたちは力を尽くした。自分に問いかけてみよう。「私の月は?私の堤防は?そして私の夢はどこ?」それはここにある。前進しよう。アメリカが生まれ変わるために。USAService.org.

– – – – – – – – – –
USA Service Blog: All Because of You
http://usaservice.org/blog/entry/all_because_of_you/

The winds of change are sweeping across America because of you. President Obama issued a call to service two weeks ago and thousands of you already have responded with amazing alacrity.

You rapidly organized more than 13,000 service projects in all 50 states, helping repaint schools, mentor kids, collect canned food and donate blood. At Robert F. Kennedy Memorial Stadium in Washington, D.C., thousands of you helped assemble more than 80,000 care packages for our troops.

On Martin Luther King Jr. Day, we showed what was possible when Americans work together to strengthen our communities. Now that MLK Day is over, we need to keep that same spirit of volunteerism alive throughout the year. You can keep using our site to create or find events, as well as find other service opportunities through some great organizations.

It doesn’t matter how you choose to stay involved in your community, it just matters that you do.

「チェンジ」の風がアメリカ中を吹き抜けています。あなたのお陰です。二週間前、オバマ大統領が奉仕への参加を呼びかけました。何千もの人々が即座にその声に応えました。

50州全土で13000以上の奉仕活動が組織されました。老朽校舎の塗り替え、子供たちの話し合い手、貧しい地区への缶詰食品の収集、献血..。ワシントンのケネディー記念スタジアムでは、何千ものボランティアの人々が、戦地の兵士たちへのケアパッケージ8万個を梱包しました。

キング牧師誕生日の祝日に私たちは、コミュニティーの力を合わせればこんなに素晴らしいことができることを証明しました。そして今、この日の気持ちをずっと持ち続けることが必要です。奉仕イベントの登録や参加に、このサイトを利用し続けて下さい。

どのような参加方法でも構いません。参加することが大切なのです。

– – – – – – – – – –
KEEP INSPIRED by watching Obama’s speeches and addresses!
オバマ大統領のスピーチでやる気を持続しよう!

Campaign speech archive:
選挙キャンペーン演説
http://youtube.com/BarackObamadotcom
http://barackobama.com

President-elect weekly address archive:
移行期週間演説
http://youtube.com/ChangeDotGov
http://change.gov

Inaugural speech and message archive:
就任演説、メッセージ
http://youtube.com/inauguration
http://pic2009.org

President Obama weekly address:
オバマ大統領週間演説
http://youtube.com/whitehouse
http://whitehouse.gov

We Are One: オバマ就任コンサート

In Music +, Politics on 2009/01/24 at 19:09

オバマ就任委員会オフィシャルYouTubeサイトから、全編2時間の映像です。1/18/2009 HBOの放送時にカットされ問題となった、冒頭のゲイの牧師Gene Robinsonジーン・ロビンソンの祈りから始まります。

We Are One: オバマ大統領就任記念コンサート
The Obama Celebration at The Lincoln Memorial – 1/18/2009
http://www.hbo.com/weareone/

guests: Jack Black, Steve Corell, Rosario Dawson, Jamie Foxx, Tom Hanks, Samuel L. Jackson, Ashley Judd, Martin Luther King III, Queen Latifah, Laura Linney, George Lopez, Kal Penn, Marisa Tomei, Denzel Washington, Forest Whitaker, Tiger Woods

ゲスト: ジャック・ブラック、ステーブ・コレル、ロザリオ・ドーソン、ジェミー・フォックス、トム・ハンクス、サミエル・ジャクソン、アシュレー・ジャッド、マーチン・ルーサー・キング三世、クィーン・ラティファ、ローラ・リニー、ジョージ・ロペス、カル・ペン、メリサ・トメイ、デンゼル・ワシントン、フォレスト・ウィテカー、タイガー・ウッズ

performances: Beyonce, Mary J. Blige, Jon Bon Jovi, Garth Brooks, Sheryl Crow, Renee Fleming, Mstr.Sgt. Caleb Green (US Army), Josh Groban, Herbie Hancock, Heather Headley, Bettye LaVette, John Legend, Jennifer Nettles, John Mellencamp, Pete Seeger, Shakira, Bruce Springsteen, James Taylor, U2, Usher, will.i.am, Stevie Wonder

曲目演奏順
●The Rising: Bruce Springsteen ブルース・スプリングスティーン
●Lean On Me: Mary J. Blige メリー・J・ブライジ
●Change Is Gonna Come: Jon Bon Jovi, Bettye LaVette ボン・ジョビ、ベティー・ラベット
●Shower The People: James Taylor, John Legend, Jennifer Nettles ジェームス・テイラー、ジョン・レジェンド、ジェニファー・ネトレス
●Pink Houses: John Mellencamp ジョン・メレンキャンプ
●My Country ‘Tis Of Thee: Josh Groban, Heather Headley ジョシュ・グローバン、ヘザー・ヘッドリー
●One Love: Herbie Hancock, will.i.am, Sheryl Crow ハービー・ハンコック、ウィル・アイ・アム、シェリル・クロウ
●You’ll Never Walk Alone: レネ・フレミング
●American Pie/Shout/We Shall Be Free: Garth Brooks ガース・ブルックス
●Higher Ground: Stevie Wonder, Usher, Shakira スティービー・ワンダー、アッシャー、シャキラ
●Pride(In The Name Of Love)/City Of Blinding Lights: U2
●This Land Is Your Land: Pete Seeger, Bruce Springsteen ピート・シーガー、ブルース・スプリングスティーン
●America The Beautiful: Beyonce ビヨンセ

Cornel West, Barack Obama

In Activism, Civil Rights, Music +, Politics on 2008/11/17 at 02:19

コーネル・ウェスト、11月4日オバマ勝利のインタヴュー

– 黒人の友人たちはみな泣いたとおっしゃいましたが..

みな涙を流したよ。今までの苦難を振り返る涙、未来への希望の涙。

– 「希望」と言えばあなたの新刊書の題は「Hope on a Tightrope / 綱渡りの希望」ですが、どういう意味ですか?

オバマのカリスマと天才的な組織力は、レーガン時代と保守主義と8年に渡る共和党支配に終結をもたらす、すなわち文化の相違による貧困層の経済差と恐怖政治も終結するということだが。ここで大事なのは今は綱渡りの縄の様な緊張した移行期であることだ。オバマ時代は一体どのように映るのか、貧困層を苦境から救うことが出来るのか、レーガンの教義を超越することができるのか、第三世界に対してホワイトハウスの体質を変えることが出来るのか。

– オバマは人種差別後時代の候補として活動しました。大統領当選のスピーチにはキング牧師の名さえ出て来ませんでした。オバマのメッセージは「私を見てくれ、私があなたたちにできることを、すべての人にできることを」

人種差別後post-racialという言葉の意味を考えてみよう。白人が黒人候補者の肌の色ではなくその能力を見て投票する、人種差別後とは白人が以前より黒人候補に投票しやすくなったということ、それは確かに進歩だ。だが人種差別後とは黒人が消えたと言うことではない。黒人というものはなくなってすべて人類だということではない。ガラスの天井/上限が限りなく高くなったという象徴だ。これが子供たちに影響することを考えてみよう。私にも大事な娘がいるが、これは大きく影響する。彼らに取って限界はないということだ。これは白人の子供たちにも影響する。オバマは彼らにとっても、境界を超えてすべての子供に限界がないことの象徴だ。問題は象徴から内容への移行にかかっている。信条や政策、労働層や貧困層を代表するかどうか、補佐や内閣には誰を選ぶか。象徴は大事だが内容が問題だ。

– この選挙でアメリカはどのくらい進歩したと思いますか?

黒人が政府の高い位置に就いたという意味では、驚異的な変化だ。だか黒人貧困層の苦悩においては、象徴が内容にまだ移行していない現在、結論は出せない。オバマには力量があるはずだ。これから知ることになるだろう。オバマにはある、がアメリカ自身にあるか?なぜなら最終的には市民組織がオバマ政権にいかにプレッシャーをかけられるかどうかにかかっているからだ。市民組織が強くなければオバマは強くなれない。

– オバマへの期待は膨大です。オバマが引き継ぐのは困難に満ちた状況です。国内と世界経済の崩壊、二つの戦争など、あなたがおっしゃる問題点に至までに大きな問題が山積みですが。

私のオバマへの心からの助言はこうだ。オバマ、あなたは二つの戦争、大恐慌直前状態、カトリナ問題を抱えている。正直でいなさい。同時に率直に、クリエイティブに、深い洞察を持ちなさい。オバマには人々を鼓舞する稀に見る才能がある。一緒にやれば私たちには変えられる。アメリカだけではない。世界の隅々のいたるところで。It’s a new day, it’s a great day, here in America, it’s a happy day. 新しい日、素晴らしい日、アメリカは今日、Oh, Happy Day.

– アメリカに黒人大統領に選ばれたこの数時間、何か一番変わったと思いますか?

アメリカのイメージ、黒人の気持ち、黒人だけでなく茶、黄、赤、白、だが特に黒人にとって。変革が染み込んだ。ホワイトハウスに黒人が、黒人の家族が住む。そのアメリカのイメージは素晴らしい。挑戦は、それがEveryday People普通の人々に力を与えることができるかどうか。アジアにアフリカに南米にヨーロッパに、そして中東に良い影響を与えることが出来るかどうか。

– 荷は重いですね。

その通り。荷はとてつもなく重い。

Hope on a Tightrope
http://cornelwest.com

2008年11月15日Green Festivalsでの講演ビデオは、以下にアップされる予定。http://greenfestivals.com

オバマ次期大統領への手紙:グァンタナモ閉鎖のお願い

In Activism, Anti-War, Human Rights, Politics on 2008/11/14 at 02:16

「大統領に就任した時、私はグァンタナモを閉鎖する。軍事委員会法を拒否する。そしてジュネーヴ諸条約を尊重する。」バラック•オバマ 2007年8月1日

オバマ次期大統領が民主主義と憲法を取り戻すための手助けのチャンスです。就任第一日目に行使することができるのです。常軌を逸したグァンタナモ収容所を閉鎖することで、オバマは世界におけるアメリカのモラルリーダーシップを取り戻すことが出来るのです。憲法に違反した軍の介入と拷問の廃止で、悪名高い国防ブッシュ政権との関係を立つことが出来るのです。

この8年間ブッシュ政権が行って来た権力の乱用の時代を終わらせるために、私たちはこの重要な瞬間をしっかりと受け止めるべきです。Brave New FilmsはACLUと力を合わせ、このキャンペーンビデオを製作しました。

GITMO/グァンタナモ収容所の閉鎖と違憲軍介入の終結が、緊急に必要とされていることを訴えるためのビデオシリーズの第一作です。GITMOにおける人権剥奪のようなことが二度と起こらないようにするために、署名を求めています。ぜひ友達にこのビデオのことを知らせて下さい。

ACLUではこのキャンペーンをさらに進めて、11月9日にタウンホールミーティングを実施しました。米国中からテレコンファレンスで参加した人々が、現在のアメリカの人権について討論しました。この重要なアクション – GITMO閉鎖を実現するために、オバマ次期大統領に力を貸しましょう。

– – – – – –
CLOSE GITMO AND END MILITARY COMMISSIONS/署名サイト
http://closegitmo.com

親愛なるオバマ次期大統領、

あなたが就任第一日目に、世界のアメリカのモラルリーダーシップを取り戻す情景を見ることほど、私に取っての誇りはありません。

あなたの一筆で、グァンタナモ収容所は閉鎖し、軍事委員会法を無効にし、拷問を廃止することが出来ます。

ブッシュ政権はグァンタナモ収容所を建て、そこには法律は届かないと主張しました。何百もの囚人が容疑も裁判もないままに拘置され、彼らへの拷問が許可され、国家憲法と国際法に違反した軍事委員会法によって処刑されています。

ブッシュ大統領の不正を、一日たりとも長引かせる訳にはいきません。

この非常に重要な問題解決へのあなたのリーダーシップを、私はどんな形でもサポートします。どうぞ就任第一日に、あなたの率いる政府が憲法を尊重することをはっきりと示して下さい。

アメリカの自由を取り戻すことが、あなたの手にかかっています。どうぞ私たちが信じるアメリカを取り戻して下さい。

change.gov

In Politics on 2008/11/08 at 11:23

http://change.gov
Office of the President-Elect
次期大統領オフィシャルサイト

“Today we begin in earnest the work of making sure that the world we leave our children is just a little bit better than the one we inhabit today.”
「今日、私たちは真剣な取り組みを開始する。子供たちに手渡すこの世界を、私たちが受け継いだ時よりも少しでも良くするために。」

http://change.gov/about/
大統領移行期間中、このサイトはオバマ政権形成に関するニュース、イベント、告知の情報を供給する。この歴史的なキャンペーンが、最初からずっと「あなた」が行って来たように、大統領移行の段階にも「あなた」に参加する機会を持って欲しい。

It’s A New Day – will.i.am

In Music +, Politics on 2008/11/07 at 23:27

闘い疲れてベッドに倒れ込んだ
未来のためにずっと闘って来たんだ
目覚めた朝、なんて新しい日
ずっと願っていた夢が叶ったんだ

新しい日 – Its’ A New Day

ほんとうに長い道のりだった
山頂を目指して走って来た
自由の歌を口ずさみながら
ハリエット・タブマンを思いながら
ケネディー、リンカーン、キング牧師
夢への宣言書を手にもって
僕は流れに逆らって
僕は障害物に挟まれて
荒地を通りながら胸を痛め
暗黒の日々を生き抜いて
やっとここまでやってきたのだから
きっと最後までたどり着けるさ
「おまえたちにはできない」と
でも僕らは言った「僕らにはできる」
忘れないで、君と僕で言ったんだ

目覚めた朝、なんて新しい日
未来のためにずっと闘って来たんだ
目覚めた朝、なんて新しい日
ずっと願っていた夢が叶ったんだ

新しい日 – Its’ A New Day

長いことずっと待っていた
この瞬間を待っていた
長いことずっと祈ってきた
この瞬間のために祈ってきた
この瞬間を望んできた
そしていま手に入ったんだ
しっかりと握りしめて
けして放しはしない
父たちのために、兄弟たちのために
自由のために闘った友達、そして姉妹のために
この瞬間のために命を捧げた母たちのために
しっかりこの瞬間を噛み締めよう
しっかりこの時間を噛み締めよう
なんて美しいんだ
みんなのために僕らは叶えた
君と僕と彼と彼女と、みんなひとつになって

目覚めた朝、なんて新しい日
ずっと願っていた夢が叶ったんだ
目覚めた朝、なんて新しい日
闘いは無駄じゃなかったんだ
マルコムの闘いは無駄じゃなかったんだ
マーティンの夢は無駄じゃなかったんだ
リンカーンの努力は無駄じゃなかったんだ
子供たちの涙は無駄じゃなかったんだ

新しい日 – Its’ A New Day

http://dipdive.com

You Can Vote However You Like

In Civil Rights, Music +, Politics on 2008/11/06 at 14:46

TIME: 2008年10月30日
You Can Vote However You Like
http://www.time.com/time/arts/article/0,8599,1854865,00.html

長期に及んだ過酷な大統領選の終結を目前に、未だ共和党民主党の合意点はほとんどない。大人と同様、子供たちも決断に頭を巡らせている。アトランタのロン・クラーク・アカデミーの、幼いが才能にあふれる7年生の子供たちもそうだ。子供たちの投票賛歌、ラッパーT.I.の「Whatever You Like」の替え歌「You Can Vote Whatever You Like」が、この数日インターネットで大旋風を巻き起こしている。YouTubeのアクセスは30万を超え、ABC「Good Morning America」BET「106 & Park」への出演も決まった。このことを知ったT.I.もロン・クラーク・アカデミーを訪れた。(後略)

CNN: 2008年11月5日
Ron Clark Academy Response To Obama Becoming President

選挙のラップ・パフォーマンスで一世風靡したロン・クラーク・アカデミーの子供たちのことを覚えていますか?これが新しい大統領への子供たちの反応です。

– 私たちにも声があって、みんながそれを聞いてくれたなんて、ほんとに素晴らしいです!
– とてもユニークで歴史に残る選挙でした。とても感激です。
– 歴史を作ったんだ!やった!
– 歴史上初めての黒人大統領なんて、ほんとにすごい。ほんとに嬉しい。
– 「おまえにはできない」なんてもう誰にも言えない。だってバラック•オバマがアメリカ初の黒人大統領になったのだから。だから僕だってできるんだ…
– 歴史的な瞬間です。これからは人種や肌の色を超えて、人間の内にあるもの、人間の心を見ることが出来るようになるといいと思います。アメリカ市民は素晴らしい決断をしたと思います。バラック•オバマをアメリカ初の黒人大統領に選んだのだから。

Ron Clark Academy
http://www.ronclarkacademy.com

参考: 先生はあきらめない – ロン・クラーク物語
http://www3.nhk.or.jp/kaigai/ronclarkstory

5friendsvote

In Politics on 2008/11/01 at 00:16


-「11月4日、投票しよう!」
– いや、そうじゃなくて「投票するな」って言ってくれないかなぁ。
-「投票するな」‥ってどういうこと?
– 前のCMの「投票するな」の逆効果がうまくいったから、またやるんだよ。皮肉、皮肉。
-「投票するな」‥う〜ん、なんかヘン‥
– じゃ、これはどうだ「一票なんて影響ない」
-「一票なんて影響ない!」「君のちっちゃな一票なんて数に入らない!」
– 俺には言えない。そんなのは嘘だからだ。2000年の選挙はたったの537票の差で決まったんだぞ。なのに「一票なんて影響ない!」ってか?
– 537票?たったの?ボールドウィン兄弟の方が多いかも..
– 私もハリソンと同意見。やっぱりヘンよ。
– スピルバーグ、あなたの意図は尊敬しますが、やっぱりちょっと変です。素直に言った方がいいんじゃないですか?
– ‥わかった。思うままを言いなさい。

ボクは投票する。昔父さんに言われたから「投票しないのは黙ってるってことだ」
僕は投票する。愛する人のために世の中を良くしたいから。
俺は投票する。アメリカ史で初めて黒人が大統領になるかもしれないから。
僕は投票する。アメリカ史で二回目の女性副大統領候補だから。
あなた自身のためだけでなく、僕のような兵士たちのために投票してください。
子供たちの未来のために投票して下さい。
私は投票します。娘の学費を借りていた銀行が閉鎖してしまったから。
私は投票します。銃規制法が気にかかるから。
僕は投票します。教育と医療保険のために。
僕は投票します。声が欲しいから。
僕は投票します。地球のために。
私は投票します。初めての一票だから。
私は投票します。友達に生きて帰って来て欲しいから。
私は投票します。世界を変えることが出来るから。
ポルノが好きだぁ(ボラット)
私は投票します。だって私の権利だから。
投票できると言うのは、素晴らしいことだ。
すべての票が影響するんだ。だから私は投票する。
投票所がわからなかったら、地区の登録事務所に電話するか、ここで調べてください。このサイトに行って、確認してね!待ってるから。待ってるよ〜。
www.maps.google.com/vote

このクリップを友達5人に送ってね。前のクリップ、もう送ったって?じゃ別の5人に送って。嫌いな友達5人に送って。ペット5匹でもいいよ。

これは大事すぎる!一年のうちのたった一日だよ。誰にも邪魔されちゃ駄目だ。11月4日。どんなに天気が悪くても。起きて、投票してくれ!VOTE! VOTE! VOTE! 簡単なことだよ。投票しよう!

出演: ウィル・スミス、ハリソン・フォード、ベン・スティラー、ジュリア・ロバーツ、キャメロン・ディアス、スヌープ・ドッグ、スカーレット・ジョハンセン、ジャスティン・ディンバーレイク、ボラット、トム・クルーズ、スティーブン•スピルバーグ、オーランド・ブルーム、レオナルド・ディカプリオ、トビー・マクガイア他

5人の友達へ
http://www.youtube.com/5friendsvote

Leonardo DiCaprio, Tom Cruise, Cameron Diaz, Snoop Dogg, Harrison Ford, Julia Roberts, Ben Stiller, Will Smith, Steven Spielberg, Justin Timberlake, along with Sacha Baron Cohen as Borat, Zach Braff, Colin Farrell, Neil Patrick Harris, Scarlett Johansson, Shia LeBeouf, Tobey Maguire, Ryan Reynolds, and Jason Segal, are featured in a second of a series of public service announcements to encourage American youth to vote in partnership with Google, YouTube, Declare Yourself, and MySpace. The non-partisan PSAs, produced by DiCaprios Appian Way, were created to engage and inspire young people to vote and participate in the upcoming election.

マリーを助けた見知らぬ男

In Politics on 2008/10/30 at 01:39

マリー・アンダーセンはその時31才、ノルウェー人のダグ・アンダーセンと結婚したばかりだった。ノルウェーでの新しい生活に胸を膨らませていたが、まず引っ越しを終えなければならない。1988年11月2日のことだ。マイアミ空港は混雑し、チェックインは長蛇の列。やっと順番が来て、マリーは荷物をカウンター横に置いた。だが次の言葉で幸せが吹き飛んでしまった。

「スーツケース二つの超過料金は103ドルです」カウンターの職員は言った。マリーは現金を持っていない。夫はすでに早い便でノルウェーに向かってしまった。そしてマリーには電話できる知人がいない。荷物を減らすにはどうしたらいいか‥でもスーツケースの中身は既に時間をかけて選んだ大事なものばかり。必死で状況を説明しても、職員はなんの同情も示してくれない。

マリーの頬に涙がつたった。どうしたらいいんだろう。その時、後ろから優しい声が聞こえた。「大丈夫だ、私が彼女の超過料金を払うから」マリーが振り返ると、背の高い見知らぬ男が立っていた。男の声は優しかったが、その中に強くしっかりした響きがあった。この人はいったい誰?

20年前のことだけれど、マリーは威厳に満ちたその男のことをよく覚えている。茶色の革靴を履いて、綿シャツとカーキパンツを小ぎれいに着こなしていた。スーツケースを無事にチェックインできたマリーは、その見知らぬ男に103ドルを返すことを約束した。男は自分の名前と住所を紙に書いてマリーに渡した。マリーが何度も礼を言い別れると、彼は手を振って見送った。

紙に書かれた名前は「バラック•オバマ」住所はカンサス。借りた103ドルはノルウェーに着いた翌日に送ったが、マリーはその紙をそれから何年も財布に入れていた。カンサスはオバマの母の住む町。当時オバマはシカゴのコミュニティーワーカーの仕事を終え、ハーバード大学で法律を勉強し始めた頃だ。

2006年春、マリーの両親はオバマが大統領選への出馬を決めかねていることを知った。マリーの両親はオバマに手紙を書いた。応援している、そして18年前に娘を助けてくれてありがとう、と。2006年5月4日に彼らの元へ返事が届いた。「素晴らしい手紙をありがとう。そしてマイアミ空港でのこと思い出させてくれたことに感謝します。あの時、娘さんを助けることができてよかった。ノルウェーで娘さんが幸せにしていることを知って、とても嬉しいです。どうぞよろしくお伝えください。- – 米国上院議員バラック・オバマ」

ノルウェーVG紙
http://www.vg.no/nyheter/utenriks/presidentvalg-2008/artikkel.php?artid=527005

英訳
http://leishacamden.blogspot.com/2008/10/not-that-it-matters.html

Wassup 2008

In Politics on 2008/10/28 at 23:53

2000年に大ヒットしたバドワイザーCM「WASSUP」

8年後、オリジナルメンバーは今…「WASSUP 2008」

Wassup08.com
http://www.wassup08.com/about.html

数々の賞を持つ映画監督チャールス・ストーン三世の経歴は、1988年にNew York Woo Art Internationalのアニメーターに始まる。90年代初頭にミュージックビデオの監督は始め、クリントン政権下の繁栄とチャンスの頂点の1998年に、ごく少ない製作費とVideo8で撮影し自身と友人たちが出演した短編映画「True」を製作した。「True」はまたたくまにアンダーグラウンドのヒットとなり、広告業界の注目を集めた。

チャールスのミュージックビデオと短編映画の成功は、彼の劇場作品への道を開き、「Paid in Full」を監督することになった。同時に「True」のアンダーグラウンド人気は衰えず、VHSテープで人から人へと伝わり、広告代理店DDB Needhamのシカゴ支店の製作者たちの手に渡った。製作者たちにはすぐにその利用方法が浮かんだ。

2000年ブッシュ当選の夜、DDB Needhamとチャールスは、バドワイザー「Whasszup?」CMシリーズを製作を開始。チャールス自身も出演した(最初にソファーに座って登場するのがチャールス)。「Whasszup?」CMは国際的な大ヒットとなり、Cannes Grand Prix, Grand Clio, Golden Pencil, Andy Awardなどの世界的権威のある広告賞を総なめした。その年に「Paid in Full」が公開され、年末には監督二作目「Drumlineドラムライン」の監督を開始した。

クリントン政権時代の繁栄は衰え、ブッシュ政権の腐敗と悪政に焦点が当たるようになった。そんな中でもチャールスは成功し、三作目「Mr. 3000」を監督することになった。同時にNBAのカーメロ・アンソニー出演のNike Air JordanのCMなどの仕事もこなした。

「Whassup?」のデヴューからの8年間を振り返り、チャールスは思った。この国がどんなに変わってしまったか。チャールスはあの時の友人を集めて「Whassup?」をもう一度製作することにした。自分たちの現状を訴えるとともに、希望を与えること。希望のためにどんなに投票が大事であるかということ。そしてこの国をこんなにしてしまった政権からきっぱりと離れた候補、オバマを選ぶことがどんなに大事かということを。

Paid in Full
http://www.imdb.com/title/tt0259484/
Drumline
http://www.imdb.com/title/tt0303933/
Mr. 3000
http://www.imdb.com/title/tt0339412/

– – – – – – – –
付録:監督ロン・ハワードからのお願い
http://www.funnyordie.com/videos/cc65ed650d

Norm Chomsky, Howard Zinn for Obama

In Activism, Politics on 2008/10/24 at 23:47

ノーム・チョムスキー

接戦州においてはオバマに投票すべきだ。人々はマケインに反対し、オバマに投票すべきだ。しかし幻想を持ってはならない。

共和党も民主党も、「経済の党」という一つの党の派閥にすぎないことは事実だか、二つの党の違いは一般の人々の生活にそれぞれ違った影響を与える。もし接戦州に住んでいるのなら、ふたつの悪のうちのましな方に投票するのは悪いことではない。

The Real News: Norm Chomsky インタビュー全編とスクリプト
http://therealnews.com/t/index.php?option=com_content&task=view&id=33&Itemid=74&jumival=246

ハワード・ジン

オバマに投票すべきだ。同時に直接の働きかけが必要だ。抵当流れを阻止するための市民の直接行動が起こったとき、本当の変化が起こる。

マケインに反対し、オバマに投票すべきだ。オバマはけして根本的な変化を代表していないが、彼は変化の可能性の突破口を作り出すことが出来る。十分な怒りと、十分な力と、十分な強要力を伴った社会運動を含有していなければ、本当の変化の可能性を満たすことはできない。彼の抽象的な言葉を確かな内容で裏付けなければ。私たちには直接行動が必要だ。それによって起こる憤慨のみが、ワシントンの人々に影響を与えることが出来るのだから。

The Real News: Howard Zinn インタビュー全編とスクリプト
http://therealnews.com/t/index.php?option=com_content&task=view&id=33&Itemid=74&jumival=247

Colin Powell endorses Obama

In Politics on 2008/10/20 at 19:48

(一部抜粋)

(オバマ候補と元過激派ビル・エアーズ教授の関係を掲げたマケイン候補による中傷攻撃に対して)「政治」ということはわかっている。候補者同士が追求し合うのもいい。だが、これは行き過ぎだ。マケイン選挙活動の視野の狭さを表してしまったと思う。アメリカ市民はこんなことを求めているのではない。このような選挙活動アプローチを見ると憤りを感じる。共和党はさらに右傾化している。ペイリン候補はさらに右傾化する姿勢を見せている。現状に加えてさらに二人の保守派最高裁裁判長が指名されることには問題があると思うが、それがマケイン政権が目指していることだ。そしてマケイン候補自身ではないが、彼を支持する人々が言っていることに問題を感じる。「オバマはイスラム教徒だ」などと言うことが許されている。正解は「オバマはイスラム教徒ではなく、キリスト教徒だ」彼はいままでずっとキリスト教徒だ。だが本当に問われるべきなのは「もし彼がイスラム教徒だったら?この国でイスラム教徒であることは問題なのか?」真の解答は「NO」。イスラム教徒であるのが問題であるなどというのは「アメリカ」ではない。7才のイスラム系アメリカ人の子供が将来大統領になることを夢見るのが、問題だとでも言うのか。にもかかわらず、私の党(共和党)の熟練党員たちが「オバマはイスラム教徒だからテロリストと関わりがある可能性がある」と言うのを耳にする。これはアメリカで行われるべきことではない。

私はある雑誌の写真を見て、このことについて強い気持ちを持つようになった。イラクとアフガニスタンで戦争に従事している軍人たちの写真エッセイの中の一枚だ。その最後の方の一枚。アーリントン墓地である母親が息子の墓石に頭をもたれている写真。写真をよく見ると、墓石に刻まれた文字が読める。その兵士の受けた勲章が刻まれている。パープルハート、ブロンズスター。彼がイラクで戦死したこと、彼の誕生日と戦死日。兵士は20才だった。そして墓石の一番上には、キリスト教の十字架ではなく、ユダヤ教のダビデの星ではなく、イスラム教のシンボルである三日月と星が刻まれている。彼の名前はカリーム・ラシャド・サルタン・カーン。そして彼はアメリカ市民だった。ニュージャージーで生まれ、9/11が起こった時にはわずか14才。入隊年齢になるのを待ちこがれ、そしてアメリカのために命を捧げた。私たちはこのようなことで国家を二分してはならない。ジョン•マケインは私が知る人々と同様に差別をする人ではない。だが党の中にこのような発言があることは、非常に問題だと思う。

このように全体を見て、さらに自分の軍経験を振り返って見る。ここに二人の候補がいて、どちらもりっぱな大統領になれる力量がある。だがどちらを今のアメリカは必要としているのか?これからの期間、この国が必要としていることに応えられるのはどちらか?私は結論に達した。彼は人々を鼓舞する力を持つ。彼の選挙活動はすべての人々を受け入れる姿勢を持つ。彼はアメリカ全土に手を差し伸べる。そして彼のあり方、彼の雄弁さ(彼の本質と同様にこれはとても重要なことだ)。これらにおいて彼は有能な大統領としての基準を満たしている。彼は類いまれな大統領になる。彼は人々を感化し先導していける人物だ。彼は世界の舞台、そしてアメリカの舞台に立つ新しい世代だ。これらの理由から、私はバラック・オバマ議員に投票する。

New Yorker “Service”: イラクとアフガニスタン従軍兵の写真エッセイ: 16番
息子カリーム・ラシャド・サルタン・カーンの墓にもたれる母エルシャバ・カーン
Elsheba Khan at the grave of her son, Specialist Kareem Rashad Sultan Khan.
http://www.newyorker.com/online/2008/09/29/slideshow_080929_platon?slide=16#showHeader

インタヴュー全文:
‘Meet the Press’ transcript for Oct. 19, 2008
http://www.msnbc.msn.com/id/27266223/

– – – – – – –
CNN.co.jp: パウエル前国務長官、オバマ氏支持表明
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200810200002.html

Bruce Springsteen: Rally for Obama

In Music +, Politics on 2008/10/05 at 23:48

ブルース•スプリングスティーン
10月4日オバマ支援集会、フィラデルフィア

ハロー、フィラデルフィア!今日ここで選挙登録活動と、次期合衆国大統領オバマ支援活動に参加できるのがとても嬉しい。

僕はこの35年間を、アメリカのこと、そこに住む人々のこと、そして「アメリカの約束」の意味を歌にすることに費やして来た。フィラデルフィア、 この町で建国の父たちから受け継がれた約束..それには大切な添え書きがある「これらの約束を実現するために最大限に努力せよ。機会、平等、社会と経済の 正義、すべての市民への分配、世界がより平和に平等になるための前向きな影響を与えることのできるアメリカの理想。」これらのことが、僕らの存在を形作 り、希望と意味を与えてくれる。これらのことが僕らを繋げ、お互いへの信頼を与えてくれる。

僕は音楽作りの人生でいつも、アメリカの約束とアメリカの現実の間の距離を測ってきた。多くのアメリカ人は今日、仕事を失い家を失い退職金を失い、健康保険もなく、都市貧困地区では見放された暮らしをしている。アメリカの約束とアメリカの現実の距離がこれほどまでに広がり、痛みを帯びたことはない。

オバマ議員は自分の人生と仕事を通してこの距離を測り、その距離が市民に生活の代償と流血を強いている現実を心から理解していると、僕は信じている。オバマ議員が大統領になった時、僕ら市民が失ったアメリカの約束への信頼とその意味を、蘇らせてくれると信じている。

この8年の悲惨な政府の後、僕らに必要なのは「アメリカを取り戻す計画」を実現するためのリーダーだ。僕は仕事で世界を旅して、時にはオバマ議員のようにスタジアムで演奏する。いつも感じるのは、どこへ行ってもアメリカが人々の希望と可能性の場所であると信じられている事。現アメリカ政府によるひどい荒廃の後も、アメリカは人々の夢としてしっかりとそびえている事。1000人のブッシュと1000人のチェイニーがかかっても、このそびえ立つ夢を倒す事はできない。

彼ら(ブッシュとチェイニーら)はもうすぐ去る。それはいいニュースだ。悪いニュースは、彼らが去った後、カトリナやイラクや経済崩壊などの国家惨劇が僕らに残される事。僕らの聖なる希望の国が悪用され略奪され、修復されることもない残骸が残される。この国には労りと救済が必要だ。私腹のために国家を売る者たちから国を守らなければならない。

強い腕が必要だ。強い心を持つ市民の腕が必要だ。オバマ議員のように、国を理解し、行動力があり、分別と情熱と、強さと信仰を持って、僕らが僕らの国を再建するのを手助けしてくれる人が必要だ。そして最も大切なのは、この国が君たちを必要としている事。そして僕を。アメリカの神髄である寛大さを必要としている。すべての市民の夢と希望を宿すのに十分な、大きな国家を再建するために。

そこには未来が宿るのだから。アメリカ市民として立ち上がれるか倒れるか、それが今僕らに試されている。君たちはどう思うかわからないが、僕はこの夢の宿を取り戻したい、アメリカを取り戻したい、僕の国を取り戻したい。

だから今が立ち上がる時だ。オバマ議員バイデン議員と共に。みんな袖を捲って、一緒に立ち上がろう!
Come on up for The Rising..

スピーチ原文:
http://www.brucespringsteen.net/news

The Boss Rallies Pennsylvania: “Let’s build our house together”
http://my.barackobama.com/page/community/post/kevinhartnettPA/gGxG8x

Paul Newman: Activist

In Activism, Anti-War, Politics on 2008/09/29 at 21:18

1969年11月12日
ポール•ニューマン、ベトナム戦争への抗議

この戦争がこんなにも長く続いているのは、アメリカ人の大半が「痛み」を感じていないからです。いつもと変わらない生活が続き、私たちが過ごす日々の中には「痛み」はありません。私にはこの戦争がわからない。「痛み」を伴わない戦争などというものが。アメリカ人の大半がなんの影響も受けずにやり過ごせるのなら、もちろんこの戦争はずっと続いて行きます。

私たちは私たちにできる唯一のこと(反戦告発)をしているだけです。ほんとうに単純な、良心からの行動です。私たちの行動を不快に思う人々には申し訳ないけれど、でもたぶんその事がこの行動の真の力なのだと思います。

私たちは戦争停止のためのテーマのひとつ「いつもと変わらない生活ではない」ことを支援するためにここに来ました。

私たちは役者です。でも役者になった時に市民権を返上するように言われた覚えはありません。ですから私たちは今日ここで「市民」として抗議します。ベトナム戦争の悲劇に対して抗議します。みなさんに敬意を持ってお願いします。11月14日に映画を見に行かないで下さい。(役者である私たちへの賛同の意味で映画をボイコットしてください)

– – – – – – – –
“Newman’s Own Politics” by John Nichols
http://www.thenation.com/blogs/thebeat/365464

ベトナム戦争初期、ポール•ニューマンは反戦活動を展開した。68年マッカーシー候補、そしてマクガバン候補の有力な支援者だった。その多大な影響力から、ニューマンはニクソン大統領の「敵リスト」の上位にマークされていた。

(中略)食品会社「ニューマンズ•オウン」は、ハリウッドとウォールストリートの誰よりも多額の慈善団体寄付を生み出していた。が、彼の政治への献身は薄れなかった。民権、婦人の権利、同性愛の権利の擁護、核兵器廃止運動、そして戦争と軍事に対抗する候補を選出するための援助を惜しまなかった。

革新的な活動や候補へ支持は絶え間なかった。主に民主党へ。しかし72年の共和党候補選出戦でニクソンに対抗した反戦支持マクロスキーへの支持、2000年の緑の党ネーダーへの支持にも力を注いだ。2006年の民主党候補戦では、リーバーマンに対抗したラモントを支持し、自ら書いたシナリオを使って有権者への電話ボランティアに参加したほどだ。

今年、ニューマンはオバマの選挙キャンペーンへ、上限いっぱいの献金を行っていた。

ニューマンの生涯には、多数の友人と、普通の人間が持つよりもずっとわずかな敵がいた。彼の広大な博愛活動は、ほとんど彼に金銭利益をもたらさなかったが、人々からの多大な賞賛を得た。だがニューマンは「敵」であることが誇りだった。

「ニクソンの『敵リスト』の上位ランキングは、私にとって最上級の栄誉だ」

YES WE CAN: VOICES of a GRASSROOTS MOVEMENT

In Music +, Politics on 2008/09/20 at 02:31

YES WE CAN: VOICES of a GRASSROOTS MOVEMENT (CD試聴/購入)
http://www.barackobama.com/music
http://www.hiddenbeach.com/yeswecan

バラック•オバマの歴史的な大統領選出馬を支える草の根運動と、オバマの呼び声「Change」に触発されて、多数のミュージシャンが一丸となってキャンペーンのテーマ曲CDを制作した。企画のかけ声に、名のあるミュージシャンたちから集まった曲は150曲以上。その中からオバマ•キャンペーンの精神に相応しい曲が新旧問わず選ばれた。

スティービー•ワンダー、シェリル•クロウ、ジョン•メイヤー、ジョン•レジェンド、オゾマトリ、ケブ•モー…。このCDのために提供された新曲はライオネル•リッチー「Eternity」ディブ•ステュワート「American Prayer」ジョン•レジェンド「Pride In The Name Of Love」マリク•ユセフ、カニエ•ウェスト、アダム•レヴィン(マルーン•ファイブ)「Promised Land」など。

ミュージシャンたちは曲の提供を通して、11月の選挙に向けて市民の動員を目指している。多数のミュージシャンたちが、投票登録を呼びかけるためのボランティアに時間を費やしている。投票登録、投票情報、不在者投票手続きは以下のサイトからすることができる。
http://www.VoteforChange.com

YES WE CAN: VOICES of a GRASSROOTS MOVEMENT
1. Eternity – Lionel Richie
2. Signed Sealed Delivered – Stevie Wonder
3. Waiting On The World To Change – John Mayer
4. American Prayer – Dave Stewart
5. Battle Cry – Shontelle
6. Make It Better – Los Lonely Boys
7. Pride In The Name Of Love – John Legend
8. I Have A Dream – BeBe Winans
9. Am I All Alone – Suai
10. One Is The Magic # – Jill Scott
11. Love & Hope – Ozomatli
12. Looking East – Jackson Browne
13. Out of Our heads – Sheryl Crow
14. Promised Land – Malik Yusef with Kanye West and Adam Levine of Maroon 5
15. Hold On – Yolanda Adams
16. America The Beautiful – Keb’ Mo’
17. America – Ken Stacey
18. Wide River – Buddy Miller

YES WE CAN: VOICES of a GRASSROOTS MOVEMENT CD購入
http://store.barackobama.com/SearchResults.asp?Cat=1037
ダウンロード$24.99  CD$30:00+送料
9/19-11/4: 米国市民と永住者対象にBarackObama.comのみで販売され、収益はすべてオバマ選挙キャンペーンの資金となる。
11/4以降は一般CD販売店で購入可能予定。

– – – – –
Stevie Wonder Performs at the Democratic National Convention
http://www.youtube.com/watch?v=uvvTO9tATBk

Sheryl Crow at the Democratic National Convention
http://www.youtube.com/watch?v=it9i60-tGeY

John Mayer: Waiting On The World To Change
http://www.youtube.com/watch?v=uPOBMzMTP4U

John Legend: In The Name Of Love
http://www.youtube.com/watch?v=TPs-t5ayPAM

Dave Stewart: American Prayer
http://www.youtube.com/watch?v=oVi4rUzf-0Q

Michael Moore ‘Slacker Uprising’

In Activism, Music +, Politics on 2008/09/04 at 22:32


http://slackeruprising.com
http://www.michaelmoore.com

マイケル•ムーアからファンへの贈り物、新作無料ダウンロード
http://www.michaelmoore.com/mustread/index.php?id=1042

劇場用メジャー映画で初めてネットで無料リリースされる「Slacker Uprising」は、2004年大統領選で立ち上がった若者層の反乱の記録。2008年選挙への大きな予感をはらんでいる。

「Roger & Me」「Bowling for Columbine」「Sicko」など、数々の画期的な話題作を送り出してきたアカデミー賞受賞監督マイケル•ムーアは、監督生活20周年を記念して、新作をファンへの贈り物にすることにした。有名監督による劇場用映画として初めてのネット無料ダウンロード。この作品の劇場公開予定はなく、DVD発売は時期を遅らせ、テレビ放送やYouTubeなどのネットストリーミングも行わない。この無料ダウンロードだけだ。

「Slacker Uprising」は2004年の大統領選での、マイケル•ムーアのswing states接戦州62都市ツァーのドキュメンタリー。全国でマイケルが受けたスリルと恐怖に満ちた反響を記録する。9月23日から三週間、北米在住者はこの97分高画質作品をダウンロードできる。現在、ダウンロード希望登録を以下のサイトからすることができる。
http://slackeruprising.com

四年前マイケル•ムーアが願ったのは、何百万もの投票しないslackers怠け者たち‥18歳から29歳の若者たちを投票する気にさせること。怠け者たちに合わせて、新しい下着やラーメンが配られたり、開始時間を午後にしたり、政治家の演説は除外したり。観客400人で始まったツァーは徐々にふくれあがり、山火事のように広がり、フットボールスタジアムを埋める観衆に変わった。

このツァーを阻止する活動も各地で起こった。共和党からの圧力、下着やラーメン配布を賄賂行為として告訴する動き、威嚇や脅迫が続いた。Eddie Vedder, Joan Baez, Tom Morello, R.E.M., Steve EarleなどのミュージシャンやVigoo Mortensenなどの俳優も参加。コンサートとコメディーショーを交えたツァーは、希望と愛国心に満ち、アメリカの新しい政治世代の誕生を歴史に刻み付けている。その四年後の今年、Obamaniaとして生まれ変わった若者層の前兆だ。

– – – – – –
As thanks to his fans, Michael Moore is releasing his new film free online
http://www.michaelmoore.com/words/latestnews/index.php?id=12199

「Roger & Meから20年、20周年を祝うのにこの方法が一番だと思った。それに11月の選挙のためになにかしたいとずっと思っていたから」‥マイケル•ムーア

Radioheadの「In Rainbows」が任意の値段でダウンロード配布されたり、2006年にNeil Youngが反戦アルバム「Living With War」を発売前に全曲ストリームしたことなど、マイケル•ムーアは音楽業界で試されているネットダウンロード配布方法に目を付けた。

これまでのムーアの作品から考えると「Slacker Uprising」を劇場公開した場合の興行成績は十分に予想できる。「Sicko」と「華氏9/11」はドキュメンタリー映画史上ベスト3のうちの二作なのだ。「Slacker Uprising」の制作費は200万ドル。加えてムーアは100万ドル出費するという。今回の無料ダウンロードではムーアも協賛のBrave New Filmsも収益を考えていない。

John Legend: If You’re Out There (song for Obama)

In Music +, Politics on 2008/08/28 at 00:26

「Change」を待ちこがれている人たちのために、歌を作りたかったんだ。リーダーを選ぶこと、貧困について勇気を持って声を上げること、政治家たちだけでなく、普通の人々が情熱を持って参加している。この国の市民、そして世界の市民が。この選挙のキャンペーンにいろいろな形で参加できる。みんなに選挙権がある。たぶん投票すること、周りの人々が投票する手助けをすること、それが一番大事なんだ。現状に安住している人たちがたくさんいる。その人たちがマケインに投票するのは当然だ。だから「Change」を求めている人たちは、確実に投票しなければならない。投票で「Change」を勝ち取ることができるんだ。- ジョン•レジェンド

– – – – – – – –
John Legend “If You’re Out There”

If you hear this message, wherever you stand
このメッセージが聞こえるかい?どこにいたとしても
I’m calling every woman, calling every man
すべての女性に、そしてすべての男性に
We’re the generation
僕らは新しい世代なんだ
We can’t afford to wait
もう待つ事はできない
The future started yesterday and we’re already late
未来はもう始まっていて、僕らは遅すぎるくらいだ

We’ve been looking for a song to sing
僕らは歌う歌を探していた
Searched for a melody
僕らのメロディーを探していた
Searched for someone to lead
そしてリーダーを探していた
We’ve been looking for the world to change
世界が変わるのを待っていた
If you feel the same
もし僕と同じように感じるなら
Then go on and say
一緒に声をあげよう

If you’re out there
もしそこにいるなら
Sing along with me
僕と一緒に歌ってくれないか
If you’re out there
もしそこにいるなら
I’m dying to believe that you’re out there
あなたがそこにいることを心から信じている
Stand up and say it loud
立ち上がって一緒に声をあげよう
If you’re out there
もしそこにいるなら
Tomorrow’s starting now
明日が今から始まる
Now, now
今、始まる

No more broken promises
守られない約束はもういらない
No more call to war
戦争もいらない
Unless it’s love and peace that we’re really fighting for
闘いは愛と平和のために
We can destroy hunger
飢餓はなくせる
We can conquer hate
憎しみもなくせる
Put down the arms and raise your voice
武器を捨てて声をあげて
We’re joining hands today
今日、手をつなぐんだ

Oh I was looking for a song to sing
僕は歌う歌を探していた
I searched for a leader
リーダーを探していた
But the leader was me
でもリーダーは自分自身だったんだ
We were looking for the world to change
僕らは世界が変わるのを待っている
We can be heroes
僕らはヒーローになれるんだ
Just go on and say
さぁ、一緒に声を上げよう

If you’re out there
もしそこにいるなら
Sing along with me
僕と一緒に歌ってくれないか
If you’re out there
もしそこにいるなら
I’m dying to believe that you’re out there
あなたがそこにいることを心から信じている
Stand up and say it loud
立ち上がって一緒に声をあげよう
If you’re out there
もしそこにいるなら
Tomorrow’s starting now
明日が今から始まる
Now, now
今、始まる

If you’re ready we can shake the world
心が決まっているのなら世界を揺さぶれる
Believe again
また信じる事ができる
It starts within
僕らの内側から始めるんだ
We don’t have to wait for destiny
運命を待たなくても
We should be the change that we want to see
僕ら自身が僕らの求めている「Change」になるんだ

– – – – – – – –
John Legend “If You’re Out There” 無料ダウンロード
http://my.barackobama.com/page/s/johnlegend

American Prayer – Dave Stewart (Barack Obama Music Video)

In Music +, Politics on 2008/08/24 at 20:39

My American Prayer
http://www.myamericanprayer.com

これは私の「アメリカの祈り」
これは私の「アメリカの祈り」

今あなたは、始めた事をやり遂げようとしている
夢を追っているだけではなく
この部屋の暗闇を、今夜は消せるかもしれない
そうすれば私たちに見えるかもしれない

アメリカの祈り
アメリカの祈り

私たちの足が濡れないように
しっかりと支えてくれるこの大地
頭上に広がるこの大空、でも
立っている場所で見えるものが変わる
跳躍の仕方で届く場所が変わる

アメリカの祈り
アメリカの祈り

ああ、これ以上高く飛べない
闇を追放するのではなく
灯りをもっと強くかかげよう

私たちのこの両手、これで何を建てよう?
これは目に見えない教会
疲れ果てて困窮したあなたの重荷を渡しなさい
それらは解き放たれるのを待ち望んでいる
これは私の「アメリカの祈り」
アメリカの祈り
アメリカの祈り

あなたが山の頂にたどり着いた時
そこから見えるものを教えてくれますか?
あなたが山の頂にたどり着いた時
私を覚えていて下さい

– – – – – – – –
(デイブ•ステュアート)ボノと共作した「American Prayer」を今年の始めに録音し直していた時のことだ。「When you get to the top of the mountain, remember me」の一節が全く新しい意味合いで、希望に満ちた大統領候補オバマに重なって響いて来た。この歌には私の好きなキング牧師の演説、暗殺の前夜に行われた演説の一節が入っている。「私は神の意思を遂げたいのだ。神は私を山の頂に導かれた。そこで私は見た。約束の地を。私にはたどり着けないかもしれない。だが私たちはひとつになって、市民として約束の地にきっとたどり着く。」

人々は連帯を待ち望んでいる。音楽を通して、国家を通して、そして大きな理想を通して。11月の結果がどんなものになるかわからない。だがオバマ議員は何百万もの人々に理想で連帯できることを思い出させてくれた。彼の存在が新しい変化への賛歌なのだ。過去に「夢」とされていたキング牧師の言葉を受け継いでいる。キング牧師の「I Have A Dream」の演説が45年前の同じ日に行われた、その日に民主党の指名をオマバが受ける事もそれを象徴している。

ボノとこの曲を作った時、ボノは「America」を概念としてとらえられるように書いた。人々の平等を基盤にしたその作法は見事だった。この曲は今リリースされるべきだ。アメリカが自身を創造し直し、世界での場所を見つけ直す、この瞬間に。

この曲のリメイクのビデオを制作する時、私は人々すべてを讃えたかった。特に若者たち、人生で初めて自分たちの信念を投じる力を得た若者たち。私はオバマの「change」のメッセージが、アメリカを形成するありとあらゆる層にどれだけ行き届いたかを表現したかった。そのために多岐に渡った層から出演者を選んだ。有名人と共に、退役軍人、教師、一般市民。出演者全員が「change」という理想に心を打たれ共鳴する人々だ。

私は英国人であるし、複雑なアメリカの政治の専門家ではない。が、アーティストとして、大きな理想や目的のための連帯を触発することが、とても貴重な事を知っている。このビデオはオバマへの支持というのではなく、プラカードを掲げたり、投票の登録をしたり、世界をより良い場所にするために活動し続ける人々すべてを賞賛するための作品だ。オバマ議員が上りつめ、山の頂に立った時、この瞬間を実現するために40年間「change」の賛歌を歌い続けてきた人々のことを、けして忘れてはならない。

VIDEO: LIST OF GUESTS IN ORDER OF APPEARANCE:
Dave Stewart / Forest Whitaker / Amy Keys / Macy Gray / Jason Alexander / Colbie Caillat / Whoopi Goldberg / Joss Stone / Buju Banton / Ann Marie Calhoun / Barry Manilow / Linda Perry / Cyndi Lauper / Sergio Mendes / Herbie Hancock / Mike Bradford / Margaret Cho / Cindy Gomez / Speech / Joan Baez / Daedelus / Pamela Anderson / Peter & Gordon / Sierra Swan / Nadirah X / Perez Hilton

Maria Muldaur, Bonnie Raitt “Yes We Can”

In Music +, Politics on 2008/07/30 at 16:22

Maria Muldaur and Bonnie Raitt’s New “Yes We Can” Song
http://free-press-release.com/news/200807/1216022347.html

2008年7月14日、カリフォルニア州サウサリート
..普及の名作「Midnight at The Oasis」で知られる歌手マリア•マルダーが、ボニー•レイットなど往年の歌手たちとともに「Women’s Voices For Peace Choir/平和の女性合唱団」を結成。合衆国大統領候補バラック•オバマの歴史的な選挙戦への応援歌を制作した。応援歌「Yes We Can」の経緯をマリアが語る…

2007年の秋でした。世界が置かれている状況、そして社会や政治や経済や環境の問題が、とても深く私にのしかかってきていました。「プロテスト」アルバムを作ろうと思ったんです。でもそれはすぐに「平和」のアルバムに変わりました。

「希望」と「変化/改革」の前向きなメッセージをたくさん込めたかった。そんな前向きな精神を表現する曲を集め始めました。70年代の社会的な背景から生まれたソウルやファンクの中に、たくさんの名曲がありました。その代表は、アルバムタイトルの「Yes We Can」。アレン•トゥーサンが書き、ポインター•シスターズが大ヒットさせた曲です。

それから友達たちに連絡しました。長い間、平和と社会平等のために声を上げ続けてきた女性ばかりです。ジョーン•バエズ、オデッタ、フィービー•スノウ、ホリー•ニア、ジェーン•フォンダ、そして私のソウルシスター、ボニー•レイット。私たちは集まって「Women’s Voices For Peace Choir/平和の女性合唱団」になりました。

アルバムが完成した2008年4月、大統領候補バラック•オバマが、数々の感動的な演説とともに、「Yes We Can」をキャンペーンのスローガンにしていることに気づきました。「曲を提供してみたら?」という知り合いの勧めで、私はオバマ選挙活動の役に少しでも立つようにこの曲を提供したいことを、オバマ選挙事務所に伝えました。

オバマがこの曲を聞いて「キャンペーン精神にぴったりだ」と感じ、選挙活動に使われる曲の一曲として使うようにチームに指示したことを知って、とても嬉しいです。音楽家として、私の音楽がこんなに素晴らしい栄誉ある目的のために使われることに、心から喜びを感じます。

– – – – – – – –
Maria Muldaur: Yes We Can!
http://www.amazon.com/dp/B001ANE3CW
http://www.amazon.co.jp/dp/B001ANE3CW

Kucinich calls for Impeachment Petition

In Politics on 2008/07/08 at 22:31

民主党下院議員デニス・クシニッチ
独立記念日に、私たちは誰なのか思い出そう
Independence Day: Let Us Remember Who We Are

大統領弾劾案は机上にはもうない‥と言う民主党リーダーたちがいます。それならば私たちの国家のための新しい机を置きましょう。そしてその机の上に合衆国憲法を置き、憲法を守る誓いを立てた人々にその誓いを守るよう求めましょう。約束を守り、私たちの国を内に潜む脅威から守るように。

kucinich.usで弾劾請求の署名をして下さい。行動を起こすための大事な署名です。私が自分でみなさんの州の議員代表に手渡します。この署名のことをお友達や家族へ、できるだけ広く知らせて下さい。この国の歴史を正す機会です。

232年前に自由の名の元に、私たちの国は誕生しました。今、真実が試される瞬間が又訪れました。リンカーンがゲティスバーグで問うたように「自由理念から産まれた、これほどまでに理念に捧げた国家が、果たして長らえることができるのだろうか?」

戦争の灰の中でリンカーンは祈りました「この国歌は、神の元で、新しい自由の命を得る。人民の,人民による,人民のための政府をこの地上から絶やしてはならない」

2008年7月4日、私たちは全く異なった戦争に直面しています。私たちの魂が試される戦争です。嘘に基づいた戦争です。しかし、真実の力と人々の力があれば、新たな自由の誕生を実現することができます。アメリカ合衆国の素晴らしき理念に乗っ取り、憲法の精神を守ることを要求しましょう。私たちを嘘でイラク戦争に導いた大統領を弾劾しましょう。

リンカーンの問いに答えましょう。アメリカ合衆国の憲法を蘇らせるために。独立記念日の今日、脅威からの自由を祝い、人民による政府が私たちの愛するこの国で立ち直ることができるよう。

kucinich.usを訪ねて下さい。国を変えるチャンスです。そして真の独立を祝うチャンスです。ありがとう。

– – – – – – – – – – – – – –
クシニッチ議員による弾劾活動サイト
http://impeachment.kucinich.us

ブッシュ大統領弾劾告発事項(原文)
http://kucinich.house.gov/News/DocumentSingle.aspx?DocumentID=93581

ブッシュ大統領弾劾告発書翻訳 クシニッチが告発する35条項の大罪(日本語)
http://blog.goo.ne.jp/arai647/e/0bb31d5500b8f0354d9e9d84c0ad098f

– – – – – – – – – – – – – –
Sean Penn for Dennis Kucinich
https://100voices.wordpress.com/2007/12/10/sean-penn-for-dennis-kucinich/

Obama’s iPod: Maggie’s Farm

In Music +, Politics on 2008/07/08 at 01:24

Bob Dylan – Maggie’s Farm (1965 Newport)

Maggie’s Farm 歌詞
http://www.bob-dylan.com/songs/maggie.html

Maggies’ Farmについて
http://en.wikipedia.org/wiki/Maggie’s_Farm

– – – – – – – – – –
Rolling Stone: A Conversation With Barack Obama
http://www.rollingstone.com/news/coverstory/21472234

(音楽に関する部分の抜粋)

Q: ボブ・ディランがあなたへの支持表明をしましたが、それはあなたにとって何を意味しますか?
A: ディランとブルース・スプリングスティーンから暖かい言葉を受けるのは特別素晴らしいことだ。彼らは(時代を象徴する)アイコンだから。

Q: ディランの曲でお気に入りは?
A: iPodに30曲くらい入っている。「Blood on the Tracks」はアルバム全部。政治家になってから一番聞いているのは「Maggie’s Farm」。まるで私にとっての政治の本質を巧みに語りかけてくるように聞こえるんだ。

Q: 本誌の表紙撮影の時、グレイトフル・デッドがかかっていましたが、あなたはすぐにわかりましたね。
A: 彼らは予備選挙の時、私のために再結成して支援コンサートをしてくれた。私は彼らの音楽も好きだが、人としての彼らも好きだよ。

Q: デッドヘッドがホワイトハウスに君臨するということですか?
A: 私にデッドヘッドの資格があるかなぁ?タイダイは着ないし、彼らのツァーにもついて行かなかった。でも彼らの曲は好きだよ。

Q: あたなの選挙キャンペーンでスプリングスティーンの「The Rising」がよく使われましたが、誰の選曲ですか?
A: キャンペーンではいろいろなことがあったし、やり方も何度も変わった。アレサの曲も使ったし、スティービーは常に底辺にあった。「Rising」はキャンペーンの精神をよく表している曲だと思う。

Q: スプリングスティーンは雄弁にあなたへの支持を表明しましたが、彼と彼の音楽についてどう思いますか?
A: ブルースの音楽が好きなだけでなく、彼の人間性も好きだ。彼は自分のルーツを決して失わずに活動して来た。自分が誰なのか知っている。決して装ったりしない。真実の人だ。そしてそれが人間性に現れている。実は実際に会ったことはないのだけれどね。

Q: スプリングスティーンは、あなたから電話があったと言っていました。
A: そうなんだ、電話で話した。彼は期待通りの人だったよ。情熱的でそして謙虚だった。

Q: でも「ボス」と呼ぶのですか?
A: 「ボス」と呼ぶのは変えられないよ。

Q: 何を聞いて育ちましたか?
A: エクレクティック(折衷)な趣味なんだ。70年代に育ったから、70年代のR&Bやポップスははずせない。スティービー・ワンダー、EW&F、エルトン・ジョン、ローリング・ストーンズ。

Q: その頃、音楽のヒーローはいましたか?
A: いたとしたら、それはスティービー・ワンダー。音楽を真剣に聞き始めた頃、スティービーがあの連作を出した。「Music of My Mind」「Talking Book」「Fulfillingness’ First Finale」「Innervisions」そして「Songs in the Key of Life」あの5作はそれまで聞いたこともないような素晴らしい作品だ。だからスティービーは最高。ストーンズも好きだった。

Q: ストーンズの好きな曲は?
A: 「Gimme Shelter」は名曲だ。

Q: 今は何を聞いていますか?iPodに入っている曲は?
A: 高校二三年の頃、ジャズを聞き始めたから、コルトレーン、マイルス、チャーリー・パーカーがたくさん入っている。今まで話したアーティストたちの曲は全部入っている。他にもハウリング・ウルフからヨーヨー・マ、シェリル・クロウ、Jay-Zまで。

Q: ラップについてどう思いますか?ラップが幸せな家族形成を破壊するという攻撃を、不当に受けていると思いますか?
A: ロックンロールとは反逆の音楽だ。だからそれが社会から批判されないとしたら、その目的を果たしていないということだ。ラップの歌詞で頻繁に表現される女性蔑視や物質主義には困惑することがある。だが、あの巧みな音楽形体は文化を変えたと思うよ。お陰で音楽での差別がなくなってきた。70年代や80年代には音楽は差別されていた。MTVは初めて放送された時のことを覚えているかい?「Thriller」が大ヒットするまでマイケルですらMTVでは流れなかった。私はJay-Zやルダクリスやラッセル・シモンズを知っている。彼らには素晴らしい音楽の才能がある。そしてビジネスの才能もあるのに、それはあまり公に強調されていない。彼らに悪いイメージがあるのではないかと私が心配せずに、娘たちに彼らの音楽を聞かせられる様になったら素晴らしいと思うよ。

John Cusack: War, Inc.

In Activism, Anti-War, Politics on 2008/06/19 at 22:41


アメリカにとって戦争とは‥ビジネスだ!
爆風政治コメディー「WAR, INC.」
http://www.firstlookstudios.com/films/warinc/

– – – – – – – – –
WHY WE WRITE – なぜ書くのか
by Jeremy Pikser, Mark Leyner & John Cusack
John Cusack ジョン・キューザックのブログ
http://bravenewfilms.org/profiles/334077-john-cusack

2003年の始めに三人で集まって、イラクで起こっていることの狂気とそれに対する怒りを表現する、何かを書けないか?と考えあぐねたんだ。

僕たちは地球上で最も権力のある国に住み、他の貧しく力のない国々を爆撃攻めにしている。イラクは長いこと、道路は破壊され、電力も飲み水も断たれている。続く強制制裁で、飢えと医療不足から50万の市民が死に追いやられた。そして、イラクとは違うアラブの複数の国から集まったアラブ人たちが、アメリカ人3000人(過去10年間でアメリカが殺したイラク人の数の150分の1だ)を殺したからという口実で、アメリカは又イラクを爆撃攻めにした。そしてアメリカ中が、大手メディアに関係のあるすべてのジャーナリストが、政治家が、映画俳優が、みんながアメリカの英雄的行為を讃えていた。僕らは言ったさ「Fuck This! 冗談じゃねぇ!」

だから僕らはこの話を書いた。出資家たちは、この映画では儲からないから出資しなかった。だからブルガリアで、普通の制作費のほんの一部の予算で作った。とにかく作ったんだ。おまけに素晴らしい俳優たちが、ほとんどノーギャラで出演してくれた。作品は最高の出来だ。たくさんの人たちが見てくれた。君にもぜひ見て欲しい。


ジョージ・ブッシュとジョン・マケインの区別、つけられる?ほんとに?ではクイズ..

アメリカ兵士をイラクの危険状態に送ることを支持しながら、二党合同で支援するGI Bill復員兵援護法を支持しないのはどっち?

お抱えのトップアドバイザーが、戦争商人と深い仲なのはどっち?

イラクとアフガニスタンでの戦争商人の悪事を裁くための、特別委員会の設置を拒否するのはどっち?

年金の民営化のために、市民を口車にのせようとしているのはどっち?

健康保険のない子供たちの保険予算に反対したのはどっち?

答えは‥どちらも。

MoveOn.orgのBush McCain Callengeクイズをやってみて。Betcha Can’t Tell Them Apart – きっと区別がつかないよ。

Bush McCain Callenge
http://www.bush-mccainchallenge.com

– – – – – – – –
John Cusackのサイト
http://www.huffingtonpost.com/john-cusack
http://www.myspace.com/johncusack

Al Gore endorses Barack Obama

In Environment, Politics on 2008/06/16 at 22:54

Al Gore Endorses Barack Obama in Detroit, MI 6.16.2008 (15:14)

Al Gore Speech full text (スピーチ全文)
http://hotlineblog.nationaljournal.com/archives/2008/06/take_it_from_me.html

– – – -(最後の部分)- – – – –
Many people have waited for some sign that our country is awakening once again.
大勢の人々が、この国がもう一度目覚める啓示を待っていた。

How will we know when a massive wave of reform and recovery and regeneration is about to take hold and renew our nation?
行政の改革と回復の巨大な波が押し寄せ、この国家が生まれ変わる時が来たことを、どうしたら知ることが出来るのか?

What would it look like if such a change were beginning to build?
起こり始めている変化は、一体どんな風に見えるのか?

I think we might recognize it as a sign of such change if we saw millions of young people getting involved for the first time in the political process.
それはきっとわかる。何百万もの若者たちが、生まれて初めて政治に参加するのを見た時。

I think we might just recognize it if we saw that new generation casting aside obsolete and hurtful distinctions and reaching out to one another across the ancient divisions that have frustrated action in the past.
それはきっとわかる。新しい世代がお互いを傷つける主張をやめ、ずっと私たちを憤慨させていた太古の境界線を超えて、のばした手を握り合う時。

I think we would know this change was coming if a new generation rejected the special interest politics of the past and the big money that fueled it, and instead used the internet to get small donations and unite Americans in a common effort to realize our common destiny.
新しい世代が過去の政治的利益集団による政治と巨額献金を拒否し、インターネットによる個人の小額献金で、アメリカ市民が共通の努力と共通の将来の元に団結する時。

If we saw it coming, we’d recognize it by the words, “hope” and “change.” Perhaps we would recognize it if we heard a young leader rise up to say,
その時、私たちは「希望」と「変化」を知ることが出来るのだ。若き指導者が立ち上がり宣言する時に知ることが出来るのだ。

“We’re not a red state America or a blue state America. We are the United States of America.”
「私たちは赤の州のアメリカでも青の州のアメリカでもない。私たちは団結したアメリカ – United States of Americaなのだ!」

We would know that change is on the way if that young leader reached out not only to the supporters of the other candidates in his party, but also beyond partisan lines, to Republicans and independents and said to us all,
知ることが出来るのだ。その若き指導者が、自党の他の候補者の支持者たちのみならず、党を超えて共和党や独立党にも手を差し伸べて宣言する時。

“America, our time has come.”
「アメリカよ、私たちの時が来た!」

I think we would recognize it in a candidate who, in response to those doubting our ability to solve the climate crisis and create a bright future, inspired millions to say,
知ることが出来るのだ。その若き指導者が、気候危機解決に対しての疑いの声に向かって、何百万もの人々に明るい未来を作るための声を上げさせる時。

“Yes, we can.”
「そうだ、私たちにはできる!」

We have such a nominee.
私たちにはそんな候補者がいる。

We have such a leader.
私たちにはそんな指導者がいる。

Yes, we can.
そうだ、私たちにはできる。

Ladies and gentlemen, the next President of the United States of America, Barack Obama.
紳士淑女のみなさん、アメリカ合衆国次期大統領、バラック・オバマ!

– – – – – – – – –
Al Gore “My Endorsement” to Obama(公式声明)
http://my.barackobama.com/page/community/post/samgrahamfelsen/gG5n3Y
http://blog.algore.com/2008/06/my_endorsement.html

Barack Obama / Bobby Kennedy – Hope

In Politics on 2008/06/06 at 23:53


RFK: 今日、私は合衆国大統領に立候補することを宣言します。
BO: 今日、私はみなさんの前で、アメリカ合衆国大統領に立候補することを宣言します。

RFK: 我が国は危機に瀕しています。外国の敵からだけでなく、何より我が国の腐敗した外交政策自体によって。この戦争は終わらせなければなりません。そして私の判断では終わらせることが出来ます。降参するのではありません。続けるのを辞めるのです。崩壊した政策を続けるのを..。
BO: 今、この戦争を辞める行動を始めなければなりません。明日ではなく、その次の日ではなく、6ヶ月後ではなく、今。

RFK: 私たちはアメリカ市民として努力しなければなりません。理解する努力を、理解してこの困難な時を乗り越えるのです。
BO: 困難に立ち向かう希望、見えない明日に立ち向かう希望、The Audacity of Hope/大いなる希望。それが神から授かった贈り物なのです。それがこの国の基盤なのです。見えないものを信じること、明日を信じること。

– – – – – –
(クリップ解説)今アメリカが動いている。40年前にボビー・ケネディーが作り出したものと似た動きが。あの時代に私たちは多くの素晴らしい指導者を失った。彼らの様に世界を変えるために立ち上がる誰かが、再び現れることなどないと思わざるおえないかもしれない。私はバラック・オバマがその人だと信じる。「希望」はとても力強いものだ。ケネディーとキング牧師の時代、「希望」はアメリカ市民を行動にかき立てた。そして今、私たちにも同じ事ができる。

音楽:
American Gangster – Heart Of The City (Ain’t No Love) – Jay Z
http://www.youtube.com/watch?v=A9XZds9hmXI
American Gangster – Full Trailer
http://www.youtube.com/watch?v=QOSOYSLDuQE

オリジナル:
“Ain’t No Love In the Heart of the City” by Bobby Blue Bland
http://www.youtube.com/watch?v=4bDsSfXq_VY

Barack Obama 2008.6.5, Bristol VA

In Politics on 2008/06/05 at 21:32


来る年も来る年も、そして選挙があるたびに、候補者たちは健康保険制度の改正と市民の負担削減を約束して来た。そして選挙が終わり議員たちがホワイトハウスに戻ると何も変わらない。正直に言おう、その理由は、製薬会社や保険会社がこの10年の間に何十億ドルも使って、健康保険制度の改正を阻止しているからだ。ロビイストたちが小切手を切って、会社の要望を通しているからだ。その結果アメリカ市民は安息を得ることが出来ない。そして次の選挙が来る時には、さらに多くの市民が健康保険を失っている。さらに多くの家族が保険料支払いに苦難している。今日私たちがここにいるのは、もし私たちが本当の前進をするとしたら、今度こそ違った方法でやらなければならないことを知っているからだ。

イリノイ州議会と米国議会の任期を通じて、私はそれらのspecial interest政治的利益集団やロビイストの力をなんとか減らすように運動して来た。そして今回の大統領候補選活動でもそのことに重点を置いて来た。私は選挙選において、連邦が指定する政治的利益集団やロビイストからの献金を拒否してきた。そして今日、民主党大統領候補として、さらに前進することを宣言する。民主党全国委員会も同様の姿勢を取ることになった。私たちはワシントンのロビイストや政治的利益集団から一銭も受け取らない。私たちはワシントンを変える。ロビイストや政治的利益集団に私の党を動かすことはさせない。彼らにホワイトハウスを動かすことはさせない。私が大統領になった時、彼らにアメリカ市民の声を消すことはさせない。

– – – – – – – – –
Democratic Party Will No Longer Accept Washington Lobbyist Donations
http://democrats.org/a/2008/06/democratic_part_10.php

DNC民主党全国委員会長Howard Deanハワード・ディーンとオバマ選挙委員会は今日、民主党全国委員会は今後、国会ロビイストからの献金を受け付けないことを発表。民主党大統領候補バラク・オバマが今まで行って来たと同様の姿勢をとることになった。

ハワード・ディーン「DNCとオバマ選挙委員会は統合し、次期大統領にバラック・オバマを選ぶために活動して行く。オバマ候補は国会ロビイストからの献金を受け取らない誓いを守っている。今日からDNCも同様の誓いの元に活動する。オバマ議員はいままで国会で行われていたことを変える約束をした。献金拒否は約束を果たすための大きな一歩だ。オバマ政権では、アメリカ市民のための政策が優先する。政治的利益集団ではなく。」

– – – – – – – – –
Change Congress: DNC – No lobbyist, No PACs
http://change-congress.org/blog/2008/06/05/dnc-no-lobbyists-no-pacs

今夜DNC民主党全国委員会から大きなニュースが入った。2008年大統領選候補のバラック・オバマが、政府内部の腐敗の指摘を民主党がどれだけ真剣にとらえているかをはっきりと表明した。

「私たちはワシントンのロビイストや政治的利益集団から一銭も受け取らない。ロビイストや政治的利益集団に私の党を動かすことはさせない。彼らにアメリカ市民の声を消すことはさせない。」

この誓約はオバマ選挙委員会だけでなく、民主党自体の誓約になった。これは素晴らしいニュースだ。そして「Change Congress」の目標への大きな前進だ。二大巨党のうちの一党がロビイストや政治的利益集団からの献金を拒否するというのは、画期的なことだ。この方向こそ、政府を利益集団の力や悪影響から切り離す正しい動きだ。しかし各民主党議員がDNCに同調するかどうかはわからない。それがこの誓約の今後の本当の試練になるだろう。

私たちにはまだまだやらなければならないことがある。ジョン・マケインと共和党全国委員会から同様の、またはそれに近い反応があることを望む。

(参照)Laurence Lessig: Change Congress
https://100voices.wordpress.com/2008/03/23/laurence-lessig-change-congress/

Barack Obama, 2008.6.3, St. Paul MN

In Politics on 2008/06/04 at 00:05


Barack Obama’s Victory Speech on June 3, 2008(28分17秒)
(冒頭)Tonight, after fifty-four hard-fought contests, our primary season has finally come to an end.
今夜、54の激しい闘いを経て、予備選挙がようやく終わりを迎えた。

Sixteen months have passed since we first stood together on the steps of the Old State Capitol in Springfield, Illinois. Thousands of miles have been traveled. Millions of voices have been heard. And because of what you said – because you decided that change must come to Washington; because you believed that this year must be different than all the rest; because you chose to listen not to your doubts or your fears but to your greatest hopes and highest aspirations, tonight we mark the end of one historic journey with the beginning of another – a journey that will bring a new and better day to America. Tonight, I can stand before you and say that I will be the Democratic nominee for President of the United States.
イリノイ州スプリングフィールドの古い州庁舎の階段の前で、共に立ち上がってから16ヶ月が経った。何千マイルを旅した。何百万の声が聞こえた。あなた方が声をあげてくれたから、ワシントンに「Change-変化」が必要だと決めてくれたから、今年は今までと違う年になると信じてくれたから、あなた方が自らの疑いや恐れではなく希望や高みへの熱望に耳を傾けてくれたから、今夜私たちはこの歴史的な旅に終止符を打つことが出来る。そして次の旅を始めることが出来る。アメリカに新しいそしてより良い日々をもたらすための旅を。今夜、あなた方の前に立って、私は言うことができる。私はアメリカ合衆国の民主党大統領候補になる。

I want to thank every American who stood with us over the course of this campaign – through the good days and the bad; from the snows of Cedar Rapids to the sunshine of Sioux Falls. And tonight I also want to thank the men and woman who took this journey with me as fellow candidates for President.
この選挙戦の過程で、私と共に立ち上がってくれたすべてのアメリカ市民に感謝する。良き日も悪しき日も。シーダー・ラピッズの雪の日も、スー・フォールズの太陽の日も。そして今夜、この大統領選の旅を共に過ごした親愛なる候補者たちにも感謝したい。

At this defining moment for our nation, we should be proud that our party put forth one of the most talented, qualified field of individuals ever to run for this office. I have not just competed with them as rivals, I have learned from them as friends, as public servants, and as patriots who love America and are willing to work tirelessly to make this country better. They are leaders of this party, and leaders that America will turn to for years to come.
そしてこの瞬間、私たちの党が大統領という職のために最高の人材を集め、全力で突き進んできたことを誇りにしたい。私は素晴らしき彼らとライバルとして闘って来た。友人として、公務に就く者として、アメリカを愛する愛国者として、アメリカをより良い国にするために疲れを知らずに働く彼らから、とても多くを学んだ。彼らは党のリーダーたちだ。アメリカのこれからを変えるリーダーたちだ。

– – – – – – – – –
2008年6月3日、予備選最終夜、ミネソタ州セント・ポール
スピーチ全文
http://my.barackobama.com/page/community/post/samgrahamfelsen/gG5gJ2

Winter Soldier on the Hill

In Anti-War, Politics on 2008/05/27 at 22:10


冬の兵士、議会での証言 5/15/2008
Winter Solder on the Hill(最後の部分)

#証言会の全部は以下のサイトで見ることが出来ます。
http://www.youtube.com/battlepace
http://www.youtube.com/IVAWtube
http://ivaw.org/wintersoldier
http://ivaw.org/wintersoldier/on_the_hill

(下院議員Barbara Leeバーバラ・リー)始めにここに来て下さった証言者のみなさん感謝します。みなさんは真の愛国者です。みなさんの証言の真偽を問う人たちもいますが、ここにいる私たちに疑いはありません。みなさんの勇気と、イラク占領のこの事態に対して進んで行動を起こして下さったことに、大きく感謝します。この場に報道陣がいることに感謝します。今までみなさんの声は報道されなかった。今日のこの瞬間は、我が国にとって、そして世界にとって、歴史的な瞬間です。

イラク占領にいたるまでの経過を話させて下さい。開戦以前、私たちは回避法を提示しました。覚えていない方も多いと思いますが、私の提示案に72票が投じられました。国連の大量破壊兵器査察活動を続けて、本当にイラクに大量破壊兵器があるのかどうか確かめよう、という案でした。72票が賛成したのです。以来、4千の兵士が死に、3万以上が負傷し、数えきれないイラク市民が死にました。それらは防ぐことが出来たはずなのです。

みなさんの証言は詳細に渡っていました。話すことは辛いに違いありません。聞いている私たちも辛いです。みなさんが体験した「軍による兵士の否人間化」そしてその影響を聞いていると、とても悲しく、とても辛いです。アメリカ政府は「この戦争はイラク市民の心を勝ち取るためのものだ」と言っています。それと裏腹な命令に従わされて来たみなさん。

ここでアメリカの国家安全について質問させてください。ひとつめは、証言されたような経験を経た後、みなさんはアメリカの安全性は、占領以前と比べてどう思いますか?ふたつめは、最近でもアメリカ市民の60%以上が9/11とサダム・フセインが関係していると思っています。それについてどう知らされて来たか、今どう感じるか、聞かせて下さい。

そして最後にお願いです。今後も議会に来て証言して下さい。あなたの州の議員にも話して下さい。本来はこの場に共和党民主党のすべての議員がいるべきです。真実を聞きたい議員に話してあげて下さい。この活動を続けて下さい。なぜならみなさんの声は、実際に従軍し多くの場合犠牲を払った真の声だからです。この戦争を終わらせるために。私たちも活動を続けます。今日これからあるイラク占領軍事費用増額案を却下させたいです。すべての票は獲得できないかもしれませんが、少なくとも私たちが戦争停止に向けて動いていることを、みなさんに知らせたいです。そう望みます、祈り続けます、そして運動を続けます。イラク占領の軍事費用出費を止めるために。

(James Gilliganジェームス・ギリガン)私はアフガニスタンでアルカイダ、タリバン、そしてオサマ・ビン・ラディンを探す任務につきました。無茶な任務です。アフガニスタンは想像もできないほど広大な国です。グァムやプレルトリコとは訳が違う。イラクに関してですが、イラク軍が交戦して殺した相手は「militant戦闘分子」と表現され、アメリカ軍がイラク戦延長上のイランで抵抗に会って殺した相手はアルカイダもしくは「insurgent反乱軍」と表現されます。我々がイラクで殺しているのがほんとうは誰なのか、はっきりさせなければならないと思います。アメリカ本土の国家安全についてですが、私たちは歴史上いまだかつてない程、私たち自身の政府による危機にさらされています。

(Luis Montalvanルイス・モンタルバン)同感です。私は最後の審判を信じるような人間ではありませんが、ある国家情報機関によると、これから5年から10年でアメリカの都市は破滅するとあります。それからこれは提案です。私はイラクでのアメリカの議員団の視察案内をしていました。アメリカ軍とイラン軍が協力してうまく物事が運んでいるような場所ばかりの案内です。私はそんなディズニーランドを案内するような視察ではなく、実際にイラクの通りに出て、何が起こっているのかを時間をかけて見る、本当の現状を知るための視察にみなさんをお連れしたいです。

(Adam Kokeshアダム・コケシュ)私はイラクにおいてむしろ多くの敵を作ってしまったという自分の経験から証言しましたが、これはアメリカ市民全員がはっきりと知るべき事だと思います。アメリカ国家安全の最大の敵は、現在のアメリカ政府の腐敗だということを。

(下院議員Lynn Woolseyリン・ウールジー)リー議員、ウォーター議員、出席ありがとうございました。三人の強い女性が力を合わせ、多くのことが成し遂げられました。今日来て下さった議員のみなさんにも感謝します。本当はもっとたくさんの議員に出席していただきたかったですが、ここにいる議員たちは兵士のみなさんのことを深く考えています。そして来れなかった議員の多くも。現在議会が決議機関で多忙なこともご考慮下さい。私たちは他の議員たちに、この証言会の重要性を伝え、証言を文書にしていつでも読める様にします。

今日のみなさんの証言を聞いてわかったのは、みなさんはそれぞれ違った体験をしてきたけれど、イラク占領のどの部分においても、ブッシュ大統領の政策が失敗したということです。そして今後も失敗するということです。イラクにおける終わりのない民族闘争の管理という任務の元で、ブッシュ大統領はイラクでのアメリカ軍の兵士の擁護に失敗しました。5年間もはっきりとした目的がないまま戦場に送られ、ブッシュ大統領の「イラクでの目的達成」という標語が延長されるたびに、みなさんは与えられた任務のすべてをこなしてきました。国のために。

ブッシュ大統領はイラク市民の支持も失いました。イラク市民は5年間食料にも不自由し、命の危険にさらされながら、闘争と混沌の中で暮らしています。アメリカはイラク市民を擁護し、軍事ではない援助をしなければなりません。民族和解のために、難民救済のために。ブッシュ大統領は退役軍人擁護にも失敗しました。不完全なGI Bill復員兵援護法と不十分な予算で、負傷した兵士たちが見放されています。国のために傷ついた兵士が医療を受けられないのです。屈辱的なことです。アメリカはこんな国ではないはずです。

今日証言してくださった皆さんに感謝します。私はみなさんを見るとともに、ここに集まった聴衆も見ていました。聴衆はみなさんの背後で強く支持している様子がわかりました。証言をありがとう。そして支持をありがとう。

– – – – – – – – – – – –
The Nation 5/15/2008
Winter Soldier, Part II
http://www.thenation.com/blogs/jstreet/321275

(抜粋)IVAW-反戦イラク帰還兵の会が、Congressional Progressive Caucus革新議員幹部会の招待でワシントン議会を訪れた。三時間に渡る証言会の後、議員たちは「本当の話を聞くことが出来ました。守れない約束はしたくないけれど、私たちは頑張ります。GI Billの改善を実現します。」としめくくった。革新議員幹部会は約束を守った。その日の午後に下院は、141-149でイラク戦軍備補助予算を却下。2009年12月31日までにイラク撤退を決め、256-166という大差でGI Billの改正を通した。

これらの評決結果は上院に渡される。そこではまた厳しい闘いが待っている。大統領の拒否権が待っている。だが今日この瞬間、勝利は本来あるべき者の手にある。実際に犠牲を払った者たちの手に。

Congressional Progressive Caucus
http://cpc.lee.house.gov

– – – – – – – – – – –
Winter Soldier Iraq & Afghanistan
https://100voices.wordpress.com/2008/03/19/winter-soldier-iraq-afghanistan-2/
Winter Soldier
https://100voices.wordpress.com/2008/03/11/winter-soldier/

Obama in 30 Seconds: winners

In Activism, Politics on 2008/05/12 at 23:28

最優秀作品「Obamacan」
by David Gaw & Lance Mungia (Monrovia, CA)

私は退役軍人です。レーガン大統領の元で、そして一人目のブッシュ大統領の元で、国家に仕えました。選挙できる年齢になるずっと前から共和党支持でした。私たちは「強い大統領」を必要としています。右派と左派の両方を、共和党民主党の両方、そして国民全体を代表できる人を必要としています。

私は生涯共和党支持ですが、バラク・オバマに投票します。

一般投票最優秀作品「They Said He Was Unprepared…」
by Josh Garrett (North Hollywood, CA)

イリノイ州出身の男が大統領に立候補した。対立候補は彼を笑い者にした。経験不足だと嘲った。そして大統領職への準備が出来ていないと言った。彼にはイリノイ州の議会経験と、2年間の議員経験しかなかった。管理職に就いた経験もなかった。

だが彼(アブラハム・リンカーン)は大統領に選ばれた。二回も。

人々は彼を「準備が出来ていない」と言った..

– – – – – – – –
Obama in 30 Seconds
http://obamain30seconds.org

市民団体MoveOn.orgによるオバマ支援広告コンテスト「Obama in 30 Seconds」。応募作品1100に対して、一般評価投票550万、そして映画監督や芸術家やミュージシャンや思想家などの審査員陣の評価を経て、15の優秀作品が決定しました。最優秀作品は「Obamacan」。優秀作品15はどれも前向きな希望に満ちたクリエイティブな作品です。現在サイトから見ることができます。

MoveOn.orgは現在、「Obamacan」をテレビ放送するための資金を募っています。

– – – – – – – –
Obama in 30 Seconds
https://100voices.wordpress.com/2008/03/14/obama-in-30-seconds/

Laurence Lessig: Change Congress

In Activism, Politics on 2008/03/23 at 23:37


10 minutes to announce two ideas
(このクリップの前半で「Change Congress」発起の理由が述べられています。後半はカリフォルニア議員に立候補する提案ですが、これは後日しないことになりました。)

– – – – – – – – –
CHANGE CONGRESS
http://change-congress.org

Change Congress(議会を変えよう運動)は政府の機能の根本を改革するための支援力を拡大する運動。サイトツールで、候補者と市民とが、ワシントンの「献金」の悪影響を減らすための改革を支援する宣誓をすることができる。この運動コミュニティーから、宣誓した候補者と、宣誓したボランティアや貢献者市民とがリンクできる。

CHANGE CONGRESSの目的
http://change-congress.org/about

1. ロビイストやPAC(政治活動団体)からの献金をなくそう
議員は特別な主旨のためにではなく、市民のために働かなければならない。候補者がロビイストやPACから献金を受け取らないことを宣誓することによって、その候補者への票が巨額政治献金によって左右されないことを表明できる。この姿勢は、エドワード上院議員が大統領候補キャンペーンで、もっともはっきりと主張していた。

2.Earmarks(紐付き予算)を廃止しよう
紐付き予算制度下では、予算が誰に渡されるのか、政府がどのように使うかのかを、議員の権限で決めることが出来る。紐付き予算経済によって、学校や兵士や市民に使われるべき予算が、政治献金者や「対岸のない橋」計画のような政府事業計画に渡ってしまう。このひどい腐敗システムを廃止しない限り、議会を掃除することはできない。共和党議員Rick Renziが、紐付き予算廃止案を提示している。

3. 公共資金による選挙運動の支援
(献金を受けている)候補者をシステムから除外するだけでは十分ではない。システムそのものを変えなければならない。公共資金による選挙運動であれば、選挙運動資金の抜け穴をなくし、大企業などの巨額献金を議会から永久に除外することが出来る。公共資金による選挙運動は、民主共和両党から支持されている。

4. 議会の可視化増大のための改革支援
太陽光線は殺菌に最高。議会の進行、そして参加するメンバーがみな公にされる、そんな洗浄された議会からは私たちすべてが恩恵を受けることが出来る。Change Congressの宣誓は、議員たちすべてが、会議やその関係者を公にする法律改定を呼びかける。立法者たちがキャンペーンの献金者リストを毎週公開すること、正規ロビイストたちとの会議内容、紐付き予算の申請内容、個人資産の急激な変化などを公にする。

CHANGE CONGRESS発起人

Lawrence Lessig ローレンス・レッシグ
スタンフォード法律大学教授。テクノロジーとインターネット法の先駆&考察者。Creative Commonsの創始者。著書「Code, The Future of Ideas」「Free Culture」

Joe Trippi ジョー・トリッピ
The New Republic誌いわく「選挙運動を再発明した男」。Trippi & Associates創始者。Walter Mondale, Gary Hart, Richard Gephardt, Howard Dean, そして先のJohn Edwards選挙運動で働いた。2004年Howard Deanの選挙運動時に、大統領選において初めて、オンライン技術を使った大規模な草の根運動を組織した。インターネットを使って小額献金(平均100ドル以下)を大量に集めるキャンペーン「Dean for America」は、それまでの民主党議員献金額を上回る総額に達した。

– – – – – – – – – –
レッシグ教授からのメール

Dear Friend (Change Congress登録者のみなさん)、昨日の記者会見は素晴らしかった。National Press Club三部屋は満員、興味本位のメディアだけではなくて、やる気に満ちた市民や運動家たちが大勢出席していた。みなワシントンが変わることを待ちこがれている。あなたのように。もし記者会見のフィードを見逃したら、ここにスライドショーがアップされているので見て欲しい。
http://change-congress.blip.tv/#770720

400人以上がライブフィードを見て、今日もさらに多数が見ている。この48時間で1500人以上がCHANGE CONGRESSに登録している。初期支持者リストより50%も多い人数だ。

このスライドショーを友達や家族に見せて欲しい。Facebookやブログに載せて欲しい。目標は全国的なディスカッションを始めて、人々が「政府を掃除するにはどうしたらいいか」を話す様になることだ。このスライドショーは僕のブログにもあるので、意見を寄せて欲しい。
http://lessig.org/blog/2008/03/change_congress_launched.html

– – – – – – – – – –
「CHANGE CONGRESS」発足記者会見
Lawrence Lessig and Change Congress
http://video.google.com/videoplay?docid=2010358528301799443
http://video.google.com/videoplay?docid=-7627371486086836664

レッシグ教授、オバマ支持の理由
20 minutes or so about why I am 4Barack
http://www.youtube.com/watch?v=EdDzvmY1XPo
10 minutes on whether Hillary can win
http://www.youtube.com/watch?v=Wq7VCQO5siU

Obama in 30 Seconds

In Activism, Politics on 2008/03/14 at 00:52


ハイ!MoveOn.orgディレクターのEli Pariser / イーライ・パリサーです。「OBAMA IN 30 SECONDS」というコンテスト開始のお知らせです。私たちの最初のコンテスト「BUSH IN 30 SECONDS」を覚えている方も多いと思います。2004年に行われたものです。普通の人々が初めて政治的な広告を作るチャンスを与えられた企画でした。いくつかの投稿作品は、今までにないようなクリエイティブな内容でした。最優秀作品「Child’s Pay」は、政治広告史上、最も多くの人に見られた広告となりました。

Child’s Pay
http://www.youtube.com/watch?v=A9WKimKIyUQ

ブッシュ大統領の10兆ドルの負債を払わされるのは..

BUSH IN 30 SECONDS 優秀作品集
http://www.bushin30seconds.org

今度のコンテストは多少違ったことをします。オバマ支援のために、すでにたくさんの素晴らしい作品が作られています。YES, WE CANもそのひとつ。今度はあたなが作る番です。草の根運動のエネルギーはMoveOn.orgの中核です。草の根運動のエネルギーがオバマの連勝を支えています。そして今、あなたの創造力が、オバマをトップに押し上げるために必要なのです。

優勝者の作品は全国放送されます。そして優勝者には2万ドルの映画製作用新機材資金が与えられます。なかなかいいでしょ。ぜひコンテストサイトをチェックしてください。ぜひ、今日、「OBAMA IN 30 SECONDS」を作り始めて下さい。

OBAMA IN 30 SECONDS
http://www.obamain30seconds.org

審査員:Ben Affleck, Steve Buscemi, Matt Damon, Donna Edwards, Michael Franti, Adrian Grenier, Ted Hope, Jesse Jackson, Rory Kennedy, John Legend, Lawrence Lessig, Moby, Markos Moulitsas, Tom ortenberg, Heather Rae, James Schamus, Russell Simmons, DJ Spooky, Ricki Stern, Julia Stiles, Oliver Stone, Annie Sundberg, Eddie Vedder, Naomi Wolf
ベン・アフレック、マット・デーモン、エディー・ヴェダー、オリバー・ストーン、ジョン・レジェンド、ジェシ・ジャクソン、ラッセル・シモンズ、DJ スプーキー、ローレンス・レッシグ教授 他

We Are The Ones, will.i.am for Obama 2

In Music +, Politics on 2008/03/01 at 06:21


WE ARE THE ONES…We can change the world…
O.BA.MA…O.BA.MA…O.BA.MA…O.BA.MA…O.BA.MA…

もっときれいな地球を望みます、もうすぐ産まれる私の子供のために

今が変化の時だ、子供たちのためによりよい未来が欲しい

安全な環境が欲しい

私たちのアメリカ、私のアメリカ、あなたのアメリカ

O.BA.MA…O.BA.MA…O.BA.MA…O.BA.MA…O.BA.MA…

僕らの世代の中から本当に「変える」ことが出来る人

恐怖を感じないで暮らせる世界が欲しい

戦争が終わって欲しい

世界の国々から尊敬される素晴らしい国になって欲しい

O.BA.MA…O.BA.MA…O.BA.MA…O.BA.MA…O.BA.MA…

OBAMAに一番動かされるのは、彼が本当にアメリカの大統領になるということ、上流社会10%のための大統領じゃなくて、大企業のための大統領じゃなくて、強力なロビイストのための大統領じゃなくて、そうじゃなくて彼は私たちの大統領になるということ、私たちの声を代弁してくれるということ‥だって私たちが彼を大統領に選ぶのだから

OBAMAはこの国をひとつにしてくれる、世界に向かってアメリカの顔を変えてくれる

これは僕のアメリカ、君のアメリカ、僕たちのアメリカ

OBAMAは黒人のためだけじゃなくてすべての人々のために立ち上がってくれる

OBAMAを信じます、だって彼は私たちを信じているから

WE ARE THE ONES WE’VE BEEN WAITING FOR…
WE ARE THE ONES…We can change the world…

– – – – – – – – – – –
WE ARE THE ONES SONG

(インスピレーション) Barack Obama

(プロデュース) will.i.am

(出演) Jessica Alba, Ryan Phillippe, George Lopez, Adrianne Palicki, Regina King, Zoe Kravitz, Freddie Rodriguez, John Leguizamo, Kerry Washington, Ryan Key, Macy Gray, Omar Benson Miller, Malcolm Jamal Warner, Taboo, Eric Mabius, Tichina Arnold, Nate Parker, Kate del Castillo, Tyrese, Jesse Plemons, Ben McKenzie, Leonor Varela, N’Dambi, Cucu Diamantes, Andres Levin, Noah Aegan, Troy Garity, Simore Bent, Susanna Hoffs, Jackson Roach, Ann David, Javier Castillo, Adriana Castillo, will.i.am

http://www.youtube.com/illwilly
http://www.wearetheonessong.com
http://www.dipdive.com

– – – – – – – – – – –
Barack Obama Super Tuesday Speech
…You see, the challenges we face will not be solved with one meeting in one night. It will not be resolved on even a Super Duper Tuesday. Change will not come if we wait for some other person or if we wait for some other time. We are the ones we’ve been waiting for. We are the change that we seek. We are the hope of those boys who have so little, who’ve been told that they cannot have what they dream, that they cannot be what they imagine. Yes, they can…

‥私たちが直面しているチャレンジは、一回の会議や一晩で解決できることではない。このスーパーデューパー・チューズディですら解決できない。誰かがやってくれるだろう、いつかできるだろう、などと思っていては決して解決できない。私たちが待ち望んでいるのは私たち自身なのだ。私たちが探している「チェンジ」とは私たち自身のことなのだ。私たち自身が、貧しさで夢などかなうことなどないと言われた少年たちの「希望」なんだ。そうだ、少年たちの夢はかなう‥

We Are the Ones We’ve Been Waiting For
私たちが待ち望んでいたのは私たち自身だ
You have been telling the people that this is the Eleventh Hour. Now you must go back and tell the people that this is The Hour… – The Hopi Elders Speak(ホピの格言)

Obama Hope Poster

In Activism, Art, Politics on 2008/02/29 at 08:02


アナウンサー: 先日テキサス州ヒューストンのオバマ選挙事務所のビルの、巨大なオバマの壁画のことをお伝えしましたが、今日はそれがどのように描かれたかお伝えしましょう。

アーティスト: 僕たちはオバマ事務所に描くことを依頼されました。キャンペーンを芸術的に表現するためです。この絵はシェパード・フェアリーの作品です。知っている人には有名なのですが、国際的なポスターキャンペーン「Obey Giant」の作者です。普通のポスターを貼るのではなくて、壁画に復元することにしました。結構うまく出来てきています。大統領選挙の日までこの壁に残っているといいなぁ。

アーティスト: 僕が思うに、誰に投票するかは問題じゃなくて、投票すること自体が大事なんですよね。地域コミュニティーには、もっとアートを使ったアクションが必要だと思います。どんなメッセージを託しても構わない。この壁画の場合は「The medium is the message」(手段自体がメッセージだ‥シェパード・フェアリーのモットー、文明評論家マーシャル・マクルーハンの言葉)他の町はあまりこういうことをしていません。僕らのこの壁画を見て「よくやった!」と言われたいですよね。

Obama Mural
http://myspacetv.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=28694820

Obama mural “Hope”
http://flickr.com/photos/primoprics/sets/72157603947276878/


Obama HopeShepard Fairey: Obey Obama
シェパード・フェアリー:デザイナーの強力なポスターシリーズによる候補者支援

(インタヴュー内容の一部)

– なぜオバマを支援する様になったのですか?

最初は2004年の民主党大会のスピーチに感動して。それ以来ずっと感動し続けている。戦争に正面から反対したり、どんな場面でも自分の信じていることを堂々と言っている。だから自腹で支援しようと思った。民主党の候補に決まるまで待てば、と言われたけれど、待てなかった。確実に民主党候補にするための支援が大事だから。

– どうやって始めたのですか?

僕の今までのやり方は、街にポスターを貼る活動だから、そういう違法活動とはかかわりあいたくない、と言われるかもしれないから、知り合いを通してポスター制作の意思を伝えたんだ。ポスター制作はOKということで、僕は一晩で作って、印刷して、サイトにアップした。

– 反応は?

もの凄かった!15分で売り切れた。最初の売り上げでキャンペーンの規模拡大資金にした。「PROGRESS」の文字を入れて350枚売って、350枚を配布用にさらに印刷、それから「HOPE」の文字をつけたものを3000枚配布用に作った。

– オバマ選挙事務所の反応は?

ポスターへの反響はとても強く、事務所にも問い合わせがあるらしい。このポスターキャンペーンは見守っているようだ。でも正式なキャンペーン商品として売るための別のポスターの依頼があった。直接効果になるよね。だから僕は引き受けるつもり。もっと早く依頼してくれれば良かったのにと思う。でもこのポスターもオンラインでたくさんの人に渡ったし、嬉しいよ。この作品はメディアとかで「Cool! かっこいい!」と言ってもらうために作ったのではないから。

Shepard Fairey: Hope / Elysian Park
http://obeygiant.com/post/hope-elysian-park

Yes We Can, will.i.am for Obama

In Music +, Politics on 2008/02/16 at 07:24

It was a creed written into the founding documents that declared the destiny of a nation.
それは国家の天命を宣言する建国の文書に刻まれている信条だ

Yes we can.
そうだ、私たちにはできる

It was whispered by slaves and abolitionists as they blazed a trail toward freedom.
それは奴隷と奴隷廃止論者たちが自由への道しるべをつけながら囁やいた言葉だ

Yes we can.
そうだ、私たちにはできる

It was sung by immigrants as they struck out from distant shores and pioneers who pushed westward against an unforgiving wilderness.
それは荒波の沖から大陸を目指す移民たちが、そして無情な原野と闘いながら西を目指した開拓者たちが歌った言葉だ

Yes we can.
そうだ、私たちにはできる

It was the call of workers who organized; women who reached for the ballots; a President who chose the moon as our new frontier; and a King who took us to the mountaintop and pointed the way to the Promised Land.
それは組合を組織した労働者たちが、投票権を勝ち取った女性たちが、月を新たな開拓地として目指した大統領が、そして山の頂上に私たちを導き約束の地を指し示してくれた「キング」が、かけ声にした言葉だ

Yes we can to justice and equality.
私たちにはできる、正義と平等の実現を

Yes we can to opportunity and prosperity.
私たちにはできる、機会と繁栄をもたらすことを

Yes we can heal this nation.
私たちにはできる、国家を癒すことを

Yes we can repair this world.
私たちにはできる、世界を建て直すことを

Yes we can.
そうだ、私たちにはできる

We know the battle ahead will be long, but always remember that no matter what obstacles stand in our way, nothing can stand in the way of the power of millions of voices calling for change.
この闘いの道のりが長いことはわかっている。しかししっかり覚えておこう。どんな障害が現れても「Change/改革」を望む何百万の声の力を止めることは出来ない

We have been told we cannot do this by a chorus of cynics…they will only grow louder and more dissonant… We’ve been asked to pause for a reality check. We’ve been warned against offering the people of this nation false hope.
できるはずがない‥と冷笑する人々がいる。その声は不協和音と共に増幅する。現実的になれ‥と問う人々がいる。偽りの希望を与えるな‥と言う人々がいる

But in the unlikely story that is America, there has never been anything false about hope.
しかしこのアメリカには、「希望」を持つことに偽りなどない

Now the hopes of the little girl who goes to a crumbling school in Dillon are the same as the dreams of the boy who learns on the streets of LA; we will remember that there is something happening in America; that we are not as divided as our politics suggests; that we are one people; we are one nation; and together, we will begin the next great chapter in the American story with three words that will ring from coast to coast; from sea to shining sea —
サウスカロライナ州ディロンの壊れかけた学校に通う少女も、ロスアンジェルスの貧困地区で学ぶ少年も、同じ夢を持っている。政治の視点では国家は分離していると言われるが、アメリカは本当はひとつなのだ。私たちはひとつの国民なのだ。ひとつの国家なのだ。そしてひとつになって、アメリカ史の偉大な次の章を書き始めるのだ。西から東まで、この言葉を響かせて

Yes. We. Can.
そうだ、私たちには、できる

– – – – – – – – –
(参加者)Jesse Dylan, Will.i.am, Common, Scarlett Johansson, Tatyana Ali, John Legend, Herbie Hancock, Kate Walsh, Kareem Abdul Jabbar, Adam Rodriquez, Kelly Hu, Amber Valetta, Eric Balfour, Aisha Tyler, Nicole Scherzinge, Nick Cannon

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
Will.I.Am: Yes We Can (オフィシャルサイト)
dipdive.com

The Yes We Can Song
by will.i.am

レコーディングスタジオに座ってディベートを見ていた。どの候補者か迷っていた。僕はずっとあまり政治には関心がなかったし、今でもそうじゃないと思う。でも四年前、Black Eyed Peasはケリー候補を応援した。全力で応援した。民主党全国大会で演奏して演奏して演奏しまくった。若者たちの目を向けさせるために。

前回と前々回の大統領選に落胆した。なんてフェアじゃない、逆行した、上下がひっくり返った、均衡を失った、虚偽な、腐敗した..。一言で言えばこんなに間違った世界と政治に。だから今年はもっと早く活動に参加しようと思った。

でもそう思った時、迷いが生まれた。今度の選挙は以前程はっきりしていない。前回の様に選ぶ指針がはっきりしていない。前回は明確だった。「ブッシュと戦争」対「ブッシュなしと戦争なし」でも今回はそんなに簡単じゃない。僕のように迷っている人々が大勢いる。だからしばらく待って、誰かが代表を決めてくれるのを待つつもりでいたんだ。

そしてニューハンプシャーのスピーチを聞いた。
そして僕は魅せられた。奮い立たされた。

僕は自分の生い立ちと重ねていた。今まで訪れた幸運の数々。僕に幸運を受ける権利を勝ち取ってくれた人々のこと。「黒人のこと」を話しているんじゃない。「人間のこと」だ。人間としての、アメリカ人としての僕のこと。あのスピーチはキング牧師やケネディーやリンカーンや、僕が今享受しているものを勝ち取ってくれた人々のことを思い出させてくれた。アメリカ市民の本来の姿「自由」「平等」「真実」…

今の僕らにはそれがない。僕らは「自由」だと思っているけれど、現実には僕らの判断は恐怖によって操られている。これは僕らの先駆者や指導者たちが死を持って勝ち取って来たアメリカじゃない。

そしてニューハンプシャーがやってきた。あのスピーチだ。たくさんの偉大なるスピーチがしたように、それは僕を動かした。言葉と理想の力強さで。僕を考えさせた。そうだ、今のアメリカには真の指導者はほとんどいない、もしかするとひとりもいない。

でもあのスピーチは..
僕を奮い立たせた。僕の目を内面に、そして外に、そして世界に向けさせた。世界を変えるために僕は自分を変えたくなった。変化への跳躍がしたくなった。そして他の人々も同じ様に鼓舞されて欲しいと望んだ。自らを変える、己の欲を変える、己の恐怖を変える。もしそれらができたら、きっと何かが起こるだろ?

あのスピーチが僕に染み込んだ一週間後、この曲を作り始めた。あのスピーチを歌にするアイデアだ。あのスピーチは僕の内面奥底に触れた。こんなことは長いことなかった。僕に語りかけて来た。言葉と理想の力強さで。僕はこの言葉にメロディーをつけるだけでいいんだ。僕が受けた力がきっと自然に仕上げてくれる。

だから力のままに作った。僕は何かのために立ち上がることは怖くない。「変化」のために立ち上がるのは怖くない。「恐怖」を恐れてはいない。純粋に「力」が僕にそうさせたんだ。友達たちに知らせた。彼らはそのまた友達に知らせた。たった二日で僕らはこの歌とビデオを作った。

普通、この制作には何ヶ月もかかる。レコード会社が販売戦略を考えて発売日を決めたり、インタヴューやいろいろなことで。でもこの曲は僕が自分の力でやった。友達のサラ・パンテラ、マイク・ジャーコバック、フレッド・ゴールドリング、そしてジェシ・ディランの助けを借りた。そして彼らはそのまた友達に助けを借りた。そして48時間で出来上がったんだ。利益の道具ではなくて、力の道具にするために。だからネットに載せた。世界中が感じられるように。

人が真に感化された時、魔法が起こる。奇跡的なことが起こる。愛が起こる。そしてそれがひとつになった「愛と感化」から変化が起こる。良くなるための変化。感化は変化を産み出して行く。「前向きな変化」

現在僕たちが直面している障害を克服した経験のある人々は、この地球上にはいない。恐怖、虚偽、政策、政治、金、それらのすべては恐ろしいものだ。キング牧師だって指導者の経験はなかった。ケネディーも、スザン・アンソニーも、ネルソン・マンデラも、ガンディーも、アンネ・フランクも、そして今僕らが享受する「自由」を形作る過程に貢献したすべてのひとたちも。

今僕らが直面していることに対処する経験がある人はひとりもいない。でも彼らには変化を望む「心、強さ、勇気、能力、情念」があった。そして人に不可能だと言われても立ち上がる行動力があった。もし「昨日」を変えるために立ち上がらなかったら、「今日」のアメリカは存在しない。僕らが「人」として存在できるのは、変化のために闘った「人」がいるからだ。大統領となる人は、僕らには変えなければならないことが山の様にあることを認識していなければならない。

僕は僕のやり方を押し付けようとは思わない。この曲を作ったのは、僕が得た新しい力と、どうして動かされたのかということを、みんなと分かち合いたいからだ。この曲で動かされて欲しい。愛を感じて欲しい。考えて欲しい。そして僕がスピーチによって動かされた様に、動かされて欲しい。それだけだよ。

みんなでひとつになろうよ。アメリカ人の真の姿で。
日本人が広島の後でしたように。あれから65年もたっていない。でも今の日本をみてごらんよ。日本人はひとつになったんだ。そして乗り越えたんだ。

無理だって?マジ?できるさ!WE CAN!!!
そう、僕らにはできるさ。アメリカがひとつになるんだ。民主党も共和党も独立政党もみんな一緒に。新しいアメリカを作るんだ。できる、一緒に。

読んでくれて、聴いてくれて、ありがとう。
will.i.am

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
Barack Obama: Yes We Can
1.8.2008 New Hampshire Primary Speech

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
Yes We Canの一部になろう!
ピクセル化されたビデオクリップに、flickerから写真参加することが出来ます。カーソルを動かすと参加者の写真と出身地が表示され、クリックすると拡大されます。
hopeactchange.com

Sean Penn for Dennis Kucinich

In Anti-War, Politics on 2007/12/10 at 02:09

2007年12月7日、サンフランシスコ州立大学
俳優ショーン・ペンの民主党大統領候補の穴馬デニス・クシニッチを支持する講演「Conventional Wisdom on electability 当選可能性に対する世間の通念」

I’m gonna use some bad words. I was thinking about words coming over.. ‘College Kids.’ ‘College Kids,’ that’s what they call you, right? But the same age and younger, in the military, they call it ‘Young Men and Women of the military’. I’ve known the myth that it takes war to make a man, but I didn’t know you have to go to the war to be one.

言葉遣が悪いが勘弁してくれ。言葉と言えば、ここへ来る途中に浮かんだのは「カレッジ・キッズ/大学小僧」。君たちはそう呼ばれているんだろ?だが君たちと同じ年、もっと若い年の若者が軍隊では「軍の若き男女」と呼ばれている。「男」になるには修羅場(war)をくぐらなければならないとは聞いていたが、「男」と正式に呼ばれるためには戦場(war)に行かなければならないとは知らなかったよ。

… Wolf Blitzer asked each candidate if they would support the other should they themselves not be the nominee. One after another, the answer, yes. One exception: Dennis Kucinich, who with the minimal time allotted him, once again rose up beyond the sound bite and put principal ahead of party; argued policy rather than politeness. He has been the dominant voice of integrity on issues of trade, labor, education, environment, health, civil liberties, and the one endlessly determined voice of peace. But is he too short? Does his haircut not appeal? Is he not loyal enough to a cowardly democratic platform? Does he not appeal to the cult of personality? And what if the answer is yes?

‥ウルフ・ブリッツアー(民主党候補討論会の司会)が候補者に「もし自分が党代表にならなかった時、代表を支援しますか?」と聞いた。すべての候補が「yes」と答えた。デニス・クシニッチを除いて。短い発言時間しか与えられていないにも関わらず、彼の党としての連帯よりも重要事項を優先する、体裁よりも主義を優先する姿勢が、凛として際立った。彼の声は重要な事項を言及する。貿易、労働、教育、環境、福祉医療、民権、そして耐える事なく「平和」を訴え続けている。彼は背が低過ぎるか?髪型が冴えないか?怯えた民主党の主義に忠誠を尽くしていない?カリスマ性がない?もしそれらの答えが「yes」だとしたら?

What if Dennis Kucinich, the most deserving and noble of candidates, the most experienced in issues of policy and the least willing to play into the politics of personal power? What if we can’t elect a man simply on the basis of the best ideas, the most courage, and the most selfless service? What does it say about our country when we can’t rally the voices of the common good to support a man, like our troops, who would die for us, who would die for our constitution? Who, as mayor of Cleveland at the age of 31 stood up against contracts on his life. Three separate assassins whose intent was to kill him as he stood up for his constituency there. Nonetheless, he carries on. He continues to serve.

クシニッチ、最も指導職に適した高潔な候補、米国政策の経験が最も長く、個人の権力をもてあそぶ事を拒否する彼が否定されたら?純粋に最も優れた思想と最も大きな勇気と自己犠牲、もし私たちがそれらの基準で候補者を選べないとしたら?アメリカ憲法のために命を犠牲にする兵隊たち、もし私たちが彼らのために市民の良識の声を上げる事が出来ないとしたら?それはアメリカにとってどういうことだ?31歳でクリーブランド市長となり、主義の主張のために三度暗殺されかけたクシニッチ。彼はそれでも主張を続け、国のために身を捧げている。

I’ve been a supporter of Dennis Kucinich for many years. And I’ve been torn lately. I’ve been torn by the allure of “electability.” I began to invest some support in a very good man (one among Dennis’s opponents) who seems to be finding himself as a constitutional defender, but he’s not one yet. He is however, among those that we allow the media to distinguish as electable. But we’re talking about the Constitution here. We’re talking about our country. I have decided not to participate in proactive support on the basis of media distinctions. I have chosen to pledge my support to the singular, strongest and most proven representative of our constitutional mandate.

私は長い事クシニッチの支援者だ。そして最近とても苦しんでいる。「electability 当選可能性」とは一体なんなんだ?私はある素晴らしい候補者を支援した。憲法を保護する姿勢を見せている、メディアに「当選可能性がある」と評価されている候補の一人だ。だが彼はまだ完全な憲法保護者ではない。本当に重要なのは憲法だ。私たちの国にかかわることだ。私はメディアの判断を基準に候補者を支援するのはやめた。唯一はっきりと憲法を代弁する候補クシニッチだけを支持することに決めた。

Dennis Kucinich offers us a very singular opportunity as we share this minute of time on earth. We, the people. It is for us to determine what is electable. And here’s how simple it is: If we, those of us who truly believe in the Constitution of the United States of America, all of us, vote for Dennis Kucinich, he will be elected. Could we call him electable then? If so, America will stand taller than ever…

クシニッチはこの地球を分かち合う私たちに、簡単な機会を与えてくれている。市民として、私たちには「当選可能性」を判断する義務がある。とても簡単なことだ。アメリカ合衆国憲法を信じるのなら、クシニッチに投票すればいい。そうすればクシニッチは選ばれる。そうだ、クシニッチには「当選可能性」がある。もしそうなったら、アメリカは本当に立ち上がれる…

– – – – – – – – – –
「Conventional Wisdom on electability」全文

デニス・クセニッチ選挙運動サイト
Dennis4President.com

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

Run Granny Run!

In Activism, Politics on 2007/10/09 at 07:43


「私は怒れるばあちゃんだ!あの若造のジャドは、一体何を考えているんだか、問い正しに出て来たんだ」

グラニーDは上院議員に立候補しています。彼女には人生の長さ分の経験があります。

「あたし、いくつかわかる?」「う〜あ〜、45?」「アハハハ!」

確固とした政策を持っています。

「政府をあたしの寝室には入って来させないわよ。‥って何かしてるわけじゃないけど」

そしてグラニーDの支持者たちは、彼女の元を離れません。

「選挙で何を望みますか?」「何を言っとるんだ、望むんじゃなくて勝つ予定なんじゃ!(グラニーDの息子)」

94歳のグラニーDは、まさに今のアメリカが必要としている人材です。

「奴のケツを蹴っとばしたわ!」

グラニーDと一緒に走りましょう!

「私たちの国が闘い取る価値のないものなら、一体なんなんだかわからないわ」

立て直しの騒動を起こすのに、歳をとり過ぎているということはない。行け行け、グラニーDばあちゃん!!

– – – – – – –
Run Granny Run
RunGrannyRun.com

HBO 2007年10月18日放送

ドリス・”グラニーD”・ハドックは、米国最年長の新人議員候補です。元主婦、元会社事務員、ドリスは20年の間、幸せな引退生活を送っていましたが、夫をなくした時、新しい人生の目標を探しました。90歳だったドリスは、スニーカーに履き替えて「選挙の大企業献金の悪影響」に反対するために、アメリカを歩いて横断する旅に出ました。ドリスのこの歴史的な旅は、一般市民の注目を集め、政治の腐敗への関心を高めました。でもこの徒歩横断は、ドリスにとっては、ただのウォーム・アップだったのです。

94才のドリスは、まだまだ政治の腐敗に怒っています。現職議員ジャド・グレッグ(ブッシュ大統領の弁論訓練相手)に対抗して出馬できる、思わぬ機会に飛びつきました。選挙までたった4ヶ月、曾孫が16人いるドリス。どんなに若くてもこの闘いは過酷です。ドリスと、彼女を支持する色彩豊かな政治知識陣や素人たちは、彼女が理想とする民主主義を打ち立てて、巧みな戦法で望みました。人民による人民のための政府のために。

金に立ち向かう不屈の精神、札束にたちむかう勇気。「Run Granny Run」は稀に見る素晴らしき活動家の物語、そして企業時代における壊れやすい民主主義の探求物語です。

真実を告げるアメリカ人:ドリス・ハドック(グラニーD)

Barack Obama’s Anti-War Speech

In Anti-War, Politics on 2007/10/06 at 05:59


2002年10月2日、議会がイラク戦争賛成に投票する二週間前、バラク・オバマは反対した。そのスピーチの映像はなくなってしまった。13秒間を残して。しかし2002年の彼の言葉は現在も響き渡る‥

I don’t wanna oppose all wars in all circumstances. And when I look at this crowd today, I know there is no shortage of patriots, or patriotism. What I do oppose is a dumb war.
私はすべての戦争に反対しているのではない。今日ここにいる皆さんを見ていると、愛国者や愛国心に満ちあふれていることがわかる。私が反対しているのは「Dumb War / 馬鹿げた戦争」だ
A rash war. A war based not on reason but on passion.
急いた戦争。しっかりした理由のない、感情に支配された
Not on principle but on politics.
動議に沿わず、政治的な理由での戦争に反対なのだ
Now let me be clear – I suffer no illusions about Saddam Hussein.
はっきりさせておこう。私はサダム・フセインの幻覚に惑わされているのではない
He is a brutal man.
彼は非道な人間だ
A ruthless man.
残酷な人間だ
A man who butchers his own people to secure his own power.
自らの権力を守るために、自分の民を虐殺する人間だ
But I also know that Saddam poses no imminent and direct threat to the United States.
しかし、サダムが米国に対して、直接切迫した脅威ではないことも知っている
And that in concert with the international community he can be contained.
国際社会の協力があれば、彼を抑制することが出来る
Until, in the way of all petty dictators.
他の独裁者たちが辿ったように
He falls away into the dustbin of history.
歴史のゴミ箱の中に落ちて行くまで
I know that even a successful war against Iraq.
もし対イラク戦が成功しても
Will require a US occupation of undetermined length.
無期限の米国による占領が要求される
At undetermined cost, with undetermined consequences.
無制限の出費と無制限の影響
I know that an invasion of Iraq without a clear rationale and without strong international support.
明確な理論的根拠と国際協力のないイラク攻略は
Will only fan the flames of the Middle East.
中東の火に油を注ぐだけなのはわかっている
And encourage the worst, rather than best, impulses of the Arab world, and strengthen the recruitment arm of al-Qaeda.
良い事態を招くのではなく、悪を鼓舞し、アラブ世界を興奮させ、アル・カイダの武力を増強させるだけだ
I am not opposed to all wars.
私はすべての戦争に反対しているのではない
I’m opposed to dumb wars.
馬鹿げた戦争に反対しているのだ
You want a fight, President Bush?
ブッシュ大統領、闘いたいのなら
Then let’s finish the fight with Bin Laden and al-Qaeda.
ビン・ラディンとアル・カイダを攻撃しよう
You want a fight, President Bush?
ブッシュ大統領、闘いたいのなら
Let’s fight to wean ourselves off Middle East oil, through an energy policy that doesn’t simply serve the interests of Exxon and Mobil.
エクソンやモービルの利益に貢献するためではないエネルギー政策で、我々が中東の石油から乳離れするために闘おう
Those are the battles that we need to fight.
それらの闘いが我々には必要なのだ
Those are the battles that we willingly join.
それらの闘いになら、我々は心から望んで参加する
The battles against ignorance and intolerance.
無知や偏狭との闘い
Corruption and greed. Poverty and despair.
荒廃や強欲との闘い、貧困や絶望との闘い
The consequences of war are dire.
戦争から生じるものは恐怖だ
The sacrifices immeasurable.
犠牲は測り知れない
We may have occasion in our lifetime.
人生には何度もこんな時がある
To once again rise up in defense of our freedom.
我々の自由を守るために立ち上がらなければならない時が
And pay the wages of war.
戦争という代価を払わなければならない時が
But we ought not – we will not.
しかしけしてしてはならない、やめようではないか
Travel down that hellish path blindly.
盲目的に地獄への道を進むことは

“Remarks of Illinois State Sen. Barack Obama Against Going to War with Iraq” October 02, 2002 (全文)

– – – – – – – – – –
(このクリップはバラク・オバマが2007年10月2日に提示した、イラク政策新案への賛同を求めるために作られました。オフィシャルサイトに新案の要約と、クリップを広める方法が記載されています)

Invite your friends to watch this video and join our movement
barackobama.com/judgment

2002年10月2日、体勢がワシントンの考えに従った時、バラク・オバマは私たちが本当に必要としている指導力と決断を示しました。体勢の支持を得ていたイラク戦争に反対しました。間違いだと信じていたからです。

2007年10月2日、バラク・オバマは現在のワシントンの考えを変えるための制作を提示しました。

●イラク戦争を集結する
●アル・カイダの安住の地をなくす
●核兵器の材料を隔離し、核兵器と核テロリズムを排除する努力を新たにする
●敵味方と直接話し合う
●外交を政府の優先時とする
●NDC(米国機密解除センター)を設立し、政府の機密主義傾向を反転する
●国家情報長官に固定チームを与え、情報部と政治を切り離す
●無党派外交政策の元にアメリカを統合する