YouTubeから聞こえるアメリカの声

Archive for the ‘Human Rights’ Category

「インビクタス」モーガン・フリーマンからの呼びかけ

In Activism, Human Rights on 2009/12/07 at 01:13


It all began with the story. After being in jail for 27 years based primarily on his political beliefs, Nelson Mandela became the first democratically elected president in South Africa. I had the honor of playing Nelson Mandela in the new film “Invictus”. And believe the powerful story like this inspire millions of people. We all accept that it is only through the effort of dedicated people coming together that human rights will continued to be protected.
すべては「物語」から始まった。政治思想のために27年間投獄された後、ネルソン・マンデラは南アフリカ初の民主選挙で選ばれた大統領となった。私は光栄にも映画「インビクタス/負けざる者たち」でネルソン・マンデラを演じた。そしてこのような「物語」が多くの人々を感化することを強く感じている。そして人権保護のために尽くす人々の協力と努力のお陰で、世界人権が守られ続けていることは、みなが認めるところだ。

That’s why this month, I’m working with Amnesty International and YouTube to shine a light onto the important work done by human rights organizations around the world. But we need your help to tell the stories. We want you to make a video that explains how your favorite human rights organization has advanced the movement and inspires you to stand up for others. We select the top 3 winners, and these will be featured on YouTube homepage at the end of the month. So, go ahead, tell us your best human rights story.
だから私はこの12月、国際アムネスティーとYouTubeと共に、世界の人権保護団体の貴重な働きに光を当てるために運動することにした。そして君の助けが必要だ。君の「物語」が必要だ。君が支援する人権保護団体について、それがどのように人権確立への動きを生んだか、そしてどのように人々を感化して立ち上がらせたか、ビデオで語って欲しい。君たちのビデオの中から三つの作品を選んで、今月末にこのホームページに掲載する。さぁ、君の「物語」を聞かせてくれ。最高の人権の物語を。

YouTube: Video Volunteers
http://www.youtube.com/videovolunteers

Join Morgan Freeman to Bring Human Rights Work to Light
アムネスティーYouTubeブログ: モーガン・フリーマンと一緒に人権保護活動に光を当てよう

http://blog.amnestyusa.org/us/join-morgan-freeman-to-bring-human-rights-work-to-light

YouTube can be a powerful tool championing the rights of individuals and promoting free expression. This month, during International Human Rights Day, YouTube is partnering with Morgan Freeman and Amnesty International to encourage you to become advocates for equality and justice, through Video Volunteers.
YouTubeは個人のキャンペーン活動や自由な表現の道具として素晴らしい力を持っています。12月は国際人権の日(12月10日)の月。YouTubeはモーガン・フリーマンと国際アムネスティーと組み、あなたへのキャンペーンを行います。Video Volunteersを使って、平等と正義のための声をあげて欲しいのです。

Here’s how you can help. Create a video about the nonprofit of your choice working on a human rights issue that you care about — it could be genocide, human trafficking, refugee protection, gender equality or something else -and submit it to the Video Volunteers channel by December 21. Amnesty International and Freeman, who plays legendary crusader Nelson Mandela in the upcoming movie Invictus, will select three videos to appear on the YouTube homepage at the end of the month.
やり方はこうです。あなたが気にかけている人権問題のために活動している非利益団体について、ビデオを作って下さい。民族殺戮、人身売買、難民問題、性の平等など。12月21日までにVideo Volunteersにビデオを投稿してください。その中から、国際アムネスティーとモーガン・フリーマンが三つの作品を選びます。

This is your chance to help citizens around the world who often can’t help themselves and to bring the vital work of human rights organizations to light. Join Morgan Freeman to protect the rights of these individuals at www.youtube.com/videovolunteers.
世界中で助けを求めている人たち、そしてその人たちの人権のためになくてはならない活動をしている多くの人たち、彼らに光を当てるチャンスです。彼らの人権保護のために、あなたもモーガン・フリーマンの活動に参加しましょう!


Invictus「インビクタス/負けざる者たち」
http://invictusmovie.com

From director Clint Eastwood, Invictus tells the inspiring true story of how Nelson Mandela (Morgan Freeman) joined forces with the captain of South Africa’s rugby team, Francois Pienaar (Matt Damon), to help unite their country.
クリント・イーストウッド監督作品「インビクタス」。マンデラ大統領とラグビーチームのキャプテンが力を合わせ、南アフリカをひとつに団結する、感動に満ちた実話。

Newly elected President Mandela knows his nation remains racially and economically divided in the wake of apartheid. Believing he can bring his people together through the universal language of sport, Mandela rallies South Africa’s underdog rugby team as they make an unlikely run to the 1995 World Cup Championship match.
選ばれたばかりのマンデラ大統領は、人種と経済の分離がアパルトヘイト時代のままに続いていることを知っていた。スポーツという万国共通の言葉で、南アフリカのすべての国民を団結できるに違いないと信じている。マンデラ大統領は自国の弱小ラグビーチームに期待をかける。チームは1995年ワールドカップ優勝戦へと、思わぬ進出を果たして行く。

拷問に反対するミュージシャンたち、グアンタナモ収容所閉鎖への署名

In Human Rights, Music + on 2009/10/26 at 23:34


Tom Morello: Fall 2008
They use music to torture the prisoners in Guantanamo Bay. One of the songs they use, one of the artists they use is Rage Against The Machine. Cheers for Rage being used for torture, but that’s not it, pass that information along. So one of my ideas of how we are able to win the war on terror is definitely shut down the Guantanamo Bay. But, I also think, maybe we can keep one very small cell open. In that cell, we can fit George W. Bush, Condalisa Rice and Dick Cheney and Donald Rumsfeld, and we can play some mother fucking Rage Against The Machine 24 hours a day.

トム・モレロ:2008年秋
奴らはグアンタナモ収容所の囚人を拷問するのに音楽を使うんだ。奴らが使う曲の中にはレイジの曲もある。レイジが使われてるからってそんなに喜ぶなよ、この事実をちゃんと伝えてくれ。俺は思うんだ。この「テロとの戦い」に俺たちが勝つ方法のひとつは、グアンタナモ収容所を閉鎖することだと。閉鎖するのが重要なんだが、ひとつだけ小さな官房を開けておこうぜ。そこにジョージ・W・ブッシュとコンドリーザ・ライスとディック・チェイニーとドナルド・ラムズフェルドを入れる。それで24時間中ずっとレイジを大音響で聞いてもらうのさ。

Musicians Standing Against Torture / 拷問に反対するミュージシャンたち
http://newsecurityaction.org/pages/music-used-to-torture

「『拷問』と呼ばれる件に関してだが、我々は拷問はしない。したこともない。ブッシュ政権には『拷問』という言葉はない。」2008年ディック・チェイニー

ディック・チェイニーの言葉とは裏腹に、グアンタナモ収容所、アブグレイブ収容所、そして各地での拷問の事実は記録されています。ブッシュ政権の高官であったスーザン・クロフォードでさえ、グアンタナモ収容所審査の際に拷問があったことを認めています。

ブッシュ政権が許可し実施していた拷問のひとつに、演奏するミュージシャンが思いもつかなかった音楽の使い方があります。スピン誌によると「軍はムスリム教徒の囚人の口を割るために、鼓膜が破れるほどの音響でラップとメタルを浴びせる」それを知ったミュージシャンたちは、立ち上がりました。ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、彼らの音楽は拷問に使用されました。そして以下に並ぶ20名に及ぶミュージシャンたちが「グアンタナモ収容所閉鎖」キャンペーンに賛同し、政府による音楽を使った虐待に関する機密文書の公開を求めています。

トム・モレロ、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
グアンタナモは人間が拷問される場所のひとつとして世界中に知れ渡っている。水責め、衣服を剥ぐ、頭に袋をかぶせる、性行為の強要、そして鼓膜が破れるぎりぎりの音量で72時間ぶっ通しで音楽を浴びせる。グアンタナモはディック・チェイニーの理想のアメリカかもしれないが、俺のアメリカじゃない。俺が創作を手伝った音楽が人間を虐待する行為に使われているなんて、想像しただけで吐き気がする。拷問は廃止すべきだ。グアンタナモは即刻閉鎖されるべきだ。

R.E.M.
僕たちはオバマ大統領、そして拷問とグアンタナモ閉鎖を提唱する軍のリーダーたちを全面的に支持するためにこのキャンペーンに賛同している。 グアンタナモが稼働している限り、アメリカは世界に対して「拷問を行う国」になってしまう。僕たちはこの30年間を、平和と正義のための活動に費やして来た。そして今、親しいミュージシャンたちの音楽が、彼らの許可はおろか知らされることさえなく拷問手段に使われていたことを知るのは、本当に憤慨だ。まさに「アメリカ的でない」に尽きる。

ザ・ルーツ
音楽がグアンタナモの拷問に使われていると知った時、俺たちは怒り狂った。俺たちの音楽がディック・チェイニーの政治活動に使われるのがまっぴらなのと同様に、人間を拷問するのに使われるなんてとんでもないぜ。議会はグアンタナモを閉鎖するべきだ。

Tom Morello, Rage Against the Machine・R.E.M.・The Roots・Tim Mcilrath, Rise Against・Rosanne Cash・Pearl Jam・Bonnie Raitt・Trent Reznor・Billy Bragg・Michelle Branch・Jackson Brown・T-Bone Burnett・David Byrne・Marc Cohn・Steve Earle・the Entrance Band・Joe Henry
ライズ・アゲインストのティム・マクラス、ロザンヌ・キャッシュ、パール・ジャム、ジャクソン・ブラウン、T-ボーン・バーネット、デヴィッド・バーン、マーク・コーン、スティーブ・アール、ザ・エントランス・バンド、ジョー・ヘンリー

Tell Congress: Close Gitmo Now / グアンタナモ収容所閉鎖への署名
http://newsecurityaction.org/page/speakout/closegitmonow

オバマ大統領はその歴史的な就任直後の大統領行政命令で「グアンタナモ収容所閉鎖」を発しました。しかし右派は従来の恐怖政策を掲げてそれを阻止しようとしています。オバマ大統領が始めたことをしっかりと遂行するために、私たちが立ち上がる時です。議会に私たちの声を届ける時です。

– – – – –
関連ブログ:Tear Down Guantánamo Bay
https://100voices.wordpress.com/2007/09/29/tear-down-guantanamo-bay/

ジュード・ロウが呼びかける「私にとって平和とは」ビデオコンテスト / Peace One Day「平和の日」9月21日

In Activism, Human Rights on 2009/08/25 at 22:16


In 1998, I had an idea to create a day of peace, a day of seize fire and non-violence, a day when fighting stops allowing humanitarian and assistants to those in need, a day for everyone to unite.

1998年のことだ。僕は思い立った。一日だけ平和の日を作ることを。一日だけ戦闘を停止する非暴力の日、一日だけ人道活動や援助隊のために戦争が止まる日、一日だけ世界中の人々がひとつになる日。

After years of struggling against doubters, I finally reached the ears of governments and institutions who would assure me that they could work.

「そんなことできるはずない」という人たちと何年も立ち向かい、とうとう政府や機関の中で耳を傾けてくれる人々に巡り会った。彼らは「ピース・ワン・デー / 一日の平和」のために動いてくれることを約束してくれた。

On the 7th of September 2001, Peace Day became a reality.

2001年9月7日、「平和の日」は実現した。

4 days later, the launch of the day, everything changed. Peace Day came when no seize fire, no humanitarian action.

その四日後、「平和の日」の発表の日、すべてが変った。「平和の日」には戦闘停止もなく援助隊も派遣されなかった。

I can hear cynics voices getting lauder. Day will never work, nobody will stop. But I couldn’t walk away. I believed in a day. I had to make it famous.

「ほら見たことか」と嘲る声がだんだん大きくなってくる。「平和の日」なんて実現する訳がない、だれも闘うのを止める訳がない。でも僕は立ち去れない。僕は「平和の日」を信じているんだ。「平和の日」をもっと広く知らせて有名にしなければ。

Individuals came forward. One in particular was willing to become seriously involved. Together we had to prove the day will have practical affect on people’s lives. Where? Afghanistan. The one place on earth where there haven’t been peace for 30 years. What happen next is beyond my wildest dreams..

いろいろな人たちが参加表明をしてくれた。中でも一人、真剣に活動に加わってくれた人物がいる。僕は彼と一緒に、「平和の日」が人々の命に現実的な影響を与えることを証明しなければならない。でも一体どこで?アフガニスタンだ。地球上で一カ所、この30年間平和が訪れたことのない国。その後のことは、僕の想像を絶する展開を迎えた..

THE DAY AFTER PEACE / ザ・デイ・アフター・ピース
ドキュメンタリー映画
http://www.peaceoneday.org/en/film/the-day-after-peace


JUDE LAW: PEACE ONE DAY AMBASSADOR
ジュード・ロウ: ピース・ワン・デー大使

10 years ago, my friend Jeremy Gilley started filming a documentary about his campaign to create annual day of peace. In 2001, his efforts were rewarded, when all United Nations’ member states adopted 21st of September as “Peace Day”. For the last years, I traveled with Jeremy to Afghanistan where Peace Day is used to save lives. 3 million children vaccinated against polio on Peace Day 2007 and 2008.

10年前、友人のジェレミー・ギリがドキュメンタリー映画を作り始めた。毎年一日の平和の日を制定するための活動を記録したものだ。2001年に彼の努力が実り、すべての国連参加国が9月21日を「平和の日」とすることが決った。この数年、僕はジェレミーと一緒にアフガニスタンに行っている。そこでは「平和の日」が本当に人々の命を救っているんだ。2007年と2008年の「平和の日」に(タリバンが攻撃をしないことを約束したので)300万人の子供たちがポリオのワクチンを受けることが出来たんだ。

As a filmmaker myself, I love the fact that Peace One Day uses the camera to make the difference. Now it’s your turn. Tell us your story. Create a video. Show us what you are doing to make peace. Whether it’s bringing people together, making amends with someone, doing something home or work, or anywhere in your community. Show us what peace means to you. They don’t have to look professional, just to have a goal. Share with the world on Peace One Day’s YouTube channel. We’ll select the most inspirational finalists, and you’ll decide the winner. The prize is a state-of-the-art HD camera, and a day with Jeremy Gilley learning the art of documentary film making. Good luck!

僕自身も映画製作者だから、「ピース・ワン・デー」活動でカメラが世界を変える道具に使われていることがとても嬉しい。そして今度は君の番だ!君の物語を見せて欲しい。ビデオで君が平和のために何をしているか、知らせて欲しい。人と人を結んだり、誰かと仲直りしたり、家で職場でそして地域での活動、どんなことでもいいんだ。君とって平和とは何か、教えて欲しい。ビデオの出来映えなんかは完璧でなくて構わない。目標さえしっかりあれば。「ピース・ワン・デー」YouTubeサイトにアップして、世界の人々に見せて欲しい。僕らが最終候補を選ぶ。そしてみんながその中から最優秀作品を選ぶんだ。賞品は最新型のHDビデオカメラと、ジェレミーからドキュメンタリー映画の作り方を学ぶ一日。幸運を祈ってるよ!

My Take On Peace – Video Contest
「私にとって平和とは」ビデオコンテスト

http://www.youtube.com/user/PeaceOneDay
締め切り: 2009年9月30日

– – – – – – – – –
Peace One Day
http://www.peaceoneday.org

俳優ジュード・ロウ氏とジェレミー・ギリ監督、アフガニスタンで平和促進を訴える
http://www.unicef.or.jp/children/children_now/afghanistan/sek_ag12.html

アウンサンスーチー、アムネスティ「良心の大使」賞受賞、U2が発表

In Activism, Human Rights on 2009/07/31 at 00:24


She’s been on the house arrest in her native Burma for the vast part of 20 years. Her crime is that if she were free to participate in elections she would win. This week the brutal force that has her incarcerated will decide in a mock trial, if she would spend next 5 years in prison.
彼女は母国ビルマでこの20年の大半、自宅軟禁を強いられている。その罪状は、自由の身で選挙に出馬すれば当選すること。今週、彼女を拘束した残忍な勢力が、作り物の裁判で、彼女を5年間投獄するかどうか決める。

I’m proud to announce tonight on the 27th of July in Dublin city, Amnesty Internationals have chosen Aung San Suu Kyi, a recipient of their Ambassador of Conscience award 2009. Thank God, for Amnesty International, and God keep safe Aung San Suu Kyi.
僕は7月27日の今夜、このダブリンの地で、誇り高く発表する。国際アムネスティは、2009年良心の大使賞受賞者にアウンサンスーチーを選んだ。国際アムネスティに感謝を、そしてアウンサンスーチーに神の御加護を。

Daw Aung San Suu Kyi named Amnesty International’s Ambassador of Conscience
http://www.amnesty.org/en/news-and-updates/news/daw-aung-san-suu-kyi-named-amnesty-internationals-ambassador-conscience-20090

アムネスティ国際事務局 : アウンサンスーチーさんがアムネスティ「良心の大使」に
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=687

「スーチー・アンダーザスカイ」キャンペーン
緊急アクション:ミャンマー大使館にハガキを送ろう
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2447

Her name is Aung San Suu Kyi. She was born 64 years ago on June 19, 1945. Her father and son steered Burma to independence. He was assassinated. She was 2 years old.
彼女の名はアウンサンスーチー。64年前、1945年6月19日に生まれた。父とその息子はビルマを独立に導いた。父は暗殺された。彼女が二歳の時だ。

Her name is Aung San Suu Kyi. In 1988, an uprising began to light the fires of democracy across Burma. She did not stand by and watch. She engaged. And like many others, she spoke out for freedom.
彼女の名はアウンサンスーチー。1988年、ビルマ中に民主主義の炎が広がり、人々が立ち上がった。彼女は傍観などしなかった。先頭に立った。たくさんの人たちと共に自由を求めて声をあげ続けた。

Her name is Aung San Suu Kyi. When the people spoke, the army tried to silence them. They imprisoned the protesters, and killed them in thousands. The people of Burma endured brutality, and they stood firm.
彼女の名はアウンサンスーチー。人々が声をあげると、軍隊が声を消そうとした。抵抗する人々は投獄され、何千もの人々が殺された。それでもビルマの人々は非道に耐え、力強く立ち上がり続けた。

Her name is Aung San Suu Kyi. In 1989 she was arrested and detained. In 1990, the people of Burma won the right to hold elections. Her party won a landslide. 82% of the seats in the parliament. The regime responded swiftly. They ignore the law and wishes of the people. And they continued to silence her.
彼女の名はアウンサンスーチー。1989年、彼女は逮捕され拘留された。1990年、ビルマの人々は選挙を行う権利を勝ち取った。彼女の党は圧勝した。議会の82%を獲得した。政権はすぐに動いた。政権は法律と人々の希望を無視した。そして彼女の声を封じ続けた。

Her name is Aung San Suu Kyi. Since 1989, she has spent more than 14 years in detention. Her husband died away from her. She could not be by his side. He was not permitted to visit to be by hers. She is parted from her sons. Her supporters have beaten to death. Her phone lines have been caught. Her posts have been intercepted. She has committed no crime.
彼女の名はアウンサンスーチー。1989年以来、彼女は14年間以上拘留されている。彼女の夫は遠隔地で死んだ。彼女は夫の死に目に会うことができなかった。夫は彼女を訪ねることが許されなかった。彼女は息子たちから引き離されている。彼女を支持する人々が殴り殺された。彼女の電話は聞かれている。郵便は開封されている。彼女は何の罪も犯していない。

Her name is Aung San Suu Kyi. She’s been awarded the Nobel Peace prize, the Sakharov prize from European Parliament, Jawaharlal Nehru Peace prize from the Indian government. But neither she nor her people can share the greatest of gifts.. freedom, democracy, human rights.
彼女の名はアウンサンスーチー。ノーベル平和賞受賞者、欧州議会サハロフ賞受賞者、インド政府ジャワハルラール・ネルー賞受賞者。でも彼女も彼女を支持する人々も、本当の賞を分かち合うことができない。自由、民主主義、そして人権。

Her name is Aung San Suu Kyi. Her people are the people of Burma. She must speak through others who have a voice. May she use yours? Her name is Aung San Suu Kyi.
彼女の名はアウンサンスーチー。彼女の民はビルマの民。声のある人々を介して、アウンサンスーチーの声を響かせよう。あなたの声を使わせて下さい。彼女の名はアウンサンスーチー。

“Please use your liberty .. to promote ours.”
Aung San Suu Kyi
「あなたの自由を使って、私たちのことを伝えて下さい」アウンサンスーチー

協力: Beverley Knight, Bill Nighy, Christopher Eccleston, Colin Salmon, Dexter Fletcher, Fiona Shaw, Jimi Mistry, Mary Elizabeth Mastrantonio, Matthew Freud and U2.
ビヴァリー ・ナイト、ビル・ナイ、クリストファー・エクルストン、コリン・サーモン、デクスター・フレッチャー、フィオナ・ショウ、ジミ・ミストリー、メアリー・エリザベス・マストラントニオ、マシュー・フロイト、U2

英国アムネスティー: ビルマキャンペーン
http://amnesty.org.uk/burma

自由の歌: アン・サン・スー・チー

In Art, Human Rights on 2009/07/07 at 00:55


Lack of freedom does a lot of terrible things to people. It’s only when you are deprived of your freedom that you realize how precious it is.

自由を奪われるということは、人にとても多くの悲劇をもたらします。人は自由を奪われた時に初めて、その大切さを知るのです。

– Nobel Peace Prize winner Aung San Suu Kyi was elected Prime Minister of Burma in 1990. She has been under house arrest by the Burmese government for 13 of the last 18 years. –

(ノーベル平和賞を受けたアン・サン・スー・チーは、1990年にビルマの首相に選ばれた。しかしそれから18年のうちの13年間、自宅軟禁を強いられている)

If you want to keep the non-violent approach, we find that there’s a vast difference in the attitude of a man with a gun in his hand, and that of one without a gun in his hand. When a man doesn’t have a gun in his hand, or a woman in that matter, he or she tries harder to use his or her mind, a sense of compassion, intelligence to work out the solution. But if you put a gun into the person’s hand, a gun is always there to use. So that the urge to depend on more on intellectual considerations, the urge to exercise one’s intelligence and compassion more become that much less. So we think that non-violent approach is best for our country. We want to cut that vicious cycle that has been going on in Burma so some time. People are trying to change our political scene with the power of the gun.

非暴力主義の立場から見るわかることですが、銃を持った男性と銃を持たない男性の間には、態度の上でとても大きな違いがあります。男性が銃を持たない時、女性でもそうですが、その人は頭を使って、心を使って、知恵で問題解決をしようと努力します。でももしその手に銃を持たせると、銃をいつでも使えることになります。すると知性で考えようとする気持ち、理性や思いやりで考慮しようとする衝動が、どんどんなくなります。だから私は非暴力主義が私の国に最良だと思うのです。ビルマで何年も続いている悪循環を断つべきだと思うのです。銃の力で政治を変えようとしている人たちがいます。

I think that musicians and artists, anywhere in the world, are in a position to draw public attention to our cause in the way which others can not. Because one good freedom song can go a lot further than a several long speeches, or interviews like this. A number of interviews like this are nothing compared to a really catchy freedom song for Burma. If somebody would come out with it, it could spread all over the world. That will help us a great deal.

音楽家や芸術家は、世界のどこでも、普通の人には出来ない力で、大衆の注目を社会活動に集めることが出来る立場にあると思います。たったひとつの「自由の歌」は、いくつもの演説より、私のこんなインタヴューより、もっともっと大きな力があります。ビルマのための覚えやすい「自由の歌」一曲は、たくさんのインタヴューなど比べものになりません。誰かが作ってくれたら、世界中に広がります。そしてビルマの救いになります。

– What’s your freedom song? あなたの「自由の歌」を送って下さい。-
Send yours to myfreedomsong@causecast.org
Sign The Petition At HumanRightsActionCenter.org

Shepard_Fairey_ASSKアン・サン・スー・チー解放キャンペーン「率いる自由」
Freedom To Lead
http://freedomtolead.causecast.org/
Human Rights Action Center
http://www.humanrightsactioncenter.org

「率いる自由」ポスター、シェパード・フェアリー作
Freedom To Lead poster by Shepard Fairey
http://obeygiant.com/store/home.php?cat=1

関連ブログ: Jim Carrey, Michael Stipe, Aung San Suu Kyi
https://100voices.wordpress.com/2007/10/03/jim-carrey-michael-stipe-aung-san-suu-kyi/

関連ブログ: Obama Hope Poster
https://100voices.wordpress.com/2008/02/29/obama-hope-poster/

4月16日裸足で過ごす日: トムズシューズの「ひとつにひとつ」

In Human Rights, Philanthropy on 2009/04/17 at 01:42


TOMS One for One
Help TOMS raise awareness this April 16th, Go barefoot
4月16日、トムズは提唱する、裸足で過ごしてみよう!
(貧困国の子供たちの辛さを少しでも理解するために、一日裸足で過ごしてみませんか?)

FACT 1: In some developing nations, children must walk for miles to food, clean water and to seek medical help.
事実1: いくつかの開発国では、子供たちが何マイルも裸足で歩かなければならない。食料のために、飲み水のために、医療を受けるために。

FACT2: Cuts and sores on feet can lead to serious infection.
事実2: 足の切り傷や擦り傷が深刻な感染症をひきおこす可能性がある。

FACT3: Often children cannot attend school barefoot.
事実3: 多くの場合子供たちは裸足では学校に行くことが出来ない。

FACT4: In Ethiopia, approximately one million people are suffering from podoconiosis.
事実4: エチオピアでは約100万の人々がポドコニオシスで苦しんでいる。

Podoconiosis is a debilitation and disfiguring disease caused by walking barefoot in volcanic soil.
ポドコニオシスは、粘土質火山土を裸足で歩くと起きる、足の機能がなくなり変形する病気。

FACT5: Podoconiosis is 100% preventable by waring shoes.
FACT5: ポドコニオシスは靴を履けば100%防ぐことが出来る。

The impact a pair of shoes has on a child can be life-changing.
一足の靴が一人の子供の人生を変えることが出来る。

A pair of shoes can be life-changing.
一足の靴があなたの人生を変えることが出来る。

Go Barefoot 裸足で過ごす日
http://www.TomsShoes.com/OneDay


TOMS SHOES (トムズシューズ)

トムズシューズはひとつの約束から生まれた。靴が一足売れたら、靴を一足開発国の子供に贈る。ひとつにひとつ。個人の購買力の集まりで、一人ではできない大きな貢献をするために。

2006年、若きアメリカ人の旅行者ブレイク・ミコースキーは、アルゼンチンで子供たちと仲良くなった。子供たちが足を守るための靴を持っていないことを知った。子供たちを助けるために、ブレイクは靴会社を作った。一足につき一足。子供たちに贈るために。その年の末、ブレイクは賛同する家族や友達やスタッフと一緒にまたアルゼンチンを訪れた。ひとつにひとつ、1万足が売れ、1万足の靴を子供たちのお土産に。

以来トムズシューズは、14万足を開発国の子供たちに贈った。2009年には30万足に達する見込み。コミュニティーイベントや、靴を渡しに行くツァーを通して、トムズの支援者たちはOne for One / ひとつにひとつ活動に参加している。


エチオピアだけでも、50万から100万人の人々がポドコニオシスにかかっている。地球規模のこの問題を解決するのはとても簡単..靴さえあればいい。

TOMS SHOES トムズシューズ(オンラインストアあり)
http://www.TomsShoes.com
(日本でも販売しているサイトが複数あります)

マドンナの旅「I AM BECAUSE WE ARE」全編

In Health Care, Human Rights on 2009/04/14 at 22:06


I’d like to say hello to everyone out there on YouTube, and I hope you’re gonna watch my film “I AM BECAUSE WE ARE”. I decided to make this film because I was made to aware of over one million children who’ve been orphaned by AIDS, I felt like this is the story that the world need to hear, so I made a film. And this film takes you on intimate personal journeys to people who’s life have been touched by the AIDS epidemic, children who’ve lost their parents, parents who’ve lost their children, families who’ve been devastated, and entire generation of adults have been wiped out because of this disease. If you’d like to get involved, or learn more about my film, please go to my website.

YouTubeをごらんの皆さん、こんにちは。どうか私の映画「I AM BECAUSE WE ARE」を見て下さい。私がこの映画を作る決心をしたのは、百万人以上の子供たちがエイズによって孤児になっていることを知ったからです。そしてこのことが世界中に知られるべきだと思ったからです。だから作りました。この映画では、エイズによって生活が変わってしまった人々、その一人一人の心を描きます。親を亡くした子供たち、子供を亡くした親たち、悲惨な状況に陥る家族たち、この病気のために成人世代が消えてしまったのです。もし支援活動に興味を持ったり、もっとこの映画のことを知りたい方は、ぜひサイトを訪れて下さい。

I AM BECAUSE WE ARE
http://www.iambecauseweare.com


I AM BECAUSE WE ARE 全編(1:26:45)

I AM BECAUSE WE AREはマドンナの旅の物語。AIDSエイズのために孤児になった子供たちの物語。時として想像を絶する苦しみの物語。アフリカのマラウィ、胸がしめつけられる子供たちの物語へと、マドンナが導く。この旅を終えて私たちの心に残るのは「子供たちと私たちがどんなに繋がっているか」ということ。子供たちの世界を見て困惑する私たち、でもその心は何かをするという行動に動いて行く。カメラは世界で最も貧しい国のひとつに住む子供たちの姿を、できるだけ深く捕えようと動く。そしてマドンナは語る。彼女が理解した子供たちの世界、そこから彼女が見つけたもの。

I AM BECAUSE WE AREには、マドンナが旅を通じて巡り会った人々の言葉がある。クリントン大統領、デスモンド・ツツ司教、ジェフリー・サックス教授、ポール・ファーマー博士。マラウィの100万人の人々と孤児たちの心の中を知るうちに、私たちはこの物語がマラウィだけのことではないことを知る。世界のどこでも起こっていること。もし人々に未来を見る力がなければ、彼らに未来は存在しない。もし人々に目的地がなければ、彼らはどこへたどり着くことも出来ない。もし私たちが子供たちに信じることを教えられれば、彼らに未来を変える力があることを信じさせることが出来れば、彼らこそが彼ら自身の可能性なのだということを。もしそれができれば、私たちにはすべてを変えることが出来るのだ。

I AM BECAUSE WE AREは単なるドキュメンタリーではない。極貧と病害の恐怖の目撃、そしてそれを個として受け止める旅。世界の人々がみな繋がっていること、そして「希望」が持つ力を証明する作品だ。そして人々に行動を呼びかける作品だ。たくさんのNGO活動の成功は、それを支える人々の力と情熱にかかっている。もしこの作品を見て、極貧に暮らす子供たちのために何かしたいと思ったら、素晴らしい活動をしている以下の団体に参加して欲しい。

Raising Malawi: マドンナと一緒にマラウィの子供たちを支援する
http://www.raisingmalawi.org

Partners In Health: 医療クリニックを建てる
http://www.pih.org

Millennium Promise: 村をつくる
http://www.millenniumpromise.org

Clinton Foundation: 医薬品を支給する
http://www.clintonfoundation.org

Malaria No More: マラリアを防ぐ
http://www.malarianomore.org

UN AIDS: エイズを防ぐ
http://www.unaids.org
Vision Ledd: エイズを防ぐ
http://www.visionledd.com

「見えない子供たち」救出計画、2009年4月25日

In Activism, Human Rights on 2009/04/01 at 23:11


2006年12月12日

..and now an extraordinary story about 3 young men from East San Diego, camera bought on eBay, and a trip to Africa. The trip has turned into much more…
..サンディエゴの三人の若者の、驚くべき物語をご紹介します。eBayで買ったカメラを持ってアフリカ観光に出た彼ら、その旅は普通の旅行からもっと大きなものへと変わって行きました..

My name is Jason Russel..Bobby Bailey..Laren Poole
僕はジェイソン・ラッセル、僕はボビー・ベイリー、僕はローレン・プール

Three of us boys from California wound up in Northern Uganda. We saw the incredible horror and encountered heart breaking suffering, especially among the children who sleep on the streets for fear of abduction.
僕ら三人はカリフォルニアを出て北ウガンダにたどり着いた。そこで想像もつかない惨劇と、胸が張り裂ける悲劇を見た。特に子供たち。誘拐を恐れて街中で眠る子供たち。

We first told our stories of experience in Northern Uganda in a documentary called “Invisible Children”. It explains our discovery of the longest of any wars in Africa, and night commuters flee from the rebel leader Joseph Kony. Because of this war of madness, people are living with no jobs and children can’t go to school.
僕らは北ウガンダでの経験を「見えない子供たち」と題したドキュメンタリー映画にした。アフリカで最も長い戦争と、抵抗軍指導者ジョセフ・コニーの誘拐から逃れるために夜間市街へ移動する子供たち「ナイトコミューター」を記録した。この狂気の戦争のために、人々には仕事がなく、子供たちは学校に行けない。

To restore hope in war-torn area, we created microeconomic bracelet program. This campaign give the name and the face of the children affected by the war. The proceeds from the bracelets will go back to Uganda to provide children with mentors and put them into schools.
戦争で破壊されたこの場所に希望を戻すため、僕らはマイクロ経済に則ったブレスレットプログラムを発足した。それぞれの色にそれぞれの子供の物語がある。キャンペーンに子供たちの顔と名前が与えられた。ウガンダに還元された収益金は、子供たちのメンター、そして子供たちが学校へ行くために使われる。

We then recruited other youth to spend a several months on an adventurous road trip on RVs, showing this documentary across the United States in a national tour. Over 2000000 people saw the film, many were moved to act.
それから僕たちはアメリカの若者たちを招集した。彼らは数ヶ月かけてアメリカ横断バスツァーを行い、各地で「見えない子供たち」上映会を開いた。200万人以上が見た。見た人々は感動し、行動に参加したいと希望した。

And to capture their energy, we created a nation wide event called “The Global Night Commute”. On April 29th 2006, 80000 Americans left their homes and slept in their downtown districts, just like the invisible children in Northern Uganda.
彼らのエネルギーを形にするために、僕らは全米イベント「地球ナイトコミュート」を実施した。2006年4月29日、8万人のアメリカ人が家を離れ、ダウンタウンで野宿した。北ウガンダの子供たちと同じように。

Bobby, Laren and I will never forget the first night we saw the kids sleeping at the bus park. It changed our lives forever. We never realized so many children could go unseen, that so many beautiful faces could be invisible.
ボビー、ローレン、そして僕は、決して忘れない。北ウガンダで子供たちがバス駐車場に集まって眠っている情景を初めて見た時のことを。あの情景は僕らの人生を変えた。あんなにたくさんの子供たちが「見えない」存在だなんて。あんなにたくさんの美しい笑顔が「見えない」なんて。


2009年3月27日

In 2006, we night commuted to end night commuting. In 2007, we displaced ourselves to bring home the displaces. And in 2009, we will abduct ourselves to rescue Joseph Kony’s child soldiers. This is The Official Rescue Plan. It’s not just about one event, one cause, one war.. it’s about a bigger idea…JUSTICE.
2006年に僕らは、ナイトコミュートをなくすためにナイトコミューターになった。2007年に僕らは、家から引き離された子供たちを取り戻すために、僕ら自身を家から引き離した。そして2009年、僕らはジョセフ・コニーに誘拐された子供たちを救出するために、僕ら自身を誘拐する。これは「オフィシャル救出計画」だ。一回のイベントではない、一つの問題ではない、一つの戦争ではない、もっと大きな目的..正義のために。

Our culture is determined by three forces: money, media, moguls. It’s a fact: money makes the world go ‘round, the media decides what stories in the world are worth telling, and moguls compete for the attention of the media, which makes them both money. And this cycle repeats itself over and over again. Defining, and redefining our priorities.
僕らの社会は三つの力で動いている。金、メディア、有力者。金が世界を動かしているのは事実だ。メディアはどんな物語が報道に値するか決める。そして有力者はメディアの注目を争う。それで双方金儲けができる。このサイクルはずっと繰り返される。これによって物事の優先度が幾度も幾度も書き換えられる。

The truth is: they need us. And when the masses take action, they have to listen, and history is rewritten. A slave is freed, a vote is counted, a wall is torn down, and a revolution begins. A revolution for love, a revolution for freedom, on April 25th.
真実は..彼らには僕らは必要なんだ。大衆が動く時、彼らは耳を傾けなければならない。そして歴史が書き変えられる。奴隷が解放され、投票が数えられ、壁が崩れ、そして革命が始まる。今、革命が始まるんだ。愛と自由のための革命。2009年4月25日。

You will abduct yourself and wait to be rescued by the cultural forces: money, media, moguls. You will meet at abduction site and walk to an LRA Camp and wait, like the abducted children are waiting.
君は君自身を誘拐し、この三つの力による救出を待ってくれ。金、メディア、有力者。君たちは誘拐現場に集合し「神の抵抗軍」キャンプに移動する。そこで待つんだ。ウガンダの誘拐された子供たちと同じように。

Here’s what you can do now: 1 – Contact moguls, the gatekeepers of culture, to come rescue you. Don’t worry, we’ll tell you how. 2 – Make sure the media comes to rescue you. The story deserves mainstream coverage, so let’s get it covered.
今できることがある。有力者に救出願いのコンタクトをとること。心配しなくていい。僕らがやり方を教えるから。それからメディアが救出に来るための準備。この物語は大々的に報道される価値がある。報道させよう。

Because we aren’t going home until they both arrive, that gives you one month to ensure your rescue. Two shameless plugs: Wear the rescue shirts all April, and donate $5 if you’ve got it, right now right now or on April 25th.
誘拐日まで一ヶ月ある。その間に救出計画を固めよう。四月中「救出Tシャツ」を着続けてほしい。もしできるなら救出資金のために5ドル支援してほしい。

The plan is action, because all men are created equal. First to rescue our children and secondly deliver the justice. That’s the plan. They’re waiting.
この計画を成功させよう。なぜなら人はみな平等なのだから。「まず子供たちを救出し、そして正義を」それが計画だ。子供たちは待っている。

To find more info on The Official Rescue Plan, go to
「オフィシャル救出計画」の詳しい情報は

http://therescue.invisiblechildren.com

「見えない子供たち」活動オフィシャルサイト
http://www.invisiblechildren.com
http://www.youtube.com/invisiblechildreninc

– – – – – – – –
Google Video: Invisible Children 全編55分
http://video.google.com/videoplay?docid=3166797753930210643&ei=3OTTScffH4OeqgKziP24DA&q=invisible+children&hl=en

アフリカ平和再建委員会
http://www.arc-japan.org/jp/index.htm
あなたの街で、学校で、映画「Invisible Children」の上映会を開いてみませんか
http://www.arc-japan.org/jp/activity/scsa/scsa_joeikai.htm

「Blood Into Gold」世界人身売買を止めるために何ができる?

In Activism, Human Rights on 2009/03/27 at 23:22


「Blood Into Gold」Peter Buffet featuring Akon

When I go to sleep at night
I wonder why I don’t feel the pain
From where the sun is shining bright
But empty shells of lives remain

夜眠りにつく時
なぜ痛みを感じないのだろう
太陽が輝くこの場所に
あるのは命のない殻ばかり

I know the news will tell me why
And we’ll watch others take the fall
But who will hear when someone cries
That saving one can save us all

報道が知らせてくれるだろう
世界で人々が消えていくことを
だけどあの子の泣き声は届かない
あの子を救えばみなが救われるというのに

Can you open your heart?
Will you give me your hand?
Can you look in my eyes?
Will you see who I am?

心を開けるかい?
手を貸してくれるかい?
僕を見つめられるかい?
僕が誰だかわかるかい?

The blood of your sons and
The blood of your daughters
The blood of my sisters
The blood of my brothers
The blood of your fathers
The blood of your mothers
All that you own through the blood of another

息子に流れる、娘に流れる、
兄弟に流れる、姉妹に流れる、
そして父と母に流れる血
君の中に流れる血は、みなつながっているんだ

– – – – – – – – – –
ピーター・バフェットとAkonによるシングル「Blood Into Gold」は、ヒューマントラフィッキング(人身売買)をテーマにしたシングル。UNICEFユニセフの制作した映像には、世界各地に存在する悲惨な状況が描写されている。世界の人々の目がこの問題に向けられ、人々が関心を持って行動を起こし、人身売買の悲劇が終結する‥それがこの映像と音楽に託された彼らの願いだ。

ヒューマントラフィッキング(人身売買)は現代の奴隷制度に匹敵する。人間を搾取する目的の勧誘、隠蔽、輸送‥これらは現在、世界で急増している犯罪産業だ。トラフィッキングの利益は、年間320億ドルに達すると言われている。

トラフィッキングは世界規模の問題だ。どんな国も対象になり得る。男性、女性、少年、少女、国家で最も重要な人材が、トラフィッキングのターゲットだ。米国に国外から連れてこられる人々は年間17500人、米国内での人身売買の人数はさらにそれを上回る。毎年20万人の米国児童が、性産業のためにトラフィッキングの対象となる危険がある。

だが、これらを阻止する方法がある。サイトからもっとトラフィッキングについて学ぼう。トラフィッキングを終結するために活動している団体に参加しよう。

Is There Something I Can Do? 出来ることはないだろうか?
http://istheresomethingicando.com

ASSET: Alliance to Stop Slavery and End Trafficking
http://www.assetcampaign.org

Polaris Project for A World Without Slavery
http://www.polarisproject.org

Somaly Mam Foundation
http://www.somaly.org

UNICEF USA
http://www.unicefusa.org

私はアフガニスタンに行く、人々の声を記録するために

In Activism, Anti-War, Human Rights on 2009/03/11 at 23:25

(Andrew Bacevich: 国際関係学教授、「The Limits of Power」著者)
単に米軍をアフガニスタンに送っても問題解決にはならない。

(Thomas Barfield: 人類学教授、The American Institute of Afghanistan Studies会長)
皆、軍のことを話題にするが、本当に語るべきなのは彼らの戦略についてだ。アフガニスタンの人々に恩恵を与えることが出来るかどうかだ。

(Ahukria Barakzai、アフガン議員、女性誌Women’s Mirror創始者発行人)
惨事の可能性が、さらに敵や反乱軍を増強するかもしれない。

(Anand Gopal: Christian Science Monitor紙記者)
米軍の中ではこう言われています「村を爆撃して市民を殺すと、その村は永久になくなる」

(Stephen Kinzer: 海外特派員、「Overthrow」著者)
反乱軍に勝つための方法はひとつしかない。人々を味方にすることだ。

(Faiysal Ali Khan: Foundation for Integrated Development Action – FIDA創始者、PESCO Groupディレクター)
今、私たちは心と精神の戦いに敗北しつつある。

(Robert Pape: 政治学教授、「Dying to Win」著者)
私たちが目撃しているのは、地域の民族主義者たちの米国と西側の軍圧への反対だ。

(Dr. Ramazan Bashardost: アフガン議員、大統領候補)
各地区の族長がみなそれぞれ自分の国を制している!

(Carl Conetta: Project on Defense Alternatives)
私たちは宗教も文化も理解していない国々へ何百何千もの人々を送り込んでいる。

アフガニスタン人はおそらく、海外からの抑圧と侵略への抵抗にかけては世界一だろう。

アフガニスタンは世界の優れた軍隊の墓場として知られている。

(Mohammad Osman Tariq: ソビエトアフガン戦Mujahid司令官、National Council for Peace and Democracy in Afghanistan会長)
米国はアフガニスタンに対して別の方法を考える必要がある。

これは軍事問題ではない、軍のやり方では解決できない。

QUESTIONS MUST BE ANSWERED.  DEMAND HEARINGS.
疑問に解答を!審議を要求しよう!


Why Robert Greenwald is going to Afghanistan
私はアフガニスタンに行きます: ロバート・グリーンウォルド

“Rethink Afghanistan” has been launched. The campaign has started and thanks to many of you for getting the word out there. Over 20000 people signed the petition asking for hearings that raise the critical questions.  And we got your feedback from our first video, over and over again people have told us “Yes, we love seeing the experts Bacevich and Kinzer and Pape and others.  But we are really affected by the fact that we had Afghan voices in the video. ”

「アフガニスタンを考え直そう」キャンペーンが行われています。大勢の皆さんに広めていただいて感謝しています。二万人以上が重要な事項を問う審議要求に署名して下さいました。私たちが制作した一本目の映画に対して、たくさんのご意見を頂きました。「専門家の意見を聞けたのはとても良かったけれど、アフガニスタンの人々の声が収録されているということに非常に動かされた」

And it motivated all of us here to go further. A planning to go to Afghanistan.  There are people to interview over there, there are Afghan peace movement, there are bloggers, there are elected officials who are strongly anti-Taliban and strongly opposed to increase troop escalation.

私たちBrave New Filmsのメンバーはみな、この意見に感化され、さらに前進することにしました。アフガニスタンに行くのです。アフガニスタンにはインタヴューしたい人たちがたくさんいます。アフガンの平和運動があります。ブロガーたちがいます。タリバンに反対し、軍増強に強く反対する政府関係者たちがいます。

We need your help. We need to hire local camera people, we need to hire translators, we need to have research done.  As you can imagine there’s lots of logistical planning. Can you help us? We are asking anybody who can, and we know that time is tough economically.  To contribute $20, to make possible, to make sure that “Rethink Afghanistan” campaign continues to have articulated important women and men speaking up from Afghanistan. And for $20, you’ll become a producer.

あなたの助けが必要です。次の映画制作には現地のカメラマンが必要です。翻訳者が必要です。リサーチをしなければなりません。物資や移動も大掛かりです。助力をお願いします。経済状態が厳しい時ですが、出来る方はどうかお願いします。20ドルのドネーションが、私たちの記録活動を実現します。「アフガニスタンを考え直そう」キャンペーンによって、アフガニスタンの人々の大事な声を記録できます。そして20ドルのドネーションで、あなたもプロデューサーになれます。

You can help us complete this documentary.  Donate $20 and be listed as a Producer.  Please join us at RethinkAfghanistan.com.  Thank you.
あなたもこのドキュメンタリーの完成の支援ができます。20ドルで、映画プロデューサーのクレジットに載ります。ありがとう。

Robert Greenwald ロバート・グリーンウォルド

Rethink Afghanistan
http://RethinkAfghanistan.com

プロデューサーリスト
http://rethinkafghanistan.com/producers.php

●世界中からドネーションできます

「戦場でワルツを」監督の短編アニメ「封鎖地区」

In Anti-War, Human Rights on 2009/03/10 at 21:17


Closed Zone / 封鎖地区
http://www.closedzone.com

Gazaガザ地区からの撤退宣言があったにも関わらず、イスラエルはガザ地区の境界線と海路空路の制御を継続している。この制御は、ガザ地区からの唯一の出入り口となっているRafah Crossingラファ・クロッシング(通過検問所)にも及んでいる。

この18ヶ月、イスラエルはガザ地区封鎖をさらに強化し、物資や人々が行き来することをほぼ完全に遮断している。

Hamasハマース政府を威圧する目的で行われているこの政策の本当の犠牲者は、罪のない市民だ。150万人の平穏な生活を望む人々の人権が奪い取られている。彼らが望むのは皆が望むこと‥家族と一緒に暮らしたい、教育を受けたい、医療を受けたい、生活の糧を得たい。

戦闘が行われた2008年12月から2009年1月の3週間、封鎖の弊害はさらに悲劇を起こした。封鎖によってガザ地区の人々は、爆撃から逃れることができなかった。

Gishaギシャ(イスラエルの人権擁護/解放支援団体)は、イスラエルに誓願する。ガザ地区の全面封鎖解除を。封鎖による真の犠牲者は、閉じ込められた150万人の人々だ。夢や大志を抱くことができるためには、移動の自由が不可欠なのだから。


アニメーション「Closed Zone / 封鎖地区」のできるまで

Yoni Goodman ヨニ・グッドマン監督
「Walts with Bashir / 戦場でワルツを」のアニメーション監督

「封鎖」は僕にとって、とても重要なことだ。戦争を経て僕は、このプロジェクトを使命と思うようになった。このアニメーションの少年は、少年でもあり大人でもある。アラブ人でもありユダヤ人でもある。誰もが自分を投影できるキャラクターであること。そして限られた人種の典型にしないことも大事だった。


「Walts with Bashir / 戦場でワルツを」
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/21433/
1982年にレバノン・ベイルートの難民キャンプで起きた、キリスト教徒軍によるパレスチナ難民の大虐殺を描いたドキュメンタリー・アニメーション。アリ・フォルマン監督が実体験に基づいて悲劇の真相を伝える。カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品、アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。2009年秋、シネスイッチ銀座にて日本公開。

Walts with Bashir オフィシャルサイト
http://waltzwithbashir.com

国際女性デー: パワフルノイズ、ライブ!

In Civil Rights, Human Rights on 2009/02/27 at 01:02


Hanh learned that she had contracted HIV after her husband and daughter died from AIDS. Bouncing back from despair, she started a self-help group in Vietnam, called Immortal Flower, to give people living with HIV/AIDS a place for support, counseling and health care.

‥昔、この土地はとても平和で住みやすかった。エイズが蔓延するまでは。この村を変えなえれば、私たち感染者自身の手で。「コンドームを洗っては駄目!使うのは一度だけよ!」‥

夫と娘をエイズでなくした後、ハナは自分もHIVに感染していることを知った。絶望から立ち直ったハナは、ベトナムの自分の村にコミュニティーを作った。HIV、エイズと共に生きる人々のためのカウンセリングやケアを、自分たちの力で与え合うコミュニティーは、「Immortal Flower / 不死の花」と名付けられた。

Nada is a working mother of three children. As a refugee, she survived the Bosnian War. Her women’s association, Maja Kravica, is helping ease hostilities between Serbs and Bosniaks in a region marred by war crimes and massive destruction. Nada is building an agricultural cooperative to offer employment opportunities for war widows, and fair trade markets for families to sell their crops and livestock.

‥この戦争で得たものは何もないわ。ここでは名前でレッテルを貼られる。私を見て欲しい、民族ではなくて人間として判断してほしいんです。‥

ナダは働きながら三人の子供を育てる、ボズニア戦災者。ナダの住む村クラヴィカの女性団体「Maja / マヤ」は、戦争犯罪と大規模崩壊で荒れ果てた地域で、セルビア人とボズニア人の対立を緩和する活動をしている。そこでナダは農業共同体を作り、戦争で家族を亡くした女性たちに仕事を与え、彼女たちが作物や家畜を売ることができるフェアトレード市場を提供している。

Jacqueline, better known as “Madame Urbain” fights forced labor practices in the slums of Bamako, Mali. Madame Urbain stands up for the rights of powerless girls who are often abused in the workplace or on the streets of the big city. Her organization, APAF, provides girls a basic education, teaches them vocational skills and places them in safe jobs.

‥親たちは子供たちのことを考えていない。子供は神が与えた労働力だと思っているんです。特に女の子は。「みんな、聞きなさい!娘たちを学校に行かせなさい!」‥

ジャクリーンの呼び名は「マダム・ウルベイン」。マリのバマコの貧民地区での不正強制労働と闘っている。都市の路上や作業場で虐待されている無力の少女たち。マダム・ウルベインは彼女たちの権利のために闘っている。彼女の団体APAFでは、少女たちに基礎教育を与え、仕事の技術を教えて、少女たちを安全な職場に就かせる活動をしている。

Three very different lives. Three vastly different worlds. But they share something in common: Power. These women are each overcoming gender barriers to rise up and claim a voice in their societies. Through their empowerment and ability to empower others, Hanh, Nada and Jacqueline are sparking remarkable changes.

三つの異なった人生。三つの全く違う世界。でも三人には共通しているものがある。POWER – 力。三人は女性である壁を乗り越え、自分たちの社会で自分たちの声を上げた。彼女たち自身の力、そして周囲にも力を与えることのできる能力。ハナ、ナダ、ジャクリーンはそれぞれの地域に輝かしい変化をもたらしている。

A POWERFUL NOISE Live!
全米イベント: パワフルノイズ、ライブ!

On Thursday, March 5, 2009, A POWERFUL NOISE Live will appear in 450 movie theatres across the United States. This one-night event will feature the acclaimed documentary followed by a town hall discussion broadcast live from New York City to each theatre. Panelists include Madeleine K. Albright, Natalie Portman, Christy Turlington Burns, Nicholas Kristof, Dr. Helene Gayle and more.

2009年3月5日木曜「パワフルノイズ、ライブ!」が全米450の劇場で一斉上映されます。一晩だけのイベント。ドキュメンタリー「パワフルノイズ」上映の後、ニューヨークで行われるタウンホール討論会の模様が全国に中継されます。討論会出演者は、元国務長官マドレーン・オルブライト、女優ナタリー・ポートマン、国際協力団体CAREのクリスティー・バーンズとヘレン・ゲイル、ジャーナリストのニコラス・クリストフら。

A POWERFUL NOISE Live begins at 7:30pmET/6:30pmCT
5:30pmMT/8pmPT(taped).

パワフルノイズ、オフィシャルサイト
(上映館の検索、討論会への質問送信ができます)
http://www.apowerfulnoise.org
http://apowerfulnoise.fathomevents.com

ワールドマーチ、平和と非暴力への地球マーチ

In Activism, Anti-War, Human Rights, No Nuke on 2009/02/19 at 00:21

We fell in love with the word, the most beautiful word of all, the only one that describes something that is not there.. PEACE.

この言葉に恋してしまった。世界で一番美しい言葉、そこにないものを言い表す唯一の言葉‥「平和」

We fell in love with an idea, the only one that really counts, bring peace and nonviolence to the world.

このアイデアに恋してしまった。本当に大事なのはこのことだけ。世界に平和と非暴力をもたらすこと。

And we are doing it, with the biggest world march ever known to mankind, THE MARCH FOR PEACE AND NON VIOLENCE.

だから僕らはやるんだ。人類史上最大の地球規模マーチ。平和と非暴力のためのマーチを。

The journey will spin across nearly 100 countries, 6 continents, with the direct participation of millions of people.

マーチは続くんだ。世界100カ国六大陸をつないで。何百万の人々が歩いてつなげるんだ。

And the initiative that started with the NGO – World Without Wars – which compels hundreds of organizations and celebrities to join in.

NGO World Without Warsが発起団体となり、何百もの団体や著名人が賛同参加している。

Let’s all work together for a better world.  From October 2nd 2009, the birth anniversary of Gandhi until January 2nd of 2010, millions of people will be walking to create a better future.

もっと素晴らしい世界のために、一緒に歩こう!2009年ガンディーの誕生日10月2日から、2010年1月2日まで、よりよい未来を作るために大勢の人々が歩く。

Ours, without violence, without wars, without nuclear weapons.  A future of peace and nonviolence.  You too will fall in love with the most beautiful word in the world.  Start walking.. with us!

僕らの未来、暴力のない、戦争のない、核兵器のない、平和と非暴力の未来。君もきっと恋をする、世界で一番美しい言葉に。僕らと一緒に歩き始めよう!

WORLD MARCH FOR PEACE AND NONVIOLENCE
http://www.theworldmarch.org

WORLD WITHOUT WARS
http://www.mundosinguerras.org

2009年2月現在の賛同団体賛同者の一部
http://www.theworldmarch.org/who
ヴィゴ・モーテンセン、フリオ・ボッカ、インテルナツィオナーレ・ミラノ、ピート・シーガー、ダライ・ラマ、アムネスティー、マキシミリアーノ・グエラ、グリーンピース、フィリップ・グラス、フアネス、デズモンド・ツツ、ジョゼ・サラマーゴ、ノア、ノーム・チョムスキー‥

世界参加都市連絡先
http://www.theworldmarch.org/contact

使い捨て文化の内幕「The Story of Stuff」日本語版

In Environment, Human Rights on 2009/02/17 at 01:11


THE STORY OF STUFF 物の話: 予告編1

It’s all about externalizing the costs. What that means is the real costs of making stuff aren’t captured in the price. In other words, we aren’t really paying for the stuff we buy.

経費は外に‥物を作るための本当の経費は、物の価格には含まれていない。つまり、私たちは本当の対価を物に払っていないんです。

I was thinking about this the other day. I was walking to work and I wanted to listen to the news so I popped into this Radio Shack to buy a radio. I found this cute little green radio for 4 dollars and 99 cents. I was standing there in line to buy this radio and I wondering how $4.99 could possibly capture the costs of making this radio and getting it to my hands.

会社に歩いて通うから、ラジオでニュースを聞きながら歩きたいなぁと思って、ラジオシャック(電気屋)に寄りました。そしたら小さな緑のかわいいラジオが4ドル99セント。レジに並んでいる時思ったのだけれど、たった4ドル99セントでどうしてこんなラジオが売れるんだろうって。

The metal was probably mined in South Africa, the petroleum was probably drilled in Iraq, the plastics were probably produced in China, and maybe the whole thing was assembled by some 15 year old in a maquiladora in Mexico. $4.99 wouldn’t even pay the rent for the shelf space it occupied until I came along, let alone part of the staff guy’s salary that helped me pick it out, or the multiple ocean cruises and truck rides pieces of this radio went on. That’s how I realized, I didn’t pay for the radio. ..So, who did pay?

鉱石はたぶん南アメリカで採掘されて、原油はたぶんイラクで掘られて、プラスチックはたぶん中国製、そしてたぶんメキシコの工場で15才位の子供が組み立てたに違いない。4ドル99セントじゃ、店の棚賃にもならない。探してくれた店の店員の給料にもならない。遠くからこのラジオを運んで来た船賃やトラック代にもならない。そして気がついたんです。私がラジオにお金を払っているんじゃない。‥じゃぁ、誰が払っているの?


THE STORY OF STUFF 物の話: 予告編2

Planned obsolescence is another word for “designed for the dump.” It means they actually make stuff that is designed to be useless as quickly as possible so we will chuck it and go buy a new one. It’s obvious with stuff like plastic bags and coffee cups, but now it’s even big stuff: mops, DVDs, cameras, barbeques even, everything!

「PLANNED OBSOLESCENCE: 計画的老朽化」すなわち、捨てるためデザインされている‥ということ。できるだけ早く使い物にならないようにして、捨てて新しい物を買わなければならないようにデザインされているということ。レジバッグやコーヒーカップは明らかにそうだけれど、もっとしっかりした物、モップやDVDやカメラや、バーベキューグリルも!

Even computers. Have you noticed that when you buy a computer now, the technology is changing so fast that within a couple years, it’s (your new computer) actually an impediment to communication. I was curious about this so I opened up a big desk top computer to see what was inside. And I found out that the piece that changes each year is just a tiny little piece in the corner. But you can’t just change that one piece, because each new version is a different shape, so you gotta chuck the whole thing and buy a new one.

そしてコンピュータまで!コンピュータを買うと、技術の変化が早すぎて、二年もするとネット通信がスムーズに出来なりますよね。どうしてだろう?と思ってデスクトップパソコンを開けて中身を見てみました。そしたら毎年変わって行くのは隅っこにある小さなチップだけ。けれど、毎年形が変わるから、それだけを変えることはできないんです。だから大きなパソコン全部を捨てて、新しいのを買わなければならないっていうわけ。

– – – – – – – –
The Story of Stuff / 物の話」は消費主義社会の内幕に迫った刺激的な物語。原料の搾取からiPodの焼却まで、使い捨て文化の代価を暴露する。20分のアニメーションはほんの始まり。どんどん学んで、そんな世界を変える活動に参加しよう!
http://StoryofStuff.com

10 Little and Big Things You Can Do
すぐに出来る!世界を変える10の方法

http://www.storyofstuff.com/anotherway.html

– – – – – – – –
2007年12月4日に公開されたオンラインドキュメンタリー「The Story of Stuff」。ラルフ・ネーダーが「a model of clarity and motivation / 明確さと啓蒙の雛形」と評した本作は、公開以来400万人以上に閲覧され、現在世界のボランティアによって12カ国語に翻訳され字幕が付けられている。
http://www.storyofstuff.com/international

●このサイトに現在「日本語」の表示がありませんが、任意の外国語を選び、映像のbufferingが終わり右上に表示される「SUB」のリストから「Japanese」を選び、日本語の字幕を表示させることができます。

●日本語字幕作者のページで、字幕付き全編を見ることが出来ます。
The Story of Stuff 日本語版!
http://indiesatellite.jp/?p=46
http://video.google.com/videoplay?docid=-6931908723672573872

Ashley Judd: EyeOnPalin.org, YouthAIDS 活動家アシュレイ・ジャッド

In Activism, Health Care, Human Rights on 2009/02/03 at 00:21


Hi, this is Ashley Judd for Defenders of Wildlife Action Fund. When Salah Palin came on a national scene last summer, few knew that she promotes the brutal aerial killing of wolves. Now back in Alaska, Palin’s again casting aside science and championing the slaughter of wildlife. Using a low flying plane, they kill in winter, when there’s no chance for the wolves to escape. Riddled with gun shots, biting their backs with agony, they die a brutal death. Palin even proposed $150 bounty for the severed foreleg of each killed wolf. And now, she is encouraging even more aerial killing. It is time to stop Salah Palin, and stop the senseless savagery. Please join with me by going to EyeOnPalin.org, and take action now. Thank you.

こんにちは、アシュレイ・ジャッドです。私は野生生物保護基金を支持します。去年の夏、サラ・ペイレンが全国の注目を浴びた頃、小型飛行機で狼を虐殺することを彼女が奨励していることは、あまり知られていませんでした。ペイレンは今アラスカに戻り、自然科学など無視して、野生動物の殺戮を思いのままにしています。小型飛行機を低空飛行させ、狼たちの逃げ場のない冬に。銃で穴だらけにされた背中を、苦しみで噛みながら、狼たちは残酷な死を迎えます。そしてペイレンは、殺されてすぐの狼の足を持ってくれば、150ドルの賞金を出す、という条例を申請しました。加えてさらなる低空飛行射撃を奨励しています。サラ・ペイレンを止めなければなりません。この意味のない残酷な殺戮を止めなければなりません。 EyeOnPalin.orgを訪れて下さい。どうぞ私と一緒にアクションに参加して下さい。ありがとう。

Defenders of Wildlife Action Fund 野生生物保護基金
http://www.defendersactionfund.org


お早う!私はアシュレイ・ジャッド、ユース・エイズの世界大使です。私の大使としての初めての旅は、国際エイズ会議が行われたタイのバンコックの周辺でした。

カンボジア: カンボジアについてはあまり知りませんでした。でもその方が良かった。目をしっかり見開いて体験し学ぶことが大事だった。先入観なしで、そこに住む人々に教えてもらうこと。素晴らしい素晴らしい病院/ホスピスの訪問から旅は始まりました。今まで治療も受けられずに、エイズとの闘いに屈しようとしている人たち。彼らの最後を癒す場所です。そこにある寺院に行きました。そこでみんなが座って私のために祈ってくれるんです。最高の幸せでした。祈りの後、寺院の外で「ワットグラニー/ワットばあちゃん」たちに会いました。彼女たちは仏教の教えに従って、病気の子供たちの面倒を見るおばあちゃんたちのことです。こんなに素敵な女性たちに会ったのは初めて。「今度は私のハンサムな旦那さんを連れてくるわね」「アハハハハ!」かわいい赤ちゃんを抱きました。ほんとにかわいい。一番辛かったのは、ホテルに戻って一人になった時。会った人たちのことを思う時。あんなに可愛い女の子がとても辛い状況にあって、それが変えられないこと。一生危険にさらされていること。少女たちが受けるエイズ教育のクラスに参加しました。とても前向きで明るいユース・エイズの先生。HIV(エイズビールス)のこと、感染の仕方、コンドームのこと、客にコンドームをさせる方法、もし客がしなかった時の安全な逃げ方。

タイ: ユース・エイズはタイでこれから教育を広めようとしています。政府高官に私たちができることを伝えました。孤児院を訪ねた時、何度も涙が出ました。あんなに小さな子供たちに、大人の問題であるべきことを教えなければならないなんて、そんなことがあってはならないのに。政府やいろいろな団体が、子供たちを路頭生活から守るためのプログラムを行っています。でもすでに多くの子供たちが路頭で性産業に捕われています。その子たちをなんとかHIVから守ること、それが私たちの大事な課題なのです。どこまでも限りなく立ち並ぶ飲み屋やカラオケバー。売春宿に入ってみて、ほんとうに驚きました。これらの店で働く少女たちは、HIVについてよく知っていました。ユース・エイズの教育が役に立っているのです。会った少女たちはみなHIVに感染していました。それでも売春を続けています。

私がずっと待っていた、大事な大事な旅でした。ユース・エイズの教育は効果があります。だから希望があります。HIV教育に携わることは、暖かい心を持つこと、希望を持つこと。そしてクリエイティブなあなたなら、もっともっとメッセ−ジを広げることができます。

Ashley Judd: YouthAIDS Global Ambassador
ユース・エイズ世界大使: アシュレイ・ジャッド
http://projects.psi.org/site/PageServer?pagename=AshleyJuddGlobalAmb_nr

Human Rescue Plan/Sean Penn: ショーン・ペンの人救済計画

In Human Rights on 2009/01/29 at 16:54

Wall Street rescue plan: 700 billion dollars
Iraq war to date: 600 billion dollars
European Union stimulus plans: 200 billion euros
Feed every hungry school child for a year: 3 billion dollars
“You wanna more bangs for your buck? Let’s talk about a human rescue plan.”

ウォール街救済計画: 7000億ドル
イラク戦争出費現在まで: 6000億ドル
EU景気刺激対策: 2000億ドル
飢餓に瀕した世界中の児童に一年間給食を与えられる金額: 30億ドル
「もっとまともな金の使い方はないかって?『人救済計画』をやろうぜ!」

– – – – – – – – –
WFP has produced a new TV Public Service Announcement starring actor/director Sean Penn (just nominated for best actor). The 30 second PSA asks viewers to consider a “human rescue plan” during the global financial crises and is due to be released during the World Economic Forum at Davos, Switzerland.

WFP国連世界食料計画は、アカデミー賞にノミネートされたばかりの俳優ショーン・ペンを起用したテレビ公共広告を制作した。30秒の広告は、経済救済政策が世界で進められる中「人救済政策」を問いかけるもの。スイスのダボスで開催されている世界経済フォーラムにあてて放送される。

What some people don’t realize that for the world’s hungry the financial crisis is hitting them hard. Unemployment is increasing, remittances are decreasing, global trade is decreasing this is hurting everybody.. for the poorest to the poor it means their budget for food is shrinking. So what we are calling for is, as the world looks for stimulus packages to get the banks restarted and credit flowing, that we also reserve 1 percent of that to help the poorest of the poor to get through this trouble.

Well the thing to remember about the 950 million people in the world who go to bed hungry every night, is that they really have no voice in the halls of power, they can’t say we are trapped in this situation and we need your help. but celebrities can do that, and when they put out that call it can help reach those children who are desperate for evening meal or for a piece of food.

Josette Sheeran-Executive Director, World Food Programme

気がつかない方も多いと思いますが、経済危機は世界の飢餓社会に大きな影響を及ぼしています。失業者の増加、送金の減少、国際貿易の減少、これらはすべての人にとっての痛手です。が、特に極貧にある人々は、食費をさらに切り詰めなければなりません。そこで私たちは呼びかけます。世界が金融機関の再建のための刺激計画を推し進めるのなら、極貧中の極貧にある人々が苦難を乗り越えるために、そのたった1%の金額を受け取る権利があります。

そして忘れてはならないのは、毎晩空腹をかかえて眠りにつく世界の9億5千万人の人々には、権力者たちに届く声がないということです。彼らには、自分たちが極貧世界の囚人であり助けを求めていること、それを伝える声がありません。でも有名人にはそれができます。彼らがメッセージを世界に届ける時、一切れのパンを求めている子供たちに、救いの手が差し伸べられるのです。

WFP事務局長 ジョゼット・シーラン

WFP国連世界食料計画
http://beta.wfp.org/
http://www.wfp.or.jp/

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

オバマ次期大統領への手紙:グァンタナモ閉鎖のお願い

In Activism, Anti-War, Human Rights, Politics on 2008/11/14 at 02:16

「大統領に就任した時、私はグァンタナモを閉鎖する。軍事委員会法を拒否する。そしてジュネーヴ諸条約を尊重する。」バラック•オバマ 2007年8月1日

オバマ次期大統領が民主主義と憲法を取り戻すための手助けのチャンスです。就任第一日目に行使することができるのです。常軌を逸したグァンタナモ収容所を閉鎖することで、オバマは世界におけるアメリカのモラルリーダーシップを取り戻すことが出来るのです。憲法に違反した軍の介入と拷問の廃止で、悪名高い国防ブッシュ政権との関係を立つことが出来るのです。

この8年間ブッシュ政権が行って来た権力の乱用の時代を終わらせるために、私たちはこの重要な瞬間をしっかりと受け止めるべきです。Brave New FilmsはACLUと力を合わせ、このキャンペーンビデオを製作しました。

GITMO/グァンタナモ収容所の閉鎖と違憲軍介入の終結が、緊急に必要とされていることを訴えるためのビデオシリーズの第一作です。GITMOにおける人権剥奪のようなことが二度と起こらないようにするために、署名を求めています。ぜひ友達にこのビデオのことを知らせて下さい。

ACLUではこのキャンペーンをさらに進めて、11月9日にタウンホールミーティングを実施しました。米国中からテレコンファレンスで参加した人々が、現在のアメリカの人権について討論しました。この重要なアクション – GITMO閉鎖を実現するために、オバマ次期大統領に力を貸しましょう。

– – – – – –
CLOSE GITMO AND END MILITARY COMMISSIONS/署名サイト
http://closegitmo.com

親愛なるオバマ次期大統領、

あなたが就任第一日目に、世界のアメリカのモラルリーダーシップを取り戻す情景を見ることほど、私に取っての誇りはありません。

あなたの一筆で、グァンタナモ収容所は閉鎖し、軍事委員会法を無効にし、拷問を廃止することが出来ます。

ブッシュ政権はグァンタナモ収容所を建て、そこには法律は届かないと主張しました。何百もの囚人が容疑も裁判もないままに拘置され、彼らへの拷問が許可され、国家憲法と国際法に違反した軍事委員会法によって処刑されています。

ブッシュ大統領の不正を、一日たりとも長引かせる訳にはいきません。

この非常に重要な問題解決へのあなたのリーダーシップを、私はどんな形でもサポートします。どうぞ就任第一日に、あなたの率いる政府が憲法を尊重することをはっきりと示して下さい。

アメリカの自由を取り戻すことが、あなたの手にかかっています。どうぞ私たちが信じるアメリカを取り戻して下さい。

Get Your Volunteer On – ボランティアで行こう!

In Activism, Environment, Health Care, Human Rights on 2008/11/11 at 00:45

私たちはずっとボランティアで助け合って来た。戦争の時、惨事の時、必要とされる時には、手を貸さなければ。ボランティアイズム!

1736年ベンジャミン・フランクリンは、初のボランティア消防団を発足した。1881年クララ・バートンは赤十字を設立した。1961年ケネディー大統領はピースコープを創立した。国連は2001年を国際ボランティア年に制定した。

2007年、6千百万人のアメリカ市民が地域のボランティアに参加した – 就業時間合計81億時間 – 総労賃1580億ドル相当。

ホームレスと貧困問題へのボランティア:
Habitat for Humanity – 1976年発足 – 家をなくした人々のために家を建てる – 2008年に建てた家屋数30万件 – 援助した人数100万人。
Help USA – 1986年に開始 – ホームレスの自活支援 – 2000年から現在までに建てた家屋数1600件 – 援助した家族数6000。

医療と福祉のボランティア:
Doctors Without Borders – 1971年フランスで発足 – 戦争や災害の被害者の緊急医療提供 – 2007年に出産した赤ちゃん10万人 – 治療を受けたHIV/AIDS患者10万人。
Operation Smile – 1982年発足 – 顔面奇形の赤ちゃんの整形 – 2008年11万5千人以上の子供を治療。

環境保護のボランティア:
The Nature Conservancy – 1951年発足 – 地球と動物と自然環境の保護 – 2008年1億1700万エーカーの自然と5000マイルの川を保護。
Student Conservation Association – 1957年発足 – 公共の土地と環境の保護 – 2008年5万人の学生とメンバーによる地質植物地理調査。

青少年と教育のボランティア:
Reading Is Fundamental – 1966年創立 – 軍人の児童、十代の母、囚人に読むことを教える – 16,635,141冊の本を4,600,909人の子供に寄付。
The Child Welfare League of America – 1920年創立 – 児童の保護と福祉 – 2008年800団体が350万人の子供を援助。

ボランティアはこの30年で最高に達している。でも70%のアメリカ人はまだ見ているだけ。NPOの三分の二が適切なボランティア人材に不足している。MAKE A DIFFERENCE 世界を変えよう!

ドネーションはこちらへ
NetworkforGood.org
「ボランティアやってみたい!」はこちらへ
VolunteerMatch.org

提供: GOODMagazine
http://www.good.is
http://www.youtube.com/GOODMagazine

お勧めクリップ:
GOOD: If Mos Def Were President – モスデフが大統領だったら
http://www.youtube.com/watch?v=udwTkU1QKPc
GOOD: If Wyclef Were President – ワイクリフが大統領だったら
http://www.youtube.com/watch?v=DJdz4U5yaGg
GOOD: If MURS Were President – マーズが大統領だったら
http://www.youtube.com/watch?v=A4q9UARi-dE

BornSeptember.org

In Human Rights on 2008/10/01 at 22:27

僕の名前はスコット。二年前に「チャリティー•ウォーター」を開始しました。安全で清潔な水を世界の大勢の人々が飲めるようにするための団体です。二周年はちょうど僕の33歳の誕生日に当たります。普通誕生日というと、あまり必要でない物をプレゼントでたくさんもらいますよね。僕は去年、誕生日をもっと意味のあるものにしたいと思いました。

ケニアで清潔な水のない病院を訪ねました。その光景に胸が張り裂けそうだった。病院を運営する方が言っていました。何百人もの患者がやってきて待っている、けれど蛇口をひねると出てくるのは泥水。なんとかしなくちゃと思いました。

アメリカに戻って、僕は友人に頼んで回ったんです。僕の32歳の誕生祝いには32ドルを下さい。パーティーもプレゼントも要らない、病院で清潔な水が使えるためにお金を少し下さい。それから僕と同じ9月生まれの人たちに、僕と同じ事をするように頼みました。92人が「やる!」と言ってくれました。

資金が集まり、病院のために井戸を掘ることができました。清潔な地下水が吹き出した時の感動!そして病院でも近所の村々でも、この清潔な水を使うことができるようになりました。集まったお金はすべて井戸のために役立ち、募金してくれた人々の名前が一人残らず病院の壁に記されました。

今年、僕はもっと大きく考えています。僕は33歳になる。エチオピアで清潔な水のない33の村を訪ねました。33村のGPSを確認し、それぞれの村の映像を制作し、水のないことが及ぼしている苦悩の物語を記録しました。使っている水の中に蛭がいるのを見せてくれた女性、遠くの沼地に泥水を汲みに行く途中でハイエナに襲われると語った人々、小学校に行くべき年齢の子供たちが毎日重い水の容器を運ぶ作業をしていること…

だから今年も僕は誕生日を「使い」ます。ゴールはエチオピアに300以上の村に井戸を掘る事。訪れた33村から始めて、もっともっと広げます。そのためには目標資金の桁を15万ドルから150万ドルに変えなければなりません。去年の10倍集めるんです。そうすればエチオピアの15万人が清潔な水を飲めるようになります。9月7日に井戸開通の模様をライブで流します。みなさんにしっかりした証拠を見てほしいから。

ぜひ参加して下さい。三つの方法があります。
1、もしあなたが9月生まれなら、BornSeptember.orgに自分のページを作って、募金を募って下さい。
2、もし9月生まれでなかったら、僕の誕生日に33ドルを下さい。いただいたお金は100%エチオピアの井戸のために使われます。
3、この活動をたくさんの人に知らせて下さい。去年は約90人が賛同し15万ドルが集まりました。もし900人が賛同したら?9000人が賛同したら?

ぜひBornSeptember.orgを訪れて、参加して下さい。

BornSeptember.org
http://borninseptember.org

Charity: Water
http://charitywater.org

Jennifer Connelly in charity: water Clean Water Africa PSA
http://youtube.com/watch?v=-AqlLyLeJuQ

Seva Foundation’s 30th Anniversary

In Human Rights, Music + on 2008/07/17 at 23:46

(クリップ: Los Lobos – Kiko and the Lavender Moon)

セイバ基金、30周年記念コンサート
Seva Foundation’s 30th Anniversary
http://seva.convio.net/site/PageServer?pagename=events_30th_concert

http://seva.convio.net/site/PageServer?pagename=events_landingpage

9月27日土曜午後8時、パラマウントシアター@オークランド
司会: ウェービー•グレービー
出演: クロスビー&ナッシュ、ジャクソン•ブラウン、ボニー•レイット、ロス•ロボス+特別びっくりゲスト!!

セイバ基金の創立者ウェービー•グレービーによるチャリティーコンサートが30周年を迎えます。1979年に初めて、グレイテフル•デッドの出演でオークランドで行われ、10万ドルを集めました。以来、多数のミュージシャンが時間と才能をセイバ基金に提供し、何百万ドルもの基金を集めることができ、何千もの人々がセイバ基金の支援者になりました。

今年はその30周年。例年通りの豪華メンバーととても特別なゲストで行われます。現在チケットを発売中。通常早く売り切れてしまうので、お早めに!

– – – – – – – – –
セイバ基金について
http://seva.convio.net/site/PageServer?pagename=about_seva

Seva(say-va)セイバは、サンスクリット語で「奉仕」の意味。セイバ基金は病と貧困による苦悩を癒す目的で、1978年に設立された。それぞれの地域の問題解決のためにパートナーシップを確立し、それぞれの地域の文化を尊重しながら援助する方法をとる。

米国内と世界9カ国で、人々の健康と生活向上、地域開発、環境保護、文化保存などの活動をしている。現在行っているのは‥

●インド、ネパール、チベット、カンボジア、バングラデッシュ、エジプト、タンザニア、グァテマラでの失明防止と視力回復活動。
●グァテマラとメキシコの先住民コミュニティーで、基本生活の確保と、貧困と政府からの不正な扱いの改善活動。
●米国全域で、アメリカ先住民の健康と生活向上、地域社会開発、環境保護、文化保存への援助活動。

ボブ•ウェアー「寄付するならセイバだ!手数料は最小限だし、活動は奇跡のようにうまく行っているし、基金で働く人たちはみな、今まで会ったことのないような素晴らしい人材ばかり。セイバの一部であることがとても誇りだ」

ジョーン•バエズ「人々に対する情熱と思いやり‥人間としての基本だけれど、簡単なことではないわ。でもセイバがそれを簡単にしてくれる。セイバは私たちの寄付が本当に人々の役にたつ方法を知っているから」

ブルース•ホーンズビー「セイバの尽力は世界の苦境にある人々に希望と幸せを作り出す。セイバの素晴らしい働きにはいつも驚かされ、そして元気づけられる。基金集めの活動の手助けができて、とても嬉しいよ」

デビッド•クロスビー「セイバは世界で本当に助けが必要な人々に、素晴らしい活動で貢献している。ウェイビーとその仲間について、一緒にこの『黄色いレンガの道』を歩いて来たたくさんの人々の一人であることがとても誇りだ」

Kicking It: Homeless World Cup

In Human Rights on 2008/06/23 at 23:57


KICKING IT – ホームレスワールドカップ、ドキュメンタリー映画(2008年6月現在NYとLAで特別上映中)
http://www.kickingitthefilm.com

2006年夏、世界サッカーの焦点がドイツに向けられている時、世界で何千もの選手たちが必死に練習を積んでいた。ワールドカップ‥ホームレスワールドカップを目指して。

それは2001年にあるスコットランド人とオーストラリア人の飛んでもない発想に始まった。国際ストリートサッカー大会を開催して、ホームレスの人々に人生を変えるチャンスを与えようというアイデア。それから5年後、年に一度のホームレスワールドカップは、国際的に認められる大会となった。

48カ国からの500人のホームレス選手たちが、南アフリカのケープタウンで自国を代表してプレイする。戦争下のアフガニスタンから、ケニアのスラム街から、ダブリンの薬物中毒治療センターから、ノースカロライナの貧困街から、マドリッドのシェルターから、そしてホームレスには人権や身分証明が与えられないロシアの街セント・ピーターズバーグから。

勝っても負けても、選手たち全員にとって、それは人生最大の旅だ…

– – – – – – – – – –
HOMELESS WORLD CUP: Melbourne 2008
http://www.homelessworldcup.org
http://www.youtube.com/HomelessWorldCup

2008年12月1日〜7日、オーストラリア、メルボルンのフェデレーション・スクウェアに集合!MatchHotels.comでホテル予約をしよう!フェデレーション・スクウェア周辺ホテルが最適値段で確保出来る上に、手数料がホームレスワールドカップ基金に寄付されるぞ!ボランティアは大会の貴重な力だ。期間中500人の選手は400試合をこなす、超過密スケジュールだ。人生を変える体験の一部になろう!

– – – – – – – – – –
日本: ホームレスのフットサルワールドカップ目指し練習開始へ
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080301/trd0803011235008-n1.htm

ビッグイシュー東京フットボールクラブ結成!
http://www.bigissue.or.jp/activity/info_080120.html

World Day Against Child Labour 2008

In Human Rights on 2008/05/31 at 17:46


Child labour: the employment of children under an age determined by law or custom
児童労働: 法律で「児童」と規定された年齢の子供たちによる労働

Of all the children in the world today… more than 200 million are child labourers… more than 100 million are trapped in its worst forms… and millions will never go to school… of the worlds’ child labourers, some are as young as five… most are under 15.
今日この世界で、二億の子供たちが児童労働をさせられている。一億以上が最悪の環境に閉じ込められている。何百万の子供たちは学校に行くことはない。一番小さな児童労働者は5歳、ほとんどの児童労働者は15歳以下だ。

Many are doing hazardous work… operating dangerous tools and machinery… working on farms and plantations… on mines, breathing noxious fumes… on construction sites… exposed to harsh chemicals and other dangers… serving as child prostitutes… and as soldiers.
多くの子供たちが有害な仕事をさせられている。危険な道具を扱わされている。農場や耕作地で、鉱山の有害な空気の中で、建築現場で薬品やさまざまな危険にさらされている。そして児童買春、児童兵士。

“Child labour has serious consequences that stay with the individual and with society for far longer than the years of childhood.” – United Nations Secretary General: Kofi Annan
「児童労働はその子供とその社会に、幼児期を超えて長い間、深刻な問題と影響を残す。」(前)国連総長コフィ・アナン

– – – – – – – –
ILO世界労働機構の「児童労働」オフィシャルムービー
(日本語の字幕を選ぶことが出来ます)
http://www.ilo.org/public/english/bureau/inf/wdacl
ILO世界労働機構: 児童労働反対世界デー
World Day Against Child Labour 2008
http://www.ilo.org/ipec/Campaignandadvocacy/WDACL/2008

– – – – – – – –
6月12日は「児童労働反対世界デー」です。

世界で多くの児童労働反対のキャンペーンが行われていますが、知名度が低いのが現状。そのひとつ、日本のNGO児童労働ネットワーク(http://cl-net.org)も、日本の内閣総理大臣に提出する署名を集めています 。メッセージは「地球社会の責任ある一員として、日本政府ももっと途上国の児童労働に取り組んで欲しい!」本名でも匿名でも署名できます。

・働く子どもに教育を1万人署名
http://www.shomei.tv/project-18.html

そして児童労働を考えるNGOのACE(http://acejapan.org)の提案で、「mixiで「児童労働」を注目ワードに!!」 が本日6月1日に進行中です。 6月1日に「児童労働」というキーワードを使って日記を書くだけ。みなさんも参加してみませんか?

【参加方法】
1.mixiの日記を「全体公開」に設定する。※重要です。ご確認ください。
2.6月1日のAM0:00〜PM:23:59までの間に「児童労働」というキーワードを必ず使って、日記を書く。
3.マイミクシィの人に、このキャンペーンを呼びかけてみる。

「児童労働」をキーワードに、どんなことを書いていいかわからない場合、 「児童労働反対世界デーキャンペーン2008」のメインイベント告知や、 「働く子どもに教育を」1万人署名のテキストを転載してみてください。

・働く子どもに教育を1万人署名
http://www.shomei.tv/project-18.html

・児童労働とは
http://www.shomei.tv/project/notice.php?pid=18#notice_1

・児童労働反対世界キャンペーン2008
http://stopchildlabour.jp/

UN Peacekeeping 60th: by George Clooney

In Human Rights on 2008/05/29 at 22:35


UN Blue Helmets: Peace is not…
http://www.youtube.com/unbluehelmets

PEACE平和はリボンの色だけではありません。ただのリストバンドでも、Tシャツでもありません。寄付だけでも、5キロレースでも、フォークソングでも、白い鳩だけでもありません。そしてもちろん有名人のサポートなどよりもっと大きなものです。

PEACE平和は24時間作業です。人々を守り、公正な選挙を見守り、武装を解かせることです。国連の10万のピースキーパー国連平和維持部隊は、他の人々が行かない場所へ行き、他の人々ができない、したくない事をします。

Peace, like war, must be waged. – 戦争が闘いである様に、平和も闘い取らなければなりません。

– – – – – – – –
平和のシンボルは大切だが、平和実現の過程の重労働をすべて表現しているとは言えない。鳩やリボンの向こうに、10万人以上の国連平和維持部隊の重労働がある。

国連の初めての平和維持任務は1948年のに遡る。その年、国連軍は(建国宣言をした)イスラエルと隣接アラブ諸国との間の平和条約(Armistice Agreement)を監視するために派遣された。以来、国連の青いヘルメットは、世界の紛争地での市民保護と紛争解決のための力強いシンボルとなっている。ガテマラ、ナンビア、カンボジアなど、国連平和維持部隊は、他の人が行けない、行かない場所へ、進んで行く。

これこそ本当の平和の行進だ。60年間、平和が開花できるチャンスを作り続けている。60年間、公正な選挙のための監視と、武装解除のために尽力している。戦争が闘いである様に、60年間、平和を闘い取るために行進しているのだ。

国連平和維持部隊60周年
Honoring 60 Years of UN Peacekeeping
http://www.un.org/events/peacekeeping60

国連平和維持部隊へのサポートキャンペーン
「国連平和維持部隊へ感謝の手紙を出そう!」
http://www.betterworldcampaign.org/peace

– – – – – – – –
ジョージ・クルーニー、国連平和維持部隊の支援クリップを制作
AP: George Clooney makes ad praising UN peacekeepers
http://ap.google.com/article/ALeqM5in1-q-IlPj4gErpjiQeXbR0JbulQD90V4S580

国連平和大使: ジョージ・クルーニー
United Nations Messengers of Peace: George Clooney
http://www.un.org/sg/mop/georgeclooney.shtml

FEED 100 Bag = 100 School Meals in Rwanda

In Environment, Human Rights on 2008/05/19 at 01:38

2004年、Lauren Bushローレン・ブッシュはWFP国連世界食料計画の名誉代弁者/スポークスパースンになった。2005年、ローレンは「FEED 1 BAG」のアイデアを思いついた。2007年、WFP国連世界食料計画で働いていたEllen Gustafsonエレン・グスタフソンと共同で「FEED PROJECT」を開始。世界の子供の飢餓をなくすという大きな目標を持った小さな会社だ。

2008年、Whole Foods MarketとFEED Projectが提携し、「FEED 100 BAG」が販売開始になった。ローレン、エレン、そしてWhole Foodsの人たちがルワンダを訪ねた。

Feed 100 BagWFP国連世界食料計画はルワンダの29万人の子供の給食を至急している。FEED Projectの目標は、バッグの販売でその資金のすべてをまかなうこと。食料の代金と食料を必要とする人々の人口は、世界規模で上昇している。砂糖を混ぜた泥を食べて空腹を紛らわす子供もいる。FEED 100 BAGが売れる程、泥のパイを食べる子供が減る。ほとんどの子供は学校の給食が唯一の食事。「FEED 100 BAG = 100 School lunches」バッグ1つで給食100食分。

3兆8000億のプラスチックバッグが米国で毎年消費されている。プラスチックバッグはルワンダでは違法。人々はバスケットに物を入れ頭の上に乗せて運ぶ。Whole Foodsでは、顧客への買物用プラスチックバッグの使用は廃止されている。FEED 100 BAGは、紙袋やプラスチックバッグに代わるエコバッグ。環境に優しく、しかもとてもファッショナブル!

FEED 100 BAG = 100 school lunches
FEED 100 BAG = Less plastic bags
FEED 100 BAG = Nourished and educated children
FEED 100 BAG = A chance to help end child hunger
FEED 100 BAG = An overall better world!

FEED PROJECTS
http://www.feedprojects.org

– – – – – – – – – – – –
● FEED 1 BAG (子供一人一年分の給食)
http://www.feedprojects.org/feedbag.asp?tid=22
天然黄麻布と有機綿のリバーシブルバッグ。現在すでに四万人分 (四万個) が売られた。購入はAmazon.comから。
http://www.amazon.com/dp/B000M3OP6A

● FEED 100 BAG (ルワンダの子供に給食100食)
http://www.feedprojects.org/feedbag.asp?tid=23

天然黄麻布のケースに収まる有機綿のエコバッグ。
2008年5月1日より、アメリカ全国のWhole Foods Marketで販売開始。
http://media.wholefoodsmarket.com/pr/wf/national/4-29-08feed100bag.aspx

– – – – – – – – – – – –
FEED Foundation
http://www.thefeedfoundation.org

World Food Programme
http://www.wfp.org

WFP 国連世界食料計画
http://www.wfp.or.jp

ブッシュ大統領の姪ローレンのチャリティバッグ
http://www.afpbb.com/fashion/2853408

アメリカで流行のスーパーマーケット、ホールフーズ
http://allabout.co.jp/travel/travelusa/closeup/CU20060221A

Pangea Day

In Activism, Human Rights on 2008/05/11 at 23:52

Pangea Day パンゲア・デー
http://www.pangeaday.org
http://www.youtube.com/pangeaday

4時間の中継を1時間にまとめたハイライトクリップ
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=101

パンゲア・デーは映像を通して世界をひとつにする地球イベントです。なぜ?私たちは、国境や人種や政治の違いで、人間がみな同じ様に持っているものを見失ってしまう世界に生きています。パンゲア・デーはそれを克服するために、世界の人々が自分と同じものを世界の人々の中に見出せるように、映像を通して手助けするイベントです。

パンゲア・デーは世界標準時5月10日午後6時から四時間に渡って行われました。カイロ、キガリ(ルワンダ)、ロンドン、ロスアンジェルス、ムンバイ(インド)、リオデジャネイロが中継で繋がり、短編映画とライブ演奏と参加著名人の講演が行われ、その模様は7カ国語に翻訳され、インターネットやテレビや携帯を通して世界中の何百万もの人々に届きました。

100カ国以上から2500以上応募された作品の中から厳選された24の短編映画が中継されました。選考基準は「他国人の目から見た世界が見る者に伝わり、その心を動かすもの。」ライブ演奏にはQueen Noor of Jordan、Bob Geldof ボブ・ゲルドフ、イラン人の人気ロックバンドHypernovaなどが参加しました。

中継された短編の多くは、現在サイトから見ることが出来ます。映像で心が動かされたら、その内容に関連する市民運動活動に参加することができます。各短編のページには関連団体のサイトが記載され、設置されたフォーラムやイベントリンクなどから個人の意見交換ができます。

Pangea Day: Films
http://www.pangeaday.org/pangeadayFilms.php

現在サイトから見ることが出来る作品

Por Que Lo Hago? (Why I Do It) なぜ僕はやるのか (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=16

Combatants for Peace 平和の闘士 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=73

Dancing Queen ダンシング・クィーン (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=4

Encounter Point 遭遇地点 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=68

I Remember Lebanon レバノンを覚えている (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=7

Inja (Dog) 犬 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=28

L’Homme Sans Tete (Man Without a Head) 頭のない男 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=8

Laughter Club 笑いクラブ (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=69

Meninos (Boys) 少年 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=30

More もっと (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=9

Mutual Recognition 相互認識 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=72

Operation Homecoming: Road Work 帰還計画
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=67

Pale Blue Dot 青い点
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=75

Papiroflexia (Origami) 折り紙 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=10

Sierra Leon’s Refugee All Stars レフュジーオールスターズ (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=12

Sili (The Slap) 平手打ち (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=13

Walleyball 壁越しのバレーボール (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=14

Olympic Torch Protest: Majora Carter, Andrew Michael

In Activism, Human Rights on 2008/04/10 at 23:40


(人権の聖火を手にして壇上に立つMajora Carter マジョラ・カーター)

(司会者)彼女は中国の聖火を片手に掲げながら、チベットの旗を振りました!

(観衆)ありがとう!ありがとう!

(マジョラ)Free Tibet! ありがとう!I love you, too!

(チベット人の司会者から白い布を首にかけてもらうマジョラ)

(マジョラ)素晴らしい栄誉です。どうしてもやり過ごすことができない機会でした。私もこの国の民権運動の活動家です。そして環境問題(地域による差別的な環境汚染)の活動家です。東海岸が本拠地ですが、全国で活動している「Green For All」という団体のために働いています。私にわかるのは、大勢の人々が中国で起こっていることを知らない振りをしていること。オリンピックが開催されるから、人権迫害が起こっていることを知らない振りをしなければならないこと。環境汚染が起こっていない振りをしなければならないこと。でも私たちが声をあげれば、ここにいる人たち、そして世界中のたくさんの人々がはっきりと知ります。ひとつだけ残念なのは、みなさんの国の旗をもう少しだけ長く持っていたかったこと。でも短い瞬間でしたが、満身の思いがこもっています。中国に奪われたあの旗にこめられた思いは、もっともっと大きくなります。そしてきっとうまく行きます。みんな強くいてください。ありがとう!

– – – – – – – – – –
聖火走者、走行中にチベットのためのプロテスト行為を行う

2008年4月9日にサンフランシスコで行われたオリンピック聖火リレーで、二人の走者がチベットでの人権迫害に対する抗議の行動をとった。ニューヨーク在住のマジョラ・カーターと、ベイエリア在住で車椅子で走行したAndrew Michael アンドリュー・マイケル。二人はそれぞれ独自の意思でチベット支持の行動をとった。このクリップはその後で行われた「チベットのためのプロテスト、勝利の式典」でのスピーチ。

– – – – – – – – – –
聖火走者マジョラ・カーターは、Van Ness通りで聖火を渡されるまで隠していたチベットの旗を、聖火を受け取ると同時に出した。旗は即座に奪われ、聖火も取られた。警官はマジョラを列から外し、道路脇の群衆の中に突き飛ばした。

「私はチベットの旗を持っていたんです!中国人の警備員が取り上げました!私はアメリカ市民です、チベットの人々のために行動したいんです、私にはする権利がある!でもその権利が奪われました。」あなたは聖火走者なんですか?「そう、私は聖火走者!平和と正義と自由ための聖火走者です!彼らは私からチベットの旗を盗みました!」‥もう一枚のチベットの旗を出して‥「Free Tibet!! Free Tibet!! 私たちはアメリカ人です!私たちには表現の自由がある!」
http://www.sfgate.com/cgi-bin/object/article?o=1&f=/c/a/2008/04/09/MNDS102IIM.DTL

– – – – – – – – – –
アンドリュー・マイケル

車椅子の聖火走者アンドリュー・マイケルの、聖火を持ちながら挙げた腕のそでに、小さなチベットの旗が見えます。
http://fr.news.yahoo.com/ap/20080409/img/psp-aptopix-olympic-torch-2-f3efe18eaa1d0.html

Olympic Torch Protest in San Francisco

In Activism, Human Rights on 2008/04/07 at 16:32


KRON4 News 4.2.2008
(アナウンサー)サンフランシスコ市議会は(中国オリンピック聖火の受入れに対して)柔軟な案「聖火を歓迎した上で中国政策への反対の姿勢を示す」と強固な案「警告と抵抗運動で聖火を迎える」のどちらかで議論していましたが、強固案が多数の賛同で通過しました。投票の様子を聞いてみましょう。

(議会)賛成8、反対3、強固案通過です。

(アナウンサー)議会の傍聴席を埋め尽くしたプロテストグループはとても喜んでいます。この強固案で具体的に施行されるのは以下の項目です。

Olympic Torch Resolution (by Supervisor Chris Daly)
●Commends protest torch relays
平行して市に到着する「人権の聖火」を称賛歓迎する
●Welcomes torch in spirit of Games
オリンピック精神においての聖火を歓迎する
●Lists pages of alleged atrocities
中国が関与する人権迫害残虐行為を列挙して式典で読み上げる
●Urges Mayor to speak against China
市長が歓迎式典の場で中国への警告スピーチをするよう要請する

市長はスピーチを回避する可能性もありますが、この案の提案者であるChris Dalyクリス・デリー市議員は「沈黙は間違いだ」と主張しています。

(クリス・デリー)聖火が到着する時に、このサンフランシスコで、もし警告や抵抗がなかったら、それもまたニュースになります。サンフランシスコが共犯になります。‥聖火が到着する時、世界はサンフランシスコの立場を知ることになると思います。聖火が通過するルートでもはっきりするはずです。

(アナウンサー)聖火が到着する際、デリー市議員は自分もプロテストの一員になると言っています。が、Gavin Newsom ギャビン・ニューソム市長は「オリンピックには政治は関係ない。中国に抗議する時間は、オリンピックの後にたっぷりとある」と既に述べています。その実、市議会に市長の決断を撤回する票数があるとしても、市長はこの案への署名を聖火到着後に延ばすこともできるのです。

– – – – – – – – – –
中国オリンピック聖火プロテストイベントの一部

Human Rights Torch Rally 人権の聖火
中国の人権迫害行為に抗議する、6大陸40カ国150都市に広がる草の根団体。人権の聖火はオリンピック聖火と平行して各地を周り、4月5日のサンフランシスコの後米国都市を回りながら啓蒙活動を続ける。
http://www.humanrightstorch.org
http://www.youtube.com/watch?v=4m6tU8Fj23o (キャンペーンクリップ)
http://www.youtube.com/watch?v=xGSaisABEZ0 (4月5日SFイベントの模様)

Race For Tibet チベット救済
国際チベット救済団体ICTによるイベント
4月7日月曜7時バークレー大学(討論会)
4月8日火曜6時サンフランシスコ市議会前国連プラザ(スピーチ、エンタテインメント、蝋燭追悼会、参加: Richard Gere リチャード・ギア、Desmond Tutu 大司教デスモンド・ツツ)
http://racefortibet.org/sanfrancisco
http://savetibet.org
http://www.youtube.com/watch?v=McEuyr2VWww (キャンペーンクリップ)

Save Darfur ダルフール救済
全米のダルフール救済団体がサンフランシスコに集まり、中国が加担するダルフールの民族殺戮に抗議する。参加者は聖火と平行してルートを移動する予定。
4月9日水曜午前11時から午後4時
http://www.savedarfur.org/page/content/china_sfevent/

オリンピック聖火ルート地図
http://www.sfgate.com/cgi-bin/object/article?f=/c/a/2008/04/02/BA97VU1VT.DTL&o=0

John Legend: Show Me Campaign

In Human Rights, Music + on 2008/04/03 at 13:47


2007年3月5日、ジョン・レジェンドは西アフリカのガーナを訪れた。そして世界で10億人以上の人々が生きている極貧の現状を見た。

「ここの極貧状態は、アメリカとはどんな比較にもならないよ。アメリカなら最悪の場所でも、スープキッチンで食べられるし、救急で診てもらえるし、道路は舗装されてるし、どこに行っても病院には医者と看護婦がいる。ここの状態は全く違う。ニューヨークタイムズで読んだけど、もしこういう現状を知って、人の生死がほんの少しの行為で変えられることを知った時、何もしないのはモラルへの冒涜だ、何もしないことには弁解の余地はないんだ。食料を送るだけでは解決できない。肥料を送るんだ。そうすれば自分たちで食料が作れる。」

僕はコロンビア大学のJeffrey Sachs ジェフリー・サックス教授の「The End of Poverty 貧困の終焉」を読んで大きな刺激を受けてガーナに来た。この本は僕の中の現実と理想の両方に訴えた。世界の極貧が僕らの世紀で克服できる可能性も理解出来た。それも驚くほど現実的な金額で。

ガーナ訪問は僕の人生を変える体験だった。僕がどれだけ幸運かということ。そして世界の何億の人々に極貧が与える具体的な影響を見ることができた。最低限の医療も受けられない病の子供たち、清潔な飲料水の欠乏、食料がほとんどない家族‥。それらを目撃することは悲しく、自分の無力を感じる。でも彼らの生活の根底を自給自足で向上することは、ほんのわずかなことで実現するんだ。

何万ものアフリカの子供たちはマラリアで命を落とす。たった10ドルのBug Net 蚊帳があれば防げるし、たった2ドルの薬で治せる。10ドルあれば村ひとつ分の肥料が買えて、作物の収穫が格段に上がる。10ドルは僕らに取ってはなんでもない金額だけれど、10ドルで大きく変わる国がたくさんあるんだ。

この子たちは僕らの小さかった頃と同じだ。みんな大きくなっていろんなことが知りたいんだ。この子たちが飲み水を汲みに何マイルも歩かなくていいように、勉強するのに学校で一日何も食べずに過ごさなくていいように、これらはみんな解決できる。Millennium Villages (Project) ミレニアム・ビレッジは人々の生活を変えている。僕は南ウガンダのムンサソで、各村のリーダーたちとタウンホールミーティングを開いた。みんなこのプロジェクトから得た、実際に目に見える変化を伝えてくれた。

ガーナの状況を自分の目で見て、こうして実際に変化を起こすことが出来ることを知って、僕はもっと何かしなければならないと思った。僕のファンも一緒に。僕らのチームは人々の関心と支援金を集めるための「Show Me Campaign ショーミー・キャンペーン」を展開することにした。支援金のターゲットは以下の項目だ。

肥料: 現在作物を作るのが困難な農地に安定した収穫を供給する。村人が自給自足できるようになる。さらに作物を売ることで村の経済を向上することができる。

蚊帳: 毎年何百万人もの子供がマラリアで命を落としている。蚊帳があれば(マラリアを運ぶ蚊を)容易に防げる。

無料学校給食: ほとんどの子供たちにとって、学校での食事が一日の唯一のしっかりした食事だ。無料学校給食によって、子供たちの出席率は100%になる。しっかり食事を取っている子供たちは学業に集中でき、今までにないレベルで向上していくことができる。

安全な飲み水供給地: アフリカの何百万もの人々が汚染された危険な水に頼って生活している。

抗エイズ薬: HIV感染は必ず死に繋がるものではない。アメリカの感染者たちは何年もの間、抗エイズ薬によって病状を管理することができる。アフリカの2400万人の感染者のうち、現在80万人にしか抗エイズ薬を入手する手段がない。

インターネット接続: チームが村を去った後も、村の人々と密な連絡を取り合うことができる。

現地医療: 現在多くの人々が、医療機関に行くために何マイルも歩かなければならず、その上薬が足りないために帰されたり、力つきて命を落としたりする。ミレニアム・ビレッジは、村人がすぐに診てもらえる様に、各村にスタッフの完備した無料医療クリニックを設立する。

ミレニアム・ビレッジの目標はアフリカの人々が向上のはしごを上り始める助けをすること。そうすれば後は自分たちで上り続けることができる。

僕は「Show Me」を、始めは神への祈りとして書いた。こんなに困難に溢れている世界の中で、「命と死」についての神への簡単で正直な質問だった。でも今は思うんだ。この質問は神だけにするものではない。みんなに問う質問だ。そして僕自身に問う質問だ。人の生死を変える力を持っているのに、何もせずただここに座っているなんて。僕にとって何でもない金額が、人の生活を100%変えることができるのに。「Show Me」は質問からアクションの呼びかけの曲に変わった。どんなに胸が痛むか話すことは簡単だ。でも実際に行動を見せる(Show Me)まで、何も起こらない。僕と一緒に、行動しないか?

“We may have different religions, different languages, different colored skin, but we all belong to one human race.” – Kofi Annan
「宗教が違っても、言語が違っても、肌の色が違っても、私たちはみな人類というひとつの民族なんだ。」コフィー・アナン

John Legend’s Show Me Campaign
http://www.showmecampaign.org

John Legend: Show Me
http://www.youtube.com/watch?v=Mmn_3XXoPTM

– – – – – – – – – – – – –
Millennium Villages
http://www.millenniumvillages.org

Millennium Promise
http://www.millenniumpromise.org

ミレニアム・プロミス・ジャパン
http://millenniumpromise.jp

Jeffrey Sachs: The End of Poverty – Economic Possibilities for Our Time
http://www.amazon.com/dp/0143036580
ジェフリー サックス: 貧困の終焉 – 2025年までに世界を変える
http://www.amazon.co.jp/dp/4152087234

日本外務省: 人間の安全保障基金による「アフリカン・ミレニアム・ビレッジ(AMV)第2フェーズ」への支援について (日本語)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h20/3/1178535_904.html

In The Name Of Love: Africa Celebrates U2

In Human Rights, Music + on 2008/04/01 at 14:31

“UNLESS YOU CALL OUT, WHO WILL OPEN THE DOOR?”
「呼びかけなければ、誰が扉を開けるものか?」 エチオピアの諺

U2の音楽はメッセージを伝えています。現在エイズの蔓延に瀕している私たちの国南アフリカに、そのメッセージが強く響きます。

‥アフリカ10カ国から12のアーティストが、U2の名曲をそれぞれの表現で演奏しました。U2の音楽を祝福するだけでなく、アフリカの文化と未来への素晴らしい贈り物です‥

歌手として、世界に知って欲しいのです。私たちは音楽で人々を楽しませると同時に、愛を与えることが出来ることを。

私たちが「Pride – In The Name of Love」を選んだのは、私たちには世界中のどんな人も愛が必要なことを知っているからです。南アフリカ代表のクワイヤ(聖歌隊)として、国として愛を与えること、人として愛を与えること。そして愛を分かち合うことの大事さ、すべての人に愛が必要なことを伝えたいです。‥ソウェト・ゴスペル・クワイヤ / 南アフリカ

困難を抱える人々、葛藤と闘う人々、そんな人々が私たちの音楽を聞けば、きっとまた立ち上がる気持ちになれます。自分も難民だ、彼らも難民だ、難民でもこんなに秀でることができる、そう感じてもらえます。‥レフュジー・オールスターズ / シエラレオネ

私はハイブリッドなんです。私の国の伝統音楽を聞いて育ちましたが、ポップ、ロックンロール、ファンクなどの今の音楽が家では流れています。それぞれ違う音楽が一度に演奏される我が家で感じるのは、音楽は共通の言語だということ、正しく演奏すればはっきりとコミュニケーションができるということ。‥アンジェリック・キジョ / ベニン

‥このCDの収益の一部は、Global Fundに贈られ、アフリカの人々がエイズや結核やマラリアと闘うために使われます。そしてこの音楽は、他のアフリカ救済団体へのインスピレーションにも使われています‥

私はUNICEF、Oxfam、Keep A Child Aliveのための活動をしています。私が書く曲には、彼らの活動と共通する事柄がたくさんあります。私たちにはあまり時間がない、一秒一秒にしっかりと意味を持たせなければ。そして私たちが持っているものすべてを使って活動していかなければなりません。

“AFRICA IS CALLING OUT, WILL YOU OPEN THE DOOR?”
「アフリカが呼んでいる、あなたは扉を開けますか?」

IN THE NAME OF LOVE:
AFRICA CELEBRATES U2
africacelebratesu2.com
myspace.com/africacelebratesU2
amazon.com/dp/B0013PVGL8

2008年4月1日、Shout! Factoryより発売

全曲、このアルバムのために録音されました。ブックレットには、各アーティストの出身国、アフリカ各国の地理、独立年月日、人口、産業、現在の問題、近年に行われた対策などの情報が満載されています。

1. Angelique Kidjo “Mysterious Ways”
2. Vieux Farka Touré “Bullet The Blue Sky”
3. Ba Cissoko “Sunday Bloody Sunday”
4. Vusi Mahlasela “Sometimes You Can’t Make It On Your Own”
5. Tony Allen “Where The Streets Have No Name”
6. Cheikh Lo “I Still Haven’t Found What I’m Looking For”
7. Keziah Jones “One”
8. Les Nubians “With Or Without You”
9. Soweto Gospel Choir “Pride (In The Name Of Love)”
10. Sierra Leone’s Refugee All Stars “Seconds”
11. African Underground All-Stars Featuring Chosan, Optimus & Iyeoka “Desire”
12. Waldemar Bastos “Love Is Blindness”

– – – – – – – – – –
Sierra Leone Refugee All Stars play U2’s ‘Seconds’
youtube.com/watch?v=nDOti2_0gbI

Vieux Farka Toure plays U2’s ‘Bullet the Blue Sky’
youtube.com/watch?v=hSjXdbALlxc

The Global Fund / 世界エイズ・結核・マラリア対策基金
TheGlobalFund.org

13 Grandmothers

In Environment, Human Rights, Native American on 2007/11/01 at 08:29


‥2004年10月、イロコイ族の故郷ニューヨーク州フェニシアで、歴史的な会合が開かれた。何千年も昔の祖先の予言に従って、世界中から13人の先住民族おばあちゃんが集まった。予言は伝える「人類の歴史で最も重要な時が来る。もし今私たちが道を変えなければ、悲劇がやってくる」予言はさらに伝える「この時、おばあちゃんたちが現れて集まり、私たちの道を照らしてくれる」予言の通りにおばあちゃんたちは現れた‥

13人のおばあちゃん、連盟宣言

私たち13人の先住民族おばあちゃんは、2004年10月11日から17日の間、ニューヨーク州フェニシアに集まりました。イロコイ連邦の東西南北から、アリゾナ熱帯雨林から、北アメリカ北極圏から、アメリカ北西原生林から、北アメリカ大地から、中央アメリカ高地から、サウスダコタの「黒い丘」から、オアハカ山地から、アメリカ南西砂漠から、チベット山岳地から、中央アフリカ熱帯雨林から。

世界中のコミュニティーに広がる伝統的なメディシン・ピープル(知恵者、治癒者)がお互いを確認し合い、共通の視野で新しい世界連盟を作るために、ひとつの場所に集まりました。

私たちは13人の先住民族おばあちゃんによる国際連盟です。私たちはひとつに団結しました。母なる地球のために、そしてそこに住むすべての生き物と、7代先までの子供たちのために、祈りと教育と治癒を行うための連盟です。

私たちは母なる大地に今まで訪れたことのない様な破壊、私たちの空気や大地の汚染、残虐な戦争、世界に蔓延する貧困、核兵器と核廃棄物、物質文化の高騰、地球の民の健康を脅かす流行、先住民族の知恵の破壊、先住民族の生活様式の破壊、それらを深く考え心配しています。

私たちは13人の先住民族おばあちゃんによる国際連盟です。私たちは、祖先から伝えられた祈りや、平和を保つ方法、ヒーリングの方法が、現在の地球に強く求められていると信じます。私たちは子供たちを育成し、教育し、訓練するために集まりました。私たちは子供たちが伝統儀式を受け継ぎ、法律で規制されずに薬草を治癒に使う権利を確立するために集まりました。私たちは、私たちの民が住み、文化が根付いている土地を守るために、伝統メディシンを守るために、そして地球そのものを守るために、集まりました。私たちは、この知恵を伝えることで、不確かな未来に光を投げかけることができると信じています。

私たちは「創造者」を讃える人々すべてに参加します。そして私たちの子供たちのために、世界平和のために、母なる地球の治癒のために、働き祈る人々に参加します。

13人のおばあちゃん
アーマ・ボンボ(タマング族ネパール)、マーガレット・ベハン(アラパホ族アメリカ)、リタ・ピトゥカ・ブルメンステイン(ユピク族アメリカ)、ジュリエタ・カシミロ(マザテク族メキシコ)、マリア・アリス・カンポス・フレイレ(ブラジルアマゾン)、フローデマヨ(マヤン族アメリカ)、ツェリング・ドルマ・グヤルトング(チベット)、ビアトリス・ロング・ビジター・ホーリー・ダンス(ラコタ族アメリカ)、アグネス・ベーカー・ピルグリム(タケルマ族アメリカ)、モナ・ポラッカ(ホピ族アメリカ)、バーナデッテ・レビエノット(オミエン族アフリカ)、クララ・シノブ・ルラ(ブラジルアマゾン)

13人のおばあちゃんの活動
2004年秋、ニューヨーク州で連盟結成
2005年春、ニューメキシコ州で第二回集結と会議
2005年夏、ブラジルアマゾンおばあちゃんとアフリカおばあちゃんの交流
2006年春、メキシコで第三回集結と会議
2006年秋、インドで第四回集結と会議、ダライ・ラマと会う
2007年春、サウスダコタ州で第五回集結と会議
2008年秋、アフリカで第六回集結と会議予定

13人の先住民おばあちゃん国際連盟
GrandmothersCouncil.com

– – – – – – – – –
13人のおばあちゃんの本
Grandmothers Counsel the World
amazon.com/dp/1590302931

13人のおばあちゃんのドキュメンタリー映画、現在製作中!
For The Next 7 Generations: The Grandmothers Speak
ForTheNext7Generations.com

Darfur Now, Solar Cooker Project

In Human Rights on 2007/10/22 at 06:22

ジョージ・クルーニー「彼らが死なないためには、なにをしたらいいんだ?」

2004年米国政府は、ダルフールの虐殺を民族殺戮行為(genocide)であると認定しました。死者20万人以上、難民250万人‥。

「意図的に一般民がターゲットにされているのです。女性はレイプされ、村落は爆破され‥」

三年後、殺戮は未だに続いている。

アダム・スターリング(活動家)「歴史の数々のことから、そしてナチドイツから学んだこと。今同じことが起こっていて、過去の教訓から正しいことをすべき時なのに、まったくなにもできていない!」

ドン・チードル「時間がありません。切実です。いますぐ行動を起こさなければなりません。」

ルイ・モレノ・オカンポ(国際検察官)「私の指名はダルフールにおける最も大きな犯罪を調査して告発することです。」

パブロ・レカルド(博愛主義者)「私は人命を救うために食料を供給します。私の人間としての義務です。」

街頭でチラシを配るアダム「ダルフールの民族殺戮のことを知っていますか?」通り過ぎる人々「ごめん、時間がないんだ‥」

議会に出向くアダム「私たちの税金が民族殺戮を援助する事に使われていないように、しっかりと確認しなければいけません。」

中国とエジプトはスーダンの最も大きな貿易相手だ。

ドン・チードル「ジョージ・クルーニーからemailが来て、中国とエジプトへ行くと言うんだ。」

同行したドンとジョージの記者会見「今回の目的は政治的な手順ではありません。人命を救うことが一番の目的です。」

変化は普通の人々から始まる。普通の人々が起こす、普通でない素晴らしいこと。それが変化に繋がる。

記者会見でのモレノ・オカンポ検察官「検察は審議の結果、アーメド・ハルーンとアリ・コシェイブに、人権犯罪と戦争犯罪においての罪があるという結論に達しました。」

ボランティア事務所のボランティア「出来る限り頑張ります!」ドン「よっしゃ!頼むよ!」

アダムの活動が認められたカリフォルニア州知事シュワルツネッガー記者会見「私ははっきりと表明します。殺人や民族殺戮は許しません。」

アダム・スターリング「変えることが出来る!行動の連結で」

FEED(食料供給)PROTECT(保護)ACT(活動)HELP(救助)SAVE(救済)DARFUR NOW(ダルフールを、今)

– – – – – – – –
「DARFUR NOW」は人権の歴史上最も暗い年月の中での希望の物語です。スーダンのダルフールで起こっている惨事を止めるために、世界の人々に呼びかける作品です。ダルフールで、そして世界の各地で、それぞれのやり方で惨事を止めようとする6人の人間。彼らの活動を通して、一人の人間のアクションが何百万人もの人間に影響を与え、変化をもたらすことを描いています。

米国11.2公開。DARFUR NOW
myspace.com/darfurnow
participate.net/darfurnow

ソーラー・クッカー・プロジェクト Solar Cooker Project

スーダンのチャドの難民キャンプの女性たちは、レイプや暴行の危険を侵して、薪を集める作業をしています。この危険を少しでも減らすために、米国の市民団体がソーラー・クッカーを送る活動をしています。これがあれば、薪がなくても、太陽熱で料理をすることが出来ます。30ドルで、ソーラー・クッカー2つ、鍋2つ、備品、使い方のトレーニングを与えることが出来ます。

「DARFUR NOW」提携プロジェクトです。
jewishworldwatch.org (Solar Cooker Project)

Fugees, The Soccer Team

In Human Rights on 2007/10/18 at 08:25


外国の生活に慣れるということは大変なことです。まして自分が子供で、家族で国の戦争や虐殺から逃れて来て、異国の地では自分たちのことを理解してくれる人がいないとしたら、その辛さはどんなものでしょう。ジョージア州アトランタ近郊に、こんな子供たちをスポーツで団結させ、共通の目的のために育てて行こうというプログラムがあります。

これは普通のサッカーチームではありません。よく見て下さい。彼らは18ヶ国からの難民です。ボズニア、ロワンダ、コンゴ、スーダン、イラク、アフガニスタン、ケニア‥。コーチはヨルダン出身。チームの名前は「Fugees フージーズ/難民チーム」。

コーチ、ルマ・マフラ「新しい国にとけ込めない気持ちはよくわかります。サッカーは私の人生にも大事なものです。スポーツとしての魅力、そしてチームの一員であるという気持ち。」

コーチ、ルマ・マフラは2004年の夏にこのチームを結成しました。四カ国語で書いたポスターをクラークストンの街に貼って、選手を募集しました。クラークストンには多数の難民が住んでいます。戦争、極貧、民族浄化を逃れてアメリカに来た人々。アメリカの言葉すら知らずに。でもみんなサッカーは知っていました。

コーチ、ルマ・マフラ「私はサッカーを使って、彼らにいろいろなことをさせます。そして彼らもサッカーを使って、私を動かします。サッカーをする‥という以上のことなんです。子供たちの家々を回って宿題を手伝ったり、公園でボランティアを募ったり。」

リベリアから逃れて来た少年カーヌー・ビアにとって、フージーズは家族の様な存在です。

カーヌー・ビア「ルマはただのコーチじゃない、僕らのお母さんです。学校をさぼったら、サッカーはさせてくれない。プレイしたければ、しっかり勉強しなければならない。ルマは教育はとても大事だと教えてくれます。」

フージーズにとって練習場や費用の確保は大変でした。そんな時、ニューヨーク・タイムズの一面にフージーズのことが書かれたのです。すると洪水のように関心をよせる知らせが届きました。映画化の話まで。完成時にはフージーズに、200万ドル以上が与えられるのです。

コーチ、ルマ・マフラ「驚きました。世界中から4000通のemail、全国からの手紙。サポートの気持ちにほんとうに感動しました。そして映画化なんて!」

コーチ、ルマ・マフラは、フージーズの少年たちの明るい未来を察知しています。

コーチ、ルマ・マフラ「私はずっとしっかり彼らの指導をしたいです。彼らが大学に行けるように。それが私のゴールです。」

勝利のゴール‥世界共通語です。

Fugeesオフィシャルページ: FugeesFamily.org

ESPNミニドキュメンタリー

The New York Times記事

Stand Up Speak Out 10.17

In Human Rights on 2007/10/17 at 06:41


2007年、南アフリカ共和国ソウェトの学校にて:

教師:歴史の中で、たくさんの人々が自由、正義、平等のために立ち上がりました。社会運動は、人々が立ち上がって声を上げた時に起こりました。キング牧師とガンディーは、不平等の現実から、けして目をそらしませんでした。ヨーロッパでは女性たちが権利のためにマーチをしました。歴史が教えてくれます。人々が一緒に立ち上がれば、世界を変えることが出来ることを。

(一人の女子生徒が外にいる少女を見ている。学校に行けず働かされている少女)

生徒:先生、僕たちには何が出来るのですか?

(真剣に問い詰める教室中の生徒に、教師は戸惑っている)
(女子生徒は外に出て行き、その少女を教室に連れて来る)

女子生徒:彼女はミリム。私たちのクラスに参加したいそうです。

(教室中の生徒が立ち上がり、歓迎する)

開発国の6000万人の少女たちは学校に行っていない。毎日5万人の人々が極貧のために死んでいる。開発国は毎年、援助金の金額を上回る負債額を払わなければならない。このような状態である必要はない。2000年、世界の指導者たちが集まって、世界貧困を半分に減らそうという目標を立てた。この約束をしっかり守ってもらおう。人々は世界を変えて来たのだ。南ア解放運動、インド独立運動、アメリカ民権運動。私たちにもできる。

女子生徒:私たちは立ち上がります。一緒に立ち上がってくれる人はいますか?

Stand Up Speak Out: StandAgainstPoverty.org

WhiteBand.org

– – – – – – – – –


貧困へAction! 2007年STAND UPは10/17-乙黒えり直前リポ (Japan)

10月17日18日、貧困をなくすために立ち上がり、ギネス記録を更新しよう!

世界の指導者189名が、国連の場で2015年までに貧困を半減するなどと約束した「ミレニアム開発目標(MDGs)」。この約束を各国政府に確実に守ってもらいたいという意思を明確に表示するために、世界中の人々が立ち上がり(Stand Up)貧困をなくすために声を上げ(Speak Out)その数でギネス記録に挑戦するという、グローバルイベントです。昨年は、世界で2350万人の人々が立ち上がり、ギネス記録を打ち立てました。

どこにいても、二人以上集まれば参加出来ます。ギネス記録に正式に加算されるための参加方法が、サイトに記載されています。

Stand Up Speak Out参加方法(日本)

キャンペーンイメージクリップ。とってもいい感じ♪
Will You Stand Up Against Poverty?

Free Burma!

In Human Rights on 2007/10/04 at 00:00

Free Burma!

10.4 ビルマにささげるインターナショナル・ブロガーズ・ディ

FREE BURMA! ビルマに自由を!
www2.free-burma.org

Jim Carrey, Michael Stipe, Aung San Suu Kyi

In Human Rights on 2007/10/03 at 07:25


僕のヒーローのことをお話ししましょう。彼女の名前はアン・サン・スー・チー。彼女はアジアの人権と良心のチャンピオンです。困難な生活を送る人々の希望です。そして世界でたった一人の、監禁されたノーベル賞受賞者です。彼女は祖国議会の82%の支持を受けたにもかかわらず、軍事政権によって11年間自宅軟禁されています。その軍事政権は東ビルマで三千の村落を破壊し、150万人の住民から家を奪いました。何千もの女性をレイプし、世界のどの国よりも多く子供兵を使用しています。

彼女は現代のガンジー、ネルソン・マンデラ、と言われていますが、アメリカではアン・サンのことはあまり知られていません。もっともです。覚えにくい名前ですから。僕はこうやって覚えました。「アン・サン」は「unsung」に似ています。Unsung Hero、詩歌によってほめたたえられない、知られざる英雄‥のunsung。アン・サン・スー・チーは真の知られざる英雄です。

アン・サン・スー・チーとビルマの人々を救うキャンペーンにどうぞ参加してください。The Human Rights Action CenterU.S. Campaign for Burmaに、どうぞ参加してください。一緒に頑張れば「人間愛」がきっと見つかります。


1990年ビルマで、民主主義に基づいて圧倒的な数の人々が、アン・サン・スー・チーが祖国の指導者となることに投票しました。ビルマの軍事政権は、自国民によるこの投票結果をけして認めませんでした。

40万の兵力を持つ軍事政権が、なぜたった一人の女性をこれほどまでに恐れるのでしょう?彼女が選択の自由を実現するから?発言の自由を実現するから?そして彼女は統制できない武器「教育」を育成するかもしれない。最悪な事態として、彼女は「自由」「正義」「希望」をもたらすかもしれない。

2003年5月30日、アン・サン・スー・チーは軍隊によって逮捕され、自宅軟禁されています。

‥投獄されました。いつまた投獄されるかわかりません。でもけして諦めません。若い人々は私たちに期待し信頼しています。彼らに未来を与えるために。できることはすべてしなければ。逆境にあっても‥

アン・サン・スー・チーを支援しましょう。ビルマに自由を!あなたの心に自由を!

The Human Rights Action Center
U.S. Campaign for Burma
YouTube.com/uscampaignforburma

Tear Down Guantánamo Bay

In Anti-War, Human Rights on 2007/09/29 at 05:58


オリバー・ストーン、アムネスティーUSAメンバー

私が信じるアメリカは、人々を拷問をしません。罪状のない人を拘留しません。正規の裁判なしに、希望のない、終わりのない、投獄はしません。私が信じるアメリカは、通りで人々を誘拐し、見知らぬ国へ輸送しません。囚人への暴行を許しません。囚人への暴行への責任がある政府高官を許しません。秘密の監獄の存在を認めません。人々の基本的な人権の尊厳を奪いません。

どうかアムネスティーと一緒に、あなたの信じるアメリカを取り戻すアクションに参加して下さい。www.tearitdown.orgを訪ねて下さい。ありがとう。

You Can Tear Down Guantanamo Bay. One Pixel At A Time. グアンタナモ収容所を崩そう。1ピクセルづつ。
TearItDown.org

署名して下さい。1署名につき1ピクセル。ピクセルを手に入れて、画面から決して下さい。すべてのピクセルがこのグアンタナモ収容所の写真画面からなくなった時、署名の総数は50万に達します。50万の署名は、グアンタナモ収容所を崩すことを実現する「力」です。

「LET’S TEAR IT DOWN」をクリックすると、現在までの署名数がカウントアップされ、その数のピクセルが画面上で黒くなって表示されます。次に、あなたの署名に当たるピクセルの場所が現れ、署名フォームが表示されます。署名が完了すると、再びグアンタナモ収容所の写真が現れ、ピクセルを所有する人の名前がランダムに表示されます。

アムネスティーは、私たちにはグアンタナモ収容所を崩すことができると信じます。ピクセルのひとつひとつが、人ひとりひとりの力を示します。人間の価値と正当な法を無視したグアンタナモ収容所をなくすための「力」です。

Shock Doctrine

In Anti-War, Human Rights on 2007/09/22 at 08:16


★注意★40年代の精神病棟や電気ショック治療の場面、CIAの拷問マニュアル図解など、残酷な映像が多数含まれていますので、ご注意下さい。

このクリップは、ナオミ・クラインと「Children of Menトゥモローワールド」の監督アルフォンソ・キュアロンが製作した約7分の短編です。クラインの新刊書「ショック・ドクトリン」の内容を、視覚的にまとめています。現在この短編は、クラインのオフィシャルサイト、YouTubeオフィシャルで公開されています。

Shock Doctrine
YouTube: Shock Doctorine

– – – – – – – – – – – – – – –
Democracy Now! 2007年9月17日特集
「ショック・ドクトリン」ジャーナリスト、ナオミ・クラインが語る、惨事活用型資本主義の勃興

ピノチェトによるチリの軍事クーデター、天安門事件、ソ連崩壊、米国同時多発テロ事件、イラク戦争、アジアの津波被害、そしてハリケーン・カトリーナ。世界を変えたこれらの出来事を、調査報道ジャーナリストのナオミ・クラインが新著The Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism(ショック・ドクトリン:惨事活用型資本主義の勃興)でまとめました。

クラインは著書の中で「現代の自由市場の歴史はショックの中で塗り替えられてきた」と述べ、さらに次のように論じています。「過去35年で最も恥ずべき人権侵害のいくつかは、とかく反民主主義的な体制によるサディスト的行動と見られがちだが、実は民衆を震え上がらせるために綿密に計画され、急進的な自由市場改革のための素地作りに利用されてきたのである」。

– – – – – – – – – – – – – – –
オフィシャルサイトより:

「ショック・ドクトリン」を書くための調査で明確になった事柄は、あまりにも驚きで啓示的でした。この発見と体験を出来る限り多くの人々に伝えたい衝動にかられています。このサイトは本書と併設された「生きた情報」サイトです。読者のみなさん、特に教育者や学生のみなさんに活用していただきたいです。深い理解を得、そして自分の目でその証拠を見て下さい。- ナオミ・クライン

– – – – – – – – – – – – – – –
この本はきっと近いうちに日本でも出版されると思います。その時に、ぜひ参考にしてください。この赤いピルはとても苦かったです。ピルが消化できなくて、こんな一文を見つけました。

The Huffington Post: Jane Smiley

クラインは本書を希望的な一文で締めくくっている。「チリやレバノンなど多くの場所で、人々はこれらの経験から学んだ。用心深くなった。ブッシュの一軍と自国の統治階級が与える『ショック』への耐久力ができた。惨事資本主義に何十年も耐えて来た結果、彼らは自身の利益についての理解を深め、容易に操ることができなくなった。私は希望的観測を持ちたい。」問題なのはブッシュとチェイニーがどこまでやり続けようとしているか?ということだ。そして誰かそれを止めようとする者がいるのか?

24 Hours for Darfur

In Human Rights on 2007/09/14 at 06:57


この5年間、25万人がダルフール集団殺戮で死にました。250万人が家を追われて難民になりました。現在、この一分間に何が起こるでしょうか?村がスーダン軍の無差別爆撃で破壊されるかもしれません。人々が政府側の義勇軍に殺されるかもしれません。薪を探している女性がレイプされるかもしれません。この一分間、他に何が起こるでしょうか?

黒人女性:行動できます!何万という人がすでに亡くなっているのです!

この一分間で、あなたのメッセージをビデオに撮って、あなたの代表議員に送ることが出来ます。集団殺戮に反対しましょう。あなたの声を、地球の動きに貸して下さい。

白人老人:人類愛に対する迫害は、このネットコミ二ケーション時代には、はびこり続けることは出来ないはずじゃ!

– – – – – – – – – – – –
「24 Hours for Darfur ダルフールのための24時間」は、世界規模のダルフール集団殺戮反対キャンペーンです。殺戮即時停止を求める声のビデオを、署名として世界各地の政治家に送ります。そしてすべての映像をニューヨークの国連ビルの外で映写します。9月16日日曜です。この日は国連ビル前で集会も開催されます。

ウェブカムで撮ったクリップは、そのままオフィシャルサイトに直接載せることができます。ビデオカメラで撮ったクリップはアップロードすることができます。もし何を言っていいかわからないと感じたら、サイトの資料やガイドラインを参考にしてください。メッセージは個人的であればあるほど有効です。

すでにたくさんの人がクリップをアップしています。
24hoursfordarfur.org/videos
youtube.com/24hoursfordarfur

Confessions of an Economic Hit Man

In Human Rights on 2007/09/11 at 05:06


(イメージを二度クリックすると、YouTubeページが開きます)

ジョン・パーキンスです。世界を変えるために努力しています。現在世界は、たくさんの文化社会が予言してきた「変化」のステージに入りました。私たちはこの世界を、新しいレベルの意識に基づいて、大きく変える可能性を持っています。

新しい意識のひとつは、私たちが住む世界がとても小さなものであることを認識することです。ひとつの小さな社会なのです。ですからナイジェリア、エチオピア、フィリピン、インドネシア、ブラジル、ボリビアなどの世界の子供たちがみな、安定して自給自足のとれた平和な世界では生きられるようでなければ、私の23歳の娘は安定して自給自足のとれた平和な世界で生きることはできません。

世界は小さな社会です。ともに努力していかなければなりません。そして資源や情報源を共有しなければなりません。そしてそれを実現するためには、意識の改革が必要です。お互いの関係を理解すること。そして私たちが買うすべての物が世界の人々に影響を与えることを認識すること。私たちが消費するものすべてが、世界の人々に影響すること。

現在私たちは予言されて来た「変化」のステージに入りました。変化への機会が与えられた時代です。しかし、この機会を使うのは私たちです。私たち一人一人が、この世界の密接な関係、すべての生きる人や動物の関係を認識し、共に努力していかなければないません。すべての大陸、すべての国、すべての遠隔地の子供たちが、私たちが現在成し遂げることを、将来誇りに思うように。

(このクリップはジョン・パーキンスが所属する団体のひとつ、Omega Instituteによって制作されています。Omega Instituteは精神文化を通じて心と体の健康と向上を進める教育機関です。)
Omega Institute: John Perkins

– – – – – – – – – – – –
Democracy Now! JAPAN
(サイトには日本語字幕付きのインタヴュークリップがあります)

ジョン・パーキンス John Perkins, 1971年から81年まで国際コンサルタント会社Chas T. Mainのチーフ・エコノミストをつとめた。退職後に出版した回想録Confessions of an Economic Hit Man: How the US Uses Globalization to Cheat Poor Countries Out of Trillions(エコノミック・ヒットマンの告白:グローバリゼーションを利用して貧国から巨万の富を巻き上げてきた米国の手口)で、この時期の自分の役割は米国諜報機関と多国籍企業の手先であり、「経済の刺客」として第三世界の指導者たちをかどわかし、自国民を犠牲にして米国企業を優遇する経済政策をとらせてきたと告白した。最近その続編The Secret History of the American Empire: Eonomic Hit Men, Jackals, and the Truth about Global Corruption(アメリカ帝国秘史 経済刺客、ジャッカル、グローバルな腐敗の真相)が出版された。

– – – – – – – – – – – –
Economic Hit Man Study Group Guidelines
(ジョン・パーキンスの現在の活動拠点「Dream Change」では、「エコノミック・ヒットマンの告白」をテキストにした学習会を提唱しています。)

「エコノミック・ヒットマンの告白」は現実に国際経済で起こっている腐敗と、アメリカの帝国主義の横行を暴いています。本の最後にジョンが提唱しているのは、この本の内容がいかに私たちの生活に影響しているかを知り、もっと人道的で公正な世界を作るにはどうしたらいいかを考える機会を持とうということです。家族内で、図書館や教会、書店やカフェなどの小グループでの学習会の行い方の例も示されています。

各自が自分の結論を出すのが目的ですが、ジョン・パーキンス自身が提案する具体的な項目もあります。

●買物をする行為を、読書やエクササイズに取り替えよう。
●石油を含めて、物質の消費を減らそう。
●以上の項目で浮いた金額を、自分の賛同する活動団体に寄付しよう。
●家、衣類、車、会社などを縮小しよう。
●「自由貿易」に反対し、スウェットショップなど人権無視や環境破壊をしている会社に反対しよう。