YouTubeから聞こえるアメリカの声

Archive for the ‘Health Care’ Category

俺たちゃなんと37位、天下のUSA(どうなってんの健康保険ソング)

In Activism, Health Care, Music + on 2009/09/15 at 19:35


Come one, come all, down to the hall
ようようみんな、公民館に来なよ
Were gonna make noise, were gonna bust balls
騒ぎを起こすぜ、蹴りを入れるぜ
Were gonna disrupt, were gonna jump in the fray
ぶちこわすんだ、喧嘩は買うぜ
I got a list of all the things that were supposed to say
言いたいことは山ほどあるんだ
We’re gonna get real rowdy, have a barrel of fun
大声あげて、痛快に行こう
But were the USA so by the way be sure to bring a gun
And buddy
だけど俺たちゃアメリカ人、銃はしっかり持って来な

We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA
We’re Number 37, and were so proud to say
俺たちゃなんと37位、胸を張って宣言だ
We got old people crying at the pharmacy, pay your deductible
薬屋じゃ年寄りが泣いてる、自己負担分は払えってさ
This ain’t the land of the f-f-f-free Grandma
ばあちゃん、ここはフリーの国じゃないんだぜ
We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA

People of the town come on down
ようようみんな、集まろうぜ
And if you got a crazy rumor you can spread it around
飛んでもない噂は、どんどん広げようぜ
I kind of like my insurance and I like my health
俺は自分の保険に満足だし、身体もピンピンしてる
The other 47 million can go treat themselves
4700万人のみなさんは、ご自分で好きなように
To some prayer in chapel, hold your hands and pray
教会で手に手を取って、祈ればいいじゃん
Because we are a Christian nation and that is the Christian way
And brother
キリスト教の国なんだし、それがクリスチャンってもんよ

We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA
The big Number 37, and we’re so proud to say
俺たちゃなんと37位、胸を張って宣言だ
We’re #1 one in tanks, were #1 in planes
戦車じゃ一位、戦闘機も一位
We’re #1 in war with #2 for brains
二番手のおつむで戦争も一位
We’re Number 37, we’re the USA
だけど俺たちゃ37位、天下のUSA

I drew a Hitler mustache on the president
大統領にヒットラー髭描いちゃったぜ
Yea! Aint that neat
いかすだろ?
My brother had a hernia operation last year
兄貴は去年ヘルニアの手術して
And now he’s living out on the street
お陰で今じゃホームレス

We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA
The big Number 37, and we want to keep it that way
俺たちゃなんと37位、ずっと確保したいもんだぜ
Be sure to bring the kids, all of the boys and girls
おっと忘れるな、子供も連れといで
Because the #1 health care system in the world…
だってなんたって健康保険一位の国は..
Is in France???
なぬ?フランスかい??

We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA
We’re Number 37, and we got something to say
俺たちゃなんと37位、言いたいことが山ほどあるぜ
We pay more for less, 40% in fact
金ばっかりとられて中身は半分以下、厳密には40%だと
Lets bite some fingers off, shout at the handicapped
指を噛みちぎったって、障害者だってなんだって
Cause buddy, we’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA

We’re Number 37, we’re the USA
We’re Number 37, we’re the USA

– – – – – – – –
Paul Hipp / ポール・ヒップ
新譜「BLOG OF WAR」

「ポール・ヒップはとんでもない才能の持ち主よ。賢くて可笑しくて政治に鋭くて、文才も曲作りもミュージシャンとしても最高、それになんていい男!嫉妬するくらい大好き。新譜『戦争ブログ』は風刺たっぷりで大笑いしちゃうけど、でも深い感動を与えてくれる。かっこよく爆発してる彼。もしジョナサン・スウィフトとブルース・スプリングスティーンが一緒にアルバムを作ったら、きっとこんな感じになるわね。」- アリアナ・ハフィントン

http://www.paulhipp.com
http://www.myspace.com/paulhipp
http://www.youtube.com/user/paulhipp

広告

上院議員テッド(エドワード)・ケネディー

In Civil Rights, Health Care, Politics on 2009/08/28 at 00:38


Tribute to Senator Ted Kennedy from the 2008 Democratic National Convention
2008年民主党全国大会での上院議員テッド(エドワード)・ケネディー紹介クリップ
(0:00 – 2:40)

(Edward Kennedy) The sea for me has always been a metaphor of life. I mean the sea is a constantly evolving, changing, shifting aspect of both nature and of life.  That sort of exposure to the sea is both enriching and enhancing, and it’s fun.
(エドワード・ケネディー) 私にとって海は、人生の例えだ。常に変化し、揺れ続ける。自然も人生も。そんな気持ちで海にいると、心が豊かになるし、なにしろ楽しい。

(Vicki Kennedy) The sea, the wind, the outdoors, it is the most renewing, healing place for him and always has been.
(妻ヴィッキー・ケネディー) 海、風、自然.. それらはいつも夫を癒し、新しいエネルギーを与えてくれます。

(Sen. John Kerry) He loves getting out sailing. I think he’s never more in peace, and perhaps in some ways never more in touch with his families and his roots and his brothers when he’s out sailing.
(ジョン・ケリー上院議員) 彼はヨットをこよなく愛しています。きっとヨットに乗っている時、一番心の平安を得られ、家族との繋がりを確かめられるのだと思います。子供の頃のことや兄たちとのことを、しっかり思い出せるからだと思います。

(Edward Kennedy) I grew up in a family that wanted to achieve in a sense of making a difference in people’s lives.
(エドワード・ケネディー) 人々の人生を良い方に変えることに価値を置く、そんな家族の中で私は育ったんだ。

(Sen. John Kerry) I know that Ted Kennedy has always been unbelievably sensitive to the accomplishes of his brothers. They were his inspirations.
(ジョン・ケリー上院議員) 彼はいつも兄たちの功績にとても敬意を評していました。彼にとって兄たちは、とても影響力がある存在でした。

(Rep. John Lewis) He has a legacy. He’s done his best to pick up his two brothers left off.
(ジョン・ルイス下院議員) 彼には大きな遺産があります。兄たちがやり残したことを達成しようと、彼は最善を尽くして来ました。

(Edward Kennedy 1968) Like my three brothers before me, I pick up a fallen standard, sustained by their memory of our priceless years together. I shall strive to carry forward that special commitment to justice, to excellence, and courage that distinguished their lives.
(エドワード・ケネディー、1968年のスピーチ) 軌跡を築いた三人の兄たちのように、私も今日その道を選ぼう。共に過ごした掛け替えのない記憶に支えられて。その意思を次いで私は前進する。彼らが身を以て追従した、正義と勇気に向かって。

(Rep. John Lewis) He championed the cause of those who’ve been left out. The poor, the elderly, the children, those without education..
(ジョン・ルイス下院議員) 彼は社会から取り残された人々のために、大きな成果をあげました。貧しい人々、老人たち、子供たち、教育を得ることが出来ない人々のために。

(Vicki Kennedy) With brought up to believe that to those who’s much given, much required. But it’s really bigger than that. He really feels a moral obligation to do everything possible to make this world a better place.
(妻ヴィッキー・ケネディー) 夫は生まれた時から、社会に尽くすことが要求された環境でした。でももっと大きなことなのです。夫は心から、世界をより良く変えるためにできることをすべてしなければならない、という使命感を持っています。

(Rep. John Lewis) I’ve heard Sen. Kennedy said in many occasions that ‘Health Care is not privilege, it is right.’
(ジョン・ルイス下院議員) ケネディー上院議員が何度もこう言っているのを聞きました「医療は特権ではない、市民の権利なのだ」

(Edward Kennedy 1980) Long as I have a voice in the United States Senate, it’s going to be for that Democratic platform plank that provides decent quality health care for North and South, East and West, for all of America, as a matter of right and not privilege..
(エドワード・ケネディー、1980年のスピーチ) 合衆国上院議員としての声がある限り、私は主張し続ける。民主主義の基盤はしっかりとした医療をすべての市民に提供することだと。北から南、東から西、アメリカ全土で。医療は特権ではなく権利なのだ。

(Sen. John Kerry) Because of Ted Kennedy, people have things today, they are able to do things today, they are able to reach for American dream in the way they were never imagined.
(ジョン・ケリー上院議員) テッド・ケネディーの功績で、私たちは今、多くのことができる。アメリカン・ドリームを実現できる。昔は想像もできなかったようなことが。

オフィシャルサイト
http://www.tedkennedy.org
http://www.youtube.com/tedkennedy

HBOドキュメンタリー
TEDDY: In His Own Words

http://www.hbo.com/docs/docuseries/teddy

プラダー・ウィリー症候群のチャリティーコンサート:ニック・ロウ、ジム・ケルトナー、ライ・クーダー、エルヴィス・コステロ

In Health Care, Music + on 2009/06/21 at 23:50

リチャード・デローン・プロジェクト
Richard de Lone Special Housing Project

http://www.rdshp.org

Hello! Welcome to my site
The Richard de Lone Special Housing Project is a nonprofit agency with the mission of providing a state-of-the-art residential group home setting in Marin County, California, capable of serving both children and adults with Prader-Willi Syndrome and utilizing best practice techniques to serve the Prader-Willi population. By extension, we hope to be able to benefit all people who need to live in special care facilities.
ハロー!僕のサイトへようこそ!
リチャード・デローン・スペシャルハウジングプロジェクトは、カリフォルニアのマリンカウンティーに、プラダー・ウィリー症候群を持つ子供や大人が楽に住めるグループ・ホームを作るプロジェクトです。現在得られる最高の知識や技術を馳駆して、プラダー・ウィリー症候群を持つすべての人々のために尽くすのが目的です。そしてもっと広く、特別な環境を必要とするすべての人々のために尽くせたらいいなぁと思っています。

チャリティーコンサート「ギター・ベース・ドラムス」
THE BENEFIT 2008 GUITAR-BASS-DRUMS

http://www.rdshp.org/rdshp.org/Benefit.html

コンサート写真集
http://www.rdshp.org/rdshp.org/My_Photo_Albums/Pages/Second_Annual_Concert.html

This year we are thrilled to have assembled some more of our very kind and talented musical friends to present another special concert for a special cause, with the purpose of raising both money for, and awareness of, The Richard de Lone Special Housing Project and its raison d’etre, Prader-WIlli Syndrome. They are our long-time and very dear friends:
2008年、第二回のチャリティーコンサートがありました。とても思いやりのある才能に溢れるミュージシャンの友達たちが集まって、特別なコンサートが行われました。リチャード・デローン・プロジェクトの資金を集めるために、そしてプラダー・ウィリー症候群のことをたくさんの人に知ってもらうために。

Nick Lowe, an amazing singer, songwriter, producer, bass player,guitar player, raconteur, and bon-vivant
ニック・ロウ:素晴らしい歌、曲作り、プロデューサー、ベーシスト、ギタリスト、話し上手、そして人生を楽しむ天才。
The incredible Jim Keltner, one of the world’s best loved and most recorded drummers, and a long-time friend and fan of our son Richie
ジム・ケルトナー:世界で最も愛され、そして録音作品の多いドラマーの一人。昔からの友達、そしてリチャード・デローンのファン。
And the one and only Ry Cooder, who so kindly agreed to get together with his friends to help out this worthy cause.
ライ・クーダー:唯一無人のギタリスト。このチャリティーのために心を砕いて参加してくれました。ありがとう!

These three great musicians have come together to perform as a trio, called Guitar-Bass-Drums, for the very first time. The shows will once again be at the fabulous Great American Music Hall in San Francisco on Thursday, October 2 and Friday October 3.
この三人の素晴らしいミュージシャンがトリオとして演奏してくれました。バンド名は「ギター・ベース・ドラムス」。初めての組み合わせです。今回も前回と同じく、サンフランシスコのグレートアメリカンミュージックホールで、10月2日と3日でした。

Our good friend, and hero, Elvis Costello
僕らの友達、そしてヒーロー、エルヴィス・コステロ


ライブ演奏クリップ集
http://www.youtube.com/rdshp
Welcome to the Working Week / No Dancing / Blame It on Cain / Alison / Sneaky Feelings / Less Than Zero / Pay It Back

Due to the kindness and generosity of our good friend, and hero, Elvis Costello, we were able to kick off this effort last year with a one of a kind concert featuring Elvis and the musicians from the legendary Marin county band, Clover, who recorded his first album, My Aim Is True, 30 years ago in England. They performed the album live, in it’s entirety, for the first time ever, at the Great American Music Hall in San Francisco.
僕らの友達エルヴィス・コステロの思いやりと寛大さで、2007年にリチャード・デローン・プロジェクト、チャリティー・コンサートが行われました。エルヴィスとマリンカウンティーのバンド「クローバー」、エルヴィスがデビューアルバム「My Aim Is True」を、30年前にロンドンで一緒に演奏したバンドです。チャリティー・コンサートでは、このアルバムをライブで忠実に再現しました。初めての試みでした。

関連ブログ:Elvis Costello, My Aim Is True Benefit
https://100voices.wordpress.com/2007/11/10/elvis-costello-my-aim-is-true-benefit/

「FOOD, INC.」食品産業がどうやってあなたを病気に肥満に貧困にしているか – そしてそれと闘う方法

In Environment, Health Care, Uncategorized on 2009/06/09 at 00:06


「FOOD, INC.」食品産業がどうやってあなたを病気に肥満に貧困にしているか – そしてそれと闘う方法

The way we eat has changed more in the last 50 years than in the previous 10,000. The modern supermarket has an average of 47,000 products. The industry doesn’t want you to know the truth about what you’re eating. Because if you knew, you might not want to eat it.
私たちの食生活はこの50年間で変わりました。それ以前の1万年間での変化よりも急激な変化を遂げました。近代的なスーパーマーケットには平均して4万7千種の商品が並んでいます。食品産業は、あなたが食べているものの真実を知らせたくありません。もし知ったら、食べたくなくなるかもしれないから。

We’ve never had food companies this powerful in our history.
Everything we’ve done in modern agriculture is to grow it faster, fatter, bigger, cheeper. If you can grow a chicken in 49 days, why would you want one you got to grow in 3 months. When you go through a supermarket, there’s an illusion of diversity. So much of our industrial food turns out to be rearrangement of corns.
歴史上、食品産業がこれほどまでに力を持ったことはありません。近代農業のすべての目標が、早く大きく安く生産すること。鳥が49日で出荷できるのなら、三ヶ月もかける理由があるのか?スーパーマーケットの商品棚には「多種の食品」の幻覚があります。なんと多くの産業加工品が、みなトウモロコシから出来ていることか!

CORN PRODUCTS: KETCHUP, CHEESE, TWINKIES, BATTERIES, PEANUT BUTTER
トウモロコシ製品: ケチャップ、チーズ、トゥウィンキーズ、電池、ピーナッツバター

AMERICA’S FOOD INDUSTRY IS MAKING A KILLING
アメリカの食品産業はぼろ儲けをしている

Sometimes you look at vegetables and say, OK we can get 2 hamburgers for the same price.They have managed to make it against the law to criticize the products. There’s an effort to make it illegal to publish a photo of any industrial food operations.
野菜の高価な値段、同じ値段でハンバーガーが二つ買えるのです。政府はなんと、食品産業商品を批判することを違法にしてしまいました。食品産業の生産過程の写真を公開することを違法にする動きが進んでいます。

AND IT’S MAKING US SICK
そして食品産業商品は私たちを病気にする

I find it incredible, FDA wants to allow the sale of meat from animals without any labeling. Peanut butter contaminated with salmonella. E.coli has been found in spinach, apple juice. Smells like money to me.
驚くことに、FDA米国食品医薬品局は、食肉に生産地表示をしなくてもよいことを望んでいます。ピーナッツバターからサルモネラ菌、ほうれん草やリンゴジュースから大腸菌!「儲かるからね」

BUT YOU HAVE THE POWER TO TURN THE TABLES
しかし私たちには、逆転の力がある!

The average consumer does not feel very powerful. It’s exact opposite. When we run the items past supermarket scanner, we’re voting for local or not, organic or not. Look at the tobacco industry. The battle against tobacco is the perfect model of how an industry’s irresponsible behavior can be changed.
一般消費者は、自分は無力だと感じています。でも実際は逆なんです。スーパーマーケットで商品のバーコードが読まれるたびに、私たちは投票しているのです。地元生産品かそうでないか、有機農製品かそうでないか。タバコ産業を思い出して下さい。タバコ産業を相手取った闘いは、大産業がその無責任な産業形態を変えることになった素晴らしい雛形です。

“MORE THAN A TERRIFIC MOVIE – IT’S AN IMPORTANT ONE” – EW
「素晴らしい映画、そしてそれ以上に重大な映画」エンターティンメント・ウィークリー
“THE FILM I HAVE ALWAYS BEEN WAITING FOR” – ALICE WATERS
「ずっと待っていた映画」アリス・ウォータース

Imagine what would be if as a national policy, the idea would be to have such nutritionally dense food, that people actually felt better, had more energy, and weren’t sick as much. See, that’s a noble goal. People got to start demanding good wholesome food of us, and we deliver! I promise you!
想像してみて下さい。もしほんとうに栄養たっぷりな食物が生産されて、食べた人々が元気になりエネルギーが出て、もう病気になることがない、それがもし国家の方針になったら。農家にとってそれは素晴らしい目標です。人々は自然の恵みの食品を要求するべきなのです。そうすれば農家はそれを生産します。きっと生産します。

YOU’LL NEVER LOOK AT DINNER THE SAME WAY AGAIN
この映画を見たら、あなたの夕食を見る目は変わる

IN THEATRES JUNE 12TH 2009
米国2009年6月12日公開「FOOD, INC.」フード・インク
http://foodincmovie.com
http://youtube.com/takepart

マドンナの旅「I AM BECAUSE WE ARE」全編

In Health Care, Human Rights on 2009/04/14 at 22:06


I’d like to say hello to everyone out there on YouTube, and I hope you’re gonna watch my film “I AM BECAUSE WE ARE”. I decided to make this film because I was made to aware of over one million children who’ve been orphaned by AIDS, I felt like this is the story that the world need to hear, so I made a film. And this film takes you on intimate personal journeys to people who’s life have been touched by the AIDS epidemic, children who’ve lost their parents, parents who’ve lost their children, families who’ve been devastated, and entire generation of adults have been wiped out because of this disease. If you’d like to get involved, or learn more about my film, please go to my website.

YouTubeをごらんの皆さん、こんにちは。どうか私の映画「I AM BECAUSE WE ARE」を見て下さい。私がこの映画を作る決心をしたのは、百万人以上の子供たちがエイズによって孤児になっていることを知ったからです。そしてこのことが世界中に知られるべきだと思ったからです。だから作りました。この映画では、エイズによって生活が変わってしまった人々、その一人一人の心を描きます。親を亡くした子供たち、子供を亡くした親たち、悲惨な状況に陥る家族たち、この病気のために成人世代が消えてしまったのです。もし支援活動に興味を持ったり、もっとこの映画のことを知りたい方は、ぜひサイトを訪れて下さい。

I AM BECAUSE WE ARE
http://www.iambecauseweare.com


I AM BECAUSE WE ARE 全編(1:26:45)

I AM BECAUSE WE AREはマドンナの旅の物語。AIDSエイズのために孤児になった子供たちの物語。時として想像を絶する苦しみの物語。アフリカのマラウィ、胸がしめつけられる子供たちの物語へと、マドンナが導く。この旅を終えて私たちの心に残るのは「子供たちと私たちがどんなに繋がっているか」ということ。子供たちの世界を見て困惑する私たち、でもその心は何かをするという行動に動いて行く。カメラは世界で最も貧しい国のひとつに住む子供たちの姿を、できるだけ深く捕えようと動く。そしてマドンナは語る。彼女が理解した子供たちの世界、そこから彼女が見つけたもの。

I AM BECAUSE WE AREには、マドンナが旅を通じて巡り会った人々の言葉がある。クリントン大統領、デスモンド・ツツ司教、ジェフリー・サックス教授、ポール・ファーマー博士。マラウィの100万人の人々と孤児たちの心の中を知るうちに、私たちはこの物語がマラウィだけのことではないことを知る。世界のどこでも起こっていること。もし人々に未来を見る力がなければ、彼らに未来は存在しない。もし人々に目的地がなければ、彼らはどこへたどり着くことも出来ない。もし私たちが子供たちに信じることを教えられれば、彼らに未来を変える力があることを信じさせることが出来れば、彼らこそが彼ら自身の可能性なのだということを。もしそれができれば、私たちにはすべてを変えることが出来るのだ。

I AM BECAUSE WE AREは単なるドキュメンタリーではない。極貧と病害の恐怖の目撃、そしてそれを個として受け止める旅。世界の人々がみな繋がっていること、そして「希望」が持つ力を証明する作品だ。そして人々に行動を呼びかける作品だ。たくさんのNGO活動の成功は、それを支える人々の力と情熱にかかっている。もしこの作品を見て、極貧に暮らす子供たちのために何かしたいと思ったら、素晴らしい活動をしている以下の団体に参加して欲しい。

Raising Malawi: マドンナと一緒にマラウィの子供たちを支援する
http://www.raisingmalawi.org

Partners In Health: 医療クリニックを建てる
http://www.pih.org

Millennium Promise: 村をつくる
http://www.millenniumpromise.org

Clinton Foundation: 医薬品を支給する
http://www.clintonfoundation.org

Malaria No More: マラリアを防ぐ
http://www.malarianomore.org

UN AIDS: エイズを防ぐ
http://www.unaids.org
Vision Ledd: エイズを防ぐ
http://www.visionledd.com

Ashley Judd: EyeOnPalin.org, YouthAIDS 活動家アシュレイ・ジャッド

In Activism, Health Care, Human Rights on 2009/02/03 at 00:21


Hi, this is Ashley Judd for Defenders of Wildlife Action Fund. When Salah Palin came on a national scene last summer, few knew that she promotes the brutal aerial killing of wolves. Now back in Alaska, Palin’s again casting aside science and championing the slaughter of wildlife. Using a low flying plane, they kill in winter, when there’s no chance for the wolves to escape. Riddled with gun shots, biting their backs with agony, they die a brutal death. Palin even proposed $150 bounty for the severed foreleg of each killed wolf. And now, she is encouraging even more aerial killing. It is time to stop Salah Palin, and stop the senseless savagery. Please join with me by going to EyeOnPalin.org, and take action now. Thank you.

こんにちは、アシュレイ・ジャッドです。私は野生生物保護基金を支持します。去年の夏、サラ・ペイレンが全国の注目を浴びた頃、小型飛行機で狼を虐殺することを彼女が奨励していることは、あまり知られていませんでした。ペイレンは今アラスカに戻り、自然科学など無視して、野生動物の殺戮を思いのままにしています。小型飛行機を低空飛行させ、狼たちの逃げ場のない冬に。銃で穴だらけにされた背中を、苦しみで噛みながら、狼たちは残酷な死を迎えます。そしてペイレンは、殺されてすぐの狼の足を持ってくれば、150ドルの賞金を出す、という条例を申請しました。加えてさらなる低空飛行射撃を奨励しています。サラ・ペイレンを止めなければなりません。この意味のない残酷な殺戮を止めなければなりません。 EyeOnPalin.orgを訪れて下さい。どうぞ私と一緒にアクションに参加して下さい。ありがとう。

Defenders of Wildlife Action Fund 野生生物保護基金
http://www.defendersactionfund.org


お早う!私はアシュレイ・ジャッド、ユース・エイズの世界大使です。私の大使としての初めての旅は、国際エイズ会議が行われたタイのバンコックの周辺でした。

カンボジア: カンボジアについてはあまり知りませんでした。でもその方が良かった。目をしっかり見開いて体験し学ぶことが大事だった。先入観なしで、そこに住む人々に教えてもらうこと。素晴らしい素晴らしい病院/ホスピスの訪問から旅は始まりました。今まで治療も受けられずに、エイズとの闘いに屈しようとしている人たち。彼らの最後を癒す場所です。そこにある寺院に行きました。そこでみんなが座って私のために祈ってくれるんです。最高の幸せでした。祈りの後、寺院の外で「ワットグラニー/ワットばあちゃん」たちに会いました。彼女たちは仏教の教えに従って、病気の子供たちの面倒を見るおばあちゃんたちのことです。こんなに素敵な女性たちに会ったのは初めて。「今度は私のハンサムな旦那さんを連れてくるわね」「アハハハハ!」かわいい赤ちゃんを抱きました。ほんとにかわいい。一番辛かったのは、ホテルに戻って一人になった時。会った人たちのことを思う時。あんなに可愛い女の子がとても辛い状況にあって、それが変えられないこと。一生危険にさらされていること。少女たちが受けるエイズ教育のクラスに参加しました。とても前向きで明るいユース・エイズの先生。HIV(エイズビールス)のこと、感染の仕方、コンドームのこと、客にコンドームをさせる方法、もし客がしなかった時の安全な逃げ方。

タイ: ユース・エイズはタイでこれから教育を広めようとしています。政府高官に私たちができることを伝えました。孤児院を訪ねた時、何度も涙が出ました。あんなに小さな子供たちに、大人の問題であるべきことを教えなければならないなんて、そんなことがあってはならないのに。政府やいろいろな団体が、子供たちを路頭生活から守るためのプログラムを行っています。でもすでに多くの子供たちが路頭で性産業に捕われています。その子たちをなんとかHIVから守ること、それが私たちの大事な課題なのです。どこまでも限りなく立ち並ぶ飲み屋やカラオケバー。売春宿に入ってみて、ほんとうに驚きました。これらの店で働く少女たちは、HIVについてよく知っていました。ユース・エイズの教育が役に立っているのです。会った少女たちはみなHIVに感染していました。それでも売春を続けています。

私がずっと待っていた、大事な大事な旅でした。ユース・エイズの教育は効果があります。だから希望があります。HIV教育に携わることは、暖かい心を持つこと、希望を持つこと。そしてクリエイティブなあなたなら、もっともっとメッセ−ジを広げることができます。

Ashley Judd: YouthAIDS Global Ambassador
ユース・エイズ世界大使: アシュレイ・ジャッド
http://projects.psi.org/site/PageServer?pagename=AshleyJuddGlobalAmb_nr

Get Your Volunteer On – ボランティアで行こう!

In Activism, Environment, Health Care, Human Rights on 2008/11/11 at 00:45

私たちはずっとボランティアで助け合って来た。戦争の時、惨事の時、必要とされる時には、手を貸さなければ。ボランティアイズム!

1736年ベンジャミン・フランクリンは、初のボランティア消防団を発足した。1881年クララ・バートンは赤十字を設立した。1961年ケネディー大統領はピースコープを創立した。国連は2001年を国際ボランティア年に制定した。

2007年、6千百万人のアメリカ市民が地域のボランティアに参加した – 就業時間合計81億時間 – 総労賃1580億ドル相当。

ホームレスと貧困問題へのボランティア:
Habitat for Humanity – 1976年発足 – 家をなくした人々のために家を建てる – 2008年に建てた家屋数30万件 – 援助した人数100万人。
Help USA – 1986年に開始 – ホームレスの自活支援 – 2000年から現在までに建てた家屋数1600件 – 援助した家族数6000。

医療と福祉のボランティア:
Doctors Without Borders – 1971年フランスで発足 – 戦争や災害の被害者の緊急医療提供 – 2007年に出産した赤ちゃん10万人 – 治療を受けたHIV/AIDS患者10万人。
Operation Smile – 1982年発足 – 顔面奇形の赤ちゃんの整形 – 2008年11万5千人以上の子供を治療。

環境保護のボランティア:
The Nature Conservancy – 1951年発足 – 地球と動物と自然環境の保護 – 2008年1億1700万エーカーの自然と5000マイルの川を保護。
Student Conservation Association – 1957年発足 – 公共の土地と環境の保護 – 2008年5万人の学生とメンバーによる地質植物地理調査。

青少年と教育のボランティア:
Reading Is Fundamental – 1966年創立 – 軍人の児童、十代の母、囚人に読むことを教える – 16,635,141冊の本を4,600,909人の子供に寄付。
The Child Welfare League of America – 1920年創立 – 児童の保護と福祉 – 2008年800団体が350万人の子供を援助。

ボランティアはこの30年で最高に達している。でも70%のアメリカ人はまだ見ているだけ。NPOの三分の二が適切なボランティア人材に不足している。MAKE A DIFFERENCE 世界を変えよう!

ドネーションはこちらへ
NetworkforGood.org
「ボランティアやってみたい!」はこちらへ
VolunteerMatch.org

提供: GOODMagazine
http://www.good.is
http://www.youtube.com/GOODMagazine

お勧めクリップ:
GOOD: If Mos Def Were President – モスデフが大統領だったら
http://www.youtube.com/watch?v=udwTkU1QKPc
GOOD: If Wyclef Were President – ワイクリフが大統領だったら
http://www.youtube.com/watch?v=DJdz4U5yaGg
GOOD: If MURS Were President – マーズが大統領だったら
http://www.youtube.com/watch?v=A4q9UARi-dE

Randy Pausch’s Last Lecture in Japanese

In Art, Health Care on 2008/05/21 at 23:14


ランディ・パウシュ「最後の授業」日本語字幕付き
http://jp.youtube.com/cubic333

(全編が9つのクリップに分けて掲載されています。)
(cubic333さんの翻訳と字幕制作の労に大きな感謝を捧げます – saori)

(YouTubeの解説文)2007年9月18日、ペンシルベニア州ピッツバーグ。ハイテクの街として知られるこの地に本拠を置くカーネギーメロン大学の講堂で、1人の教授が「最後の授業」を行った 。教授の名前はランディ・パウシュ。46歳。バーチャルリアリティの第一人者と称される人物だ。最後の授業をするにはまだ若すぎるパウシュだが、実はこのとき、彼には長年親しんだ大学に別れを告げざるをえない事情があった。膵臓から肝臓へと転移したガン細胞 。医師から告げられた命の刻限は「あと3カ月から半年」。

こうしてパウシュの最後の授業は始まった。スクリーンに映し出された演題は『子供のころからの夢を本当に実現するために』。それは、学生向けに講義をするふりをしながら、 まだ幼い3人のわが子に遺すためのメッセージだった…

アメリカではネット動画にアップされるやまたたく間に600万ものアクセス数を獲得したという、心揺さぶられるメッセージ。

– – – – – – – –
2007/10/09: 末期ガンのランディー・パウシュ教授、最後の講義「心から伝えたいこと」
http://mediasabor.jp/2007/10/post_233.html

(解説抜粋)米国で良いスピーチと言えば、ユーモアを折り込みながら聴衆を楽しませ、感動させるスピーチだ。9月18日にカーネギー・メロン大学で行われたランディ・パウシュ教授の最後の講義は、まさにそんなスピーチだった。この最後の講義は、ウォール・ストリート・ジャーナルのウェブ版でも、掲載週でもっともアクセスが多いニュースとなった。

また1時間以上にわたる講義のビデオクリップがインターネットで広がると、ブロガーらが「最高の講義」、「これまでに見たことでもっとも重要な内容」といった見出しで、パウシュ教授の最後の講義について次々に自分のブログに掲示した。またパウシュ教授のもとには、何千もの人々から感動の声が寄せられた。

46歳のランディ・パウシュ教授は、2006年に膵臓ガンと診断された。今では肝臓にも10個の腫瘍があり、医師からは数週間から数ヶ月の命と言われている。ただしビデオを見ればわかる通り、最後の講義でも腕立て伏せをして見せるなど、とても病気とは思えないエネルギッシュなスピーチを披露した。

– – – – – – – –
Randy Pausch’s Home Page
今までに公開されたクリップのほとんどを掲載
http://download.srv.cs.cmu.edu/~pausch

Randy Pausch’s Update page
病状や家族との毎日をつづるブログ
http://download.srv.cs.cmu.edu/~pausch/news/index.html

The Last Lecture – 書籍オフィシャルページ
http://www.thelastlecture.com

最新クリップ:
Randy Pausch Inspires Graduates
5/18/2008 カーネギーメロン大学卒業式でのスピーチ
http://www.youtube.com/watch?v=RcYv5x6gZTA
5/19/2008 Good Morning America出演
http://www.youtube.com/watch?v=wVFmFof6aXg

S-CHIP: Bethany’s Story

In Health Care on 2007/10/16 at 05:52

「ハ〜イ!」

ベサニーは健康な子供に見えます。でも三ヶ月の時、医者はベサニーが命に関わる心臓病であることを見つけました。ベサニーには手術が必要でした。手術費が出せない両親に代わって、政府が払いました。州児童医療保険(S-CHIP)がベサニーの命を守っているのです。

ベサニーの両親は州児童医療保険が本当に人々を助ける事業であることを知っています。ジョージ・ブッシュにはなぜわからないのでしょう?ベサニーのような子供80万人の保険は、イラク戦争のたった一週間の費用で足りるのです。どちらが大事ですか?

「あたしを『拒否』しないで!Don’t Veto Me!」

– – – – – – – – – –
「Veto 拒否」の大統領の一筆で、1000万人の子供の健康保険が拒否されました。そして今週の木曜、下院で審議が行われます。市民団体TrueMajorityとMoveOnそして協賛団体多数は、団結して米国全土で「Candlelight Vigils ロウソク集会」を行います。大統領に無視された子供たちのために。72%の市民が、共和党支持の61%ですら、州児童医療保険を支持でしています。大統領の「Veto 拒否」を初めて覆す、本当のチャンスです。実現のために議会に訴えましょう。

下院共和党議員で「Veto 拒否」支持はたった15名です。彼らに道を譲るわけには行きません。7年の間で初めて、大統領の思い通りにはさせません。アメリカのために。議会には市民のために立ち上がり、大統領に立ち向かう義務があります。憲法が示す通りに、市民のために。

– – – – – – – – – –
サイトから最寄りの集会場所を知ることができます。
TrueMajorityAction: SCHIP
MoveOn: KidsHealthVigil

Bush vs. Kids

In Health Care on 2007/10/05 at 00:00


「ブッシュ大統領はいい人だと思う」
「とってもいい人だよ」
「とっても優しい人だと思う」
「一緒にフットボールしたいなぁ」
「もしブッシュ大統領に会ったら『あなたは一番いい大統領です!』って僕は言うんだ。だっていい人だもの」
「みんなを助けてくれるもの」
「ブッシュ大統領に、この国をもっときれいでいい国にしてほしいなぁ」
「親切で寛大だもの」
「もしブッシュ大統領に会えたら僕は、すごくすごくすごく嬉しい」
「ブッシュ大統領は子供が大好きなんだよ!」

ブッシュ大統領は米国1000万人の子供の健康保険更新を拒否しました。この子たちの健康保険も。怒りを運動に変えましょう。そして何かを成し遂げましょう。

– – – – – – – – – – – – – – – – –
The Making of This Video

早くも7月の時点でブッシュ大統領は、まだ州児童医療保険事業法案更新の内容もはっきりしていないうちに、拒否権を行使すると表明しました。

「目下の目標はより多くの国民が民間保険に加入することだ。米国民には保険に加入するすべがあるんだから。いざとなったら救急病棟へ行けばいい。」

大統領が子供たちに「救急病棟へ行け」と言うのを聞いて、私たちは耳を疑いました。私たちの怒りはすぐに行動に変わりました。

この夏、州児童医療保険事業法案が議会で議論されている間、私たちは現在州児童医療保険事業(S-CHIP)に加入している何百万人もの子供たちのために、立ち上がりました。この拒否権の影響を受ける子供たちの数は1000万人に及びます。このビデオに映っている子供たちもその中にいます。

このビデオでは、子供たちの大統領に対する信頼の気持ちと、大統領の子供の健康への無関心さを並べて表現しました。事実上、大統領と議会の同調者たちは、明らかに、そして謝罪の気持ちもなく、労働階級の子供たちへの健康保険を断ち切っています。これらの家族にはこの保険以外には、払って行ける民間保険がないのです。

このビデオの目的は、大統領の拒否権によって影響を受ける何百万もの子供たちの実際の「顔」を見せることでした。実際にこの対象となる子供たちを選びました。子役ではありません。

この素晴らしいビデオがあなたの心を動かし、この行動に参加し、そして子供たちに健康保険を与える他のたくさんの方法を知って下さるよう願います。子供たちのために、ブッシュ大統領とその仲間を、今こそ止める時です。

– – – – – – – –
サイトから議会への拒否権転覆請願への署名と献金ができます。このビデオをホストする方法も記載されています。

Families USA: The Voice for Health Care Consumers

SiCKO Movie

In Health Care on 2007/09/03 at 06:45

Hi! マイケル・ムーアです。もうご存知と思いますが、新作「シッコ」が6月29日に公開されます。私たちのアメリカの医療保険制度についての映画です。

映画を撮り終えて思ったのですが、今はYouTubeがあるので、これを使う素晴らしいチャンスです。このクリップを見ている方、医療を受けられなかったなどの、あなた自身の医療保険制度に関する体験談を聞かせて下さい。ビデオに撮ってここに送って下さい。私もYouTubeも掲載します。そして国会議員に持って行きます。

私は議員たちに、じっくり座って、アメリカ市民がどんな風に扱われているか、直接の声を聞いて欲しいからです。もしそれができたら、僕はほんとうに何かを起こせると思います。

では6月29日に映画館でお会いしましょう。ありがとう。
youtube.com/SickoTheMovie

– – – – – – – – – – – –
SiCKO: What Can I Do? (あなたに出来ること)要約

●9月28日にワシントンで行われる「トレーシー・ピアス追悼会」に参加しよう。(トレーシーは「シッコ」に出演した保険制度の犠牲者)そして翌日「米軍即時撤退ラリー」に参加しよう。戦争ではなく医療を!「シッコ」に出演したトニー・ベンは言う「人を殺す金があるのなら、人を救う金もあるはずだ」平和団体コードピンクも参加する。

●「シッコ健康保険証」をダウンロードして携帯しよう。もし保険会社は拒否したら提示しよう。(カード記載:もし拒否されたら、マイケル・ムーアの次回作に出演したいかどうか聞く。地元メディアに伝えると告げる。拒否された出来事をマイケル・ムーアに電子メールで送る)

●あなたの州の議員に米国民健康保険法(H.R.676)を支持するよう運動しよう。現在支持議員は77名。あなたの州の議員が支持しているかどうかここで調べよう。

●大統領候補たちが国民保険制度を支持するよう運動しよう。

●米国民健康保険法を通過させるための署名運動に参加しよう。カリフォルニア市民は、カリフォルニア州国民健康保険法を通過させるよう誓願しよう。これは去年シュワルツネーガー州知事によって拒否されている。

●YouTubeにあなた自身の体験談を載せよう。あなたの州の議員にも送ろう。

●「シッコ」上映会を開こう。

●野菜と果物を食べて、たくさん歩こう。