YouTubeから聞こえるアメリカの声

Archive for the ‘Environment’ Category

「未来へのラブレター」タイムカプセルに託す100年後へのメッセージ

In Activism, Environment on 2009/11/11 at 00:15


Picture this. 100 years from now, someone reads the message that you wanted to tell them about the future of this planet. How can we say our children and our grandchildren that we didn’t know, we didn’t believe it’s true. There is no “planet B”. It’s no just affect my grandchildren, it’s gonna affect my nephews and my nieces. That’s how urgent it is. We no longer have 10 or 20 years, we have this year. It’s going to affect our children, grandchildren and life on this planet. Why should you care? Well, you live here, too. Now is the time. Make a video, post a picture, write a message, send the love letter to the future.

想像してみて下さい。私たちが地球の未来について伝えたいメッセージを、100年後に誰かが読むのです。子供たちや孫たちに、知らなかった、本当だとは思わなかった‥などと言えますか?第二の地球などないのです。孫たち‥いや私たちの甥や姪たちに影響が出る、それほど性急なことなんです。10年20年の猶予ではありません。今年がその時なんです。子供たちや孫たち、そしてこの地球の生き物すべてに影響するのです。なぜ心配する必要があるのか?だってあなたもここに住んでいるのだから。ビデオを作って下さい、写真をアップして下さい、メッセージを書いて下さい。未来にラブレターを出すのです。

– – – – – – –
Time Capsule being built in Copenhagen creates a future thinking perspective on today’s climate change debate and it could include your message!

コペンハーゲンで作られるタイムカプセルには、今日の気候変動論争に対する私たちの将来への思いが詰め込まれる。あなたのメッセージも加わるかもしれない。

Produced by the Emmy® Award winning production company Xenophile Media in Toronto, Love Letters to the Future is a project designed to raise awareness about climate change.

エミー賞受賞経験のあるトロントのプロダクション、ゼノファイルメディアによって企画された「未来へのラブレター」は、気候異変への人々の関心を高めるためのプロジェクトだ。

Imagine what generations in the future will think of us if we don’t do anything about climate change. And then try to imagine that future differently. What would you say to a generation 100 years from now?

気候変動に対して何もしなかったら、未来の世代は私たちのことをどう思うだろう?そして一体どんな未来が待ち受けているのだろう?100年後の世代に、あなたなら何と言いますか?

The project is collecting video love letters to the future from the public, and is also collecting filmed statements from indigenous people in the Cook Islands and places that are among those most effected by climate change.

ビデオラブレターは、一般から集められる。そして現在の気候変動で最も影響を受けている場所のひとつクックアイランドの原住民の言葉も、映像として記録される。

A time capsule being built in Copenhagen will preserve the 100 best messages uploaded to http://www.loveletterstothefuture.com, as voted on by the public. It will be sealed in mid-December, to be re-opened in the next century. To ensure our love letters are still around 100 years from today, they will be stored using Monolith™ cards, a technology incorporating analog and digital data pioneered by the Imaging and Media Lab at the University of Basel.

コペンハーゲンのタイムカプセルには、loveletterstothefuture.comにアップロードされたメッセージの中から、一般投票によって選ばれた上位100が詰め込まれる。タイムカプセルは12月中旬に封印され、100年後の開封を待つ。100年後までしっかり形を保つように、メッセージはモノリスカードに保存される。モノリスカードには、バーゼル大学のメディア研究所で開発された、アナログデジタル技術が使われている。

The project’s goal is to collect a critical mass of love letters and present them to the world at a live event during the UN Climate Change Conference in Copenhagen in mid-December. Throughout the event, a selection of the time-capsule messages will be projected on a huge screen and read out by a (soon-to-be-revealed!) celebrity.

このプロジェクトの目標は、連鎖反応によって集められた膨大なラブレターを、12月の国連気候変動会議期間中にライブイベントとして公開すること。イベントではタイムカプセルの中のメッセージが巨大スクリーンに映し出され、有名人(名前は近々公開)によって読み上げられる。

Anyone can be a part of this project! Create your love letter to the future as a video, image or 140 character text and upload it on: http://www.loveletterstothefuture.com

誰もがこのプロジェクトの一部になれる。あなたの「未来へのラブレター」を送って下さい。ビデオか写真か140文字以内のメッセージを、loveletterstothefuture.comへアップロードして下さい。

We are at a tipping point in the global fight against climate change. This is our chance to tell the world our future is at stake. Help us to get the word out!

私たちは気候変動への地球規模の闘争の分岐点に立っている。世界に「未来が危機に瀕している」ことを知らせるチャンスだ。どうかこのメッセージを広げる手助けをして下さい。

Love Letters To The Future「未来へのラブレター」
http://www.loveletterstothefuture.com

広告

hopenhagen.org: コペンハーゲン国連気候変動会議への地球規模草の根運動

In Activism, Environment on 2009/11/09 at 23:32


On December 7th, the world’s leaders will gather in Copenhagen to decide the fate of our planet.

12月7日、世界のリーダーたちがコペンハーゲンに集まり、私たちの地球の運命を決めます。

Cope – Hope(協力=希望)
Copenhagen – Hopenhange(コペンハーゲン=ホーペンハーゲン)

Help seal the deal at Hopenhagen.com

約束を決める手助けをして下さい。Hopenhagen.comで。

– – – – – – –
HOPENHAGEN.ORG
http://hopenhagen.org

Welcome to Hopenhagen.
ホーペンハーゲンへようこそ。

Hopenhagen is a movement, a moment and a chance at a new beginning. The hope that in Copenhagen this December – during the United Nations Climate Change Conference – we can build a better future for our planet and a more sustainable way of life. It is the hope that we can create a global community that will lead our leaders into making the right decisions. The promise that by solving our environmental crisis, we can solve our economic crisis at the same time.

ホーペンハーゲンはムーブメントです。新しい始まりへのチャンスです。12月のコペンハーゲンへの希望です。国連気候変動会議で、私たちは地球のためにより良い未来を、そして持続可能な生存方法を作り上げることが出来るのです。ホーペンハーゲンが地球規模の運動になるように、そして世界のリーダーたちを正しい選択へ導けるように。環境危機を解決する条約は、同時に経済危機の解決にも繋がるのです。

Hopenhagen is change – and that change will be powered by all of us.
ホーペンハーゲンは変化です。私たちみんなの力で起こすチェンジです。

OUR MISSION

ホーペンハーゲンの目標

To connect every person, every city, and every nation to Copenhagen. To give everyone hope, and a platform from which to act. To create a grassroots movement that’s powerful enough to influence change.

すべての人々、都市、国々コペンハーゲンにつなげること。すべての人に希望を与え、活動の基盤を与えること。変化を起こすのに十分な草の根ムーブメントを起こすこと。

Why Act?

どうして参加するのか?

Change will not happen unless the people demand it. That’s why Hopenhagen exists – to give you a rallying cry and the tools to demand a positive outcome in Copenhagen. Signing the UN Climate Petition is only the first step. We need your help activating Hopenhagen in your communities, so the movement grows. This needs to be a people’s movement, with enough people involved that our leaders can’t ignore it.

変化は人々が望まない限り起こりません。だからホーペンハーゲンがあるのです。あなたに時の声を与え、コペンハーゲンでの前向きな決断を要求するための道具を与えるために。ここで国連気候保護署名をするのは始めの一歩。あなたの地域でホーペンハーゲンを拡大してください。そうすればムーブメントは広がります。これは人々によるムーブメントでなければなりません。私たちみなが要求すれば、リーダーたちは無視することは出来ません。

What Will Change?

何が変るのか?

Our hope is that in Copenhagen we can begin to build a cleaner, more livable world than the one we live in today. And this hope is more than just wishful thinking. We’re already seeing examples of how this is possible, all around the planet.

私たちはコペンハーゲンで、今ある地球よりももっとクリーンで、今よりももっと住むに値する環境を創り始める約束が決められることを望みます。これは根拠のない希望ではありません。すでに世界中に、それが可能になる例が存在するのですから。

「リパワー・ウォール / 再充電のための壁」アメリカ再充電キャンペーン

In Environment on 2009/11/06 at 00:23


Repower Voices / 再充電を求める声

JoJo Farrell, Teacher: “Why join the fight to repower America with clean energy?”
ジョジョ・ファレル、教師「クリーン・エネルギーでアメリカを再充電するための闘いになぜ参加するのか?」

Sheryl Crow, Singer/Songwriter: “Because millions of people believe it will make a better future for our children;”
シェリル・クロウ、歌手「なぜなら何百万もの人々が、子供たちにより良い未来を与えることができると信じるから」

General Brent Scowcroft: “Because climate change threatens our national security;”
ブレント・スコウクロフト中将「なぜなら気候変動は我々の国家保安の脅威だから」

Rev. C. Douglas Smith: “We have a responsibility to protect God’s creation;”
C.ダグラス・スミス牧師「私たちには神の創られた物を守る責任がある」

Ted Turner, Founder, UN Foundation: “Because I want jobs that are made in America;”
テッド・ターナー、国連財団会長「なぜならアメリカ製の産業が必要だから」

Indra Nooyi, Chairman and CEO, PepsiCo: “Because of some of America’s most trusted companies know clean energy will create new industries and new jobs;”
インドラ・ノーイ、ペプシ社取締役社長兼CEO「なぜなら米国で最も信頼されている企業のいくつかは、クリーン・エネルギーが新しい産業と雇用を生み出すことを知っているから」

Mayor Michael Bloomberg, Mayor of New York City: “Because I want America to lead the way;”
マイケル・ブルームバーグ、ニューヨーク市長「なぜならアメリカにリーダーになって欲しいから」

All: “So add your voice. Add your voice;”
全員「だからあなたの声も加えて下さい」

VO: “Add your voice at repoweramerica.org/wall”
ナレーション「あなたの声も加えて下さい、repoweramerica.org/wallで」


Repower Faces / 再充電を求める顔

Teachers and Students, Business and Labor, Scientists and the Clergy, Energy Companies and Environmentalists, Doctors and Military Leaders, Republicans and Democrats, They all agree now is the time to lead.
教師と学生、ビジネスマンと肉体労働者、科学者と聖職者、エネルギー企業と環境保護者、医者と軍将校、共和党と民主党、彼らが同意することがある「今が先頭を切って進む時だ」

We have a historic opportunity to end our dependence on foreign oil and rebuild our economy by investing in a clean energy future. Now is the time to Repower America. Add your voice at repoweramerica.org/wall
歴史的な機会だ。石油の海外依存を終結し、クリーン・エネルギーの未来へ投資し、経済を建て直すのだ。アメリカを再充電(リパワー)するのは今。あなたの声も加えて下さい、repoweramerica.org/wallで。

– – – – – –
On November 2nd, the Alliance for Climate Protections Repower America campaign unveiled a new campaign designed to demonstrate broad national consensus for action on clean energy and climate. An integrated multimedia effort support by an online, field and advertising campaign, the new Repower effort centers around a virtual Repower Wall, where thousands of people have already uploaded messages of strong support for action to create clean energy jobs, safeguard Americas economic and national security future, and solve the climate crisis. The Repower Wall may be accessed at http://www.repoweramerica.org/wall.
2009年11月2日、気候保護同盟(Alliance for Climate Protections)が運営する活動「リパワー・アメリカ」は、クリーン・エネルギーと気候保護へのアクションを全国に呼びかけるための新しいキャンペーンを公開した。インターネット、地域への活動、広告など、複数メディアを使ったこのキャンペーンは、仮想壁「リパワー・ウォール / 再充電のための壁」をテーマに展開される。すでに何千もの人々がこの壁に、アクションを求めるメッセージを寄せている。クリーン・エネルギー産業を求め、アメリカ経済や国家保安の維持を望み、そして気候危機を回避するために。

Calling on people across the U.S. to add their own message of support to the Repower Wall, a combination of notable and not so notable names are featured in a pair of national television ads titled Voices and Faces that also began airing today. The campaign has attracted a wave of messages from workers, business executives, military veterans, faith leaders, elected officials, entertainers, activists and people from across the country, demonstrating the deep and broad support for swift action on climate change and a transition to a new 21st century clean energy economy.
キャンペーンは全米の人々に「リパワー・ウォール」へ賛同のメッセージをアップするよう呼びかける。有名人と一般市民が一同に起用されている全国テレビ放送のCM二編「Voices声」「Faces顔」も今日から放送が開始された。このキャンペーンに、大勢の労働者たち、企業重役たち、退役軍人たち、聖職指導者たち、政府役職者たち、芸能人たち、活動家たち、そして全米の一般市民たちがメッセージを寄せている。気候変動への対処と、21世紀の新しいクリーン・エネルギー経済への以降への迅速な行動を求めて。

「Repower Wall / 再充電のための壁」
http://www.repoweramerica.org/wall

– – – – – – –
アル・ゴアの新刊書「我々の選択」
Al Gore: Our Choice
http://ourchoicethebook.com

「NO IMPACT MAN – ノー・インパクト・マン」地球への影響ゼロで過ごす家族の一年間ドキュメンタリー

In Activism, Environment, Food on 2009/09/03 at 01:40

「NO IMPACT MAN – ノー・インパクト・マン」(予告編抜粋)

My first guest today is ‘No Impact Man’, Colin Beavan, just walked up 24 flights of stairs to avoid consuming electricity in the elevator.
(ラジオ司会者) 今日のゲストは「ノー・インパクト・マン」ことコリン・ビーヴァンさん。24階にあるこのスタジオへ、エレベーターの電力を使わないように、歩いて上がって来ました。

It’s a one-year experiment. And it’s extreme. No soda can, no water in plastic bottle, don’t buy new product, canceling magazines and news paper subscriptions, no throw-away plastic razors, no airplanes or subways or taxies, no elevators. Is it possible to have a good life without wasting so much?
(コリン・ビーヴァン) これは一年間の徹底した実験。缶ドリンクを飲まない、ボトルの水も飲まない、新しい物は買わない、雑誌や新聞購読は全部止める、使い捨てひげ剃りは使わない、飛行機や地下鉄やタクシーに乗らない、エレベーターを使わない。こうやって無駄を排除しても、果たして幸せに暮らせるんだろうか?という実験です。アメリカ人は一人一年で平均1600ポンド/725kgのゴミを出します。僕らはそれをゼロでするつもりです。

(妻ミシェル・ビーヴァン) そんなことできないわ。テレビもなし化粧品もなしなんて。私は糖分中毒、お肉大好き、テイクアウト愛用者。あなたのプロジェクトなんだろうけど、実際やるのは家族全員なのよ。(子供に向かって) パパは自然が大好きなんだって。ママはすごく苦手なの。

The Times makes it sounds like, why change the world, why gimmick for your next book, do you cut to that?
(ラジオ司会者) ニューヨークタイムズ紙の記事では、あなたのプロジェクトに懐疑的ですよ。世界を変えると言うが、本のためのやらせじゃないか?と。

What if we called it the year I lost 20 pounds without going to the gym once? Or the year we didn’t watch TV and became much better parents as a result? Or if we called it the year we ate locally and seasonally and it ended up reversing my wife’s pre-diabetic condition?
(コリン・ビーヴァン) でも結果的にこの一年がこうだったらどうですか?運動ジムに一度も行かずに20ポンド/9キロ痩せた年、テレビを全く見なかったことで素晴らしい親になれた年、地元で作られた季節の作物を食べたお陰で妻の糖尿病の危険をなくした年。

– – – – – – – – –
NO IMPACT MAN ドキュメンタリー
http://www.noimpactdoc.com

Colin Beavan decides to completely eliminate his personal impact on the environment for the next year. It means eating vegetarian, buying only local food, and turning off the refrigerator. It also means no elevators, no television, no cars, busses, or airplanes, no toxic cleaning products, no electricity, no material consumption, and no garbage.
コリン・ビーヴァンは決めた。一年間、地球に全くインパクトを与えずに暮らそうと。すなわち菜食を通し、地元生産物だけを買い、冷蔵庫の電源を切る。エレベーターを使わない、テレビを見ない、車やバスや飛行機に乗らない。有害物質含有の洗剤を使わない、電気を使わない、物質消費をしない、ゴミを出さない。

No problem – at least for Colin – but he and his family live in Manhattan. So when his espresso-guzzling, retail-worshipping wife Michelle and their two-year-old daughter are dragged into the fray, the No Impact Project has an unforeseen impact of its own.
大丈夫‥少なくともコリンには。だがコリン一家はマンハッタンに住んでいる。エスプレッソ必須で買物大好きな妻のミシェルと二歳の娘も道連れだ。コリンの「ノー・インパクト・プロジェクト」は予期せぬ別のインパクトを生み出して行く。

– – – – – – – – –
NO IMPACT PROJECT
http://www.noimpactproject.org

Colin did it for a year, now it’s your turn! The No Impact Project (the new No Impact Man not-for-profit) is challenging you to try and live no impact for one week. We’ll put you on a team and guide you through the steps day-by-day. We guarantee you’ll discover for yourself that less IS more.
コリンは一年間やった。今度は君の番だ。君も一週間だけ「ノー・インパクト・プロジェクト」をやってみないか?参加者はチームに入って、やり方を一から学ぶことが出来る。「less IS more より少ないことは、より豊かなこと」をきっと体験できる。

NO IMPACT MAN ブログ
http://noimpactman.typepad.com

「グリーンホーンズ」若き農夫たちの物語 / アメリカ農業復活の主人公たち

In Environment, Food on 2009/07/29 at 00:09

The Greenhorns: A Documentary film about young farmers
Protagonists of America’s agricultural revival
「グリーンホーンズ」若き農夫たちの物語 / アメリカの農業復活の主人公たち

When I’m in the flower garden, I just pretend cu cu cu ckroo…
花畑にいる時、私は鳥になった振りをするの。ククククルー…

Amy Courtney: Freewheelin Farm, Davenport CA
エミー・コートニー: フリーウィーリンファーム、カリフォルニア州デヴァンポート
I’m doing the best that I can to live honestly. I’m not relying on some strange economic structure that have been set up that benefit some and hurt others to make my livelihood. I think that makes me feel just a little bit safer while the world gone mad. Come here..Daffy, you are to be in the movie..
出来るだけ正直に生きようとしています。少数の利益のために多くが傷つくような、歪んだ経済構造に頼って生きたくない。狂った世界の中で、そうすることで少しだけ安心が得られるんです。(雄鶏に)ダフィー、おいで、映画に出るんだよ。

Brock Fulmer: Bay Area Meat CSA, Berkeley CA
ブロック・フルマー: ベイエリアミート、カリフォルニア州バークレー
It sort of a game and the ball, I start doing it and it start rolling it, and it’s like, wow, I can actually doing something morally done and still pay the mortgage, you know. That hadn’t happened to me in a sort of obvious way in the past. But it’s so clear that absolutely nothing wrong with it, everything is right.
始めは球技みたいだったよ。やり始めたらどんどん転がっていった。そして驚いたんだ。モラルにかなったことをしながら、ちゃんと家の分割が払えるんだ。こんなことは今までなかったよ。だけど本当にできているんだ。全部正解!

John Brenner & Stacey Bliss: Broadturn Farm, Scarborough Maine
ジョン・ブラナーとステーシー・ブリス: ブロードターンファーム、メイン州スカボロー
When we first shut up and cover up, we have absolutely no idea what we were doing. We took every book out of public library to find on growing plants and vegetables and farming. I never set my foot on working farms, maybe once before that. Sorry, we were pretty green.
やろうと決めた時、実は私たちは一体何をしようとしているのか全然わかっていなかったんです。図書館からありったけの本を借りました。植物を育てる、野菜を作る、そして農耕に関する本を。今まで農地に足を踏み入れたことがなかったんです。たぶん一回だけかな?本当に無知だったんです。

Chris Velez: Intermountain Nursery, Prather CA
クリス・ヴェレズ: インターマウンテンナースリー、カリフォルニア州プラサー
My dad was raised in Central Valley, and when they were young they worked a lot in the great fields. So for dad to kind of hear that his son wants to go back and be a dirt farmer was.. you know, he was totally supportive but I think he wants to see me being an insurance salesman.
父さんはセントラルヴァレーで育って、ずっと農地で働いた。だから父さんには、僕が手の汚れる農耕をやりたいなんて、たぶん残念かも。とても支えてくれるけどね。たぶん保険のセールスマンかなんかになって欲しかったんだと思う。

Severine von Tscharner Fleming: Director
セヴェリーン・ヴォン・チャーナー・フレミング: 監督
We are making a film about young farmers, their struggle and their valor. The redemptive force that they have, for our society, For our culture, for our agriculture, for our countryside, for our nation.
私たちは若き農夫たちの映画を作っています。彼らの葛藤と勇気を。人類の罪をあがなう力のことを。私たちの社会のために、文明のために、農業のために、農地のために、そして国家のために。

Ned Conwell: Blue House Farm, Pescadero CA
ネッド・コンウェル: ブルーハウスファーム、カリフォルニア州ペスカデロ
This land belongs to Peninsula Open Space Trust, which is a non-profit land trust along the coast side. They lease us 4 acres which we steward for them and grow excellent produce. Our ability, knowledge, understanding of this place, is growing every year every moment, every season is different.
この土地は、非営利団体ペニンシュラオープンスペーストラストの所有地です。私たちは4エーカー借りて、土地を耕し、素晴らしい農作物を作っています。私たちが出来ること、知識、この土地に対する理解は、毎年増えていきます。一瞬一瞬蓄えられています。毎シーズンが向上なんです。

Pilar Reber: Sunnyside Organic Nursery, N. Richmond CA
ピラー・レバー: サニーサイドオルガニックナースリー、カリフォルニア州ノースリッチモンド
They are coming in! Wow, it’s wonderful in here.
In conventional act, we’d have a huge machine doing this for us, which is about $30,000. But this works. There’s a low mobile thing I like it there.
「来たわよ、あぁ何て素敵なところなんでしょう!」
近代農耕方だったら、3万ドル位する大きな機械が耕す作業を代行するんです。でもこうして手で耕すので十分。この飾り穴、素敵でしょ。

Brooke Budner: Urban Gardener, San Francisco CA
ブルック・バドナー: アーバンガーデナー、カリフォルニア州サンフランシスコ
The way this garden got started is, I was up on my roof, and I could see this beautiful part of green space. So for about a month I stalked about this building. Finally I found someone coming out of the building and got the name of landlord and phone number, and I called him. And I asked if I could use the space. He asked “Do you wanna use a part of it? You want to use all of it?” “All of it” So he said “OK” and he gave me a code to garage before even met me.
この庭の始まりは.. ある日家の屋根に上って周りを眺めたら、この奇麗な緑の空き地が見えたんです。それから一ヶ月位、この家をずっと監視して、とうとう住人に会えました。その人から大家さんの名前と電話番号を聞いて、電話して聞いたんです。この場所を使ってもいいかって。大家さんは「一部を使いたいの?それとも全部?」私は言いました「全部」。大家さんは快く承諾してくれて、空き地に通じるガレージを開けるコードを教えてくれたんです。まだ会ったこともない私に。

I mean, gosh, what a gorgeous place. 70,000 acres of wildness. And the fort just created. Let’s take a look.
なんて素晴らしい光景!7万エーカーの自然!そしてそこに根を下ろす農家!

Participate, nominate, donate
若き農家たちのことを知ろう、身近な若き農家たちを紹介しよう、プロジェクトに献金しよう

thegreenhorns.net

– – – – – – – – –
The Greenhorns – A documentary film about young farmers
「グリーンホーンズ」若き農夫たちの物語

“Cultivators of the earth are the most valuable citizens. They are the most vigorous, the most independent, the most virtuous and they are tied to their country and wedded to it’s liberty and interests by the most lasting bands” – Thomas Jefferson
「大地を耕す者たちは、最も価値ある市民である。彼らは最も力強く、最も自立し、最も徳があり、そして彼らは国土と一体となり、最も強い絆で自由と国益に結びついている」トーマス・ジェファーソン

The Greenhorns is a documentary film that explores the lives of America’s young farming community – its spirit, practices, and needs. As the nation experiences a groundswell of interest in sustainable lifestyles, we see the promising beginnings of an agricultural revival. Young farmers’ efforts feed us safe food, conserve valuable land, and reconstitute communities split apart by strip malls. It is the filmmakers’s hope that by broadcasting the stories and voices of these young farmers, we can build the case for those considering a career in agriculture – to embolden them, to entice them, and to recruit them into farming.
「グリーンホーンズ」はアメリカの若き農夫たちの生き方を描くドキュメンタリー映画。彼らの情熱、農夫としての生活、そして彼らに必要なもの。持続可能な生活様式が求められている現在の世論の中、彼らの生き方には農業の復活の始まりの兆しがある。若き農夫たちの作り出す食物の安全さ、彼らの農耕法によって守られる大地、モール文化によって隔たれたコミュニティーの絆の復活。彼らの物語と彼らの声を広く伝えることで、多くの若者が農業に興味を持ち、農業を始める、その励みになることが監督の望みだ。

Our mission, as a small grass-roots nonprofit based in the Hudson Valley of New York, is to support, promote and recruit young farmers in America.
ニューヨーク州ハドソンバレーにある小さな草の根非営利団体である私たちの使命は、アメリカの若者を農業にリクルートすることだ。

– – – – – – – – –
40 farmers under 40
40歳以下の農夫、ベスト40

http://www.mnn.com/food/farms-gardens/stories/40-farmers-under-40

End Of The Line: 2048年に食用魚が海からいなくなる!

In Environment on 2009/06/16 at 23:03


THEY ARE THE ONLY OCEANS WE HAVE
私たちにはこの海しかない

THEY HAVE BEEN EVOLVING FOR BILLIONS OF YEARS
海は何十億年もの間、進化し繁栄して来た

THEY ARE ESSENTIAL FOR LIFE ON EARTH
海は地球の生命にとってなくてはならないものだ

SO WHO IS LOOKING AFTER THEM FOR US?
その海を見守っているものはいるのか?

IN 2000 A GROUP OF PEOPLE SET OUT ON A JOURNEY OF DISCOVERY
2000年、あるグループが発見の旅に出た

TO QUESTION WHAT HAD BEEN HAPPENING TO THE WORLD’S OCEANS
一体この海に何が起こっているのかを見つける旅に

“To loose these species, what does it mean for us? what does it mean for our society?”
「もし海洋生物がいなくなったら、それが私たちに意味するものは?私たちの社会に意味するものは?」

“What is that tuna you serve? Which ocean was it from, and how was it caught? ”
レストランに聞く「お宅で出しているまぐろは、どこでどうやって捕れたものですか?」

“If you take those curves they are dropping, when is it going to hit zero?”
「海洋生物の数を示すグラフは下降をたどっている。ゼロに達するのはいつなのだ?」

“At one level, it’s a question of how bad is it?”
「海の状態が良くないことは明瞭だ。一体どのくらい酷いのか?」

WHAT THEY UNCOVERED WAS MORE SHOCKING THAN THEY EVER IMAGINED
彼らが明らかにした事柄は、想像以上にショッキングだった

“Send shiver down my spine..”
乱獲の情景を見て「背筋が寒くなった」

“We have reached the limits what the ocean is capable of providing.”
「私たちの需要は、海が供給できる限界を超えてしまっている」

“It’s a final result we’ll be appoint in the future. They will run out. It’s a question of when. It could be a road of no return.”
「これらのデータの結論は、確実な将来予測です。海洋生物は底を尽きます。一体いつなのか。もう後戻りできないかもしれない。」

WE MUST DECIDE THE FUTURE OF OUR OCEANS
海の将来を決めるのは私たちだ

“The sea belongs to us. So why don’t we claim it back?’
「海は私たちのもの。だから、私たちの手で再生しなければならないのです」

End Of The Line / エンド・オブ・ザ・ライン
http://www.endoftheline.com
http://www.youtube.com/endofthelinemovie

The End of the Line is a powerful film about one of the world’s most disturbing problems – over-fishing. Advances in fishing technology mean whole species of wild fish are under threat and the most important stocks we eat are predicted to be in a state of collapse by 2050. The film points the finger at those most to blame, including celebrity chefs, and shows what we can do about it. This is not just a film, it is also a campaign – for sustainable consumption of fish, for marine protected areas to allow the sea to recover, and for a new ethic of responsible fishing.

「エンド・オブ・ザ・ライン」は世界で最も深刻な問題のひとつ「魚類海洋生物の乱獲」を訴えた衝撃的なドキュメンタリー。漁業技術の発達は、自然海洋生物の種の生存を脅かしている。2048年には現在食されているほとんどの魚類が絶滅の危機に瀕すると予測されている。本編はその原因である事柄を指摘する。有名人シェフなどにも焦点を当てる。そしてそれに対して私たちが出来ることを示す。本編は単なる映画ではない。バランスのとれた永続的な魚の消費、海洋回復のための保護政策、責任ある漁業のための新しい倫理、それらのためのキャンペーンなのだ。

2009年6月、米国ヨーロッパ各地で上映開始。
ナレーター: Ted Danson テッド・ダンソン

原作: 飽食の海 – 世界からSUSHIが消える日
チャールズ・クローバー著
http://www.amazon.co.jp/dp/4000247573
The End of the Line: How Overfishing is Changing the World and What We Eat
by Charles Clover
http://www.amazon.com/dp/0091897815

「FOOD, INC.」食品産業がどうやってあなたを病気に肥満に貧困にしているか – そしてそれと闘う方法

In Environment, Health Care, Uncategorized on 2009/06/09 at 00:06


「FOOD, INC.」食品産業がどうやってあなたを病気に肥満に貧困にしているか – そしてそれと闘う方法

The way we eat has changed more in the last 50 years than in the previous 10,000. The modern supermarket has an average of 47,000 products. The industry doesn’t want you to know the truth about what you’re eating. Because if you knew, you might not want to eat it.
私たちの食生活はこの50年間で変わりました。それ以前の1万年間での変化よりも急激な変化を遂げました。近代的なスーパーマーケットには平均して4万7千種の商品が並んでいます。食品産業は、あなたが食べているものの真実を知らせたくありません。もし知ったら、食べたくなくなるかもしれないから。

We’ve never had food companies this powerful in our history.
Everything we’ve done in modern agriculture is to grow it faster, fatter, bigger, cheeper. If you can grow a chicken in 49 days, why would you want one you got to grow in 3 months. When you go through a supermarket, there’s an illusion of diversity. So much of our industrial food turns out to be rearrangement of corns.
歴史上、食品産業がこれほどまでに力を持ったことはありません。近代農業のすべての目標が、早く大きく安く生産すること。鳥が49日で出荷できるのなら、三ヶ月もかける理由があるのか?スーパーマーケットの商品棚には「多種の食品」の幻覚があります。なんと多くの産業加工品が、みなトウモロコシから出来ていることか!

CORN PRODUCTS: KETCHUP, CHEESE, TWINKIES, BATTERIES, PEANUT BUTTER
トウモロコシ製品: ケチャップ、チーズ、トゥウィンキーズ、電池、ピーナッツバター

AMERICA’S FOOD INDUSTRY IS MAKING A KILLING
アメリカの食品産業はぼろ儲けをしている

Sometimes you look at vegetables and say, OK we can get 2 hamburgers for the same price.They have managed to make it against the law to criticize the products. There’s an effort to make it illegal to publish a photo of any industrial food operations.
野菜の高価な値段、同じ値段でハンバーガーが二つ買えるのです。政府はなんと、食品産業商品を批判することを違法にしてしまいました。食品産業の生産過程の写真を公開することを違法にする動きが進んでいます。

AND IT’S MAKING US SICK
そして食品産業商品は私たちを病気にする

I find it incredible, FDA wants to allow the sale of meat from animals without any labeling. Peanut butter contaminated with salmonella. E.coli has been found in spinach, apple juice. Smells like money to me.
驚くことに、FDA米国食品医薬品局は、食肉に生産地表示をしなくてもよいことを望んでいます。ピーナッツバターからサルモネラ菌、ほうれん草やリンゴジュースから大腸菌!「儲かるからね」

BUT YOU HAVE THE POWER TO TURN THE TABLES
しかし私たちには、逆転の力がある!

The average consumer does not feel very powerful. It’s exact opposite. When we run the items past supermarket scanner, we’re voting for local or not, organic or not. Look at the tobacco industry. The battle against tobacco is the perfect model of how an industry’s irresponsible behavior can be changed.
一般消費者は、自分は無力だと感じています。でも実際は逆なんです。スーパーマーケットで商品のバーコードが読まれるたびに、私たちは投票しているのです。地元生産品かそうでないか、有機農製品かそうでないか。タバコ産業を思い出して下さい。タバコ産業を相手取った闘いは、大産業がその無責任な産業形態を変えることになった素晴らしい雛形です。

“MORE THAN A TERRIFIC MOVIE – IT’S AN IMPORTANT ONE” – EW
「素晴らしい映画、そしてそれ以上に重大な映画」エンターティンメント・ウィークリー
“THE FILM I HAVE ALWAYS BEEN WAITING FOR” – ALICE WATERS
「ずっと待っていた映画」アリス・ウォータース

Imagine what would be if as a national policy, the idea would be to have such nutritionally dense food, that people actually felt better, had more energy, and weren’t sick as much. See, that’s a noble goal. People got to start demanding good wholesome food of us, and we deliver! I promise you!
想像してみて下さい。もしほんとうに栄養たっぷりな食物が生産されて、食べた人々が元気になりエネルギーが出て、もう病気になることがない、それがもし国家の方針になったら。農家にとってそれは素晴らしい目標です。人々は自然の恵みの食品を要求するべきなのです。そうすれば農家はそれを生産します。きっと生産します。

YOU’LL NEVER LOOK AT DINNER THE SAME WAY AGAIN
この映画を見たら、あなたの夕食を見る目は変わる

IN THEATRES JUNE 12TH 2009
米国2009年6月12日公開「FOOD, INC.」フード・インク
http://foodincmovie.com
http://youtube.com/takepart

ロバート・レッドフォード: 毎日をアースデーに

In Activism, Environment on 2009/04/22 at 17:41


Hello, I’m Robert Redford.
こんにちは、私はロバート・レッドフォードです。

The coming decade may be our very last to head off the environmental crisis like global warming, and the widespread loss of vital diversity.
私たちにとってこれからの10年間は、地球温暖化や広域に渡る自然破壊などの環境危機を止める、最後のチャンスかもしれません。

We can choose a different future. We got to do it quickly. Each of us must play a part. I hope you join me and support National Resource and Defense Council. I can’t think of a better way to choose a different, more hopeful future for our planet.
私たちには未来を選ぶことができます。予測とは違う未来を。でもそのためには早急に行動を起こさなければなりません。みなさん一人一人の参加が必要です。私と一緒にNRDC自然資源防衛委員会に参加して下さい。私たちの地球のために、もっと希望に満ちた、予測とは違う未来を選ぶために。

– – – – – – – – – – –
Making Every Day Earth Day – 毎日をアースデーに
4/22/2009 Robert Redford

今年で39周年を迎えたアースデーは、私にとって未だに力強く響く。これを読むみなさんの中には「アースデーはもう過去のもの」と思う人もいるかもしれない。だが私は言いたい「毎日がアースデーだ」一年にたった一日、地球のことを思うだけでは、何も変えることはできない。

市民による社会運動が政治を変えた十年間の最後に、アースデーは生まれた。より良い世界を作りたいと願う人々がひとつになった。大きな組織でなければ世界を変えられないと知っていたから。靴ひもを締め直し、肩を並べて行進した。人々が物理的に集合しなければならない時、集合の日を決めなければならない。1970年4月29日水曜と決められた日が最初のアースデーだ。

米国初の環境保護市民運動で闘った人々の中には、現代の若者はワシントンでのデモなどには参加しないだろう、と思っている人もいる。あの時のような情熱を持った若者はあまりいないに違いない、と思っている人もいる。しかし理想に無関心になったのではない。理想が昔とすこし違った形に見えているだけだ。

現代世代は自己表現と政治発言に昔とは違う方法を使う。ブログ、メール署名、YouTubeビデオ、Twitter、Facebook‥、私たちの時代には想像もつかなかったありとあらゆる方法で繋がることが出来る。毎日毎秒、現代世代は発言の新しい方法を見つけ出している。

私もようやく最近、彼らの思考を理解するようになった。私の自然環境保護への情熱は、昔と変わらない。だが行進するための靴のかわりに、ブログを使ってみることにした。現在私は、Huffington PostNRDC GreenlightSundance Channelで発言している。

アースデーはまだ価値があるだろうか?アースデーは、私たちが愛する地球のために毎日立ち上がり闘わなければならないことを、思い出させてくれる日だ。アースデーの今日、今私たちに与えられた素晴らしい道具を存分に使おう。FacebookやTwitterで発言しよう、繋がろう。そしてもう一歩踏み出して、NRDC Greenlightに参加してほしい。現代社会では、私たちのすべてがレポーターだ。すべての人類、生き物、そして私たちに情熱を与えてくれる自然のために、立ち上がろう。あなたの住む場所で起こっていることを、世界に発信しよう。あなたの声を届けよう。

Huffington Post: Robert Redford
http://www.huffingtonpost.com/robert-redford

NRDC Greenlight / OnEarth: Robert Redford
http://www.onearth.org/author/robert-redford

Sundance Channel: Robert Redford
http://www.sundancechannel.com/sunfiltered/author/robertredford

– – – – – – – – – – –
活動家ポール・ニューマン
https://100voices.wordpress.com/2008/09/29/paul-newman-activist/

慈善家ポール・ニューマン
https://100voices.wordpress.com/2008/09/28/paul-newman-newmans-own-hole-in-the-wall-camp/

7歳のラッパー、リル・ペピ「母なる大地が泣いている」

In Activism, Environment, Music + on 2009/04/13 at 21:23

Mother Nature’s Crying 母なる大地が泣いている
Lil Peppiリル・ペピ 7歳(2006年)

(コーラス)
Mother Natures crying, she’s just so sad and blue
母なる大地が泣いている、悲しい悲しいって泣いている
Her tears just keep on falling, look what we’ve put her through
こぼれる涙がとまらない、僕らはなんてことをしたんだろう

(1番)
Question! What’s going on in this world that we live in, too much taking and not enough giving
Mother nature keeps on crying, she’s kind of sad cause the planet keeps dying I’m telling ya…
質問!この世界はどうなっているの?取るばっかりで与えない
母なる大地が泣いている、地球が死んでいくって泣いている

If I were the king of the world, I would make a better place for the boys and girls
I would clean up, all of the pollution, if we work together we can find the solution now
僕が王様だったら子供たちのために、もっといい場所にするのに
公害をぜんぶなくすんだ、みんなで力を合わせればできるよ、今が絶好のチャンスさ

It’s a perfect time to make this world a better place, kids from all around the world standing for the human race
Europe to Japan, and on the Africa, in the middle east and back to America
この世界をよくするために人類のために、子供たちが立ち上がるんだ
ヨーロッパから日本、アフリカから中東そしてアメリカまで

Kids everywhere, trying to save the earth, let’s clean it up, but first things first
Now’s the time, we gotta do it quick, we gotta make a change, cause the planet’s getting sick
すべての子供たちが地球を救おうとしてるんだ、きれいにしよう
間に合うように、早くやらなくちゃ、だって地球が病気なんだもの

(コーラス)
Mother Natures crying, she’s just so sad and blue
母なる大地が泣いている、悲しい悲しいって泣いている
Her tears just keep on falling, look what we’ve put her through
こぼれる涙がとまらない、僕らはなんてことをしたんだろう

Time and time again we’ve seen the writing on the wall
何度も何度も警告されて、どうなるかわかっていたのに
Nothing can be sadder than to watch her tears fall
こぼれる涙を見ていると、僕たまらないよ

(2番)
Listen! We gotta save the earth, before it gets worse, doing everything that I can, that’s the plan
I’m going to take a trip all around the nation, and spread the word, from station to station
聞いて!地球を救わなくちゃ、これ以上悪くなる前に、できることはすべてやるんだ
僕は国中旅をする、そして世界の放送局でメッセージを伝えるよ

Thinking about the situation, that’s my mission, say it through my song’s, and maybe they will listen Mother Natures begging us to do this, to make a change to this, it’s been 30 years I thought you knew this
いま起きていることを伝えるのが僕の役目、僕が歌えば聞いてもらえるかもしれない
母なる大地が僕らに訴えてるんだ、変わって欲しいって、知ってるだろ?30年も前から

The truth is, it’s getting hotter every year, and there’s a great big hole up in the atmosphere
And everybody’s talking about the ozone, with more hurricanes, more hot days and the cyclones
本当のことさ、毎年暑くなっている、大気圏に大きな穴があるんだ
みんなオゾンのことを話してる、ハリケーンが増えて、暑い日が続いて、それにサイクロン

I’m not worried, cause I know we can fix it, my generation comes with no gimmicks
The plan we got now, I think its been failing, ‘cause each and every day, the ice keeps melting
怖くはないさ、だって僕らはなんとかできる、僕らの世代は騙されないから
今までの計画はうまくいってないよ、だって毎日氷河が溶け続けているもの

(コーラス)
Mother Natures crying, she’s just so sad and blue
母なる大地が泣いている、悲しい悲しいって泣いている
Her tears just keep on falling, look what we’ve put her through
こぼれる涙がとまらない、僕らはなんてことをしたんだろう
Time and time again we’ve seen the writing on the wall
何度も何度も警告されて、どうなるかわかっていたのに
Nothing can be sadder than to watch her tears fall
こぼれる涙を見ていると、僕たまらないよ

(3番)
If your not making a difference then back on up, we got one last chance so I’m cleaning it up
The planet is a beautiful place but it’s wasted, smog so thick that sometimes I can taste it
なにもしたくないなら邪魔しないで、最後のチャンスなんだ、僕はやるよ
地球は美しい星なのにこんなに汚されて、ひどいスモッグは変な味までする

You ever seen a full moon shining on December, the way the soft snow falls down in the winter
You ever seen a picture of the Himalayas, the deep blue seas and the beaches in Jamaica
12月の満月を見たことあるかい?冬のふわふわした雪をみたことがあるかい?
ヒマラヤの写真は?ジャマイカの青い海や海岸は?

You ever seen the sky on a dark summer nights, it’s like a million stars my lil’ brothers said it’s tight
These are the things and the days that I cherish, we gotta make a change so these days won’t perish
夏の夜を見上げたことは?満天の星、僕の弟は「スゲ〜!」って言ったよ
こんな景色が僕には大事なんだ、変えなくちゃ、この景色がなくなる前に

(コーラス)
Mother Natures crying, she’s just so sad and blue
母なる大地が泣いている、悲しい悲しいって泣いている
Her tears just keep on falling, look what we’ve put her through
こぼれる涙がとまらない、僕らはなんてことをしたんだろう
Time and time again we’ve seen the writing on the wall
何度も何度も警告されて、どうなるかわかっていたのに
Nothing can be sadder than to watch her tears fall
こぼれる涙を見ていると、僕たまらないよ

2006年: どうして僕が「母なる大地が泣いている」を書いたか

学校で地球温暖化のことを習ったんだ。そしてその週に「Happy Feet ハッピー フィート」という映画を見た。その夜、父さんが「Keep America Beautiful」という70年代のキャンペーンのコマーシャルを見せてくれた。人々が地球を汚しているのに悲しんで泣いているインディアンが出て来た。その時僕は、僕の役目を果たそうと思ったんだ。父さんと一緒に「母なる大地が泣いている」を書いた。それから父さんがタイトなビートを作ってくれて、クールな仲間が集まって録音した。友達がコーラスを付けてくれた。出来た時、みんな、これはとっても大事な曲だ、って感じた。父さんはホームメイドビデオも作ってくれた。

僕の目標は、子供たちに「地球を救うことはすごく大事なこと」ということをわかってもらうこと。美しい地球を守るために、みんなが自分の役目を果たすことをわかってもらうことさ。

Melting Ice 氷河が溶けてる
Lil Peppiリル・ペピ 10歳(2009年)

Lil Peppi リル・ペピ
http://www.lilpeppi.com

ニール・ヤング「Get Around / Fork In The Road」ハイブリッド車リンクヴォルトの旅

In Environment, Music + on 2009/04/07 at 21:03

Get Around trailer from Shakey Pictures on Vimeo.

映像配信サイトJaman独占公開、ニール・ヤング「Get Around」

ニールは愛車1959リンカーンコンチネンタルを、環境に優しくしかも時速100マイル出せるLincVoltリンクヴォルトに改造した。そしてニールの監督アルターエゴBernard Shakeyバーナード・シェーキーは、映像のハイブリッドであるロードムービーミュージックビデオを製作した。新アルバム「Fork In The Roadフォーク・イン・ザ・ロード」を歌いながら、リンクヴォルトを運転するニール。jaman.comではこの素晴らしい映画と共に、リンクヴォルト計画の歴史、目的地ワシントンへの行程を配信していく。

jaman.com: Get Around
http://www.jaman.com/movie/Fork-Road/0-REXxc4u-FI/

Brainstorm Tech Conference 2008: Neil Young
http://www.timeinc.net/fortune/conferences/brainstormtech/tech_highlights.html

I became more fascinated really with ending wars by trying to create energy from something that we are not doing now. Something to create energy in a different way and propel a vehicle in a different way. And that became kind of like a obsession with me.  It’s like a focus that I can’t get rid of..

(ニール・ヤング) 戦争を終結するためには、エネルギー源を現状から変えなければならない、車の動力源を変えなければならない‥このことに取り憑かれてしまったんだ。

This is LincVolt. Now the story if you’re not familiar with is, he has this 1959 Lincoln Continental, he went on internet, he found this guy in Wichita KS who wants to build a ..

(司会) リンクヴォルトですね。(会場に向かって) ご存知ない方もいると思いますが、彼は1959年製リンカーン・コンチネンタルを持っています。そしてネットで調べて、カンサス州ウィチタにいるこの男を見つけたんです。彼に作らせようとしているのが‥

I had to google around for about a month to locate somebody that was into environmental efficiency and power, and generating power, and big motors, to make big things.  Everybody was talking about little things.  And I’m looking around here and stand out in front of Ritz Carlton here, and I see everybody all successful guys and ladies coming in here, and they all got huge wagons rolling in, and you know, and got Corvettes and everything, and it’s cool.

(ニール・ヤング) 一ヶ月間ググったよ。環境を考えた効率性とパワー、そうパワーが大事だった。でかいモーター、でかい車を動かすための。そんな仕事をしている男を見つけるのに。みんな小さく小さく考えているだろ。だけどこうしてリッツカールトンホテルの前に立って見回してみても、みんな成功した人たち、そんなみんなが乗り付けるのは巨大なワゴンとかコルベットとかだよ。だってイカしてるからね。

It doesn’t say anything to me rather than, Americans are, a lot of them are BIG, and they like bigger cars. Canadians are big, too. They like big cars and long highways.  (My car is) 19.5 feet, 2.5 tons. So if that’s gonna be a hybrid, we’re gonna make this thing work, and we gonna get over 100 miles a gallon with it. Without a doubt, we’re gonna do that.

それを見てもわかるように、アメリカは、アメリカ人は、大半がでかい。そしてでかい車が好きだ。カナダ人もでかいな。奴らはでかい車で長いハイウェイを走るのが好きなんだ。僕のリンカーンは19.5フィート(約6メートル)2.5トン。これをハイブリッドにするんだ。うまく行かせる。1ガロン100マイル以上の燃費にする。疑問の余地はない。絶対やる。

So, we’re gonna demonstrate 3 different ways to power a car that size. In all in same car, we hook it up with one of the Dream Force website which we’re working on right now. We got sensors on every little thing on this car, what the angle is going up and down, what it’s doing, what the temperature is, the altitude is, how much fuel, how much kilowatts in the prime mover, how much fuel is going into generator, what is the battery situation, all of these things are all being monitored and sent to the website where the back room back office is calculating them to the graphs that all comes back to the website.

僕らはリンクヴォルトに三つの方法を試している。Dream Forceウェブサイトに繋げて、リンクヴォルトの細かいデータを収集している。データの上下を見て何が起こっているか、温度は?高度は?燃料消費は?原動力のキロワットは?ジェネレーターの燃費は?バッテリーの状態は?これらすべてがモニターされて、ウェブサイトに送られる。受けた測定室ではそれらのデータをグラフにしてサイトに戻す。

So that as you’re rolling down the road, you are watching yourself on the internet checking out your stats, so we can compare a plug-in electric vehicle with a long ranger electric vehicle we like to call it that, it’s got a generator that makes you go as long as you wanna go.  We developed extremely extremely efficient generator system which I think it’s got really revolutionary thing in it.  And we are also working on a on-board fuel creation, which is one of the important things to eliminating road side refueling, and that’s a goal of our program.

運転しながら、ネットでリアルタイムの分析データを読む。それを使って、プラグイン方式と長距離電気自動車方式を比べることが出来る。長距離電気方式には走りたいだけは知れるジェネレーターを使う。僕らが開発したのはとんでもなく高性能のジェネレーターシステムだ。革命的要素があると思う。それに加えて車内燃料生成方式を開発中だ。給油の必要性をなくすこと、これが僕らの最終的な目標だからね。

And since I’m a rock ‘n roll star, it doesn’t matter, I don’t care, I’m not scare to fail.  I have this goal, and it’s a goal.

僕はロックスターだ。だから構わない。失敗は怖くない。僕には目標がある。これが僕の目標だ。

LincVolt
http://lincvolt.com

Neil Young: Folk In The Road
http://www.neilyoung.com/forkintheroad/forkintheroadpage.html

「Fork In The Road」和訳
https://100voices.wordpress.com/2009/02/05/neil-young-fork-in-the-road/

「愚かな時代」知りながら自滅する種..人類

In Environment on 2009/03/23 at 22:35

資料保管人の言葉

‥回避することが出来たのにしなかった、なんということだ、一体何を考えていたんだ、絶滅に直面しながら一笑に付すなんて‥
‥人類の歴史の常は、生まれて来たときよりも少しだけ世界を良くして去る、進歩することだったはずだ。車輪、法律、ペニシリン。それが子供や孫たちへの約束だったはずだ‥
‥不思議だ、これらの映像を見ていると、まるで望遠鏡で遠くの海辺を見ているようだ。小さな面積の中で人々は堂々巡りをしている。そして津波がすぐそこに迫っている‥
‥私たちは自らの力で絶滅する、初めての種になるだろう。そうなることを知りながら絶滅していく種。その愚かさは何を意味するだろう‥

The Age of Stupid 愚かな時代
http://www.ageofstupid.net

2055年、気候異変によって変わり果てた地球に一人残された「アーカイヴィスト 資料保管人」。氷が溶けてしまった北極に設置された「地球資料館」で、いつか地球が蘇生する日のために、資料を整理している。二度と同じ間違いを侵さないように。

彼が目を通すのは現在実際に進行している事柄。
山の変化に涙する82才のフランス人登山ガイド、国民全員が飛行機に乗れるための低額航空会社を発足するインド人、シェル石油で働きながらカトリナ時に100人を救済したアメリカ人、シェル石油が最も利益を上げている石油産地で近代的な生活を望むナイジェリア人、戦争で両親を亡くし兄弟を捜すイラク難民の子供たち、反対勢力と闘う風力発電開発者のイギリス人..

未来を舞台設定に、ドラマとドキュメンタリーとアニメーションを組み合わせた、90分映画作品。2009年3月15日にロンドンでプレミアが行われ、3月20日より全英公開中。米国5月プレミア、オーストラリア7月プレミア、インド9月プレミア予定。「資料保管人」を演じるPete Postlethwaite ピート・ポスルスウェイトは、英国が誇る舞台俳優。映画「父の祈りを」「ブラス!」などでも有名。

制作費は一般からの投資「crowd-funding」によって賄われれた。
http://www.ageofstupid.net/money

現在32カ国語の字幕を付けたDVD制作のための翻訳者を求めている。
http://www.ageofstupid.net/translation_for_subtitles

第一翻訳者を求めている言語: ヒンドゥー(インド)、グジャラチ(インド)、ベンガル(インド)、スワヒリ(アフリカ)、ウルドゥー(インド、パキスタン)

第二翻訳者を求めている言語: ヒンドゥー(インド)、グジャラチ(インド)、ベンガル(インド)、スワヒリ(アフリカ)、ウルドゥー(インド、パキスタン)、インドネシア、オランダ、ハンガリー、スウェーデン、チェコスロバキア、スロバキア、ベトナム、マレーシア、タイ、ビルマ、ハウサ(ナイジェリア)

既に翻訳者が決まった言語: イタリア、フランス、スペイン、ロシア、ポルトガル、ドイツ、トルコ、ポーランド、ルーマニア、クロアチア、オランダ、フィンランド、ギリシャ、ノルウェー、アラブ、ヘブライ、日本、中国呉、北京、マラヤーラム(インド)、バハサ(インドネシア)、タイ、韓国、プンジャビ(インド)、ベンガル(インド)、アイスランド

目標は観客2億5千万人!この映画のことを知らせよう!気候変動対策へのアクションに参加しよう!
NOT STUPID – 私は愚かではない
http://www.ageofstupid.net/notstupid

– – – – – – – –
関連記事: 地球温暖化ドキュメンタリー映画「エイジ・オブ・ステューピッド」―未来を無視する愚かな時代を映しだす
http://www.newsmag-jp.com/archives/563

コーエン兄弟の「クリーンコールクリーン」CM

In Activism, Environment on 2009/03/12 at 22:23


Smells so clean!
すごくクリーンな香り!

Is regular clean clean enough for your family? Now you can have “Clean Coal Clean”. Clean Coal harnesses the awesome power of the word “clean” to make it sounds like cleanest clean there is.
皆さんのお宅は普通のクリーンでご満足ですか?新発売の「クリーンコールクリーン」をお試しください。「クリーンコール」にはクリーンという言葉を – もう今までになかった様な最高にクリーンな – にする素晴らしい力があります。

Clean Coal is supported by the Coal Industry, the most trusted name in coal.
「クリーンコール」は、コールで最も信頼のあるブランド – 石炭業界の提供です。

IN REALITY, THERE’S NO SUCH THING AS CLEAN COAL.
現実: 「クリーンコール」というものは存在しない。
詳しくはTHISISREALITY.ORGへ。
http://thisisreality.org


コーエン兄弟撮影風景

(Brian Hardwick: The Alliance for Climate Protection
ブライアン・ハードウィック: 気候保護同盟)
石炭業界は何年にも渡って宣伝を行っています。私たちはそれに対抗できる情報源とメッセージを持った、初めての環境保護団体の連帯です。現実には、今日「クリーンコール」というものは存在しません。

(Joel Coen ジョエル・コーエン)
今日撮影しているのは、典型的な商品コマーシャルのパロディー風です。「クリーンコール洗剤、これで洗えばみんなクリーンコールクリーン!」クリーンコールクリーンとは、実はクリーンではないんです。セールスマンがニッコリ笑って登場し、でも実際に起こっているのは、この製品がこの一家の人生を破壊している‥。そんなブラックコメディーです。

(Brian Hardwick)
ユーモアでメッセージを送るのは、とても有効な手段です。まず注目させる、笑わせる、そして疑問を持たせる。見た人たちが自分たち自身で知ろうとすることが必要です。私たちは何かを売ろうとしているのではありません。考え方を変えようとしているのです。

This Is Reality(カナリアに聞いてみよう)

US EPA: Burning coal is a leading source of global warming pollution
米国環境保護庁: 石炭の燃焼は地球温暖化公害の主要要因である

US EPA: CO2 emissions from U.S. coal-based electricity are greater than emissions from all the cars and trucks in America
米国環境保護庁: 石炭の電力化で発生する二酸化炭素量は、米国のすべての車両のそれより多い

IEA and MIT database: The Coal industry is spending millions advertising Clean Coal, but not a single Clean Coal power plant exists in the US today.
国際エネルギー機関とマサチューセッツ工科大学のデータ: 石炭業界はクリーンコールの宣伝に多額の出費をしているが、現在米国にクリーンコールによる発電所は存在しない

Blan Holman, Southern Environmental Law Center: “Clean Coal is like a Healthy Cigarette”
ブラン・ホルマン、南部環境法センター: 「クリーンコール」は「健康タバコ」のようなものだ

もっと知りたい!This Is Reality
http://thisisreality.org

The Alliance for Climate Protection 気候保護同盟/代表アル・ゴア
http://climateprotect.org
http://repoweramerica.org
http://wecansolveit.org
http://thisisreality.org

コーエン兄弟監督作品: バーン・アフター・リーディング、ノーカントリー、オー・ブラザー!、ファーゴ、バートン・フィンクなど

アースアワー2009, 3月28日土曜午後8:30

In Environment on 2009/02/26 at 02:35

I’m just one person. What can I do about global warming? I try to be environmentally aware. I try not to be wasteful. I try to do the right thing. But I’m just one person…
私はたった一人。地球温暖化に何が出来る?環境について勉強したり、無駄をなくしたり、出来ることはやっているけれど、でもたった一人‥。

On 31 March 2007, for one hour, one city made a powerful statement about the urgent need for action on global warming…by turning off its lights.

2007年3月31日、たった一時間、たったひとつの市がとても力強いメッセージを送った。地球温暖化へのアクションが今すぐに求められていることを。その市は一時間、電気を消した。

Earth Hour 2007 brought together families, businesses, local councils & Hollywood stars. 2.2 million people in Sydney turned off their lights.

アースアワー2007は一般家庭を、会社を、地域の委員会を、ハリウッドのスターたちを、ひとつにまとめた。シドニーの220万人が電気を消した。

What began as one city taking a stand, caught the attention of the world. And in 2008 Earth Hour went global. Earth Hour 2008 brought together 35 countries & over 370 cities.

たったひとつの市のアクションが、世界の注目を浴びた。2008年アースアワーは地球に広がり、35カ国370以上の都市がひとつになった。

Toronto CANADA, Suva FIJI, Phoenix USA, Rome ITALY, New York USA, Tel Aviv ISRAEL, Casey Station ANTARCTICA, Christchurch NEW ZEALAND, Chicago USA, Canberra AUSTRALIA, Copenhagen DENMARK, San Francisco USA, Manila PHILIPPINES, Atlanta USA, Sydney AUSTRALIA.

カナダのトロント、フィージーのスバ、アメリカのフェニックス、イタリアのローマ、アメリカのニューヨーク、イスラエルのテルアビブ、南極のケーシー基地、ニュージーランドのクリストチャーチ、アメリカのシカゴ、オーストラリアのキャンベラ、デンマークのコペンハーゲン、アメリカのサンフランシスコ、フィリピンのマニラ、アメリカのアトランタ、そしてオーストラリアのシドニー。

Millions gave their support globally.

世界の何百万もの人々が支援を表明した。

Hello, I’m Richard Branson and I want you to stand up and join us in the fight against climate change.

リチャード・ブランソン: 気候変動と闘うために一緒に立ち上がろう!

I’m Nelly Furtado, and I know as well as anyone a great idea is hard to come by.

ネリー・ファータド: みんなそう思うでしょ?こんなに素晴らしいアイデアは滅多にないわ。

Cate Blanchett: It’s very rare in the place of our life to stop and think about how much we consume and the way we live our lives, so I think it’s a beginning.

ケイト・ブランシェット: 毎日の生活の中で、私たちがどれだけ消費しているのか、私たちの暮らし方はどうなのか、こうして立ち止まって考える機会は本当に稀です。だからこれは‥考えることへの第一歩ですよね。

In Australia alone, 58% of Australian adults participated. And with over 10214 Google news items, and 24958 Earth Hour blogs, it stopped being a Sydney event, and became a global movement. It is estimated that globally 50 million people took part in Earth Hour 2008.

オーストラリアだけでも58%の大人が参加した。グーグルの関連ニュース10214件、アースアワーに関するブログ24958エントリー。アースアワーは「シドニーのイベント」ではなく「世界のイベント」世界のムーブメントになった。アースアワー2008への参加者は、世界で約5000万人だった。

Help us make Earth Hour 2009 even bigger.
アースアワー2009をもっと大きなムーブメントにしよう!
Earth Hour 2009 March 28, 8:30PM
アースアワー2009 3月28日8:30PM

This year, the world’s first global election is taking place, an election between earth and global warming. It’s not about what country you are from, but what planet you are from. Your light switch is your vote. We need one billion votes for earth, because our planet is worth saving. Vote Earth by simply switching off your lights for one hour and join the world for Earth Hour. Saturday march 28th, 8:30-9:30pm.

アースアワー2009 キャンペーン「地球に投票しよう」

今年、世界初の世界選挙が行われます。地球に投票するか、温暖化に投票するか。あなたがどの国にいるかは関係ありません。あなたがどの星にいるのかが重要なのです。あなたの電気のスイッチが投票箱。地球が当選するには、10億票が必要です。地球はそれほど大事なものなのだから。

地球に投票してください。3月28日土曜午後8:30から9:30まで一時間電気を消す‥あなたの一票です。

アースアワー、オフィシャルサイト
EARTH HOUR 2009

http://www.earthhour.org/

アースアワーグッズ
http://www.earthhour.org/downloads/

アースアワーポスター、シェパード・フェイリー
EARTH HOUR 2009 Poster: Shepard Fairey

http://www.flickr.com/photos/earthhour_global/

– – – – – – –
WWF日本「Earth Hour(アース・アワー) 2009」開催をめざして
http://www.wwf.or.jp/activity/climate/news/2009/20090109.htm

使い捨て文化の内幕「The Story of Stuff」日本語版

In Environment, Human Rights on 2009/02/17 at 01:11


THE STORY OF STUFF 物の話: 予告編1

It’s all about externalizing the costs. What that means is the real costs of making stuff aren’t captured in the price. In other words, we aren’t really paying for the stuff we buy.

経費は外に‥物を作るための本当の経費は、物の価格には含まれていない。つまり、私たちは本当の対価を物に払っていないんです。

I was thinking about this the other day. I was walking to work and I wanted to listen to the news so I popped into this Radio Shack to buy a radio. I found this cute little green radio for 4 dollars and 99 cents. I was standing there in line to buy this radio and I wondering how $4.99 could possibly capture the costs of making this radio and getting it to my hands.

会社に歩いて通うから、ラジオでニュースを聞きながら歩きたいなぁと思って、ラジオシャック(電気屋)に寄りました。そしたら小さな緑のかわいいラジオが4ドル99セント。レジに並んでいる時思ったのだけれど、たった4ドル99セントでどうしてこんなラジオが売れるんだろうって。

The metal was probably mined in South Africa, the petroleum was probably drilled in Iraq, the plastics were probably produced in China, and maybe the whole thing was assembled by some 15 year old in a maquiladora in Mexico. $4.99 wouldn’t even pay the rent for the shelf space it occupied until I came along, let alone part of the staff guy’s salary that helped me pick it out, or the multiple ocean cruises and truck rides pieces of this radio went on. That’s how I realized, I didn’t pay for the radio. ..So, who did pay?

鉱石はたぶん南アメリカで採掘されて、原油はたぶんイラクで掘られて、プラスチックはたぶん中国製、そしてたぶんメキシコの工場で15才位の子供が組み立てたに違いない。4ドル99セントじゃ、店の棚賃にもならない。探してくれた店の店員の給料にもならない。遠くからこのラジオを運んで来た船賃やトラック代にもならない。そして気がついたんです。私がラジオにお金を払っているんじゃない。‥じゃぁ、誰が払っているの?


THE STORY OF STUFF 物の話: 予告編2

Planned obsolescence is another word for “designed for the dump.” It means they actually make stuff that is designed to be useless as quickly as possible so we will chuck it and go buy a new one. It’s obvious with stuff like plastic bags and coffee cups, but now it’s even big stuff: mops, DVDs, cameras, barbeques even, everything!

「PLANNED OBSOLESCENCE: 計画的老朽化」すなわち、捨てるためデザインされている‥ということ。できるだけ早く使い物にならないようにして、捨てて新しい物を買わなければならないようにデザインされているということ。レジバッグやコーヒーカップは明らかにそうだけれど、もっとしっかりした物、モップやDVDやカメラや、バーベキューグリルも!

Even computers. Have you noticed that when you buy a computer now, the technology is changing so fast that within a couple years, it’s (your new computer) actually an impediment to communication. I was curious about this so I opened up a big desk top computer to see what was inside. And I found out that the piece that changes each year is just a tiny little piece in the corner. But you can’t just change that one piece, because each new version is a different shape, so you gotta chuck the whole thing and buy a new one.

そしてコンピュータまで!コンピュータを買うと、技術の変化が早すぎて、二年もするとネット通信がスムーズに出来なりますよね。どうしてだろう?と思ってデスクトップパソコンを開けて中身を見てみました。そしたら毎年変わって行くのは隅っこにある小さなチップだけ。けれど、毎年形が変わるから、それだけを変えることはできないんです。だから大きなパソコン全部を捨てて、新しいのを買わなければならないっていうわけ。

– – – – – – – –
The Story of Stuff / 物の話」は消費主義社会の内幕に迫った刺激的な物語。原料の搾取からiPodの焼却まで、使い捨て文化の代価を暴露する。20分のアニメーションはほんの始まり。どんどん学んで、そんな世界を変える活動に参加しよう!
http://StoryofStuff.com

10 Little and Big Things You Can Do
すぐに出来る!世界を変える10の方法

http://www.storyofstuff.com/anotherway.html

– – – – – – – –
2007年12月4日に公開されたオンラインドキュメンタリー「The Story of Stuff」。ラルフ・ネーダーが「a model of clarity and motivation / 明確さと啓蒙の雛形」と評した本作は、公開以来400万人以上に閲覧され、現在世界のボランティアによって12カ国語に翻訳され字幕が付けられている。
http://www.storyofstuff.com/international

●このサイトに現在「日本語」の表示がありませんが、任意の外国語を選び、映像のbufferingが終わり右上に表示される「SUB」のリストから「Japanese」を選び、日本語の字幕を表示させることができます。

●日本語字幕作者のページで、字幕付き全編を見ることが出来ます。
The Story of Stuff 日本語版!
http://indiesatellite.jp/?p=46
http://video.google.com/videoplay?docid=-6931908723672573872

Neil Young: Fork In The Road

In Activism, Environment, Music + on 2009/02/05 at 21:58

発売中: 米国 iTunes Store, Amazon.com

“Fork In the Road”
Neil Young @ The Huffington Post
Posted January 13, 2009 | 08:34 PM (EST)
http://www.huffingtonpost.com/neil-young/fork-in-the-road_b_157698.html

この歌は、先月ニューヨークでやったセッションの最後に湧いて来た。その夜、家に帰る前に録音した。先週撮ったShakey Pixのビデオ、楽しんでくれ。1月20日に会おう!
Joe the rock star (注: Joe the plumber / 配管工のジョー、のもじり)

「Fork in the Road / この先ゃ分かれ道」

腹が出ちまった、ひどくはないが、運転の邪魔だ
この古い相棒に乗って、この国を走る、景色は俺に語りかける

俺の友達は小型トラックで、子供を学校に送る、それから女房を美容学校へ
女房はマニキュア塗りの仕事だ、仕事を探さなきゃ、いい教師はどこだ?

この先ゃ分かれ道、どっちに行けばいい?この先ゃ分かれ道

今年は軍隊に敬礼するのを忘れちまった、みんなまだくそったれの戦地にいる
最悪だ、一体誰のアイデアだったっけ?

「希望」はあるが、「希望」で腹はふくれない
俺はまだ終わってない、諦めてない、手は引かない、もう手遅れだ

経済救済措置があったって、俺には関係ない
関係あるのはテレビで株の変動に釘付けの奴らさ、俺には関係ない

俺はロックスターだ、売り上げは没落した、だが俺には君らがいる
ありがとう!ダウンロードしてくれ!ひどい歌だが

ブログは続けてくれよ、電源が切れるまで、バッテリーが死ぬまで
「Twist and Shout / ツィスト&シャウト」がラジオでかかってる
いい時代だったよな、戻してくれ

経済救済措置があったって、俺には関係ない
関係あるのは悪事を隠している奴らさ、経済救済措置があったって、俺には関係ない

フラットスクリーン買ったけど、借金のかたに持って行かれた
壁に穴が残ってるだけ、先週の土曜だ、レイダーズの試合を身損ねた

経済救済措置があったって、俺には関係ない
経済救済措置があったって、俺には関係ない
関係あるのは悪事を隠している奴らさ

– – – – – – – – – – – – – – –
Neil Young @ The Huffington Post プロフィール
http://www.huffingtonpost.com/neil-young/

ニール・ヤング、活動家(ブリッジ・スクール、ファーム・エイド)、ロックの大御所。独自のチームを編成し、燃料を食う大型車の愛車1959年リンカーン・コンチネンタルを改造し、グリーン・テクノロジーと環境保全のお手本にすることに取り組んでいる。1ガロンで100マイル以上走行する車を対象に、1000万ドルの賞金がかけられたAutomotive X Prizeに参加。製造50年、史上最も大きく重量のあるこの車は「Linc Volt / リンク・ボルト」と名付けられ、この過程は「Repowering The American Dream」と名付けられ、ヤングの映画製作Shakey Picturesによってドキュメンタリー映画になる予定。
http://lincvolt.com

– – – – – – – – – – – – – – –
wiki: The Huffington Post
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Huffington_Post

The Huffington Post / ハフィントン・ポスト(略してHuffPost, HuffPo)は、リベラル / 自由平等主義のニュースと、各分野の著名人が多数参加する集積ブログから成り立っている。Arianna Huffington / アリアナ・ハフィントンとKenneth Lerer / ケネス・レラーが2005年5月に創立し、各種ニュースとコラムを配信している。政治、芸能、メディア、生活、ビジネス、そして環境グリーン・ムーブメントなどの話題を網羅している。

– – – – – – – – – – – – – – –
Linc Volt enteres X Prize Race
https://100voices.wordpress.com/2008/03/20/linc-volt-enteres-x-prize-race/

Al Goreからのお願い: 環境のための経済回復対策

In Environment on 2009/01/28 at 23:30

Last week, I sat a few feet away as Barack Obama was sworn in as our new president. It was an amazing and wonderful feeling to see the history being made, and to feel the passion and hope of millions, literary stretching more than a mile in the mall.

Our new president called us to actions and service, and I know we all take that very seriously. The truth is we’ve never been closer to real progress on the issue we care so much about. But it’s up to us to turn hope into action.

I was there in 1993 when we had our ground full of support in our inauguration for major change. But too much of that was blocked by powerful special interests.

This time can be different. But only if we decide to make it different. So it’s time to get real.  Right now our new leaders and congress are debating in the economic recovery plan that will invest in alternative and renewable energy, help end our addiction to foreign oil and dirty coal, begin to address the climate crisis and create millions new jobs in the process.  It’s a crucial down payment on our Repower America agenda.

But it’s passage is in no way of certainty. Because the big oil and coal lobbies will fight tooth and nail against change. Just they have in the past.

This time, though, we can stop them. We have to act now. The next few weeks are critical. We have real opportunities right now that we may never have again. If we are able to seize these opportunities, we will set in motion the exciting incentives that we’ll create high paying new jobs, give us new renewable energy sources, and provide long overdue solutions to the climate crises.

That’s why days and weeks ahead, I’m going to be calling on you to take further action to help make our goal of a 100% clean electricity in 10 years a reality.  It’s a bold goal, but the one is very much attainable.  And with your support, I have no doubt that together we can repower America.

Thank you,

Al Gore

先週私は、バラック・オバマが新しい大統領として宣誓する場面を、彼のすぐそばで見ていました。歴史が作られるのを目の当たりにする、信じられない様な素晴らしい気持ち、そして何百万もの人々の情熱と希望が、ナショナルモール一面に広がっていました。

私たちの新しい大統領は、行動と奉仕を呼びかけました。もちろん私たちは真剣に取り組みます。そして何より、私たちが望んで来たことの実現に、これほど近づいたことはありません。でも「希望」を「行動」に変えるのは私たち次第です。

1993年、私が副大統領に就任した時、私たちが目指した大きな変化を支援する人々でいっぱいでした。しかし力を握る利益団体によって阻止されてしまいました。

今回は違います。もし私たちが本気で変えようとすれば、変わります。本気になる時です。現在私たちの指導者と議会は、経済回復策として代替再生可能エネルギーへの投資を検討しています。海外からの石油や有害な石炭への依存を辞め、気候危機への対策を明らかにし、その過程で多くの「仕事」を生み出すのです。私たち「Repower America」の大きな目標です。

簡単にを行きません。今までのように石油石炭の利益団体が、変化を阻止するためにありとあらゆる手を使うだろうからです。

今回は彼らを阻止することが出来ます。今が行動する時です。これからの数週間はとても重要な期間。もう二度と訪れないかもしれない素晴らしい機会がやってきたのです。この機会をつかめれば可能になります。市民への安定した新しい仕事、再生可能エネルギー、そして待ちに待った気候危機解決への始動。

この機会を逃さないために、私はみなさんに呼びかけます。10年以内に100%クリーンな電力供給の実現。大胆な目標です。しかし十分可能な目標です。あなたの支援があれば、みんなで力を合わせれば、私たちはきっとアメリカをrepower再充電することができます。

アル・ゴア

– – – – – – – – –
Send a message to Congress today to ensure that the economic recovery package focuses on new jobs and clean energy sources that will Repower America.
グリーンジョブとクリーンエネルギーに焦点をあてた経済回復計画を、議会に嘆願するメールを出そう!
http://www.repoweramerica.org

1/28/2009: Al Gore Testifies in Senate Today on Solving America’s Challenges
アル・ゴアの上院での証言(映像とスクリプト)
http://www.repoweramerica.org/press/recent/569

Repower America video clips including the ad ABC refused to run.
映像集(ABCテレビ局に拒否された広告を含む)
http://www.repoweramerica.org/video/

We Can Solve It
http://www.wecansolveit.org
http://www.youtube.com/WeCanSolveIt

Green Festival, San Francisco

In Activism, Environment on 2008/11/11 at 23:27

CREATING A CLIMATE FOR CHANGE – 10 cent PLANTS A TREE – ZERO WASTER – HEMP MILK – CODEPINK WOMEN FOR PEACE…

変化への動きを作ろう – 10セントで木が一本植えられる – ゴミゼロ – ヘンプミルク – 平和の女性たちコードピンク…

感動しよう、楽しもう、グリーンなライフスタイルを学ぼう!NPOのグローバル・エクスチェンジとコープ・アメリカ主催のグリーンフェスティバルは、2.5日間の「目的を持った」パーティー、グリーンエコノミーの祭典。人のために、地球のために、そして利益を生む経済。

Kevin Danaher / Global Exchange ケヴィン・ダナハー / グローバル・エクスチェンジ「私たちがやろうとしているのは、グリーンエコノミーが未来のものなのではなく、すでに現在存在していることを一般の人たちに知らせることです。」

グリーンエコノミーに参加する店舗が多数集結するフェスティバルには、毎年何千人も参加します。だって、楽しいから、刺激的だから、多岐に渡った商品やアイデアにはきっとあなたの気に入るものがあります。

Alisa Gravitz / Co-op America アリサ・グラヴィツ / コープ・アメリカ「フィスティバル‥お祭りなんです。私たちは革命を、そして人間を祝っているんです。」

家族連れでも個人でも楽しめます。感動的刺激的な講演、グリーングッズのショッピング、それからライフスタイルの情報がいっぱい。グリーンビジネスの出店者たちと支援消費者のコネクション、健全で維持性のある環境作りのためのコミュニティーリーダーたちとの交流、それから音楽と美味しいものがいっぱい!

グリーンフェスティバルはあなたの町の近くで開催されるかもしれません。サイトでぜひチェックしてみて下さい!

Green Festivals
http://www.greenfestivals.org

11月14, 15, 16日 San Francisco CA, Concourse Exhibition Center

お勧め講演: Dr. Cornel West, Chuck D, Winona LaDuke, Van Jones, Rickie Byars Beckwith, Dr. Jill Bolte Taylor, Amy Goodman, Greg Palast, Medea Benjamin

Get Your Volunteer On – ボランティアで行こう!

In Activism, Environment, Health Care, Human Rights on 2008/11/11 at 00:45

私たちはずっとボランティアで助け合って来た。戦争の時、惨事の時、必要とされる時には、手を貸さなければ。ボランティアイズム!

1736年ベンジャミン・フランクリンは、初のボランティア消防団を発足した。1881年クララ・バートンは赤十字を設立した。1961年ケネディー大統領はピースコープを創立した。国連は2001年を国際ボランティア年に制定した。

2007年、6千百万人のアメリカ市民が地域のボランティアに参加した – 就業時間合計81億時間 – 総労賃1580億ドル相当。

ホームレスと貧困問題へのボランティア:
Habitat for Humanity – 1976年発足 – 家をなくした人々のために家を建てる – 2008年に建てた家屋数30万件 – 援助した人数100万人。
Help USA – 1986年に開始 – ホームレスの自活支援 – 2000年から現在までに建てた家屋数1600件 – 援助した家族数6000。

医療と福祉のボランティア:
Doctors Without Borders – 1971年フランスで発足 – 戦争や災害の被害者の緊急医療提供 – 2007年に出産した赤ちゃん10万人 – 治療を受けたHIV/AIDS患者10万人。
Operation Smile – 1982年発足 – 顔面奇形の赤ちゃんの整形 – 2008年11万5千人以上の子供を治療。

環境保護のボランティア:
The Nature Conservancy – 1951年発足 – 地球と動物と自然環境の保護 – 2008年1億1700万エーカーの自然と5000マイルの川を保護。
Student Conservation Association – 1957年発足 – 公共の土地と環境の保護 – 2008年5万人の学生とメンバーによる地質植物地理調査。

青少年と教育のボランティア:
Reading Is Fundamental – 1966年創立 – 軍人の児童、十代の母、囚人に読むことを教える – 16,635,141冊の本を4,600,909人の子供に寄付。
The Child Welfare League of America – 1920年創立 – 児童の保護と福祉 – 2008年800団体が350万人の子供を援助。

ボランティアはこの30年で最高に達している。でも70%のアメリカ人はまだ見ているだけ。NPOの三分の二が適切なボランティア人材に不足している。MAKE A DIFFERENCE 世界を変えよう!

ドネーションはこちらへ
NetworkforGood.org
「ボランティアやってみたい!」はこちらへ
VolunteerMatch.org

提供: GOODMagazine
http://www.good.is
http://www.youtube.com/GOODMagazine

お勧めクリップ:
GOOD: If Mos Def Were President – モスデフが大統領だったら
http://www.youtube.com/watch?v=udwTkU1QKPc
GOOD: If Wyclef Were President – ワイクリフが大統領だったら
http://www.youtube.com/watch?v=DJdz4U5yaGg
GOOD: If MURS Were President – マーズが大統領だったら
http://www.youtube.com/watch?v=A4q9UARi-dE

Al Gore’s Challenge to Repower America

In Environment on 2008/07/29 at 23:02

2008年7月17日、ワシントンDC

私の記憶の中に、我国でこれほどまでに多くのことが同時に間違った方向に動いている時代はありません。

– 気候危機は悪化している –

私の記憶の中に、これほどまで竜巻が多発し、干ばつが長引き、記録的な洪水が起こったことはありません。カリフォルニア、アメリカ西部では前代未聞の山火事が起こっています。そして5年のうちに、北極の氷が夏期の間、完全に溶けてなくなってしまう可能性が75%あるのです。

– 問題は石油にある –

地球を破壊することになる石油を、ペルシャ湾諸国から買うために、中国から借金をしている。それらのすべてを変えなければなりません。

– We Can Change 私たちには変えられる –

この数年、我国の政策は、特別利害関係に当たり障りない限度での、諸政策の申請を行ってきました。それらが時として正しい方向への小さな前進となることもありました。しかし私には聞こえてきます。そんな小さな前進や特別利害関係に我慢できず、新しい、違った、はっきりした、本当にこの問題を解決するための変化を求めている人たちの声が。

– アメリカのすべての人々への挑戦 –

私は今日、アメリカの挑戦を提示します。これから10年間で、私たちが使用する電力の100%を、リニューアブル/再生可能で、カーボンフリー/二酸化炭素を排出しない燃料源に転換することを。今こそ空論を超えて、行動に移らなければなりません。

– 1961年、J.F.ケネディーは「10年後に月に行く」という挑戦をアメリカに提示した –

(ケネディー)我々はこの十年で月に到達すると決意しました。容易いからするのではなく、困難なことだからこそ挑戦するのです。

ケネディーが「10年のうちに人間を月に到達させ、無事に帰還させる」と行った時、多くの人々が可能性を疑いました。しかし8年と2ヶ月後、ニール•アームストロングとバズ•オルドレンは月面を歩き、アメリカの国旗を月面に立てました。今こそ我国は立ち上がり、あの時と同じように、歴史を変える目標を立てる時です。地球のすべての文明の将来が、私たちの新しい研究と開発にかかっています。この新たな旅路に乗り出し、10年のうちに変化を完了しようとする人々の意欲にかかっています。「Giant Leap for Humankind/人類の大きな飛躍」をする機会が、再び訪れたのです。

– 挑戦を受けて立とう!10年以内に、アメリカの100%クリーンエネルギーを実現しよう! –

http://wecansolveit.org
http://www.youtube.com/WeCanSolveIt

Al Gore’s Challenge to America (Full Speech) クリップと全文
http://www.wecansolveit.org/pages/al_gore_a_generational_challenge_to_repower_america/

Al Gore endorses Barack Obama

In Environment, Politics on 2008/06/16 at 22:54

Al Gore Endorses Barack Obama in Detroit, MI 6.16.2008 (15:14)

Al Gore Speech full text (スピーチ全文)
http://hotlineblog.nationaljournal.com/archives/2008/06/take_it_from_me.html

– – – -(最後の部分)- – – – –
Many people have waited for some sign that our country is awakening once again.
大勢の人々が、この国がもう一度目覚める啓示を待っていた。

How will we know when a massive wave of reform and recovery and regeneration is about to take hold and renew our nation?
行政の改革と回復の巨大な波が押し寄せ、この国家が生まれ変わる時が来たことを、どうしたら知ることが出来るのか?

What would it look like if such a change were beginning to build?
起こり始めている変化は、一体どんな風に見えるのか?

I think we might recognize it as a sign of such change if we saw millions of young people getting involved for the first time in the political process.
それはきっとわかる。何百万もの若者たちが、生まれて初めて政治に参加するのを見た時。

I think we might just recognize it if we saw that new generation casting aside obsolete and hurtful distinctions and reaching out to one another across the ancient divisions that have frustrated action in the past.
それはきっとわかる。新しい世代がお互いを傷つける主張をやめ、ずっと私たちを憤慨させていた太古の境界線を超えて、のばした手を握り合う時。

I think we would know this change was coming if a new generation rejected the special interest politics of the past and the big money that fueled it, and instead used the internet to get small donations and unite Americans in a common effort to realize our common destiny.
新しい世代が過去の政治的利益集団による政治と巨額献金を拒否し、インターネットによる個人の小額献金で、アメリカ市民が共通の努力と共通の将来の元に団結する時。

If we saw it coming, we’d recognize it by the words, “hope” and “change.” Perhaps we would recognize it if we heard a young leader rise up to say,
その時、私たちは「希望」と「変化」を知ることが出来るのだ。若き指導者が立ち上がり宣言する時に知ることが出来るのだ。

“We’re not a red state America or a blue state America. We are the United States of America.”
「私たちは赤の州のアメリカでも青の州のアメリカでもない。私たちは団結したアメリカ – United States of Americaなのだ!」

We would know that change is on the way if that young leader reached out not only to the supporters of the other candidates in his party, but also beyond partisan lines, to Republicans and independents and said to us all,
知ることが出来るのだ。その若き指導者が、自党の他の候補者の支持者たちのみならず、党を超えて共和党や独立党にも手を差し伸べて宣言する時。

“America, our time has come.”
「アメリカよ、私たちの時が来た!」

I think we would recognize it in a candidate who, in response to those doubting our ability to solve the climate crisis and create a bright future, inspired millions to say,
知ることが出来るのだ。その若き指導者が、気候危機解決に対しての疑いの声に向かって、何百万もの人々に明るい未来を作るための声を上げさせる時。

“Yes, we can.”
「そうだ、私たちにはできる!」

We have such a nominee.
私たちにはそんな候補者がいる。

We have such a leader.
私たちにはそんな指導者がいる。

Yes, we can.
そうだ、私たちにはできる。

Ladies and gentlemen, the next President of the United States of America, Barack Obama.
紳士淑女のみなさん、アメリカ合衆国次期大統領、バラック・オバマ!

– – – – – – – – –
Al Gore “My Endorsement” to Obama(公式声明)
http://my.barackobama.com/page/community/post/samgrahamfelsen/gG5n3Y
http://blog.algore.com/2008/06/my_endorsement.html

FEED 100 Bag = 100 School Meals in Rwanda

In Environment, Human Rights on 2008/05/19 at 01:38

2004年、Lauren Bushローレン・ブッシュはWFP国連世界食料計画の名誉代弁者/スポークスパースンになった。2005年、ローレンは「FEED 1 BAG」のアイデアを思いついた。2007年、WFP国連世界食料計画で働いていたEllen Gustafsonエレン・グスタフソンと共同で「FEED PROJECT」を開始。世界の子供の飢餓をなくすという大きな目標を持った小さな会社だ。

2008年、Whole Foods MarketとFEED Projectが提携し、「FEED 100 BAG」が販売開始になった。ローレン、エレン、そしてWhole Foodsの人たちがルワンダを訪ねた。

Feed 100 BagWFP国連世界食料計画はルワンダの29万人の子供の給食を至急している。FEED Projectの目標は、バッグの販売でその資金のすべてをまかなうこと。食料の代金と食料を必要とする人々の人口は、世界規模で上昇している。砂糖を混ぜた泥を食べて空腹を紛らわす子供もいる。FEED 100 BAGが売れる程、泥のパイを食べる子供が減る。ほとんどの子供は学校の給食が唯一の食事。「FEED 100 BAG = 100 School lunches」バッグ1つで給食100食分。

3兆8000億のプラスチックバッグが米国で毎年消費されている。プラスチックバッグはルワンダでは違法。人々はバスケットに物を入れ頭の上に乗せて運ぶ。Whole Foodsでは、顧客への買物用プラスチックバッグの使用は廃止されている。FEED 100 BAGは、紙袋やプラスチックバッグに代わるエコバッグ。環境に優しく、しかもとてもファッショナブル!

FEED 100 BAG = 100 school lunches
FEED 100 BAG = Less plastic bags
FEED 100 BAG = Nourished and educated children
FEED 100 BAG = A chance to help end child hunger
FEED 100 BAG = An overall better world!

FEED PROJECTS
http://www.feedprojects.org

– – – – – – – – – – – –
● FEED 1 BAG (子供一人一年分の給食)
http://www.feedprojects.org/feedbag.asp?tid=22
天然黄麻布と有機綿のリバーシブルバッグ。現在すでに四万人分 (四万個) が売られた。購入はAmazon.comから。
http://www.amazon.com/dp/B000M3OP6A

● FEED 100 BAG (ルワンダの子供に給食100食)
http://www.feedprojects.org/feedbag.asp?tid=23

天然黄麻布のケースに収まる有機綿のエコバッグ。
2008年5月1日より、アメリカ全国のWhole Foods Marketで販売開始。
http://media.wholefoodsmarket.com/pr/wf/national/4-29-08feed100bag.aspx

– – – – – – – – – – – –
FEED Foundation
http://www.thefeedfoundation.org

World Food Programme
http://www.wfp.org

WFP 国連世界食料計画
http://www.wfp.or.jp

ブッシュ大統領の姪ローレンのチャリティバッグ
http://www.afpbb.com/fashion/2853408

アメリカで流行のスーパーマーケット、ホールフーズ
http://allabout.co.jp/travel/travelusa/closeup/CU20060221A

ECOBIZ: Sustainable Martin Guitar

In Environment, Music + on 2008/04/21 at 01:27

環境保護に大きな貢献をしている人々のミニプロファイル番組「ECOBIZ」。

いい音楽にはいいギターが必要。今日、世界規模で問題になっている過剰伐採のために、ギターのための良質の木材が激減しています。ギター産業は木材消費全体から見ると小さな存在ですが、問題解決の大きな鍵になるかもしれません。「木を保護するのが心の音楽」と語るギター製造者をご紹介しましょう。‥

(クリス)考え出すと夜も眠れません。だってこの産業は木がなければ成り立たないから。

Chris Martin クリス・マーティンはアメリカで最も古いギター製造会社Martin & Co.マーチン社のCEO。同社のギターはジョニー・キャッシュ、エリック・クラプトン、スティング、ジョン・メイヤーなどの一流ミュージシャンたちに愛用されています。

(クリス)私は六代目です。私の祖々々々父が174年前に創立しました。

長い間マーチン社は、ブラジル産ローズウッド、マホガニー、スプルースなどでギターを製造して来ました。(楽器を作るために200種以上の木材が使われる。そのうち70種は絶滅の危機にある)

(クリス)これが最も人気のあるギターです。この木材はどんどん入手できなくなっています。

ブラジルではクリア・カッティング(切りっぱなし)と呼ばれる違法伐採により、これらの樹木は絶滅に近い状態になっています。(毎秒フットボール場に値する面積の森林がなくなっている)

(クリス)また生えてくるのを期待して伐採を続けているようですが、ブラジルでは違法伐採があまりにも酷いために、これらの材木の貿易が禁止になりました。商業的に買えるマホガニーは、中央アメリカにはもうありません。

この現状はマーチン社の将来に大きく影響します。

(クリス)マーチン社はファミリー・ビジネスで、私は六代目、だからこのことはいつも頭のどこかにありました。でも三年前に娘が産まれた時に、実感したんです。いつかこの娘がギターを作りたくなるかもしれない。その時に「ごめんよクレア、木はもうないんだ」と言いたくないですからね。

2006年、クリス・マーティンは環境保護団体Greenpeace グリーンピースに連帯しました。他の楽器製造会社と協力して、キャンペーンを展開しました。目的は維持出来る森林の確保。実際にはどういうことなのでしょう?

(クリス)切るべき木だけを伐採すること。そして切った跡には同じ量の木が再生する様に種を植えること。(過去10年の間で、60カ国で1.23億エーカーで、sustainable forestry 維持できる森林業が確立されている)これは維持できる森林からの木材で作った初めてのギターです。西ペンシルバニアのアメリカン・チェリー。維持できる森林業を行っている家族から買いました。マホガニーに近い音です。

発売当初、マーチン社のこのギターは、市場からの抵抗に合いました。

(クリス)ディーラーが買いたがらないのです。彼らは伝統的なギターを売って来たので、それが好きだし安心なんです。だから「少なくともこの新しいギターを一本入荷しなければ、マーティンのギターは卸さない」という条件を付けました。

スティングなどの有名ミュージシャンが実際に使用している例が広まり、さらに多くのミィージシャンがこの新しいギターを使い始めています。

(クリス)弾いてみた人は好きになります。手に取らせるまでが大変なんです。僕の父さんが弾いていたギターが作られた木と同じ木じゃない‥というこだわりがある。でも目隠ししてみたら、きっと違いはわからないはずです。

今年マーティン社は175周年記念を迎えます。クリスは新ギターの将来に大きな希望を持っています。

(クリス)次の世代の若いミュージシャンたちは心がオープンだし、地球の将来のことも考えています。維持できる森林から作られたギターを「かっこいい!」と思ってくれるに違いありません。

CF Martin & Co.
http://www.martinguitar.com
Sting Inspires A Forest Friendly Size 5 Mini Terz
http://www.martinguitar.com/artists/display_artist.php?d=318

Greenpeace: The Music Wood Campaign
http://www.musicwood.org

– – – – – – – –
「ECOBIZ」を始め、たくさんの環境保護番組がロバート・レッドフォードの Sundance Channel サンダンス・チャンネルで放送されています。サイトとYouTubeで、番組の一部を見ることができます。

Sundance Channel: The Green
http://www.sundancechannel.com/thegreen
http://youtube.com/sundancechannel

Happy Earthday!

Linc Volt enteres X Prize Race

In Environment on 2008/03/20 at 14:15


AUTOMOTIVE X PRIZE
http://www.progressiveautoxprize.org/

もし愛車が100MPG(燃費100mile/gallon)で地球温暖化を助長しないとしたら。もしそんな車がすぐに手に入り、それもいろいろなスタイルから選べるとしたら。変化は起こっている、でもとてもゆっくり。どうしたら変化を早められる?進化ではなく革命。どうしたら革命を起こせる?

AUTOMOTIVE X PRIZE – The Race for Our Future
独立開発チームの技術による高額賞金カーレース

チェックポイント:デザインの質、100MPG、年間1万台生産可能、一般価格、現実的販売計画、10都市参加長距離レースで現実での走行性を競う

– – – – – – –
LINC VOLT
http://www.lincvolt.com/

Goodwin-Young “Linc-Volt”
http://www.xprize.org/auto/prize-details/teams#goodwin.com

LINC VOLT ENTERS X PRIZE RACE

The Automotive X Prize – X Prize財団による100 MPG仕様車のレースが開催される。Goodwin-Youngチームの「Linc Volt」の参加申請が受領された。一次レース(資格テスト)は2009年に行われ、2010年にカリフォルニアからワシントンD.C.の本レースが行われる。

Linc Voltは2.5トンのLincoln Continental Mk IV convertible、1959年フォード製。全長19.5フィートは、当時最長のものだ。現在ハイブリッド改造の最終段階。2008年3月4月にテストが予定されている。

ニール・ヤングによるドキュメンタリー映画「Linc Volt」は、Shakey PicturesでBernard Shakey監督、L.A. Johnsonプロデュースで現在製作中。撮影は6ヶ月を超え、現在も続いている。公開日程は未定。

– – – – – – –
「すべての段階で私たちは一人じゃない。行動はみな、まるで計画された様に、適所におさまるんだ。私たちが今まで夢にも思わなかったような新技術が、今実現しようとしている。そして私たちは、さらに前へと進んでいるんだ。」ニール・ヤング

LINC VOLT MISSION STATEMENT 声明

Vision 使命
我々のゴールは、ドライバーの精神を反映したパフォーマンスを持ちながら、21世紀の要求に答えるクリーン技術を搭載した車を作り、現在の世代に提示鼓舞することだ。この新技術の開発で、資源獲得のための戦争の必要性がなくなるよう、アメリカと世界各国の安全保障が高まるよう、そのために石油への依存が減ることを願う。

Values 価値
目標はゼロ・エミッション(無廃棄ガス)で、給油の必要性がなく、安全で馬力があり、長距離でも都市走行でも快適で経済的で、自宅では余剰電力を家屋に還元することが出来、それによって持主の収入になること。

Methods 方法
既存の技術を新しい方法で使い、各分野の最高の人材と企業を使い、1959年Lincoln Continentalの画期的な改造とアメリカ横断の記録を映画として公開することで、21世紀の知識、創造力、クリーンエネルギーの活用の分野に大きな変化をもたらしたい。

Obstacles 障害
変化への抵抗、変化によって生じる経済のバランス調整、現在の社会構造における限界。それらの障害は、教育と証明で超えられる。クリーンエネルギーの技術が持主に金銭の節約を与え、地球を救い、世界の安全保障を高めることを証明することで。

Measures 確認
一社以上の大手オートメーカーが、我々の技術もしくは類似した技術を搭載した車を生産する様になる時、我々の使命は達成される。ゼロ・エミッション(無廃棄ガス)と持主の経済的利点。そして、世界の発電所が我々のそして多様なクリーンエネルギー技術を使って発電を始める時、我々の使命は達成される。

Black Balloon CO2, Al Gore Petition

In Environment on 2007/12/06 at 07:29

Black Balloons: Greenhouse Gas

Each one of these balloons represents 2 onces of green house gas. You can’t see it. But you produce green house gases every time you use energy. The average home produces over 200,000 balloons every year. Save energy, and you also save money and reduce your impact on climate change. You have the power to make a difference. Go to climateprotect.org to learn how.

黒い風船ひとつが2オンス(50グラム)の温室ガスを表しています。見えません。しかし、私たちはエネルギーを消費するたびに、温室ガスを作り出しています。平均的な家で一年に20万個(10トン)の黒い風船を作り出します。エネルギーを節約しましょう。家計の節約にもなるし、気候変化への加担を減らすことにもなります。私たちには「変える」力があります。climateprotect.org でたくさんの方法を知って下さい。(声: Tommy Lee Jones トミー・リー・ジョーンズ)

注)このクリップは、Al Gore アル・ゴアが代表となって地球温暖化防止活動をしている The Alliance for Climate Protection 気候保護同盟が最初に公開したビデオクリップです。
BLACK BALLOONS: MAKING CO2 REAL
ClimateProtect.org/ah12

– – – – – – – – – –
アル・ゴアからの署名のお願い
http://www.climateprotect.org/standwithal
(世界のどの国からでも署名できます)

In nine days I’m going to Bali, Indonesia to address the UN Climate Change Conference. In front of representatives from the world’s countries, I will speak about the need for a visionary treaty to be completed, ratified and brought into effect everywhere in the world by 2010. I need you, your friends and family to sign this petition calling for a new, positive leadership role by our elected leaders. I will bring your signatures on stage with me as a clear demonstration of our resolve.

9日後、私は国連気象変化会議で主張するためにインドネシアのバリへ行きます。世界の代表たちの前で、2010年までに、はっきりしたビジョンを持った条約の制定、批准、そして全世界での実行の必要性を説きます。私たちの指導者たちが、この新しい前向きなリーダーシップを行使するよう要請するために、あなたやあなたの友人や家族の署名が必要です。私たちの決断の証としてあなたの署名を持って、私は壇上に上ります。

This petition shows our commitment to solutions to the climate crisis. Please add your voice today and urge your friends to add theirs. The time for action is now. Only together can we make the change.

この署名は、私たちが気候危機を変えることに参加する証です。どうぞあなたの声を加えて下さい。そしてお友達や家族にも知らせて下さい。アクションは今。変化は一緒に起こすことで実現します。

Hair Matt & Mushroom clean oil spill

In Environment on 2007/12/03 at 08:08

Lisa Gautier リサ・ゴーティエ
MatterOfTrust.org

今日は2007年11月29日、ここはPresidioプレシディオのコンポスト場です。ごらんの様に安全にコンポスト(有機ゴミから腐植土を作る)を作るための準備をしています。今から「ラザニア」を作ります♪

これは美容室から寄付された髪の毛で作ったマット。11月7日にサンフランシスコ湾で起こった重油流出事故の油を吸い取ったものです。Banker ship oil/船舶油。私たちはシャンプーを頻繁にしますよね。それは髪の毛が空気中や水中や身体から出る油や汚れを吸いつける力が強いからです。船舶油も同じ油。髪の毛マットは海岸の油を吸い取るのに活躍しました。

流出事故が起こった週末に、Green Festivalが開催されました。そこでキノコの専門家のPaul Stamets ポール・スタメッツが講演しました。彼は私たちの活動を知って「一緒にやってみよう」と声をかけてきました。彼はオイスターマッシュルームが油を分解することを知っていました。

そこで私たちはプレシディオ機関に連絡し、コンポストのための敷地利用の許可を取りました。市保健局、有害物管理局などの協力を得、資材の確保にもたくさんの人々の協力を得ました。そしてこのお風呂場の様なコンポスト場ができるのです。使用する物はすべて有機分解するものです。

Paul Stamets ポール・スタメッツ
Fungi.com

オイスターマッシュルームは油を分解する事ができます。オイスターマッシュルームのmycelium菌糸は、木材や藁を分解することが知られています。木材や藁の繊維を作る、水素と炭素を繋げる物質を分解するのです。油は炭化水素です。同じ原理で結合されているので、オイスターマッシュルームで分解することができるのです。分解してそれらを炭水化物すなわち糖分に作り変えます。

(インタヴュア−)あの、もう少し分かりやすく説明してくれませんか?

おいおい、超わかりやすく説明したつもりだけど(笑)

– – – – – – –
このクリップについて:

髪の毛とマッシュルーム‥重油漏れの掃除の道具として思いつくことは、普通まずないだろう。だがボランティアたちがサンフランシスコの海辺に打ち上げられた重油を掃除するのに使ったのは、まさにこれなのだ。

リサ・ゴーティエはボランティアに髪の毛マット1000枚を供給し、髪の毛がスポンジのように空気と水から油を吸い取る事を説明した。リサの運営するNPO「Matter of Trust」では、企業の寄付と小規模NPOを繋げる活動をしている。市内の美容室からドネーションされた髪の毛は、ジョージア州でマットに作られ、サンフランシスコ環境庁に売られ、海岸掃除に使われている。

マッシュルームはどう使われるのか?油を吸い取った髪の毛マットに、マッシュルームが植えられ育つ。毒素を吸い取りながら育ちきった時には、マットは無害になり、安全なコンポストの素材となる。この過程12週間。

現在までにすでに700名のボランティアが髪の毛マットを使って海岸掃除を行った。リサは髪の毛マットがさらに広まることを望んでいる。産業用サイズの髪の毛マットを、中国の会社に発注する準備をしたり、ストッキングに髪の毛を詰めた「油ボウキ」のアイデアも検討中。

参考: SFGate – Hair and mushrooms create a recipe for cleaning up oily beaches

– – – – – – –
Matter of Trustでは髪の毛を募集しています。
美容院、散髪店、犬グルーマー、個人も可

John Butler, Beach Clean

In Environment, Music + on 2007/12/01 at 09:59

John Butler Trio: Treat Yo Mama

Don’t call me hippy cause the way that I look,
見てくれでヒッピー扱いするなよ
Cause I got a recipe and you know I can cook
策略もあるし実行力もあるぜ
And I come forth with only good intent,
いいことがしたいだけなんだ
You know I am Heaven bound but I’m surely hell bent
鉄の意思で天国を実現するぜ
On getting the job done like I know I should,
やるべきことはやらなきゃな
Get the job done like my mama told me to.
かあちゃんに言われたようにやらなきゃな
Only one thing can remember she said,
いつも言われたっけ
You gotta earn all of your respect.
「リスペクト」は自分で築け

And I don’t care what race or what colour or what creed
人種や色や信条は関係ないんだ
All that shit don’t bother me,
そんなことはどうでもいいんだ
Only one thing that you should not forget,
でも忘れちゃいけないのは
You gotta treat you mama with respect
母ちゃん(地球)を「リスペクト」することさ
And I don’t care what fashion the styling of you hair,
ファッションセンスとか髪型とか
I don’t care about the car or the clothes you do wear.
乗ってる車とか洋服とかどうでもいいじゃん
Only one thing that you should not forget,
でも忘れちゃいけないのは
You gotta treat yo mama with respect.
母ちゃん(地球)を「リスペクト」することさ

Treat yo mama with little respect
母ちゃん(地球)を「リスペクト」することさ
You better treat yo mama with respect
母ちゃん(地球)を「リスペクト」することさ
Slap you upside down the head
分かんない奴の頭ははたけ
You gonna treat yo mama with respect
母ちゃん(地球)を「リスペクト」することさ

I got a couple of friends up in a tree in Northcliffe
ノースクリフの森を護ってる友達がいる
You know they’re doing their part
奴らはやることやってるぜ
you know they’re doing their bit.
奴らはやることやってるぜ
Trying to save our Mother from all this greed
貪欲な伐採から母ちゃん(地球)を護るために
You know they know what she wants,
奴らにはかあちゃんの気持ちがわかるんだ
you know they know what she needs.
奴らにはかあちゃんが必要なものがわかるんだ
I got a couple of sisters in South Australia,
南オーストラリアで頑張ってるシスターも
Stopping the Uranium from coming up,
ウラニウムの採掘を止めるために
Oh yeah man you know they know what she needs
奴らにもかあちゃんが必要なものがわかるんだ
They’re stopping all of that government corporate greed!
奴らは政府と企業の欲を止めようとしてるんだ

the earth does not belong to man – man belongs to the earth
地球が俺らのもんなんじゃない – 俺らが地球のものなんだ

John Butler Trio
johnbutlertrio.com


The John Butler Trio - A Good Excuse to Get Involved

現在米国ツァー中のオーストラリアのグループ、John Butler Trioジョン・バトラー・トリオが、ツァーの合間を縫って、サンディエゴ、サンフランシスコ、シアトルで地元の市民環境運動に参加します。サンフランシスコでは12月2日にビーチクリーン(海岸掃除)に参加し、掃除の後は海辺での無料コンサートの予定。先の原油漏れで海岸が閉鎖される可能性があり、その場合はゴールデンゲートパーク掃除に変更になりますので、参加希望者は登録してアップデートを受け取ってください。
clifgreennotes.com/musician/shows.php

ジョン・バトラー・トリオは12月2日夜、The Warfieldで演奏します。
livenation.com/event/getEvent/eventId/296533

CSNY Deja Vu, Neil Young Linc Volt

In Anti-War, Environment, Music + on 2007/11/30 at 05:26

以下のページでクリップを見る事ができます。
YouTube: CSNY Freedom Of Speech Tour 2006
Neil Young: Living With War Today

参考:CSNY.com

CSNYドキュメンタリー映画 「Deja Vu」 2008年公開

Sundanceサンダンス映画祭が2008年の参加作品を発表した。最終日最終作品は、ロックバンド Crosby, Stills, Nash & Youngの作品「CSNY, Deja Vu」。本作品は2006年の「Freedom of Speech」ツァーのドキュメンタリー。1970年のアルバム「Deja Vu」からのベトナム戦争反対のテーマ「Teach Your Children」などが際立つ、単なるコンサート記録以上の作品だ。

参照: REUTERS UK Crosby-Stills film to close Sundance festival

2008年1月26日金曜、最終日最終作品は、ニール・ヤングの「CSNY DÉJÀ VU」。クロスビー、スティルス、ナッシュ、ヤングが、観客と、政治的音楽的に連帯する過程、そしてベトナム反戦時代と現在の関係を描いた作品だ。

参照: Sundance Film Festival: Press Release 11/29/2007

– – – – – – – – – –
Neil Young「Linc Volt」2008年公開

Shakey Picturesは現在、Linc Volt “Repowering the American Dream” と題されたドキュメンタリーを製作中。1959年リンカーン・コンチネンタル Mark IV がハイブリッド・プラグイン車に改造されながらアメリカ横断する記録だ。前半はサンフランシスコからエンジン改造場所のカンサス州ウィチタまでの記録。途中ガソリンスタンドでの「普通のアメリカ市民」たちとの対話がフィーチャーされている。

バイオディーゼルと電動力で、1ガロン100マイル燃費に改造されたLinc Voltは、給油二回でアメリカ横断が可能。グリッドに電力を還元するV2Gも備えている。12月から横断の旅が始まる。「Linc Voltが電気自動車と異なるのは、長距離でも再充電しなくていいところだ。」ニールは言う。

ウィチタでの改造の映像が以下のサイトに掲載されている。

CNN: Neil Young turns car green
KSN: Rock Legend makes automotive history in Wichita

参照: N Y Times: “LINC VOLT” DUE IN 08

– – – – – – – – – –
「CSNY, Deja Vu」CSNY Freedom of Speech 2006ツァーは、2006年5月にニール・ヤングが発売した反戦アルバム「Living With War」の副産物です。

アルバムとクリップの訳

このアルバムに関する記事が多数ある、mixiの日記タイトルです。各日記を見るためにはmixiに登録している事が必要です。

saori: mixi過去日記一覧

Pete Seeger, Climate Crisis Coalition

In Environment, Music + on 2007/11/26 at 07:50


One blue sky above us
天にひとつの青い空
One ocean lapping all our shore
ひとつの海が打ち寄せる
One earth so green and round
緑の丸いひとつの地球
Who could ask for more
これ以上なにも要らないさ
And because I love you
君を愛しているから
I’ll give it one more try
もう一度試したい
To show my rainbow race
虹の世代のために
It’s too soon to die
消えるには早過ぎる

この歌は30年位前、日本でコンサートをした帰り、太平洋を超えながら大空を眺めていて、突然湧き出た曲です。そして今、12月8日のためにまた歌います。アメリカ中のすべてのみなさん、地元の活動に参加しましょう。そして12月8日にバリで開かれる Climate Change conference/国連気象変化会議でアメリカに誓わせましょう。こんなにたくさんの石油や石炭の使用をやめるように。地球温暖化を止めましょう。海水位の上昇を防ぎましょう。みんなで力を合わせれば、きっとできます。Get involved! 参加しましょう!

Go tell, go tell all the little children
子供たちよ叫ぶんだ
Tell all the mothers and fathers too
母親や父親たちも
Now’s our last chance to learn to share
今まで授かって来た物を
What’s been given to me and you
分け合う事を学ぶ最後のチャンス

環境を壊さず自活できる生活を、地元の活動に参加して実現しましょう。なぜなら私たちはこの地球を愛しているから。そしてお互いを愛しているから。(ピート・シーガー)

– – – – – – – – – –
It’s Not A Game, Because We Love This Earth
僕らは地球を愛している、もてあそんではいけない。

○12月8日はInternational Day of Climate Action/世界気象アクションデー。
○世界75ヵ所で活動が開催される。
○12月8日にインドネシアのバリで開催される国連気象変化会議に向けて
○この会議で史上最も大事な条約がかわされる。次のUN climate treaty/国連気象条約だ。

○The Climate Crisis Coalition/気象危機連合はアメリカ市民に訴えます。
1)「Kyoto and Beyond」アクションに署名して国連気象条約を強化しましょう。
2) 1 Sky Campaign(ひとつの空キャンペーン)をサポートしましょう。このキャンペーンでは2015年までに20%エネルギー節約を実現する500万のグリーン企業支援、温室化ガスを2020年までに30%減、2050年までに80%減、無公害化できるまで石炭工場の操業停止を挙げています。

Climate Crisis Coalition

Kyoto and Beyond

1 Sky Campaign

Green Festival

In Environment on 2007/11/06 at 06:19


Green Festival San Francisco
Nov. 9, 10, 11, 2007!!

私はケヴィン・ダナハー、グローバル・エクスチェンジ(Global Exchange / GX)の三人の創立者の一人です。GXは1988年に出来た人権保護活動団体、アメリカ市民に「世界で起こっている本当の事」を知らせるためにいろいろな活動をしています。そのひとつがCo-op Americaと協賛で開催するグリーン・フェスティバル。
約400のグリーン・エコノミーの企業や店舗の出店、100名以上の講演、約12のオルガニック・フード屋台、全日ジャンルを超えた音楽の演奏、ウォークショップ、ハンズオンなどの体験、ソーラーパネルの設置法、コンポストのやり方など‥グリーン・エコノミーと知恵の大集合です。

環境破壊には良い側面があることに気付いて下さい。環境破壊が進むに連れて、メディアがどんどん取り上げます。科学者が研究を進めます。経済界は、今までの雛形では存続出来ないことに気付き、経済資本がグリーン経済に移行していきます。2006年秋に掲載された、ブルーンバーク・ニュースの「Green Venture Capital グリーン経済投資」の特集では、資本がいかにグリーン経済に移行しているか、リニューアブル・エネルギー、オルガニック商品、リサイクル商品、コンポスト‥。環境を破壊せずにむしろ改善しながら利益を上げて行く‥という考え方が、経済界全体に浸透して来ていることを述べています。現在サンフランシスコ、ワシントンDC、シカゴ、シアトルで開催されるグリーン・フェスティバルを通して私たちが伝えたいのは「あなたもこの地球の環境革命の底力になることができる」ということです。人類史上初の地球規模の革命です。

グリーン経済の流れには新しい発想がたくさんあります。雛形のひとつは、今まで捨てられていた物に新しい価値を産み出し、商品化していくということ。新発想はフェアトレイドの動きにも当てはまります。今まで経済体系に入っていなかった第三諸国の生産者自身と、先進国の消費者が直接商売をするのです。グリーン・フェスティバルはポジティブなメッセージを一般に送り、グリーン経済への移行に拍車をかけています。


Green Festival Washington DC

私はメディア・ベンジャミン、グリーン・フェスティバルを主催するグローバル・エクスチェンジ創始者の一人、そして平和のための女性団体「Code Pink コードピンク」の創始者です。現在私たちが直面しているのは、地球温暖化問題、そして戦争問題です。不幸にもこの二つは手に手を取って進んでいます。アメリカでは現在誰も「イラク占領は石油獲得のため」と言わなくなってしまいましたが、「イラク占領は石油獲得のため」なのです。政府は次の戦争、イラン戦争を持ち出していますが、これも石油獲得のための戦争なのです。世界人口の4%である私たちが世界資源の25%を消費している‥これでは悲劇へまっしぐら。世界資源の使い過ぎをやめない限り、私たちに平和は訪れません。

石油中毒から抜け出すために、それに代わるエネルギー生産法を確立すること。9/11を理由にしてイラクを占領するような外交政策をするのではなく、外国諸国と調和していく外交政策をしなければなりません。その実現に向かって活動しているのが、グリーン・フェスティバルであり、コードピンクであり、参加している多数の企業や団体なのです。長い間市民活動をしてきて学んだのは、誰がホワイトハウスにいても、誰が議会にいても、本当に大事なのはグラスルーツ/草の根活動だということです。市民の草の根活動が上層を変え、社会を変えていくのです。アメリカの歴史の中の、民権運動、婦人運動、同性愛者運動、平和運動、そして環境保護運動。環境のために工夫された新しい技術や商品がたくさん出て来ています。そして私たちが誇りに出来る、私たちが平和に暮らすことを実現してくれる、そんな議会を求め続けて行きましょう。

GreenFestivals.org

GlobalExchange.org

CodePink4Peace.org

13 Grandmothers

In Environment, Human Rights, Native American on 2007/11/01 at 08:29


‥2004年10月、イロコイ族の故郷ニューヨーク州フェニシアで、歴史的な会合が開かれた。何千年も昔の祖先の予言に従って、世界中から13人の先住民族おばあちゃんが集まった。予言は伝える「人類の歴史で最も重要な時が来る。もし今私たちが道を変えなければ、悲劇がやってくる」予言はさらに伝える「この時、おばあちゃんたちが現れて集まり、私たちの道を照らしてくれる」予言の通りにおばあちゃんたちは現れた‥

13人のおばあちゃん、連盟宣言

私たち13人の先住民族おばあちゃんは、2004年10月11日から17日の間、ニューヨーク州フェニシアに集まりました。イロコイ連邦の東西南北から、アリゾナ熱帯雨林から、北アメリカ北極圏から、アメリカ北西原生林から、北アメリカ大地から、中央アメリカ高地から、サウスダコタの「黒い丘」から、オアハカ山地から、アメリカ南西砂漠から、チベット山岳地から、中央アフリカ熱帯雨林から。

世界中のコミュニティーに広がる伝統的なメディシン・ピープル(知恵者、治癒者)がお互いを確認し合い、共通の視野で新しい世界連盟を作るために、ひとつの場所に集まりました。

私たちは13人の先住民族おばあちゃんによる国際連盟です。私たちはひとつに団結しました。母なる地球のために、そしてそこに住むすべての生き物と、7代先までの子供たちのために、祈りと教育と治癒を行うための連盟です。

私たちは母なる大地に今まで訪れたことのない様な破壊、私たちの空気や大地の汚染、残虐な戦争、世界に蔓延する貧困、核兵器と核廃棄物、物質文化の高騰、地球の民の健康を脅かす流行、先住民族の知恵の破壊、先住民族の生活様式の破壊、それらを深く考え心配しています。

私たちは13人の先住民族おばあちゃんによる国際連盟です。私たちは、祖先から伝えられた祈りや、平和を保つ方法、ヒーリングの方法が、現在の地球に強く求められていると信じます。私たちは子供たちを育成し、教育し、訓練するために集まりました。私たちは子供たちが伝統儀式を受け継ぎ、法律で規制されずに薬草を治癒に使う権利を確立するために集まりました。私たちは、私たちの民が住み、文化が根付いている土地を守るために、伝統メディシンを守るために、そして地球そのものを守るために、集まりました。私たちは、この知恵を伝えることで、不確かな未来に光を投げかけることができると信じています。

私たちは「創造者」を讃える人々すべてに参加します。そして私たちの子供たちのために、世界平和のために、母なる地球の治癒のために、働き祈る人々に参加します。

13人のおばあちゃん
アーマ・ボンボ(タマング族ネパール)、マーガレット・ベハン(アラパホ族アメリカ)、リタ・ピトゥカ・ブルメンステイン(ユピク族アメリカ)、ジュリエタ・カシミロ(マザテク族メキシコ)、マリア・アリス・カンポス・フレイレ(ブラジルアマゾン)、フローデマヨ(マヤン族アメリカ)、ツェリング・ドルマ・グヤルトング(チベット)、ビアトリス・ロング・ビジター・ホーリー・ダンス(ラコタ族アメリカ)、アグネス・ベーカー・ピルグリム(タケルマ族アメリカ)、モナ・ポラッカ(ホピ族アメリカ)、バーナデッテ・レビエノット(オミエン族アフリカ)、クララ・シノブ・ルラ(ブラジルアマゾン)

13人のおばあちゃんの活動
2004年秋、ニューヨーク州で連盟結成
2005年春、ニューメキシコ州で第二回集結と会議
2005年夏、ブラジルアマゾンおばあちゃんとアフリカおばあちゃんの交流
2006年春、メキシコで第三回集結と会議
2006年秋、インドで第四回集結と会議、ダライ・ラマと会う
2007年春、サウスダコタ州で第五回集結と会議
2008年秋、アフリカで第六回集結と会議予定

13人の先住民おばあちゃん国際連盟
GrandmothersCouncil.com

– – – – – – – – –
13人のおばあちゃんの本
Grandmothers Counsel the World
amazon.com/dp/1590302931

13人のおばあちゃんのドキュメンタリー映画、現在製作中!
For The Next 7 Generations: The Grandmothers Speak
ForTheNext7Generations.com

CNN Planet in Peril, REM

In Environment on 2007/10/24 at 06:52


毎年7000平方マイルの熱帯雨林が失われている。ニュージャージー州と同じ面積だ。

100億ドルに相当する野生動物の違法売買が、多数の種を絶滅に追い込んでいる。

現在の地球温暖化率が続くと、2100年には海面水位が3フィート上昇する。何百万もの野生生物に影響を及ぼす。

この100年で世界人口は16億から61億に膨れ上がった。400%の増加だ。

‥地球は危機に瀕している‥

「地球の危機」それは現在最も大事なニュースです。そして今まさに起こっているのです。CNNの「地球の危機」。二部構成計四時間のドキュメンタリーを通して、視聴者を世界各地の危機の現場に案内します。この世界規模の調査の視点は四つ。気候の変化、居留地の消滅、種の絶滅、公害の蔓延。これらの物語を伝えるために、アンダーソン・クーパー(CNNアンカー)、サンジェイ・グプタ医師、ジェフ・コーウィン(アニマル・プラネット)が危機の現場、地球の最端の境地へと向かいます。南東アジアで違法野生動物売買の現場をおさえたり、ブラジルの密林伐採による悪影響の体験など、これらの問題の原因を究明します。

サイトにはさらに詳しい資料や、教育者や学生向けの教材、そして「Take Actions!」地球は危機から救うための活動に参加する方法が掲載されています。

CNN: Planet in Peril


Until The Day Is Done – REM「地球の危機」テーマ曲

– – – – – – – – – – – –

日本では一部24日午前午後10時、二部25日午前午後10時、に放送されます。
関連記事: 毎日新聞CNN4時間のドキュメンタリー「地球の危機」悲鳴の現場からリポート

nukefree.org

In Environment, Music +, No Nuke on 2007/10/13 at 06:44


議会のエネルギー法案の中に密かに加えられた一行‥何の検討もされず原子力産業を鼓舞する一節‥これによって原子力産業が急激に膨張する可能性がある‥一基につき40億から50億ドルの原子炉が新たに28基‥The New York Times

Somethin’ happenin’ here
What it is ain’t exactly clear
There’s a man with the plan over here
I’m telling you, we got to beware
It’s time we, Stop, hey, what’s that sound?
Everybody look – what’s goin’ down?

Jackson Browne: クリーン・エネルギーを奨励する新しい法案が提示されています。でもその中に、原子力発電を奨励する文章があります。原子力発電はクリーンではなく、安全ではありません。

Ben Harper: この部分を取り除こう。今すぐ。

What a feeling for the nukes
50 billion dollar bail out of the bills

Graham Nash: 2008年に250億ドル、2009年にさらに250億ドルだよ。

Bonnie Raitt: なぜアメリカ市民が、この50年間使われていなかったものに出費しなければならないの?

Stop, hey, what’s that sound?
Everybody look – what’s goin’ down?

Keb’ Mo’: 原子力発電の最悪なところは、廃棄物の処理場所がないことだよ。

Jackson Browne: 28万年、死の放射能が残ります。

This Bible line has been wrong
Nobody’s right, if everybody’s wrong

Bonnie Raitt: 原子力廃棄物が運ばれる路線はアメリカ中に広がっている。5000万人の人々がその路線の2マイル以内に住んでいるのよ。

Ben Harper: 完全な安全対策はないんだ。証明されてる。放射能漏れの事故がこんなに多発してるじゃないか。

Stop, hey, what’s that sound?
Everybody look – what’s goin’ down?
Stop, hey, what’s that sound?
Everybody look – what’s goin’ down?

Keb’ Mo’: 責任を持とうよ。僕らの問題なんだから。彼らのことじゃない。決めるのは僕たちなんだ。

Ben Harper: ダーティー・パワーの後ろにはダーティー・プレイヤーがいる。覚えておいてくれ。

Stop, hey, what’s that sound?
Everybody look – what’s goin’ down?
Stop, hey, what’s that sound?
Everybody look – what’s goin’ down?

Jackson Browne: 太陽電池と風力発電はこの30年で大きく開花しました。億産業になりました。代替エネルギーは開発されたのです。未来はすでにここにあります。

NukeFree.org

署名して下さい。そしてあなたの議員に電話してください。

署名者: NukeFree.org/join-us
Jackson Browne, Graham Nash, Bonnie Raitt, Keb’ Mo’, Ozomatli, Ben Harper, Herbie Hancock, Patti Smith, David Crosby, Don Henley, Indigo Girls, Pearl Jam, R.E.M, Bruce Hornsby, Robert F. Kennedy Jr., Pete Seeger, Maroon 5, Dixie Chicks, Ani DiFrance, Los Lonely Boys, Melissa Etheridge, Dave Stewart, Wynton Marsalis, Shawn Colvin, Robert Cray, Dar Williams, David Lindley…他多数

– – – – – – –
曲はBuffalo Springfieldの「For What It’s Worth」の替え歌です。

Who Killed The Electric Car?

In Environment on 2007/09/27 at 03:23


地球温暖化‥大気汚染‥中東の紛争‥ガソリン価格暴騰‥「代替方法がある!」

1996年、カリフォルニア中に電気自動車が登場し始めた。静かで速く、排気ガスを出さずにガソリンなしで走る‥。10年後、これらの未来型車両はほとんどすべて地球上から消えてしまった。何が起こったのか?なぜ電気自動車たちは幽霊になってしまったのか。

「電気自動車を殺したのは誰だ?」

電気自動車の素晴らしいところは、経費がガソリン車と同じだということです。ガソリンが1ガロン60セントだとすればね / 夜コンセントに差し込んで、朝出かける前に引っこ抜くだけよ / 信じがたいけど電気自動車は速いよ。気をつけないとスピード違反チケットを切られるよ / ワォ、こんな車があったなんて知らないわよ、なんで私が知らないの?ちょっと、あんた、テレビで見た事ある?

市場を仕切る人々、石油会社は、ガソリン代替車を執拗に否定しています / 彼らは石油によって走る車からあまりにも多くの利益を得ているからです / 彼らはこの15年間ずっと「水素燃料電池開発にはあと15年かかる」と言い続けています / 地球にはまだ約10兆バレルの原油が埋蔵されていると言われています。それは1000兆バレルの石油の商売がまだできるということです / ジェネラル・モーターズはハマーを製造し始めました。ハマーは利益になるからです / 電気自動車はすべての人のための物ではありません。人口のたった90%の需要を満たすものなのです。

「石油崇拝の自動車会社とそれを愛する政治家たちへの、静かで衝撃的な起訴状」‥ELLE MAGAZINE, Karen Durbin

私たちは巨大な石油産業に立ち向かっているんだ。ダビデとゴライアスのようなものだ / 誰が電気自動車を殺したんだ?/ まったく企業の分別不足です / 石油です / ジェネラル・モーターズによる殺人だよ / 「おやまぁ、ここにあるのは新車ばかりじゃないですか!これも潰してしまうんです?」「いや、僕らにも知らされていないのですが、潰せということで‥」

Sonyclassics.com/whokilledtheelectriccar
WhoKilledTheElectriccar.com

– – – – – – – – – – – – –
PlugInAmerica.com:What Can I Do?

●カリフォルニア州大気資源局(CARB)に対して、プラグインを採用するよう要請しよう。自動車メーカーが無排気ガスの規制を再採用するよう要請しよう。

●「電気自動車を殺したのは誰だ?」DVDを購入して、自宅や集まりでみんなで見よう。そして話し合おう。(サイトに要点項目があります)

●地元の新聞社に、プラグインの利点と自動車蓄電池への賛同を示した手紙を書いて送ろう。

●地元の自動車販売店で、プラグインの自家用車、トラック、SUVについて問い合わせよう。友達にも呼びかけて問い合わせてもらおう。

●手頃な価格で安心して乗れるプラグインを買えるようになるまで、もしくは全電気自動車が買えるようになるまで、新車を買うのはやめよう。

●プラグイン賛同署名をしよう。

RechargeIt.org, Neil Young Linc-Volt

In Environment, Music + on 2007/09/26 at 03:38


地球は焼けています。何とかしなければ / 私たちのチームはみんな、毎日どうしたら温室ガスを減らすことができるかで頭がいっぱいです / 石油依存はいろいろな意味で危険です / 一度「プラグイン」を体験したら、ガソリンステーションには二度と戻りたくなくなります。

●車の充電
「プラグイン」の魅力は清潔、安価、地元生産 / 「プラグイン」は電気自動車とハイブリッドの長所を合わせた最強のアイデアです。通勤日は電気で、週末の長距離は予備ガソリンで / 電気代で換算すると、1マイル1~2セント / Googleのような会社が、この技術がすでに容易に実用化できることを証明しています。車会社はなぜ採用しないのでしょう / Googleはまず、プリウス4台フォードエスケープ2台を改造しました。次に企業向けに100台を改造します / 政府は清潔な車の基準を設定するべきです。今までも失敗を繰り返して来ましたから。

●グリッドの充電(VTG Vehicle-to-Grid)
風力や太陽発電だけでは必要な時に十分な電力が供給できないことがあります。バッテリーに貯めておけば必要な時に使えます / 車からグリッドへの充電‥というのは素晴らしい発想の転換です。車のバッテリーが、貯めておく場所のないグリッドの蓄電の機能をするのです / VTGはグリッドが電力を必要としている時に供給できるというコンセプトです / Googleは地域の電力会社と協力して、VTGの実現のための実験を行っています / 需要と供給の理想的なバランスです。夜の電気で車を充電し、昼の消費時間には車から電力会社に売ることができます / 再生可能な太陽電気を利用し、余剰電力を繰り返し還元出来るのです / 実用化されればクリーン車の大きな市場が出来ます / もし今アメリカ全土の車が「プラグイン」になったとしても、現存のグリッドの夜間電力でその82%を充電することができます。このためにグリッドを拡大する必要はないのです。

●地球の充電
電気自動車が普及すればするほど、風力や太陽電池などの再生可能電力の市場が広がります。個人の家や地域規模で。電気自動車は広がれば広がる程、地球がきれいになります / インターネットの普及の時のように、だんだんたくさんの人がこの市場に投資するようになってきました / 人々に「プラグイン」を試す機会を与えて下さい。一度試したら、きっと元に戻りたくなくなるはずです / 実用化が始まれば、きっと購入希望者の数に製造が追いつかなくなることでしょう / 自然愛護者、善行者、節約家、エネルギー業投資家、そしてウィリー・ネルソン、それらの連盟活動と呼べますね / 太陽から充電し、車でグリッドを充電し、地球温暖化対策への情熱を充電する‥「RechargeIt.org」というプロジェクト名は完璧です。

Google.org/recharge

– – – – – – – – – –
Neil Young’s Silver Seed comes to visit

2007.9.19: 先週、ニール・ヤングが愛車Linc-Volt(1959 Lincoln Continental Mark IV)でGoogleのRechargeItプロジェクトを訪問。Linc-Voltはこの秋、徐々にプラグイン・ハイブリッド(PHEV)に改造されていく。プラグインとVTGテクノロジーをアメリカ中に広めるために、ニールはその過程とそこで会った人々をドキュメンタリーに収録している。Linc-Voltはカンサス州ウィチタで、ガソリン車からバイオ・ディーゼル使用のプラグイン車に変身する。ニールの秋のツァーとブリッジスクール・コンサートの後、Linc-Voltは内装の改造を受ける。ニール曰く「俺は俺のやり方でグリッドを充電するぜ」