YouTubeから聞こえるアメリカの声

Archive for the ‘Activism’ Category

「インビクタス」モーガン・フリーマンからの呼びかけ

In Activism, Human Rights on 2009/12/07 at 01:13


It all began with the story. After being in jail for 27 years based primarily on his political beliefs, Nelson Mandela became the first democratically elected president in South Africa. I had the honor of playing Nelson Mandela in the new film “Invictus”. And believe the powerful story like this inspire millions of people. We all accept that it is only through the effort of dedicated people coming together that human rights will continued to be protected.
すべては「物語」から始まった。政治思想のために27年間投獄された後、ネルソン・マンデラは南アフリカ初の民主選挙で選ばれた大統領となった。私は光栄にも映画「インビクタス/負けざる者たち」でネルソン・マンデラを演じた。そしてこのような「物語」が多くの人々を感化することを強く感じている。そして人権保護のために尽くす人々の協力と努力のお陰で、世界人権が守られ続けていることは、みなが認めるところだ。

That’s why this month, I’m working with Amnesty International and YouTube to shine a light onto the important work done by human rights organizations around the world. But we need your help to tell the stories. We want you to make a video that explains how your favorite human rights organization has advanced the movement and inspires you to stand up for others. We select the top 3 winners, and these will be featured on YouTube homepage at the end of the month. So, go ahead, tell us your best human rights story.
だから私はこの12月、国際アムネスティーとYouTubeと共に、世界の人権保護団体の貴重な働きに光を当てるために運動することにした。そして君の助けが必要だ。君の「物語」が必要だ。君が支援する人権保護団体について、それがどのように人権確立への動きを生んだか、そしてどのように人々を感化して立ち上がらせたか、ビデオで語って欲しい。君たちのビデオの中から三つの作品を選んで、今月末にこのホームページに掲載する。さぁ、君の「物語」を聞かせてくれ。最高の人権の物語を。

YouTube: Video Volunteers
http://www.youtube.com/videovolunteers

Join Morgan Freeman to Bring Human Rights Work to Light
アムネスティーYouTubeブログ: モーガン・フリーマンと一緒に人権保護活動に光を当てよう

http://blog.amnestyusa.org/us/join-morgan-freeman-to-bring-human-rights-work-to-light

YouTube can be a powerful tool championing the rights of individuals and promoting free expression. This month, during International Human Rights Day, YouTube is partnering with Morgan Freeman and Amnesty International to encourage you to become advocates for equality and justice, through Video Volunteers.
YouTubeは個人のキャンペーン活動や自由な表現の道具として素晴らしい力を持っています。12月は国際人権の日(12月10日)の月。YouTubeはモーガン・フリーマンと国際アムネスティーと組み、あなたへのキャンペーンを行います。Video Volunteersを使って、平等と正義のための声をあげて欲しいのです。

Here’s how you can help. Create a video about the nonprofit of your choice working on a human rights issue that you care about — it could be genocide, human trafficking, refugee protection, gender equality or something else -and submit it to the Video Volunteers channel by December 21. Amnesty International and Freeman, who plays legendary crusader Nelson Mandela in the upcoming movie Invictus, will select three videos to appear on the YouTube homepage at the end of the month.
やり方はこうです。あなたが気にかけている人権問題のために活動している非利益団体について、ビデオを作って下さい。民族殺戮、人身売買、難民問題、性の平等など。12月21日までにVideo Volunteersにビデオを投稿してください。その中から、国際アムネスティーとモーガン・フリーマンが三つの作品を選びます。

This is your chance to help citizens around the world who often can’t help themselves and to bring the vital work of human rights organizations to light. Join Morgan Freeman to protect the rights of these individuals at www.youtube.com/videovolunteers.
世界中で助けを求めている人たち、そしてその人たちの人権のためになくてはならない活動をしている多くの人たち、彼らに光を当てるチャンスです。彼らの人権保護のために、あなたもモーガン・フリーマンの活動に参加しましょう!


Invictus「インビクタス/負けざる者たち」
http://invictusmovie.com

From director Clint Eastwood, Invictus tells the inspiring true story of how Nelson Mandela (Morgan Freeman) joined forces with the captain of South Africa’s rugby team, Francois Pienaar (Matt Damon), to help unite their country.
クリント・イーストウッド監督作品「インビクタス」。マンデラ大統領とラグビーチームのキャプテンが力を合わせ、南アフリカをひとつに団結する、感動に満ちた実話。

Newly elected President Mandela knows his nation remains racially and economically divided in the wake of apartheid. Believing he can bring his people together through the universal language of sport, Mandela rallies South Africa’s underdog rugby team as they make an unlikely run to the 1995 World Cup Championship match.
選ばれたばかりのマンデラ大統領は、人種と経済の分離がアパルトヘイト時代のままに続いていることを知っていた。スポーツという万国共通の言葉で、南アフリカのすべての国民を団結できるに違いないと信じている。マンデラ大統領は自国の弱小ラグビーチームに期待をかける。チームは1995年ワールドカップ優勝戦へと、思わぬ進出を果たして行く。

広告

「未来へのラブレター」タイムカプセルに託す100年後へのメッセージ

In Activism, Environment on 2009/11/11 at 00:15


Picture this. 100 years from now, someone reads the message that you wanted to tell them about the future of this planet. How can we say our children and our grandchildren that we didn’t know, we didn’t believe it’s true. There is no “planet B”. It’s no just affect my grandchildren, it’s gonna affect my nephews and my nieces. That’s how urgent it is. We no longer have 10 or 20 years, we have this year. It’s going to affect our children, grandchildren and life on this planet. Why should you care? Well, you live here, too. Now is the time. Make a video, post a picture, write a message, send the love letter to the future.

想像してみて下さい。私たちが地球の未来について伝えたいメッセージを、100年後に誰かが読むのです。子供たちや孫たちに、知らなかった、本当だとは思わなかった‥などと言えますか?第二の地球などないのです。孫たち‥いや私たちの甥や姪たちに影響が出る、それほど性急なことなんです。10年20年の猶予ではありません。今年がその時なんです。子供たちや孫たち、そしてこの地球の生き物すべてに影響するのです。なぜ心配する必要があるのか?だってあなたもここに住んでいるのだから。ビデオを作って下さい、写真をアップして下さい、メッセージを書いて下さい。未来にラブレターを出すのです。

– – – – – – –
Time Capsule being built in Copenhagen creates a future thinking perspective on today’s climate change debate and it could include your message!

コペンハーゲンで作られるタイムカプセルには、今日の気候変動論争に対する私たちの将来への思いが詰め込まれる。あなたのメッセージも加わるかもしれない。

Produced by the Emmy® Award winning production company Xenophile Media in Toronto, Love Letters to the Future is a project designed to raise awareness about climate change.

エミー賞受賞経験のあるトロントのプロダクション、ゼノファイルメディアによって企画された「未来へのラブレター」は、気候異変への人々の関心を高めるためのプロジェクトだ。

Imagine what generations in the future will think of us if we don’t do anything about climate change. And then try to imagine that future differently. What would you say to a generation 100 years from now?

気候変動に対して何もしなかったら、未来の世代は私たちのことをどう思うだろう?そして一体どんな未来が待ち受けているのだろう?100年後の世代に、あなたなら何と言いますか?

The project is collecting video love letters to the future from the public, and is also collecting filmed statements from indigenous people in the Cook Islands and places that are among those most effected by climate change.

ビデオラブレターは、一般から集められる。そして現在の気候変動で最も影響を受けている場所のひとつクックアイランドの原住民の言葉も、映像として記録される。

A time capsule being built in Copenhagen will preserve the 100 best messages uploaded to http://www.loveletterstothefuture.com, as voted on by the public. It will be sealed in mid-December, to be re-opened in the next century. To ensure our love letters are still around 100 years from today, they will be stored using Monolith™ cards, a technology incorporating analog and digital data pioneered by the Imaging and Media Lab at the University of Basel.

コペンハーゲンのタイムカプセルには、loveletterstothefuture.comにアップロードされたメッセージの中から、一般投票によって選ばれた上位100が詰め込まれる。タイムカプセルは12月中旬に封印され、100年後の開封を待つ。100年後までしっかり形を保つように、メッセージはモノリスカードに保存される。モノリスカードには、バーゼル大学のメディア研究所で開発された、アナログデジタル技術が使われている。

The project’s goal is to collect a critical mass of love letters and present them to the world at a live event during the UN Climate Change Conference in Copenhagen in mid-December. Throughout the event, a selection of the time-capsule messages will be projected on a huge screen and read out by a (soon-to-be-revealed!) celebrity.

このプロジェクトの目標は、連鎖反応によって集められた膨大なラブレターを、12月の国連気候変動会議期間中にライブイベントとして公開すること。イベントではタイムカプセルの中のメッセージが巨大スクリーンに映し出され、有名人(名前は近々公開)によって読み上げられる。

Anyone can be a part of this project! Create your love letter to the future as a video, image or 140 character text and upload it on: http://www.loveletterstothefuture.com

誰もがこのプロジェクトの一部になれる。あなたの「未来へのラブレター」を送って下さい。ビデオか写真か140文字以内のメッセージを、loveletterstothefuture.comへアップロードして下さい。

We are at a tipping point in the global fight against climate change. This is our chance to tell the world our future is at stake. Help us to get the word out!

私たちは気候変動への地球規模の闘争の分岐点に立っている。世界に「未来が危機に瀕している」ことを知らせるチャンスだ。どうかこのメッセージを広げる手助けをして下さい。

Love Letters To The Future「未来へのラブレター」
http://www.loveletterstothefuture.com

hopenhagen.org: コペンハーゲン国連気候変動会議への地球規模草の根運動

In Activism, Environment on 2009/11/09 at 23:32


On December 7th, the world’s leaders will gather in Copenhagen to decide the fate of our planet.

12月7日、世界のリーダーたちがコペンハーゲンに集まり、私たちの地球の運命を決めます。

Cope – Hope(協力=希望)
Copenhagen – Hopenhange(コペンハーゲン=ホーペンハーゲン)

Help seal the deal at Hopenhagen.com

約束を決める手助けをして下さい。Hopenhagen.comで。

– – – – – – –
HOPENHAGEN.ORG
http://hopenhagen.org

Welcome to Hopenhagen.
ホーペンハーゲンへようこそ。

Hopenhagen is a movement, a moment and a chance at a new beginning. The hope that in Copenhagen this December – during the United Nations Climate Change Conference – we can build a better future for our planet and a more sustainable way of life. It is the hope that we can create a global community that will lead our leaders into making the right decisions. The promise that by solving our environmental crisis, we can solve our economic crisis at the same time.

ホーペンハーゲンはムーブメントです。新しい始まりへのチャンスです。12月のコペンハーゲンへの希望です。国連気候変動会議で、私たちは地球のためにより良い未来を、そして持続可能な生存方法を作り上げることが出来るのです。ホーペンハーゲンが地球規模の運動になるように、そして世界のリーダーたちを正しい選択へ導けるように。環境危機を解決する条約は、同時に経済危機の解決にも繋がるのです。

Hopenhagen is change – and that change will be powered by all of us.
ホーペンハーゲンは変化です。私たちみんなの力で起こすチェンジです。

OUR MISSION

ホーペンハーゲンの目標

To connect every person, every city, and every nation to Copenhagen. To give everyone hope, and a platform from which to act. To create a grassroots movement that’s powerful enough to influence change.

すべての人々、都市、国々コペンハーゲンにつなげること。すべての人に希望を与え、活動の基盤を与えること。変化を起こすのに十分な草の根ムーブメントを起こすこと。

Why Act?

どうして参加するのか?

Change will not happen unless the people demand it. That’s why Hopenhagen exists – to give you a rallying cry and the tools to demand a positive outcome in Copenhagen. Signing the UN Climate Petition is only the first step. We need your help activating Hopenhagen in your communities, so the movement grows. This needs to be a people’s movement, with enough people involved that our leaders can’t ignore it.

変化は人々が望まない限り起こりません。だからホーペンハーゲンがあるのです。あなたに時の声を与え、コペンハーゲンでの前向きな決断を要求するための道具を与えるために。ここで国連気候保護署名をするのは始めの一歩。あなたの地域でホーペンハーゲンを拡大してください。そうすればムーブメントは広がります。これは人々によるムーブメントでなければなりません。私たちみなが要求すれば、リーダーたちは無視することは出来ません。

What Will Change?

何が変るのか?

Our hope is that in Copenhagen we can begin to build a cleaner, more livable world than the one we live in today. And this hope is more than just wishful thinking. We’re already seeing examples of how this is possible, all around the planet.

私たちはコペンハーゲンで、今ある地球よりももっとクリーンで、今よりももっと住むに値する環境を創り始める約束が決められることを望みます。これは根拠のない希望ではありません。すでに世界中に、それが可能になる例が存在するのですから。

オバマ当選から一年「オルガナイズ・フォー・アメリカ」「バイ・ザ・ピープル」「レイバー・デー」

In Activism, Politics on 2009/11/04 at 23:00


33 months ago, on the steps of old capital in Springfield Illinois, our movement for change began. And weeks and months that followed, in the living rooms and backyards all across America, millions of you lent your voices to the movement. You volunteered. Some of you for the very first time, others for the first time in a long time. You became neighborhood team leaders, precinct captains and caucus captains. You knocked on doors, dug into your savings and talked to anyone who listened. And step by step, block by block, you’ve created the greatest grassroots campaign ever assembled.

33ヶ月前、イリノイ州スプリングフィールドの古い州議会の階段に立った時から、私たちのチェンジへのムーブメントは始まった。その後何週間何ヶ月、アメリカ中の居間で裏庭で、あなたのように何百万もの人々がムーブメントのために声を貸してくれた。ボランティアとして働いてくれた。生まれて初めてのボランティア活動だった人々もいたし、ずいぶん長いことしていなかった活動に再度参加してくれた人もいた。コミュニティーのチームリーダーになったり、行政区キャプテンや幹部会リーダーになったりしてくれた。戸をたたき、貯金を寄付し、耳を傾ける人々にはすべて話しかけた。一歩づつ、ひと区画づつ、私たちは史上最大の草の根選挙キャンペーンを作り上げた。

Because of you, we stood together one year ago today, and helped to bend the arc of history. As I said on that night, victory alone was not the change we sought. It was only the chance for us to make that change. You understood the enormity of the test that lay ahead, and you knew the challenges that we face might not met in one year or one term.

あなたたちのお陰で、一年前の今日、共に歴史を変えることができた。あの夜私が言ったように、私たちが求めたのは勝利だけではない。勝利は私たちが変化を起こすための機会に過ぎない。私たちを待ち受ける試練の大きさはみながわかっている。そして直面する挑戦たちは一年、一期では打ち勝てないかもしれないことも。

That’s why you decided to keep the movement going. You’ve created “Organizing for America” to build on the strength of campaign and keep the call for change alive in every corner of our nation. And today that movement is strong as ever. Over 2-million of you have taken an action in support of “Organizing for America”‘s health care campaign. And you recently generated 315000 calls to congress in a single day. Each of you is making difference in your way. That’s why I want to thank you. Not just for your astonishing work during the campaign, but also your unyielding dedication ever since.

だからあなたたちはムーブメントを持続することを決めたのだ。選挙キャンペーンの時の団結と力を持続し、全国でチェンジを求める声を響かせ続けるために、「オルガナイズ・フォー・アメリカ」を作ったのだ。そして今日、その活動はさらに強さを増している。「オルガナイズ・フォー・アメリカ」の医療保険制度キャンペーンのために、200万人が活動参加した。たった一日で議会に31万5千の電話をすることができた。あなた方の一人一人がそれぞれのやり方でアメリカを変えている。だから私はあなたに感謝したい。選挙キャンペーンでの目覚ましい活動だけでなく、それ以後も譲ることなく献身しているあなたへに。

Because of your support, we are working to bring the change to America. We are beating back the worst economic crises since the great depression. We are investing in clean energy economy that will not only free us from the grips of foreign oil, but also creates new green jobs in the process. And we are closer than ever been to passing the real meaningful health insurance reform in the United States of America.

あなたの支援があって、私たちはアメリカにチェンジをもたらすための仕事ができる。大恐慌以来最悪の経済を立て直そうとしている。クリーンエネルギーへの投資を行い、石油の鎖を断ち切り、同時に新しい環境産業を作り出す。そして合衆国全土に本当に意味のある医療保険の改正の実現に、今までになく近づいている。

So we are making progress. But giving the big challenges Americans facing across this county, we also have a lot of work to do. That’s why I’m counting on your help. There are “Organizing for America” staff and volunteers in every corner of every state, ready to help you get started. Just fill up the form below. One of them will give you a call, and let you know how you can help in your community.

私たちは確実に前進している。しかしアメリカ市民が全国で直面している挑戦を思うと、まだまだやらなければならないことがたくさんある。あなたの助力に期待している。「オルガナイズ・フォー・アメリカ」のスタッフやボランティアは、全国各地であなたの参加を待っている。以下のフォームで登録してもらえれば、すぐに連絡を取り合って、あなたがあなたの地域でできることがわかる。

Challenges we face are not easy. They won’t be solved overnight. But if you stand with me, if you keep making calls and knocking on doors and pushing for change, then together we will secure the promise of America for future generations. Thanks so much.

私たちが直面する挑戦は容易くない。一夜で解決できることではない。だが私と一緒に立ち上がり、電話をし戸をたたいてチェンジを望み続ければ、未来の世代のためにアメリカの約束を、きっと守ることが出来る。ありがとう。

「オルガナイズ・フォー・アメリカ」登録して参加しよう
Organizing for America / Sign Up to Get Involved
http://my.barackobama.com/year


HBOドキュメンタリー「バイ・ザ・ピープル」バラク・オバマの選挙キャンペーン記録
HBO Documentary Films presents “By The People: The Election of Barack Obama.”

HBO: By The People
http://www.hbobythepeople.com


ドキュメンタリー「レイバー・デー」バラク・オバマの選挙キャンペーン、SEIUの記録

Labor Day
http://www.labordaythemovie.com

俺たちゃなんと37位、天下のUSA(どうなってんの健康保険ソング)

In Activism, Health Care, Music + on 2009/09/15 at 19:35


Come one, come all, down to the hall
ようようみんな、公民館に来なよ
Were gonna make noise, were gonna bust balls
騒ぎを起こすぜ、蹴りを入れるぜ
Were gonna disrupt, were gonna jump in the fray
ぶちこわすんだ、喧嘩は買うぜ
I got a list of all the things that were supposed to say
言いたいことは山ほどあるんだ
We’re gonna get real rowdy, have a barrel of fun
大声あげて、痛快に行こう
But were the USA so by the way be sure to bring a gun
And buddy
だけど俺たちゃアメリカ人、銃はしっかり持って来な

We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA
We’re Number 37, and were so proud to say
俺たちゃなんと37位、胸を張って宣言だ
We got old people crying at the pharmacy, pay your deductible
薬屋じゃ年寄りが泣いてる、自己負担分は払えってさ
This ain’t the land of the f-f-f-free Grandma
ばあちゃん、ここはフリーの国じゃないんだぜ
We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA

People of the town come on down
ようようみんな、集まろうぜ
And if you got a crazy rumor you can spread it around
飛んでもない噂は、どんどん広げようぜ
I kind of like my insurance and I like my health
俺は自分の保険に満足だし、身体もピンピンしてる
The other 47 million can go treat themselves
4700万人のみなさんは、ご自分で好きなように
To some prayer in chapel, hold your hands and pray
教会で手に手を取って、祈ればいいじゃん
Because we are a Christian nation and that is the Christian way
And brother
キリスト教の国なんだし、それがクリスチャンってもんよ

We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA
The big Number 37, and we’re so proud to say
俺たちゃなんと37位、胸を張って宣言だ
We’re #1 one in tanks, were #1 in planes
戦車じゃ一位、戦闘機も一位
We’re #1 in war with #2 for brains
二番手のおつむで戦争も一位
We’re Number 37, we’re the USA
だけど俺たちゃ37位、天下のUSA

I drew a Hitler mustache on the president
大統領にヒットラー髭描いちゃったぜ
Yea! Aint that neat
いかすだろ?
My brother had a hernia operation last year
兄貴は去年ヘルニアの手術して
And now he’s living out on the street
お陰で今じゃホームレス

We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA
The big Number 37, and we want to keep it that way
俺たちゃなんと37位、ずっと確保したいもんだぜ
Be sure to bring the kids, all of the boys and girls
おっと忘れるな、子供も連れといで
Because the #1 health care system in the world…
だってなんたって健康保険一位の国は..
Is in France???
なぬ?フランスかい??

We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA
We’re Number 37, and we got something to say
俺たちゃなんと37位、言いたいことが山ほどあるぜ
We pay more for less, 40% in fact
金ばっかりとられて中身は半分以下、厳密には40%だと
Lets bite some fingers off, shout at the handicapped
指を噛みちぎったって、障害者だってなんだって
Cause buddy, we’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA

We’re Number 37, we’re the USA
We’re Number 37, we’re the USA

– – – – – – – –
Paul Hipp / ポール・ヒップ
新譜「BLOG OF WAR」

「ポール・ヒップはとんでもない才能の持ち主よ。賢くて可笑しくて政治に鋭くて、文才も曲作りもミュージシャンとしても最高、それになんていい男!嫉妬するくらい大好き。新譜『戦争ブログ』は風刺たっぷりで大笑いしちゃうけど、でも深い感動を与えてくれる。かっこよく爆発してる彼。もしジョナサン・スウィフトとブルース・スプリングスティーンが一緒にアルバムを作ったら、きっとこんな感じになるわね。」- アリアナ・ハフィントン

http://www.paulhipp.com
http://www.myspace.com/paulhipp
http://www.youtube.com/user/paulhipp

「NO IMPACT MAN – ノー・インパクト・マン」地球への影響ゼロで過ごす家族の一年間ドキュメンタリー

In Activism, Environment, Food on 2009/09/03 at 01:40

「NO IMPACT MAN – ノー・インパクト・マン」(予告編抜粋)

My first guest today is ‘No Impact Man’, Colin Beavan, just walked up 24 flights of stairs to avoid consuming electricity in the elevator.
(ラジオ司会者) 今日のゲストは「ノー・インパクト・マン」ことコリン・ビーヴァンさん。24階にあるこのスタジオへ、エレベーターの電力を使わないように、歩いて上がって来ました。

It’s a one-year experiment. And it’s extreme. No soda can, no water in plastic bottle, don’t buy new product, canceling magazines and news paper subscriptions, no throw-away plastic razors, no airplanes or subways or taxies, no elevators. Is it possible to have a good life without wasting so much?
(コリン・ビーヴァン) これは一年間の徹底した実験。缶ドリンクを飲まない、ボトルの水も飲まない、新しい物は買わない、雑誌や新聞購読は全部止める、使い捨てひげ剃りは使わない、飛行機や地下鉄やタクシーに乗らない、エレベーターを使わない。こうやって無駄を排除しても、果たして幸せに暮らせるんだろうか?という実験です。アメリカ人は一人一年で平均1600ポンド/725kgのゴミを出します。僕らはそれをゼロでするつもりです。

(妻ミシェル・ビーヴァン) そんなことできないわ。テレビもなし化粧品もなしなんて。私は糖分中毒、お肉大好き、テイクアウト愛用者。あなたのプロジェクトなんだろうけど、実際やるのは家族全員なのよ。(子供に向かって) パパは自然が大好きなんだって。ママはすごく苦手なの。

The Times makes it sounds like, why change the world, why gimmick for your next book, do you cut to that?
(ラジオ司会者) ニューヨークタイムズ紙の記事では、あなたのプロジェクトに懐疑的ですよ。世界を変えると言うが、本のためのやらせじゃないか?と。

What if we called it the year I lost 20 pounds without going to the gym once? Or the year we didn’t watch TV and became much better parents as a result? Or if we called it the year we ate locally and seasonally and it ended up reversing my wife’s pre-diabetic condition?
(コリン・ビーヴァン) でも結果的にこの一年がこうだったらどうですか?運動ジムに一度も行かずに20ポンド/9キロ痩せた年、テレビを全く見なかったことで素晴らしい親になれた年、地元で作られた季節の作物を食べたお陰で妻の糖尿病の危険をなくした年。

– – – – – – – – –
NO IMPACT MAN ドキュメンタリー
http://www.noimpactdoc.com

Colin Beavan decides to completely eliminate his personal impact on the environment for the next year. It means eating vegetarian, buying only local food, and turning off the refrigerator. It also means no elevators, no television, no cars, busses, or airplanes, no toxic cleaning products, no electricity, no material consumption, and no garbage.
コリン・ビーヴァンは決めた。一年間、地球に全くインパクトを与えずに暮らそうと。すなわち菜食を通し、地元生産物だけを買い、冷蔵庫の電源を切る。エレベーターを使わない、テレビを見ない、車やバスや飛行機に乗らない。有害物質含有の洗剤を使わない、電気を使わない、物質消費をしない、ゴミを出さない。

No problem – at least for Colin – but he and his family live in Manhattan. So when his espresso-guzzling, retail-worshipping wife Michelle and their two-year-old daughter are dragged into the fray, the No Impact Project has an unforeseen impact of its own.
大丈夫‥少なくともコリンには。だがコリン一家はマンハッタンに住んでいる。エスプレッソ必須で買物大好きな妻のミシェルと二歳の娘も道連れだ。コリンの「ノー・インパクト・プロジェクト」は予期せぬ別のインパクトを生み出して行く。

– – – – – – – – –
NO IMPACT PROJECT
http://www.noimpactproject.org

Colin did it for a year, now it’s your turn! The No Impact Project (the new No Impact Man not-for-profit) is challenging you to try and live no impact for one week. We’ll put you on a team and guide you through the steps day-by-day. We guarantee you’ll discover for yourself that less IS more.
コリンは一年間やった。今度は君の番だ。君も一週間だけ「ノー・インパクト・プロジェクト」をやってみないか?参加者はチームに入って、やり方を一から学ぶことが出来る。「less IS more より少ないことは、より豊かなこと」をきっと体験できる。

NO IMPACT MAN ブログ
http://noimpactman.typepad.com

ジュード・ロウが呼びかける「私にとって平和とは」ビデオコンテスト / Peace One Day「平和の日」9月21日

In Activism, Human Rights on 2009/08/25 at 22:16


In 1998, I had an idea to create a day of peace, a day of seize fire and non-violence, a day when fighting stops allowing humanitarian and assistants to those in need, a day for everyone to unite.

1998年のことだ。僕は思い立った。一日だけ平和の日を作ることを。一日だけ戦闘を停止する非暴力の日、一日だけ人道活動や援助隊のために戦争が止まる日、一日だけ世界中の人々がひとつになる日。

After years of struggling against doubters, I finally reached the ears of governments and institutions who would assure me that they could work.

「そんなことできるはずない」という人たちと何年も立ち向かい、とうとう政府や機関の中で耳を傾けてくれる人々に巡り会った。彼らは「ピース・ワン・デー / 一日の平和」のために動いてくれることを約束してくれた。

On the 7th of September 2001, Peace Day became a reality.

2001年9月7日、「平和の日」は実現した。

4 days later, the launch of the day, everything changed. Peace Day came when no seize fire, no humanitarian action.

その四日後、「平和の日」の発表の日、すべてが変った。「平和の日」には戦闘停止もなく援助隊も派遣されなかった。

I can hear cynics voices getting lauder. Day will never work, nobody will stop. But I couldn’t walk away. I believed in a day. I had to make it famous.

「ほら見たことか」と嘲る声がだんだん大きくなってくる。「平和の日」なんて実現する訳がない、だれも闘うのを止める訳がない。でも僕は立ち去れない。僕は「平和の日」を信じているんだ。「平和の日」をもっと広く知らせて有名にしなければ。

Individuals came forward. One in particular was willing to become seriously involved. Together we had to prove the day will have practical affect on people’s lives. Where? Afghanistan. The one place on earth where there haven’t been peace for 30 years. What happen next is beyond my wildest dreams..

いろいろな人たちが参加表明をしてくれた。中でも一人、真剣に活動に加わってくれた人物がいる。僕は彼と一緒に、「平和の日」が人々の命に現実的な影響を与えることを証明しなければならない。でも一体どこで?アフガニスタンだ。地球上で一カ所、この30年間平和が訪れたことのない国。その後のことは、僕の想像を絶する展開を迎えた..

THE DAY AFTER PEACE / ザ・デイ・アフター・ピース
ドキュメンタリー映画
http://www.peaceoneday.org/en/film/the-day-after-peace


JUDE LAW: PEACE ONE DAY AMBASSADOR
ジュード・ロウ: ピース・ワン・デー大使

10 years ago, my friend Jeremy Gilley started filming a documentary about his campaign to create annual day of peace. In 2001, his efforts were rewarded, when all United Nations’ member states adopted 21st of September as “Peace Day”. For the last years, I traveled with Jeremy to Afghanistan where Peace Day is used to save lives. 3 million children vaccinated against polio on Peace Day 2007 and 2008.

10年前、友人のジェレミー・ギリがドキュメンタリー映画を作り始めた。毎年一日の平和の日を制定するための活動を記録したものだ。2001年に彼の努力が実り、すべての国連参加国が9月21日を「平和の日」とすることが決った。この数年、僕はジェレミーと一緒にアフガニスタンに行っている。そこでは「平和の日」が本当に人々の命を救っているんだ。2007年と2008年の「平和の日」に(タリバンが攻撃をしないことを約束したので)300万人の子供たちがポリオのワクチンを受けることが出来たんだ。

As a filmmaker myself, I love the fact that Peace One Day uses the camera to make the difference. Now it’s your turn. Tell us your story. Create a video. Show us what you are doing to make peace. Whether it’s bringing people together, making amends with someone, doing something home or work, or anywhere in your community. Show us what peace means to you. They don’t have to look professional, just to have a goal. Share with the world on Peace One Day’s YouTube channel. We’ll select the most inspirational finalists, and you’ll decide the winner. The prize is a state-of-the-art HD camera, and a day with Jeremy Gilley learning the art of documentary film making. Good luck!

僕自身も映画製作者だから、「ピース・ワン・デー」活動でカメラが世界を変える道具に使われていることがとても嬉しい。そして今度は君の番だ!君の物語を見せて欲しい。ビデオで君が平和のために何をしているか、知らせて欲しい。人と人を結んだり、誰かと仲直りしたり、家で職場でそして地域での活動、どんなことでもいいんだ。君とって平和とは何か、教えて欲しい。ビデオの出来映えなんかは完璧でなくて構わない。目標さえしっかりあれば。「ピース・ワン・デー」YouTubeサイトにアップして、世界の人々に見せて欲しい。僕らが最終候補を選ぶ。そしてみんながその中から最優秀作品を選ぶんだ。賞品は最新型のHDビデオカメラと、ジェレミーからドキュメンタリー映画の作り方を学ぶ一日。幸運を祈ってるよ!

My Take On Peace – Video Contest
「私にとって平和とは」ビデオコンテスト

http://www.youtube.com/user/PeaceOneDay
締め切り: 2009年9月30日

– – – – – – – – –
Peace One Day
http://www.peaceoneday.org

俳優ジュード・ロウ氏とジェレミー・ギリ監督、アフガニスタンで平和促進を訴える
http://www.unicef.or.jp/children/children_now/afghanistan/sek_ag12.html

ハーヴェイ・ミルク、大統領自由勲章受賞

In Activism, Civil Rights, LGBT on 2009/08/01 at 16:21


DN! Presidential Medal of Freedom to Late Gay Rights Pioneer

And the Obama administration has announced plans to posthumously award the gay rights pioneer Harvey Milk with the Presidential Medal of Freedom, the nations highest civilian honor. Milk was assassinated in 1978 after an outspoken career as one of the nations first openly gay elected officials.
(デモクラシー・ナウ!エイミー・グッドマン) オバマ政権は、ゲイ人権運動の先駆者である故ハーヴェイ・ミルクに、民間人に与えられる最高位の勲章「大統領自由勲章 / メダル・オブ・フリーダム」を与えることを発表しました。ミルクは、ゲイであることを公言して、全米で初めて政府公職に選ばれた人の一人です。人権運動の最中、1978に殺害されました。

ホワイトハウス: オバマ大統領、大統領自由勲章授与者16名を発表 / 改革を生んだ16人に民間人最高位勲章が与えられる
President Obama Names Medal of Freedom Recipients
16 Agents of Change to Receive Top Civilian Honor
http://www.whitehouse.gov/the_press_office/President-Obama-Names-Medal-of-Freedom-Recipients/

WASHINGTON – President Obama today named 16 recipients of the 2009 Presidential Medal of Freedom. America’s highest civilian honor, the Medal of Freedom is awarded to individuals who make an especially meritorious contribution to the security or national interests of the United States, world peace, cultural or other significant public or private endeavors.
オバマ大統領は今日、2009年大統領自由勲章を授与する16名を発表した。民間人に与えられる最高位の「大統領自由勲章」は、アメリカ国家の保安や利益、世界平和や文化への貢献に対して与えられる。

This year’s awardees were chosen for their work as agents of change. Among their many accomplishments in fields ranging from sports and art to science and medicine to politics and public policy, these men and women have changed the world for the better. They have blazed trails and broken down barriers. They have discovered new theories, launched new initiatives, and opened minds to new possibilities.
今年は「チェンジ/改革」をもたらした人々が選ばれた。スポーツ、芸術、科学、医学、政治、公共政策などの分野で、世界をより良く変えた人々。彼らは道を作り障壁を砕いた。彼らは新しい理論を築き、新しい主導権を持ち、新しい可能性をもたらした。

President Obama said, “These outstanding men and women represent an incredible diversity of backgrounds. Their tremendous accomplishments span fields from science to sports, from fine arts to foreign affairs. Yet they share one overarching trait: Each has been an agent of change. Each saw an imperfect world and set about improving it, often overcoming great obstacles along the way.”
オバマ大統領は語る「これらの秀でた人々は、驚く程多様な背景を反映している。スポーツから芸術そして国際時事にいたるまで、彼らの偉業は多岐に渡るが、共通していることがひとつ..彼らはみな『チェンジ/改革』の主導者だ。彼らはそれぞれ社会の不完全さを見出し、それを改善すべく、困難な障害を乗り越えて来た。」

“Their relentless devotion to breaking down barriers and lifting up their fellow citizens sets a standard to which we all should strive. It is my great honor to award them the Medal of Freedom.”
「彼らの絶え間ない献身は障壁を砕き、国民の意識を高めて来た。我々すべてが向上するための基準を設けてくれた。彼らに『大統領自由勲章』を授与できるのは、私の大きな誇りだ。」

President Obama will present the awards at a ceremony on Wednesday, August 12.
8月12日に行われる式典で、オバマ大統領は受賞者に『大統領自由勲章』を授与する予定。

2009年大統領自由勲章受賞者一覧
http://www.whitehouse.gov/the_press_office/President-Obama-Names-Medal-of-Freedom-Recipients/

(参照)
http://ja.wikipedia.org/wiki/大統領自由勲章


関連クリップ:
The President and First Lady Michelle Obama host a reception for LGBT Pride Month in the East Room of the White House on June 29, 2009.
2009年6月29日、オバマ大統領夫妻によってホワイトハウスのイーストルームで行われた「LGBTプライド月間」祝賀会のスピーチ

http://www.whitehouse.gov/blog/Celebrating-LGBT-Pride-Month/
http://www.whitehouse.gov/the_press_office/Remarks-by-the-President-at-LGBT-Pride-Month-Reception/

2009年8月12日 オバマ大統領の授与スピーチ
President Obama Honors Harvey Milk With Presidential Medal of Freedom

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

アウンサンスーチー、アムネスティ「良心の大使」賞受賞、U2が発表

In Activism, Human Rights on 2009/07/31 at 00:24


She’s been on the house arrest in her native Burma for the vast part of 20 years. Her crime is that if she were free to participate in elections she would win. This week the brutal force that has her incarcerated will decide in a mock trial, if she would spend next 5 years in prison.
彼女は母国ビルマでこの20年の大半、自宅軟禁を強いられている。その罪状は、自由の身で選挙に出馬すれば当選すること。今週、彼女を拘束した残忍な勢力が、作り物の裁判で、彼女を5年間投獄するかどうか決める。

I’m proud to announce tonight on the 27th of July in Dublin city, Amnesty Internationals have chosen Aung San Suu Kyi, a recipient of their Ambassador of Conscience award 2009. Thank God, for Amnesty International, and God keep safe Aung San Suu Kyi.
僕は7月27日の今夜、このダブリンの地で、誇り高く発表する。国際アムネスティは、2009年良心の大使賞受賞者にアウンサンスーチーを選んだ。国際アムネスティに感謝を、そしてアウンサンスーチーに神の御加護を。

Daw Aung San Suu Kyi named Amnesty International’s Ambassador of Conscience
http://www.amnesty.org/en/news-and-updates/news/daw-aung-san-suu-kyi-named-amnesty-internationals-ambassador-conscience-20090

アムネスティ国際事務局 : アウンサンスーチーさんがアムネスティ「良心の大使」に
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=687

「スーチー・アンダーザスカイ」キャンペーン
緊急アクション:ミャンマー大使館にハガキを送ろう
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2447

Her name is Aung San Suu Kyi. She was born 64 years ago on June 19, 1945. Her father and son steered Burma to independence. He was assassinated. She was 2 years old.
彼女の名はアウンサンスーチー。64年前、1945年6月19日に生まれた。父とその息子はビルマを独立に導いた。父は暗殺された。彼女が二歳の時だ。

Her name is Aung San Suu Kyi. In 1988, an uprising began to light the fires of democracy across Burma. She did not stand by and watch. She engaged. And like many others, she spoke out for freedom.
彼女の名はアウンサンスーチー。1988年、ビルマ中に民主主義の炎が広がり、人々が立ち上がった。彼女は傍観などしなかった。先頭に立った。たくさんの人たちと共に自由を求めて声をあげ続けた。

Her name is Aung San Suu Kyi. When the people spoke, the army tried to silence them. They imprisoned the protesters, and killed them in thousands. The people of Burma endured brutality, and they stood firm.
彼女の名はアウンサンスーチー。人々が声をあげると、軍隊が声を消そうとした。抵抗する人々は投獄され、何千もの人々が殺された。それでもビルマの人々は非道に耐え、力強く立ち上がり続けた。

Her name is Aung San Suu Kyi. In 1989 she was arrested and detained. In 1990, the people of Burma won the right to hold elections. Her party won a landslide. 82% of the seats in the parliament. The regime responded swiftly. They ignore the law and wishes of the people. And they continued to silence her.
彼女の名はアウンサンスーチー。1989年、彼女は逮捕され拘留された。1990年、ビルマの人々は選挙を行う権利を勝ち取った。彼女の党は圧勝した。議会の82%を獲得した。政権はすぐに動いた。政権は法律と人々の希望を無視した。そして彼女の声を封じ続けた。

Her name is Aung San Suu Kyi. Since 1989, she has spent more than 14 years in detention. Her husband died away from her. She could not be by his side. He was not permitted to visit to be by hers. She is parted from her sons. Her supporters have beaten to death. Her phone lines have been caught. Her posts have been intercepted. She has committed no crime.
彼女の名はアウンサンスーチー。1989年以来、彼女は14年間以上拘留されている。彼女の夫は遠隔地で死んだ。彼女は夫の死に目に会うことができなかった。夫は彼女を訪ねることが許されなかった。彼女は息子たちから引き離されている。彼女を支持する人々が殴り殺された。彼女の電話は聞かれている。郵便は開封されている。彼女は何の罪も犯していない。

Her name is Aung San Suu Kyi. She’s been awarded the Nobel Peace prize, the Sakharov prize from European Parliament, Jawaharlal Nehru Peace prize from the Indian government. But neither she nor her people can share the greatest of gifts.. freedom, democracy, human rights.
彼女の名はアウンサンスーチー。ノーベル平和賞受賞者、欧州議会サハロフ賞受賞者、インド政府ジャワハルラール・ネルー賞受賞者。でも彼女も彼女を支持する人々も、本当の賞を分かち合うことができない。自由、民主主義、そして人権。

Her name is Aung San Suu Kyi. Her people are the people of Burma. She must speak through others who have a voice. May she use yours? Her name is Aung San Suu Kyi.
彼女の名はアウンサンスーチー。彼女の民はビルマの民。声のある人々を介して、アウンサンスーチーの声を響かせよう。あなたの声を使わせて下さい。彼女の名はアウンサンスーチー。

“Please use your liberty .. to promote ours.”
Aung San Suu Kyi
「あなたの自由を使って、私たちのことを伝えて下さい」アウンサンスーチー

協力: Beverley Knight, Bill Nighy, Christopher Eccleston, Colin Salmon, Dexter Fletcher, Fiona Shaw, Jimi Mistry, Mary Elizabeth Mastrantonio, Matthew Freud and U2.
ビヴァリー ・ナイト、ビル・ナイ、クリストファー・エクルストン、コリン・サーモン、デクスター・フレッチャー、フィオナ・ショウ、ジミ・ミストリー、メアリー・エリザベス・マストラントニオ、マシュー・フロイト、U2

英国アムネスティー: ビルマキャンペーン
http://amnesty.org.uk/burma

イラン: We Shall Not Be Moved

In Activism, Civil Rights, Music + on 2009/07/05 at 00:11


IRAN: WE SHALL NOT BE MOVED by Mavis Staples

We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して退かない
We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して退かない
We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

The union is behind us, we shall not be moved
仲間が後ろにいる、私たちは決して退かない
The union is behind us, we shall not be moved
仲間が後ろにいる、私たちは決して動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

We’re fighting for our freedom, we shall not be moved
自由のための闘いだから、決してここを退かない
We’re fighting for our freedom, we shall not be moved
自由のための闘いだから、決してここを動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

We’re fighting for our children, we shall not be moved
子供たちのために、決してここを退かない
We’re fighting for our children, we shall not be moved
子供たちのために、決してここを動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

Black and white together, we shall not be moved
黒人も白人も肩を組んで、決してここを退かない
Black and white together, we shall not be moved
黒人も白人も一緒になって、決してここを動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して退かない
We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して退かない
We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
私たちは決してここを動かない

マーティン・シーンとシーザー・チャベス、全米農業労働者組合

In Activism, Civil Rights on 2009/06/09 at 23:04


Do you like your strawberries dipped in chocolate or methyl iodide? Hello, I’m Martin Sheen and I wanna feed your mind. Our food is harvested by millions of people working in dangerous conditions with no benefits and no health coverage. These people labor for long days through hot summers, it can reach a 120 degrees. Farm worker communities are exposed to harmful pesticides, pesticide like methyl iodide. Last summer 16-year old María Jiménez worked under the blazing sun without clean water or shade. She overheated and died picking food for us. 15 farm workers have died of heat related illnesses in 2004.
イチゴはチョコディップで食べますか?それともヨードメタン(農薬)で食べますか?こんにちは、マーティン・シーンです。あなたの心に食べて欲しいお話のご紹介です。何百万もの労働者が福利も健康保険もない危険な労働環境で、私たちの食物を収穫しています。華氏120度(摂氏49度)に達する夏の長時間労働。そして労働者や家族たちは、ヨードメタンのような有害な農薬にさらされています。去年の夏、16才の少女マリア・ヒメネズは、飲み水も日陰もない炎天下で働き、熱射病にかかり死にました。私たちの食物を収穫するために。2004年一年で、15人の農家労働者が熱射病で死にました。

What can you do? You can turn the table. Learn where your food comes from. Buy locally grown food that’s pesticide free. It’s safer for the workers who harvested, and it’s safer for you. Buy food from producers who’s union-certified who treat their workers like human beings. You are the consumer, you have the power, help protect the right for farmer workers. To learn more, visit takepart.com/foodinc.
何ができるでしょう?立場を逆転させることができます。食物がどこから来るのか知りましょう。農薬を使わない地元生産食物を買いましょう。収穫する労働者にとって安全な食物、そして私たちにも安全です。労働者たちを人間らしく扱う、組合を承認する生産団体から買いましょう。あなたは消費者、力があるのです。農家労働者の権利を守る手助けができるのです。もっと知って下さい。FOOD, INC. サイト、takepart.com/foodinc で。


映画「シーザー・チャベス最後の断食」から

I’ve gone up to Delano over with my wife Janet, cause I would go off and on over the whole period of the fast, and I would vigil. One day I was up there, and dear friend Bill O’Donnell asked me if I’d like to meet Cesar. I said, “Well I understand he is not receiving”. He said “I was gonna inquire, cause you come and go and he would receive you this time”. I said “Well if it’s possible I’d be delighted, but don’t go through any difficulties”. Alright, he said, and he went off.
妻ジャネットとデラノへ行った。シーザーが断食している間、祈るためによく行っていた。ある日友人の神父ビル・オドーネルがシーザーに会いたいか?と聞いて来た。「でもシーザーは誰にも会わないのだろ?」「聞いてみるよ。君は行ったり来たりだから、もしかすると今なら会えるかもしれない」「会えるのなら嬉しいよ。でも無理はしないでくれ」わかった、と言ってビルはいなくなった。

And he came back in about 20 minutes later, and he said “He will receive you and Janet. Come along”. Oh my god, I lost my breath. And as we walked from Union Hall to the bangalow where he was, I lit up a cigarette and puffing madly on it. When we got to the right to the door of the bangalow, my wife turned to me and said “Put that out, you damn fool! Get in here and meet Cesar!” I said “You go on, you go on, and I’ll be right in.” “Oh, for heaven’s sake” and she left me. At the door, I’m so nervous to meet my hero, and I’m smoking, and put it out. Then, boom, I opened the door.
20分程して戻ってくるとビルは言った「シーザーは君とジャネットに会うよ。さぁ、来て」あぁ神様!息が止まりそうだった。ユニオンホールからシーザーのいるバンガローに歩きながら、僕は興奮のあまりタバコを吹かし続けた。バンガローの戸口に着くと妻が振り返って叫んだ「消しなさい、なんて人なの!ちゃんとして中に入ってシーザーにお会いしなさい!」「お前が先に行ってくれ、すぐ行くから」「まったくもう!」妻は入って行った。私は戸口で、ヒーローに会える緊張のあまり、まだタバコを離せなかった。ようやくもみ消して、戸を開けた。

And time to see my wife kneeling at the bed side, and kissing Cesar’s hand, and he took her hand and kissed her hand. It was so moving. And I was stunned how small he was. This tiny figure on this little bed, and I said, “No, this isn’t Cesar Caves, he is 8 feet tall! He’s the biggest guy in the world. He can’t be this small, my god!” And I was deeply moved by the humanity, his presence was so overwhelming.
妻がシーザーのベッドの横にひざまづいて、シーザーの手に接吻をしていた。シーザーも妻の手をとって接吻をしていた。感動的な情景だった。そして私はあまりのシーザーの小ささに驚愕した。小さなベッドに横たわる小さな姿。これがシーザーなのか?シーザーは8フィート(2.5m)のはずだ!世界一大きな人なはずだ!こんなに小さいなんて。そして私はシーザーの人間愛に溢れる存在に感動した。感動を押さえることが出来なかった。

Just there, I took my wife’s place. She rose and stood aside and I kneeled at her spot and took his hand, and I kissed his hand. And Father Bill said “Cesar, this is Martin Sheen. His real name is Ramon.” And I was holding his hand, and he kissed my hand right where I just put my cigarette out. And I was so humiliated, oh my god, I was so embarrest. Because I know for him it was like kissing an ashtray. And I made a vow in my heart, oh lord please, I will not smoke as long as he doesn’t eat. And I waited until his fast ended.
そして私は妻と代わった。妻が立ち上がりベッドを離れると、私はそこにひざまづき、シーザーの手を取り接吻した。神父のビルはシーザーに言った「彼はマーティン・シーンです。本当の名前はラモン」シーザーは私の手を取って接吻した。いまさっきタバコをもみ消したところへ。あぁ神様、なんてことだ!なんという恥ずかしいことだ!シーザーにまるで灰皿に接吻させるようなことをしてしまった。その時心に誓った。神よ、シーザーが断食を続ける限り、私は決してタバコを吸いません!私はシーザーの断食が終わるまで吸わなかった。


Cesar’s Last Fast
http://cesarslastfast.com
http://www.youtube.com/CesarsLastFast

United Farm Workers (全米農業労働者組合)
http://www.ufw.org

米国大使館「写真で見る米国史」
http://aboutusa.japan.usembassy.gov/j/jusaj-ushist19.html
シーザー・チャベス
1968年にブドウ畑で摘み取り作業者と話すメキシコ系米国人の労働運動家シーザー・チャベス。カリフォルニア州の全米農業労働者組合の議長として、チャベスは出稼ぎ農場労働者の声を代表し、彼らの悲惨な労働条件に全国的な注意を喚起した。

「ベスの物語」「路上のソリスト」

In Activism on 2009/05/12 at 22:39

Elizabeth was born on Monday in the early morning hours. Her parents nicknamed her ‘Beth’, and loved her more than their life. Beth always knew she’d be a famous artist, and the entire love her and adore her.
エリザベスは月曜日の朝に生まれました。両親はエリザベスを「ベス」と呼んで、自分たちの命よりも大切に可愛がりました。絵がうまかったベスは、大きくなったら有名なアーティストになると信じていました。世界中から愛されるアーティストに。

Then one day, something terrible happened to Beth’s mom and dad. And Beth never saw them again. She was shuffled from house to house, and school to school. Never attached to anything or anyone.
ある日、ベスのママとパパにとてもひどいことが起こりました。ベスは二度とママとパパに会えなくなってしまいました。それからベスは家から家へ学校から学校へとたらい回しにされました。ベスは何ともそして誰とも繋がることが出来ませんでした。

When Beth was 17, she got a job, and a small apartment she can barely afford. She took the bus to work, and every night went her home alone to her little apartment to paint until late into the night.
17歳になったベスは、仕事をみつけました。やっと払える小さなアパートを見つけました。バスに乗って仕事に行き、毎晩ひとりでアパートに帰り、夜遅くまで絵を描きました。

One morning Beth woke up, and she was very sick. Beth finally saw a doctor who prescribed some medicine. It was very expensive.
ある朝起きると、ベスはひどい病気にかかっていました。ようやくのことで医者に行きました。医者が処方した薬は、とても高い金額でした。

Beth searched for a job closer to her apartment. But there’re none to be found. She started to sell her belongings, even her mother’s jewelry. But the bills piled up and up and up. Beth lost her phone, her lights, her heat, and eventually her home.
ベスはアパートに近い仕事を探し始めました。でもなにもありませんでした。持っている物を売りました。大事なママの宝石も。でも請求書はどんどんどんどんたまって行きます。電話がなくなりました。電灯がなくなりました。そしてとうとうアパートもなくなりました。

She asked for work, she asked for money, and one day, she stopped asking for anything.
ベスは路上で請いました「仕事をください」。それは「お金をください」に変わりました。そしてある日、ベスはもう何も請うことをやめました。

(Everybody has a story – Approximately 3.5 million Americans are homeless – Including 1.4 millions children)
(すべての人に物語があります。現在米国で約350万の人々がホームレス、そのうち子供は140万人です。)

「路上のソリスト」2009年5月30日、日本公開
http://rojyo-soloist.jp

近日日本で公開される映画「路上のソリスト」は、映画を媒体に社会市民活動を広げようとするParticipant Mediaパーティシパント・メディア(創始者Jeff Skollジェフ・スコール)によって制作された。パーティシパント・メディアは、映画と連結したソーシャルネットワークサイトtakepart.comを運営。サイトを介して「路上のソリスト」に代弁されるホームレス問題の解決への社会運動に参加することが出来る。短編「ベスの物語」は、この活動の最新クリップだ。

過去にパーティシパント・メディアが制作した作品は「不都合な真実」「カイト・ランナー」「シリアナ」「グッドナイト&グッドラック」「スタンドアップ」「マーダーボール」など。

Participant Media
http://www.participantmedia.com

Take Part: The Soloist
http://www.takepart.com/thesoloist
http://www.youtube.com/takepart

ロバート・レッドフォード: 毎日をアースデーに

In Activism, Environment on 2009/04/22 at 17:41


Hello, I’m Robert Redford.
こんにちは、私はロバート・レッドフォードです。

The coming decade may be our very last to head off the environmental crisis like global warming, and the widespread loss of vital diversity.
私たちにとってこれからの10年間は、地球温暖化や広域に渡る自然破壊などの環境危機を止める、最後のチャンスかもしれません。

We can choose a different future. We got to do it quickly. Each of us must play a part. I hope you join me and support National Resource and Defense Council. I can’t think of a better way to choose a different, more hopeful future for our planet.
私たちには未来を選ぶことができます。予測とは違う未来を。でもそのためには早急に行動を起こさなければなりません。みなさん一人一人の参加が必要です。私と一緒にNRDC自然資源防衛委員会に参加して下さい。私たちの地球のために、もっと希望に満ちた、予測とは違う未来を選ぶために。

– – – – – – – – – – –
Making Every Day Earth Day – 毎日をアースデーに
4/22/2009 Robert Redford

今年で39周年を迎えたアースデーは、私にとって未だに力強く響く。これを読むみなさんの中には「アースデーはもう過去のもの」と思う人もいるかもしれない。だが私は言いたい「毎日がアースデーだ」一年にたった一日、地球のことを思うだけでは、何も変えることはできない。

市民による社会運動が政治を変えた十年間の最後に、アースデーは生まれた。より良い世界を作りたいと願う人々がひとつになった。大きな組織でなければ世界を変えられないと知っていたから。靴ひもを締め直し、肩を並べて行進した。人々が物理的に集合しなければならない時、集合の日を決めなければならない。1970年4月29日水曜と決められた日が最初のアースデーだ。

米国初の環境保護市民運動で闘った人々の中には、現代の若者はワシントンでのデモなどには参加しないだろう、と思っている人もいる。あの時のような情熱を持った若者はあまりいないに違いない、と思っている人もいる。しかし理想に無関心になったのではない。理想が昔とすこし違った形に見えているだけだ。

現代世代は自己表現と政治発言に昔とは違う方法を使う。ブログ、メール署名、YouTubeビデオ、Twitter、Facebook‥、私たちの時代には想像もつかなかったありとあらゆる方法で繋がることが出来る。毎日毎秒、現代世代は発言の新しい方法を見つけ出している。

私もようやく最近、彼らの思考を理解するようになった。私の自然環境保護への情熱は、昔と変わらない。だが行進するための靴のかわりに、ブログを使ってみることにした。現在私は、Huffington PostNRDC GreenlightSundance Channelで発言している。

アースデーはまだ価値があるだろうか?アースデーは、私たちが愛する地球のために毎日立ち上がり闘わなければならないことを、思い出させてくれる日だ。アースデーの今日、今私たちに与えられた素晴らしい道具を存分に使おう。FacebookやTwitterで発言しよう、繋がろう。そしてもう一歩踏み出して、NRDC Greenlightに参加してほしい。現代社会では、私たちのすべてがレポーターだ。すべての人類、生き物、そして私たちに情熱を与えてくれる自然のために、立ち上がろう。あなたの住む場所で起こっていることを、世界に発信しよう。あなたの声を届けよう。

Huffington Post: Robert Redford
http://www.huffingtonpost.com/robert-redford

NRDC Greenlight / OnEarth: Robert Redford
http://www.onearth.org/author/robert-redford

Sundance Channel: Robert Redford
http://www.sundancechannel.com/sunfiltered/author/robertredford

– – – – – – – – – – –
活動家ポール・ニューマン
https://100voices.wordpress.com/2008/09/29/paul-newman-activist/

慈善家ポール・ニューマン
https://100voices.wordpress.com/2008/09/28/paul-newman-newmans-own-hole-in-the-wall-camp/

「9/11の聖者」 犠牲者番号00001、マイカル・ジャッジ牧師

In Activism, LGBT on 2009/04/17 at 23:45


「Saint of 9/11 – 9/11の聖者」予告編

Saint of 9/11 全編(1:31:05)
http://www.youtube.com/watch?v=MkAUpSljQw4

His whole ministry is about love. He loved the fire department, and they loved him.
彼の教えは「愛」だった。消防局を愛していた。そして隊員たちも彼を愛していた。

(On one of our Darkest Days – One of our Brightest Lights – Dimmed)
(暗黒の日 – 私たちの光が – 消えた)

Mayor Giuliani said to Mychal “Come with us!” and he said “No, I have to stay with my men.”
ジュリアーニ市長がマイカルに言った「私と一緒に現場から離れてくれ」でもマイカルは断った「いや、私は消防隊と一緒にいる」

It’s such a striking photograph.  These big men obviously in anguish, reminded me a lot of Pietà.
衝撃的な写真。マイカルを抱える男たちの表情には明らかに苦悩が満ちている。なんだかピエタ – 十字架から降ろされたキリストを抱く聖母マリアの像 – を思い出してしまう。

Fire Department Chaplain, Father Mychal Judge…
(追悼式で犠牲者の名を読み上げる) 消防局付司祭マイカル・ジャッジ…

He was our spiritual leader but he was our buddy, too.
(消防隊員) 彼は私たちの精神的な師でした、と共に私たちの相棒でした。

Mychal never knew he was a saint. Mychal thought he was one of the worst sinner.
マイカルは自分が聖者だったことに気づいていなかったよ。むしろ自分は最悪の罪人の一人だと思っていたんだ。

He lit up the While House as he lit up every place he ever found himself.
(ヒラリー・クリントン) 彼は行く先々のすべての場所を照らしてきたように、ホワイトハウスも照らしてくれました。

He was a king of the city.  His parting gift to us was his dedication, compassion, and his heroism to stay with us.
彼はニューヨークの慈悲に満ちた王でした。彼が私たちに残してくれたのは、献身、慈悲、そして私たちの元をけして離れなかった英雄の姿です。

(Narrated by Ian McKellen)
(ナレーション: イアン・マッケラン)

Mychal said, when we loose someone we love, we should just pray for everything they brought to our lives.
マイカルは言いました「私たちが愛する人を亡くした時、その人が私たちの人生に与えてくれたすべてのことに感謝の祈りを捧げよう」

(His Friendship Was An Inspiration)
(彼の説教は人々の心をつかんだ)

All of us who are privileged to know him, feel the special lose.
(ビル・クリントン) 幸運にも彼を知ることが出来た人々にとって、彼の死はほんとうに大きな損失だ。

(His Love Was Simply Divine)
(彼の愛はとてもシンプルな、神の愛だった)

You have no idea what’s God calling you to do.  But he needs you, he need me, he needs all of us.
(マイカル牧師の説教) 私たちには神が望んでいることはわからない。でも神はあなたを必要としているのです。私を必要としているのです。私たちすべてを必要としているのです。

There was a picture one time of a full length Jesus Christ the same hight as the Empire State Building.  I thought it was Mychal in New York, you know, he was huge.  He’d be vastly amused with the idea of being a saint.
ある絵を見たんだ。キリストの大きな姿、エンパイアステートビルと同じ高さの。それを見た時「あ、これはマイカルだ」と思ったよ。彼はほんとに大きな存在だった。聖人と呼ばれていることを知ったら、きっとたまげるだろうなぁ。

– – – – – – – – – –
Saint of 9/11
http://www.saintof9-11.com

苦悩に満ちた写真、9月11日に救助員たちがフランシスコ会牧師の遺体をワールドトレードセンターから運び出す姿。ニューヨーク消防局でチャプリンだったマイカル・ジャッジ牧師の死は、勇気と犠牲のシンボルとして人々に伝えられた。

「Saint of 9/11」は波乱に満ちながらも慈悲を極め続けたを牧師の人生の旅を綴る。助けを求める人々、忘れられた人々のために、そして死と隣り合わせで働く消防隊のために。役目のために世界を訪ねたアイリッシュ系アメリカ人。自らの悪魔と闘いながらも、その力強い奇跡の様な存在は多くの人々の心に触れた。

牧師は人生の苦悩を知っていた。アルコール依存症と闘った過去から、AA (アルコール・アノニマス/禁酒サポート活動) の代弁者となった。自身の弱さや不完全さゆえに、牧師の慈悲は人々の痛みや壊れやすさに容易に届いた。80年代のAIDS勃発時、人々は感染の恐怖から患者たちを差別隔離した。医療従業員たちからも見放された患者たちに、牧師は変わらぬ愛を注いだ。マイカル・ジャッジ牧師はゲイであった。そして神の仕事を心から愛していた。

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

7歳のラッパー、リル・ペピ「母なる大地が泣いている」

In Activism, Environment, Music + on 2009/04/13 at 21:23

Mother Nature’s Crying 母なる大地が泣いている
Lil Peppiリル・ペピ 7歳(2006年)

(コーラス)
Mother Natures crying, she’s just so sad and blue
母なる大地が泣いている、悲しい悲しいって泣いている
Her tears just keep on falling, look what we’ve put her through
こぼれる涙がとまらない、僕らはなんてことをしたんだろう

(1番)
Question! What’s going on in this world that we live in, too much taking and not enough giving
Mother nature keeps on crying, she’s kind of sad cause the planet keeps dying I’m telling ya…
質問!この世界はどうなっているの?取るばっかりで与えない
母なる大地が泣いている、地球が死んでいくって泣いている

If I were the king of the world, I would make a better place for the boys and girls
I would clean up, all of the pollution, if we work together we can find the solution now
僕が王様だったら子供たちのために、もっといい場所にするのに
公害をぜんぶなくすんだ、みんなで力を合わせればできるよ、今が絶好のチャンスさ

It’s a perfect time to make this world a better place, kids from all around the world standing for the human race
Europe to Japan, and on the Africa, in the middle east and back to America
この世界をよくするために人類のために、子供たちが立ち上がるんだ
ヨーロッパから日本、アフリカから中東そしてアメリカまで

Kids everywhere, trying to save the earth, let’s clean it up, but first things first
Now’s the time, we gotta do it quick, we gotta make a change, cause the planet’s getting sick
すべての子供たちが地球を救おうとしてるんだ、きれいにしよう
間に合うように、早くやらなくちゃ、だって地球が病気なんだもの

(コーラス)
Mother Natures crying, she’s just so sad and blue
母なる大地が泣いている、悲しい悲しいって泣いている
Her tears just keep on falling, look what we’ve put her through
こぼれる涙がとまらない、僕らはなんてことをしたんだろう

Time and time again we’ve seen the writing on the wall
何度も何度も警告されて、どうなるかわかっていたのに
Nothing can be sadder than to watch her tears fall
こぼれる涙を見ていると、僕たまらないよ

(2番)
Listen! We gotta save the earth, before it gets worse, doing everything that I can, that’s the plan
I’m going to take a trip all around the nation, and spread the word, from station to station
聞いて!地球を救わなくちゃ、これ以上悪くなる前に、できることはすべてやるんだ
僕は国中旅をする、そして世界の放送局でメッセージを伝えるよ

Thinking about the situation, that’s my mission, say it through my song’s, and maybe they will listen Mother Natures begging us to do this, to make a change to this, it’s been 30 years I thought you knew this
いま起きていることを伝えるのが僕の役目、僕が歌えば聞いてもらえるかもしれない
母なる大地が僕らに訴えてるんだ、変わって欲しいって、知ってるだろ?30年も前から

The truth is, it’s getting hotter every year, and there’s a great big hole up in the atmosphere
And everybody’s talking about the ozone, with more hurricanes, more hot days and the cyclones
本当のことさ、毎年暑くなっている、大気圏に大きな穴があるんだ
みんなオゾンのことを話してる、ハリケーンが増えて、暑い日が続いて、それにサイクロン

I’m not worried, cause I know we can fix it, my generation comes with no gimmicks
The plan we got now, I think its been failing, ‘cause each and every day, the ice keeps melting
怖くはないさ、だって僕らはなんとかできる、僕らの世代は騙されないから
今までの計画はうまくいってないよ、だって毎日氷河が溶け続けているもの

(コーラス)
Mother Natures crying, she’s just so sad and blue
母なる大地が泣いている、悲しい悲しいって泣いている
Her tears just keep on falling, look what we’ve put her through
こぼれる涙がとまらない、僕らはなんてことをしたんだろう
Time and time again we’ve seen the writing on the wall
何度も何度も警告されて、どうなるかわかっていたのに
Nothing can be sadder than to watch her tears fall
こぼれる涙を見ていると、僕たまらないよ

(3番)
If your not making a difference then back on up, we got one last chance so I’m cleaning it up
The planet is a beautiful place but it’s wasted, smog so thick that sometimes I can taste it
なにもしたくないなら邪魔しないで、最後のチャンスなんだ、僕はやるよ
地球は美しい星なのにこんなに汚されて、ひどいスモッグは変な味までする

You ever seen a full moon shining on December, the way the soft snow falls down in the winter
You ever seen a picture of the Himalayas, the deep blue seas and the beaches in Jamaica
12月の満月を見たことあるかい?冬のふわふわした雪をみたことがあるかい?
ヒマラヤの写真は?ジャマイカの青い海や海岸は?

You ever seen the sky on a dark summer nights, it’s like a million stars my lil’ brothers said it’s tight
These are the things and the days that I cherish, we gotta make a change so these days won’t perish
夏の夜を見上げたことは?満天の星、僕の弟は「スゲ〜!」って言ったよ
こんな景色が僕には大事なんだ、変えなくちゃ、この景色がなくなる前に

(コーラス)
Mother Natures crying, she’s just so sad and blue
母なる大地が泣いている、悲しい悲しいって泣いている
Her tears just keep on falling, look what we’ve put her through
こぼれる涙がとまらない、僕らはなんてことをしたんだろう
Time and time again we’ve seen the writing on the wall
何度も何度も警告されて、どうなるかわかっていたのに
Nothing can be sadder than to watch her tears fall
こぼれる涙を見ていると、僕たまらないよ

2006年: どうして僕が「母なる大地が泣いている」を書いたか

学校で地球温暖化のことを習ったんだ。そしてその週に「Happy Feet ハッピー フィート」という映画を見た。その夜、父さんが「Keep America Beautiful」という70年代のキャンペーンのコマーシャルを見せてくれた。人々が地球を汚しているのに悲しんで泣いているインディアンが出て来た。その時僕は、僕の役目を果たそうと思ったんだ。父さんと一緒に「母なる大地が泣いている」を書いた。それから父さんがタイトなビートを作ってくれて、クールな仲間が集まって録音した。友達がコーラスを付けてくれた。出来た時、みんな、これはとっても大事な曲だ、って感じた。父さんはホームメイドビデオも作ってくれた。

僕の目標は、子供たちに「地球を救うことはすごく大事なこと」ということをわかってもらうこと。美しい地球を守るために、みんなが自分の役目を果たすことをわかってもらうことさ。

Melting Ice 氷河が溶けてる
Lil Peppiリル・ペピ 10歳(2009年)

Lil Peppi リル・ペピ
http://www.lilpeppi.com

ランス・バス: 全国沈黙の日

In Activism, Civil Rights, LGBT on 2009/04/11 at 23:46


Every day thousands of students are silenced.
They are silenced by fear.
They are silence by being who they are.
They are friends. They are classmates.
They are brothers. They are sisters.
They are gay. They are straight.
They are you. They are me.
They are silenced by anti-lesbian, gay, bisexual and transgender bullying and harassment.

毎日、何千もの学生たちが沈黙を強いられている。
恐怖からの沈黙。自分が自分であるために強いられる沈黙。
彼らは僕らの友達、クラスメート、兄弟、姉妹。
彼らはゲイ、ストレート、彼らは君である、僕でもある。
彼らはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを嫌う人々のいじめや屈辱によって、沈黙を強いられている。

Their silence will be heard around the country. Hundreds of thousands of students will participate in the National Day of Silence. Whoever they are, whatever their backgrounds or beliefs, these students will take action because they believe the bullying and harassment must end.

でもこの日は彼らの沈黙が国中の耳に届く。何百何千の学生が「ナショナル・デイ・オブ・サイレンス / 全国沈黙の日」に参加するからだ。自分のありかたに関わらず、自分の背景や宗教にも関係なく、学生たちはひとつになって行動を起こすんだ。いじめや屈辱はなくなるべきだと信じるから。

What are you going to do to end the silence?

君は「沈黙」を終わりにするために、何をする?

2009年4月17日 – Day of Silence
http://www.dayofsilence.org

– – – – – – – – – – – –
11-Year-Old Hangs Himself after Enduring Daily Anti-Gay Bullying
http://www.glsen.org/cgi-bin/iowa/all/news/record/2400.html

2009年4月9日: 11歳の少年が自殺、ゲイいじめを受け続け

マサチューセッツ州の11歳の少年カールが、学校でゲイであることを罵られ、いじめを受け続けた末、首を吊って自殺。母親は学校に毎週のように問題提起を続けていた。今年になっていじめが原因のこの年齢の学童の自殺は、少なくとも四件報じられている。

カールは学校では自分がゲイであると言っていなかった。この4月17日に12歳の誕生日を迎えるはずだった。丁度この日、全国の学生たちは「第13回全国沈黙の日」に参加する。LGBTコミュニティーに対するいじめや屈辱を全国に知らせ、終わりにするために、それぞれの形で沈黙の行動をとる。


‘N Sync’s Lance Bass Speaking at HRC National Dinner
イン・シンクのランス・バス、2006年人権キャンペーン授賞晩餐会でのスピーチ

(ランス・バスは2006年7月People誌にてゲイであることを公言。その年10月にHuman Rights Campaign Visibility Award人権キャンペーン特別賞を受賞している)

‥人権キャンペーンの皆さんのサポートに感謝します。こんなサポートがあることを知っていたら、もっと早くカミングアウトしていたはずです。でもこの賞を頂けると聞いた時「カミングアウトしてから数ヶ月しかたっていないし、まだなにも人権保護活動をしていないのになぜ?」と思いました。でもその意味がわかりました。僕がカミングアウトしたことに、世界中の人々から手紙が届きました。その中のひとつをご紹介します。

オハイオ州シンシナティに住む29歳の男性の手紙です。ガールフレンドもいて完璧な生活を送っていました。でも嘘の生活でした。彼はゲイだったからです。自殺のために銃を買いに行った時、People誌が並んでいるのを見ました。「ゲイです!」と公言している僕の表紙の号です。彼はそれを買って読み、僕の言っていることに自分を見いだし、自殺をやめました。家族にゲイであることを伝え、ガールフレンドと別れ、現在はとても幸せに暮らしているそうです。

これは何千もの手紙のほんの一例です。12歳の少年が「僕はゲイだ。今から僕らしく人生を歩む」と言える時代です。僕は今日、人権キャンペーンに誓います。この賞の名に恥じないよう、今から僕らしく人権活動に尽くして行くことを。

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

「見えない子供たち」救出計画、2009年4月25日

In Activism, Human Rights on 2009/04/01 at 23:11


2006年12月12日

..and now an extraordinary story about 3 young men from East San Diego, camera bought on eBay, and a trip to Africa. The trip has turned into much more…
..サンディエゴの三人の若者の、驚くべき物語をご紹介します。eBayで買ったカメラを持ってアフリカ観光に出た彼ら、その旅は普通の旅行からもっと大きなものへと変わって行きました..

My name is Jason Russel..Bobby Bailey..Laren Poole
僕はジェイソン・ラッセル、僕はボビー・ベイリー、僕はローレン・プール

Three of us boys from California wound up in Northern Uganda. We saw the incredible horror and encountered heart breaking suffering, especially among the children who sleep on the streets for fear of abduction.
僕ら三人はカリフォルニアを出て北ウガンダにたどり着いた。そこで想像もつかない惨劇と、胸が張り裂ける悲劇を見た。特に子供たち。誘拐を恐れて街中で眠る子供たち。

We first told our stories of experience in Northern Uganda in a documentary called “Invisible Children”. It explains our discovery of the longest of any wars in Africa, and night commuters flee from the rebel leader Joseph Kony. Because of this war of madness, people are living with no jobs and children can’t go to school.
僕らは北ウガンダでの経験を「見えない子供たち」と題したドキュメンタリー映画にした。アフリカで最も長い戦争と、抵抗軍指導者ジョセフ・コニーの誘拐から逃れるために夜間市街へ移動する子供たち「ナイトコミューター」を記録した。この狂気の戦争のために、人々には仕事がなく、子供たちは学校に行けない。

To restore hope in war-torn area, we created microeconomic bracelet program. This campaign give the name and the face of the children affected by the war. The proceeds from the bracelets will go back to Uganda to provide children with mentors and put them into schools.
戦争で破壊されたこの場所に希望を戻すため、僕らはマイクロ経済に則ったブレスレットプログラムを発足した。それぞれの色にそれぞれの子供の物語がある。キャンペーンに子供たちの顔と名前が与えられた。ウガンダに還元された収益金は、子供たちのメンター、そして子供たちが学校へ行くために使われる。

We then recruited other youth to spend a several months on an adventurous road trip on RVs, showing this documentary across the United States in a national tour. Over 2000000 people saw the film, many were moved to act.
それから僕たちはアメリカの若者たちを招集した。彼らは数ヶ月かけてアメリカ横断バスツァーを行い、各地で「見えない子供たち」上映会を開いた。200万人以上が見た。見た人々は感動し、行動に参加したいと希望した。

And to capture their energy, we created a nation wide event called “The Global Night Commute”. On April 29th 2006, 80000 Americans left their homes and slept in their downtown districts, just like the invisible children in Northern Uganda.
彼らのエネルギーを形にするために、僕らは全米イベント「地球ナイトコミュート」を実施した。2006年4月29日、8万人のアメリカ人が家を離れ、ダウンタウンで野宿した。北ウガンダの子供たちと同じように。

Bobby, Laren and I will never forget the first night we saw the kids sleeping at the bus park. It changed our lives forever. We never realized so many children could go unseen, that so many beautiful faces could be invisible.
ボビー、ローレン、そして僕は、決して忘れない。北ウガンダで子供たちがバス駐車場に集まって眠っている情景を初めて見た時のことを。あの情景は僕らの人生を変えた。あんなにたくさんの子供たちが「見えない」存在だなんて。あんなにたくさんの美しい笑顔が「見えない」なんて。


2009年3月27日

In 2006, we night commuted to end night commuting. In 2007, we displaced ourselves to bring home the displaces. And in 2009, we will abduct ourselves to rescue Joseph Kony’s child soldiers. This is The Official Rescue Plan. It’s not just about one event, one cause, one war.. it’s about a bigger idea…JUSTICE.
2006年に僕らは、ナイトコミュートをなくすためにナイトコミューターになった。2007年に僕らは、家から引き離された子供たちを取り戻すために、僕ら自身を家から引き離した。そして2009年、僕らはジョセフ・コニーに誘拐された子供たちを救出するために、僕ら自身を誘拐する。これは「オフィシャル救出計画」だ。一回のイベントではない、一つの問題ではない、一つの戦争ではない、もっと大きな目的..正義のために。

Our culture is determined by three forces: money, media, moguls. It’s a fact: money makes the world go ‘round, the media decides what stories in the world are worth telling, and moguls compete for the attention of the media, which makes them both money. And this cycle repeats itself over and over again. Defining, and redefining our priorities.
僕らの社会は三つの力で動いている。金、メディア、有力者。金が世界を動かしているのは事実だ。メディアはどんな物語が報道に値するか決める。そして有力者はメディアの注目を争う。それで双方金儲けができる。このサイクルはずっと繰り返される。これによって物事の優先度が幾度も幾度も書き換えられる。

The truth is: they need us. And when the masses take action, they have to listen, and history is rewritten. A slave is freed, a vote is counted, a wall is torn down, and a revolution begins. A revolution for love, a revolution for freedom, on April 25th.
真実は..彼らには僕らは必要なんだ。大衆が動く時、彼らは耳を傾けなければならない。そして歴史が書き変えられる。奴隷が解放され、投票が数えられ、壁が崩れ、そして革命が始まる。今、革命が始まるんだ。愛と自由のための革命。2009年4月25日。

You will abduct yourself and wait to be rescued by the cultural forces: money, media, moguls. You will meet at abduction site and walk to an LRA Camp and wait, like the abducted children are waiting.
君は君自身を誘拐し、この三つの力による救出を待ってくれ。金、メディア、有力者。君たちは誘拐現場に集合し「神の抵抗軍」キャンプに移動する。そこで待つんだ。ウガンダの誘拐された子供たちと同じように。

Here’s what you can do now: 1 – Contact moguls, the gatekeepers of culture, to come rescue you. Don’t worry, we’ll tell you how. 2 – Make sure the media comes to rescue you. The story deserves mainstream coverage, so let’s get it covered.
今できることがある。有力者に救出願いのコンタクトをとること。心配しなくていい。僕らがやり方を教えるから。それからメディアが救出に来るための準備。この物語は大々的に報道される価値がある。報道させよう。

Because we aren’t going home until they both arrive, that gives you one month to ensure your rescue. Two shameless plugs: Wear the rescue shirts all April, and donate $5 if you’ve got it, right now right now or on April 25th.
誘拐日まで一ヶ月ある。その間に救出計画を固めよう。四月中「救出Tシャツ」を着続けてほしい。もしできるなら救出資金のために5ドル支援してほしい。

The plan is action, because all men are created equal. First to rescue our children and secondly deliver the justice. That’s the plan. They’re waiting.
この計画を成功させよう。なぜなら人はみな平等なのだから。「まず子供たちを救出し、そして正義を」それが計画だ。子供たちは待っている。

To find more info on The Official Rescue Plan, go to
「オフィシャル救出計画」の詳しい情報は

http://therescue.invisiblechildren.com

「見えない子供たち」活動オフィシャルサイト
http://www.invisiblechildren.com
http://www.youtube.com/invisiblechildreninc

– – – – – – – –
Google Video: Invisible Children 全編55分
http://video.google.com/videoplay?docid=3166797753930210643&ei=3OTTScffH4OeqgKziP24DA&q=invisible+children&hl=en

アフリカ平和再建委員会
http://www.arc-japan.org/jp/index.htm
あなたの街で、学校で、映画「Invisible Children」の上映会を開いてみませんか
http://www.arc-japan.org/jp/activity/scsa/scsa_joeikai.htm

「Blood Into Gold」世界人身売買を止めるために何ができる?

In Activism, Human Rights on 2009/03/27 at 23:22


「Blood Into Gold」Peter Buffet featuring Akon

When I go to sleep at night
I wonder why I don’t feel the pain
From where the sun is shining bright
But empty shells of lives remain

夜眠りにつく時
なぜ痛みを感じないのだろう
太陽が輝くこの場所に
あるのは命のない殻ばかり

I know the news will tell me why
And we’ll watch others take the fall
But who will hear when someone cries
That saving one can save us all

報道が知らせてくれるだろう
世界で人々が消えていくことを
だけどあの子の泣き声は届かない
あの子を救えばみなが救われるというのに

Can you open your heart?
Will you give me your hand?
Can you look in my eyes?
Will you see who I am?

心を開けるかい?
手を貸してくれるかい?
僕を見つめられるかい?
僕が誰だかわかるかい?

The blood of your sons and
The blood of your daughters
The blood of my sisters
The blood of my brothers
The blood of your fathers
The blood of your mothers
All that you own through the blood of another

息子に流れる、娘に流れる、
兄弟に流れる、姉妹に流れる、
そして父と母に流れる血
君の中に流れる血は、みなつながっているんだ

– – – – – – – – – –
ピーター・バフェットとAkonによるシングル「Blood Into Gold」は、ヒューマントラフィッキング(人身売買)をテーマにしたシングル。UNICEFユニセフの制作した映像には、世界各地に存在する悲惨な状況が描写されている。世界の人々の目がこの問題に向けられ、人々が関心を持って行動を起こし、人身売買の悲劇が終結する‥それがこの映像と音楽に託された彼らの願いだ。

ヒューマントラフィッキング(人身売買)は現代の奴隷制度に匹敵する。人間を搾取する目的の勧誘、隠蔽、輸送‥これらは現在、世界で急増している犯罪産業だ。トラフィッキングの利益は、年間320億ドルに達すると言われている。

トラフィッキングは世界規模の問題だ。どんな国も対象になり得る。男性、女性、少年、少女、国家で最も重要な人材が、トラフィッキングのターゲットだ。米国に国外から連れてこられる人々は年間17500人、米国内での人身売買の人数はさらにそれを上回る。毎年20万人の米国児童が、性産業のためにトラフィッキングの対象となる危険がある。

だが、これらを阻止する方法がある。サイトからもっとトラフィッキングについて学ぼう。トラフィッキングを終結するために活動している団体に参加しよう。

Is There Something I Can Do? 出来ることはないだろうか?
http://istheresomethingicando.com

ASSET: Alliance to Stop Slavery and End Trafficking
http://www.assetcampaign.org

Polaris Project for A World Without Slavery
http://www.polarisproject.org

Somaly Mam Foundation
http://www.somaly.org

UNICEF USA
http://www.unicefusa.org

「ハーヴェイ・ミルク」ドキュメンタリー、2009年4月日本再公開

In Activism, LGBT on 2009/03/27 at 21:42

The Times of Harvey Milk 英語版全編 (1:27:59)
http://www.youtube.com/watch?v=JZNGpB9A2js

The Times of Harvey Milk
「ハーヴェイ・ミルク」ドキュメンタリー

2009年4月18日より東京アップリンクにて、毎夜20時50分から
http://www.uplink.co.jp/x/log/002996.php
札幌、苫小牧、金沢、名古屋、大阪、岡山、福岡、沖縄でも上映

米国オフィシャルサイト
http://www.thetimesofharveymilk.com
http://www.tellingpictures.com/harveymilk/main.html

日本配給オフィシャルサイト解説
http://www.pan-dora.co.jp/harveymilk

「ハーヴェイ・ミルク」はゲイであるとカムアウトして、全米(おそらく世界でも)初の公職に就いたハーヴェイ・ミルクの活動と暗殺を追った、世界ドキュメンタリー映画史上に燦然と輝く不朽の名作である。完成後25年を経た今も世界各地で上映され、多くの人々に希望と感動を与え続けている。また、08年には本作品をもとに劇映画「ミルク」がショーン・ペン主演、ガス・ヴァン・サント監督により完成し、日本でも09年ゴールデンウィークに公開を予定している。

ハーヴェイ・ミルクは大学卒業後、いくつかの職を経た後、ベトナム反戦運動に関わるようになる。ニューヨークのゲイバーを警官が襲撃した事件から、ゲイ解放運動に参加。サンフランシスコ移住後には、積極的に地域住民との関わりを持ち、ゲイとして初の市政執行委員に当選する。黒人や他の有色人種、老人やゲイ、レズビアンなどが、彼のアンテナとなり草の根運動を展開。当初ゲイというだけで彼を毛嫌いしていた人々も、次第に彼の誠実さや、弱者のための行動を理解し始める。しかし、当時彼の最大の協力者であったジョージ・マスコーニ市長と共に、同じ市政執行委員であるダン・ホワイトに狙撃され、不慮の死を遂げる。そして、ホワイトの裁判は驚くべき展開を見せる…。

本作品は完成当時、さまざまな映画祭に出品され、アメリカ・フィルム・ライブラリー協会のブルーリボン賞を始め多くの映画賞を受賞し、アカデミー最優秀長編記録映画賞に輝いた。米国では夜8時のファミリーアワーに繰り返しテレビ放映され、後年ニューヨークにはハーヴェイ・ミルクの名を冠した同性愛者のためのハイスクールも設立された。ゲイだけではなく、アメリカ社会の実相など多くのテーマを含んだこの映画は、人種、性別、国境を越えた、あらゆる人々のための愛の映画なのである。

– – – – – – – – – – – –
監督Robert Epstein ロバート・エプスタイン作品一部
http://www.tellingpictures.com

PARAGRAPH 175 刑法175条
http://www.tellingpictures.com/paragraph175/main.html
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1957

(アムネスティー・フィルムフェスティバル解説)
数万人が同性愛を理由に「有罪」とされ、5000人から1万5000人の人々が強制収容所に送られ虐殺されたといわれる、ナチスによる同性愛者への迫害。この迫害の根拠となったのが、同性愛に刑事罰を科すと定めた刑法175条だった。「この映画は同性愛者を差別するドイツの“刑法175条”によって迫害を受けたゲイ男性たちとひとりのレズビアンについて、歴史に隠された一面を聞き出している」(山形国際ドキュメンタリー映画祭2001公式カタログより)。収容所から生還した人々は戦後も差別され、長く沈黙を強いられてきた。数少ない生存者の証言から、失われた愛の記憶と尊厳を踏みにじられた痛みと怒りが静かに伝わってくる。

COMMON THREADS
http://www.tellingpictures.com/commonthreads/main.html

(Telling Pictures解説)
1970年代、不思議な病気がゲイコミュニティーに蔓延し、人々が死に始めた。「コモンスレッド」は、運命を共有する全く異なった環境の5人の主人公たちの人生を通して、AIDSエイズの時代最初の10年間を綴る感動の物語。エイズ・メモリアルキルト – NAMES Projectを物語のモチーフにし、追悼キルトがエイズで命を落とした人々の名前を刺し紡ぐように、物語は人々の記憶と当時の政府のエイズ対策に対する大きな落ち度を交差させていく。紡がれた糸は、力強い人々のプロテスト運動へと続いていく。

CELLULOID CLOSET
http://www.tellingpictures.com/celluloidcloset/main.html

(Telling Pictures解説)
Vito Russoビトー・ルソーの画期的な原作を元に、ハリウッド映画とゲイ文化を分析したドキュメンタリー。スパルタカス、ロープ、セルマとルイーズなど100以上の作品の、典型的なゲイレズビアン投影を探る。映画クリップと平行して、監督、プロデューサー、俳優のインタヴューを収録。出演はゴア・ヴィダル、トム・ハンクス、ウーピー・ゴールドバーグなど。ナレーターはリリー・トムリン。

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

トム・モレロ / ナイトウォッチマン、ジャスティスツァー2009

In Activism, Music + on 2009/03/27 at 01:50

Tom Morello / Nightwatchman Justice Tour 2009 – Seattle
トム・モレロ / ナイトウォッチマン、ジャスティスツァー2009シアトル

The Justice Tour’s Seattle Partner: New Horizons Ministries
シアトルパートナー: ニューホライゾン・ミニストリー(ホームレス救済団体)

(トム・モレロ)ジャスティスツァーは、ハリウッドの「ホテル・カフェ」で長期ライブをしていた時に生まれたアイデアなんだ。友達たちとただ一緒に演奏したい、という願望から生まれたんだ。

(トム・モレロ、ニューホライゾンで)僕が歌おうと思ったのは、あるホームレスの青年のせいなんだ。ハリウッドのホームレス施設コヴェナントハウスの演芸会の司会をよくやっていたんだけれど、あれは5,6年前のことだった。その演芸会にはほんとに素晴らしいタレントを持った人たちが出ていた。一人の青年がいた。たぶん19才位。僕らは話し込んだんだけど、彼の生活はほんとにひどいものだった。そして彼が舞台に上がって二曲歌ったんだ。

声は確かにそんなに良くない。だけど彼の歌には、彼の言いたいことがしっかりと歌われていた。今まで見た歌手の誰よりも、ほんとうに言いたいことを歌っていた。その時思ったんだ。僕はロックバンドでギターを弾いて、アリーナをいっぱいにしたりしている。考えもあるし、ギターコードも知っているけれど、僕がしていることは、彼の歌の真実とは比べ物にならない。そして思ったんだ。僕も僕の歌を歌えるかもしれない。そしてナイトウォッチマンを始めたんだ。

(トム・モレロ)ジャスティスツァー09が始まる。気のいい友達たちと、お気に入りのナンバーで、またみんなをロックするぜ!素晴らしい社会活動のために。

(Ron Ruthruff ロン・ルスルフ、ニューホライゾン主任)もちろん観客のみなさんには、ジャスティスツァーのメンバーがやっていることに注目して欲しい。でも彼らがやっていることは、特別なことじゃない。彼らは自分たちが誰なのかを知り、自分たちの才能を知り、そしてそれを社会の変化のために使っているだけなんだ。自分の才能を社会のために使うか、それとも自己の満足のために使うか、私たちはいつでも選ぶことが出来るんだ。

ジャスティスツァー2009
http://axisofjustice.org/return-of-the-justice-tour/
2009年3月4日

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、そしてザ・ナイトウォッチマンとしてのトム・モレロが、ジャスティス・ツァー2009を行う。シアトル、サンフランシスコ、ロスアンジェルスの三都市。チケットは15ドルという低価格に押さえ、多彩なゲストを予定。スラッシュ、アリスインチェインズのジェリー・カントレル、スリップノットのコリィ・テイラー、スティーブ・アール、ジョー・サトリアーニ、サイプレス・ヒルのセン・ドッグ、サウンドガーデンのキム・セイルとベン・シェパード、マッドハニーのマーク・アーム、ザ・クープのブーツ・ライリー、MC5のウェイン・クレーマー、シューター・ジェニングズ、ブルー・スカラーズなど。

CEOたちのあくどい振る舞いによって、アメリカ市民は日に日に貧困に押しやられ、ホームレスが増え続けている。ジャスティスツァーは市民の「Bailout 緊急援助」の一端となるべく、その収益の100%を開催地のホームレス救済団体に寄付する。ツァー参加アーティストは、各地でボランティア活動に実際に参加する。

3月24日シアトル、Crocodile Café
パートナー: New Horizons Ministries ニュー・ホライゾン・ミニストリー
http://www.nhmin.org

3月26日サンフランシスコ、Slims
パートナー: Project Open Hand プロジェクト・オープン・ハンド
http://www.openhand.org

3月28日ロスアンジェルス、Henry Fonda Theater
パートナー: PATH パス
http://www.epath.org

過去エントリー: The Nightwatchman: Axis of Justice
https://100voices.wordpress.com/2008/06/22/the-nightwatchman-axis-of-justice/

ショーン・ペン「ハーヴィー・ミルクの日」制定誓願記者会見

In Activism, Civil Rights, LGBT on 2009/03/15 at 00:16


「5月22日をハーヴィー・ミルクの日に制定しよう」
2009年3月3日サンフランシスコ市役所にて

I trust Governor Schwarzenegger is an increasingly reasonable man. And that he understands that passing on prejudices, as surround this issue as so many others is poisonous to future generations. Declaring Harvey Milk day, in that I believe, will happen with this support. It’s the kind of things I can speak first hand to.

シュワルツネッガー州知事は徐々に理解を深めている人だと信じます。そして今回の同性婚廃止や他の多くの事項にまつわる差別や偏見を伝承していくことは、新しい世代を毒することだということを理解しています。私が強く信じる「ハーヴィー・ミルクの日」は、みなさんの支持によってきっと実現します。私はこの日の必要性を、自分の経験から訴えることが出来ます。

There’re current issues related to Prop 8, we’ve talked about those issues today. But also current needs for volunteerism and activism in this day in this country and the world.

今日みなで話し合ったように、現在「Proposition 8 / 州条例8」を無効にするという課題があります。だがそれにもまして、ボランティアや社会運動が、全米でそして世界で必要とされています。

Harvey Milk, in my own experience of researching the project and learning about him in the way in which a day like this will encourage children in schools around the state to do, wakes up that interest in activism and volunteerism in every way imaginable.

私は映画のためにハーヴィー・ミルクについて調べ、彼のことを学びました。彼のような人物の記念日を制定することは、全国の学童を目覚めさせ、ボランティアや社会運動への興味を湧かせると言うことです。子供たちはきっと私たちの想像もつかない様な、クリエイティブな活動を思いつくことでしょう。

For that reason, it’s not just important but essential with such a heroic and seminal figure as Harvey Milk that we honor him in this way, that we honor the children in generations to come in spreading this kind of understanding and excitement about their participation in our system.

だからこそこの日の制定は、重要だというだけでなく、必要不可欠なのです。ハーヴィー・ミルクのような代々言い伝えられる英雄を讃えることは、未来の子供たちを讃えることです。社会に参加することの意味を理解し、参加することに感動する、その喜びを伝えられるのです。

We’re very appreciative you are here today to help us remind the Governor of that, and I appreciate all of those who stand with us in that effort in that direction. Thank you very much。

今日ここに集まって下さったみなさんに感謝します。この会見でシュワルツネッガー州知事に制定の重大さを伝えることができます。そして私たちとともに、制定に向かって立ち上がって下さったみなさん、ほんとうにどうもありがとう。

Academy Award Winner Sean Penn, Senator Mark Leno, EQCA Introduce Harvey Milk Day Legislation

ガンディー、キング牧師、ハーヴィー・ミルク

1930年: ハーヴィー・ミルク誕生。ガンディー、英国の塩税反対400kmマーチ、6万人投獄。
1933年: ガンディー、21日絶食。第二次世界大戦開戦。ガンディー、インド民主主義のために大戦参戦反対、が却下。それが引き金となり、非暴力抵抗運動が始まる。
1947年: ガンディー、自由獲得のハンガーストライキ。ハーヴィー・ミルク、高校卒業。
1948年: ガンディー暗殺。
1955年: ローザ・パークス、バスボイコット。
1963年: キング牧師、セルマモンゴメリー非暴力マーチ。
1965年: 黒人投票権議会承認。
1968年: キング牧師暗殺。
1969年: ニューヨークのゲイ暴動「ストーンウォール」
1972年: ハーヴィー・ミルク、サンフランシスコへ転居。
1975年: ハーヴィー・ミルク、市議会議員立候補、落選。
1976年: ハーヴィー・ミルク、下院議員立候補、落選。
1977年: アニタ・ブライアント、反ゲイ運動。
1978年: ハーヴィー・ミルク当選、米国初ゲイ政府役職。ジョン・ブリッグス「州条例6」推進活動、ハーヴィー・ミルクの活動により却下。
1978年: ハーヴィー・ミルク暗殺。
1979年: 暗殺者ダン・ホワイトの不当な刑に対して、サンフランシスコで暴動。
2008年: 「MILK」

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

コーエン兄弟の「クリーンコールクリーン」CM

In Activism, Environment on 2009/03/12 at 22:23


Smells so clean!
すごくクリーンな香り!

Is regular clean clean enough for your family? Now you can have “Clean Coal Clean”. Clean Coal harnesses the awesome power of the word “clean” to make it sounds like cleanest clean there is.
皆さんのお宅は普通のクリーンでご満足ですか?新発売の「クリーンコールクリーン」をお試しください。「クリーンコール」にはクリーンという言葉を – もう今までになかった様な最高にクリーンな – にする素晴らしい力があります。

Clean Coal is supported by the Coal Industry, the most trusted name in coal.
「クリーンコール」は、コールで最も信頼のあるブランド – 石炭業界の提供です。

IN REALITY, THERE’S NO SUCH THING AS CLEAN COAL.
現実: 「クリーンコール」というものは存在しない。
詳しくはTHISISREALITY.ORGへ。
http://thisisreality.org


コーエン兄弟撮影風景

(Brian Hardwick: The Alliance for Climate Protection
ブライアン・ハードウィック: 気候保護同盟)
石炭業界は何年にも渡って宣伝を行っています。私たちはそれに対抗できる情報源とメッセージを持った、初めての環境保護団体の連帯です。現実には、今日「クリーンコール」というものは存在しません。

(Joel Coen ジョエル・コーエン)
今日撮影しているのは、典型的な商品コマーシャルのパロディー風です。「クリーンコール洗剤、これで洗えばみんなクリーンコールクリーン!」クリーンコールクリーンとは、実はクリーンではないんです。セールスマンがニッコリ笑って登場し、でも実際に起こっているのは、この製品がこの一家の人生を破壊している‥。そんなブラックコメディーです。

(Brian Hardwick)
ユーモアでメッセージを送るのは、とても有効な手段です。まず注目させる、笑わせる、そして疑問を持たせる。見た人たちが自分たち自身で知ろうとすることが必要です。私たちは何かを売ろうとしているのではありません。考え方を変えようとしているのです。

This Is Reality(カナリアに聞いてみよう)

US EPA: Burning coal is a leading source of global warming pollution
米国環境保護庁: 石炭の燃焼は地球温暖化公害の主要要因である

US EPA: CO2 emissions from U.S. coal-based electricity are greater than emissions from all the cars and trucks in America
米国環境保護庁: 石炭の電力化で発生する二酸化炭素量は、米国のすべての車両のそれより多い

IEA and MIT database: The Coal industry is spending millions advertising Clean Coal, but not a single Clean Coal power plant exists in the US today.
国際エネルギー機関とマサチューセッツ工科大学のデータ: 石炭業界はクリーンコールの宣伝に多額の出費をしているが、現在米国にクリーンコールによる発電所は存在しない

Blan Holman, Southern Environmental Law Center: “Clean Coal is like a Healthy Cigarette”
ブラン・ホルマン、南部環境法センター: 「クリーンコール」は「健康タバコ」のようなものだ

もっと知りたい!This Is Reality
http://thisisreality.org

The Alliance for Climate Protection 気候保護同盟/代表アル・ゴア
http://climateprotect.org
http://repoweramerica.org
http://wecansolveit.org
http://thisisreality.org

コーエン兄弟監督作品: バーン・アフター・リーディング、ノーカントリー、オー・ブラザー!、ファーゴ、バートン・フィンクなど

私はアフガニスタンに行く、人々の声を記録するために

In Activism, Anti-War, Human Rights on 2009/03/11 at 23:25

(Andrew Bacevich: 国際関係学教授、「The Limits of Power」著者)
単に米軍をアフガニスタンに送っても問題解決にはならない。

(Thomas Barfield: 人類学教授、The American Institute of Afghanistan Studies会長)
皆、軍のことを話題にするが、本当に語るべきなのは彼らの戦略についてだ。アフガニスタンの人々に恩恵を与えることが出来るかどうかだ。

(Ahukria Barakzai、アフガン議員、女性誌Women’s Mirror創始者発行人)
惨事の可能性が、さらに敵や反乱軍を増強するかもしれない。

(Anand Gopal: Christian Science Monitor紙記者)
米軍の中ではこう言われています「村を爆撃して市民を殺すと、その村は永久になくなる」

(Stephen Kinzer: 海外特派員、「Overthrow」著者)
反乱軍に勝つための方法はひとつしかない。人々を味方にすることだ。

(Faiysal Ali Khan: Foundation for Integrated Development Action – FIDA創始者、PESCO Groupディレクター)
今、私たちは心と精神の戦いに敗北しつつある。

(Robert Pape: 政治学教授、「Dying to Win」著者)
私たちが目撃しているのは、地域の民族主義者たちの米国と西側の軍圧への反対だ。

(Dr. Ramazan Bashardost: アフガン議員、大統領候補)
各地区の族長がみなそれぞれ自分の国を制している!

(Carl Conetta: Project on Defense Alternatives)
私たちは宗教も文化も理解していない国々へ何百何千もの人々を送り込んでいる。

アフガニスタン人はおそらく、海外からの抑圧と侵略への抵抗にかけては世界一だろう。

アフガニスタンは世界の優れた軍隊の墓場として知られている。

(Mohammad Osman Tariq: ソビエトアフガン戦Mujahid司令官、National Council for Peace and Democracy in Afghanistan会長)
米国はアフガニスタンに対して別の方法を考える必要がある。

これは軍事問題ではない、軍のやり方では解決できない。

QUESTIONS MUST BE ANSWERED.  DEMAND HEARINGS.
疑問に解答を!審議を要求しよう!


Why Robert Greenwald is going to Afghanistan
私はアフガニスタンに行きます: ロバート・グリーンウォルド

“Rethink Afghanistan” has been launched. The campaign has started and thanks to many of you for getting the word out there. Over 20000 people signed the petition asking for hearings that raise the critical questions.  And we got your feedback from our first video, over and over again people have told us “Yes, we love seeing the experts Bacevich and Kinzer and Pape and others.  But we are really affected by the fact that we had Afghan voices in the video. ”

「アフガニスタンを考え直そう」キャンペーンが行われています。大勢の皆さんに広めていただいて感謝しています。二万人以上が重要な事項を問う審議要求に署名して下さいました。私たちが制作した一本目の映画に対して、たくさんのご意見を頂きました。「専門家の意見を聞けたのはとても良かったけれど、アフガニスタンの人々の声が収録されているということに非常に動かされた」

And it motivated all of us here to go further. A planning to go to Afghanistan.  There are people to interview over there, there are Afghan peace movement, there are bloggers, there are elected officials who are strongly anti-Taliban and strongly opposed to increase troop escalation.

私たちBrave New Filmsのメンバーはみな、この意見に感化され、さらに前進することにしました。アフガニスタンに行くのです。アフガニスタンにはインタヴューしたい人たちがたくさんいます。アフガンの平和運動があります。ブロガーたちがいます。タリバンに反対し、軍増強に強く反対する政府関係者たちがいます。

We need your help. We need to hire local camera people, we need to hire translators, we need to have research done.  As you can imagine there’s lots of logistical planning. Can you help us? We are asking anybody who can, and we know that time is tough economically.  To contribute $20, to make possible, to make sure that “Rethink Afghanistan” campaign continues to have articulated important women and men speaking up from Afghanistan. And for $20, you’ll become a producer.

あなたの助けが必要です。次の映画制作には現地のカメラマンが必要です。翻訳者が必要です。リサーチをしなければなりません。物資や移動も大掛かりです。助力をお願いします。経済状態が厳しい時ですが、出来る方はどうかお願いします。20ドルのドネーションが、私たちの記録活動を実現します。「アフガニスタンを考え直そう」キャンペーンによって、アフガニスタンの人々の大事な声を記録できます。そして20ドルのドネーションで、あなたもプロデューサーになれます。

You can help us complete this documentary.  Donate $20 and be listed as a Producer.  Please join us at RethinkAfghanistan.com.  Thank you.
あなたもこのドキュメンタリーの完成の支援ができます。20ドルで、映画プロデューサーのクレジットに載ります。ありがとう。

Robert Greenwald ロバート・グリーンウォルド

Rethink Afghanistan
http://RethinkAfghanistan.com

プロデューサーリスト
http://rethinkafghanistan.com/producers.php

●世界中からドネーションできます

ショーン・ペンからの手紙 – We are here to recruit you!

In Activism, Civil Rights, LGBT on 2009/03/06 at 01:15

2009年3月5日
親愛なる100 voices、

今日が転換の日だ。そう、ハーヴィー・ミルクが君たちによく言ったように、”We are here to recruit you.” 君をリクルート/採用するためにこれを書いている。

数分前、カリフォルニア最高裁は「Proposition 8 / 州条例8」同性結婚を無効にする条例の転覆のための証言審議を終えた。今日から90日以内に、最高裁が同性愛者の民権を回復するか不正に剥奪するかが、私たちに知らされることになる。

最高裁がどんな判決を下しても、平等の権利を勝ち取るために、カリフォルニア全土、そして全米で私たちの闘いは続く。

もしこの判決で私たちが勝てば、前回の住民投票で州条例8を支持した人々が、私たちの民権を剥奪するためにまた違った手で運動するだろう。もしこの判決で私たちが負けたら、カリフォルニア住民に再審を訴える準備をしなければならない。どんなことになっても、私たちの最終目標はアメリカ憲法による完全な平等権なのだ。

「Courage Campaign / 勇気のキャンペーン」は現在70万人が登録し、参加者は増え続けている。これからの闘いのための軍隊。ハーヴィー・ミルクが先頭に立って繰り広げたのと同じように、人々の力による運動を起こすのだ。州条例8や「Don’t Ask, Don’t Tell 聞くな言うな」法や結婚保護法によって、権利を剥奪された人々の勝利への抵抗の物語、歴史に誇れる物語を作るのだ。

君を採用するために書いている。私たちの運動を拡大するために、支援して欲しい。できるだけで構わない。どうか支援金を送って欲しい。カリフォルニアの結婚の平等を回復し、アメリカに民権の平等をもたらすために。

http://www.couragecampaign.org/BuildTheMovement

ハーヴィー・ミルクは、組織は底辺から作り上げていかなければならないことを知っていた。ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーの人々が必要としていたのは、ゲイのリーダーであることを知っていた。そしてストレートの同胞との連帯が必要であることを知っていた。

だから私たちは、映画「MILK」を全米で公開することに懸命になってきたのだ。アメリカの新しい世代に見て欲しかったのだ。ハーヴィーが歴史的な勝利を納め平等権を獲得したのは、彼とそして人々の組織の力であったことを。

1978年にハーヴィーが人々を率いて「ブリッグス提案」を却下した時のように、「勇気のキャンペーン」は州条例8を転覆するために、カリフォルニア全土で人々を組織している。「Courage Camp / 勇気のキャンプ」イベントでは、結婚の平等のための活動家へのトレーニングを行っている。地域ごとに「Equality Teams 平等のチーム」を結成している。百万人以上が見た感動の「Fidelity」に代表される、キャンペーンビデオクリップを制作している。

自分たち自身でできる力を持つことが、カリフォルニアそして全米で平等を獲得するための唯一の道だ。「勇気のキャンペーン」はそれを目指し進んでいる。底辺から人々が立ち上がり形成する勇気の軍隊、その成功のために、どうぞ支援をお願いします。

http://www.couragecampaign.org/BuildTheMovement

「勇気のキャンペーン」に参加してくれて、ほんとうにありがとう。

ショーン・ペン、ガス・ヴァン・サント、ダスティン・ランス・ブラック、クリーブ・ジョーンズ、ブルース・コーエン、ダン・ジンクス
(映画MILK、俳優、監督、脚本家、コンサルタント、プロデューサー)

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

映画「ミルク」が一ヶ月前に公開されていたら…ダスティン・ランス・ブラックの声明

In Activism, Civil Rights, LGBT on 2009/03/05 at 02:34

If you believe in life… If you believe in happiness… if you believe in kindness… if you believe in beauty… if you believe in compassion… if you believe in love…
If you believe… then COME OUT, COME OUT, wherever you are… and be with us

もし生きることを信じるなら、幸せを信じるなら、思いやりを信じるなら、美しさを信じるなら、情熱を信じるなら、愛を信じるなら…
もし君が信じるのなら、出ておいで、出ておいで、隠れていないで、そして僕らと一緒になろう

映画「ミルク」がもし2008年10月に公開されていたら
“Harvey Would Have Opened It in October”

http://www.slate.com/id/2205564/

ハーヴィー・ミルクは1978年11月27日に射殺された。彼が政治的な偉業 – 「Proposition 6 /カリフォルニア州条例6」の否決 – を遂げた三週間後だった。同性愛者である学校教師を強制解雇する – という「Proposition 6」の否決国民投票のために、ハーヴィーは大々的なキャンペーンをはり、大成功したのだ。30年後の11月、カリフォルニアは同年に州最高裁で認められた同性愛者の結婚許可の停止「Proposition 8 /カリフォルニア州条例8」の国民投票を迎え、結婚許可支持派は敗北した。映画「MILK」は単なる娯楽映画ではない。もし「MILK」が投票一ヶ月前に公開されていたら…

しかしこの敗北によって「MILK」には新たな意味が生まれた。劇中の「Proposition 6」開票シーンで不安に満ちた人々にハーヴィーは言う「もし強制解雇が通ったら、またやりかえすんだ!」この言葉を受けて、「MILK」脚本家プロデューサーのダスティン・ランス・ブラックとハーヴィーの側近だったクリーブ・ジョーンズは共同声明を出した。

NOW IS THE TIME / 今こそその時(抜粋)
http://www.sevenweekstoequality.com/blog/now-time

2008年11月4日、何百万ものゲイ・レズビアン・バイセクシュアル・トランスジェンダーのすべての人種のアメリカ市民が、胸を張ってバラック・オバマに投票した。そして同じ日にアリゾナ、アーカンソー、カリフォルニア、フロリダの法律はGLBTの市民権を否定する法案を通した。オバマに投票したすべてのアメリカ人同様、私たちはオバマのビジョン – すべてのアメリカ人がひとつになる – に共鳴している。ひとつになって、国や地球にとってもっと大事なことに取り組んでいかなければならない時だ。

私たちはずっと国に尽くして来た。ゲイであることで軍法会議にかけられるかもしれない中で兵隊として尽くして来た。差別されレッテルをはられながらも教師として尽くして来た。苦境の中で親として里親として子供を育てて来た。崩壊した医療システムの中で医者として看護婦看護士として患者を看て来た。芸術家として、作家として、音楽家として、工場やホテルの従業員として、農家やオフィースの働き手として。私たちはずっと国を愛し、尽くして来た。

ハーヴィー・ミルクが平等への闘争に命を捧げてから30年たった。私たちはこれからさらに30年待つことを拒否する。私たちは連邦政府に対して、アメリカ全土で私たちの権利が保護されることを要求する。もう妥協することはできない。もう待つことは出来ない。

アメリカ全土に非暴力市民抵抗運動を呼びかける。2008年11月27日ハーヴィー暗殺30周年の日から7週間。そして2009年1月20日、アメリカ中からワシントンに集合し、オバマ大統領の就任式に参列するのだ。

We can accept no compromise… We can wait no longer… Now is the time… We are equal
私たちは妥協しない、私たちはこれ以上待たない、今がその時だ、私たちは平等だ

EVE OF JUSTICE
http://www.eveofjustice.com
100,000 RALLY FOR EQUALITY
http://www.100000march.org

2009年3月5日、「Proposition 8」結婚許可の停止の撤廃、併発した2008年発行結婚証明書の無効要請の撤廃を州最高裁に誓願する証言公聴会が行われる。カリフォルニア各都市、ニューヨーク、アリゾナ、オクラホマ、フロリダで前夜のロウソク集会、当日の大規模集会が行われる。

Eve of Justice: San Francisco(ビデオ写真集)
http://www.sfgate.com/cgi-bin/object/article?f=/c/a/2009/03/04/BAR916986Q.DTL&o=
Eve of Justice: Los Angeles(写真記事)
http://www.latimes.com/news/local/politics/cal/la-me-gay-marriage5-2009mar05,0,5829409.story

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

ミルク暗殺30周年追悼式、ミルク記念日制定申請

In Activism, Civil Rights, LGBT on 2009/03/04 at 01:45

ジョージ・マスコーニ、ハーヴィー・ミルク、暗殺30周年追悼式
Remembering George Moscone & Harvey Milk, 11/28/2008

2008年11月28日、サンフランシスコは市長ジョージ・マスコーニと市議会委員ハーヴィー・ミルクを偲んだ。市議会委員ダン・ホワイトによって二人が暗殺されたのは1978年11月27日、その日は30周年の翌日だった。マスコーニ市長はサンフランシスコの民権を奪われた人々の保護政策を推進し、後に続く市と州の政治家への雛形を残した。ハーヴィー・ミルクはゲイであることを公にして政府役職に初めて選ばれ、1970年代のゲイの民権運動のパイオニアであった。

市役所前での式典は、サンフランシスコ・ゲイメンズコーラスの合唱で始まった。そしてサンフランシスコ・レズビアンゲイ・フリーダムバンド、レズビアンゲイコーラス、GLAMユースクワイアの演奏や合唱が続いた。二人と親しかった政治家や活動家、そして家族のスピーチが行われた。

– トム・アミアノ(ゲイであることを公にしている州議会議員、LGBT活動家)
– ジョン・マスコーニ(ジョージ・マスコーニの息子)
– ウィリー・ブラウン(元サンフランシスコ市長、SF市長としては唯一の黒人)
– ストゥワート・ミルク(ハーヴィー・ミルクの甥)
– キャロル・ルース・シルバー(政治家、マスコーニとミルクと共に暗殺されるはずだったが、その日自室にいなかったために免れた)
– ハリー・ブリット(暗殺直後、ダイアン・ファインシュタイン市長によってミルクの市議会委員席に指名された)

この日、サンフランシスコ・ゲイメンズコーラスが歌った曲のひとつ「Thou, Lord Our Refuge」。これは1978年の暗殺のあった日の夜、彼らが市役所の前で歌った曲だ。彼らはこの夜、初めて公共の場所で歌った。この夜、全米で初めてのゲイメンズコーラスが誕生したのだ。

市役所の式典の後、人々はロウソクを手にカストロへと向かった。大通りを埋め尽くすキャンドルマーチ。マーチの目的地は「575 カストロ / 575 Castro Street」ハーヴィー・ミルクのカストロカメラがあった場所だ。人々を先導するのはレズビアンゲイ・フリーダムバンド。「575 カストロ」の前で、スピーチが行われた。

– マーク・レノ(2008年当選、ゲイであることを公にしている全米初の上院議員)
– ホゼ・シスネロス(ゲイであることを公にしているサンフランシスコ市財務局長、ラテン系)
– ベヴァン・ダフティー(ゲイであることを公にしているサンフランシスコ市議会議員、父は「Lady Sings the Blues ビリー・ホリディ物語 / 奇妙な果実」の作者ウィリアム・ダフティー、名付け親は歌手ビリー・ホリデー)

Moscone Milk Memorial 2008 – Mark Leno
暗殺30周年追悼式マーク・レノ、スピーチ

皆さんバラック・オバマの当選にまだ興奮していますよね。そしてこうして今、「MILK」のポスターが一面に貼られているカストロシアターのそばにいます。何ヶ月もの間オバマが発していたメッセージの中に、私はハーヴィーの姿を重ねていました。「次の誰かや次の機会を待っていては変化は訪れない。私たち自身が私たちの待ち望んでいた者なのだ。私たち自身が変化なのだ。」ハーヴィーは社会の不平等を知っていました。そしてそれを変えるためには自分たちの地域から変えていかなければならないことを。そして人々が草の根組織を作らなければならないことを。

私はハーヴィーの誕生日5月22日をカリフォルニアの祝日にする法案をを州議会に提出しました。この不況時に政府に負担をかけることはできないので、休日にはなりませんが、毎年その日が「ハーヴィー・ミルク・ディ」として祝われ、学校で生徒が彼のことを学ぶようになります。しかしシュワルツネーガー州知事はこれを拒否しました。その意図はサンフランシスコだけに押さえてくれ、という返答です。でも映画「MILK」が全国的に広まれば、これはサンフランシスコだけのことではなくなります。そして世界にも広がります。ミルクの物語は時代を超えて国境を越えて、語り継がれるべきなのです。自由と解放の物語、人が尊厳と自由を持って生きられるための。リンカーンやキング牧師やシーザー・シャベスやガンディーの物語のように。私は来年この法案を再度提出します。それまで皆さん、ロウソクを掲げ続けて下さい。

Academy Award Winner Sean Penn Joins Senetor Mark Leno and EQCA
2009年3月3日、俳優ショーン・ペンが上院議員マーク・レノと合同で「州法案572: 5月22日ハーヴィー・ミルク記念日の制定」を提出。

http://dist03.casen.govoffice.com/index.asp?Type=B_PR&SEC={F0DFD1A5-1C7B-4F09-9F09-C48A423D1072}&DE={2A4D57CB-84F2-4921-983B-045BE6E175DA}

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

活動家スティービー・ワンダー、ガーシュイン賞受賞ライブ全編

In Activism, Civil Rights, Music + on 2009/03/01 at 00:31

1974年: You Haven’t Done Nothing「悪夢」

アルバム「ファースト・フィナーレ」から、バックにジャクソン5をフィーチャーしたファンクシングル。スティービーの四番目のポップチャート#1。ニクソン大統領に対する怒りをまっこうから叩き付けた曲で、B面にはやはり政治的な内容の「ビッグ・ブラザー」が収録された。

1981年: Happy Birthday「ハッピー・バースデイ」

スティービーはキング牧師誕生日祝日化運動の中心人物だった。この曲のヒットによって、運動が広く知られることになった。アルバム「ホッター・ザン・ジュライ」に収録され、キング牧師と民権運動の写真、スティービー自身によって書かれた解説文がLPスリーブに記載された。

2008年2月: UCLAオバマラリー

私たちの祖先と神の名において、私たちの命、この国とそして世界の命の原則を守るために生きて死んでいった人たちの名において、今日私はここにいます。私にはビジョンがありました。キング牧師の誕生日を祝日にすると言った時、人々は信じなかった。でも実現しました。南アフリカの解放のビジョンもありました。マンデラの名において、私はここにいます。そして今、私にはアメリカのすべての人々がひとつになるビジョンがあります。だからオバマを支援するのです。オバマにはアメリカをひとつにすることができます。

2009年2月25日: オバマ、ガーシュイン賞を授与

ミシェルと同様、スティービーの音楽は私の若い頃のサウンドトラックだ。彼の音楽は私に平和と激励を与えた。特に人生の困難に立ち向かう時。本当のところ、もしスティービーのファンでなかったら、ミシェルとデートしてもらえなかっただろうし、結婚もしていなかったかもしれない。二人ともスティービーを好きだったことが、交際中そして今も要だ。私たちだけではない。世界の大勢の人々が彼の音楽を愛し、同様な安らぎを見いだしている。困難の中で、彼の音楽で希望と人類愛を見いだしている。

米国議会図書館ガーシュイン賞(アメリカポップソング最高賞)
ホワイトハウスでの賞授与とコンサート、オンラインフィード(1時間)

PBS: In Performance at The White House
http://www.pbs.org/inperformanceatthewhitehouse/

ホスト: オバマ夫妻、演奏: スティービー・ワンダー、インディア・アリー、トニー・ベネット、アニタ・ジョンソン、ダイアナ・クラール、メリー・メリー、マルティナ・マクブライド、ポール・サイモン、エスペランザ・スパルディング

ワールドマーチ、平和と非暴力への地球マーチ

In Activism, Anti-War, Human Rights, No Nuke on 2009/02/19 at 00:21

We fell in love with the word, the most beautiful word of all, the only one that describes something that is not there.. PEACE.

この言葉に恋してしまった。世界で一番美しい言葉、そこにないものを言い表す唯一の言葉‥「平和」

We fell in love with an idea, the only one that really counts, bring peace and nonviolence to the world.

このアイデアに恋してしまった。本当に大事なのはこのことだけ。世界に平和と非暴力をもたらすこと。

And we are doing it, with the biggest world march ever known to mankind, THE MARCH FOR PEACE AND NON VIOLENCE.

だから僕らはやるんだ。人類史上最大の地球規模マーチ。平和と非暴力のためのマーチを。

The journey will spin across nearly 100 countries, 6 continents, with the direct participation of millions of people.

マーチは続くんだ。世界100カ国六大陸をつないで。何百万の人々が歩いてつなげるんだ。

And the initiative that started with the NGO – World Without Wars – which compels hundreds of organizations and celebrities to join in.

NGO World Without Warsが発起団体となり、何百もの団体や著名人が賛同参加している。

Let’s all work together for a better world.  From October 2nd 2009, the birth anniversary of Gandhi until January 2nd of 2010, millions of people will be walking to create a better future.

もっと素晴らしい世界のために、一緒に歩こう!2009年ガンディーの誕生日10月2日から、2010年1月2日まで、よりよい未来を作るために大勢の人々が歩く。

Ours, without violence, without wars, without nuclear weapons.  A future of peace and nonviolence.  You too will fall in love with the most beautiful word in the world.  Start walking.. with us!

僕らの未来、暴力のない、戦争のない、核兵器のない、平和と非暴力の未来。君もきっと恋をする、世界で一番美しい言葉に。僕らと一緒に歩き始めよう!

WORLD MARCH FOR PEACE AND NONVIOLENCE
http://www.theworldmarch.org

WORLD WITHOUT WARS
http://www.mundosinguerras.org

2009年2月現在の賛同団体賛同者の一部
http://www.theworldmarch.org/who
ヴィゴ・モーテンセン、フリオ・ボッカ、インテルナツィオナーレ・ミラノ、ピート・シーガー、ダライ・ラマ、アムネスティー、マキシミリアーノ・グエラ、グリーンピース、フィリップ・グラス、フアネス、デズモンド・ツツ、ジョゼ・サラマーゴ、ノア、ノーム・チョムスキー‥

世界参加都市連絡先
http://www.theworldmarch.org/contact

トロイ・デイビス恩赦アクション

In Activism, Civil Rights, Music + on 2009/02/10 at 23:56

Savannah, Georgia. 1991.
Troy Davis is convicted of murdering a police officer.
1991年、ジョージア州サバンナ
トロイ・デイビスは警官殺害の罪で告訴された

18 years later, he remains on death row.
But during that time the case against him has fallen apart.
18年経ち、トロイは未だに死刑囚
だがその間にトロイの罪状は崩壊した

New evidence has surfaced casting serious doubt on the verdict.
新たな証拠が見つかり、判決の信憑性が強く疑われている

The state may have THE WRONG MAN.
ジョージア州は間違った男はを捕えたのだろうか

Fact: 7 of 9 witnesses have recanted their previous testimonies.
事実: 証人9人中7人が証言を撤回した

“After a couple of hours of the detectives yelling at me and threatening me, I finally broke down and told them what they wanted to hear.”
「刑事が何時間も怒鳴って脅したので、私は耐えられなくなって彼らの聞きたいことを言いました」

“They gave me a statement and told me to sign it.  I signed it. I did not read it because I cannot read.”
「彼らは文書を渡して署名しろと言いました。署名しました。文書は読まなかった。私は字が読めないんです」

“I got tired of them harassing me..  I told them that Troy told me he did it, but it wasn’t true.”
「あまりの嫌がらせに疲れてしまって、トロイが『自分がやった』と言ったと言いました。でもそれは本当ではありません」

Fact: There was never a murder weapon or any physical evidence linking Troy Davis to the crime.
事実: トロイ・デイビスと事件を関係づける物的証拠や凶器は存在しない

Fact: One of the remaining two witnesses has been implicated as the real killer.
事実: 残る二人の証人の一人が、真犯人である可能性がある

Fact: No court has ever held a hearing on this new evidence.
事実: これらの新たな証拠に基づいた裁判は行われていない

and Troy’s execution remains imminent.
そしてトロイの死刑執行は差し迫っている

Take action at Amnesty International’s website NOW.
アムネスティーのアクションに参加してください

So the state doesn’t kill a man who may well be innocent.
無実であるかもしれない人間をジョージア州が殺さないように

Urge Gov. Perdue to Support Clemency for Troy Davis
アムネスティーアクション: ジョージア州知事にトロイ・デイビスの恩赦を誓願しよう
http://amnestyusa.org/troydavis

Amnesty: Troy Davis
アムネスティーのトロイ・デイビス死刑撤回キャンペーン
http://amnestyusa.org/death-penalty/troy-davis-finality-over-fairness/page.do?id=1011343

Troy Anthony Davis
トロイ・デイビス弁護団、オフィシャルサイト
http://troyanthonydavis.org

Troy Davis case
トロイ・デイビス事件について
http://en.wikipedia.org/wiki/Troy_Anthony_Davis

(日本語)米国 : トロイ・デイビスの死刑執行停止を称賛する
http://amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=530

(日本語)アメリカ:トロイ・デイビスさんの死刑が延期に
http://amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2130

– – – – – – –
曲: State Radio “State of Georgia”
僕らはアムネスティーと協力して、僕らの曲「State of Georgia」を使ったビデオクリップで、トロイ・デイビスへの関心を高めるキャンペーンに参加している。使われているのは、チャドのアコースティックソロライブの時の録音で、未発表のヴァージョンだ。みんな、ビデオを見て、アクションに参加してくれ。
http://stateradio.com
http://stateradioaction.com
http://rockforaremedy.org

Neil Young: Fork In The Road

In Activism, Environment, Music + on 2009/02/05 at 21:58

発売中: 米国 iTunes Store, Amazon.com

“Fork In the Road”
Neil Young @ The Huffington Post
Posted January 13, 2009 | 08:34 PM (EST)
http://www.huffingtonpost.com/neil-young/fork-in-the-road_b_157698.html

この歌は、先月ニューヨークでやったセッションの最後に湧いて来た。その夜、家に帰る前に録音した。先週撮ったShakey Pixのビデオ、楽しんでくれ。1月20日に会おう!
Joe the rock star (注: Joe the plumber / 配管工のジョー、のもじり)

「Fork in the Road / この先ゃ分かれ道」

腹が出ちまった、ひどくはないが、運転の邪魔だ
この古い相棒に乗って、この国を走る、景色は俺に語りかける

俺の友達は小型トラックで、子供を学校に送る、それから女房を美容学校へ
女房はマニキュア塗りの仕事だ、仕事を探さなきゃ、いい教師はどこだ?

この先ゃ分かれ道、どっちに行けばいい?この先ゃ分かれ道

今年は軍隊に敬礼するのを忘れちまった、みんなまだくそったれの戦地にいる
最悪だ、一体誰のアイデアだったっけ?

「希望」はあるが、「希望」で腹はふくれない
俺はまだ終わってない、諦めてない、手は引かない、もう手遅れだ

経済救済措置があったって、俺には関係ない
関係あるのはテレビで株の変動に釘付けの奴らさ、俺には関係ない

俺はロックスターだ、売り上げは没落した、だが俺には君らがいる
ありがとう!ダウンロードしてくれ!ひどい歌だが

ブログは続けてくれよ、電源が切れるまで、バッテリーが死ぬまで
「Twist and Shout / ツィスト&シャウト」がラジオでかかってる
いい時代だったよな、戻してくれ

経済救済措置があったって、俺には関係ない
関係あるのは悪事を隠している奴らさ、経済救済措置があったって、俺には関係ない

フラットスクリーン買ったけど、借金のかたに持って行かれた
壁に穴が残ってるだけ、先週の土曜だ、レイダーズの試合を身損ねた

経済救済措置があったって、俺には関係ない
経済救済措置があったって、俺には関係ない
関係あるのは悪事を隠している奴らさ

– – – – – – – – – – – – – – –
Neil Young @ The Huffington Post プロフィール
http://www.huffingtonpost.com/neil-young/

ニール・ヤング、活動家(ブリッジ・スクール、ファーム・エイド)、ロックの大御所。独自のチームを編成し、燃料を食う大型車の愛車1959年リンカーン・コンチネンタルを改造し、グリーン・テクノロジーと環境保全のお手本にすることに取り組んでいる。1ガロンで100マイル以上走行する車を対象に、1000万ドルの賞金がかけられたAutomotive X Prizeに参加。製造50年、史上最も大きく重量のあるこの車は「Linc Volt / リンク・ボルト」と名付けられ、この過程は「Repowering The American Dream」と名付けられ、ヤングの映画製作Shakey Picturesによってドキュメンタリー映画になる予定。
http://lincvolt.com

– – – – – – – – – – – – – – –
wiki: The Huffington Post
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Huffington_Post

The Huffington Post / ハフィントン・ポスト(略してHuffPost, HuffPo)は、リベラル / 自由平等主義のニュースと、各分野の著名人が多数参加する集積ブログから成り立っている。Arianna Huffington / アリアナ・ハフィントンとKenneth Lerer / ケネス・レラーが2005年5月に創立し、各種ニュースとコラムを配信している。政治、芸能、メディア、生活、ビジネス、そして環境グリーン・ムーブメントなどの話題を網羅している。

– – – – – – – – – – – – – – –
Linc Volt enteres X Prize Race
https://100voices.wordpress.com/2008/03/20/linc-volt-enteres-x-prize-race/

Ashley Judd: EyeOnPalin.org, YouthAIDS 活動家アシュレイ・ジャッド

In Activism, Health Care, Human Rights on 2009/02/03 at 00:21


Hi, this is Ashley Judd for Defenders of Wildlife Action Fund. When Salah Palin came on a national scene last summer, few knew that she promotes the brutal aerial killing of wolves. Now back in Alaska, Palin’s again casting aside science and championing the slaughter of wildlife. Using a low flying plane, they kill in winter, when there’s no chance for the wolves to escape. Riddled with gun shots, biting their backs with agony, they die a brutal death. Palin even proposed $150 bounty for the severed foreleg of each killed wolf. And now, she is encouraging even more aerial killing. It is time to stop Salah Palin, and stop the senseless savagery. Please join with me by going to EyeOnPalin.org, and take action now. Thank you.

こんにちは、アシュレイ・ジャッドです。私は野生生物保護基金を支持します。去年の夏、サラ・ペイレンが全国の注目を浴びた頃、小型飛行機で狼を虐殺することを彼女が奨励していることは、あまり知られていませんでした。ペイレンは今アラスカに戻り、自然科学など無視して、野生動物の殺戮を思いのままにしています。小型飛行機を低空飛行させ、狼たちの逃げ場のない冬に。銃で穴だらけにされた背中を、苦しみで噛みながら、狼たちは残酷な死を迎えます。そしてペイレンは、殺されてすぐの狼の足を持ってくれば、150ドルの賞金を出す、という条例を申請しました。加えてさらなる低空飛行射撃を奨励しています。サラ・ペイレンを止めなければなりません。この意味のない残酷な殺戮を止めなければなりません。 EyeOnPalin.orgを訪れて下さい。どうぞ私と一緒にアクションに参加して下さい。ありがとう。

Defenders of Wildlife Action Fund 野生生物保護基金
http://www.defendersactionfund.org


お早う!私はアシュレイ・ジャッド、ユース・エイズの世界大使です。私の大使としての初めての旅は、国際エイズ会議が行われたタイのバンコックの周辺でした。

カンボジア: カンボジアについてはあまり知りませんでした。でもその方が良かった。目をしっかり見開いて体験し学ぶことが大事だった。先入観なしで、そこに住む人々に教えてもらうこと。素晴らしい素晴らしい病院/ホスピスの訪問から旅は始まりました。今まで治療も受けられずに、エイズとの闘いに屈しようとしている人たち。彼らの最後を癒す場所です。そこにある寺院に行きました。そこでみんなが座って私のために祈ってくれるんです。最高の幸せでした。祈りの後、寺院の外で「ワットグラニー/ワットばあちゃん」たちに会いました。彼女たちは仏教の教えに従って、病気の子供たちの面倒を見るおばあちゃんたちのことです。こんなに素敵な女性たちに会ったのは初めて。「今度は私のハンサムな旦那さんを連れてくるわね」「アハハハハ!」かわいい赤ちゃんを抱きました。ほんとにかわいい。一番辛かったのは、ホテルに戻って一人になった時。会った人たちのことを思う時。あんなに可愛い女の子がとても辛い状況にあって、それが変えられないこと。一生危険にさらされていること。少女たちが受けるエイズ教育のクラスに参加しました。とても前向きで明るいユース・エイズの先生。HIV(エイズビールス)のこと、感染の仕方、コンドームのこと、客にコンドームをさせる方法、もし客がしなかった時の安全な逃げ方。

タイ: ユース・エイズはタイでこれから教育を広めようとしています。政府高官に私たちができることを伝えました。孤児院を訪ねた時、何度も涙が出ました。あんなに小さな子供たちに、大人の問題であるべきことを教えなければならないなんて、そんなことがあってはならないのに。政府やいろいろな団体が、子供たちを路頭生活から守るためのプログラムを行っています。でもすでに多くの子供たちが路頭で性産業に捕われています。その子たちをなんとかHIVから守ること、それが私たちの大事な課題なのです。どこまでも限りなく立ち並ぶ飲み屋やカラオケバー。売春宿に入ってみて、ほんとうに驚きました。これらの店で働く少女たちは、HIVについてよく知っていました。ユース・エイズの教育が役に立っているのです。会った少女たちはみなHIVに感染していました。それでも売春を続けています。

私がずっと待っていた、大事な大事な旅でした。ユース・エイズの教育は効果があります。だから希望があります。HIV教育に携わることは、暖かい心を持つこと、希望を持つこと。そしてクリエイティブなあなたなら、もっともっとメッセ−ジを広げることができます。

Ashley Judd: YouthAIDS Global Ambassador
ユース・エイズ世界大使: アシュレイ・ジャッド
http://projects.psi.org/site/PageServer?pagename=AshleyJuddGlobalAmb_nr

USAService.org

In Activism, Politics on 2009/01/26 at 00:28

America’s greatness was not crafted in skyscrapers alone, but on the ground by those who could see what needed to be done. Volunteers who in service stepped forward onto the dust of the moon, a levee in the heartland, the marble steps of a dream. You may ask yourself: ‘Where’s my moon, my levee, my dream?,’ Well, it’s here, with you. Step forward. Help renew America. At USAService.org.

アメリカの素晴らしさは高層ビルに刻まれているだけではない。アメリカの素晴らしさは至る所で、成すべきことを見つめる人々の中に息づいている。人類を月に送る道で、あの堤防の傍らで、そして夢をかなえる階段を造るために、ボランティアたちは力を尽くした。自分に問いかけてみよう。「私の月は?私の堤防は?そして私の夢はどこ?」それはここにある。前進しよう。アメリカが生まれ変わるために。USAService.org.

– – – – – – – – – –
USA Service Blog: All Because of You
http://usaservice.org/blog/entry/all_because_of_you/

The winds of change are sweeping across America because of you. President Obama issued a call to service two weeks ago and thousands of you already have responded with amazing alacrity.

You rapidly organized more than 13,000 service projects in all 50 states, helping repaint schools, mentor kids, collect canned food and donate blood. At Robert F. Kennedy Memorial Stadium in Washington, D.C., thousands of you helped assemble more than 80,000 care packages for our troops.

On Martin Luther King Jr. Day, we showed what was possible when Americans work together to strengthen our communities. Now that MLK Day is over, we need to keep that same spirit of volunteerism alive throughout the year. You can keep using our site to create or find events, as well as find other service opportunities through some great organizations.

It doesn’t matter how you choose to stay involved in your community, it just matters that you do.

「チェンジ」の風がアメリカ中を吹き抜けています。あなたのお陰です。二週間前、オバマ大統領が奉仕への参加を呼びかけました。何千もの人々が即座にその声に応えました。

50州全土で13000以上の奉仕活動が組織されました。老朽校舎の塗り替え、子供たちの話し合い手、貧しい地区への缶詰食品の収集、献血..。ワシントンのケネディー記念スタジアムでは、何千ものボランティアの人々が、戦地の兵士たちへのケアパッケージ8万個を梱包しました。

キング牧師誕生日の祝日に私たちは、コミュニティーの力を合わせればこんなに素晴らしいことができることを証明しました。そして今、この日の気持ちをずっと持ち続けることが必要です。奉仕イベントの登録や参加に、このサイトを利用し続けて下さい。

どのような参加方法でも構いません。参加することが大切なのです。

– – – – – – – – – –
KEEP INSPIRED by watching Obama’s speeches and addresses!
オバマ大統領のスピーチでやる気を持続しよう!

Campaign speech archive:
選挙キャンペーン演説
http://youtube.com/BarackObamadotcom
http://barackobama.com

President-elect weekly address archive:
移行期週間演説
http://youtube.com/ChangeDotGov
http://change.gov

Inaugural speech and message archive:
就任演説、メッセージ
http://youtube.com/inauguration
http://pic2009.org

President Obama weekly address:
オバマ大統領週間演説
http://youtube.com/whitehouse
http://whitehouse.gov

Cornel West, Barack Obama

In Activism, Civil Rights, Music +, Politics on 2008/11/17 at 02:19

コーネル・ウェスト、11月4日オバマ勝利のインタヴュー

– 黒人の友人たちはみな泣いたとおっしゃいましたが..

みな涙を流したよ。今までの苦難を振り返る涙、未来への希望の涙。

– 「希望」と言えばあなたの新刊書の題は「Hope on a Tightrope / 綱渡りの希望」ですが、どういう意味ですか?

オバマのカリスマと天才的な組織力は、レーガン時代と保守主義と8年に渡る共和党支配に終結をもたらす、すなわち文化の相違による貧困層の経済差と恐怖政治も終結するということだが。ここで大事なのは今は綱渡りの縄の様な緊張した移行期であることだ。オバマ時代は一体どのように映るのか、貧困層を苦境から救うことが出来るのか、レーガンの教義を超越することができるのか、第三世界に対してホワイトハウスの体質を変えることが出来るのか。

– オバマは人種差別後時代の候補として活動しました。大統領当選のスピーチにはキング牧師の名さえ出て来ませんでした。オバマのメッセージは「私を見てくれ、私があなたたちにできることを、すべての人にできることを」

人種差別後post-racialという言葉の意味を考えてみよう。白人が黒人候補者の肌の色ではなくその能力を見て投票する、人種差別後とは白人が以前より黒人候補に投票しやすくなったということ、それは確かに進歩だ。だが人種差別後とは黒人が消えたと言うことではない。黒人というものはなくなってすべて人類だということではない。ガラスの天井/上限が限りなく高くなったという象徴だ。これが子供たちに影響することを考えてみよう。私にも大事な娘がいるが、これは大きく影響する。彼らに取って限界はないということだ。これは白人の子供たちにも影響する。オバマは彼らにとっても、境界を超えてすべての子供に限界がないことの象徴だ。問題は象徴から内容への移行にかかっている。信条や政策、労働層や貧困層を代表するかどうか、補佐や内閣には誰を選ぶか。象徴は大事だが内容が問題だ。

– この選挙でアメリカはどのくらい進歩したと思いますか?

黒人が政府の高い位置に就いたという意味では、驚異的な変化だ。だか黒人貧困層の苦悩においては、象徴が内容にまだ移行していない現在、結論は出せない。オバマには力量があるはずだ。これから知ることになるだろう。オバマにはある、がアメリカ自身にあるか?なぜなら最終的には市民組織がオバマ政権にいかにプレッシャーをかけられるかどうかにかかっているからだ。市民組織が強くなければオバマは強くなれない。

– オバマへの期待は膨大です。オバマが引き継ぐのは困難に満ちた状況です。国内と世界経済の崩壊、二つの戦争など、あなたがおっしゃる問題点に至までに大きな問題が山積みですが。

私のオバマへの心からの助言はこうだ。オバマ、あなたは二つの戦争、大恐慌直前状態、カトリナ問題を抱えている。正直でいなさい。同時に率直に、クリエイティブに、深い洞察を持ちなさい。オバマには人々を鼓舞する稀に見る才能がある。一緒にやれば私たちには変えられる。アメリカだけではない。世界の隅々のいたるところで。It’s a new day, it’s a great day, here in America, it’s a happy day. 新しい日、素晴らしい日、アメリカは今日、Oh, Happy Day.

– アメリカに黒人大統領に選ばれたこの数時間、何か一番変わったと思いますか?

アメリカのイメージ、黒人の気持ち、黒人だけでなく茶、黄、赤、白、だが特に黒人にとって。変革が染み込んだ。ホワイトハウスに黒人が、黒人の家族が住む。そのアメリカのイメージは素晴らしい。挑戦は、それがEveryday People普通の人々に力を与えることができるかどうか。アジアにアフリカに南米にヨーロッパに、そして中東に良い影響を与えることが出来るかどうか。

– 荷は重いですね。

その通り。荷はとてつもなく重い。

Hope on a Tightrope
http://cornelwest.com

2008年11月15日Green Festivalsでの講演ビデオは、以下にアップされる予定。http://greenfestivals.com

オバマ次期大統領への手紙:グァンタナモ閉鎖のお願い

In Activism, Anti-War, Human Rights, Politics on 2008/11/14 at 02:16

「大統領に就任した時、私はグァンタナモを閉鎖する。軍事委員会法を拒否する。そしてジュネーヴ諸条約を尊重する。」バラック•オバマ 2007年8月1日

オバマ次期大統領が民主主義と憲法を取り戻すための手助けのチャンスです。就任第一日目に行使することができるのです。常軌を逸したグァンタナモ収容所を閉鎖することで、オバマは世界におけるアメリカのモラルリーダーシップを取り戻すことが出来るのです。憲法に違反した軍の介入と拷問の廃止で、悪名高い国防ブッシュ政権との関係を立つことが出来るのです。

この8年間ブッシュ政権が行って来た権力の乱用の時代を終わらせるために、私たちはこの重要な瞬間をしっかりと受け止めるべきです。Brave New FilmsはACLUと力を合わせ、このキャンペーンビデオを製作しました。

GITMO/グァンタナモ収容所の閉鎖と違憲軍介入の終結が、緊急に必要とされていることを訴えるためのビデオシリーズの第一作です。GITMOにおける人権剥奪のようなことが二度と起こらないようにするために、署名を求めています。ぜひ友達にこのビデオのことを知らせて下さい。

ACLUではこのキャンペーンをさらに進めて、11月9日にタウンホールミーティングを実施しました。米国中からテレコンファレンスで参加した人々が、現在のアメリカの人権について討論しました。この重要なアクション – GITMO閉鎖を実現するために、オバマ次期大統領に力を貸しましょう。

– – – – – –
CLOSE GITMO AND END MILITARY COMMISSIONS/署名サイト
http://closegitmo.com

親愛なるオバマ次期大統領、

あなたが就任第一日目に、世界のアメリカのモラルリーダーシップを取り戻す情景を見ることほど、私に取っての誇りはありません。

あなたの一筆で、グァンタナモ収容所は閉鎖し、軍事委員会法を無効にし、拷問を廃止することが出来ます。

ブッシュ政権はグァンタナモ収容所を建て、そこには法律は届かないと主張しました。何百もの囚人が容疑も裁判もないままに拘置され、彼らへの拷問が許可され、国家憲法と国際法に違反した軍事委員会法によって処刑されています。

ブッシュ大統領の不正を、一日たりとも長引かせる訳にはいきません。

この非常に重要な問題解決へのあなたのリーダーシップを、私はどんな形でもサポートします。どうぞ就任第一日に、あなたの率いる政府が憲法を尊重することをはっきりと示して下さい。

アメリカの自由を取り戻すことが、あなたの手にかかっています。どうぞ私たちが信じるアメリカを取り戻して下さい。

Green Festival, San Francisco

In Activism, Environment on 2008/11/11 at 23:27

CREATING A CLIMATE FOR CHANGE – 10 cent PLANTS A TREE – ZERO WASTER – HEMP MILK – CODEPINK WOMEN FOR PEACE…

変化への動きを作ろう – 10セントで木が一本植えられる – ゴミゼロ – ヘンプミルク – 平和の女性たちコードピンク…

感動しよう、楽しもう、グリーンなライフスタイルを学ぼう!NPOのグローバル・エクスチェンジとコープ・アメリカ主催のグリーンフェスティバルは、2.5日間の「目的を持った」パーティー、グリーンエコノミーの祭典。人のために、地球のために、そして利益を生む経済。

Kevin Danaher / Global Exchange ケヴィン・ダナハー / グローバル・エクスチェンジ「私たちがやろうとしているのは、グリーンエコノミーが未来のものなのではなく、すでに現在存在していることを一般の人たちに知らせることです。」

グリーンエコノミーに参加する店舗が多数集結するフェスティバルには、毎年何千人も参加します。だって、楽しいから、刺激的だから、多岐に渡った商品やアイデアにはきっとあなたの気に入るものがあります。

Alisa Gravitz / Co-op America アリサ・グラヴィツ / コープ・アメリカ「フィスティバル‥お祭りなんです。私たちは革命を、そして人間を祝っているんです。」

家族連れでも個人でも楽しめます。感動的刺激的な講演、グリーングッズのショッピング、それからライフスタイルの情報がいっぱい。グリーンビジネスの出店者たちと支援消費者のコネクション、健全で維持性のある環境作りのためのコミュニティーリーダーたちとの交流、それから音楽と美味しいものがいっぱい!

グリーンフェスティバルはあなたの町の近くで開催されるかもしれません。サイトでぜひチェックしてみて下さい!

Green Festivals
http://www.greenfestivals.org

11月14, 15, 16日 San Francisco CA, Concourse Exhibition Center

お勧め講演: Dr. Cornel West, Chuck D, Winona LaDuke, Van Jones, Rickie Byars Beckwith, Dr. Jill Bolte Taylor, Amy Goodman, Greg Palast, Medea Benjamin

Get Your Volunteer On – ボランティアで行こう!

In Activism, Environment, Health Care, Human Rights on 2008/11/11 at 00:45

私たちはずっとボランティアで助け合って来た。戦争の時、惨事の時、必要とされる時には、手を貸さなければ。ボランティアイズム!

1736年ベンジャミン・フランクリンは、初のボランティア消防団を発足した。1881年クララ・バートンは赤十字を設立した。1961年ケネディー大統領はピースコープを創立した。国連は2001年を国際ボランティア年に制定した。

2007年、6千百万人のアメリカ市民が地域のボランティアに参加した – 就業時間合計81億時間 – 総労賃1580億ドル相当。

ホームレスと貧困問題へのボランティア:
Habitat for Humanity – 1976年発足 – 家をなくした人々のために家を建てる – 2008年に建てた家屋数30万件 – 援助した人数100万人。
Help USA – 1986年に開始 – ホームレスの自活支援 – 2000年から現在までに建てた家屋数1600件 – 援助した家族数6000。

医療と福祉のボランティア:
Doctors Without Borders – 1971年フランスで発足 – 戦争や災害の被害者の緊急医療提供 – 2007年に出産した赤ちゃん10万人 – 治療を受けたHIV/AIDS患者10万人。
Operation Smile – 1982年発足 – 顔面奇形の赤ちゃんの整形 – 2008年11万5千人以上の子供を治療。

環境保護のボランティア:
The Nature Conservancy – 1951年発足 – 地球と動物と自然環境の保護 – 2008年1億1700万エーカーの自然と5000マイルの川を保護。
Student Conservation Association – 1957年発足 – 公共の土地と環境の保護 – 2008年5万人の学生とメンバーによる地質植物地理調査。

青少年と教育のボランティア:
Reading Is Fundamental – 1966年創立 – 軍人の児童、十代の母、囚人に読むことを教える – 16,635,141冊の本を4,600,909人の子供に寄付。
The Child Welfare League of America – 1920年創立 – 児童の保護と福祉 – 2008年800団体が350万人の子供を援助。

ボランティアはこの30年で最高に達している。でも70%のアメリカ人はまだ見ているだけ。NPOの三分の二が適切なボランティア人材に不足している。MAKE A DIFFERENCE 世界を変えよう!

ドネーションはこちらへ
NetworkforGood.org
「ボランティアやってみたい!」はこちらへ
VolunteerMatch.org

提供: GOODMagazine
http://www.good.is
http://www.youtube.com/GOODMagazine

お勧めクリップ:
GOOD: If Mos Def Were President – モスデフが大統領だったら
http://www.youtube.com/watch?v=udwTkU1QKPc
GOOD: If Wyclef Were President – ワイクリフが大統領だったら
http://www.youtube.com/watch?v=DJdz4U5yaGg
GOOD: If MURS Were President – マーズが大統領だったら
http://www.youtube.com/watch?v=A4q9UARi-dE

Norm Chomsky, Howard Zinn for Obama

In Activism, Politics on 2008/10/24 at 23:47

ノーム・チョムスキー

接戦州においてはオバマに投票すべきだ。人々はマケインに反対し、オバマに投票すべきだ。しかし幻想を持ってはならない。

共和党も民主党も、「経済の党」という一つの党の派閥にすぎないことは事実だか、二つの党の違いは一般の人々の生活にそれぞれ違った影響を与える。もし接戦州に住んでいるのなら、ふたつの悪のうちのましな方に投票するのは悪いことではない。

The Real News: Norm Chomsky インタビュー全編とスクリプト
http://therealnews.com/t/index.php?option=com_content&task=view&id=33&Itemid=74&jumival=246

ハワード・ジン

オバマに投票すべきだ。同時に直接の働きかけが必要だ。抵当流れを阻止するための市民の直接行動が起こったとき、本当の変化が起こる。

マケインに反対し、オバマに投票すべきだ。オバマはけして根本的な変化を代表していないが、彼は変化の可能性の突破口を作り出すことが出来る。十分な怒りと、十分な力と、十分な強要力を伴った社会運動を含有していなければ、本当の変化の可能性を満たすことはできない。彼の抽象的な言葉を確かな内容で裏付けなければ。私たちには直接行動が必要だ。それによって起こる憤慨のみが、ワシントンの人々に影響を与えることが出来るのだから。

The Real News: Howard Zinn インタビュー全編とスクリプト
http://therealnews.com/t/index.php?option=com_content&task=view&id=33&Itemid=74&jumival=247

Paul Newman: Activist

In Activism, Anti-War, Politics on 2008/09/29 at 21:18

1969年11月12日
ポール•ニューマン、ベトナム戦争への抗議

この戦争がこんなにも長く続いているのは、アメリカ人の大半が「痛み」を感じていないからです。いつもと変わらない生活が続き、私たちが過ごす日々の中には「痛み」はありません。私にはこの戦争がわからない。「痛み」を伴わない戦争などというものが。アメリカ人の大半がなんの影響も受けずにやり過ごせるのなら、もちろんこの戦争はずっと続いて行きます。

私たちは私たちにできる唯一のこと(反戦告発)をしているだけです。ほんとうに単純な、良心からの行動です。私たちの行動を不快に思う人々には申し訳ないけれど、でもたぶんその事がこの行動の真の力なのだと思います。

私たちは戦争停止のためのテーマのひとつ「いつもと変わらない生活ではない」ことを支援するためにここに来ました。

私たちは役者です。でも役者になった時に市民権を返上するように言われた覚えはありません。ですから私たちは今日ここで「市民」として抗議します。ベトナム戦争の悲劇に対して抗議します。みなさんに敬意を持ってお願いします。11月14日に映画を見に行かないで下さい。(役者である私たちへの賛同の意味で映画をボイコットしてください)

– – – – – – – –
“Newman’s Own Politics” by John Nichols
http://www.thenation.com/blogs/thebeat/365464

ベトナム戦争初期、ポール•ニューマンは反戦活動を展開した。68年マッカーシー候補、そしてマクガバン候補の有力な支援者だった。その多大な影響力から、ニューマンはニクソン大統領の「敵リスト」の上位にマークされていた。

(中略)食品会社「ニューマンズ•オウン」は、ハリウッドとウォールストリートの誰よりも多額の慈善団体寄付を生み出していた。が、彼の政治への献身は薄れなかった。民権、婦人の権利、同性愛の権利の擁護、核兵器廃止運動、そして戦争と軍事に対抗する候補を選出するための援助を惜しまなかった。

革新的な活動や候補へ支持は絶え間なかった。主に民主党へ。しかし72年の共和党候補選出戦でニクソンに対抗した反戦支持マクロスキーへの支持、2000年の緑の党ネーダーへの支持にも力を注いだ。2006年の民主党候補戦では、リーバーマンに対抗したラモントを支持し、自ら書いたシナリオを使って有権者への電話ボランティアに参加したほどだ。

今年、ニューマンはオバマの選挙キャンペーンへ、上限いっぱいの献金を行っていた。

ニューマンの生涯には、多数の友人と、普通の人間が持つよりもずっとわずかな敵がいた。彼の広大な博愛活動は、ほとんど彼に金銭利益をもたらさなかったが、人々からの多大な賞賛を得た。だがニューマンは「敵」であることが誇りだった。

「ニクソンの『敵リスト』の上位ランキングは、私にとって最上級の栄誉だ」

Michael Moore ‘Slacker Uprising’

In Activism, Music +, Politics on 2008/09/04 at 22:32


http://slackeruprising.com
http://www.michaelmoore.com

マイケル•ムーアからファンへの贈り物、新作無料ダウンロード
http://www.michaelmoore.com/mustread/index.php?id=1042

劇場用メジャー映画で初めてネットで無料リリースされる「Slacker Uprising」は、2004年大統領選で立ち上がった若者層の反乱の記録。2008年選挙への大きな予感をはらんでいる。

「Roger & Me」「Bowling for Columbine」「Sicko」など、数々の画期的な話題作を送り出してきたアカデミー賞受賞監督マイケル•ムーアは、監督生活20周年を記念して、新作をファンへの贈り物にすることにした。有名監督による劇場用映画として初めてのネット無料ダウンロード。この作品の劇場公開予定はなく、DVD発売は時期を遅らせ、テレビ放送やYouTubeなどのネットストリーミングも行わない。この無料ダウンロードだけだ。

「Slacker Uprising」は2004年の大統領選での、マイケル•ムーアのswing states接戦州62都市ツァーのドキュメンタリー。全国でマイケルが受けたスリルと恐怖に満ちた反響を記録する。9月23日から三週間、北米在住者はこの97分高画質作品をダウンロードできる。現在、ダウンロード希望登録を以下のサイトからすることができる。
http://slackeruprising.com

四年前マイケル•ムーアが願ったのは、何百万もの投票しないslackers怠け者たち‥18歳から29歳の若者たちを投票する気にさせること。怠け者たちに合わせて、新しい下着やラーメンが配られたり、開始時間を午後にしたり、政治家の演説は除外したり。観客400人で始まったツァーは徐々にふくれあがり、山火事のように広がり、フットボールスタジアムを埋める観衆に変わった。

このツァーを阻止する活動も各地で起こった。共和党からの圧力、下着やラーメン配布を賄賂行為として告訴する動き、威嚇や脅迫が続いた。Eddie Vedder, Joan Baez, Tom Morello, R.E.M., Steve EarleなどのミュージシャンやVigoo Mortensenなどの俳優も参加。コンサートとコメディーショーを交えたツァーは、希望と愛国心に満ち、アメリカの新しい政治世代の誕生を歴史に刻み付けている。その四年後の今年、Obamaniaとして生まれ変わった若者層の前兆だ。

– – – – – –
As thanks to his fans, Michael Moore is releasing his new film free online
http://www.michaelmoore.com/words/latestnews/index.php?id=12199

「Roger & Meから20年、20周年を祝うのにこの方法が一番だと思った。それに11月の選挙のためになにかしたいとずっと思っていたから」‥マイケル•ムーア

Radioheadの「In Rainbows」が任意の値段でダウンロード配布されたり、2006年にNeil Youngが反戦アルバム「Living With War」を発売前に全曲ストリームしたことなど、マイケル•ムーアは音楽業界で試されているネットダウンロード配布方法に目を付けた。

これまでのムーアの作品から考えると「Slacker Uprising」を劇場公開した場合の興行成績は十分に予想できる。「Sicko」と「華氏9/11」はドキュメンタリー映画史上ベスト3のうちの二作なのだ。「Slacker Uprising」の制作費は200万ドル。加えてムーアは100万ドル出費するという。今回の無料ダウンロードではムーアも協賛のBrave New Filmsも収益を考えていない。

CSNY Deja Vu, Neil Young appears SF screening

In Activism, Anti-War, Music + on 2008/07/17 at 00:16

CSNY – Deja Vu 試写会、ニール•ヤングほか特別ゲスト来場予定
7月17日 7:30pm, Sundance Kabuki Cinemas / San Francisco
http://www.sffs.org/events/films/film_csny_deja_vu.html

http://www.csny-dejavu.com/

イラク戦に激怒し、2006年の中間選挙に向けての叫びをこらえられなかったバンド‥クロスビー、スティルス、ナッシュ、ヤングは、29都市を巡るFreedom of Speech tour – 発言の自由ツァーを開始した。2008年、重要な転機となる大統領選が近づいている今、ニール•ヤングはあのツァーの模様と、それが触発した賛否両論の強力な反応を記録したドキュメンタリーを公開する。

ニール監督五作目となる本作の中には、元ABC Nightlineの記者でベトナム退役軍人でもあるマイク•セレの、洞察力のあるコメントが織り込まれている。この記録の撮影に招待されたセレは、イラクで海兵隊兵士たちに溶けこんだと同様に、兵士の視点を提供するためにこのツァーに溶け込んだ。

本作は演奏への観客の反応を記録する。現在の政治がいかにこのバンドとファンの関係に影響するかを映し出す。さらに、イラク兵やその両親や地域政治家たちの、現状を変える切願の印象深い証言が盛り込まれている。ヤングによって巧みに構成された40以上の曲とそれらの映像は、本作を普通のコンサート映画ではなく、アクティビズム/市民活動への呼び声に仕上げた。思い出そう‥以前同じことがあった‥平和を心から嘆願したことが‥

San Francisco Film Society チケット購入
https://www.trilogyticketing.com/sffs/
売り上げの一部はSwords to Plowsharesへ贈られます。

– – – – – – –
Swords to Plowshares(剣から鋤へ/和解の会)
http://swords-to-plowshares.org

戦争の傷と苦悩は、戦場を去った後もずっと続きます。「Swords to Plowshares」は、帰還兵士たちの傷を癒し、人間としての威厳や希望そして自立力を取り戻させ、ホームレスや貧困生活から救済するための団体です。1974年にコミュニティーを基盤としたNPOとして発足しました。カウンセリング、就職活動の援助や訓練、住居斡旋、法手続補助などを、サンフランシスコベイエリア周辺のホームレスや低所得退役軍人たち1500人以上に提供しています。市町村や州や連邦の団体と共同で、公での弁護発言や公衆教育を行い、帰還兵たちの権利を守る活動を行っています。

John Lennon: I Met The Walrus

In Activism, Anti-War, Music + on 2008/07/10 at 00:03

1969年、14歳の少年ジェリー・レビタンは、オープンリールテープレコーダーを抱えて、ジョン・レノンのホテルの部屋に忍び込んだ。おしゃべりをするために…

– ジョン、あなたの米国入国問題について教えて下さい。-
大勢の人が僕に入国して欲しくないみたいだ。革命を起こすんじゃないかと心配してね。僕はそんなつもりはないのに。平和を唱えて欲しくないみたい。戦争がいいみたいだ。大きなビジネスだからね。太った人たちを幸せにしておけるからね。僕は戦争反対だ。だから入国して欲しくないんだ。でも僕は入るよ。だって平和に公に反対なんかできないからね。

– あなたを助けるために、僕たちにはなにが出来ますか?-
自分自身を救うことで僕を助けて欲しい。革命家たちはみな武力を使って、ロシアとかフランスとか、国をぶち壊して、その後に人々が立て直して来た。そして社会構造ができて、君たちはあと数年でその上に立つようになるんだよ。構造があるのは好都合なのさ。いろいろな仕掛けが作れるし。でも抵抗するべきだ。非暴力で。暴力は暴力を生む。それが宇宙の心理さ。武器や金の力、暴力への抑圧は歴史上ずっとあった。でも非暴力とユーモアでの抵抗を抑えるのは難しい。平和を広げる方法はたくさんあるよ。平和のために小便をするんだ。平和のために微笑むんだ。平和のために学校へ行く、行かない。何をやるんでもいい、平和のためにやるんだ。人々が変えるんだ。政府を口実にしては駄目だ。あ〜、政府のお陰で戦争に行かされる、そうじゃなくてそれは人々がそうしたんだ。もし本当に変えたいのなら変えられる。変えるんだ。

(後略)

– – – – – – – – –
1969年、ビートルズ狂の14歳の少年ジェリー・レビタンは、ジョン・レノンが滞在しているトロントのホテルの部屋に押し掛けた。オープンリールテープレコーダーを抱えて、平和についてのインタヴューがしたいとレノンを説き伏せた。38年後、ジェリーはその映画を作った。その時のインタヴューをサウンドトラックにして。監督のジョシュ・ラスキンがレノンの言葉に乗せて溢れる様なアニメーションのレイヤーを編み描いた。ジェームス・ブライスウェイトの素晴らしいペン画とアレックス・クリナの高度なデジタルイラストレーションが融合し、レノンの魔法の言葉が時を超えて蘇る。

I Met The Walrus
http://www.imetthewalrus.com

現在米国YouTube Screening Roomで高画質で公開中。米国iTunesストアから購入可能。
http://youtube.com/ytscreeningroom?v=jmR0V6s3NKk

eiga.com: ジョン・レノンに突撃取材した10代少年の逸話がアカデミー賞候補に(日本語)
http://eiga.com/buzz/20080220/20

The Nightwatchman: Axis of Justice

In Activism, Music + on 2008/06/22 at 23:44

The Nightwatchman “The Road I Must Travel” (オフィシャルクリップ)
http://www.youtube.com/watch?v=vohUk1ydFYc

– – – – – – – – –
AXIS OF JUSTICE
http://www.axisofjustice.org

“Axis of Justice 正義の枢軸” とは、Tom Morelloトム・モレロ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)とSerj Tankian サージ・タンキアン(システム・オブ・ア・ダウン)が設立した非利益団体。社会正義を勝ち取るために、ミュージシャンと草の根政治社会活動団体を連動させることが目的だ。世界の音楽ファンと地域の草の根団体との架け橋となって、平和や人権や経済の不均衡是正を成し遂げるための、効率的な組織造りを目標にする。

– – – – – – – – –
The Nightwatchman’s “Justice Tour”
http://www.axisofjustice.org/feature_041508.htm

2008年4月15日、The Nightwatchman/Tom Morelloは友人ミュージシャンたちとともに、二週間の間に七都市で「Justice Tour」を行った。各都市で、それぞれの草の根社会活動に焦点があてられ、一日をその活動への参加にあて、そしてもう一日がコンサートにあてられた。ツァーの収益は全額、各団体に寄付された。

●ロスアンジェルス: ホームレス援助団体「People Assisting The Homeless」
http://www.epath.org
●ニューヨーク: 青少年薬物中毒回復支援団体「Road Recovery」
http://www.roadrecovery.org/
●ニューオリンズ: 住居復興支援団体「Sweet Home New Orleans」
http://www.sweethomeneworleans.org
人権団体「Amnesty International」
http://www.amnesty.org
●アシュビル – ノースカロライナ: 貧困対策団体「Just Economics」
http://justeconomicswnc.org
●ワシントンDC: 反戦イラク兵団体「Iraq Veterans Against The War」
http://ivaw.org
●ボストン: 健康保険制度改正支援団体「Health Care-Now」
http://www.healthcare-now.org
●シカゴ: 労働組合「Service Employees International Union」
http://www.seiu.org

– – – – – – – – –
「Justice Tour」楽屋でのインタヴュー
GRITtv Interview: Tom Morello Part 1
http://www.youtube.com/watch?v=s2aOqQDYaKM
GRITtv Interview: Tom Morello Part 2
http://www.youtube.com/watch?v=vMe-H4oHzDM

(冒頭)このツァーは「Justice Tour 正義のツァー」と名付けました。選挙の年、各候補がいろいろな公約をしますが、僕たちはそれを待っているわけにはいきません。活動に参加しながらコンサートを行うことで、ファンが問題意識を持って団体の活動に参加したり、演奏者たちが社会参加の意識を持ったり、収益全額を団体に寄付することで援助を実現するのが目標です。「変化」が唱われていますが、民主党にも戦犯がたくさんいるのは知っています。ホワイトハウスだけでは変化は生まれません。歴史からもわかるように、本当の革命的な変化は、上からでなく、下から起こるのです。教科書に書かれていない人々が社会を変えて来たのです。選挙の年だけでなく、毎年私たちは思い出さなければなりません。変化は自宅から、職場から、学校から、地域から起こるのです。

– – – – – – – – –
The Nightwatchman
http://www.nightwatchmanmusic.com
http://www.myspace.com/thenightwatchman

John Cusack: War, Inc.

In Activism, Anti-War, Politics on 2008/06/19 at 22:41


アメリカにとって戦争とは‥ビジネスだ!
爆風政治コメディー「WAR, INC.」
http://www.firstlookstudios.com/films/warinc/

– – – – – – – – –
WHY WE WRITE – なぜ書くのか
by Jeremy Pikser, Mark Leyner & John Cusack
John Cusack ジョン・キューザックのブログ
http://bravenewfilms.org/profiles/334077-john-cusack

2003年の始めに三人で集まって、イラクで起こっていることの狂気とそれに対する怒りを表現する、何かを書けないか?と考えあぐねたんだ。

僕たちは地球上で最も権力のある国に住み、他の貧しく力のない国々を爆撃攻めにしている。イラクは長いこと、道路は破壊され、電力も飲み水も断たれている。続く強制制裁で、飢えと医療不足から50万の市民が死に追いやられた。そして、イラクとは違うアラブの複数の国から集まったアラブ人たちが、アメリカ人3000人(過去10年間でアメリカが殺したイラク人の数の150分の1だ)を殺したからという口実で、アメリカは又イラクを爆撃攻めにした。そしてアメリカ中が、大手メディアに関係のあるすべてのジャーナリストが、政治家が、映画俳優が、みんながアメリカの英雄的行為を讃えていた。僕らは言ったさ「Fuck This! 冗談じゃねぇ!」

だから僕らはこの話を書いた。出資家たちは、この映画では儲からないから出資しなかった。だからブルガリアで、普通の制作費のほんの一部の予算で作った。とにかく作ったんだ。おまけに素晴らしい俳優たちが、ほとんどノーギャラで出演してくれた。作品は最高の出来だ。たくさんの人たちが見てくれた。君にもぜひ見て欲しい。


ジョージ・ブッシュとジョン・マケインの区別、つけられる?ほんとに?ではクイズ..

アメリカ兵士をイラクの危険状態に送ることを支持しながら、二党合同で支援するGI Bill復員兵援護法を支持しないのはどっち?

お抱えのトップアドバイザーが、戦争商人と深い仲なのはどっち?

イラクとアフガニスタンでの戦争商人の悪事を裁くための、特別委員会の設置を拒否するのはどっち?

年金の民営化のために、市民を口車にのせようとしているのはどっち?

健康保険のない子供たちの保険予算に反対したのはどっち?

答えは‥どちらも。

MoveOn.orgのBush McCain Callengeクイズをやってみて。Betcha Can’t Tell Them Apart – きっと区別がつかないよ。

Bush McCain Callenge
http://www.bush-mccainchallenge.com

– – – – – – – –
John Cusackのサイト
http://www.huffingtonpost.com/john-cusack
http://www.myspace.com/johncusack

This Brave Nation: Bonnie Raitt

In Activism, Civil Rights, Music + on 2008/06/08 at 21:10


This Brave Nation – この勇敢なるアメリカ
(全編)活動家対談シリーズ第二話「ボニー・レイットとドロレス・フエルタ」
http://bravenation.com/bonnie_raitt_dolores_huerta.php

大学時代、音楽は趣味でした。Social Activist社会運動を生涯の仕事にしたいと思っていました。若い頃、労働組合運動のために歌っていたピート・シーガーやジョーン・バエーズ、そしてボブ・ディランやウディー・ガスリーにとても大きな影響を受けました。

私の家族はクエーカー教徒で、叔父はAmerican Friends Service Committeeアメリカ友会奉仕団の平和委員長でした。私は地域の平和運動活動をする家族の中で育ちました。マーガレット・ミードのように世界を旅して、植民地化が及ぼした世界各地への悪影響を逆行させる/消すような仕事がしたかった。

そして大学時代に趣味で音楽を始めました。スターになろうなんて思っていなかった。ショービズのゲームの中で暮らす人生を送るつもりもなかった。父(John Raittはブロードウェイのスター)は芸能人で私たちの家族はショービズの中にいたのですが、両親がそれに溺れなかったことに感謝しています。

大学の最後の年、学園祭などで演奏していた時、偶然が功を奏したと思うのですが、レコード契約の話が持ち上がり、趣味が本業になりました。その偶然が功を奏したことは、私の社会活動にも当てはまります。私はずっと自分が尊敬する音楽家/活動家の行動に習って活動してきただけなのです。

– – ボニーは8回目のクリスマスプレゼントに、ステラ・ギターをもらった。
– – デヴュー・アルバム「ボニー・レイット」は1971年に発売された。
– – 以来彼女は9つのグラミー賞を獲得し、何百万枚ものレコードを売り、ロックの殿堂入りを果たした。

一番素晴らしかった思い出は、17歳の時のインデアナポリスの地域共同体活動です。アメリカ中から集まった15人程のティーンエージャーたちと一緒に、人々の家を訪ねて社会意識や問題へのアンケートをとり、午後は高齢者の家のペンキ塗りやガレージの修理をしました。インデアナポリスの白人貧困地区の人々は、隣接しているにもかかわらず、黒人地区との交流が全くありませんでした。

私たちは人々の家を訪ねる時に、意図的に白人と黒人の二人組で訪れました。私たちのプロジェクトが終わる頃には、白人黒人両方の共同体の牧師たちが協力し、二つの共同体が会って話し合い、ひとつの団体となって、社会問題への声を上げる様になりました。この空き地を公園にしよう、信号を増やそう、警官を増やそう。分離した小さな共同体にはできないことが、合同した大きな共同体には可能だということが、みんなによくわかりました。この時の経験が、私のそれからの人生の価値感を大きく変えました。

共同体として歌うことや教会で歌うことは、とても大事なことです。ミュージシャンたちは心/魂に語りかけることが出来ます。社会問題に対して、言葉で語ることも大事ですが、音楽や芸術で語ることも大切です。ミュージシャンたちと活動家たちのコミュニティーには素晴らしい連帯があります。詩人や演劇のコミュニティーもそうです。労働組合運動の長い時期や恐慌の時代の動きを支えて来ています。父が良く話していました。大恐慌の時代、これらのコミュニティーがいかに団結していたかを。

振り返ってみると、当時女性にしては珍しくギターが弾けたことが、プロの世界への扉に繋がり、スライドを弾くことで他の女性歌手と違った存在でした。ブルースと正義への情熱がありました。プロになれたのは、今思うと本当に良かったです。私は社会のために、今まで不当に扱われて来たブルースアーティストたちに、何かしたかった。プロになれたことで、偉大なブルースミュージシャンたちから直接音楽を学び、そして彼らが生きて来た人生、黒人として差別されてきた歴史を聞くことができました。

– – 1988年、ボニー・レイットはRhythm & Blues Foundationを設立した。彼女にとても多くを与えてくれたR&Bの先駆者たちの世代へ、彼らの著作権の改善と経済支援と、そして彼らの存在の認識を高めるために。

現在、音楽の世界もインターネットのお陰で民主的になっていると思います。CD制作費が激減しているし、ラップトップがあれば音楽も映画も個人ですぐに作れます。ガレージバンドがあれば楽器が弾けなくても自分の曲を録音したり、詩人やラップアーティストになれます。YouTubeやMySpaceで自分の作品をすぐに世界に公開することができます。すばらしい時代です。政治的な活動もできるし、自分の意見も出版できる。25年前には想像もできなかったことです。

30年前の「No Nukes – 原子力反対」運動は草の根活動でした。マディソン・スクゥエア・ガーデンで5夜ソルドアウトのコンサートをしました。映画を作り、二枚組アルバムを作りました。バッテリー・パークで集会をしました。あの時は映画の配給にも苦労したし、レコード会社にも政治色が強過ぎると言われました。現在、原子力反対の署名を集めるプロジェクトがたった2, 3週間でできてしまいます。ネットで行った「NukeFree.org」キャンペーンで12万の署名を集めることが出来ました。映像もアップされ、これを見た人々は地元の議員に電話やメールをしました。現在このような社会改革キャンペーンが、無数に展開されています。インターネットのお陰で、社会改革運動のやり方が大きく変わりました。

現在若者の世代に、自分たちの責任を果たそう、という動きが起こっています。地球にたいする責任。それには犠牲が必要です。政府は犠牲を求めませんが、ほんとうの改革には犠牲が必要なのです。戦争、恐慌、私たちの両親の世代は犠牲を払って立ち上がってきました。それが私たちの伝統なのです。「me – 自分」中心に考えることは、そろそろやめなければなりません。

– – – – – – – –
This Brave Nation – この勇敢なるアメリカ、活動家対談シリーズ
http://bravenation.com

5回に渡る対談シリーズは、現在随時web公開が開始されています。
http://bravenation.com/episodes.php

第一話: カール・ポープとヴァン・ジョーンズ
第二話: ボニー・レイットとドロレス・フエルタ
第三話: アンソニー・ロメロとアヴァ・ロウェリー
第四話: ピート・シーガーとマジョラ・カーター
第五話: トム・ハイデンとナオミ・クレイン

This Brave Nation
Carl Pope & Van Jones
Bonnie Raitt & Dolores Huerta
Anthony Romero & Ava Lowery
Pete Seeger & Majora Carter
Tom Hayden & Naomi Klein

– – – – – – – –
nukefree.org
https://100voices.wordpress.com/2007/10/13/nukefreeorg/

Obama in 30 Seconds: winners

In Activism, Politics on 2008/05/12 at 23:28

最優秀作品「Obamacan」
by David Gaw & Lance Mungia (Monrovia, CA)

私は退役軍人です。レーガン大統領の元で、そして一人目のブッシュ大統領の元で、国家に仕えました。選挙できる年齢になるずっと前から共和党支持でした。私たちは「強い大統領」を必要としています。右派と左派の両方を、共和党民主党の両方、そして国民全体を代表できる人を必要としています。

私は生涯共和党支持ですが、バラク・オバマに投票します。

一般投票最優秀作品「They Said He Was Unprepared…」
by Josh Garrett (North Hollywood, CA)

イリノイ州出身の男が大統領に立候補した。対立候補は彼を笑い者にした。経験不足だと嘲った。そして大統領職への準備が出来ていないと言った。彼にはイリノイ州の議会経験と、2年間の議員経験しかなかった。管理職に就いた経験もなかった。

だが彼(アブラハム・リンカーン)は大統領に選ばれた。二回も。

人々は彼を「準備が出来ていない」と言った..

– – – – – – – –
Obama in 30 Seconds
http://obamain30seconds.org

市民団体MoveOn.orgによるオバマ支援広告コンテスト「Obama in 30 Seconds」。応募作品1100に対して、一般評価投票550万、そして映画監督や芸術家やミュージシャンや思想家などの審査員陣の評価を経て、15の優秀作品が決定しました。最優秀作品は「Obamacan」。優秀作品15はどれも前向きな希望に満ちたクリエイティブな作品です。現在サイトから見ることができます。

MoveOn.orgは現在、「Obamacan」をテレビ放送するための資金を募っています。

– – – – – – – –
Obama in 30 Seconds
https://100voices.wordpress.com/2008/03/14/obama-in-30-seconds/

Pangea Day

In Activism, Human Rights on 2008/05/11 at 23:52

Pangea Day パンゲア・デー
http://www.pangeaday.org
http://www.youtube.com/pangeaday

4時間の中継を1時間にまとめたハイライトクリップ
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=101

パンゲア・デーは映像を通して世界をひとつにする地球イベントです。なぜ?私たちは、国境や人種や政治の違いで、人間がみな同じ様に持っているものを見失ってしまう世界に生きています。パンゲア・デーはそれを克服するために、世界の人々が自分と同じものを世界の人々の中に見出せるように、映像を通して手助けするイベントです。

パンゲア・デーは世界標準時5月10日午後6時から四時間に渡って行われました。カイロ、キガリ(ルワンダ)、ロンドン、ロスアンジェルス、ムンバイ(インド)、リオデジャネイロが中継で繋がり、短編映画とライブ演奏と参加著名人の講演が行われ、その模様は7カ国語に翻訳され、インターネットやテレビや携帯を通して世界中の何百万もの人々に届きました。

100カ国以上から2500以上応募された作品の中から厳選された24の短編映画が中継されました。選考基準は「他国人の目から見た世界が見る者に伝わり、その心を動かすもの。」ライブ演奏にはQueen Noor of Jordan、Bob Geldof ボブ・ゲルドフ、イラン人の人気ロックバンドHypernovaなどが参加しました。

中継された短編の多くは、現在サイトから見ることが出来ます。映像で心が動かされたら、その内容に関連する市民運動活動に参加することができます。各短編のページには関連団体のサイトが記載され、設置されたフォーラムやイベントリンクなどから個人の意見交換ができます。

Pangea Day: Films
http://www.pangeaday.org/pangeadayFilms.php

現在サイトから見ることが出来る作品

Por Que Lo Hago? (Why I Do It) なぜ僕はやるのか (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=16

Combatants for Peace 平和の闘士 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=73

Dancing Queen ダンシング・クィーン (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=4

Encounter Point 遭遇地点 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=68

I Remember Lebanon レバノンを覚えている (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=7

Inja (Dog) 犬 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=28

L’Homme Sans Tete (Man Without a Head) 頭のない男 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=8

Laughter Club 笑いクラブ (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=69

Meninos (Boys) 少年 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=30

More もっと (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=9

Mutual Recognition 相互認識 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=72

Operation Homecoming: Road Work 帰還計画
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=67

Pale Blue Dot 青い点
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=75

Papiroflexia (Origami) 折り紙 (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=10

Sierra Leon’s Refugee All Stars レフュジーオールスターズ (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=12

Sili (The Slap) 平手打ち (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=13

Walleyball 壁越しのバレーボール (日本語有り)
http://www.pangeaday.org/filmDetail.php?id=14

Howard Zinn: Empire or Humanity?

In Activism, Anti-War on 2008/04/16 at 00:35


Empire or Humanity?
帝国か博愛か?
What the Classroom Didn’t Teach Me About the American Empire
学校で習わなかったアメリカ帝国について
By Howard Zinn, Narrated by Viggo Mortensen
著: ハワード・ジン、朗読:ヴィゴ・モーテンセン

With an occupying army waging war in Iraq and Afghanistan, with military bases and corporate bullying in every part of the world, there is hardly a question any more of the existence of an American Empire. Indeed, the once fervent denials have turned into a boastful, unashamed embrace of the idea.
イラクやアフガニスタンで占領軍が戦争を繰り広げ、世界中で米軍基地や企業が猛威をふるう現在、アメリカが帝国であることにいささかの疑問もない。そして一時の猛烈な否定は、見事に誇らしげな、そして恥知らずな「理想」と化している。

However the very notion that the United States was an empire did not occur to me until after I finished my work as a bombardier with the Eighth Air Force in the Second World War. Even as I began to have second thoughts about the purity of the “Good War,” even after being horrified by Hiroshima and Nagasaki, even after rethinking my own bombing of towns in Europe, I still did not put all that together in the context of an American “Empire.”
アメリカが帝国であることを、私は第二次世界大戦で空軍爆撃手の経験を終えるまで思いつかなかった。「正義の戦争」の純粋性を疑い始めた後も、広島長崎の恐怖に陥った後も、ヨーロッパの街を自ら爆撃したことを深く考える様になった後も、私はそれらを「アメリカ帝国」という概念で関係づけて考えることをしなかった。

I was conscious, like everyone, of the British Empire and the other imperial powers of Europe, but the United States was not seen in the same way. When, after the war, I went to college under the G.I. Bill of Rights and took courses in U.S. history, I usually found a chapter in the history texts called “The Age of Imperialism.” It seemed that American imperialism lasted only a relatively few years.
多くの人々と同様に、私は大英帝国や他のヨーロッパ帝国の帝国主義は知っていた。だがアメリカはそれと同じ様には見えなかった。終戦後、私は復員兵援護法に基づいて大学へ行き、米国史を学んだ。そこには「帝国主義の時代」という項目があった。それによるとアメリカの帝国主義はほんの数年しかなかったという。

I recall the classroom map (labeled “Western Expansion”) which presented the march across the continent as a natural, almost biological phenomenon. That huge acquisition of land called “The Louisiana Purchase” gave no hint of anything but vacant land acquired. No sense that this territory had been occupied by hundreds of Indian tribes which would have to be annihilated or forced from their homes — what we now call “ethnic cleansing”.
教室には「西部拡大」と題された地図がかかっていた。それには大陸を西へと広がる過程が、まるで自然な、まるで生物学のように示されていた。「ルイジアナ買収」と呼ばれる広大な地域の獲得は、何もないサラ地を手に入れた様に示されていた。そこに何百ものインディアン部落があったことや、彼らが皆殺しになったこと、他の地へ追いやられたことなどの気配もない。現在では「民族浄化」という言葉があるのに。

That classroom map also had a section to the south and west labeled “Mexican Cession.” This was a handy euphemism for the aggressive war against Mexico in 1846 in which the United States seized half of that country’s land. The term “Manifest Destiny,” used at that time, soon of course became more universal.
その地図には「メキシコ割譲地」と題された南西への拡大図もあった。結果としてメキシコの半分を差し押さえることになった、1846年メキシコへの強硬戦の、婉曲した呼び名である。この時使われた「マニフェスト・デスティニー / 明白なる使命」という標語は、その後さらに一般的に使われる様になった。

The violent march across the continent, and even the invasion of Cuba, appeared to be within a natural sphere of U.S. interest. But with hardly a pause after Cuba came the invasion of the Philippines, halfway around the world. The word “imperialism” now seemed a fitting one for U.S. actions. Indeed, that long, cruel war — treated quickly and superficially in the history books — gave rise to an Anti-Imperialist League.
猛烈な大陸の占拠、そしてキューバ侵略でさえ、アメリカの自然な興味の対象であるように見える。キューバ侵略から間もなく、地球の裏側のフィリピンをも侵略。「帝国主義」という言葉がアメリカの行動に似合って来る。その実、長い過酷な戦争(教科書の中では短く表面的に記録されているだけだが)が、反帝国主義を名乗る一軍に勝利をもたらした。

Reading outside the classroom, I began to fit the pieces of history into a larger mosaic. What at first had seemed like a purely passive foreign policy in the decade leading up to the First World War now appeared as a succession of violent interventions.
教室を離れて書物を読みふけり、私は大きなモザイク絵の断片を見つけ始めた。始めは純粋に受け身に見えた外交政策から時代を重ねて起こった第一次世界大戦も、そうして見ると暴力的な内政干渉の連続に見える。

At the very time I was learning this history — the years after World War II — the United States was becoming not just another imperial power, but the world’s leading superpower. Determined to maintain and expand its monopoly on nuclear weapons, it was taking over remote islands in the Pacific, forcing the inhabitants to leave, and turning the islands into deadly playgrounds for more atomic tests.
私がこれらの歴史を学んでいた第二次世界大戦終戦の翌年、アメリカ合衆国は単なる帝国主義の力ではなく、世界を率いるスーパーパワーになろうとしていた。核兵器の独占力を保持し拡大することに固執していた。太平洋の島々を乗っ取り、住民を撤去させ、原爆試験のための死の遊び場にしていた。

When the war in Korea began in 1950, I was still studying history as a graduate student at Columbia. Nothing in my classes prepared me to understand American policy in Asia. But it seemed clear to me then that it was not the invasion of South Korea by the North that prompted U.S. intervention, but the desire of the United States to have a firm foothold on the continent of Asia, especially now that the Communists were in power in China.
1950年に朝鮮戦争が始まった時、私はまだコロンビア大学の学生だった。授業で学んだことでは、アジアでのアメリカ政策を理解することなどできなかった。だが私にはっきりとわかったのは、北朝鮮が韓国を侵略したことがアメリカを駆り立てたのではないということだ。特に中国が共産主義であったから、アメリカがアジアへのしっかりした足跡を求めていたからだということだ。

Years later, as the covert intervention in Vietnam grew into a massive and brutal military operation, the imperial designs of the United States became yet clearer to me. In 1967, I wrote a book called Vietnam: The Logic of Withdrawal. By that time I was heavily involved in the movement against the war.
その何年も後、密かなベトナムへの内政干渉は、巨大で残虐な軍事行動となり、アメリカ合衆国の帝国主義設計がよりはっきりとしてきた。1967年、私は「ベトナム: 撤退の理論」を書いた。その頃には私は反戦運動に深くかかわっていた。

When I read the hundreds of pages of the Pentagon Papers entrusted to me by Daniel Ellsberg, what jumped out at me were the secret memos from the National Security Council. Explaining the U.S. interest in Southeast Asia, they spoke bluntly of the US motives as a quest for “tin, rubber, oil.”
ダニエル・エルスバーグから託された大量なペンタゴン文書を読んだ時、すぐに目についたのは国家安全保障会議の機密メモだった。アメリカの関心を東南アジアへ拡大すること、そしてその動機が明白に「スズ、ゴム、原油」の探求、とあった。

No antiwar movement in the history of the nation reached the scale of the opposition to the war in Vietnam. At least part of that opposition rested on an understanding that more than Vietnam was at stake, that the brutal war in that tiny country was part of a grander imperial design.
ベトナム戦争への反戦運動は、史上類のない大規模に達した。反戦の主旨の一部は、ベトナムの危機というよりも、小さな国での残忍な戦争が帝国主義という巨大な計画の一部であることの認識の上に成り立っていた。

Various interventions following the U.S. defeat in Vietnam seemed to reflect the desperate need of the still-reigning superpower — even after the fall of its powerful rival, the Soviet Union — to establish its dominance everywhere. Was George Bush Sr. heartsick over Saddam Hussein’s seizure of Kuwait, or was he using that event as an opportunity to move U.S. power firmly into the coveted oil region of the Middle East? Given the history of the United States, given its obsession with Middle Eastern oil dating from Franklin Roosevelt’s 1945 deal with King Abdul Aziz of Saudi Arabia, and the CIA’s overthrow of the democratic Mossadeq government in Iran in 1953, it is not hard to decide that question.
ベトナムでの敗北に続く数々の内政干渉は、アメリカがスーパーパワーを必死で維持するための行動に見える。対国ソビエト連邦が崩壊した後も。自らの支配力を全域で確立するスーパーパワー。ジョージ・ブッシュ・シニアはサダム・フセインのクウェート侵略に心を痛めたのか?それとも待望の原油産地である中東へ米国力をしっかりと導入する絶好の機会として利用したのか?これまでのアメリカ史から、1945年のフランクリン・ルーズベルト大統領とサウジアラビアのアブドュール・アジズ王との取引による原油への固執、1953年のCIAによるイランのモサデク民主政権の転覆など、この問いの答えは容易に出る。

The ruthless attacks of September 11th (as the official 9/11 Commission acknowledged) derived from fierce hatred of U.S. expansion in the Middle East and elsewhere. Even before that event, the Defense Department acknowledged the existence of more than 700 American military bases outside of the United States. Since that date, with the initiation of a “war on terrorism,” many more bases have been established or expanded.
9月11日の残虐な攻撃は、9/11委員会が検証するように、米国の中東及び世界各地への拡大への極度な憎悪に由来する。この出来事以前ですら、米国外の米軍基地が世界に700以上存在することを、防衛庁は認めている。そしてその日以来「対テロ戦争」の名の下に、多数の基地が設立拡大された。

When I was bombing cities in Germany, Hungary, Czechoslovakia, and France in the Second World War, the moral justification was so simple and clear as to be beyond discussion: We were saving the world from the evil of fascism. I was therefore startled to hear from a gunner on another crew that he considered this “an imperialist war.” Both sides, he said, were motivated by ambitions of control and conquest. We argued about it without resolving the issue. Ironically, not long after our discussion, this fellow was shot down and killed on a mission.
第二次世界大戦中、私はドイツ、ハンガリー、チェコ、フランスの都市を爆撃した。その時の私の中での道徳的な理由付けは、簡単明瞭で議論の余地のないものだった。我々はファシズムの邪悪から世界を救うのだ。他の隊の狙撃手が、この戦争を「帝国主義の戦争」だと判断していると聞いた時は、とても驚いた。対立する両方の動機が支配と征服の野望なのだ、と彼は言った。結論に至ることなく、私は彼と論議した。皮肉にもそれからすぐに、彼は出撃して撃たれて死んだ。

In wars, there is always a difference between the motives of the soldiers and the motives of the political leaders who send them into battle. My motive was to help defeat fascism and create a more decent world, free of aggression, militarism, and racism.
戦争に対して、兵士が戦う動機と、彼らを戦場に送る政治指導者たちの動機は、常に異なる。私の動機はファシズムに打ち勝ち、もっと良い世界を作ることだった。侵略や軍国主義や人種差別のない世界を。

As George Bush said in his second inaugural address: “Spreading liberty around the world… is the calling of our time.” The New York Times called that speech “striking for its idealism.” We can hardly ask for a more candid, blunter declaration of imperial design, but with assurances that the motive of this “influence” is benign, that the “purposes” are noble, that this is an “imperialism lite.”
ジョージ・ブッシュが大統領第二期の就任式で言った「世界に自由を広げること、それが我々の使命だ」ニューヨーク・タイムズはそれを「驚くべき理想主義」と称した。これほどまでに包み隠しのない、帝国主義の宣誓はない。同時にこの言葉が確実に与える印象は、「広げる」ことの動機が温情に富み「目的」が気高いこと。そしてそれは「帝国主義ライト」帝国主義のお手軽版なのだ。

The American Empire has always been a bipartisan project — Democrats and Republicans have taken turns extending it, extolling it, justifying it. The rhetoric, often persuasive on first hearing, soon becomes overwhelmed by horrors that can no longer be concealed: the bloody corpses of Iraq, the torn limbs of American GIs, the millions of families driven from their homes — in the Middle East and in the Mississippi Delta.
アメリカ帝国は、常に両党合同のプロジェクトだった。民主党と共和党が交互に、拡大し称賛し正当化してきた。それらの美辞麗句は初めて聞くと説得力があるが、すぐに隠しきれない圧倒的な恐怖が訪れる。イラクの血まみれの遺体、アメリカ兵のちぎれた四肢、何百万もの家を追われた中東そしてミシシッピ・デルタの家族。

Have not the justifications for empire, so embedded in our culture, assaulting our good sense — that war is necessary for security, that expansion is fundamental to civilization — begun to lose their hold on our minds? Have we not reached a point in history where we are ready to embrace a new way of living in the world, expanding not our military power, but our humanity?
帝国のための正当化は、私たちの文化にこれほどまでに埋め込まれ、私たちの良心を脅かしているのか?国家安保のためには戦争が必要で、私たちの快適な文化生活は拡大が前提なのか?私たちは心を失いつつあるのか?私たちは歴史の上で、世界が新しい形態で生存を始めることを尊ぶ準備ができたはずではないのか?軍事力を拡大するのではなく、博愛を拡大するはずではないのか?

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
A People’s History of American Empire / 市民のアメリカ帝国史
Howard Zinn, Paul Buhle, Mike Konopacki

アメリカの草の根史を綴ったベストセラー「市民のアメリカ史」を元に、世界におけるアメリカを物語るコミック。1980年の発売以来、「民衆のアメリカ史」は六版170万冊を経、全国の教室の必読書となり、著名人らによる舞台劇にもなった。書籍としての成功だけではない。一般書が高い位置の人々に焦点を当てて綴るのに対して、底辺一般の人々の視点で歴史上の出来事を記録しているところは、歴史書として革命だ。

そして今、ハワード・ジン、歴史家ポール・ブーレ、漫画家マイク・コノパッキの共作によって、躍動的なコミックが出版された。「民衆のアメリカ史」の現在に早急に該当する、世界におけるアメリカの世紀に及ぶ活動の部分が描かれている。ジンの言葉で語られる記録は、9/11で始まると同時に歴史を遡り、ウンデット・ニーからイラクまでと、アメリカの拡大主義を解明する。第一次世界大戦、中央アメリカ、ベトナム、そしてイラン革命。本書は同時にジンの物語も綴る。貧しいユダヤ移民の息子として産まれ、ブルックリンのスラム街での子供時代からアメリカで最も重要な歴史家の一人になるまでを。

http://us.macmillan.com/apeopleshistoryofamericanempire
http://www.amazon.com/dp/0805087443

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

Howard Zinn, The People Speak 08
https://100voices.wordpress.com/2008/02/22/howard-zinn-the-people-speak-08/

V-Day 10 in New Orleans

In Activism, New Orleans on 2008/04/14 at 00:40


ハイ!私はEva Ensler イヴ・エンスラーです。「V-Day」10周年イベントのご紹介ができることをとても嬉しく思います。V-Dayのことをご存じない方へ、V-Dayは私の書いた朗読劇「The Vagina Monologues ヴァギナ・モノローグ」から発した、世界中の女性や少女への暴力を止めるための世界的なムーブメントです。世界の女性たちそして男性たちによる草の根運動です。パフォーマンスで表現したり、シェルターを提供したりします。レイプ、酸で顔を焼かれる(バングラデッシュやアフガニスタンなどで服従のために行われる)、性器を切り取られる(主にアフリカで行われる)、セックス・トラフィック(性産業のための人身売買)、近親相姦など、女性のそして男性の日常に打撃を与える行為を止めるために活動しています。

「V-Day」10周年はニューオリンズのスーパードーム、私たちは「スーパーラブ」と呼んでいますが、このアリーナで開催されます。4月11日と12日の週末です。たくさんの講演者、語り部、詩人、ミュージシャン、多様なパフォーマーが世界中から集まります。そして女性と少女たちへの暴力をなくすための方法を、一片一片探して行きます。人種差別、経済不平等、地球温暖化、男性がどうしたら優しくなれるか、いろいろなテーマを提示していきます。そして土曜の夜には、このムーブメントの生みの親である朗読劇「ヴァギナ・モノローグ」の特別パフォーマンスが行われます。参加するのはジェーン・フォンダ、オプラ・ウィンフリー、ジャス・ストーン、ジェニファー・ハドソン、アシュレイ・ジャッド、メリッサ・トメイ、コモン、ロザリオ・ドーソンなど、素晴らしい出演者たち。みなさん無料で出演してくれます。自分たちの時間と才能を寄贈してくれます。なぜなら、女性への暴力をなくすことが、今最も大切なことだと信じてくれるからです。

どうぞみなさん参加して下さい。未だに救いの手が差し伸べられていない、ニューオリンズの姉妹たちとともに立ち上がって下さい。彼女たちはあの嵐の崩壊を、懸命につなぎ止めています。彼女たちは気高さと尊厳と知恵でコミュニティーを立て直しています。私たちは彼女たちと一緒になります。そして世界の人たちが一緒になれるように、ぜひぜひ参加して下さい。この女性のためのメガ・イベントに。そして男性も、だって世界には「ヴァギナ・メン(女性への暴力追放運動支持者の男性)」がたくさんいます。ぜひ来て下さいね。It’s gonna rock!

VDAY 10 / V to the 10th
http://v10.vday.org

– – – – – – – – –
Katrina Warriors Network
http://www.katrinawarriors.net
http://v10.vday.org/anniversary-events/katrina-warriors

V-Dayはニューオリンズの奉仕提供者、連絡責任者、芸術家、教育者、活動家、ニューオリンズのV-Dayグループと連帯し、それらの活動家や草の根グループを「Katrina Warriors Network(カトリナ戦士ネットワーク)」というひとつの共同体に組織しました。

この地域活動家のネットワークは、ニューオリンズと湾南に現在住む、もしくは戻る過程の女性たちが、生活を再建するための援助をします。Katrina Warriors NetworkとV-Dayは、ニューオリンズと湾南の女性たちが団結し、活性化し、地域が再建し更に発展するために協力します。

International Women’s Day 国際女性日の3月8日からV-Day 10までの五週間、Katrina Warriors Networkはニューオリンズと湾南においてイベントを開催します。

– – – – – – – – –
V-Day – Until the Violence Stops (2003)
http://v10.vday.org/ten-years-vday/until-the-violence-stops
http://www.amazon.com/dp/B0006ZXJFC

「Until The Violence Stops(暴力は止まるまで)」は劇作家であり活動家であるイヴ・エンスラーの「ヴァギナ・モノローグ」が女性への暴力撲滅の国際的な草の根運動「V-Day」に発展していく過程を記録した力強いドキュメンタリー。2002年に世界の800都市がV-Dayに参加し、「ヴァギナ・モノローグ」のチャリティー公演を行った。「Until The Violence Stops」には世界中の女性たちが登場する。ハーレムからカリフォルニアのユカイア、パインリッジ・インディアン居留地からフィリピン、そしてケニア。女性たちはひとつになり、満身の勇気で自らに秘めて来た辛い経験、レイプや性器切除などの経験を語る。

– – – – – – – – –
デモクラシー・ナゥ!「V to the Tenth」特集
V to the Tenth: Thousands of Women Gather in New Orleans for 10th Anniversary of Global Movement to Combat Violence Against Women
http://www.democracynow.org/2008/4/11/v_to_the_tenth_thousands_of

Olympic Torch Protest: Majora Carter, Andrew Michael

In Activism, Human Rights on 2008/04/10 at 23:40


(人権の聖火を手にして壇上に立つMajora Carter マジョラ・カーター)

(司会者)彼女は中国の聖火を片手に掲げながら、チベットの旗を振りました!

(観衆)ありがとう!ありがとう!

(マジョラ)Free Tibet! ありがとう!I love you, too!

(チベット人の司会者から白い布を首にかけてもらうマジョラ)

(マジョラ)素晴らしい栄誉です。どうしてもやり過ごすことができない機会でした。私もこの国の民権運動の活動家です。そして環境問題(地域による差別的な環境汚染)の活動家です。東海岸が本拠地ですが、全国で活動している「Green For All」という団体のために働いています。私にわかるのは、大勢の人々が中国で起こっていることを知らない振りをしていること。オリンピックが開催されるから、人権迫害が起こっていることを知らない振りをしなければならないこと。環境汚染が起こっていない振りをしなければならないこと。でも私たちが声をあげれば、ここにいる人たち、そして世界中のたくさんの人々がはっきりと知ります。ひとつだけ残念なのは、みなさんの国の旗をもう少しだけ長く持っていたかったこと。でも短い瞬間でしたが、満身の思いがこもっています。中国に奪われたあの旗にこめられた思いは、もっともっと大きくなります。そしてきっとうまく行きます。みんな強くいてください。ありがとう!

– – – – – – – – – –
聖火走者、走行中にチベットのためのプロテスト行為を行う

2008年4月9日にサンフランシスコで行われたオリンピック聖火リレーで、二人の走者がチベットでの人権迫害に対する抗議の行動をとった。ニューヨーク在住のマジョラ・カーターと、ベイエリア在住で車椅子で走行したAndrew Michael アンドリュー・マイケル。二人はそれぞれ独自の意思でチベット支持の行動をとった。このクリップはその後で行われた「チベットのためのプロテスト、勝利の式典」でのスピーチ。

– – – – – – – – – –
聖火走者マジョラ・カーターは、Van Ness通りで聖火を渡されるまで隠していたチベットの旗を、聖火を受け取ると同時に出した。旗は即座に奪われ、聖火も取られた。警官はマジョラを列から外し、道路脇の群衆の中に突き飛ばした。

「私はチベットの旗を持っていたんです!中国人の警備員が取り上げました!私はアメリカ市民です、チベットの人々のために行動したいんです、私にはする権利がある!でもその権利が奪われました。」あなたは聖火走者なんですか?「そう、私は聖火走者!平和と正義と自由ための聖火走者です!彼らは私からチベットの旗を盗みました!」‥もう一枚のチベットの旗を出して‥「Free Tibet!! Free Tibet!! 私たちはアメリカ人です!私たちには表現の自由がある!」
http://www.sfgate.com/cgi-bin/object/article?o=1&f=/c/a/2008/04/09/MNDS102IIM.DTL

– – – – – – – – – –
アンドリュー・マイケル

車椅子の聖火走者アンドリュー・マイケルの、聖火を持ちながら挙げた腕のそでに、小さなチベットの旗が見えます。
http://fr.news.yahoo.com/ap/20080409/img/psp-aptopix-olympic-torch-2-f3efe18eaa1d0.html

Olympic Torch Protest in San Francisco

In Activism, Human Rights on 2008/04/07 at 16:32


KRON4 News 4.2.2008
(アナウンサー)サンフランシスコ市議会は(中国オリンピック聖火の受入れに対して)柔軟な案「聖火を歓迎した上で中国政策への反対の姿勢を示す」と強固な案「警告と抵抗運動で聖火を迎える」のどちらかで議論していましたが、強固案が多数の賛同で通過しました。投票の様子を聞いてみましょう。

(議会)賛成8、反対3、強固案通過です。

(アナウンサー)議会の傍聴席を埋め尽くしたプロテストグループはとても喜んでいます。この強固案で具体的に施行されるのは以下の項目です。

Olympic Torch Resolution (by Supervisor Chris Daly)
●Commends protest torch relays
平行して市に到着する「人権の聖火」を称賛歓迎する
●Welcomes torch in spirit of Games
オリンピック精神においての聖火を歓迎する
●Lists pages of alleged atrocities
中国が関与する人権迫害残虐行為を列挙して式典で読み上げる
●Urges Mayor to speak against China
市長が歓迎式典の場で中国への警告スピーチをするよう要請する

市長はスピーチを回避する可能性もありますが、この案の提案者であるChris Dalyクリス・デリー市議員は「沈黙は間違いだ」と主張しています。

(クリス・デリー)聖火が到着する時に、このサンフランシスコで、もし警告や抵抗がなかったら、それもまたニュースになります。サンフランシスコが共犯になります。‥聖火が到着する時、世界はサンフランシスコの立場を知ることになると思います。聖火が通過するルートでもはっきりするはずです。

(アナウンサー)聖火が到着する際、デリー市議員は自分もプロテストの一員になると言っています。が、Gavin Newsom ギャビン・ニューソム市長は「オリンピックには政治は関係ない。中国に抗議する時間は、オリンピックの後にたっぷりとある」と既に述べています。その実、市議会に市長の決断を撤回する票数があるとしても、市長はこの案への署名を聖火到着後に延ばすこともできるのです。

– – – – – – – – – –
中国オリンピック聖火プロテストイベントの一部

Human Rights Torch Rally 人権の聖火
中国の人権迫害行為に抗議する、6大陸40カ国150都市に広がる草の根団体。人権の聖火はオリンピック聖火と平行して各地を周り、4月5日のサンフランシスコの後米国都市を回りながら啓蒙活動を続ける。
http://www.humanrightstorch.org
http://www.youtube.com/watch?v=4m6tU8Fj23o (キャンペーンクリップ)
http://www.youtube.com/watch?v=xGSaisABEZ0 (4月5日SFイベントの模様)

Race For Tibet チベット救済
国際チベット救済団体ICTによるイベント
4月7日月曜7時バークレー大学(討論会)
4月8日火曜6時サンフランシスコ市議会前国連プラザ(スピーチ、エンタテインメント、蝋燭追悼会、参加: Richard Gere リチャード・ギア、Desmond Tutu 大司教デスモンド・ツツ)
http://racefortibet.org/sanfrancisco
http://savetibet.org
http://www.youtube.com/watch?v=McEuyr2VWww (キャンペーンクリップ)

Save Darfur ダルフール救済
全米のダルフール救済団体がサンフランシスコに集まり、中国が加担するダルフールの民族殺戮に抗議する。参加者は聖火と平行してルートを移動する予定。
4月9日水曜午前11時から午後4時
http://www.savedarfur.org/page/content/china_sfevent/

オリンピック聖火ルート地図
http://www.sfgate.com/cgi-bin/object/article?f=/c/a/2008/04/02/BA97VU1VT.DTL&o=0

Laurence Lessig: Change Congress

In Activism, Politics on 2008/03/23 at 23:37


10 minutes to announce two ideas
(このクリップの前半で「Change Congress」発起の理由が述べられています。後半はカリフォルニア議員に立候補する提案ですが、これは後日しないことになりました。)

– – – – – – – – –
CHANGE CONGRESS
http://change-congress.org

Change Congress(議会を変えよう運動)は政府の機能の根本を改革するための支援力を拡大する運動。サイトツールで、候補者と市民とが、ワシントンの「献金」の悪影響を減らすための改革を支援する宣誓をすることができる。この運動コミュニティーから、宣誓した候補者と、宣誓したボランティアや貢献者市民とがリンクできる。

CHANGE CONGRESSの目的
http://change-congress.org/about

1. ロビイストやPAC(政治活動団体)からの献金をなくそう
議員は特別な主旨のためにではなく、市民のために働かなければならない。候補者がロビイストやPACから献金を受け取らないことを宣誓することによって、その候補者への票が巨額政治献金によって左右されないことを表明できる。この姿勢は、エドワード上院議員が大統領候補キャンペーンで、もっともはっきりと主張していた。

2.Earmarks(紐付き予算)を廃止しよう
紐付き予算制度下では、予算が誰に渡されるのか、政府がどのように使うかのかを、議員の権限で決めることが出来る。紐付き予算経済によって、学校や兵士や市民に使われるべき予算が、政治献金者や「対岸のない橋」計画のような政府事業計画に渡ってしまう。このひどい腐敗システムを廃止しない限り、議会を掃除することはできない。共和党議員Rick Renziが、紐付き予算廃止案を提示している。

3. 公共資金による選挙運動の支援
(献金を受けている)候補者をシステムから除外するだけでは十分ではない。システムそのものを変えなければならない。公共資金による選挙運動であれば、選挙運動資金の抜け穴をなくし、大企業などの巨額献金を議会から永久に除外することが出来る。公共資金による選挙運動は、民主共和両党から支持されている。

4. 議会の可視化増大のための改革支援
太陽光線は殺菌に最高。議会の進行、そして参加するメンバーがみな公にされる、そんな洗浄された議会からは私たちすべてが恩恵を受けることが出来る。Change Congressの宣誓は、議員たちすべてが、会議やその関係者を公にする法律改定を呼びかける。立法者たちがキャンペーンの献金者リストを毎週公開すること、正規ロビイストたちとの会議内容、紐付き予算の申請内容、個人資産の急激な変化などを公にする。

CHANGE CONGRESS発起人

Lawrence Lessig ローレンス・レッシグ
スタンフォード法律大学教授。テクノロジーとインターネット法の先駆&考察者。Creative Commonsの創始者。著書「Code, The Future of Ideas」「Free Culture」

Joe Trippi ジョー・トリッピ
The New Republic誌いわく「選挙運動を再発明した男」。Trippi & Associates創始者。Walter Mondale, Gary Hart, Richard Gephardt, Howard Dean, そして先のJohn Edwards選挙運動で働いた。2004年Howard Deanの選挙運動時に、大統領選において初めて、オンライン技術を使った大規模な草の根運動を組織した。インターネットを使って小額献金(平均100ドル以下)を大量に集めるキャンペーン「Dean for America」は、それまでの民主党議員献金額を上回る総額に達した。

– – – – – – – – – –
レッシグ教授からのメール

Dear Friend (Change Congress登録者のみなさん)、昨日の記者会見は素晴らしかった。National Press Club三部屋は満員、興味本位のメディアだけではなくて、やる気に満ちた市民や運動家たちが大勢出席していた。みなワシントンが変わることを待ちこがれている。あなたのように。もし記者会見のフィードを見逃したら、ここにスライドショーがアップされているので見て欲しい。
http://change-congress.blip.tv/#770720

400人以上がライブフィードを見て、今日もさらに多数が見ている。この48時間で1500人以上がCHANGE CONGRESSに登録している。初期支持者リストより50%も多い人数だ。

このスライドショーを友達や家族に見せて欲しい。Facebookやブログに載せて欲しい。目標は全国的なディスカッションを始めて、人々が「政府を掃除するにはどうしたらいいか」を話す様になることだ。このスライドショーは僕のブログにもあるので、意見を寄せて欲しい。
http://lessig.org/blog/2008/03/change_congress_launched.html

– – – – – – – – – –
「CHANGE CONGRESS」発足記者会見
Lawrence Lessig and Change Congress
http://video.google.com/videoplay?docid=2010358528301799443
http://video.google.com/videoplay?docid=-7627371486086836664

レッシグ教授、オバマ支持の理由
20 minutes or so about why I am 4Barack
http://www.youtube.com/watch?v=EdDzvmY1XPo
10 minutes on whether Hillary can win
http://www.youtube.com/watch?v=Wq7VCQO5siU

Winter Soldier Iraq & Afghanistan

In Activism, Anti-War, Media on 2008/03/19 at 00:01

Winter Soldier testimonial

Matthew Palevsky, Journalist
反戦するイラク帰還兵 / Iraq Veterans Against The War(IVAW)主催のWinter Soldierコンファレンス会場からお伝えします。イラクとアフガニスタン兵士が自ら目撃した、戦場における軍の誤管理、イラク市民に対する暴力を証言 します。

Kelly Dougherty – IVAW, Executive Director
IVAWは三つの目的の元に団結しています。イラク占領地域からの即時撤退、帰還軍人の福祉と医療、イラク市民の回復です。Winter Soldier Iraq & AfganistanはIVAWのイベントの中で最大のものです。占領地区の実情を証言するために、従軍兵士、戦争従事者、イラク市民が集まりました。

Captain Luis Montalvan
失敗している戦略を遂行し占領を続けているリーダーたちは、一貫して遂行能力に欠け、不注意で、対処を誤り、軍用語で言うと「軍務遺棄」のレベルであることは間違いありません。

Jason Hurd
イラクで暴力の矢面に立っているのは市民です。アメリカの占領によって、彼らの生活はひどく困難をきたしています。イラク滞在中、護衛活動として動いていた私の部隊は、武器を持たない市民に頻繁に発砲しました。住民がいるとわかっている建物にも、無差別に発砲しました。

Selena Coppa
IVAWのメンバーになることが、私の国アメリカを護る最善のことだと信じています。現在のイラク占領は、アメリカを、アメリカ軍を、従軍者やその家族た ちを、傷つけています。私はこの国を弁護するために、何度でも、いつでも、どんなことにでも、立ち上がるつもりです。イラク占領は私の国を弁護していませ ん。私たちの誓った信条を護っていません。

Matthew Palevsky, Journalist
Winter Soldierでは、三日間に渡って、イラクとアフガニスタンの帰還兵100以上が証言をします。The Real Newsではこの模様を、全三日間放送します。

– – – – – – – –
Iraq Winter Soldier Hearings: Victory for Independent Media
http://www.opednews.com/articles/opedne_jeff_coh_080317_iraq_winter_soldier_.htm

Iraq Winter Soldier公聴会: 独立メディアの勝利

…このような強烈な実証言の数々、もしアメリカ全土が聞いたのなら、イラク占領資金継続には脅しがかかるはずだ。しかしアメリカの大手メディアは(外国のメディアと異なり)、この公聴会をほとんど無視した。

驚くことではない。この兵士たちにとっては、5年前に戦争をかりたてた、そして現在も増兵に拍車をかけている、大企業メディアの誤ったジャーナリズムは軽蔑の対象でしかない。

インターネットと、拡大する独立メディアのお陰で、テレビ、ラジオ、ウェブを通して、少数派ではあるが確固としたアメリカ市民は、この公聴会を見聞きすることが出来た。そして現在アーカイブされた記録じゃ、コンピュータを使って誰にでも見聞きすることができる。

1971年のデトロイト、ベトナムWinter Soldier公聴会のことを覚えている。大手メディアの記者が、公聴会途中、重要な証言の真っ最中に、カメラをまとめて帰ろうとした。部屋中のベトナム 帰還兵たちからブーイングが飛んだ。あの時から私はメディアを批判するようになった。

今回のWinter Soldier IIでは、メディアを批判するだけでは駄目だということが証明された。現在ある技術を利用すること、そして独立メディアを支援し、拡大することが大事なのだ。

Jeff Cohen
http://jeffcohen.org/

– – – – – – – –
Winter Soldier Iraq & Afghanistan アーカイブ
http://youtube.com/TheRealNews
http://therealnews.com
http://ivaw.org
http://warcomeshome.org
http://www.pacifica.org
http://www.democracynow.org
http://www.freespeech.org

Marisa Tomei reads Cindy Sheehan

In Activism, Anti-War on 2008/03/18 at 22:12


(ハワード・ジン)最後のスピーチはごく最近のものなので、本書には入っていません。シンディー・シーハンです。彼女の息子ケーシーは、イラクで2004年4月4日に戦死しました。その8月テキサスのダラスで、Veterans for Peaceコンベンションでのスピーチです。クロフォードにあるブッシュの休暇地の外の、プロテストキャンプへ向かう前のものです。ブッシュはシンディーに会うことを拒否しましたが、彼女の行動は、国民の戦争に対する感情を高める効果をもたらしました。

– – – – – –
(読み手:メリサ・トメイ)
息子に「行くな」と言ったんです。「間違ったことだって知ってるでしょ。行けば、罪のない人々を殺さなければならないかもしれない。死ぬかもしれない。」でも息子は言いました。「親友たちが行くんだ。僕が行かなかったら、奴らが危ない目に遭うかもしれない。」

今月すでに、勇敢な30人の兵士が死にました。今日はまだ8月5日。オハイオ州の海兵隊の死者数はそれはひどい状態。でもブッシュは自分の休暇を中止して、オハイオの20人の勇敢な兵士たちの葬儀に来ると思いますか?来ない。彼は気にしていないから。彼には「心」がない。クロフォードでカーボーイごっこをして遊ぶ5週間の休暇を中断する「心」がない。

悲しみにくれる、子供をなくした親たちの‥いえ、「なくした」という言葉は使いたくない、子供を「殺された」親たちの毎日は、ほんとうに厳しい。かさぶたすらもできない、だって傷口はずっと開いたままだから。

ヘドを吐き散らしながら戦争を挑発するジョージ・ブッシュが、オハイオの海兵隊兵士たちの悲劇の後、演説していました。彼が言ったことに、私は激怒した。心から激怒しました。ブッシュはけしてその悲劇自体については触れず、でもこう言いました「子供さんを亡くされたご家族のみなさんに保証する。あなたのお子さんは名誉ある理由のために身を捧げたのだ。」それからこうも言いました。これには本当に腹が立ちます。「イラクに留まって、使命を達成しなければならない。犠牲になった兵士たちに報うため。」

なぜ私に訪れた悲劇を、さらに他の母親たちに与えなければならないの?私の息子は死んだ。彼の死に報いるためには、兵士たちを全員無事帰還させることしかない。私の息子は「平和と愛」のために死んだのです。ブッシュが言う「戦争と憎悪」のためではありません。私の息子の死を、殺人を継続するための理由に使われたくない。私の息子や大勢の母親たちの子供の死を、ブッシュに侮辱されたくない。

その時突然思い立ったのです。「私はクロフォードに行く!」クロフォードがどこにあるか知らない、でも関係ないわ、私は行く!そして私は言う「あの化け物をここに出しなさい。彼のお陰で死んだ若者の母親から言いたいことがあるのよ。」ジョージ、第一に、あなたが壇上に上がって嘘を並べてイラクの演説する時、私の息子やたくさんの兵士たちの死を讃えて殺人継続の理由にする時、「ケーシー・シーハンを除いて」と言いなさい。私の息子の名前を使う許可は与えません。

それからこう聞く。「私の息子が死んだ名誉ある理由とは何?」もし彼が「自由」とか「民主主義」とか言い始めたら、私は言う「Bullshit! くそったれ!」本当の事を言いなさいよ。私の息子が石油のために死んだと言いなさいよ。あなたの友達たちを金持ちにするために死んだと言いなさいよ。アメリカの帝国主義を癌のように中東に広げるために死んだと言いなさいよ。イラクからアメリカを撤退しなさい、パレスチナからイスラエルを撤退しなさい、テロをやめさせなさい。もし私が大統領に向かって「くそったれ!」なんて言えないと思う?いえ、私は言うわ。私は思っていることをはっきり言うわ。

私は明日クロフォードに行きます。そして言います「ジョージを連れて来なさい。」もし出て来ないのならば、私はここにテントを張って、ジョージが私に会いに来るまでキャンプします。もうひとつ、私の息子は2004年に殺されたので、私は2004年の税金は払いません。もし国税庁から通達が来たらこう言います「私の息子はあなたに殺されたのだから、私には払う義務はありません」私の住所はカリフォルニアのバッカヴィル。もし裁判にかけたいのなら、いつでもいらっしゃい。

良識のない法律を正すのは、私たち、良識のある私たちにかかっているのです。そして抵抗すること。政府は嘘をついた時点で、私たちへの権威を失うのです。この政府の狂人たちは、私たちに対して権力がないのです。私たちの身体を牢獄に入れることは出来ても、魂を囲うことはできません。昔は「コミュニスト」という言葉で、今は「テロリスト」という言葉で、「敵」と「恐怖」が作り上げられ続けます。爆弾や銃を作り続ける理由にするために。

でも私には「希望」が見えます。この国に。アメリカの58%の人々が私たちと同じように感じています。みんな同調しているのです。でもそれらのすべての人々が声を上げているわけではありません。もし58%の全員が声をあげたら、この戦争は終わります。

– – – – – – – –
Gold Star Families For Peace
http://www.gsfp.org

Howard Zinn, The People Speak 08

IranMobile, NotAnotherWar.org

In Activism, Anti-War on 2008/03/16 at 03:26

ハイ!僕はガス・メリタ、バーモント大学の学生、コネチカット州ニューヘブンから来ました。イランモービルを運転してオハイオに行くところです。僕は市民団体TrueMajority.orgの反戦への姿勢に賛同します。

イランモービルはみんなの人気者です。大勢の人垣ができます。振り返ってじっと見てくれたり、携帯で撮ったり、指差したり、笑ったり、ニッコリしてくれたり。道のりの途中、ずっと素晴らしい反響を受けています。ペンシルバニアでも評判が良かったし、オハイオでも人気でした。たくさんの人と話しました。たくさんの人が署名に興味を持ってくれました。

本当にやり甲斐があります。たくさんの人の素晴らしい反応を見ると、将来への希望を感じることが出来ます。

– – – – – – – – –
TrueMajority.org

ガスはまだ19歳。バーモント大学のクラスメート二人と、TrueMajority.org最新の政治メッセージを運ぶ車イランモ−ビルを運転するボランティアを買って出た。先週末は、1500マイル運転しながら、各地のデモやラリーを巡った。イランモ−ビルは、14フィートのミサイルにジョージ・ブッシュ(もしくはジョン・マケイン、日によって変わる)が股がった模型で、「イランと戦争を始めるな!」というメッセージが大きく書かれている。人々の素晴らしい反応を得ている。

こうして若い人々が理想のためにこんなにも自分たちを捧げているのを見ると、大きな希望がわく。このメッセージを伝え続けるために、ぜひあなたも何か与えて下さい。

– – – – – – – – –
TrueMajority.org署名キャンペーン
NotAnotherWar.org

また中東で戦争を始めるのは単なる愚行です。国民のほとんどがそう思っています。でも、このメッセージを確実に届けるのは私たち次第。

全米各地の「戦争支持派」の人々に、面と向かって存在を主張するのはとても重要なことです。3月12日にニューハンプシャーで行われたマケイン候補者のタウンホールミーティングに、イランモービルは駆けつけました。

イランモービルは効果を発揮しています。このページの下の、ニューハンプシャーのスライドを見て下さい。TrueMajority.orgのボランティアたちは、何日も自分たちの時間を使って、この反戦のメッセージをオハイオとペンシルバニアに届けています。でもこの活動を続けるためには、みなさんの援助が必要です。

サイトから募金や署名をすることができます。

Chicago 10

In Activism, Anti-War on 2008/03/15 at 07:15


Mixing animation with archival footage, CHICAGO 10 explores the build-up to and unraveling of the Chicago Conspiracy Trial of 8 activists set up as scapegoats by The Government of the 1968 Democratic Convention demonstration against the Vietnam War.
アニメと実録映像を組み合わせた「CHICAGO 10」。1968年のシカゴ、8人の運動家が暴動の共謀罪で起訴された。民主党大会で起こったベトナム戦争反対運動の責任の身代わりとして…

CHICAGO 10 is a parable of hope, courage and ultimate victory, the story of young Americans speaking out and taking a stand in the face of an oppressive and armed government.
「CHICAGO 10」は希望、勇気、最終的勝利、そして武装した政府に立ち向かって声を上げた若きアメリカ人たちの物語だ。

CHICAGO 10
http://www.chicago10themovie.com

– – – – – – – – – – – – –
“Anyone who calls us the Chicago Seven is a racist. Because you’re discrediting Bobby Seale. You can call us the Chicago Eight, but really we’re the Chicago Ten, because our two lawyers went down with us.”
「我々を「Chicago Seven」と呼ぶ者は人種差別者だ。なぜなら(黒人の)ボビー・シールを除外しているからだ。Chicago Eightと呼んで欲しい。いや本来はChicago Tenだ。なぜなら我々の弁護士二人も共に落ちたからだ」

– – – – – – – – – – – – –
「The Kid Stays in the Picture」の監督Brett Morgenが送る、1968年シカゴ民主党大会の暴動事件のアニメーション+ドキュドラマ「CHICAGO 10」。実際の記録映像とアニメーションを組み合わせ、世に名をはせたChicago Sevenの裁判の詳細を物語る。

キング牧師暗殺直後、シカゴの街は暴動と火災で警官出動状態であった。「Yuppies/イッピーズ」と名乗る革命集団が他州からやってきてリンカーンパークで無許可のプロテストを行った。そこでも暴動が起こり、今世紀最悪の警官による暴力行為が展開されることになった。

「CHICAGO 10」は彼らの裁判の様子が中心になっている。文書でしか残っていない裁判の模様を、アニメーションで復元した。常識離れした会話の模様がアニメーションによってうまく再現されている。そして最後に観衆は、暴動のまっただ中に放り込まれる。

サウンドトラックには今と昔の反体制歌が流れる。この物語は現在の状況に気味の悪い程似ている。

参考: Sundance Review by Peter Sciretta
http://www.slashfilm.com/2007/01/20/sundance-chicago-10-movie-review/

– – – – – – – – – – – – –
TAKE ACTION!
http://www.takepart.com/chicago10
1969年のシカゴ共謀裁判は60年代の反戦運動の象徴となりました。裁判にかけられたのは8人、でも彼らが代表しているのは、逮捕にも動ぜず、警棒で殴られ催涙ガスを投げられでも議会候補者たちに叫び続けた何千もの人々です。あなたは次の大統領に何を叫びますか?あなたの「平和」を語りましょう、友達を選挙に誘いましょう。あなたの望むことをvideo mash upに制作して投稿して下さい。最優秀作は「CHICAGO 10」DVDに収録されます。

– – – – – – – – – – – – –
参考: シカゴ・セブン
http://ja.wikipedia.org/wiki/シカゴ・セブン

Obama in 30 Seconds

In Activism, Politics on 2008/03/14 at 00:52


ハイ!MoveOn.orgディレクターのEli Pariser / イーライ・パリサーです。「OBAMA IN 30 SECONDS」というコンテスト開始のお知らせです。私たちの最初のコンテスト「BUSH IN 30 SECONDS」を覚えている方も多いと思います。2004年に行われたものです。普通の人々が初めて政治的な広告を作るチャンスを与えられた企画でした。いくつかの投稿作品は、今までにないようなクリエイティブな内容でした。最優秀作品「Child’s Pay」は、政治広告史上、最も多くの人に見られた広告となりました。

Child’s Pay
http://www.youtube.com/watch?v=A9WKimKIyUQ

ブッシュ大統領の10兆ドルの負債を払わされるのは..

BUSH IN 30 SECONDS 優秀作品集
http://www.bushin30seconds.org

今度のコンテストは多少違ったことをします。オバマ支援のために、すでにたくさんの素晴らしい作品が作られています。YES, WE CANもそのひとつ。今度はあたなが作る番です。草の根運動のエネルギーはMoveOn.orgの中核です。草の根運動のエネルギーがオバマの連勝を支えています。そして今、あなたの創造力が、オバマをトップに押し上げるために必要なのです。

優勝者の作品は全国放送されます。そして優勝者には2万ドルの映画製作用新機材資金が与えられます。なかなかいいでしょ。ぜひコンテストサイトをチェックしてください。ぜひ、今日、「OBAMA IN 30 SECONDS」を作り始めて下さい。

OBAMA IN 30 SECONDS
http://www.obamain30seconds.org

審査員:Ben Affleck, Steve Buscemi, Matt Damon, Donna Edwards, Michael Franti, Adrian Grenier, Ted Hope, Jesse Jackson, Rory Kennedy, John Legend, Lawrence Lessig, Moby, Markos Moulitsas, Tom ortenberg, Heather Rae, James Schamus, Russell Simmons, DJ Spooky, Ricki Stern, Julia Stiles, Oliver Stone, Annie Sundberg, Eddie Vedder, Naomi Wolf
ベン・アフレック、マット・デーモン、エディー・ヴェダー、オリバー・ストーン、ジョン・レジェンド、ジェシ・ジャクソン、ラッセル・シモンズ、DJ スプーキー、ローレンス・レッシグ教授 他

Winter Soldier

In Activism, Anti-War on 2008/03/11 at 06:31


Winter Soldier – The Film
http://www.wintersoldierfilm.com

1971年2月、ソンミ村虐殺の事実が発覚した一ヶ月後、ベトナムにおけるアメリカ軍の戦争犯罪を言及する公聴会が、デトロイトのハワードジョンソン・モーテルで開かれた。Vietnam Veterans Against the War(反戦するベトナム帰還兵団体)によって開催されたのは、「Winter Soldier Investigation / 冬の兵士公聴会」。125名以上の兵士が、自分が目撃した、そして加担した残虐行為を公の場で証言した。

公聴会には新聞やテレビの報道陣がいたにもかかわらず、アメリカ大衆にはほとんど報道されなかった。だが、この公聴会はベトナム反戦運動の大きな転機の役割を果たした。そして全米からこの証言をするために集まった若き兵士たちにとって、人生を大きく変える瞬間となった。その中には若きジョン・ケリーもいた。

証言をする若者たちの勇気.. これ以上の残虐行為を止めたい、自分たちの人間性を取り戻したい、という彼らの姿は、この映画を忘れられない作品に仕上げている。

– – – – – – – – – – –
Winter Soldier: Iraq & Afghanistan
http://ivaw.org/wintersoldier
http://warcomeshome.org/wintersoldier2008

2008年3月13日-16日

1776年、トーマス・ペインがこう書いている「魂が問われる時がある。夏の兵士と陽気な愛国者たちは、そんな危機に面して、きっと国家への奉仕から遠のくに違いない。しかしそんな時に立ち上がる者たちこそ、人々からの愛と感謝を受ける資格があるのだ」

1971年、勇気ある帰還兵士たちの団体が、「Winter Soldier / 冬の兵士」公聴会で、ベトナム戦争での犯罪的残虐行為を暴露した。そして今もう一度、帰還兵たちの声が聞かれるべき時が来た。私たちは又、国家の魂のために闘っている。私たちは失敗した政策に盲目的に従うのではなく、名誉と清廉潔白さの証言をもって愛国心を行使する。

Winter Soldier: Iraq & Afghanistan(冬の兵士: イラク、アフガニスタン)公聴会は、各国で占領時に従軍した兵士たちの証言から、現地で一日一日何が本当に起こっているのかを聞く。4日間に渡るこのイベントには、全米から兵士たちが各々の経験を証言するために集まる。ビデオや写真による証拠も提示される。加えて、専門家、帰還兵、ジャーナリストを交えたパネル討論により、証言をより深く解析する。討論の内容は、軍人反戦運動から退役軍人医療援助など、広義に渡って行われる。

会場の広さのため、公聴会には一般参加はできない。以下の団体の会員がパネル討論に参加予定。Iraq Veterans Against the War, Vietnam Veterans Against the War, Military Families Speak Out, Gold Star Families Speak Out.

一般と世界中の米軍従事者にこの証言が届くよう、映像中継がネットとテレビで、音声中継がネットとラジオで行われる。以下のページに詳細がある。
How to watch and listen to Winter Soldier
http://ivaw.org/wintersoldier/howtowatch

Live Video: ivaw.org
Live Audio: KPFA.org, warcomeshome.org

中継自主上映会の開催場所は以下で探すことが出来る。
http://ivaw.org/wintersoldier/viewinglocations

中継自主上映会の開き方、ドネーション、メディアモニターなど、「Winter Soldier」の活動への支援方法
How to support Winter Soldier
http://ivaw.org/wintersoldier/support

ow to watch and listen to Winter Soldier
http://ivaw.org/wintersoldier/howtowatch
Live Video: http://www.ivaw.org
Live Audio: http://www.KPFA.org  http://www.warcomeshome.org

中継自主上映会の開催場所は以下で探すことが出来る。
http://ivaw.org/wintersoldier/viewinglocations

中継自主上映会の開き方、ドネーション、メディアモニターなど、「Winter Soldier」の活動への支援方法
How to support Winter Soldier
http://ivaw.org/wintersoldier/support

#3.17.2008以降、ビデオアーカイブをIVAWサイトで見ることが出来る
http://ivaw.org

5 Years Too Many

In Activism, Anti-War on 2008/03/10 at 07:10


イラク侵略5周年が近づいている今日、この戦争の犠牲を今一度思い出そう。約4000のアメリカ従軍者の命、何千何百ものイラク市民の命、そして一日2億7500万ドルの代金‥

この日、私たちの声を響かせよう。全米で行われるアクション・イベントに参加しよう。

5 Years Too many
http://www.5yearstoomany.org

3.19.2008 ワシントンD.C.
UFPJ(United For Peace and Justice)は国会前で、非暴力の市民的不服従の大規模集会を予定。イラク戦で利益を得ている政府や企業の現状に抗議する。

3.19.2008 全米地域イベント
地元の議員や代表たちに訴えるために、米国各地でイベントが予定されている。目的は「アメリカ軍の即時撤退」。

3.13-16.2008 「ウインター・ソルジャー公聴会」
ワシントンD.C.で、イラクとアフガニスタン戦に従事した兵士たちによる、占領の地で現実に起こったことの証言公聴会が行われる。この模様はラジオやネットを通じて中継される。

– – – – – – –
3.16.2008 San Francisco「Iraq: 5 Years Too Many」
http://events.unitedforpeace.org/5yearstoomany/events/show/3770

俳優ショーン・ペン、反戦家シンディー・シーハン、無所属副大統領候補マット・ゴンザレス、Antiwar.com編集長ジャスティン・レイモンドらが、スピーチを行う。日曜午後5時にUnitarian Universalist Church(1187 Franklin / Geary)で集会開始。スピーチの後、Van NessのWar Memorial Auditoriumまで平和マーチを行い、戦死者の名前が読み上げられる。5ドルから10ドルのドネーションが示唆されている。

– – – – – – –
あれから5年 The iraq war continue
http://320.aikotoba.jp
日本語によるイラク戦争まる5年世界共同行動情報サイト
日本で行われるイベント情報掲載

Obama Hope Poster

In Activism, Art, Politics on 2008/02/29 at 08:02


アナウンサー: 先日テキサス州ヒューストンのオバマ選挙事務所のビルの、巨大なオバマの壁画のことをお伝えしましたが、今日はそれがどのように描かれたかお伝えしましょう。

アーティスト: 僕たちはオバマ事務所に描くことを依頼されました。キャンペーンを芸術的に表現するためです。この絵はシェパード・フェアリーの作品です。知っている人には有名なのですが、国際的なポスターキャンペーン「Obey Giant」の作者です。普通のポスターを貼るのではなくて、壁画に復元することにしました。結構うまく出来てきています。大統領選挙の日までこの壁に残っているといいなぁ。

アーティスト: 僕が思うに、誰に投票するかは問題じゃなくて、投票すること自体が大事なんですよね。地域コミュニティーには、もっとアートを使ったアクションが必要だと思います。どんなメッセージを託しても構わない。この壁画の場合は「The medium is the message」(手段自体がメッセージだ‥シェパード・フェアリーのモットー、文明評論家マーシャル・マクルーハンの言葉)他の町はあまりこういうことをしていません。僕らのこの壁画を見て「よくやった!」と言われたいですよね。

Obama Mural
http://myspacetv.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=28694820

Obama mural “Hope”
http://flickr.com/photos/primoprics/sets/72157603947276878/


Obama HopeShepard Fairey: Obey Obama
シェパード・フェアリー:デザイナーの強力なポスターシリーズによる候補者支援

(インタヴュー内容の一部)

– なぜオバマを支援する様になったのですか?

最初は2004年の民主党大会のスピーチに感動して。それ以来ずっと感動し続けている。戦争に正面から反対したり、どんな場面でも自分の信じていることを堂々と言っている。だから自腹で支援しようと思った。民主党の候補に決まるまで待てば、と言われたけれど、待てなかった。確実に民主党候補にするための支援が大事だから。

– どうやって始めたのですか?

僕の今までのやり方は、街にポスターを貼る活動だから、そういう違法活動とはかかわりあいたくない、と言われるかもしれないから、知り合いを通してポスター制作の意思を伝えたんだ。ポスター制作はOKということで、僕は一晩で作って、印刷して、サイトにアップした。

– 反応は?

もの凄かった!15分で売り切れた。最初の売り上げでキャンペーンの規模拡大資金にした。「PROGRESS」の文字を入れて350枚売って、350枚を配布用にさらに印刷、それから「HOPE」の文字をつけたものを3000枚配布用に作った。

– オバマ選挙事務所の反応は?

ポスターへの反響はとても強く、事務所にも問い合わせがあるらしい。このポスターキャンペーンは見守っているようだ。でも正式なキャンペーン商品として売るための別のポスターの依頼があった。直接効果になるよね。だから僕は引き受けるつもり。もっと早く依頼してくれれば良かったのにと思う。でもこのポスターもオンラインでたくさんの人に渡ったし、嬉しいよ。この作品はメディアとかで「Cool! かっこいい!」と言ってもらうために作ったのではないから。

Shepard Fairey: Hope / Elysian Park
http://obeygiant.com/post/hope-elysian-park

Body of War

In Activism, Anti-War, Music + on 2008/02/28 at 06:54


Body of War: ドキュメンタリー

2008年3月より米国都市劇場公開開始
http://www.bodyofwar.com
http://www.youtube.com/bodyofwar
http://www.myspace.com/bodyofwar
http://www.facebook.com/pages/Body-of-War/6894638041

ブッシュ大統領がワールドトレードセンターの残骸の前で演説している。それをテレビで見ていた青年トーマス・ヤングは、国を守らなければならないと思った。9/11のわずか二日後、ミズーリ州カンサスシティーで軍隊に志願した。2001年、22歳。

訓練中、アルカイダとタリバンのテロリストと戦うために、アフガニスタンへ輸送されると思っていた。まもなく大統領はイラク攻撃を宣言し、チェイニー副大統領もラムズフェルド国防長官も、敵はイラクにいると言う。フセイン大統領の持つ大量破壊兵器が、一番の脅威だと言い始めた。

トーマスがイラクに輸送されたのは、イラク戦争が始まって一年の2004年3月。大統領が「任務達成」を宣言してから10ヶ月後だった。一週間して最初の任務でサドル・シティに向かった。仲間の兵士と談笑しながらハンヴィーに揺られていた時、撃たれた。一度も銃を撃つことがなく、トーマスは下半身不随の体になった。

ウォルター・リード米軍病院で、トーマスの長い長い治療生活が始まった。下半身の動かない、戦争にもらった新しい体。病院のテレビには、毎日戦場からのニュースが流れる。死者の数、負傷者の数、アメリカ兵、イラク人。9/11のテロリストとイラクは何の関係があるんだ?大量破壊兵器はない?何のために毎日人が死んでいくんだ?なぜ?なぜ?何のために僕はこんな体になったんだ??

疑問と怒りに打ちのめされたトーマスに、母は言った「議会の人に会ってみる?あなたは名誉の負傷兵なのだからきっと会ってくれるわよ」「ラルフ・ネーダーに会いたい」トーマスは即答した。トーマスの知る限り、ネーダーは唯一の軍撤去を主張している指導者だったからだ。そしてネーダーはトーマスに会いに来た。友人のフィル・ドナヒューを連れて‥。

bodyofwarcd.jpgBody of War: Songs That Inspired An Iraq War Veteran 二枚組CD
2008年3月18日発売(イラク侵略5周年の二日前)
http://www.bodyofwarmusic.com

トーマスの物語に、パールジャムのエディー・ヴェダーが共鳴した「僕は君の代わりに歌う。君の言葉を借りて歌う。君の代わりに歌っているのだから、作る必要もないし躊躇もない」ヴェダーはこの映画のために「No More」「Long Nights」の二曲を書き下ろした。

‥私たちの意識にかけて、私たちの心にかけて、私たちの命にかけて、見たことにかけて、体にかけて、声にかけて、これ以上罪なき人々を殺すな、これ以上恐怖をばらまくな、もう弔辞はいらない、もう伝道はいらない、これ以上大統領は嘘はやめろ、No more War…

ヴェダーに呼ばれて、ロラパルーザのステージにトーマスが登場しました「ありがとう!エディーのようなミュージシャンが素晴らしい反戦の歌を作ってくれる。みんなで聞いて元気をもらえる。でも本当に大事なのは君ら一人一人なんだ。みんなでこの犯罪の戦争を止めよう!」

Sire Recordsがアルバムを製作した。ドキュメンタリーのために書かれた二曲を含む、トーマスが選んだ「イラクのサウンドトラック」だ。様々なジャンルの様々な時代で、だがどの曲も「戦争」に対する問いかけを歌っている。それらはイラクへ、そしてイラクからの旅路で、トーマスに勇気を与えた曲だ。Neil Young “The Restless Consumer”、John Lennon “Gimme Some Truth”、Public Enemy “Son Of A Bush”、Bruce Spingsteen “Devils & Dust”、Roger Waters “To Kill The Child”、Tom Waits “Day After Tomorrow”などが含まれている。

Sire RecordsはこのCDの契約時の2007年9月、トーマスの名前で10万ドルを、Iraq Veterans Against War IVAW(イラク退役兵反戦団体)に寄付した。発売後の収益の一部もIVAWに寄付される。IVAWは3月13日から16日まで、イラクとアフガニスタンの退役軍人たちによる証言公聴会「Winter Soldier」を予定している。この模様はサイトから見る事ができる。
http://www.ivaw.org

– – – – – – – – – – –
Body of War: CD カバーアート Shepard Fairey
http://www.bodyofwarmusic.com

カバーアートは「Obey Giant」で一世を風靡した思想的ストリートグラフィックアーティスト、シェパード・フェアリーの作品。映画「Walk The Line」のポスターやThe Smashing Pumpkin’の「Zeitgeist」のジャケットなどでも有名。Body of War CD カバーアートはシェパードがこのプロジェクトのために製作し寄付した。

Shepard Fairey
http://www.obeygiant.com
http://www.studionumber-one.com
シェパード・フェアリー
http://www.tkicorp.jp/lettersfirst/art/art12.html

– – – – – – – – – – –
Body of War: Take Action 行動を起こそう!
http://www.bodyofwar.com

投票しよう / 次の戦争を食い止めよう / 兵士たちの反戦運動を支援しよう / 退役軍人たちへの援助を要求しよう / 反戦の意思を公にしよう / 議会の腕をへしまげよう / 大通りで行動を起こそう / 軍が青少年から搾取するのを止めよう / 戦争商人を阻止しよう / できごとの点をつないで全体を理解しよう / 秘密刑務所を解体しよう / 戦争をやめよう

Howard Zinn, The People Speak 08

In Activism, Anti-War, Civil Rights on 2008/02/22 at 08:06

Acclaimed historian, Howard Zinn, author of the best-selling book “A People’s History of the United States” and “Voices of a People’s History of the United States”, accompanied by some of today’s most talented performers…present the story of the United States from Christopher Columbus to the war in Iraq, as you’ve never seen it before. Because sometimes to know where you are going you have to look at where you have been.
The People Speak / September 2008

ベストセラー「民衆のアメリカ史」「民衆のアメリカ史の声」の著者、そして名高い歴史家ハワード・ジン。ジンに賛同する今日最も才能ある役者やミュージシャンの共演で、アメリカ合衆国の物語が語られる。コロンブスからイラク戦争まで、今まで見た事のない形で。なぜなら、未知の行方を知るためには、時には過去を振り返らなければならないからだ。「The People Speak / 民衆は語る」2008年9月公開

– – – – – – – –
Tonight, voices of the people who’d been over looked in the traditional history books…
ハワード・ジン:今夜、普通の歴史書には記録されていない人々の声が蘇る‥

John Lewis 1963 by Danny Glover
ジョン・ルイス(読み手:ダニー・グローバー)
We shall fragment the South into a thousand pieces and put them together in the image of democracy.
南部を何千ものかけらに砕き、寄せ集め、民主主義の形を作ろうではないか!

Plough Jogger 1786 by Viggo Mortensen
プロー・ジョガー(読み手:ヴィゴ・モーテンセン )
I have lost a great deal by this man and that man and t’other man, and the great men are going to get all we have and I think it is time for us to rise and put a stop to it.
こいつからもあいつからも、そして他のやつからも、ずっと取り上げられ来て、そして今度は上の奴らが根こそぎ持って行こうとしている。今こそ団結して立ち上がって、止めなければならない!

Zinn: We didn’t want to hear the words of the people in the white house, we wanted to hear the voice of the people picketing the white house. Agitators, the anti-war protesters, socialists and anarchists, in other words, the people who gave us whatever liberty and democracy we have in this country.
ハワード・ジン:私たちが聞きたかったのはホワイトハウスの声ではない。ホワイトハウスの周りでピケをはっている人たちの声だ。扇動家、反戦家、社会主義者、無政府主義者、つまりこの国に現在ある自由と民主主義を私たちに与えてくれた人々の声だ。

Dalton Trumbo 1939 by Josh Brolin
ダルトン・トランボ(読み手:ジョシュ・ブローリン )
I know the truth and you don’t you fools. You fools, fools!
私は真実を知っている、おまえたちにはわからないんだ、馬鹿者め!

Zinn: What’s common to all of them is the spirit of resistance to illegitimate authority. Democracy is in descent, democracy is in resistance, democracy doesn’t come from the top, it comes from the bottom.
ハワード・ジン:これらの人々に共通しているのは、不当な権力に抵抗する精神だ。民主主義は苦境に存在する。民主主義は抵抗の中に息づく。民主主義は上から与えられるものではなく、下から沸き上がるものなのだ。

Abbie Hoffman 1987 by Mike O’Malley
アビー・ホフマン(読み手:マイク・オマーリー)
Young people are detached from history, the planet, the most importantly the future.
若者たちは自分たちを切り離している、歴史から、地球から、そして最も大事な未来から。

Cindy Seehan 2005 by Melissa Tomei
シンディー・シーハン(読み手:メリサ・トメイ )
You tell me, what the noble cause is that my son died for. And if he even starts to say freedom and democracy’ I’m gonna say, bullshit. You tell me the truth. You tell me that my son died for oil. You tell me that my son died to make your friends rich.
息子の死にりっぱな理由があるのなら、言ってごらんなさいよ。もし「自由のため」とか「民主主義のため」とか言うのなら、そんなの大嘘だわ。本当のことを言いなさいよ。息子は石油のために死んだと。あんたの友達たちを大金持ちにするために死んだんだと。

Marvin Gaye ‘What’s Going On’ 1971 by John Legend
「What’s Going On」(歌い手:ジョン・レジェンド)
Mother, mother, there’s too many of you crying.
母さん、母さん、泣いている母親たちがたくさんいる

Sojourner Truth 1851 by Kerry Washington
ソジャーナ・トゥルース(読み手:ケリー・ワシントン)
He says women can’t have as much rights as men, ‘cause Christ wasn’t a woman! Where did your Christ come from? He came from God and a woman! Man had nothing to do with Him.
キリストが女じゃなかったから、女には男と同じ権利はないって!キリストはどこから来たのさ?キリストは神と女性の間に産まれたんだよ!男はなんの役にも立っていやしない。

Public Enemy 1989(Darryl McDaniels)
パブリック・エネミー(読み手:ダリル・マクダニエルス)
C’mon, what we got to say, power to the people no delay
To make everybody see, in order to fight the powers that be
Lemme hear you say…Fight the Power!
おい、声に出して言おうじゃないか、今すぐに人々に力を!
みんなにわかるようにさ、奴らの力と闘うために
さぁみんなで叫ぼうじゃないか「ファイト・ザ・パワー!」

Admiral Gene Larocque 1988 by David Strathairn
ジーン・ラローク大将(読み手:デビット・ストラサーン)
We are the only country in the world that’s been fighting the war since 1940. Count the wars, Korea, Vietnam.. count the years…
この国は1940年以来ずっと戦争を続けている唯一の国だ。戦争の数を数えてごらん、韓国、ベトナム.. 戦争の年月を数えてごらん‥

Muhammad Ali 1966 by John Legend
ムハメド・アリ(読み手:ジョン・レジェンド)
If I thought the war was going to bring freedom and equality to 22 million of my people, they wouldn’t have to draft me, I’d join tomorrow.
もし戦争が2200万の私の民に自由と平等を与えるものならば、私を徴兵する必要はない、明日自分から志願するさ。

Zinn: We see these voices as patriotic voices, patriotic in the sense of patriotism is not the obedience to the government, patriotism is the obedience to the principle which government supposed to have.
ハワード・ジン:これらの声は母国愛の声だ。政府に服従する意味の母国愛ではなく、本来政府が重んじなければならないはずの基本に対する服従の声だ。

Malcolm X 1963 by Michael Ealy
マルコムX(読み手:マイケル・イアリー)
We want to talk right down to earth in a language that everybody here can easily understand.
すべての人々に容易く理解出来る言葉で、我々はこの地球に語りかけるのだ。

– – – – – – – –
ハワード・ジン、オフィシャルサイト
http://howardzinn.org

The People Speak 08
http://www.youtube.com/ThePeopleSpeak08

The People Speak 07
http://www.youtube.com/arnove

民衆のアメリカ史〈上巻〉1492年から現代まで

People’s History of the United States: 1492 to Present

A People’s History of the United States CD: Highlights from the 20th Century(読み手: Matt Damon)

A People’s History Of The United States CD: A Lecture at Reed College

The People Speak CD: American Voices, Some Famous, Some Little Known, from Columbus to the Present (読み手: James Earl Jones, Marisa Tomei, Kurt Vonnegut, Danny Glover, Alfre Woodard and others)

Pete Seeger, Power of Song

In Activism, Music + on 2007/11/28 at 10:46

PETE SEEGER: POWER OF SONG
ピート・シーガー公認の伝記映画「歌の力」

アメリカのシンガーソングライター史上最も偉大な人物のひとり、ピート・シーガーの人生を綴るドキュメンタリー。監督ジム・ブラウン。ピート・シーガーはフォーク・リバイバルの立役者であり、ヒット曲には Where Have All the Flowers Gone, Turn Turn Turn, If I Had A Hammer などがある。

ピート・シーガーは米国政府を含む体制から誤解されて来た。彼の平和に対する視点、組合の支援、民権運動、環境運動などが攻撃の対象だった。50年代の共産党狩りの標的になった。シーガーは反対運動に合い、ブラックリストに載った。シーガーの曲は民衆の大きな人気を得ていたにも関わらず、17年間米国のテレビから放送出演禁止を受けた。今回初めて公開かれる映像を含めた記録映像と、シーガーが妻トシと共に撮影した映像を組み合わせた本作品は、この伝説のミュージシャン、そして活動家ピート・シーガーの人生を綴る。

本作品は「歌の力」を信じるシーガーの遺言状とも言える。そして個人が世界を変える事ができるという信念の証明でもある。インタヴューには多くのミュージシャンが参加した。Joan Baez ジョーン・バエズ, Bonnie Raitt ボニー・レイット, Bruce Springsteen ブルース・スプリングスティーン, Natalie Maines ナタリー・メイン, Tom Paxton トム・パクストン, Peter, Paul and Mary ピーター・ポール & マリーらが、シーガーがアメリカ音楽と社会に与えた影響を語る。

– – – – – –
Pete Seeger Nomination for the Nobel Peace Prize
ピート・シーガーをノーベル平和賞に推す署名運動

ピート・シーガーは87年間の人生を、平和と社会平等の代弁者として過ごして来ました。秀でたミュージシャンであると共に、彼の歌とメッセージと表現方法は、数えきれない人々、特に若者たちに共感を与え、ベトナム戦争反対、核兵器廃止、国際連帯、環境保護などの運動が活性化しました。この素晴らしき文化を作り上げたシーガーの功績は、認められ賞賛されるべきです。世界に届いたシーガーの音楽は、娯楽だけでなく、教育であり慈悲であり行動なのです。

Yuri Kochiyama: Freedom Fighters

In Activism, Anti-War, Civil Rights on 2007/11/15 at 08:37

ユリ・コウチヤマ「アメリカ合衆国は、人々が団結 (united) していない国です!三つの大きな要因‥人種差別、不公正、不平等!」

ユリ・コウチヤマ、Kiilu Nyasha、二人の勇敢なFreedom Fighters (自由の闘士) 。世界の圧力の中での真の自由への葛藤の人生、この二人の闘争の記録ドキュメンタリー。
Freedom Fightersmyspace.com/freedomfighters07
(2007年現在、自主上映が米国の限られた場所で行われています。予定はMySpaceに掲載されるようです。)

Yuri Kochiyama
ユリ・コウチヤマ
1922年5月19日生まれ
日系アメリカ人、民権運動家

コウチヤマ(旧名マリー・ナカハラ)はカリフォルニア州サンペドロに生まれた。1941年真珠湾攻撃が起ったその日のうちに父親は投獄され、家族はアーカンサス州ジェロームの収容所へ送られた。第二次世界大戦中、12万人の日系人が収容所へ送られた。彼女の兄弟のうち二人は、米国軍に入隊した。

1960年、彼女は夫のビルと共にニューヨークのハーレムに引っ越し、Harlem Parents Commitee (民権運動団体) に参加。マルコムXと親しくなり、Nation of Islamyuを離れて彼が開始したOrganization for Afro American Unity (黒人団結団体) のメンバーとなる。1965年2月21日、ハーレムのAudubon BallroomでマルコムXが撃たれた時、コウチヤマは死の際のマルコムXを腕に抱えていた。

1977年、コウチヤマはプエルトリコのグループに参加し、プエルトリコ独立の闘争に世界の目を向けるために、自由の女神を占拠した。

長い間コウチヤマは、政治犯釈放、核廃止、ムミア・アブ・ジャマル釈放、戦争中の日系人収容者の代表など、数々の社会問題の是正運動に人生を捧げている。

コウチヤマの人生を記録したドキュメンタリー「Yuri Kochiyama: Passion for Justice」が1999年に日系監督レア・タジリによって制作された。日系戯曲家ティム・トヤマによる舞台劇「Yuri and Malcolm X」もある。

2005年コウチヤマは「1000 Women for the Nobel Peace Prize 2005」の一人として、ノーベル平和賞にノミネートされた。

Yuri Kochiyamawikipedia.org/Yuri_Kochiyama

– – – – – – – – – –
Learn To Question: Yuri Kochiyama

Democracy Now! 2.21.2006Civil Rights Activist Yuri Kochiyama Remembers the Day of Malcolm X’s Assassination to Her Internment in a WWII Japanese-American Detention Camp

What Will Jesus Buy?

In Activism, Music + on 2007/11/13 at 09:26


ビリー牧師、移動用バスにガソリンを入れながら「神よ、神よ、お許し下さい!私は罪を犯しています!」

‥去年、アメリカ市民はクリスマスシーズンに4550億ドル消費した‥

青年「クリスマス精神を持たなきゃ。光る新しいホイールで、地元を乗りまわすんだ」

‥消費者のクレジットカード負債総額2.4兆ドル‥

父親「おもちゃ、あり過ぎだと思う?」娘「うん」父親「どうしてこんなにいっぱいあるの?」娘「だってパパとママが買ってくれたから」

‥2600万人のアメリカ市民は買物中毒だ‥

店員「お客さんに脅されたり殴られそうになったことがあります。PS3が売り切れだった時、60歳くらいの女性につばをかけられました。6歳の孫息子にどうしても買いたいと。」

‥クリスマスを救うのは誰だ?‥

「What Would Jesus Buy? 神なら何を買うか?」Rev. Billy and the Church of Stop Shopping Gospel Choir ビリー牧師と「無買教会/買わない教会」聖歌隊のアメリカ縦断の布教の旅の記録。人類を消費地獄から救うために、購買中毒と永遠の負債から救うために、クリスマスにアメリカに「Shopocalypse 買物地獄から救う天啓」をもたらすために!

「Super Size Me スーパーサイズ・ミー」のモーガン・スパーロックのプロデュース、Rob VanAlkemade監督による、商業化されたクリスマスの現実を描く、深刻なドキュ・コメディー。ビル・タレン(ビリー牧師)は道を見失った理想家。ニューヨークまでヒッチハイクでたどり着いたが、そこにあったのはショッピングモールと化したタイムズ・スクウェアだった。古き良きニューヨークを失ったショックと、雑踏に説教を続ける街頭宣教師に刺激されたビルは、着ていた白いジャケットに合わせて牧師の白襟を買い、髪を脱色し、「Church of Stop Shopping 無買教会/買わない教会」のビリー牧師に変身した。1999年、地下鉄構内で説教をする孤独な牧師から始まり、今では数千の信者を持つ「無買教会/買わない教会」、そして「無買運動」のリーダーになった。

商店に干渉し、企業のエクソシズム/悪魔払いをし、時には古いスタイルで説教しながら、ビリー牧師は私たちがクリスマスの本当の意味を忘れてしまった事を思い出させてくれる。「What Would Jesus Buy? 神なら何を買うか?」は、アメリカの真髄へと進んで行く旅。Wal-Mart ウォルマート(世界最大のスーパーマーケットチェーン)の本社での悪魔払い、Mall of America モール・オブ・アメリカ(全米最大級のショッピングモール)の大ステージでの説教、そして最終目的地は約束の地、ディズニーランド!

果たして私たちは、またしても屠殺されるとも知らずクリスマスにつられて行く迷える小羊人になるのか?それとも今年のクリスマスこそ新しい「贈り物」を見つけることができるのか?「What Would Jesus Buy? 神なら何を買うか?」は、もしかすると、私たちがずっと待ち望んでいた、神の介入なのかもしれない‥

2007年11月、米国公開!!
What Would Jesus Buy?

Rev. Billy and the Church of Stop Shopping Gospel Choir

– – – – – – – – –
過去の関連記事: US Front Line 1.7.2003
迷える小羊よ、買い物やめなさい〜牧師、消費の邪悪さ訴える

Run Granny Run!

In Activism, Politics on 2007/10/09 at 07:43


「私は怒れるばあちゃんだ!あの若造のジャドは、一体何を考えているんだか、問い正しに出て来たんだ」

グラニーDは上院議員に立候補しています。彼女には人生の長さ分の経験があります。

「あたし、いくつかわかる?」「う〜あ〜、45?」「アハハハ!」

確固とした政策を持っています。

「政府をあたしの寝室には入って来させないわよ。‥って何かしてるわけじゃないけど」

そしてグラニーDの支持者たちは、彼女の元を離れません。

「選挙で何を望みますか?」「何を言っとるんだ、望むんじゃなくて勝つ予定なんじゃ!(グラニーDの息子)」

94歳のグラニーDは、まさに今のアメリカが必要としている人材です。

「奴のケツを蹴っとばしたわ!」

グラニーDと一緒に走りましょう!

「私たちの国が闘い取る価値のないものなら、一体なんなんだかわからないわ」

立て直しの騒動を起こすのに、歳をとり過ぎているということはない。行け行け、グラニーDばあちゃん!!

– – – – – – –
Run Granny Run
RunGrannyRun.com

HBO 2007年10月18日放送

ドリス・”グラニーD”・ハドックは、米国最年長の新人議員候補です。元主婦、元会社事務員、ドリスは20年の間、幸せな引退生活を送っていましたが、夫をなくした時、新しい人生の目標を探しました。90歳だったドリスは、スニーカーに履き替えて「選挙の大企業献金の悪影響」に反対するために、アメリカを歩いて横断する旅に出ました。ドリスのこの歴史的な旅は、一般市民の注目を集め、政治の腐敗への関心を高めました。でもこの徒歩横断は、ドリスにとっては、ただのウォーム・アップだったのです。

94才のドリスは、まだまだ政治の腐敗に怒っています。現職議員ジャド・グレッグ(ブッシュ大統領の弁論訓練相手)に対抗して出馬できる、思わぬ機会に飛びつきました。選挙までたった4ヶ月、曾孫が16人いるドリス。どんなに若くてもこの闘いは過酷です。ドリスと、彼女を支持する色彩豊かな政治知識陣や素人たちは、彼女が理想とする民主主義を打ち立てて、巧みな戦法で望みました。人民による人民のための政府のために。

金に立ち向かう不屈の精神、札束にたちむかう勇気。「Run Granny Run」は稀に見る素晴らしき活動家の物語、そして企業時代における壊れやすい民主主義の探求物語です。

真実を告げるアメリカ人:ドリス・ハドック(グラニーD)