YouTubeから聞こえるアメリカの声

12歳の少女の証言が実現したバーモント州同性結婚合法化

In Civil Rights, LGBT on 2009/04/09 at 00:59

(0:00 – 5:00)

It was just a huge mix of feelings, I mean I was really nervous being there in front of all those people, and some of them didn’t support what I have to say.  So that was hard. But I also felt excited. Because I felt like I was a part of something so important to me and to my family, and so many other gay and lesbian couples in Vermont. So, it was just a mix of everything.  But over all it felt good, and it felt like it was really time for me to speak up.

(Evann Orleck-Jetter エヴァン・オーレック・ジェター) 証言した時、いろいろな気持ちが混じっていました。大勢の人の前で話すのはとても緊張しました。中には私の言いたいことに反対している人たちもいましたから。難しかった、でも同時にとても興奮しました。私と私の家族にとって、そしてバーモント州のたくさんのゲイレズビアンカップルにとって、とても大事な出来事の一部になっていることを感じたからです。いろいろな気持ちが混じっていました。でも最終的に嬉しかった。私が話さなければならないのは今なんだ、と思いました。

Can you talk about what it means for your moms to marry each other?

(Amy Goodman エミー・グッドマン) あなたのお母さんたちが結婚できることのあなたへの意味は?

It means a lot of things. It means that in school I was always not be able to connect with my classmates, their parents are all married or divorced or.. Anyway, I always felt separated from them in that way, connect with them, because my parents are Civil Unioned cause they didn’t have right to get married. And I was hurt by that.  I was upset by that. But I also felt like I really couldn’t talk about it because people didn’t know what is like to have parents who are Civil Unioned.  And now my parents got a right to married, it opens so much for me.  I feel so much more comfortable now, talk to my classmates and my teachers, and I think there’s no boundary anymore.

(エヴァン) いろいろな意味があります。学校で私はいつも、クラスメートたちと繋がれないのです。みんな両親は結婚していたり離婚していたり。でも気持ちが繋がらないのです。私の両親は結婚する法的権利がないのでシビル・ユニオン/市民婚なのです。私はそのことでいつも心を痛めていました。憤慨していました。でもそれを公に話してはいけないようにも感じていたのです。他の人には両親が市民婚である子供の気持ちはわからないことですから。でも私の両親に権利が与えられたことで、私の世界は広がります。不自然さもなくなるし、クラスメートや先生とも自由に話せます。境界線がなくなったんです。

How did you hear the governor’s veto was overwritten by the vote of republican and democratic legislature?

(エミー) 共和党も民主党も州知事の拒否権無効に投票したことを、どうやって知りましたか?

My mom picked me up at school, and I went home, and she told me, and I was just surprised because I was really worried that we couldn’t overwrite the veto. But I also felt so much joy, because.. WOW! it really happened! My parents can get married now, and we come together, Republicans and Democrats to fight for an issue, that’s really important. It felt great to be a part of it, I hope I made a difference.  It was just a great moment for me.

(エヴァン) 母が学校に迎えに来てくれて、家に帰って聞きました。驚きました。無効にできないのではないかと心配していたので。同時にとても嬉しかった。ワァ!ほんとうに無効に出来たんだ!ママたちが結婚できるんだ!みんなひとつになれるんだ!って。共和党と民主党がひとつになって重要な事柄に立ち向かうことはとても大事なことだと思います。このことの一部になれてとても嬉しいです。私の証言が少しでも役に立ったのだといいなと思います。ほんとうに素晴らしい瞬間でした。

Clearly you made a difference. Because when legislatures were asked about how they perhaps changed their vote, or why they decided to vote for gay marriage, a number of them talked about you, about 12-year old girl testifying talking about what it meant for her moms to marry. So how does it feel to make a history of it?

(エミー) あなたは無効実現に大きな役割を果たしたんですよ。開票の後、議員に聞きました。証言会でもしあなたが支持を変えたとしたら、同政権婚支持に投票することを決めたとしたら、その理由はなんだったか?と。たくさんの議員が言いましたよ「母たちが結婚できることの意味について証言した、あの12歳の少女」あなたは歴史を作ったのです。どんな気持ちですか?

Well, I think why I made such a difference is because the opposition said that “we’re all about the kids”. And that just didn’t make sense to me. If you are all about the kids, then why don’t you support the people who are trying to raise them and have a great family, instead of saying “they are not qualified”.  It was so important to me to get out there and say what I felt.  Because I don’t think they really knew what they were saying when they put that ad out.  I think it was a lack of information to say it was about the kids. It hurts me that they are so against my parents getting married.  If you think about the kids, then you should think about hurting kids whose parents just want equal rights and kids just want equal rights, feel accepted in schools with their teachers.  So getting up there, saying I felt, I though that really helped change things. I felt honored that I could help change history.  It was really a big moment for me.

(エヴァン) 私が歴史を変えたのだとしたら、それは反対者が掲げていた「これは子供たちのための問題だ」というスローガンがあったからです。私にはわからなかった。もし子供たちのためなのなら、なぜ子供たちを一生懸命育てて家族を築こうとしている人たちを支持しないのでしょうか。そのかわりに「彼らには資格がない」と言う。それを聞いた私の気持ちを伝えることが大事だと思いました。反対する人たちには言っていることの意味がほんとうにはわかっていなかったのだと思います。情報がなかったのです。「子供のため」と言っていますが、子供の私は母たちが攻撃されていることにとても心を痛めます。子供のことを考えるなら、平等を求める親たちの子供たちがどんなに傷ついているか、学校で普通の子供として受け入れられたがっているか、それを考えるべきです。そのことを証言しました。それが歴史を変えることに役立ったのだと思います。とても光栄です。ほんとうに素晴らしい瞬間でした。

Democracy Now!: Testimony of 12-Year-Old with Two Moms Moves Some Vermont Legislators to Support Gay Marriage Bill
http://www.democracynow.org/2009/4/8/testimony_of_12_year_old_with

米バーモント州議会、同性結婚を合法化 知事の拒否権覆す
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200904080015.html

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。