YouTubeから聞こえるアメリカの声

「見えない子供たち」救出計画、2009年4月25日

In Activism, Human Rights on 2009/04/01 at 23:11


2006年12月12日

..and now an extraordinary story about 3 young men from East San Diego, camera bought on eBay, and a trip to Africa. The trip has turned into much more…
..サンディエゴの三人の若者の、驚くべき物語をご紹介します。eBayで買ったカメラを持ってアフリカ観光に出た彼ら、その旅は普通の旅行からもっと大きなものへと変わって行きました..

My name is Jason Russel..Bobby Bailey..Laren Poole
僕はジェイソン・ラッセル、僕はボビー・ベイリー、僕はローレン・プール

Three of us boys from California wound up in Northern Uganda. We saw the incredible horror and encountered heart breaking suffering, especially among the children who sleep on the streets for fear of abduction.
僕ら三人はカリフォルニアを出て北ウガンダにたどり着いた。そこで想像もつかない惨劇と、胸が張り裂ける悲劇を見た。特に子供たち。誘拐を恐れて街中で眠る子供たち。

We first told our stories of experience in Northern Uganda in a documentary called “Invisible Children”. It explains our discovery of the longest of any wars in Africa, and night commuters flee from the rebel leader Joseph Kony. Because of this war of madness, people are living with no jobs and children can’t go to school.
僕らは北ウガンダでの経験を「見えない子供たち」と題したドキュメンタリー映画にした。アフリカで最も長い戦争と、抵抗軍指導者ジョセフ・コニーの誘拐から逃れるために夜間市街へ移動する子供たち「ナイトコミューター」を記録した。この狂気の戦争のために、人々には仕事がなく、子供たちは学校に行けない。

To restore hope in war-torn area, we created microeconomic bracelet program. This campaign give the name and the face of the children affected by the war. The proceeds from the bracelets will go back to Uganda to provide children with mentors and put them into schools.
戦争で破壊されたこの場所に希望を戻すため、僕らはマイクロ経済に則ったブレスレットプログラムを発足した。それぞれの色にそれぞれの子供の物語がある。キャンペーンに子供たちの顔と名前が与えられた。ウガンダに還元された収益金は、子供たちのメンター、そして子供たちが学校へ行くために使われる。

We then recruited other youth to spend a several months on an adventurous road trip on RVs, showing this documentary across the United States in a national tour. Over 2000000 people saw the film, many were moved to act.
それから僕たちはアメリカの若者たちを招集した。彼らは数ヶ月かけてアメリカ横断バスツァーを行い、各地で「見えない子供たち」上映会を開いた。200万人以上が見た。見た人々は感動し、行動に参加したいと希望した。

And to capture their energy, we created a nation wide event called “The Global Night Commute”. On April 29th 2006, 80000 Americans left their homes and slept in their downtown districts, just like the invisible children in Northern Uganda.
彼らのエネルギーを形にするために、僕らは全米イベント「地球ナイトコミュート」を実施した。2006年4月29日、8万人のアメリカ人が家を離れ、ダウンタウンで野宿した。北ウガンダの子供たちと同じように。

Bobby, Laren and I will never forget the first night we saw the kids sleeping at the bus park. It changed our lives forever. We never realized so many children could go unseen, that so many beautiful faces could be invisible.
ボビー、ローレン、そして僕は、決して忘れない。北ウガンダで子供たちがバス駐車場に集まって眠っている情景を初めて見た時のことを。あの情景は僕らの人生を変えた。あんなにたくさんの子供たちが「見えない」存在だなんて。あんなにたくさんの美しい笑顔が「見えない」なんて。


2009年3月27日

In 2006, we night commuted to end night commuting. In 2007, we displaced ourselves to bring home the displaces. And in 2009, we will abduct ourselves to rescue Joseph Kony’s child soldiers. This is The Official Rescue Plan. It’s not just about one event, one cause, one war.. it’s about a bigger idea…JUSTICE.
2006年に僕らは、ナイトコミュートをなくすためにナイトコミューターになった。2007年に僕らは、家から引き離された子供たちを取り戻すために、僕ら自身を家から引き離した。そして2009年、僕らはジョセフ・コニーに誘拐された子供たちを救出するために、僕ら自身を誘拐する。これは「オフィシャル救出計画」だ。一回のイベントではない、一つの問題ではない、一つの戦争ではない、もっと大きな目的..正義のために。

Our culture is determined by three forces: money, media, moguls. It’s a fact: money makes the world go ‘round, the media decides what stories in the world are worth telling, and moguls compete for the attention of the media, which makes them both money. And this cycle repeats itself over and over again. Defining, and redefining our priorities.
僕らの社会は三つの力で動いている。金、メディア、有力者。金が世界を動かしているのは事実だ。メディアはどんな物語が報道に値するか決める。そして有力者はメディアの注目を争う。それで双方金儲けができる。このサイクルはずっと繰り返される。これによって物事の優先度が幾度も幾度も書き換えられる。

The truth is: they need us. And when the masses take action, they have to listen, and history is rewritten. A slave is freed, a vote is counted, a wall is torn down, and a revolution begins. A revolution for love, a revolution for freedom, on April 25th.
真実は..彼らには僕らは必要なんだ。大衆が動く時、彼らは耳を傾けなければならない。そして歴史が書き変えられる。奴隷が解放され、投票が数えられ、壁が崩れ、そして革命が始まる。今、革命が始まるんだ。愛と自由のための革命。2009年4月25日。

You will abduct yourself and wait to be rescued by the cultural forces: money, media, moguls. You will meet at abduction site and walk to an LRA Camp and wait, like the abducted children are waiting.
君は君自身を誘拐し、この三つの力による救出を待ってくれ。金、メディア、有力者。君たちは誘拐現場に集合し「神の抵抗軍」キャンプに移動する。そこで待つんだ。ウガンダの誘拐された子供たちと同じように。

Here’s what you can do now: 1 – Contact moguls, the gatekeepers of culture, to come rescue you. Don’t worry, we’ll tell you how. 2 – Make sure the media comes to rescue you. The story deserves mainstream coverage, so let’s get it covered.
今できることがある。有力者に救出願いのコンタクトをとること。心配しなくていい。僕らがやり方を教えるから。それからメディアが救出に来るための準備。この物語は大々的に報道される価値がある。報道させよう。

Because we aren’t going home until they both arrive, that gives you one month to ensure your rescue. Two shameless plugs: Wear the rescue shirts all April, and donate $5 if you’ve got it, right now right now or on April 25th.
誘拐日まで一ヶ月ある。その間に救出計画を固めよう。四月中「救出Tシャツ」を着続けてほしい。もしできるなら救出資金のために5ドル支援してほしい。

The plan is action, because all men are created equal. First to rescue our children and secondly deliver the justice. That’s the plan. They’re waiting.
この計画を成功させよう。なぜなら人はみな平等なのだから。「まず子供たちを救出し、そして正義を」それが計画だ。子供たちは待っている。

To find more info on The Official Rescue Plan, go to
「オフィシャル救出計画」の詳しい情報は

http://therescue.invisiblechildren.com

「見えない子供たち」活動オフィシャルサイト
http://www.invisiblechildren.com
http://www.youtube.com/invisiblechildreninc

– – – – – – – –
Google Video: Invisible Children 全編55分
http://video.google.com/videoplay?docid=3166797753930210643&ei=3OTTScffH4OeqgKziP24DA&q=invisible+children&hl=en

アフリカ平和再建委員会
http://www.arc-japan.org/jp/index.htm
あなたの街で、学校で、映画「Invisible Children」の上映会を開いてみませんか
http://www.arc-japan.org/jp/activity/scsa/scsa_joeikai.htm

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。