YouTubeから聞こえるアメリカの声

Archive for 2009|Yearly archive page

「インビクタス」モーガン・フリーマンからの呼びかけ

In Activism, Human Rights on 2009/12/07 at 01:13


It all began with the story. After being in jail for 27 years based primarily on his political beliefs, Nelson Mandela became the first democratically elected president in South Africa. I had the honor of playing Nelson Mandela in the new film “Invictus”. And believe the powerful story like this inspire millions of people. We all accept that it is only through the effort of dedicated people coming together that human rights will continued to be protected.
すべては「物語」から始まった。政治思想のために27年間投獄された後、ネルソン・マンデラは南アフリカ初の民主選挙で選ばれた大統領となった。私は光栄にも映画「インビクタス/負けざる者たち」でネルソン・マンデラを演じた。そしてこのような「物語」が多くの人々を感化することを強く感じている。そして人権保護のために尽くす人々の協力と努力のお陰で、世界人権が守られ続けていることは、みなが認めるところだ。

That’s why this month, I’m working with Amnesty International and YouTube to shine a light onto the important work done by human rights organizations around the world. But we need your help to tell the stories. We want you to make a video that explains how your favorite human rights organization has advanced the movement and inspires you to stand up for others. We select the top 3 winners, and these will be featured on YouTube homepage at the end of the month. So, go ahead, tell us your best human rights story.
だから私はこの12月、国際アムネスティーとYouTubeと共に、世界の人権保護団体の貴重な働きに光を当てるために運動することにした。そして君の助けが必要だ。君の「物語」が必要だ。君が支援する人権保護団体について、それがどのように人権確立への動きを生んだか、そしてどのように人々を感化して立ち上がらせたか、ビデオで語って欲しい。君たちのビデオの中から三つの作品を選んで、今月末にこのホームページに掲載する。さぁ、君の「物語」を聞かせてくれ。最高の人権の物語を。

YouTube: Video Volunteers
http://www.youtube.com/videovolunteers

Join Morgan Freeman to Bring Human Rights Work to Light
アムネスティーYouTubeブログ: モーガン・フリーマンと一緒に人権保護活動に光を当てよう

http://blog.amnestyusa.org/us/join-morgan-freeman-to-bring-human-rights-work-to-light

YouTube can be a powerful tool championing the rights of individuals and promoting free expression. This month, during International Human Rights Day, YouTube is partnering with Morgan Freeman and Amnesty International to encourage you to become advocates for equality and justice, through Video Volunteers.
YouTubeは個人のキャンペーン活動や自由な表現の道具として素晴らしい力を持っています。12月は国際人権の日(12月10日)の月。YouTubeはモーガン・フリーマンと国際アムネスティーと組み、あなたへのキャンペーンを行います。Video Volunteersを使って、平等と正義のための声をあげて欲しいのです。

Here’s how you can help. Create a video about the nonprofit of your choice working on a human rights issue that you care about — it could be genocide, human trafficking, refugee protection, gender equality or something else -and submit it to the Video Volunteers channel by December 21. Amnesty International and Freeman, who plays legendary crusader Nelson Mandela in the upcoming movie Invictus, will select three videos to appear on the YouTube homepage at the end of the month.
やり方はこうです。あなたが気にかけている人権問題のために活動している非利益団体について、ビデオを作って下さい。民族殺戮、人身売買、難民問題、性の平等など。12月21日までにVideo Volunteersにビデオを投稿してください。その中から、国際アムネスティーとモーガン・フリーマンが三つの作品を選びます。

This is your chance to help citizens around the world who often can’t help themselves and to bring the vital work of human rights organizations to light. Join Morgan Freeman to protect the rights of these individuals at www.youtube.com/videovolunteers.
世界中で助けを求めている人たち、そしてその人たちの人権のためになくてはならない活動をしている多くの人たち、彼らに光を当てるチャンスです。彼らの人権保護のために、あなたもモーガン・フリーマンの活動に参加しましょう!


Invictus「インビクタス/負けざる者たち」
http://invictusmovie.com

From director Clint Eastwood, Invictus tells the inspiring true story of how Nelson Mandela (Morgan Freeman) joined forces with the captain of South Africa’s rugby team, Francois Pienaar (Matt Damon), to help unite their country.
クリント・イーストウッド監督作品「インビクタス」。マンデラ大統領とラグビーチームのキャプテンが力を合わせ、南アフリカをひとつに団結する、感動に満ちた実話。

Newly elected President Mandela knows his nation remains racially and economically divided in the wake of apartheid. Believing he can bring his people together through the universal language of sport, Mandela rallies South Africa’s underdog rugby team as they make an unlikely run to the 1995 World Cup Championship match.
選ばれたばかりのマンデラ大統領は、人種と経済の分離がアパルトヘイト時代のままに続いていることを知っていた。スポーツという万国共通の言葉で、南アフリカのすべての国民を団結できるに違いないと信じている。マンデラ大統領は自国の弱小ラグビーチームに期待をかける。チームは1995年ワールドカップ優勝戦へと、思わぬ進出を果たして行く。

「未来へのラブレター」タイムカプセルに託す100年後へのメッセージ

In Activism, Environment on 2009/11/11 at 00:15


Picture this. 100 years from now, someone reads the message that you wanted to tell them about the future of this planet. How can we say our children and our grandchildren that we didn’t know, we didn’t believe it’s true. There is no “planet B”. It’s no just affect my grandchildren, it’s gonna affect my nephews and my nieces. That’s how urgent it is. We no longer have 10 or 20 years, we have this year. It’s going to affect our children, grandchildren and life on this planet. Why should you care? Well, you live here, too. Now is the time. Make a video, post a picture, write a message, send the love letter to the future.

想像してみて下さい。私たちが地球の未来について伝えたいメッセージを、100年後に誰かが読むのです。子供たちや孫たちに、知らなかった、本当だとは思わなかった‥などと言えますか?第二の地球などないのです。孫たち‥いや私たちの甥や姪たちに影響が出る、それほど性急なことなんです。10年20年の猶予ではありません。今年がその時なんです。子供たちや孫たち、そしてこの地球の生き物すべてに影響するのです。なぜ心配する必要があるのか?だってあなたもここに住んでいるのだから。ビデオを作って下さい、写真をアップして下さい、メッセージを書いて下さい。未来にラブレターを出すのです。

– – – – – – –
Time Capsule being built in Copenhagen creates a future thinking perspective on today’s climate change debate and it could include your message!

コペンハーゲンで作られるタイムカプセルには、今日の気候変動論争に対する私たちの将来への思いが詰め込まれる。あなたのメッセージも加わるかもしれない。

Produced by the Emmy® Award winning production company Xenophile Media in Toronto, Love Letters to the Future is a project designed to raise awareness about climate change.

エミー賞受賞経験のあるトロントのプロダクション、ゼノファイルメディアによって企画された「未来へのラブレター」は、気候異変への人々の関心を高めるためのプロジェクトだ。

Imagine what generations in the future will think of us if we don’t do anything about climate change. And then try to imagine that future differently. What would you say to a generation 100 years from now?

気候変動に対して何もしなかったら、未来の世代は私たちのことをどう思うだろう?そして一体どんな未来が待ち受けているのだろう?100年後の世代に、あなたなら何と言いますか?

The project is collecting video love letters to the future from the public, and is also collecting filmed statements from indigenous people in the Cook Islands and places that are among those most effected by climate change.

ビデオラブレターは、一般から集められる。そして現在の気候変動で最も影響を受けている場所のひとつクックアイランドの原住民の言葉も、映像として記録される。

A time capsule being built in Copenhagen will preserve the 100 best messages uploaded to http://www.loveletterstothefuture.com, as voted on by the public. It will be sealed in mid-December, to be re-opened in the next century. To ensure our love letters are still around 100 years from today, they will be stored using Monolith™ cards, a technology incorporating analog and digital data pioneered by the Imaging and Media Lab at the University of Basel.

コペンハーゲンのタイムカプセルには、loveletterstothefuture.comにアップロードされたメッセージの中から、一般投票によって選ばれた上位100が詰め込まれる。タイムカプセルは12月中旬に封印され、100年後の開封を待つ。100年後までしっかり形を保つように、メッセージはモノリスカードに保存される。モノリスカードには、バーゼル大学のメディア研究所で開発された、アナログデジタル技術が使われている。

The project’s goal is to collect a critical mass of love letters and present them to the world at a live event during the UN Climate Change Conference in Copenhagen in mid-December. Throughout the event, a selection of the time-capsule messages will be projected on a huge screen and read out by a (soon-to-be-revealed!) celebrity.

このプロジェクトの目標は、連鎖反応によって集められた膨大なラブレターを、12月の国連気候変動会議期間中にライブイベントとして公開すること。イベントではタイムカプセルの中のメッセージが巨大スクリーンに映し出され、有名人(名前は近々公開)によって読み上げられる。

Anyone can be a part of this project! Create your love letter to the future as a video, image or 140 character text and upload it on: http://www.loveletterstothefuture.com

誰もがこのプロジェクトの一部になれる。あなたの「未来へのラブレター」を送って下さい。ビデオか写真か140文字以内のメッセージを、loveletterstothefuture.comへアップロードして下さい。

We are at a tipping point in the global fight against climate change. This is our chance to tell the world our future is at stake. Help us to get the word out!

私たちは気候変動への地球規模の闘争の分岐点に立っている。世界に「未来が危機に瀕している」ことを知らせるチャンスだ。どうかこのメッセージを広げる手助けをして下さい。

Love Letters To The Future「未来へのラブレター」
http://www.loveletterstothefuture.com

hopenhagen.org: コペンハーゲン国連気候変動会議への地球規模草の根運動

In Activism, Environment on 2009/11/09 at 23:32


On December 7th, the world’s leaders will gather in Copenhagen to decide the fate of our planet.

12月7日、世界のリーダーたちがコペンハーゲンに集まり、私たちの地球の運命を決めます。

Cope – Hope(協力=希望)
Copenhagen – Hopenhange(コペンハーゲン=ホーペンハーゲン)

Help seal the deal at Hopenhagen.com

約束を決める手助けをして下さい。Hopenhagen.comで。

– – – – – – –
HOPENHAGEN.ORG
http://hopenhagen.org

Welcome to Hopenhagen.
ホーペンハーゲンへようこそ。

Hopenhagen is a movement, a moment and a chance at a new beginning. The hope that in Copenhagen this December – during the United Nations Climate Change Conference – we can build a better future for our planet and a more sustainable way of life. It is the hope that we can create a global community that will lead our leaders into making the right decisions. The promise that by solving our environmental crisis, we can solve our economic crisis at the same time.

ホーペンハーゲンはムーブメントです。新しい始まりへのチャンスです。12月のコペンハーゲンへの希望です。国連気候変動会議で、私たちは地球のためにより良い未来を、そして持続可能な生存方法を作り上げることが出来るのです。ホーペンハーゲンが地球規模の運動になるように、そして世界のリーダーたちを正しい選択へ導けるように。環境危機を解決する条約は、同時に経済危機の解決にも繋がるのです。

Hopenhagen is change – and that change will be powered by all of us.
ホーペンハーゲンは変化です。私たちみんなの力で起こすチェンジです。

OUR MISSION

ホーペンハーゲンの目標

To connect every person, every city, and every nation to Copenhagen. To give everyone hope, and a platform from which to act. To create a grassroots movement that’s powerful enough to influence change.

すべての人々、都市、国々コペンハーゲンにつなげること。すべての人に希望を与え、活動の基盤を与えること。変化を起こすのに十分な草の根ムーブメントを起こすこと。

Why Act?

どうして参加するのか?

Change will not happen unless the people demand it. That’s why Hopenhagen exists – to give you a rallying cry and the tools to demand a positive outcome in Copenhagen. Signing the UN Climate Petition is only the first step. We need your help activating Hopenhagen in your communities, so the movement grows. This needs to be a people’s movement, with enough people involved that our leaders can’t ignore it.

変化は人々が望まない限り起こりません。だからホーペンハーゲンがあるのです。あなたに時の声を与え、コペンハーゲンでの前向きな決断を要求するための道具を与えるために。ここで国連気候保護署名をするのは始めの一歩。あなたの地域でホーペンハーゲンを拡大してください。そうすればムーブメントは広がります。これは人々によるムーブメントでなければなりません。私たちみなが要求すれば、リーダーたちは無視することは出来ません。

What Will Change?

何が変るのか?

Our hope is that in Copenhagen we can begin to build a cleaner, more livable world than the one we live in today. And this hope is more than just wishful thinking. We’re already seeing examples of how this is possible, all around the planet.

私たちはコペンハーゲンで、今ある地球よりももっとクリーンで、今よりももっと住むに値する環境を創り始める約束が決められることを望みます。これは根拠のない希望ではありません。すでに世界中に、それが可能になる例が存在するのですから。

「リパワー・ウォール / 再充電のための壁」アメリカ再充電キャンペーン

In Environment on 2009/11/06 at 00:23


Repower Voices / 再充電を求める声

JoJo Farrell, Teacher: “Why join the fight to repower America with clean energy?”
ジョジョ・ファレル、教師「クリーン・エネルギーでアメリカを再充電するための闘いになぜ参加するのか?」

Sheryl Crow, Singer/Songwriter: “Because millions of people believe it will make a better future for our children;”
シェリル・クロウ、歌手「なぜなら何百万もの人々が、子供たちにより良い未来を与えることができると信じるから」

General Brent Scowcroft: “Because climate change threatens our national security;”
ブレント・スコウクロフト中将「なぜなら気候変動は我々の国家保安の脅威だから」

Rev. C. Douglas Smith: “We have a responsibility to protect God’s creation;”
C.ダグラス・スミス牧師「私たちには神の創られた物を守る責任がある」

Ted Turner, Founder, UN Foundation: “Because I want jobs that are made in America;”
テッド・ターナー、国連財団会長「なぜならアメリカ製の産業が必要だから」

Indra Nooyi, Chairman and CEO, PepsiCo: “Because of some of America’s most trusted companies know clean energy will create new industries and new jobs;”
インドラ・ノーイ、ペプシ社取締役社長兼CEO「なぜなら米国で最も信頼されている企業のいくつかは、クリーン・エネルギーが新しい産業と雇用を生み出すことを知っているから」

Mayor Michael Bloomberg, Mayor of New York City: “Because I want America to lead the way;”
マイケル・ブルームバーグ、ニューヨーク市長「なぜならアメリカにリーダーになって欲しいから」

All: “So add your voice. Add your voice;”
全員「だからあなたの声も加えて下さい」

VO: “Add your voice at repoweramerica.org/wall”
ナレーション「あなたの声も加えて下さい、repoweramerica.org/wallで」


Repower Faces / 再充電を求める顔

Teachers and Students, Business and Labor, Scientists and the Clergy, Energy Companies and Environmentalists, Doctors and Military Leaders, Republicans and Democrats, They all agree now is the time to lead.
教師と学生、ビジネスマンと肉体労働者、科学者と聖職者、エネルギー企業と環境保護者、医者と軍将校、共和党と民主党、彼らが同意することがある「今が先頭を切って進む時だ」

We have a historic opportunity to end our dependence on foreign oil and rebuild our economy by investing in a clean energy future. Now is the time to Repower America. Add your voice at repoweramerica.org/wall
歴史的な機会だ。石油の海外依存を終結し、クリーン・エネルギーの未来へ投資し、経済を建て直すのだ。アメリカを再充電(リパワー)するのは今。あなたの声も加えて下さい、repoweramerica.org/wallで。

– – – – – –
On November 2nd, the Alliance for Climate Protections Repower America campaign unveiled a new campaign designed to demonstrate broad national consensus for action on clean energy and climate. An integrated multimedia effort support by an online, field and advertising campaign, the new Repower effort centers around a virtual Repower Wall, where thousands of people have already uploaded messages of strong support for action to create clean energy jobs, safeguard Americas economic and national security future, and solve the climate crisis. The Repower Wall may be accessed at http://www.repoweramerica.org/wall.
2009年11月2日、気候保護同盟(Alliance for Climate Protections)が運営する活動「リパワー・アメリカ」は、クリーン・エネルギーと気候保護へのアクションを全国に呼びかけるための新しいキャンペーンを公開した。インターネット、地域への活動、広告など、複数メディアを使ったこのキャンペーンは、仮想壁「リパワー・ウォール / 再充電のための壁」をテーマに展開される。すでに何千もの人々がこの壁に、アクションを求めるメッセージを寄せている。クリーン・エネルギー産業を求め、アメリカ経済や国家保安の維持を望み、そして気候危機を回避するために。

Calling on people across the U.S. to add their own message of support to the Repower Wall, a combination of notable and not so notable names are featured in a pair of national television ads titled Voices and Faces that also began airing today. The campaign has attracted a wave of messages from workers, business executives, military veterans, faith leaders, elected officials, entertainers, activists and people from across the country, demonstrating the deep and broad support for swift action on climate change and a transition to a new 21st century clean energy economy.
キャンペーンは全米の人々に「リパワー・ウォール」へ賛同のメッセージをアップするよう呼びかける。有名人と一般市民が一同に起用されている全国テレビ放送のCM二編「Voices声」「Faces顔」も今日から放送が開始された。このキャンペーンに、大勢の労働者たち、企業重役たち、退役軍人たち、聖職指導者たち、政府役職者たち、芸能人たち、活動家たち、そして全米の一般市民たちがメッセージを寄せている。気候変動への対処と、21世紀の新しいクリーン・エネルギー経済への以降への迅速な行動を求めて。

「Repower Wall / 再充電のための壁」
http://www.repoweramerica.org/wall

– – – – – – –
アル・ゴアの新刊書「我々の選択」
Al Gore: Our Choice
http://ourchoicethebook.com

オバマ当選から一年「オルガナイズ・フォー・アメリカ」「バイ・ザ・ピープル」「レイバー・デー」

In Activism, Politics on 2009/11/04 at 23:00


33 months ago, on the steps of old capital in Springfield Illinois, our movement for change began. And weeks and months that followed, in the living rooms and backyards all across America, millions of you lent your voices to the movement. You volunteered. Some of you for the very first time, others for the first time in a long time. You became neighborhood team leaders, precinct captains and caucus captains. You knocked on doors, dug into your savings and talked to anyone who listened. And step by step, block by block, you’ve created the greatest grassroots campaign ever assembled.

33ヶ月前、イリノイ州スプリングフィールドの古い州議会の階段に立った時から、私たちのチェンジへのムーブメントは始まった。その後何週間何ヶ月、アメリカ中の居間で裏庭で、あなたのように何百万もの人々がムーブメントのために声を貸してくれた。ボランティアとして働いてくれた。生まれて初めてのボランティア活動だった人々もいたし、ずいぶん長いことしていなかった活動に再度参加してくれた人もいた。コミュニティーのチームリーダーになったり、行政区キャプテンや幹部会リーダーになったりしてくれた。戸をたたき、貯金を寄付し、耳を傾ける人々にはすべて話しかけた。一歩づつ、ひと区画づつ、私たちは史上最大の草の根選挙キャンペーンを作り上げた。

Because of you, we stood together one year ago today, and helped to bend the arc of history. As I said on that night, victory alone was not the change we sought. It was only the chance for us to make that change. You understood the enormity of the test that lay ahead, and you knew the challenges that we face might not met in one year or one term.

あなたたちのお陰で、一年前の今日、共に歴史を変えることができた。あの夜私が言ったように、私たちが求めたのは勝利だけではない。勝利は私たちが変化を起こすための機会に過ぎない。私たちを待ち受ける試練の大きさはみながわかっている。そして直面する挑戦たちは一年、一期では打ち勝てないかもしれないことも。

That’s why you decided to keep the movement going. You’ve created “Organizing for America” to build on the strength of campaign and keep the call for change alive in every corner of our nation. And today that movement is strong as ever. Over 2-million of you have taken an action in support of “Organizing for America”‘s health care campaign. And you recently generated 315000 calls to congress in a single day. Each of you is making difference in your way. That’s why I want to thank you. Not just for your astonishing work during the campaign, but also your unyielding dedication ever since.

だからあなたたちはムーブメントを持続することを決めたのだ。選挙キャンペーンの時の団結と力を持続し、全国でチェンジを求める声を響かせ続けるために、「オルガナイズ・フォー・アメリカ」を作ったのだ。そして今日、その活動はさらに強さを増している。「オルガナイズ・フォー・アメリカ」の医療保険制度キャンペーンのために、200万人が活動参加した。たった一日で議会に31万5千の電話をすることができた。あなた方の一人一人がそれぞれのやり方でアメリカを変えている。だから私はあなたに感謝したい。選挙キャンペーンでの目覚ましい活動だけでなく、それ以後も譲ることなく献身しているあなたへに。

Because of your support, we are working to bring the change to America. We are beating back the worst economic crises since the great depression. We are investing in clean energy economy that will not only free us from the grips of foreign oil, but also creates new green jobs in the process. And we are closer than ever been to passing the real meaningful health insurance reform in the United States of America.

あなたの支援があって、私たちはアメリカにチェンジをもたらすための仕事ができる。大恐慌以来最悪の経済を立て直そうとしている。クリーンエネルギーへの投資を行い、石油の鎖を断ち切り、同時に新しい環境産業を作り出す。そして合衆国全土に本当に意味のある医療保険の改正の実現に、今までになく近づいている。

So we are making progress. But giving the big challenges Americans facing across this county, we also have a lot of work to do. That’s why I’m counting on your help. There are “Organizing for America” staff and volunteers in every corner of every state, ready to help you get started. Just fill up the form below. One of them will give you a call, and let you know how you can help in your community.

私たちは確実に前進している。しかしアメリカ市民が全国で直面している挑戦を思うと、まだまだやらなければならないことがたくさんある。あなたの助力に期待している。「オルガナイズ・フォー・アメリカ」のスタッフやボランティアは、全国各地であなたの参加を待っている。以下のフォームで登録してもらえれば、すぐに連絡を取り合って、あなたがあなたの地域でできることがわかる。

Challenges we face are not easy. They won’t be solved overnight. But if you stand with me, if you keep making calls and knocking on doors and pushing for change, then together we will secure the promise of America for future generations. Thanks so much.

私たちが直面する挑戦は容易くない。一夜で解決できることではない。だが私と一緒に立ち上がり、電話をし戸をたたいてチェンジを望み続ければ、未来の世代のためにアメリカの約束を、きっと守ることが出来る。ありがとう。

「オルガナイズ・フォー・アメリカ」登録して参加しよう
Organizing for America / Sign Up to Get Involved
http://my.barackobama.com/year


HBOドキュメンタリー「バイ・ザ・ピープル」バラク・オバマの選挙キャンペーン記録
HBO Documentary Films presents “By The People: The Election of Barack Obama.”

HBO: By The People
http://www.hbobythepeople.com


ドキュメンタリー「レイバー・デー」バラク・オバマの選挙キャンペーン、SEIUの記録

Labor Day
http://www.labordaythemovie.com

オバマ、マシュー・シェパード法(憎悪犯罪防止法を同性愛者偏見や障害者偏見に拡大する)に署名

In Civil Rights, LGBT on 2009/10/30 at 02:49


(全文)http://www.whitehouse.gov/blog/2009/10/28/about-whether-we-value-one-another

Obama signs Matthew Shepard and James Byrd, Jr. Hate Crimes Prevention Act
オバマ、マシュー・シェパード法(憎悪犯罪防止法を同性愛者偏見や障害者偏見に拡大する)に署名

(2:15)..そして最後に最も重要な方々を紹介したい。マシュー・シェパード法制定活動の先頭となったマシュー・シェパードの御両親と弟さん、ジェームス・バード・ジュニアの妹さん。

活動家の皆さん、支援団体のみなさん、この日の実現のために助力してきたすべての皆さん。皆さんの何年もの主張と活動に感謝する。皆さんのお陰でこの勝利を勝ち取ることができたのだから。私たちは「パーフェクト・ユニオン/完璧な国」を目指して長い道のりを進んでいる。そして今日、また一歩それに近づいたのだ。今日、私はマシュー・シェパード、ジェームス・バード・ジュニア憎悪犯罪防止法に署名した。

今日、十年以上に渡った法制定への闘争が報われた。幾度も反対派に直面し、幾度も法案が否決され遅延された。すべての人々が自由に生き、愛することが出来る国を作ることが、どんなに困難なことか思い知らされた。しかし信念は確固として闘争に耐えた。両家族の絶え間ない尽力、彼らのために追悼の灯りをともし抗議のマーチを指揮した人々、デモや活動団体を組織した人々、そしてこの法案のために闘い続けた故テッド・ケネディー上院議員、今日という日を実現するために働いたすべての人々。

私たちが立ち向かわなければならないのは、肉体への犯罪だけではない。精神への犯罪にも抗議しなければならない。危害を与える行為だけでなく、恐怖を植え付ける行為にも。合衆国憲法はすべての市民に人権を与えている。しかし、公正でない審判や暴力に対して、私たち自身がしっかりと守って行かなければ、憲法はなんの意味も成さない。憎悪犯罪防止法は今後も私たちの努力で守って行かなければならない。

FBI調査で、再近年の我国の憎悪犯罪(ヘイト・クライム)は約7600件。この10年で同性愛者に対する憎悪犯罪だけでも12000件以上が報告されている。報告されなかった事件は計り知れない件数になるだろう。

肌の色や宗教や生まれた国に対する憎悪犯罪の防止法を強化することは、重要なことだ。そして今回ついにその対象に、性別、障害、認知性別、性指向に対する憎悪犯罪を加えることができた。今後それらの犯罪に対して最大限の告訴を行うことができるための、検察への新しい道具が整ったのだ。愛する人と手をつないで歩くことに恐怖が伴うことなど、アメリカにおいてあってはならない。自分自身であることや、障害を持っていることで、人から奇異の眼で見られるようなことは、アメリカにおいてあってはならない。

根本的にこれは法律問題ではない。私たちの人間性についてなのだ。他者の価値を認めること、互いの差異を受け入れること。それらは攻撃対象では決してない。自然なことだ。若い青年を誘拐し、死ぬ程の暴行を与え、柵に縛り付け、放置して死に至らしめる(マシュー・シェパード事件)‥そんなことが出来る人間の思考には想像も及ばないはずだ。隣人でありながら、車に乗せてやると見せかけて、暴行を加え、トラックの後ろに鎖で繋ぎ、何マイルも引きずって死に至らしめる(ジェームス・バード・ジュニア事件)‥そんなことが出来る歪んだ思考には想像も及ばないはずだ。

なぜそのようなことが起こるのか。それは相手の中に、我々共通の人類愛があることを見失った時だ。相手に自分と同じ様に恐怖や希望があることを、情熱や欠陥があることを、私たちみなが分け合う夢があることを、見失った時だ。

私たちは何世紀にも渡って、建国者たちの理想に恥じないように努力して来た。すべての市民が自由で平等で、それぞれの幸福を求めて生きることができる国であること。葛藤や闘争、憎悪や偏見、分裂や不調和、数々の困難を経て、私たちはより強く、より公正に、より自由になった。それぞれの転換期、私たちは法律を変えるだけでなく、私たちの心を変え、他者への思いやりを増し、怒りや迷いの際にも愛情と寛容を持つことができるようになった。1968年4月、キング牧師暗殺のたった一週間後、全米が怒りに満ちて彼の死を悼んでいた時、リンドン・ジョンソン大統領は公民権法施行に署名した。アメリカ史上初の、宗教や人種に基づく憎悪犯罪防止法だ。今日私が署名した法の基になるものだ。

その困難に満ちた時、ジョンソン大統領は署名しながらこう言った。「これで自由の鐘が少し大きく鳴るようになった」それがアメリカの約束なのだ。憎しみや混沌の騒音の中でも、悲しみや怒りの喧噪の中でも、理想の音が聞こえる。かすかでも、誰かが消そうとしても、それでも聞こえる。私たちの義務は、アメリカ市民がどこにいても、それが聞こえ感じることができるようにすることだ。1968年の公民権法施行だけでは終わらない。そして今日の憎悪犯罪防止法だけでも終わらない。今日ここにいる皆さん、そして私と共にここに立つマシュー・シェパードとジェームス・バード・ジュニアのご家族のみなさん、みなさんの努力で理想の鐘はまた少し大きく鳴るようになる。今日から毎日、少しずつ大きくなる。それは私たちの誇りだ。ありがとう。神の祝福があなたと合衆国にありますよう。


The Laramie Project(マシュー・シェパード物語)

ララミー・プロジェクト
http://axn.co.jp/movie/laramieproject.html

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

拷問に反対するミュージシャンたち、グアンタナモ収容所閉鎖への署名

In Human Rights, Music + on 2009/10/26 at 23:34


Tom Morello: Fall 2008
They use music to torture the prisoners in Guantanamo Bay. One of the songs they use, one of the artists they use is Rage Against The Machine. Cheers for Rage being used for torture, but that’s not it, pass that information along. So one of my ideas of how we are able to win the war on terror is definitely shut down the Guantanamo Bay. But, I also think, maybe we can keep one very small cell open. In that cell, we can fit George W. Bush, Condalisa Rice and Dick Cheney and Donald Rumsfeld, and we can play some mother fucking Rage Against The Machine 24 hours a day.

トム・モレロ:2008年秋
奴らはグアンタナモ収容所の囚人を拷問するのに音楽を使うんだ。奴らが使う曲の中にはレイジの曲もある。レイジが使われてるからってそんなに喜ぶなよ、この事実をちゃんと伝えてくれ。俺は思うんだ。この「テロとの戦い」に俺たちが勝つ方法のひとつは、グアンタナモ収容所を閉鎖することだと。閉鎖するのが重要なんだが、ひとつだけ小さな官房を開けておこうぜ。そこにジョージ・W・ブッシュとコンドリーザ・ライスとディック・チェイニーとドナルド・ラムズフェルドを入れる。それで24時間中ずっとレイジを大音響で聞いてもらうのさ。

Musicians Standing Against Torture / 拷問に反対するミュージシャンたち
http://newsecurityaction.org/pages/music-used-to-torture

「『拷問』と呼ばれる件に関してだが、我々は拷問はしない。したこともない。ブッシュ政権には『拷問』という言葉はない。」2008年ディック・チェイニー

ディック・チェイニーの言葉とは裏腹に、グアンタナモ収容所、アブグレイブ収容所、そして各地での拷問の事実は記録されています。ブッシュ政権の高官であったスーザン・クロフォードでさえ、グアンタナモ収容所審査の際に拷問があったことを認めています。

ブッシュ政権が許可し実施していた拷問のひとつに、演奏するミュージシャンが思いもつかなかった音楽の使い方があります。スピン誌によると「軍はムスリム教徒の囚人の口を割るために、鼓膜が破れるほどの音響でラップとメタルを浴びせる」それを知ったミュージシャンたちは、立ち上がりました。ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、彼らの音楽は拷問に使用されました。そして以下に並ぶ20名に及ぶミュージシャンたちが「グアンタナモ収容所閉鎖」キャンペーンに賛同し、政府による音楽を使った虐待に関する機密文書の公開を求めています。

トム・モレロ、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
グアンタナモは人間が拷問される場所のひとつとして世界中に知れ渡っている。水責め、衣服を剥ぐ、頭に袋をかぶせる、性行為の強要、そして鼓膜が破れるぎりぎりの音量で72時間ぶっ通しで音楽を浴びせる。グアンタナモはディック・チェイニーの理想のアメリカかもしれないが、俺のアメリカじゃない。俺が創作を手伝った音楽が人間を虐待する行為に使われているなんて、想像しただけで吐き気がする。拷問は廃止すべきだ。グアンタナモは即刻閉鎖されるべきだ。

R.E.M.
僕たちはオバマ大統領、そして拷問とグアンタナモ閉鎖を提唱する軍のリーダーたちを全面的に支持するためにこのキャンペーンに賛同している。 グアンタナモが稼働している限り、アメリカは世界に対して「拷問を行う国」になってしまう。僕たちはこの30年間を、平和と正義のための活動に費やして来た。そして今、親しいミュージシャンたちの音楽が、彼らの許可はおろか知らされることさえなく拷問手段に使われていたことを知るのは、本当に憤慨だ。まさに「アメリカ的でない」に尽きる。

ザ・ルーツ
音楽がグアンタナモの拷問に使われていると知った時、俺たちは怒り狂った。俺たちの音楽がディック・チェイニーの政治活動に使われるのがまっぴらなのと同様に、人間を拷問するのに使われるなんてとんでもないぜ。議会はグアンタナモを閉鎖するべきだ。

Tom Morello, Rage Against the Machine・R.E.M.・The Roots・Tim Mcilrath, Rise Against・Rosanne Cash・Pearl Jam・Bonnie Raitt・Trent Reznor・Billy Bragg・Michelle Branch・Jackson Brown・T-Bone Burnett・David Byrne・Marc Cohn・Steve Earle・the Entrance Band・Joe Henry
ライズ・アゲインストのティム・マクラス、ロザンヌ・キャッシュ、パール・ジャム、ジャクソン・ブラウン、T-ボーン・バーネット、デヴィッド・バーン、マーク・コーン、スティーブ・アール、ザ・エントランス・バンド、ジョー・ヘンリー

Tell Congress: Close Gitmo Now / グアンタナモ収容所閉鎖への署名
http://newsecurityaction.org/page/speakout/closegitmonow

オバマ大統領はその歴史的な就任直後の大統領行政命令で「グアンタナモ収容所閉鎖」を発しました。しかし右派は従来の恐怖政策を掲げてそれを阻止しようとしています。オバマ大統領が始めたことをしっかりと遂行するために、私たちが立ち上がる時です。議会に私たちの声を届ける時です。

– – – – –
関連ブログ:Tear Down Guantánamo Bay
https://100voices.wordpress.com/2007/09/29/tear-down-guantanamo-bay/

俺たちゃなんと37位、天下のUSA(どうなってんの健康保険ソング)

In Activism, Health Care, Music + on 2009/09/15 at 19:35


Come one, come all, down to the hall
ようようみんな、公民館に来なよ
Were gonna make noise, were gonna bust balls
騒ぎを起こすぜ、蹴りを入れるぜ
Were gonna disrupt, were gonna jump in the fray
ぶちこわすんだ、喧嘩は買うぜ
I got a list of all the things that were supposed to say
言いたいことは山ほどあるんだ
We’re gonna get real rowdy, have a barrel of fun
大声あげて、痛快に行こう
But were the USA so by the way be sure to bring a gun
And buddy
だけど俺たちゃアメリカ人、銃はしっかり持って来な

We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA
We’re Number 37, and were so proud to say
俺たちゃなんと37位、胸を張って宣言だ
We got old people crying at the pharmacy, pay your deductible
薬屋じゃ年寄りが泣いてる、自己負担分は払えってさ
This ain’t the land of the f-f-f-free Grandma
ばあちゃん、ここはフリーの国じゃないんだぜ
We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA

People of the town come on down
ようようみんな、集まろうぜ
And if you got a crazy rumor you can spread it around
飛んでもない噂は、どんどん広げようぜ
I kind of like my insurance and I like my health
俺は自分の保険に満足だし、身体もピンピンしてる
The other 47 million can go treat themselves
4700万人のみなさんは、ご自分で好きなように
To some prayer in chapel, hold your hands and pray
教会で手に手を取って、祈ればいいじゃん
Because we are a Christian nation and that is the Christian way
And brother
キリスト教の国なんだし、それがクリスチャンってもんよ

We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA
The big Number 37, and we’re so proud to say
俺たちゃなんと37位、胸を張って宣言だ
We’re #1 one in tanks, were #1 in planes
戦車じゃ一位、戦闘機も一位
We’re #1 in war with #2 for brains
二番手のおつむで戦争も一位
We’re Number 37, we’re the USA
だけど俺たちゃ37位、天下のUSA

I drew a Hitler mustache on the president
大統領にヒットラー髭描いちゃったぜ
Yea! Aint that neat
いかすだろ?
My brother had a hernia operation last year
兄貴は去年ヘルニアの手術して
And now he’s living out on the street
お陰で今じゃホームレス

We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA
The big Number 37, and we want to keep it that way
俺たちゃなんと37位、ずっと確保したいもんだぜ
Be sure to bring the kids, all of the boys and girls
おっと忘れるな、子供も連れといで
Because the #1 health care system in the world…
だってなんたって健康保険一位の国は..
Is in France???
なぬ?フランスかい??

We’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA
We’re Number 37, and we got something to say
俺たちゃなんと37位、言いたいことが山ほどあるぜ
We pay more for less, 40% in fact
金ばっかりとられて中身は半分以下、厳密には40%だと
Lets bite some fingers off, shout at the handicapped
指を噛みちぎったって、障害者だってなんだって
Cause buddy, we’re Number 37, we’re the USA
俺たちゃなんと37位、天下のUSA

We’re Number 37, we’re the USA
We’re Number 37, we’re the USA

– – – – – – – –
Paul Hipp / ポール・ヒップ
新譜「BLOG OF WAR」

「ポール・ヒップはとんでもない才能の持ち主よ。賢くて可笑しくて政治に鋭くて、文才も曲作りもミュージシャンとしても最高、それになんていい男!嫉妬するくらい大好き。新譜『戦争ブログ』は風刺たっぷりで大笑いしちゃうけど、でも深い感動を与えてくれる。かっこよく爆発してる彼。もしジョナサン・スウィフトとブルース・スプリングスティーンが一緒にアルバムを作ったら、きっとこんな感じになるわね。」- アリアナ・ハフィントン

http://www.paulhipp.com
http://www.myspace.com/paulhipp
http://www.youtube.com/user/paulhipp

「NO IMPACT MAN – ノー・インパクト・マン」地球への影響ゼロで過ごす家族の一年間ドキュメンタリー

In Activism, Environment, Food on 2009/09/03 at 01:40

「NO IMPACT MAN – ノー・インパクト・マン」(予告編抜粋)

My first guest today is ‘No Impact Man’, Colin Beavan, just walked up 24 flights of stairs to avoid consuming electricity in the elevator.
(ラジオ司会者) 今日のゲストは「ノー・インパクト・マン」ことコリン・ビーヴァンさん。24階にあるこのスタジオへ、エレベーターの電力を使わないように、歩いて上がって来ました。

It’s a one-year experiment. And it’s extreme. No soda can, no water in plastic bottle, don’t buy new product, canceling magazines and news paper subscriptions, no throw-away plastic razors, no airplanes or subways or taxies, no elevators. Is it possible to have a good life without wasting so much?
(コリン・ビーヴァン) これは一年間の徹底した実験。缶ドリンクを飲まない、ボトルの水も飲まない、新しい物は買わない、雑誌や新聞購読は全部止める、使い捨てひげ剃りは使わない、飛行機や地下鉄やタクシーに乗らない、エレベーターを使わない。こうやって無駄を排除しても、果たして幸せに暮らせるんだろうか?という実験です。アメリカ人は一人一年で平均1600ポンド/725kgのゴミを出します。僕らはそれをゼロでするつもりです。

(妻ミシェル・ビーヴァン) そんなことできないわ。テレビもなし化粧品もなしなんて。私は糖分中毒、お肉大好き、テイクアウト愛用者。あなたのプロジェクトなんだろうけど、実際やるのは家族全員なのよ。(子供に向かって) パパは自然が大好きなんだって。ママはすごく苦手なの。

The Times makes it sounds like, why change the world, why gimmick for your next book, do you cut to that?
(ラジオ司会者) ニューヨークタイムズ紙の記事では、あなたのプロジェクトに懐疑的ですよ。世界を変えると言うが、本のためのやらせじゃないか?と。

What if we called it the year I lost 20 pounds without going to the gym once? Or the year we didn’t watch TV and became much better parents as a result? Or if we called it the year we ate locally and seasonally and it ended up reversing my wife’s pre-diabetic condition?
(コリン・ビーヴァン) でも結果的にこの一年がこうだったらどうですか?運動ジムに一度も行かずに20ポンド/9キロ痩せた年、テレビを全く見なかったことで素晴らしい親になれた年、地元で作られた季節の作物を食べたお陰で妻の糖尿病の危険をなくした年。

– – – – – – – – –
NO IMPACT MAN ドキュメンタリー
http://www.noimpactdoc.com

Colin Beavan decides to completely eliminate his personal impact on the environment for the next year. It means eating vegetarian, buying only local food, and turning off the refrigerator. It also means no elevators, no television, no cars, busses, or airplanes, no toxic cleaning products, no electricity, no material consumption, and no garbage.
コリン・ビーヴァンは決めた。一年間、地球に全くインパクトを与えずに暮らそうと。すなわち菜食を通し、地元生産物だけを買い、冷蔵庫の電源を切る。エレベーターを使わない、テレビを見ない、車やバスや飛行機に乗らない。有害物質含有の洗剤を使わない、電気を使わない、物質消費をしない、ゴミを出さない。

No problem – at least for Colin – but he and his family live in Manhattan. So when his espresso-guzzling, retail-worshipping wife Michelle and their two-year-old daughter are dragged into the fray, the No Impact Project has an unforeseen impact of its own.
大丈夫‥少なくともコリンには。だがコリン一家はマンハッタンに住んでいる。エスプレッソ必須で買物大好きな妻のミシェルと二歳の娘も道連れだ。コリンの「ノー・インパクト・プロジェクト」は予期せぬ別のインパクトを生み出して行く。

– – – – – – – – –
NO IMPACT PROJECT
http://www.noimpactproject.org

Colin did it for a year, now it’s your turn! The No Impact Project (the new No Impact Man not-for-profit) is challenging you to try and live no impact for one week. We’ll put you on a team and guide you through the steps day-by-day. We guarantee you’ll discover for yourself that less IS more.
コリンは一年間やった。今度は君の番だ。君も一週間だけ「ノー・インパクト・プロジェクト」をやってみないか?参加者はチームに入って、やり方を一から学ぶことが出来る。「less IS more より少ないことは、より豊かなこと」をきっと体験できる。

NO IMPACT MAN ブログ
http://noimpactman.typepad.com

上院議員テッド(エドワード)・ケネディー

In Civil Rights, Health Care, Politics on 2009/08/28 at 00:38


Tribute to Senator Ted Kennedy from the 2008 Democratic National Convention
2008年民主党全国大会での上院議員テッド(エドワード)・ケネディー紹介クリップ
(0:00 – 2:40)

(Edward Kennedy) The sea for me has always been a metaphor of life. I mean the sea is a constantly evolving, changing, shifting aspect of both nature and of life.  That sort of exposure to the sea is both enriching and enhancing, and it’s fun.
(エドワード・ケネディー) 私にとって海は、人生の例えだ。常に変化し、揺れ続ける。自然も人生も。そんな気持ちで海にいると、心が豊かになるし、なにしろ楽しい。

(Vicki Kennedy) The sea, the wind, the outdoors, it is the most renewing, healing place for him and always has been.
(妻ヴィッキー・ケネディー) 海、風、自然.. それらはいつも夫を癒し、新しいエネルギーを与えてくれます。

(Sen. John Kerry) He loves getting out sailing. I think he’s never more in peace, and perhaps in some ways never more in touch with his families and his roots and his brothers when he’s out sailing.
(ジョン・ケリー上院議員) 彼はヨットをこよなく愛しています。きっとヨットに乗っている時、一番心の平安を得られ、家族との繋がりを確かめられるのだと思います。子供の頃のことや兄たちとのことを、しっかり思い出せるからだと思います。

(Edward Kennedy) I grew up in a family that wanted to achieve in a sense of making a difference in people’s lives.
(エドワード・ケネディー) 人々の人生を良い方に変えることに価値を置く、そんな家族の中で私は育ったんだ。

(Sen. John Kerry) I know that Ted Kennedy has always been unbelievably sensitive to the accomplishes of his brothers. They were his inspirations.
(ジョン・ケリー上院議員) 彼はいつも兄たちの功績にとても敬意を評していました。彼にとって兄たちは、とても影響力がある存在でした。

(Rep. John Lewis) He has a legacy. He’s done his best to pick up his two brothers left off.
(ジョン・ルイス下院議員) 彼には大きな遺産があります。兄たちがやり残したことを達成しようと、彼は最善を尽くして来ました。

(Edward Kennedy 1968) Like my three brothers before me, I pick up a fallen standard, sustained by their memory of our priceless years together. I shall strive to carry forward that special commitment to justice, to excellence, and courage that distinguished their lives.
(エドワード・ケネディー、1968年のスピーチ) 軌跡を築いた三人の兄たちのように、私も今日その道を選ぼう。共に過ごした掛け替えのない記憶に支えられて。その意思を次いで私は前進する。彼らが身を以て追従した、正義と勇気に向かって。

(Rep. John Lewis) He championed the cause of those who’ve been left out. The poor, the elderly, the children, those without education..
(ジョン・ルイス下院議員) 彼は社会から取り残された人々のために、大きな成果をあげました。貧しい人々、老人たち、子供たち、教育を得ることが出来ない人々のために。

(Vicki Kennedy) With brought up to believe that to those who’s much given, much required. But it’s really bigger than that. He really feels a moral obligation to do everything possible to make this world a better place.
(妻ヴィッキー・ケネディー) 夫は生まれた時から、社会に尽くすことが要求された環境でした。でももっと大きなことなのです。夫は心から、世界をより良く変えるためにできることをすべてしなければならない、という使命感を持っています。

(Rep. John Lewis) I’ve heard Sen. Kennedy said in many occasions that ‘Health Care is not privilege, it is right.’
(ジョン・ルイス下院議員) ケネディー上院議員が何度もこう言っているのを聞きました「医療は特権ではない、市民の権利なのだ」

(Edward Kennedy 1980) Long as I have a voice in the United States Senate, it’s going to be for that Democratic platform plank that provides decent quality health care for North and South, East and West, for all of America, as a matter of right and not privilege..
(エドワード・ケネディー、1980年のスピーチ) 合衆国上院議員としての声がある限り、私は主張し続ける。民主主義の基盤はしっかりとした医療をすべての市民に提供することだと。北から南、東から西、アメリカ全土で。医療は特権ではなく権利なのだ。

(Sen. John Kerry) Because of Ted Kennedy, people have things today, they are able to do things today, they are able to reach for American dream in the way they were never imagined.
(ジョン・ケリー上院議員) テッド・ケネディーの功績で、私たちは今、多くのことができる。アメリカン・ドリームを実現できる。昔は想像もできなかったようなことが。

オフィシャルサイト
http://www.tedkennedy.org
http://www.youtube.com/tedkennedy

HBOドキュメンタリー
TEDDY: In His Own Words

http://www.hbo.com/docs/docuseries/teddy

ジュード・ロウが呼びかける「私にとって平和とは」ビデオコンテスト / Peace One Day「平和の日」9月21日

In Activism, Human Rights on 2009/08/25 at 22:16


In 1998, I had an idea to create a day of peace, a day of seize fire and non-violence, a day when fighting stops allowing humanitarian and assistants to those in need, a day for everyone to unite.

1998年のことだ。僕は思い立った。一日だけ平和の日を作ることを。一日だけ戦闘を停止する非暴力の日、一日だけ人道活動や援助隊のために戦争が止まる日、一日だけ世界中の人々がひとつになる日。

After years of struggling against doubters, I finally reached the ears of governments and institutions who would assure me that they could work.

「そんなことできるはずない」という人たちと何年も立ち向かい、とうとう政府や機関の中で耳を傾けてくれる人々に巡り会った。彼らは「ピース・ワン・デー / 一日の平和」のために動いてくれることを約束してくれた。

On the 7th of September 2001, Peace Day became a reality.

2001年9月7日、「平和の日」は実現した。

4 days later, the launch of the day, everything changed. Peace Day came when no seize fire, no humanitarian action.

その四日後、「平和の日」の発表の日、すべてが変った。「平和の日」には戦闘停止もなく援助隊も派遣されなかった。

I can hear cynics voices getting lauder. Day will never work, nobody will stop. But I couldn’t walk away. I believed in a day. I had to make it famous.

「ほら見たことか」と嘲る声がだんだん大きくなってくる。「平和の日」なんて実現する訳がない、だれも闘うのを止める訳がない。でも僕は立ち去れない。僕は「平和の日」を信じているんだ。「平和の日」をもっと広く知らせて有名にしなければ。

Individuals came forward. One in particular was willing to become seriously involved. Together we had to prove the day will have practical affect on people’s lives. Where? Afghanistan. The one place on earth where there haven’t been peace for 30 years. What happen next is beyond my wildest dreams..

いろいろな人たちが参加表明をしてくれた。中でも一人、真剣に活動に加わってくれた人物がいる。僕は彼と一緒に、「平和の日」が人々の命に現実的な影響を与えることを証明しなければならない。でも一体どこで?アフガニスタンだ。地球上で一カ所、この30年間平和が訪れたことのない国。その後のことは、僕の想像を絶する展開を迎えた..

THE DAY AFTER PEACE / ザ・デイ・アフター・ピース
ドキュメンタリー映画
http://www.peaceoneday.org/en/film/the-day-after-peace


JUDE LAW: PEACE ONE DAY AMBASSADOR
ジュード・ロウ: ピース・ワン・デー大使

10 years ago, my friend Jeremy Gilley started filming a documentary about his campaign to create annual day of peace. In 2001, his efforts were rewarded, when all United Nations’ member states adopted 21st of September as “Peace Day”. For the last years, I traveled with Jeremy to Afghanistan where Peace Day is used to save lives. 3 million children vaccinated against polio on Peace Day 2007 and 2008.

10年前、友人のジェレミー・ギリがドキュメンタリー映画を作り始めた。毎年一日の平和の日を制定するための活動を記録したものだ。2001年に彼の努力が実り、すべての国連参加国が9月21日を「平和の日」とすることが決った。この数年、僕はジェレミーと一緒にアフガニスタンに行っている。そこでは「平和の日」が本当に人々の命を救っているんだ。2007年と2008年の「平和の日」に(タリバンが攻撃をしないことを約束したので)300万人の子供たちがポリオのワクチンを受けることが出来たんだ。

As a filmmaker myself, I love the fact that Peace One Day uses the camera to make the difference. Now it’s your turn. Tell us your story. Create a video. Show us what you are doing to make peace. Whether it’s bringing people together, making amends with someone, doing something home or work, or anywhere in your community. Show us what peace means to you. They don’t have to look professional, just to have a goal. Share with the world on Peace One Day’s YouTube channel. We’ll select the most inspirational finalists, and you’ll decide the winner. The prize is a state-of-the-art HD camera, and a day with Jeremy Gilley learning the art of documentary film making. Good luck!

僕自身も映画製作者だから、「ピース・ワン・デー」活動でカメラが世界を変える道具に使われていることがとても嬉しい。そして今度は君の番だ!君の物語を見せて欲しい。ビデオで君が平和のために何をしているか、知らせて欲しい。人と人を結んだり、誰かと仲直りしたり、家で職場でそして地域での活動、どんなことでもいいんだ。君とって平和とは何か、教えて欲しい。ビデオの出来映えなんかは完璧でなくて構わない。目標さえしっかりあれば。「ピース・ワン・デー」YouTubeサイトにアップして、世界の人々に見せて欲しい。僕らが最終候補を選ぶ。そしてみんながその中から最優秀作品を選ぶんだ。賞品は最新型のHDビデオカメラと、ジェレミーからドキュメンタリー映画の作り方を学ぶ一日。幸運を祈ってるよ!

My Take On Peace – Video Contest
「私にとって平和とは」ビデオコンテスト

http://www.youtube.com/user/PeaceOneDay
締め切り: 2009年9月30日

– – – – – – – – –
Peace One Day
http://www.peaceoneday.org

俳優ジュード・ロウ氏とジェレミー・ギリ監督、アフガニスタンで平和促進を訴える
http://www.unicef.or.jp/children/children_now/afghanistan/sek_ag12.html

ミシシッピーの高校初の人種合同プロム、モーガン・フリーマン全額支給

In Civil Rights on 2009/08/18 at 20:59


There’s another hand went out back there and I get to.. yes, mom.

後ろの方で手が上がったね、そう、そこの君。

So, Mr. Freeman, why exactly are you doing this?

フリーマンさん、なぜこうすることにしたんですか?

I live here. I think it is the stupidest thing I’ve ever heard of, that in this time, this period in our lives, you children are being brought up this way. I just.. it hurts me deeply. They say “where do you live?” and I say “Mississippi”, they say “MISSISSIPPI??!!” “Yeah, is there problem there?” “Well, you know..” And then I have to report that “Well, yeah, kids who live in a very small town, kids go to separate proms.” So can you explain that? No. I don’t want to explain that. But I do want to end it. And what I’m hearing this morning, so do you. Am I right about that?

私はここに住んでいる。そしてこれは今まで聞いたこともない馬鹿げたことだと思う。この時代に、人生のこの時期に、君たちがこんな風に育てられていることを。私は本当に悲しい。「どこに住んでいるんだ?」と聞かれた時「ミシシッピー」と言うと「ミシシッピー!」と驚愕される。「そうだけど何か?」と返すと「いや、その、まぁ」と口ごもられる。そして私は説明しなきゃならない「ミシシッピーの小さな町に住む子供たちは、別々のプロムに行くんだ」なぜか説明できるか?いや、説明なんてしたくない。説明はおろか、私はこれを止めたい。今朝の様子だと、君たちも止めたいと思っているんだろ?そうなのか?

Yeah.

そうです。

Excellent. You do it. I write the check.

素晴らしい。じゃぁ君たちが止めるんだ。私は小切手を切る。

– – – – – –
The white parents wanted us to go to the white prom this year. They said they’d pay us for free to go and everything. We went to a meeting, me and Jessica. The woman’s house we were at, her daughter was being threaten, so called being threaten, but she was a racist. And she was just talking about N this, N that.

白人の親たちは、僕らを白人プロムに行かせたがっている。白人プロムに行くのなら費用は全部出してやると言うんだ。僕とジェシカはミーティングに行った。その家の娘が黒人学生に脅された(らしい)って言うんだ。だけどその娘こそ人種差別丸出しで「N」がどうしたこうしたって。

And where the parents used the word ‘nigger’, was in the meeting, that their children couldn’t be around, or they didn’t want to be around. They are talking about how “nigger’ll end up being around my daughter, and they will run up and dance, that’s just not happening. We’re not gonna have babies in my family.”

そこにいた両親たちは「ニガー」の連発。ミーティングの最中言ってたわ「私たちの子供たちは黒人と関わりたくない、関わらせるべきじゃない」大人たちは声高に言ってた「ニガーが私の娘に近づいて、一緒に踊ったりするなんて、絶対に許さない、我が家に混血が生まれるなんて絶対に許さない!」

We decided to leave. My fiance had left first.

帰ることにしたの。彼が先にその家を出たわ。

The way they were just talking, I just walked out. ‘Cause I mean, it was just ridiculous. Why hate like that? I mean this is our prom.

大人たちのその言い方、もうたまらなくてその家を出たんだ。だってさ、なんて馬鹿げているんだ、なんでそんなに憎むんだ?僕らのプロムなのに。

“Niggers ain’t gonna be running, rubbing up my daughter in no prom. It ain’t happening in this house. As long as she’s living with me, she will not attend a mixed prom. That’s not how we raised her.”

大人たちは言ってた「ニガーがプロムで私の娘をなでまわすなんてことは、絶対に許さない!この家では絶対に許さない。娘がこの家に住んでいる限り、人種混合プロムには行かせない。そんな育て方をした覚えはない」

In 1997, Academy Award-winning actor Morgan Freeman made an historic offer to the high school in his hometown of Charleston, Mississippi: He would foot the bill for the school’s senior prom—on condition that both black and white students be allowed to attend. Even though the students shared classes and every other aspect of school life, Charleston High had a tradition of holding two proms—one white, one black. Freeman’s offer was ignored. In 2008, he made it again. This time, the school accepted and history was made, but not without significant opposition. PROM NIGHT IN MISSISSIPPI tells the highly entertaining and ultimately hopeful story of the fallout from Freeman’s offer, as senior students of Charleston High rally in preparation for the school’s first-ever integrated prom.

1997年、アカデミー賞受賞俳優モーガン・フリーマンは、幼少から過ごし今でも住む町ミシシッピー州チャールストンの高校に、歴史的な申し出をした。シニアプロム(卒業前のダンスパーティー)の費用を全額提供すると。それにはひとつの条件があった。黒人学生と白人学生が一緒に参加できるプロムであること。チャールストン高校では、黒人と白人学生は机を並べ、学校での活動はすべて共に行っている。だがそこには伝統があった。プロムは白人プロムと黒人プロムに分けること。フリーマンの申し出は断られた。2008年、彼は再度申し出た。そして学校側は受け入れた。だが人種合同プロムを実現するには、膨大な反対と立ち向かわなければならなかった。「プロムナイト・イン・ミシシッピー」は、フリーマンの申し出に端を発した、感動的なそして希望に満ちたドキュメンタリー映画。チャールストン高校史上初の人種合同プロムのために、団結する学生たちの姿を描く。

Prom Night In Mississippi
http://www.promnightinmississippi.com

HBO: Prom Night In Mississippi
http://www.hbo.com/docs/docuseries/promnight/

NPR: Mississippi School Holds First Interracial Prom
http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=91371629

ハーヴェイ・ミルク、大統領自由勲章受賞

In Activism, Civil Rights, LGBT on 2009/08/01 at 16:21


DN! Presidential Medal of Freedom to Late Gay Rights Pioneer

And the Obama administration has announced plans to posthumously award the gay rights pioneer Harvey Milk with the Presidential Medal of Freedom, the nations highest civilian honor. Milk was assassinated in 1978 after an outspoken career as one of the nations first openly gay elected officials.
(デモクラシー・ナウ!エイミー・グッドマン) オバマ政権は、ゲイ人権運動の先駆者である故ハーヴェイ・ミルクに、民間人に与えられる最高位の勲章「大統領自由勲章 / メダル・オブ・フリーダム」を与えることを発表しました。ミルクは、ゲイであることを公言して、全米で初めて政府公職に選ばれた人の一人です。人権運動の最中、1978に殺害されました。

ホワイトハウス: オバマ大統領、大統領自由勲章授与者16名を発表 / 改革を生んだ16人に民間人最高位勲章が与えられる
President Obama Names Medal of Freedom Recipients
16 Agents of Change to Receive Top Civilian Honor
http://www.whitehouse.gov/the_press_office/President-Obama-Names-Medal-of-Freedom-Recipients/

WASHINGTON – President Obama today named 16 recipients of the 2009 Presidential Medal of Freedom. America’s highest civilian honor, the Medal of Freedom is awarded to individuals who make an especially meritorious contribution to the security or national interests of the United States, world peace, cultural or other significant public or private endeavors.
オバマ大統領は今日、2009年大統領自由勲章を授与する16名を発表した。民間人に与えられる最高位の「大統領自由勲章」は、アメリカ国家の保安や利益、世界平和や文化への貢献に対して与えられる。

This year’s awardees were chosen for their work as agents of change. Among their many accomplishments in fields ranging from sports and art to science and medicine to politics and public policy, these men and women have changed the world for the better. They have blazed trails and broken down barriers. They have discovered new theories, launched new initiatives, and opened minds to new possibilities.
今年は「チェンジ/改革」をもたらした人々が選ばれた。スポーツ、芸術、科学、医学、政治、公共政策などの分野で、世界をより良く変えた人々。彼らは道を作り障壁を砕いた。彼らは新しい理論を築き、新しい主導権を持ち、新しい可能性をもたらした。

President Obama said, “These outstanding men and women represent an incredible diversity of backgrounds. Their tremendous accomplishments span fields from science to sports, from fine arts to foreign affairs. Yet they share one overarching trait: Each has been an agent of change. Each saw an imperfect world and set about improving it, often overcoming great obstacles along the way.”
オバマ大統領は語る「これらの秀でた人々は、驚く程多様な背景を反映している。スポーツから芸術そして国際時事にいたるまで、彼らの偉業は多岐に渡るが、共通していることがひとつ..彼らはみな『チェンジ/改革』の主導者だ。彼らはそれぞれ社会の不完全さを見出し、それを改善すべく、困難な障害を乗り越えて来た。」

“Their relentless devotion to breaking down barriers and lifting up their fellow citizens sets a standard to which we all should strive. It is my great honor to award them the Medal of Freedom.”
「彼らの絶え間ない献身は障壁を砕き、国民の意識を高めて来た。我々すべてが向上するための基準を設けてくれた。彼らに『大統領自由勲章』を授与できるのは、私の大きな誇りだ。」

President Obama will present the awards at a ceremony on Wednesday, August 12.
8月12日に行われる式典で、オバマ大統領は受賞者に『大統領自由勲章』を授与する予定。

2009年大統領自由勲章受賞者一覧
http://www.whitehouse.gov/the_press_office/President-Obama-Names-Medal-of-Freedom-Recipients/

(参照)
http://ja.wikipedia.org/wiki/大統領自由勲章


関連クリップ:
The President and First Lady Michelle Obama host a reception for LGBT Pride Month in the East Room of the White House on June 29, 2009.
2009年6月29日、オバマ大統領夫妻によってホワイトハウスのイーストルームで行われた「LGBTプライド月間」祝賀会のスピーチ

http://www.whitehouse.gov/blog/Celebrating-LGBT-Pride-Month/
http://www.whitehouse.gov/the_press_office/Remarks-by-the-President-at-LGBT-Pride-Month-Reception/

2009年8月12日 オバマ大統領の授与スピーチ
President Obama Honors Harvey Milk With Presidential Medal of Freedom

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

アウンサンスーチー、アムネスティ「良心の大使」賞受賞、U2が発表

In Activism, Human Rights on 2009/07/31 at 00:24


She’s been on the house arrest in her native Burma for the vast part of 20 years. Her crime is that if she were free to participate in elections she would win. This week the brutal force that has her incarcerated will decide in a mock trial, if she would spend next 5 years in prison.
彼女は母国ビルマでこの20年の大半、自宅軟禁を強いられている。その罪状は、自由の身で選挙に出馬すれば当選すること。今週、彼女を拘束した残忍な勢力が、作り物の裁判で、彼女を5年間投獄するかどうか決める。

I’m proud to announce tonight on the 27th of July in Dublin city, Amnesty Internationals have chosen Aung San Suu Kyi, a recipient of their Ambassador of Conscience award 2009. Thank God, for Amnesty International, and God keep safe Aung San Suu Kyi.
僕は7月27日の今夜、このダブリンの地で、誇り高く発表する。国際アムネスティは、2009年良心の大使賞受賞者にアウンサンスーチーを選んだ。国際アムネスティに感謝を、そしてアウンサンスーチーに神の御加護を。

Daw Aung San Suu Kyi named Amnesty International’s Ambassador of Conscience
http://www.amnesty.org/en/news-and-updates/news/daw-aung-san-suu-kyi-named-amnesty-internationals-ambassador-conscience-20090

アムネスティ国際事務局 : アウンサンスーチーさんがアムネスティ「良心の大使」に
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=687

「スーチー・アンダーザスカイ」キャンペーン
緊急アクション:ミャンマー大使館にハガキを送ろう
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2447

Her name is Aung San Suu Kyi. She was born 64 years ago on June 19, 1945. Her father and son steered Burma to independence. He was assassinated. She was 2 years old.
彼女の名はアウンサンスーチー。64年前、1945年6月19日に生まれた。父とその息子はビルマを独立に導いた。父は暗殺された。彼女が二歳の時だ。

Her name is Aung San Suu Kyi. In 1988, an uprising began to light the fires of democracy across Burma. She did not stand by and watch. She engaged. And like many others, she spoke out for freedom.
彼女の名はアウンサンスーチー。1988年、ビルマ中に民主主義の炎が広がり、人々が立ち上がった。彼女は傍観などしなかった。先頭に立った。たくさんの人たちと共に自由を求めて声をあげ続けた。

Her name is Aung San Suu Kyi. When the people spoke, the army tried to silence them. They imprisoned the protesters, and killed them in thousands. The people of Burma endured brutality, and they stood firm.
彼女の名はアウンサンスーチー。人々が声をあげると、軍隊が声を消そうとした。抵抗する人々は投獄され、何千もの人々が殺された。それでもビルマの人々は非道に耐え、力強く立ち上がり続けた。

Her name is Aung San Suu Kyi. In 1989 she was arrested and detained. In 1990, the people of Burma won the right to hold elections. Her party won a landslide. 82% of the seats in the parliament. The regime responded swiftly. They ignore the law and wishes of the people. And they continued to silence her.
彼女の名はアウンサンスーチー。1989年、彼女は逮捕され拘留された。1990年、ビルマの人々は選挙を行う権利を勝ち取った。彼女の党は圧勝した。議会の82%を獲得した。政権はすぐに動いた。政権は法律と人々の希望を無視した。そして彼女の声を封じ続けた。

Her name is Aung San Suu Kyi. Since 1989, she has spent more than 14 years in detention. Her husband died away from her. She could not be by his side. He was not permitted to visit to be by hers. She is parted from her sons. Her supporters have beaten to death. Her phone lines have been caught. Her posts have been intercepted. She has committed no crime.
彼女の名はアウンサンスーチー。1989年以来、彼女は14年間以上拘留されている。彼女の夫は遠隔地で死んだ。彼女は夫の死に目に会うことができなかった。夫は彼女を訪ねることが許されなかった。彼女は息子たちから引き離されている。彼女を支持する人々が殴り殺された。彼女の電話は聞かれている。郵便は開封されている。彼女は何の罪も犯していない。

Her name is Aung San Suu Kyi. She’s been awarded the Nobel Peace prize, the Sakharov prize from European Parliament, Jawaharlal Nehru Peace prize from the Indian government. But neither she nor her people can share the greatest of gifts.. freedom, democracy, human rights.
彼女の名はアウンサンスーチー。ノーベル平和賞受賞者、欧州議会サハロフ賞受賞者、インド政府ジャワハルラール・ネルー賞受賞者。でも彼女も彼女を支持する人々も、本当の賞を分かち合うことができない。自由、民主主義、そして人権。

Her name is Aung San Suu Kyi. Her people are the people of Burma. She must speak through others who have a voice. May she use yours? Her name is Aung San Suu Kyi.
彼女の名はアウンサンスーチー。彼女の民はビルマの民。声のある人々を介して、アウンサンスーチーの声を響かせよう。あなたの声を使わせて下さい。彼女の名はアウンサンスーチー。

“Please use your liberty .. to promote ours.”
Aung San Suu Kyi
「あなたの自由を使って、私たちのことを伝えて下さい」アウンサンスーチー

協力: Beverley Knight, Bill Nighy, Christopher Eccleston, Colin Salmon, Dexter Fletcher, Fiona Shaw, Jimi Mistry, Mary Elizabeth Mastrantonio, Matthew Freud and U2.
ビヴァリー ・ナイト、ビル・ナイ、クリストファー・エクルストン、コリン・サーモン、デクスター・フレッチャー、フィオナ・ショウ、ジミ・ミストリー、メアリー・エリザベス・マストラントニオ、マシュー・フロイト、U2

英国アムネスティー: ビルマキャンペーン
http://amnesty.org.uk/burma

「グリーンホーンズ」若き農夫たちの物語 / アメリカ農業復活の主人公たち

In Environment, Food on 2009/07/29 at 00:09

The Greenhorns: A Documentary film about young farmers
Protagonists of America’s agricultural revival
「グリーンホーンズ」若き農夫たちの物語 / アメリカの農業復活の主人公たち

When I’m in the flower garden, I just pretend cu cu cu ckroo…
花畑にいる時、私は鳥になった振りをするの。ククククルー…

Amy Courtney: Freewheelin Farm, Davenport CA
エミー・コートニー: フリーウィーリンファーム、カリフォルニア州デヴァンポート
I’m doing the best that I can to live honestly. I’m not relying on some strange economic structure that have been set up that benefit some and hurt others to make my livelihood. I think that makes me feel just a little bit safer while the world gone mad. Come here..Daffy, you are to be in the movie..
出来るだけ正直に生きようとしています。少数の利益のために多くが傷つくような、歪んだ経済構造に頼って生きたくない。狂った世界の中で、そうすることで少しだけ安心が得られるんです。(雄鶏に)ダフィー、おいで、映画に出るんだよ。

Brock Fulmer: Bay Area Meat CSA, Berkeley CA
ブロック・フルマー: ベイエリアミート、カリフォルニア州バークレー
It sort of a game and the ball, I start doing it and it start rolling it, and it’s like, wow, I can actually doing something morally done and still pay the mortgage, you know. That hadn’t happened to me in a sort of obvious way in the past. But it’s so clear that absolutely nothing wrong with it, everything is right.
始めは球技みたいだったよ。やり始めたらどんどん転がっていった。そして驚いたんだ。モラルにかなったことをしながら、ちゃんと家の分割が払えるんだ。こんなことは今までなかったよ。だけど本当にできているんだ。全部正解!

John Brenner & Stacey Bliss: Broadturn Farm, Scarborough Maine
ジョン・ブラナーとステーシー・ブリス: ブロードターンファーム、メイン州スカボロー
When we first shut up and cover up, we have absolutely no idea what we were doing. We took every book out of public library to find on growing plants and vegetables and farming. I never set my foot on working farms, maybe once before that. Sorry, we were pretty green.
やろうと決めた時、実は私たちは一体何をしようとしているのか全然わかっていなかったんです。図書館からありったけの本を借りました。植物を育てる、野菜を作る、そして農耕に関する本を。今まで農地に足を踏み入れたことがなかったんです。たぶん一回だけかな?本当に無知だったんです。

Chris Velez: Intermountain Nursery, Prather CA
クリス・ヴェレズ: インターマウンテンナースリー、カリフォルニア州プラサー
My dad was raised in Central Valley, and when they were young they worked a lot in the great fields. So for dad to kind of hear that his son wants to go back and be a dirt farmer was.. you know, he was totally supportive but I think he wants to see me being an insurance salesman.
父さんはセントラルヴァレーで育って、ずっと農地で働いた。だから父さんには、僕が手の汚れる農耕をやりたいなんて、たぶん残念かも。とても支えてくれるけどね。たぶん保険のセールスマンかなんかになって欲しかったんだと思う。

Severine von Tscharner Fleming: Director
セヴェリーン・ヴォン・チャーナー・フレミング: 監督
We are making a film about young farmers, their struggle and their valor. The redemptive force that they have, for our society, For our culture, for our agriculture, for our countryside, for our nation.
私たちは若き農夫たちの映画を作っています。彼らの葛藤と勇気を。人類の罪をあがなう力のことを。私たちの社会のために、文明のために、農業のために、農地のために、そして国家のために。

Ned Conwell: Blue House Farm, Pescadero CA
ネッド・コンウェル: ブルーハウスファーム、カリフォルニア州ペスカデロ
This land belongs to Peninsula Open Space Trust, which is a non-profit land trust along the coast side. They lease us 4 acres which we steward for them and grow excellent produce. Our ability, knowledge, understanding of this place, is growing every year every moment, every season is different.
この土地は、非営利団体ペニンシュラオープンスペーストラストの所有地です。私たちは4エーカー借りて、土地を耕し、素晴らしい農作物を作っています。私たちが出来ること、知識、この土地に対する理解は、毎年増えていきます。一瞬一瞬蓄えられています。毎シーズンが向上なんです。

Pilar Reber: Sunnyside Organic Nursery, N. Richmond CA
ピラー・レバー: サニーサイドオルガニックナースリー、カリフォルニア州ノースリッチモンド
They are coming in! Wow, it’s wonderful in here.
In conventional act, we’d have a huge machine doing this for us, which is about $30,000. But this works. There’s a low mobile thing I like it there.
「来たわよ、あぁ何て素敵なところなんでしょう!」
近代農耕方だったら、3万ドル位する大きな機械が耕す作業を代行するんです。でもこうして手で耕すので十分。この飾り穴、素敵でしょ。

Brooke Budner: Urban Gardener, San Francisco CA
ブルック・バドナー: アーバンガーデナー、カリフォルニア州サンフランシスコ
The way this garden got started is, I was up on my roof, and I could see this beautiful part of green space. So for about a month I stalked about this building. Finally I found someone coming out of the building and got the name of landlord and phone number, and I called him. And I asked if I could use the space. He asked “Do you wanna use a part of it? You want to use all of it?” “All of it” So he said “OK” and he gave me a code to garage before even met me.
この庭の始まりは.. ある日家の屋根に上って周りを眺めたら、この奇麗な緑の空き地が見えたんです。それから一ヶ月位、この家をずっと監視して、とうとう住人に会えました。その人から大家さんの名前と電話番号を聞いて、電話して聞いたんです。この場所を使ってもいいかって。大家さんは「一部を使いたいの?それとも全部?」私は言いました「全部」。大家さんは快く承諾してくれて、空き地に通じるガレージを開けるコードを教えてくれたんです。まだ会ったこともない私に。

I mean, gosh, what a gorgeous place. 70,000 acres of wildness. And the fort just created. Let’s take a look.
なんて素晴らしい光景!7万エーカーの自然!そしてそこに根を下ろす農家!

Participate, nominate, donate
若き農家たちのことを知ろう、身近な若き農家たちを紹介しよう、プロジェクトに献金しよう

thegreenhorns.net

– – – – – – – – –
The Greenhorns – A documentary film about young farmers
「グリーンホーンズ」若き農夫たちの物語

“Cultivators of the earth are the most valuable citizens. They are the most vigorous, the most independent, the most virtuous and they are tied to their country and wedded to it’s liberty and interests by the most lasting bands” – Thomas Jefferson
「大地を耕す者たちは、最も価値ある市民である。彼らは最も力強く、最も自立し、最も徳があり、そして彼らは国土と一体となり、最も強い絆で自由と国益に結びついている」トーマス・ジェファーソン

The Greenhorns is a documentary film that explores the lives of America’s young farming community – its spirit, practices, and needs. As the nation experiences a groundswell of interest in sustainable lifestyles, we see the promising beginnings of an agricultural revival. Young farmers’ efforts feed us safe food, conserve valuable land, and reconstitute communities split apart by strip malls. It is the filmmakers’s hope that by broadcasting the stories and voices of these young farmers, we can build the case for those considering a career in agriculture – to embolden them, to entice them, and to recruit them into farming.
「グリーンホーンズ」はアメリカの若き農夫たちの生き方を描くドキュメンタリー映画。彼らの情熱、農夫としての生活、そして彼らに必要なもの。持続可能な生活様式が求められている現在の世論の中、彼らの生き方には農業の復活の始まりの兆しがある。若き農夫たちの作り出す食物の安全さ、彼らの農耕法によって守られる大地、モール文化によって隔たれたコミュニティーの絆の復活。彼らの物語と彼らの声を広く伝えることで、多くの若者が農業に興味を持ち、農業を始める、その励みになることが監督の望みだ。

Our mission, as a small grass-roots nonprofit based in the Hudson Valley of New York, is to support, promote and recruit young farmers in America.
ニューヨーク州ハドソンバレーにある小さな草の根非営利団体である私たちの使命は、アメリカの若者を農業にリクルートすることだ。

– – – – – – – – –
40 farmers under 40
40歳以下の農夫、ベスト40

http://www.mnn.com/food/farms-gardens/stories/40-farmers-under-40

自由の歌: アン・サン・スー・チー

In Art, Human Rights on 2009/07/07 at 00:55


Lack of freedom does a lot of terrible things to people. It’s only when you are deprived of your freedom that you realize how precious it is.

自由を奪われるということは、人にとても多くの悲劇をもたらします。人は自由を奪われた時に初めて、その大切さを知るのです。

– Nobel Peace Prize winner Aung San Suu Kyi was elected Prime Minister of Burma in 1990. She has been under house arrest by the Burmese government for 13 of the last 18 years. –

(ノーベル平和賞を受けたアン・サン・スー・チーは、1990年にビルマの首相に選ばれた。しかしそれから18年のうちの13年間、自宅軟禁を強いられている)

If you want to keep the non-violent approach, we find that there’s a vast difference in the attitude of a man with a gun in his hand, and that of one without a gun in his hand. When a man doesn’t have a gun in his hand, or a woman in that matter, he or she tries harder to use his or her mind, a sense of compassion, intelligence to work out the solution. But if you put a gun into the person’s hand, a gun is always there to use. So that the urge to depend on more on intellectual considerations, the urge to exercise one’s intelligence and compassion more become that much less. So we think that non-violent approach is best for our country. We want to cut that vicious cycle that has been going on in Burma so some time. People are trying to change our political scene with the power of the gun.

非暴力主義の立場から見るわかることですが、銃を持った男性と銃を持たない男性の間には、態度の上でとても大きな違いがあります。男性が銃を持たない時、女性でもそうですが、その人は頭を使って、心を使って、知恵で問題解決をしようと努力します。でももしその手に銃を持たせると、銃をいつでも使えることになります。すると知性で考えようとする気持ち、理性や思いやりで考慮しようとする衝動が、どんどんなくなります。だから私は非暴力主義が私の国に最良だと思うのです。ビルマで何年も続いている悪循環を断つべきだと思うのです。銃の力で政治を変えようとしている人たちがいます。

I think that musicians and artists, anywhere in the world, are in a position to draw public attention to our cause in the way which others can not. Because one good freedom song can go a lot further than a several long speeches, or interviews like this. A number of interviews like this are nothing compared to a really catchy freedom song for Burma. If somebody would come out with it, it could spread all over the world. That will help us a great deal.

音楽家や芸術家は、世界のどこでも、普通の人には出来ない力で、大衆の注目を社会活動に集めることが出来る立場にあると思います。たったひとつの「自由の歌」は、いくつもの演説より、私のこんなインタヴューより、もっともっと大きな力があります。ビルマのための覚えやすい「自由の歌」一曲は、たくさんのインタヴューなど比べものになりません。誰かが作ってくれたら、世界中に広がります。そしてビルマの救いになります。

– What’s your freedom song? あなたの「自由の歌」を送って下さい。-
Send yours to myfreedomsong@causecast.org
Sign The Petition At HumanRightsActionCenter.org

Shepard_Fairey_ASSKアン・サン・スー・チー解放キャンペーン「率いる自由」
Freedom To Lead
http://freedomtolead.causecast.org/
Human Rights Action Center
http://www.humanrightsactioncenter.org

「率いる自由」ポスター、シェパード・フェアリー作
Freedom To Lead poster by Shepard Fairey
http://obeygiant.com/store/home.php?cat=1

関連ブログ: Jim Carrey, Michael Stipe, Aung San Suu Kyi
https://100voices.wordpress.com/2007/10/03/jim-carrey-michael-stipe-aung-san-suu-kyi/

関連ブログ: Obama Hope Poster
https://100voices.wordpress.com/2008/02/29/obama-hope-poster/

イラン: We Shall Not Be Moved

In Activism, Civil Rights, Music + on 2009/07/05 at 00:11


IRAN: WE SHALL NOT BE MOVED by Mavis Staples

We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して退かない
We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して退かない
We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

The union is behind us, we shall not be moved
仲間が後ろにいる、私たちは決して退かない
The union is behind us, we shall not be moved
仲間が後ろにいる、私たちは決して動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

We’re fighting for our freedom, we shall not be moved
自由のための闘いだから、決してここを退かない
We’re fighting for our freedom, we shall not be moved
自由のための闘いだから、決してここを動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

We’re fighting for our children, we shall not be moved
子供たちのために、決してここを退かない
We’re fighting for our children, we shall not be moved
子供たちのために、決してここを動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

Black and white together, we shall not be moved
黒人も白人も肩を組んで、決してここを退かない
Black and white together, we shall not be moved
黒人も白人も一緒になって、決してここを動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して退かない
We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
決してここを動かない

We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して退かない
We shall not, we shall not be moved
私たちは決して決して動かない
Like a tree that’s planted by the water
水辺にそびえる大木のように
We shall not be moved
私たちは決してここを動かない

United We Serve 共に尽くそう: ミシェル・オバマからのメッセージ

In Uncategorized on 2009/06/22 at 23:59


President Obama has said that the challenges we face are unprecedented and that we need to build a new foundation for economic growth in America. The administration has begun this work with the dramatic new investments in education, health care, and clean energy. But we cannot do this alone here in Washington. Economic recovery is as much about what you’re doing in your communities as what we are doing here in Washington. And it’s going to take all of us working together.

オバマ大統領は言いました。現在私たちは、今までにないチャレンジに直面している。アメリカの経済成長の新しい基盤を作り直さなければならない。政府はこの目標に向かって、教育や医療やクリーンエネルギーへの新しい投資を始めました。でもワシントンでだけでは成し遂げられません。経済回復にとって、あなたがあなたの地域で行うことが、ワシントンでの私たちの行動と同じように重要なのです。そして回復には私たち全員の力が必要です。

Today marks the kick-off of united we serve, the administration’s nationwide summer service initiative. With the knowledge that ordinary people can achieve extraordinary things when given the proper tools, this initiative aims to both expand the impact of existing organizations and encourage people like you and me to develop our own do-it-yourself service projects.

今日「United We Serve / 共に尽くそう」が開始されました。政府が率先して全国のみなさんに呼びかける、夏の奉仕活動です。道具や方法があれば、普通の人が普通以上のことを実現できます。この呼びかけの企画には、現存する奉仕団体の活動活性化と、あなたや私のような個人が新しい奉仕プロジェクトを生み出す、両方の役割を果たします。

And you can do this all online at serve.gov. In fact, just think of serve.gov as your online resource for service. It makes it easy to not only find volunteer opportunities in your community, but it also helps you create and promote your own service projects. So if you have a great volunteer idea, like a book drive for a local school, or cleaning up a neighborhood park, the tools on serve.gov help you turn that great idea into a successful service project.

活動への参加は、サイト serve.gov から出来ます。 serve.gov をあなたの奉仕活動の情報センターと考えて下さい。あなたの地域で行われているボランティア活動を簡単に探すことが出来ます。奉仕活動のアイデアのヒントや、あなたが考えた活動の公開や宣伝もできます。地元の学校への移動図書室、近隣公園の清掃など、もし素晴らしいアイデアがあったら serve.gov の道具を利用して、ぜひ成功させてください。

You may know that service has been my life’s work in many ways. It’s near and dear to my heart. Earlier in my career I helped start a wonderful service organization in Chicago that helped young people pursue careers in public service. I’ve never been happier in my life than when I was working to build that organization.

奉仕活動は、長い間、私の人生の基盤でした。私が最も大事に、心に刻んでいることです。社会人の始めの頃、私はシカゴのある奉仕団体の創立にたずさわりました。社会福祉の分野で働きたがっている若者たちを、その実現のために援助する、素晴らしい団体でした。人生の中で、あの時ほど幸せだったことはありません。

See there’s a feeling that you get when you help somebody else achieve their goals, the fulfillment of putting your faith into action and feeling that you’re part of something bigger than yourself, and doing your part for the greater good.

目標に向かって頑張る人々、その人たちを助けて、その目標が達成できた時、その時の素晴らしい気持ち。自分が信じて援助に力を注ぎ、それが現実になった時の満足感と喜び。自分が自分よりもずっと大きなものの一部になる実感。偉大な良心のために、自分の役割を果たした感覚。

And while many of us it may seem impossible to squeeze even more time out of the day and do more, because we all have busy lives. This summer the president and I are asking you to make time and do your part. And I promise you won’t regret it. So, wherever your interests lie, whether it’s working with young people or caring for the sick and elderly in our hospitals, or helping to make the homes in your neighborhood more energy-efficient, or any other issue, the most important thing is for you to get involved.

多くの人にとって、多忙な毎日から時間を絞り出すことは不可能だと感じられるでしょう。私たちの生活は本当に多忙です。でもこの夏、大統領と私から、みなさんに参加をお願いします。時間を作って、あなたの役割を果たして欲しいのです。決して後悔しないことをお約束します。子供たちの世話、病院での病人や高齢者の世話、コミュニティーの家々の省エネ化、あなたの興味のある分野でいいのです。どんな分野であっても、一番大切なのは「参加する」ことです。

So log on to serve.gov and let’s work together to build a new foundation for America. As the President says, America’s new foundation will be built one community at a time. And that starts with you.

serve.gov を訪れて下さい。そしてアメリカの新しい基盤を一緒に作りましょう。大統領が言うように、アメリカの新しい基盤は、コミュニティーひとつひとつの再建から始まるのです。そしてそれはあなたから始まるのです。

– – – – – – – – –
「United We Serve / 共に尽くそう」2009年6月22日 – 9月11日
http://serve.gov

First lady touts volunteerism in San Francisco
ファースト・レディー、サンフランシスコで奉仕活動開幕(写真集)
http://www.sfgate.com/cgi-bin/object/article?f=/c/a/2009/06/22/MNN818BJM0.DTL

To kick start a national convention of volunteers, first lady Michelle Obama helped put the finishing touches on a playground at Bret Harte Elementary School in San Francisco on Monday. (Mike Kepka / The Chronicle)

全国ボランティア集会を記念して、ミシェル・オバマはサンフランシスコのBret Harte小学校の改築作業に参加。

プラダー・ウィリー症候群のチャリティーコンサート:ニック・ロウ、ジム・ケルトナー、ライ・クーダー、エルヴィス・コステロ

In Health Care, Music + on 2009/06/21 at 23:50

リチャード・デローン・プロジェクト
Richard de Lone Special Housing Project

http://www.rdshp.org

Hello! Welcome to my site
The Richard de Lone Special Housing Project is a nonprofit agency with the mission of providing a state-of-the-art residential group home setting in Marin County, California, capable of serving both children and adults with Prader-Willi Syndrome and utilizing best practice techniques to serve the Prader-Willi population. By extension, we hope to be able to benefit all people who need to live in special care facilities.
ハロー!僕のサイトへようこそ!
リチャード・デローン・スペシャルハウジングプロジェクトは、カリフォルニアのマリンカウンティーに、プラダー・ウィリー症候群を持つ子供や大人が楽に住めるグループ・ホームを作るプロジェクトです。現在得られる最高の知識や技術を馳駆して、プラダー・ウィリー症候群を持つすべての人々のために尽くすのが目的です。そしてもっと広く、特別な環境を必要とするすべての人々のために尽くせたらいいなぁと思っています。

チャリティーコンサート「ギター・ベース・ドラムス」
THE BENEFIT 2008 GUITAR-BASS-DRUMS

http://www.rdshp.org/rdshp.org/Benefit.html

コンサート写真集
http://www.rdshp.org/rdshp.org/My_Photo_Albums/Pages/Second_Annual_Concert.html

This year we are thrilled to have assembled some more of our very kind and talented musical friends to present another special concert for a special cause, with the purpose of raising both money for, and awareness of, The Richard de Lone Special Housing Project and its raison d’etre, Prader-WIlli Syndrome. They are our long-time and very dear friends:
2008年、第二回のチャリティーコンサートがありました。とても思いやりのある才能に溢れるミュージシャンの友達たちが集まって、特別なコンサートが行われました。リチャード・デローン・プロジェクトの資金を集めるために、そしてプラダー・ウィリー症候群のことをたくさんの人に知ってもらうために。

Nick Lowe, an amazing singer, songwriter, producer, bass player,guitar player, raconteur, and bon-vivant
ニック・ロウ:素晴らしい歌、曲作り、プロデューサー、ベーシスト、ギタリスト、話し上手、そして人生を楽しむ天才。
The incredible Jim Keltner, one of the world’s best loved and most recorded drummers, and a long-time friend and fan of our son Richie
ジム・ケルトナー:世界で最も愛され、そして録音作品の多いドラマーの一人。昔からの友達、そしてリチャード・デローンのファン。
And the one and only Ry Cooder, who so kindly agreed to get together with his friends to help out this worthy cause.
ライ・クーダー:唯一無人のギタリスト。このチャリティーのために心を砕いて参加してくれました。ありがとう!

These three great musicians have come together to perform as a trio, called Guitar-Bass-Drums, for the very first time. The shows will once again be at the fabulous Great American Music Hall in San Francisco on Thursday, October 2 and Friday October 3.
この三人の素晴らしいミュージシャンがトリオとして演奏してくれました。バンド名は「ギター・ベース・ドラムス」。初めての組み合わせです。今回も前回と同じく、サンフランシスコのグレートアメリカンミュージックホールで、10月2日と3日でした。

Our good friend, and hero, Elvis Costello
僕らの友達、そしてヒーロー、エルヴィス・コステロ


ライブ演奏クリップ集
http://www.youtube.com/rdshp
Welcome to the Working Week / No Dancing / Blame It on Cain / Alison / Sneaky Feelings / Less Than Zero / Pay It Back

Due to the kindness and generosity of our good friend, and hero, Elvis Costello, we were able to kick off this effort last year with a one of a kind concert featuring Elvis and the musicians from the legendary Marin county band, Clover, who recorded his first album, My Aim Is True, 30 years ago in England. They performed the album live, in it’s entirety, for the first time ever, at the Great American Music Hall in San Francisco.
僕らの友達エルヴィス・コステロの思いやりと寛大さで、2007年にリチャード・デローン・プロジェクト、チャリティー・コンサートが行われました。エルヴィスとマリンカウンティーのバンド「クローバー」、エルヴィスがデビューアルバム「My Aim Is True」を、30年前にロンドンで一緒に演奏したバンドです。チャリティー・コンサートでは、このアルバムをライブで忠実に再現しました。初めての試みでした。

関連ブログ:Elvis Costello, My Aim Is True Benefit
https://100voices.wordpress.com/2007/11/10/elvis-costello-my-aim-is-true-benefit/

ユッスー・ンドゥールのドキュメンタリー「I Bring What I Love」

In Music + on 2009/06/18 at 00:14


“A singer with a voice so extraordinary that the history of Africa seems locked inside it.” – Rolling Stone
「彼の声は限りなく超越し、まるでアフリカの歴史がすべて取込まれているようだ」ローリングストーン誌

“One of the world’s greatest singers.” – The New York Times
「世界で最も偉大な歌手の一人」ニューヨークタイムス紙

“One of the 100 Most Influential People in the World” – Time Magazine
「世界で最も影響力のある100人の一人」タイム誌

“Egypt Album Crosses The Line”
「『エジプト』は境界を超えた」

“From a Senegalese Master, A Tolerant Side of Islam” – The New York Times
「セネガルの偉大な音楽家、そしてイスラム文化の寛大な側面の使者」ニューヨークタイムズ紙

These people calling us with the negative sense of Islam. This is something that can help overcome that.
「イスラム教徒に悪感情を持っている人々が大勢います。あなたのコンサートはそれを変えられます」イスラム教徒

Music is part of everything. My religion is also part of everything. Some believe we shouldn’t sing about religion. The elders..they objected. There’s a time coming when people really want to listen.
「音楽はすべての事柄の一部だ。私の宗教もまたすべての事柄の一部だ。宗教について歌ってはならないと信じる人たちがいる。高齢者たちは特に反感を持つ。だが人々が本当に耳を傾ける日がきっと来る」ユッスー・ンドゥール

Youssou Ndour: I Bring What I Love
http://www.ibringwhatilove.com

一人の声の力で世界が変えられるかもしれない‥ユッスー・ンドゥールの「I Bring What I Love」は、そんな彼の旅を記録した音楽に満ちたドキュメンタリー。ローリングストーン誌に「アフリカの歴史がすべて取込まれている声」と評されたユッスー・ンドゥールは、二つの世界を持っている。アフリカのミュージシャンで最も売れている世界的なポップスター、西アフリカの伝統音楽の語り部/Griotグリオ。そして人権運動家としてこの30年間、ボノやニナ・チェリーやピーター・ガブリエルらと共に共同活動している。世界の大勢の情熱的なファンのためにツァーを続ける毎日だが、故郷のセネガルでは人々に慕われ、広い世代に刺激を与える存在だ。

2005年、敬虔なスーフィームスリムであるンドゥールは、自分の信念をこめた宗教的なアルバム「エジプト」を発売した。イスラム経の寛大な側面をもっと世界に知って欲しい願いをこめて。だが発売と同時に、故郷のセネガルでは神への冒涜として拒否された。店はCDを返品し、ンドゥールは論争の的になった。監督のChai Vasarhelyiは、この期間二年以上ンドゥールをカメラで追う。アフリカ、ヨーロッパ、アメリカへと演奏を続けながら、ンドゥールはこの挑戦へどうやって立ち向かうかを語る。そして最後には世界のそして故郷の観衆の心を勝ち取る。

「I Bring What I Love」はユッスー・ンドゥールの希望に溢れた人生への扉を開ける。先祖から受け継いだ語り部としての謙虚な出発、そして音楽の喜びを分かち合う情熱、そしてタイム誌の「世界で最も影響力のある100人の一人」に至るまでの人生の扉だ。語り部が伝えるメッセージは、今の時代に響き渡る。

2009年6月ニューヨーク上映開始

Egypt: Youssou N’Dour
http://www.amazon.com/dp/B00024BHCO
エジプト: ユッスー・ンドゥール
http://www.amazon.co.jp/dp/B000GALBXO

End Of The Line: 2048年に食用魚が海からいなくなる!

In Environment on 2009/06/16 at 23:03


THEY ARE THE ONLY OCEANS WE HAVE
私たちにはこの海しかない

THEY HAVE BEEN EVOLVING FOR BILLIONS OF YEARS
海は何十億年もの間、進化し繁栄して来た

THEY ARE ESSENTIAL FOR LIFE ON EARTH
海は地球の生命にとってなくてはならないものだ

SO WHO IS LOOKING AFTER THEM FOR US?
その海を見守っているものはいるのか?

IN 2000 A GROUP OF PEOPLE SET OUT ON A JOURNEY OF DISCOVERY
2000年、あるグループが発見の旅に出た

TO QUESTION WHAT HAD BEEN HAPPENING TO THE WORLD’S OCEANS
一体この海に何が起こっているのかを見つける旅に

“To loose these species, what does it mean for us? what does it mean for our society?”
「もし海洋生物がいなくなったら、それが私たちに意味するものは?私たちの社会に意味するものは?」

“What is that tuna you serve? Which ocean was it from, and how was it caught? ”
レストランに聞く「お宅で出しているまぐろは、どこでどうやって捕れたものですか?」

“If you take those curves they are dropping, when is it going to hit zero?”
「海洋生物の数を示すグラフは下降をたどっている。ゼロに達するのはいつなのだ?」

“At one level, it’s a question of how bad is it?”
「海の状態が良くないことは明瞭だ。一体どのくらい酷いのか?」

WHAT THEY UNCOVERED WAS MORE SHOCKING THAN THEY EVER IMAGINED
彼らが明らかにした事柄は、想像以上にショッキングだった

“Send shiver down my spine..”
乱獲の情景を見て「背筋が寒くなった」

“We have reached the limits what the ocean is capable of providing.”
「私たちの需要は、海が供給できる限界を超えてしまっている」

“It’s a final result we’ll be appoint in the future. They will run out. It’s a question of when. It could be a road of no return.”
「これらのデータの結論は、確実な将来予測です。海洋生物は底を尽きます。一体いつなのか。もう後戻りできないかもしれない。」

WE MUST DECIDE THE FUTURE OF OUR OCEANS
海の将来を決めるのは私たちだ

“The sea belongs to us. So why don’t we claim it back?’
「海は私たちのもの。だから、私たちの手で再生しなければならないのです」

End Of The Line / エンド・オブ・ザ・ライン
http://www.endoftheline.com
http://www.youtube.com/endofthelinemovie

The End of the Line is a powerful film about one of the world’s most disturbing problems – over-fishing. Advances in fishing technology mean whole species of wild fish are under threat and the most important stocks we eat are predicted to be in a state of collapse by 2050. The film points the finger at those most to blame, including celebrity chefs, and shows what we can do about it. This is not just a film, it is also a campaign – for sustainable consumption of fish, for marine protected areas to allow the sea to recover, and for a new ethic of responsible fishing.

「エンド・オブ・ザ・ライン」は世界で最も深刻な問題のひとつ「魚類海洋生物の乱獲」を訴えた衝撃的なドキュメンタリー。漁業技術の発達は、自然海洋生物の種の生存を脅かしている。2048年には現在食されているほとんどの魚類が絶滅の危機に瀕すると予測されている。本編はその原因である事柄を指摘する。有名人シェフなどにも焦点を当てる。そしてそれに対して私たちが出来ることを示す。本編は単なる映画ではない。バランスのとれた永続的な魚の消費、海洋回復のための保護政策、責任ある漁業のための新しい倫理、それらのためのキャンペーンなのだ。

2009年6月、米国ヨーロッパ各地で上映開始。
ナレーター: Ted Danson テッド・ダンソン

原作: 飽食の海 – 世界からSUSHIが消える日
チャールズ・クローバー著
http://www.amazon.co.jp/dp/4000247573
The End of the Line: How Overfishing is Changing the World and What We Eat
by Charles Clover
http://www.amazon.com/dp/0091897815

マーティン・シーンとシーザー・チャベス、全米農業労働者組合

In Activism, Civil Rights on 2009/06/09 at 23:04


Do you like your strawberries dipped in chocolate or methyl iodide? Hello, I’m Martin Sheen and I wanna feed your mind. Our food is harvested by millions of people working in dangerous conditions with no benefits and no health coverage. These people labor for long days through hot summers, it can reach a 120 degrees. Farm worker communities are exposed to harmful pesticides, pesticide like methyl iodide. Last summer 16-year old María Jiménez worked under the blazing sun without clean water or shade. She overheated and died picking food for us. 15 farm workers have died of heat related illnesses in 2004.
イチゴはチョコディップで食べますか?それともヨードメタン(農薬)で食べますか?こんにちは、マーティン・シーンです。あなたの心に食べて欲しいお話のご紹介です。何百万もの労働者が福利も健康保険もない危険な労働環境で、私たちの食物を収穫しています。華氏120度(摂氏49度)に達する夏の長時間労働。そして労働者や家族たちは、ヨードメタンのような有害な農薬にさらされています。去年の夏、16才の少女マリア・ヒメネズは、飲み水も日陰もない炎天下で働き、熱射病にかかり死にました。私たちの食物を収穫するために。2004年一年で、15人の農家労働者が熱射病で死にました。

What can you do? You can turn the table. Learn where your food comes from. Buy locally grown food that’s pesticide free. It’s safer for the workers who harvested, and it’s safer for you. Buy food from producers who’s union-certified who treat their workers like human beings. You are the consumer, you have the power, help protect the right for farmer workers. To learn more, visit takepart.com/foodinc.
何ができるでしょう?立場を逆転させることができます。食物がどこから来るのか知りましょう。農薬を使わない地元生産食物を買いましょう。収穫する労働者にとって安全な食物、そして私たちにも安全です。労働者たちを人間らしく扱う、組合を承認する生産団体から買いましょう。あなたは消費者、力があるのです。農家労働者の権利を守る手助けができるのです。もっと知って下さい。FOOD, INC. サイト、takepart.com/foodinc で。


映画「シーザー・チャベス最後の断食」から

I’ve gone up to Delano over with my wife Janet, cause I would go off and on over the whole period of the fast, and I would vigil. One day I was up there, and dear friend Bill O’Donnell asked me if I’d like to meet Cesar. I said, “Well I understand he is not receiving”. He said “I was gonna inquire, cause you come and go and he would receive you this time”. I said “Well if it’s possible I’d be delighted, but don’t go through any difficulties”. Alright, he said, and he went off.
妻ジャネットとデラノへ行った。シーザーが断食している間、祈るためによく行っていた。ある日友人の神父ビル・オドーネルがシーザーに会いたいか?と聞いて来た。「でもシーザーは誰にも会わないのだろ?」「聞いてみるよ。君は行ったり来たりだから、もしかすると今なら会えるかもしれない」「会えるのなら嬉しいよ。でも無理はしないでくれ」わかった、と言ってビルはいなくなった。

And he came back in about 20 minutes later, and he said “He will receive you and Janet. Come along”. Oh my god, I lost my breath. And as we walked from Union Hall to the bangalow where he was, I lit up a cigarette and puffing madly on it. When we got to the right to the door of the bangalow, my wife turned to me and said “Put that out, you damn fool! Get in here and meet Cesar!” I said “You go on, you go on, and I’ll be right in.” “Oh, for heaven’s sake” and she left me. At the door, I’m so nervous to meet my hero, and I’m smoking, and put it out. Then, boom, I opened the door.
20分程して戻ってくるとビルは言った「シーザーは君とジャネットに会うよ。さぁ、来て」あぁ神様!息が止まりそうだった。ユニオンホールからシーザーのいるバンガローに歩きながら、僕は興奮のあまりタバコを吹かし続けた。バンガローの戸口に着くと妻が振り返って叫んだ「消しなさい、なんて人なの!ちゃんとして中に入ってシーザーにお会いしなさい!」「お前が先に行ってくれ、すぐ行くから」「まったくもう!」妻は入って行った。私は戸口で、ヒーローに会える緊張のあまり、まだタバコを離せなかった。ようやくもみ消して、戸を開けた。

And time to see my wife kneeling at the bed side, and kissing Cesar’s hand, and he took her hand and kissed her hand. It was so moving. And I was stunned how small he was. This tiny figure on this little bed, and I said, “No, this isn’t Cesar Caves, he is 8 feet tall! He’s the biggest guy in the world. He can’t be this small, my god!” And I was deeply moved by the humanity, his presence was so overwhelming.
妻がシーザーのベッドの横にひざまづいて、シーザーの手に接吻をしていた。シーザーも妻の手をとって接吻をしていた。感動的な情景だった。そして私はあまりのシーザーの小ささに驚愕した。小さなベッドに横たわる小さな姿。これがシーザーなのか?シーザーは8フィート(2.5m)のはずだ!世界一大きな人なはずだ!こんなに小さいなんて。そして私はシーザーの人間愛に溢れる存在に感動した。感動を押さえることが出来なかった。

Just there, I took my wife’s place. She rose and stood aside and I kneeled at her spot and took his hand, and I kissed his hand. And Father Bill said “Cesar, this is Martin Sheen. His real name is Ramon.” And I was holding his hand, and he kissed my hand right where I just put my cigarette out. And I was so humiliated, oh my god, I was so embarrest. Because I know for him it was like kissing an ashtray. And I made a vow in my heart, oh lord please, I will not smoke as long as he doesn’t eat. And I waited until his fast ended.
そして私は妻と代わった。妻が立ち上がりベッドを離れると、私はそこにひざまづき、シーザーの手を取り接吻した。神父のビルはシーザーに言った「彼はマーティン・シーンです。本当の名前はラモン」シーザーは私の手を取って接吻した。いまさっきタバコをもみ消したところへ。あぁ神様、なんてことだ!なんという恥ずかしいことだ!シーザーにまるで灰皿に接吻させるようなことをしてしまった。その時心に誓った。神よ、シーザーが断食を続ける限り、私は決してタバコを吸いません!私はシーザーの断食が終わるまで吸わなかった。


Cesar’s Last Fast
http://cesarslastfast.com
http://www.youtube.com/CesarsLastFast

United Farm Workers (全米農業労働者組合)
http://www.ufw.org

米国大使館「写真で見る米国史」
http://aboutusa.japan.usembassy.gov/j/jusaj-ushist19.html
シーザー・チャベス
1968年にブドウ畑で摘み取り作業者と話すメキシコ系米国人の労働運動家シーザー・チャベス。カリフォルニア州の全米農業労働者組合の議長として、チャベスは出稼ぎ農場労働者の声を代表し、彼らの悲惨な労働条件に全国的な注意を喚起した。

「FOOD, INC.」食品産業がどうやってあなたを病気に肥満に貧困にしているか – そしてそれと闘う方法

In Environment, Health Care, Uncategorized on 2009/06/09 at 00:06


「FOOD, INC.」食品産業がどうやってあなたを病気に肥満に貧困にしているか – そしてそれと闘う方法

The way we eat has changed more in the last 50 years than in the previous 10,000. The modern supermarket has an average of 47,000 products. The industry doesn’t want you to know the truth about what you’re eating. Because if you knew, you might not want to eat it.
私たちの食生活はこの50年間で変わりました。それ以前の1万年間での変化よりも急激な変化を遂げました。近代的なスーパーマーケットには平均して4万7千種の商品が並んでいます。食品産業は、あなたが食べているものの真実を知らせたくありません。もし知ったら、食べたくなくなるかもしれないから。

We’ve never had food companies this powerful in our history.
Everything we’ve done in modern agriculture is to grow it faster, fatter, bigger, cheeper. If you can grow a chicken in 49 days, why would you want one you got to grow in 3 months. When you go through a supermarket, there’s an illusion of diversity. So much of our industrial food turns out to be rearrangement of corns.
歴史上、食品産業がこれほどまでに力を持ったことはありません。近代農業のすべての目標が、早く大きく安く生産すること。鳥が49日で出荷できるのなら、三ヶ月もかける理由があるのか?スーパーマーケットの商品棚には「多種の食品」の幻覚があります。なんと多くの産業加工品が、みなトウモロコシから出来ていることか!

CORN PRODUCTS: KETCHUP, CHEESE, TWINKIES, BATTERIES, PEANUT BUTTER
トウモロコシ製品: ケチャップ、チーズ、トゥウィンキーズ、電池、ピーナッツバター

AMERICA’S FOOD INDUSTRY IS MAKING A KILLING
アメリカの食品産業はぼろ儲けをしている

Sometimes you look at vegetables and say, OK we can get 2 hamburgers for the same price.They have managed to make it against the law to criticize the products. There’s an effort to make it illegal to publish a photo of any industrial food operations.
野菜の高価な値段、同じ値段でハンバーガーが二つ買えるのです。政府はなんと、食品産業商品を批判することを違法にしてしまいました。食品産業の生産過程の写真を公開することを違法にする動きが進んでいます。

AND IT’S MAKING US SICK
そして食品産業商品は私たちを病気にする

I find it incredible, FDA wants to allow the sale of meat from animals without any labeling. Peanut butter contaminated with salmonella. E.coli has been found in spinach, apple juice. Smells like money to me.
驚くことに、FDA米国食品医薬品局は、食肉に生産地表示をしなくてもよいことを望んでいます。ピーナッツバターからサルモネラ菌、ほうれん草やリンゴジュースから大腸菌!「儲かるからね」

BUT YOU HAVE THE POWER TO TURN THE TABLES
しかし私たちには、逆転の力がある!

The average consumer does not feel very powerful. It’s exact opposite. When we run the items past supermarket scanner, we’re voting for local or not, organic or not. Look at the tobacco industry. The battle against tobacco is the perfect model of how an industry’s irresponsible behavior can be changed.
一般消費者は、自分は無力だと感じています。でも実際は逆なんです。スーパーマーケットで商品のバーコードが読まれるたびに、私たちは投票しているのです。地元生産品かそうでないか、有機農製品かそうでないか。タバコ産業を思い出して下さい。タバコ産業を相手取った闘いは、大産業がその無責任な産業形態を変えることになった素晴らしい雛形です。

“MORE THAN A TERRIFIC MOVIE – IT’S AN IMPORTANT ONE” – EW
「素晴らしい映画、そしてそれ以上に重大な映画」エンターティンメント・ウィークリー
“THE FILM I HAVE ALWAYS BEEN WAITING FOR” – ALICE WATERS
「ずっと待っていた映画」アリス・ウォータース

Imagine what would be if as a national policy, the idea would be to have such nutritionally dense food, that people actually felt better, had more energy, and weren’t sick as much. See, that’s a noble goal. People got to start demanding good wholesome food of us, and we deliver! I promise you!
想像してみて下さい。もしほんとうに栄養たっぷりな食物が生産されて、食べた人々が元気になりエネルギーが出て、もう病気になることがない、それがもし国家の方針になったら。農家にとってそれは素晴らしい目標です。人々は自然の恵みの食品を要求するべきなのです。そうすれば農家はそれを生産します。きっと生産します。

YOU’LL NEVER LOOK AT DINNER THE SAME WAY AGAIN
この映画を見たら、あなたの夕食を見る目は変わる

IN THEATRES JUNE 12TH 2009
米国2009年6月12日公開「FOOD, INC.」フード・インク
http://foodincmovie.com
http://youtube.com/takepart

トレント・レズナー、ファンの心臓移植のために85万ドル集める

In Music + on 2009/06/01 at 21:03

NIN’s Trent Reznor Raises More Than $645k for Fan in Need
http://www.pastemagazine.com/articles/2009/05/how-to-save-a-life-trent-reznor-raises-over-645k-f.html

2009年5月26日: ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー、ファンの心臓移植のために64万5千ドルを集める

ナイン・インチ・ネイルズのボーカルのトレント・レズナーは、先週の水曜Twitterを使って支援金キャンペーンを開始した。ネバダ州の病院にいるエリック・デラ・クルーズの心臓移植のためだ。ナイン・インチ・ネイルズと共演のジェーンズ・アディクションは、残りのツァーの特別チケットを販売開始。

300ドル支援すると、サウンドチェック見学とバンドとの対面ができる。1000ドル支援すると、バンドとの夕食とステージ横からのコンサート体験、加えてサイン入り写真がもらえる。まだチケットを持っていない場合は、1200ドルでチケット二枚と楽屋VIP体験。これはナイン・インチ・ネイルズの最後のツァーだ。ファンには逃せないチャンスだ。

トレント・レズナーはTwitterとオフィシャルサイトでこのキャンペーンを告知。初日一日で26万ドルを集めた。金額はまだまだ伸びて、現在64万5千ドル。手術に必要な目標額70万7千ドルも実現しそうだ。

Twitter: Trent Reznor
http://twitter.com/Trent_reznor

– – – – – – – – – –
2009年6月1日: Trentからの手紙
http://store.nin.com/helperic/

みなさんの協力に深く感謝します。みなさんの寛大な支援のお陰で僕らは85万ドル以上集めることが出来ました。

みなさんから驚く程たくさんの支援が届きました。予想以上の反響で、残念ながら北米NIN/JAツァーのVIPパッケージは閉め切りました。僕らが対応できる人数の限界です。10ドルの献金と北米以外の世界ツァーのVIPパッケージはまだ受け付けています。

新たに特別商品を儲けました。僕らの友人トニー・ホークによるサイン入りスケートボードです。1000ドルでこのスケボーと、僕のサインいりNINのレアCD「Still」と「The Slip」、そしてデラックス版「Ghosts I-IV」‥この支援運動のために僕自身がサインして番号を書きました。

まだのみなさん、ぜひ支援に参加して下さい。僕らは今、世界に向けて、コミュニティーの団結の力を見せているのです。そして同時に一人の人間の命を救うことが出来るのです。

– – – – – – – – – –
トム・モレロとブーツ・ライリーの新グループ「ストリート・スウィーパー・ソーシャル・クラブ」。デビューアルバムの録音を終えた彼らのデビューツァーは、NIN/JA北米ツァーの前座だ。
「レボリューション・パーティー・ジャムだ!」とトム・モレロは言う。熱気爆発でディープなギターリフ、充電されたファンク、そしてブーツの風刺と毒に満ちたリズミカルなフレーズ。ブーツ・ライリーは言う「労働階級は右往左往させられている。ホームレスになる家族は増え続け、仕事を失う人々も増加する一方だ。ウォール街でデモる時、iPodで僕らの曲を聞いて欲しい」

Street Sweeper Social Club
http://streetsweepersocialclub.com/
http://www.myspace.com/streetsweepersocialclub

サウンドトラック・フォー・レヴォリューション

In Civil Rights, Music + on 2009/05/26 at 23:41


SOUNDTRACK FOR A REVOLUTION tells the story of the American civil rights movement through its powerful music -the freedom songs protesters sang on picket lines, in mass meetings, in paddy wagons, and in jail cells as they fought for justice and equality.

「サウンドトラック・フォー・レヴォリューション/革命のサントラ」は力強い音楽とともに綴られた、アメリカ黒人民権運動のドキュメンタリーだ。ピケットラインで、集会で、逮捕され搬送されるワゴンの中で、そして監獄の中で、プロテスターたちは正義と平等のための自由解放の歌を歌い続けた。

The film features new performances of the freedom songs by top artists, including John Legend, Joss Stone, Wyclef Jean, and The Roots; riveting archival footage; and interviews with civil rights foot soldiers and leaders, including Congressman John Lewis, Harry Belafonte, Julian Bond, and Ambassador Andrew Young.

本作ではそれらの歌が、現代先端の演奏家たちによって新しく生まれ変わる。ジョン・レジェンド、ジョス・ストーン、ワイクリフ・ジーン、ルーツなど。衝撃的な映像記録に加えて、ジョン・ルイス議員、ハリー・ベラフォンテ、ジュリアン・ボンド、アンドリュー・ヤング大使など、民権運動リーダーや兵士たちのインタヴューが収録されている。

The freedom songs evolved from slave chants, from the labor movement, and especially from the black church. The music enabled blacks to sing words they could not say, and it was crucial in helping the protesters as they faced down brutal aggression with dignity and non-violence. The infectious energy of the songs swept people up and empowered them to fight for their rights.

自由解放の歌は、奴隷の詠唱から、労働者運動から、そして黒人教会から生まれ育った。黒人たちは音楽を使って、口にすることを禁じられた言葉を歌うことが出来た。非暴力を貫く抵抗者たちが、暴力に寄る圧政に直面した時、それらの歌はかれらに強い威厳を与えた。歌のエネルギーはプロテスターの間に広まり、権利のために闘う彼らに大きな力を与えた。

SOUNDTRACK FOR A REVOLUTION celebrates the vitality of this music. Directed by Bill Guttentag and Dan Sturman (Nanking), and executive produced by Danny Glover,

「サウンドトラック・フォー・レヴォリューション」は音楽の活力を讃える作品だ。監督:ビル・グッテンタグ、ダン・スターマン。制作:俳優ダニー・グローバー。カンヌ国際映画祭、トライベッカ映画祭上映作品。

Soundtrack for A Revolution
http://www.soundtrackforarevolutionfilm.com

演奏参加: Anthony Hamilton and The Blind Boys of Alabama, Angie Stone, Joss Stone, The Carlton Reese Memorial Unity Choir, Mary Mary, Wyclef Jean, Richie Havens, The Roots, John Legend

ナラダ・マイケル・ウォルデンのチャリティーコンサート

In Music + on 2009/05/13 at 00:25

Good day, this is Narada Michael Walden, very happy to be here to talk to you today about our big show “Let The Sunshine In”.
こんにちは、ナラダ・マイケル・ウォルデンです。お知らせできて嬉しいです。でっかいコンサート「レット・ザ・サンシャイン・イン」をやるんです。

The show is to benefit young 11-year old boy Christopher Rodriguez, who were shot and paralyzed by the stray bullets. We wanna honor Christopher and look after his medical needs, also wanna honor the San Francisco Conservatory of Music, and their needs with the young teenagers going to school to learn music.
(ピアノの授業中に)流れ弾にあたって下半身不随になってしまった11才の少年、クリストファー・ロドリゲスのチャリティーコンサートです。クリストファーを讃え、医療費の助けになるように。それとサンフランシスコ音楽学校の若いミュージシャンたちへのチャリティーでもあります。

And we invite all the musicians around the world, who love education and children and looking out for their love and music with these kids.
世界中からミュージシャンを招待しました。教育と子供たちが大好きなミュージシャンたち。愛と音楽で子供たちを救いたがっているミュージシャンたち。

So join us, so we can make a better world. Because Narada Michael Foundation stands for making a difference with music..music..music..music..music.. PEACE
参加して下さい。世界を変えるために。ナラダ・マイケル・ウォルデン基金の目的は、世界を変えること、音楽で..音楽で..音楽で..音楽で..。ピース

Narada Michael Walden Foundation
http://www.naradamichaelwaldenfoundation.com

“Let The Sunshine In”
May 25, Memorial Day, 7:00pm
Louise M Davies Symphony Hall, San Francisco CA
Tickets On Sale Now at Cityboxoffice.com

Sting, Marilyn McCoo and Billy Davis jr., Mary Wilson, Earl Klugh, David Grisman, Bobby Weir, Gerald Alston (The Manhattans), Shanice Wilson, Lisa Fischer, Jeanie Tracy, Dale “Satchmo” Powers, Tevin Campbell, The Narada Michael Walden Band, Michael Morgan and The Oakland East Bay Symphony + Special Guests
出演: スティング、マリリン・マックーとビリー・ディヴィスjr、マリー・ウィルソン、アール・クルー、デヴィッド・グリスマン、ボブ・ウェア、ジェラルド・アルストン(マンハッタンズ)、シャニース・ウィルソン、リサ・フィッシャー、ジニー・トレーシー、デール “サッチモ” パワーズ、テヴィン・キャンベル、ナラダ・マイケル・ウォルデンバンド、マイケル・モーガン指揮オークランドシンフォニー + 特別ゲスト

Narada M Walden Hitmaker: An Interview ’88

NaradaMichaelWalden.com
http://www.naradamichaelwalden.com

Narada Michael Walden参加作品リスト
http://www.allmusic.com/cg/amg.dll?p=amg&sql=11:3ifoxqrgldae~T4

「ベスの物語」「路上のソリスト」

In Activism on 2009/05/12 at 22:39

Elizabeth was born on Monday in the early morning hours. Her parents nicknamed her ‘Beth’, and loved her more than their life. Beth always knew she’d be a famous artist, and the entire love her and adore her.
エリザベスは月曜日の朝に生まれました。両親はエリザベスを「ベス」と呼んで、自分たちの命よりも大切に可愛がりました。絵がうまかったベスは、大きくなったら有名なアーティストになると信じていました。世界中から愛されるアーティストに。

Then one day, something terrible happened to Beth’s mom and dad. And Beth never saw them again. She was shuffled from house to house, and school to school. Never attached to anything or anyone.
ある日、ベスのママとパパにとてもひどいことが起こりました。ベスは二度とママとパパに会えなくなってしまいました。それからベスは家から家へ学校から学校へとたらい回しにされました。ベスは何ともそして誰とも繋がることが出来ませんでした。

When Beth was 17, she got a job, and a small apartment she can barely afford. She took the bus to work, and every night went her home alone to her little apartment to paint until late into the night.
17歳になったベスは、仕事をみつけました。やっと払える小さなアパートを見つけました。バスに乗って仕事に行き、毎晩ひとりでアパートに帰り、夜遅くまで絵を描きました。

One morning Beth woke up, and she was very sick. Beth finally saw a doctor who prescribed some medicine. It was very expensive.
ある朝起きると、ベスはひどい病気にかかっていました。ようやくのことで医者に行きました。医者が処方した薬は、とても高い金額でした。

Beth searched for a job closer to her apartment. But there’re none to be found. She started to sell her belongings, even her mother’s jewelry. But the bills piled up and up and up. Beth lost her phone, her lights, her heat, and eventually her home.
ベスはアパートに近い仕事を探し始めました。でもなにもありませんでした。持っている物を売りました。大事なママの宝石も。でも請求書はどんどんどんどんたまって行きます。電話がなくなりました。電灯がなくなりました。そしてとうとうアパートもなくなりました。

She asked for work, she asked for money, and one day, she stopped asking for anything.
ベスは路上で請いました「仕事をください」。それは「お金をください」に変わりました。そしてある日、ベスはもう何も請うことをやめました。

(Everybody has a story – Approximately 3.5 million Americans are homeless – Including 1.4 millions children)
(すべての人に物語があります。現在米国で約350万の人々がホームレス、そのうち子供は140万人です。)

「路上のソリスト」2009年5月30日、日本公開
http://rojyo-soloist.jp

近日日本で公開される映画「路上のソリスト」は、映画を媒体に社会市民活動を広げようとするParticipant Mediaパーティシパント・メディア(創始者Jeff Skollジェフ・スコール)によって制作された。パーティシパント・メディアは、映画と連結したソーシャルネットワークサイトtakepart.comを運営。サイトを介して「路上のソリスト」に代弁されるホームレス問題の解決への社会運動に参加することが出来る。短編「ベスの物語」は、この活動の最新クリップだ。

過去にパーティシパント・メディアが制作した作品は「不都合な真実」「カイト・ランナー」「シリアナ」「グッドナイト&グッドラック」「スタンドアップ」「マーダーボール」など。

Participant Media
http://www.participantmedia.com

Take Part: The Soloist
http://www.takepart.com/thesoloist
http://www.youtube.com/takepart

フォーバーグ・トレメ: 語られなかった黒人のニューオリンズ

In Civil Rights, Music +, New Orleans on 2009/05/11 at 01:27

Faubourg Tremé: The Untold Story of Black New Orleans
「フォーバーグ・トレメ: 語られなかった黒人のニューオリンズ」あらすじ
http://www.tremedoc.com

フォーバーグ・トレメはほぼ間違いなくアメリカで最も古い黒人地区だ。南部民権運動の発祥の地であり、そしてジャズ誕生の地。トレメ地区はカトリナによって破壊されたが、これはカトリナのドキュメンタリーではない。敵意に満ちた環境にあって、アフリカ系アメリカ人コミュニティーが成し遂げて来たことを讃える作品だ。ニューオリンズに生まれ育った制作者二人によって、詳しい史実と見る者を自然に引き込む作風に仕上がっている。

物語のガイドはニューオリンズ紙タイムズピカユンのコラムニスト、ロリス・エリック・エリー。ロリスは1990年にトレメ地区の旧家を購入した。当時その地帯は麻薬犯罪の巣窟。コミュニティーは改善の試行錯誤を繰り返していた。その危険地区から逃避する代わりに、老朽化した旧家を修復するロリス。その過程でロリスは、トレメ地区の神秘的な、そして無視されてきた過去に惹かれて行く。映像は彼の旧家修復の過程を追う。それは後にカトリナからのニューオリンズ再建の痛みを伴う隠喩となる。

アーヴィン・トレヴィーンズは75歳。ロリスの旧家修復を請け負うクレオールの大工だ。トレメ地区で生まれ育った彼は、語り部でもある。200年の歴史を持つ大工一家の末裔であるアーヴィンは、トレメ地区の家々の忘れられた物語をロリスに語る。詩人のルーリエット・ブレンダ・マリー・オズベイ、ミュージシャンのグレン・デビッド・アンドリュー、歴史家のジョン・ホープ、フランクリンとエリック・フォナーらの語りも加わり、トレメ地区の激動の歴史と複雑な背景が明かされて行く。カトリナの起こる前と後の映像、そして今までに公開されたことのない史実文献写真とともに。

遠い昔、奴隷制度の時代、フォーバーグ・トレメは南部における最大の「自由黒人」コミュニティーであり、民権運動の坩堝であった。黒人と白人が自由に、奴隷としてでなく、豊かな者と貧しい者が共存し、協力しまたぶつかり合い、今日に至るニューオリンズ文化を作り上げて来た。最初の植民地の郊外(フランス語でフォーバーグ)としてフランス領時代に形成されたトレメ地区には、1960年代になるまでフランス語を第一言語にしていた人々がいる。アーヴィンの家族もそうだった。

作品には今まで知られていなかった史実が溢れている。1800年代、アメリカのほとんどの黒人が綿畑で働いていた時に、トレメ地区の黒人は詩を出版しシンフォニーを指揮していた?ローザ・パークスの100年前にトレメ地区の指導者たちはデモを組織し、公共交通機関や学校での差別を廃止させた?アメリカへの最大の贈り物であるジャズは、アメリカ最初の民権運動敗北の失意の名残から生まれた?

この作品は想像をかき立てる。歴史を暴露する。そして憤慨を与える。映像は眼に焼き付く。私たちは誰なのか、そして誰だったのかを思い知らせる。現在トレメ地区の多くの住民が家に戻ることが出来ない。150年前に闘った民権運動と同じように、また闘わなければならない。「フォーバーグ・トレメ: 語られなかった黒人のニューオリンズ」は、何度も失意から立ち上がりながら、ユニークで表現力に富んだ文化をアメリカとそして世界に与えて来た、トレメ地区コミュニティーへの賛歌である。

– – – – – – – –
ウィントン・マルサリスがエグゼクティブプロデューサーを勤める本作品は、2008年に数々の映画祭で公開され、サンフランシスコ映画祭などで優秀賞を受賞。2009年2月の黒人史月間にはPBS公共テレビネットサークで放送されました。現在DVDを購入することが出来ます。DVDは英語で字幕はありませんが、国コードはリージョンフリーで日本でも見ることが出来ます。以下のオンラインショップは日本へも発送します。

Faubourg Tremé: The Untold Story of Black New Orleans DVD
http://www.filmbaby.com/films/2933
http://louisianamusicfactory.com/showoneprod.asp?ProductID=6187


(おまけ: 2009年ジャズフェス)
トレメ地区出身トロンボーン・ショーティー対ウィントン・マルサリス

ニューオリンズの街頭芸人物語「街頭の聖人たち」

In Music +, New Orleans on 2009/05/07 at 23:07


Grandpa Elliott Smalls グランパ・エリオット・スモールズ
http://www.sidewalksaints.com/solo/57-grandpa-elliott-smalls

わしはトレメのオーリンズアヴェニューで育ったんじゃ。小さい頃、ある日、叔父が家から出て行った。台所にハーモニカを残してさ。それで決まり。わしはすぐにそれを口に持って行って吹いた。上下逆さまに。今でもそのまま逆さまで吹いているんじゃ。(中略)7歳の時、ある男がバーボンストリートでタップしているわしを見て、ニューヨークのブロードウェイのショーに出してやると言った。母さんと一緒にイースト・ブロンクスに引っ越した。オールドマンリバーやショーボートに出た。他のダンサーと一緒にタップして、オーケストラの前でハーモニカを吹いた。舞台に出るのは好きだったけれど、あの家は地獄だった。母さんがその男と一緒になったんだが、奴は母さんとわしをいつも殴ったんだ。学校から帰るのが5分遅れると殴られた。服を脱がされて、手をしばられて、殴られた。母さんに「ここを出よう」と言うと「子供は口出しするな」とまた殴られた。ある日奴は母さんを殺したんじゃ。


Keith “Wolf” Anderson キース・ウルフ・アンダーソン
http://www.sidewalksaints.com/bands/47-keith-qwolfq-anderson

リバースの奴らと初めて演奏したのは、高校の時だ。あの頃奴らは「ザ・グループ」って呼ばれてた。俺はプロジェクトのあたりの魚加工の仕事をしてたから、いつも魚臭かった。家に帰る途中でブラスバンドが聞こえて来たんだ。その家に入ると吹いているのはフィリップ・フレーザー、キース・フレーザー、カーミット・ラフィン。俺は言った「お前ら、いい音してるなぁ。ジャズをやれよ。金になるから」始め奴らは俺を相手にしなかった。なにしろ魚臭くてひどいもんだったからな。俺はホーンを手に取って、腕前を見せてやった。奴らは俺を「ウルフ」って呼ぶようになった。もみあげが狼男みたいだったからさ。気に入らなかったけど、今はもう慣れたよ。


Peter Bennett ピーター・ベネット
http://www.sidewalksaints.com/solo/61-peter-bennett

わしは小さいけれどとても活発はグラス・ミュージシャンのコミュニティーの一員なんだ。世界に40人いる真剣なプレイヤーの中で、愚かにもこれで生計を立てようとしているのはわしら3人。3、4年に一度、わしらは集合することになっている。前回は2005年だった。わしはパリのLe Cite de la Musicに呼ばれて演奏した。世界のグラス・ミュージシャンたちの演奏が続く素晴らしい夜だった。そこでわかったのは、演奏の腕は一流グラス・ミュージシャンにはとてもかなわないが、エンタテイナーとしての腕がわしは飛び抜けているっていうことさ。

– – – – – – – – – –
About Sidewalk Saints「街頭の聖人たち」について
http://www.sidewalksaints.com/about

「街頭の聖人たち」のアイデアが湧いたのは2007年。ニューヨークの高校教師だった僕は、夏休みを使ってハリケーン・カトリナについて書こうと思った。二週間ずっとニューオリンズを歩き回って、人々から災害の体験を聞こうとした。だがうまく行かなかった。みんな話したがらない様子だった。みな自分の生活を立て直すのに懸命だった。話してくれるのは、すべてを失って途方に暮れて、でもこの土地からどうしても離れられない人たち。そんな話ばかりを聞き続け、見捨てられた人たちの心に押しつぶされて、蒸し暑いジャクソンスクウェアのベンチに座り込んだ。ニューオリンズの将来に希望が見えない。僕は諦めた。ニューオリンズ滞在最後の日、僕は通りでギターを弾いた。ほとんど金にはならなかったけれど、そこで素晴らしい芸人たちに巡り会った。僕は彼らに、また戻って来て彼らの物語を書くことを約束した。それから教職を一年勤め、貯金を持って僕はニューオリンズに戻って来た。この一年で僕は100人以上の街頭芸人たちと知り合った。その中の50人を収録した第一巻は、この街が与えてくれるもののほんの一部に過ぎない。文章、写真、デザインなどに関するフィードバック、いつでも待っています。

Jim Flynn ジム・フリン
Sidewalk Saints

http://www.sidewalksaints.com
http://www.youtube.com/sidewalksaints

●「Sidewalk Saints 街頭の聖人たち」はジムが自費出版した本で、街頭芸人から買うことが出来ます。Jazz Fes期間、ジム本人がフレンチマンストリートで売っていました。地元書店「FAB」でも買うことが出来ました。
Faubourg Marigny Art & Books
600 Frenchmen St, New Orleans, LA

「プレイング・フォー・チェンジ」音楽は世界をひとつにする

In Music + on 2009/05/06 at 23:04



PLAYING FOR CHANGE EXPLAINED「プレイング・フォー・チェンジ」とは
http://www.playingforchange.com/journey/introduction

The Inspiration: Playing for Change is a multimedia movement created to inspire, connect, and bring peace to the world through music. The idea for this project arose from a common belief that music has the power to break down boundaries and overcome distances between people. No matter whether people come from different geographic, political, economic, spiritual or ideological backgrounds, music has the universal power to transcend and unite us as one human race. And with this truth firmly fixed in our minds, we set out to share it with the world.

発想:「プレイング・フォー・チェンジ」は、音楽を通して人々を繋げ、目覚めさせ、世界に平和をもたらそうという、マルチメディア・ムーブメント。「音楽は世界の人々の距離と境界を超える力がある」と誰もが知っている。そこから生まれたプロジェクトだ。世界のどこに住んでいても、政治や経済や精神文化や理念が違っても、音楽にはそれを超えて僕らをひとつに結ぶ力がある。僕らはこのことを強く信じている。そして世界の人々と分かち合いたいんだ。

The Production: We built a mobile recording studio, equipped with all the same equipment used in the best studios, and traveled to wherever the music took us. As technology changed, our power demands were downsized from golf cart batteries to car batteries, and finally to laptops. Similarly, the quality with which we were able to film and document the project was gradually upgraded from a variety of formats– each the best we could attain at the time—finally to full HD.

制作: 僕らは移動型録音スタジオを作った。最高のスタジオで使われているのと同じ機材を搭載した。それと一緒に、音楽が導くままに世界を旅した。機械技術の進化と共に、持ち運ぶ機材の大きさは小さくなって行った。ゴルフカートバッテリーから乗用車バッテリー、そしてラップトップサイズへと。同時に僕らが記録する映像の質もどんどん向上した。その時々で最高のフォーマットを選んで来たけれど、最終的にはハイデフにまでたどり着いた。

One thing that never changed throughout the process was our commitment to create an environment for the musicians in which they could create freely and that placed no barriers between them and those who would eventually experience their music. By leading with that energy and intent everywhere we traveled, we were freely given access to musicians and locations that are usually inaccessible. In this respect, the inspiration that originally set us on this path became a co-creator of the project along with us!

でも変化の過程でも決して変わらなかったのは、僕らの記録への心構えだ。ミュージシャンたちが自由に演奏できるような環境作り、そしてミュージシャンとそれを見るはずの人々の間に障害物を置くようなことはしないこと。この鉄則と僕らの情熱が伝わると、どこへ行ってもミュージシャンたちは快く心を開き、普通は撮影には使えない様な場所も解放してくれた。つまり、僕らのプロジェクトの信念自体が、プロジェクトの共同制作者になったってわけさ。

The Effect: Over the course of this project, we decided it was not enough for our crew just to record and share this music with the world; we wanted to create a way to give back to the musicians and their communities that had shared so much with us. And so in 2007 we created the Playing for Change Foundation, a separate 501(c)3 nonprofit corporation whose mission is to do just that. In early 2008, we established Timeless Media, a for-profit entity that funds and extends the work of Playing for Change. Later that year, Timeless Media entered into a joint venture with the Concord Music Group through the support of label co-owner and entertainment legend Norman Lear and Concord Music Group executive vice president of A&R John Burk. Our goal is to bring PFC’s music, videos and message to the widest possible audience.

効果: このプロジェクトの過程で僕らは、音楽を記録して分かち合うだけでは駄目だ、と気づいた。このプロジェクトを作り上げてくれたミュージシャンたちに、何かを返せるルートを作らなければ。そこで2007年に僕らは「プレイング・フォー・チェンジ基金」を設立した。僕らのプロジェクトから独立した、非利益団体だ。それから2008年にタイムレスメディアを設立した。「プレイング・フォー・チェンジ」の活動を持続拡大するための資金を作るための会社だ。タイムレスメディアは、コンコード・レコードの共同経営者ノーマン・レアと副社長のジョン・バークの助力で、コンコード・レコードとのジョイントベンチャーを果たした。僕らの望み「プレイング・フォー・チェンジの音楽と映像とメッセージをできるだけたくさんの人々にとどける」への大きな一歩だ。

Now, musicians from all over the world are brought together to perform benefit concerts that build music and art schools in communities that are in need of inspiration and hope. In addition to benefit concerts, the Playing for Change band also performs shows around the world. When audiences see and hear musicians who have traveled thousands of miles from their homes, united in purpose and chorus on one stage, everyone is touched by music’s unifying power.

そして今、世界からミュージシャンが集まって、チャリティーコンサートを開催している。希望が必要とされている地域に、音楽と芸術の学校を建てるために。それから「プレイング・フォー・チェンジ」バンドも世界ツァーをしているんだ。何千マイルも離れたそれぞれ母国から、ひとつの目的のために集まったミュージシャンたちの演奏。それを聴く人たちはみな、音楽が世界をひとつにする力を体験している。

And now, everyone can participate in this transformative experience by joining the Playing for Change Movement. People are hosting screenings, musicians are holding benefit concerts of every size, fans are spreading the message of Playing for Change through our media, and this is only the beginning. Together, we will connect the world through music!

意識が変わるこの体験「プレイング・フォー・チェンジ」ムーブメントには誰でも参加できる。世界の各地で上映会が開かれ、ミュージシャンたちが大小様々のチャリティーコンサートを開催し、ファンたちはこのサイトの映像を使ってメッセージを伝えている。これはほんの始まりだ。みんなで一緒に、世界を音楽で繋げよう!

Playing For Change プレイング・フォー・チェンジ
http://www.playingforchange.com

新曲クリップ続々アップ!
http://www.playingforchange.com/episodes
YouTube: Playing For Change
http://www.youtube.com/PlayingForChange

CD/DVD: Songs Around the World by Playing For Change
http://www.playingforchange.com/shop
http://www.amazon.com/dp/B001QOOCTE/?tag=plaforcha-20
http://www.amazon.co.jp/dp/B001QOOCTE/?tag=plaforcha-20

Playing For Change Foundation プレイング・フォー・チェンジ基金
http://www.playingforchange.org

– – – – –
PFC on PBS all month long in August!
http://www.playingforchange.com/news/53/PFC_on_PBS_all_month_long_in_August

2009年8月中、57分の「Playing For Change: Peace Through Music」ドキュメンタリーが、米国PBS(公共テレビネットワーク)で放送されています。監督のMark JohnsonとJonathan WallsがPBSのスタジオを訪れ、収録の体験談などを話します。PBSをサポートするための献金プログラムの一環です。演奏映像だけでなく、各国のミュージシャンの語りや個別演奏、そして各国が直面する問題に対する音楽の役割など、プロジェクトの意図がさらに深くわかります。

米国各地のPBS放送予定
http://spreadsheets.google.com/pub?key=tsrSXM5R0UTMJ8kfvcPXvlg&single=true&gid=0&output=html

ロバート・レッドフォード: 毎日をアースデーに

In Activism, Environment on 2009/04/22 at 17:41


Hello, I’m Robert Redford.
こんにちは、私はロバート・レッドフォードです。

The coming decade may be our very last to head off the environmental crisis like global warming, and the widespread loss of vital diversity.
私たちにとってこれからの10年間は、地球温暖化や広域に渡る自然破壊などの環境危機を止める、最後のチャンスかもしれません。

We can choose a different future. We got to do it quickly. Each of us must play a part. I hope you join me and support National Resource and Defense Council. I can’t think of a better way to choose a different, more hopeful future for our planet.
私たちには未来を選ぶことができます。予測とは違う未来を。でもそのためには早急に行動を起こさなければなりません。みなさん一人一人の参加が必要です。私と一緒にNRDC自然資源防衛委員会に参加して下さい。私たちの地球のために、もっと希望に満ちた、予測とは違う未来を選ぶために。

– – – – – – – – – – –
Making Every Day Earth Day – 毎日をアースデーに
4/22/2009 Robert Redford

今年で39周年を迎えたアースデーは、私にとって未だに力強く響く。これを読むみなさんの中には「アースデーはもう過去のもの」と思う人もいるかもしれない。だが私は言いたい「毎日がアースデーだ」一年にたった一日、地球のことを思うだけでは、何も変えることはできない。

市民による社会運動が政治を変えた十年間の最後に、アースデーは生まれた。より良い世界を作りたいと願う人々がひとつになった。大きな組織でなければ世界を変えられないと知っていたから。靴ひもを締め直し、肩を並べて行進した。人々が物理的に集合しなければならない時、集合の日を決めなければならない。1970年4月29日水曜と決められた日が最初のアースデーだ。

米国初の環境保護市民運動で闘った人々の中には、現代の若者はワシントンでのデモなどには参加しないだろう、と思っている人もいる。あの時のような情熱を持った若者はあまりいないに違いない、と思っている人もいる。しかし理想に無関心になったのではない。理想が昔とすこし違った形に見えているだけだ。

現代世代は自己表現と政治発言に昔とは違う方法を使う。ブログ、メール署名、YouTubeビデオ、Twitter、Facebook‥、私たちの時代には想像もつかなかったありとあらゆる方法で繋がることが出来る。毎日毎秒、現代世代は発言の新しい方法を見つけ出している。

私もようやく最近、彼らの思考を理解するようになった。私の自然環境保護への情熱は、昔と変わらない。だが行進するための靴のかわりに、ブログを使ってみることにした。現在私は、Huffington PostNRDC GreenlightSundance Channelで発言している。

アースデーはまだ価値があるだろうか?アースデーは、私たちが愛する地球のために毎日立ち上がり闘わなければならないことを、思い出させてくれる日だ。アースデーの今日、今私たちに与えられた素晴らしい道具を存分に使おう。FacebookやTwitterで発言しよう、繋がろう。そしてもう一歩踏み出して、NRDC Greenlightに参加してほしい。現代社会では、私たちのすべてがレポーターだ。すべての人類、生き物、そして私たちに情熱を与えてくれる自然のために、立ち上がろう。あなたの住む場所で起こっていることを、世界に発信しよう。あなたの声を届けよう。

Huffington Post: Robert Redford
http://www.huffingtonpost.com/robert-redford

NRDC Greenlight / OnEarth: Robert Redford
http://www.onearth.org/author/robert-redford

Sundance Channel: Robert Redford
http://www.sundancechannel.com/sunfiltered/author/robertredford

– – – – – – – – – – –
活動家ポール・ニューマン
https://100voices.wordpress.com/2008/09/29/paul-newman-activist/

慈善家ポール・ニューマン
https://100voices.wordpress.com/2008/09/28/paul-newman-newmans-own-hole-in-the-wall-camp/

ニューオリンズ、ミュージシャンズビレッジ、一日ボランティア4月29日

In New Orleans on 2009/04/20 at 21:32


Day of Service at Musicians Village

New Orleans Jazz & Heritage Festival and Foundation, Inc. April 20, 2009
ニューオリンズ、ジャズ&ヘリテージ・フェスティバル/基金ニュース
2009年4月20日

The New Orleans Jazz & Heritage Foundation and radio station WWOZ-FM will host a Community Day of Service at New Orleans Habitat For Humanity’s Musicians Village on Wednesday, April 29, 2009. Please join us in the rebuilding of New Orleans.
ミュージシャン・ビレッジでニューオリンズのミュージシャンの家作りのボランティアをしませんか?ジャズフェスの中日4月29日水曜、ハビタット・フォー・ヒューマニティーのミュージシャン・ビレッジで「Community Day of Service/一日ボランティア」が開催されます。

The New Orleans Jazz & Heritage Foundation and radio station WWOZ-FM will host a community Day of Service on Wednesday, April 29, at New Orleans Habitat For Humanity’s Musician’s Village in the Upper Ninth Ward. The community is invited to join us in helping to build houses for our musicians and cultural community.
主催はジャズ&ヘリテージ基金とラジオ局WWOZ-FM。場所はアッパー・ナインス・ワード – 被害が最もひどかった第九地区です。カトリナで家をなくしたミュージシャンやアーティストの家作りの手伝い、一般の皆さん、ぜひ参加してみてください。

To volunteer, please register by calling (504) 558-6100, or send us an e-mail. Registration will close at 4 p.m. on Wednesday, April 22.
参加には登録が必要です。(504) 558-6100に電話するか、メールで申し込んで下さい。4月22日水曜午後4時が申し込みの締め切りです。

Participation Details:
参加の心得:

Volunteers must arrive by 7:30 a.m. at the Musician’s Village (an exact location will be provided on April 27) and stay on the work site until 3:30 p.m.
参加者は当日朝7:30までにミュージシャン・ビレッジに集合。詳しい集合場所は4月27日にお知らせします。作業は午後3:30まで行われます。

There will be a one-hour lunch break starting at 11:30 a.m. All volunteers are asked to bring their own lunch, as well as a water bottle (water will be available at the construction site for refilling bottles). During the lunch hour we will have a musical performance and a press conference announcing successes in the Foundation’s Raisin’ the Roof housing program.
11:30からの一時間がランチタイムです。昼食は各自持参して下さい。作業場に飲料水があるので、入れるためのボトルを持参して下さい。この時間に音楽の演奏とプレスコンファレンスがあります。ジャズ&ヘリテージ基金の「Raisin’ the Roof」プログラムの成功を祝います。

It is not necessary to bring any tools, but you may bring your own tools if you wish. Especially useful are a tool belt, hammer, measuring tape, pencil, razor knife, cat/bear claw, etc. Please clearly label all of your tools.
大工道具は作業場にありますので、持参する必要はありません。が、もし自分の工具を使いたい方は、氏名を明記して持参して下さい。作業場で持っていて便利なのは、道具ベルト、金槌、メジャー、鉛筆、カッターナイフなどです。

Footwear needs to be sturdy, with closed toes and heels. Boots or sneakers are both considered appropriate footwear, but sandals and are not.
靴はしっかりしたもの。つま先とかかとがあるもの。ブーツやスニーカーはOK。サンダルは駄目です。

The Day of Service will go on rain or shine. Please prepare for the weather by checking the forecast before you arrive at the work site. If it is sunny, please bring a hat, sunscreen and sunglasses. If it is raining, please bring a jacket, raincoat and/or rain boots.
「一日ボランティア」は雨天決行です。作業場に来る前に天気予報を調べ、適当な服装で来て下さい。晴れの場合は帽子、日焼け止めクリーム、サングラスを。雨の場合はジャケット、レインコート、雨靴を。

You will receive a short orientation once you arrive at the work site, which includes a safety lecture. In addition, you will receive on-site training on tasks to which you are assigned. Your assigned meeting place for this safety briefing may not be the same as your work site location, but your work site will be in the same neighborhood. Please be prepared to drive to your work site after the briefing.
作業開始前に、安全についての説明があります。続いて具体的な各作業の仕方の指導があります。説明指導のある場所は、実際の作業場と異なる場合がありますが、両場所とも同地区です。説明指導の後、作業場へ車で移動する方は、心得ておいて下さい。

All volunteers must agree to hold the New Orleans Jazz & Heritage Foundation, WWOZ and Habitat for Humanity harmless and free from any liability in the event of an accident at the work site.
もし作業場で事故があった場合、ジャズ&ヘリテージ基金とWWOZ-FMとハビタットに対して責任を要求しないことを、参加者は同意しなければなりません。

Thank you for helping us to serve our community.
ニューオリンズ・コミュニティーへの支援と助力に感謝します。

– – – – – – – – – – – – – – – –
New Orleans Musician’s Village
http://www.nolamusiciansvillage.com

Habitat for Humanity: New Orleans
http://habitat-nola.org

New Orleans Jazz & Heritage Foundation
http://www.jazzandheritage.org

「9/11の聖者」 犠牲者番号00001、マイカル・ジャッジ牧師

In Activism, LGBT on 2009/04/17 at 23:45


「Saint of 9/11 – 9/11の聖者」予告編

Saint of 9/11 全編(1:31:05)
http://www.youtube.com/watch?v=MkAUpSljQw4

His whole ministry is about love. He loved the fire department, and they loved him.
彼の教えは「愛」だった。消防局を愛していた。そして隊員たちも彼を愛していた。

(On one of our Darkest Days – One of our Brightest Lights – Dimmed)
(暗黒の日 – 私たちの光が – 消えた)

Mayor Giuliani said to Mychal “Come with us!” and he said “No, I have to stay with my men.”
ジュリアーニ市長がマイカルに言った「私と一緒に現場から離れてくれ」でもマイカルは断った「いや、私は消防隊と一緒にいる」

It’s such a striking photograph.  These big men obviously in anguish, reminded me a lot of Pietà.
衝撃的な写真。マイカルを抱える男たちの表情には明らかに苦悩が満ちている。なんだかピエタ – 十字架から降ろされたキリストを抱く聖母マリアの像 – を思い出してしまう。

Fire Department Chaplain, Father Mychal Judge…
(追悼式で犠牲者の名を読み上げる) 消防局付司祭マイカル・ジャッジ…

He was our spiritual leader but he was our buddy, too.
(消防隊員) 彼は私たちの精神的な師でした、と共に私たちの相棒でした。

Mychal never knew he was a saint. Mychal thought he was one of the worst sinner.
マイカルは自分が聖者だったことに気づいていなかったよ。むしろ自分は最悪の罪人の一人だと思っていたんだ。

He lit up the While House as he lit up every place he ever found himself.
(ヒラリー・クリントン) 彼は行く先々のすべての場所を照らしてきたように、ホワイトハウスも照らしてくれました。

He was a king of the city.  His parting gift to us was his dedication, compassion, and his heroism to stay with us.
彼はニューヨークの慈悲に満ちた王でした。彼が私たちに残してくれたのは、献身、慈悲、そして私たちの元をけして離れなかった英雄の姿です。

(Narrated by Ian McKellen)
(ナレーション: イアン・マッケラン)

Mychal said, when we loose someone we love, we should just pray for everything they brought to our lives.
マイカルは言いました「私たちが愛する人を亡くした時、その人が私たちの人生に与えてくれたすべてのことに感謝の祈りを捧げよう」

(His Friendship Was An Inspiration)
(彼の説教は人々の心をつかんだ)

All of us who are privileged to know him, feel the special lose.
(ビル・クリントン) 幸運にも彼を知ることが出来た人々にとって、彼の死はほんとうに大きな損失だ。

(His Love Was Simply Divine)
(彼の愛はとてもシンプルな、神の愛だった)

You have no idea what’s God calling you to do.  But he needs you, he need me, he needs all of us.
(マイカル牧師の説教) 私たちには神が望んでいることはわからない。でも神はあなたを必要としているのです。私を必要としているのです。私たちすべてを必要としているのです。

There was a picture one time of a full length Jesus Christ the same hight as the Empire State Building.  I thought it was Mychal in New York, you know, he was huge.  He’d be vastly amused with the idea of being a saint.
ある絵を見たんだ。キリストの大きな姿、エンパイアステートビルと同じ高さの。それを見た時「あ、これはマイカルだ」と思ったよ。彼はほんとに大きな存在だった。聖人と呼ばれていることを知ったら、きっとたまげるだろうなぁ。

– – – – – – – – – –
Saint of 9/11
http://www.saintof9-11.com

苦悩に満ちた写真、9月11日に救助員たちがフランシスコ会牧師の遺体をワールドトレードセンターから運び出す姿。ニューヨーク消防局でチャプリンだったマイカル・ジャッジ牧師の死は、勇気と犠牲のシンボルとして人々に伝えられた。

「Saint of 9/11」は波乱に満ちながらも慈悲を極め続けたを牧師の人生の旅を綴る。助けを求める人々、忘れられた人々のために、そして死と隣り合わせで働く消防隊のために。役目のために世界を訪ねたアイリッシュ系アメリカ人。自らの悪魔と闘いながらも、その力強い奇跡の様な存在は多くの人々の心に触れた。

牧師は人生の苦悩を知っていた。アルコール依存症と闘った過去から、AA (アルコール・アノニマス/禁酒サポート活動) の代弁者となった。自身の弱さや不完全さゆえに、牧師の慈悲は人々の痛みや壊れやすさに容易に届いた。80年代のAIDS勃発時、人々は感染の恐怖から患者たちを差別隔離した。医療従業員たちからも見放された患者たちに、牧師は変わらぬ愛を注いだ。マイカル・ジャッジ牧師はゲイであった。そして神の仕事を心から愛していた。

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

4月16日裸足で過ごす日: トムズシューズの「ひとつにひとつ」

In Human Rights, Philanthropy on 2009/04/17 at 01:42


TOMS One for One
Help TOMS raise awareness this April 16th, Go barefoot
4月16日、トムズは提唱する、裸足で過ごしてみよう!
(貧困国の子供たちの辛さを少しでも理解するために、一日裸足で過ごしてみませんか?)

FACT 1: In some developing nations, children must walk for miles to food, clean water and to seek medical help.
事実1: いくつかの開発国では、子供たちが何マイルも裸足で歩かなければならない。食料のために、飲み水のために、医療を受けるために。

FACT2: Cuts and sores on feet can lead to serious infection.
事実2: 足の切り傷や擦り傷が深刻な感染症をひきおこす可能性がある。

FACT3: Often children cannot attend school barefoot.
事実3: 多くの場合子供たちは裸足では学校に行くことが出来ない。

FACT4: In Ethiopia, approximately one million people are suffering from podoconiosis.
事実4: エチオピアでは約100万の人々がポドコニオシスで苦しんでいる。

Podoconiosis is a debilitation and disfiguring disease caused by walking barefoot in volcanic soil.
ポドコニオシスは、粘土質火山土を裸足で歩くと起きる、足の機能がなくなり変形する病気。

FACT5: Podoconiosis is 100% preventable by waring shoes.
FACT5: ポドコニオシスは靴を履けば100%防ぐことが出来る。

The impact a pair of shoes has on a child can be life-changing.
一足の靴が一人の子供の人生を変えることが出来る。

A pair of shoes can be life-changing.
一足の靴があなたの人生を変えることが出来る。

Go Barefoot 裸足で過ごす日
http://www.TomsShoes.com/OneDay


TOMS SHOES (トムズシューズ)

トムズシューズはひとつの約束から生まれた。靴が一足売れたら、靴を一足開発国の子供に贈る。ひとつにひとつ。個人の購買力の集まりで、一人ではできない大きな貢献をするために。

2006年、若きアメリカ人の旅行者ブレイク・ミコースキーは、アルゼンチンで子供たちと仲良くなった。子供たちが足を守るための靴を持っていないことを知った。子供たちを助けるために、ブレイクは靴会社を作った。一足につき一足。子供たちに贈るために。その年の末、ブレイクは賛同する家族や友達やスタッフと一緒にまたアルゼンチンを訪れた。ひとつにひとつ、1万足が売れ、1万足の靴を子供たちのお土産に。

以来トムズシューズは、14万足を開発国の子供たちに贈った。2009年には30万足に達する見込み。コミュニティーイベントや、靴を渡しに行くツァーを通して、トムズの支援者たちはOne for One / ひとつにひとつ活動に参加している。


エチオピアだけでも、50万から100万人の人々がポドコニオシスにかかっている。地球規模のこの問題を解決するのはとても簡単..靴さえあればいい。

TOMS SHOES トムズシューズ(オンラインストアあり)
http://www.TomsShoes.com
(日本でも販売しているサイトが複数あります)

マドンナの旅「I AM BECAUSE WE ARE」全編

In Health Care, Human Rights on 2009/04/14 at 22:06


I’d like to say hello to everyone out there on YouTube, and I hope you’re gonna watch my film “I AM BECAUSE WE ARE”. I decided to make this film because I was made to aware of over one million children who’ve been orphaned by AIDS, I felt like this is the story that the world need to hear, so I made a film. And this film takes you on intimate personal journeys to people who’s life have been touched by the AIDS epidemic, children who’ve lost their parents, parents who’ve lost their children, families who’ve been devastated, and entire generation of adults have been wiped out because of this disease. If you’d like to get involved, or learn more about my film, please go to my website.

YouTubeをごらんの皆さん、こんにちは。どうか私の映画「I AM BECAUSE WE ARE」を見て下さい。私がこの映画を作る決心をしたのは、百万人以上の子供たちがエイズによって孤児になっていることを知ったからです。そしてこのことが世界中に知られるべきだと思ったからです。だから作りました。この映画では、エイズによって生活が変わってしまった人々、その一人一人の心を描きます。親を亡くした子供たち、子供を亡くした親たち、悲惨な状況に陥る家族たち、この病気のために成人世代が消えてしまったのです。もし支援活動に興味を持ったり、もっとこの映画のことを知りたい方は、ぜひサイトを訪れて下さい。

I AM BECAUSE WE ARE
http://www.iambecauseweare.com


I AM BECAUSE WE ARE 全編(1:26:45)

I AM BECAUSE WE AREはマドンナの旅の物語。AIDSエイズのために孤児になった子供たちの物語。時として想像を絶する苦しみの物語。アフリカのマラウィ、胸がしめつけられる子供たちの物語へと、マドンナが導く。この旅を終えて私たちの心に残るのは「子供たちと私たちがどんなに繋がっているか」ということ。子供たちの世界を見て困惑する私たち、でもその心は何かをするという行動に動いて行く。カメラは世界で最も貧しい国のひとつに住む子供たちの姿を、できるだけ深く捕えようと動く。そしてマドンナは語る。彼女が理解した子供たちの世界、そこから彼女が見つけたもの。

I AM BECAUSE WE AREには、マドンナが旅を通じて巡り会った人々の言葉がある。クリントン大統領、デスモンド・ツツ司教、ジェフリー・サックス教授、ポール・ファーマー博士。マラウィの100万人の人々と孤児たちの心の中を知るうちに、私たちはこの物語がマラウィだけのことではないことを知る。世界のどこでも起こっていること。もし人々に未来を見る力がなければ、彼らに未来は存在しない。もし人々に目的地がなければ、彼らはどこへたどり着くことも出来ない。もし私たちが子供たちに信じることを教えられれば、彼らに未来を変える力があることを信じさせることが出来れば、彼らこそが彼ら自身の可能性なのだということを。もしそれができれば、私たちにはすべてを変えることが出来るのだ。

I AM BECAUSE WE AREは単なるドキュメンタリーではない。極貧と病害の恐怖の目撃、そしてそれを個として受け止める旅。世界の人々がみな繋がっていること、そして「希望」が持つ力を証明する作品だ。そして人々に行動を呼びかける作品だ。たくさんのNGO活動の成功は、それを支える人々の力と情熱にかかっている。もしこの作品を見て、極貧に暮らす子供たちのために何かしたいと思ったら、素晴らしい活動をしている以下の団体に参加して欲しい。

Raising Malawi: マドンナと一緒にマラウィの子供たちを支援する
http://www.raisingmalawi.org

Partners In Health: 医療クリニックを建てる
http://www.pih.org

Millennium Promise: 村をつくる
http://www.millenniumpromise.org

Clinton Foundation: 医薬品を支給する
http://www.clintonfoundation.org

Malaria No More: マラリアを防ぐ
http://www.malarianomore.org

UN AIDS: エイズを防ぐ
http://www.unaids.org
Vision Ledd: エイズを防ぐ
http://www.visionledd.com

7歳のラッパー、リル・ペピ「母なる大地が泣いている」

In Activism, Environment, Music + on 2009/04/13 at 21:23

Mother Nature’s Crying 母なる大地が泣いている
Lil Peppiリル・ペピ 7歳(2006年)

(コーラス)
Mother Natures crying, she’s just so sad and blue
母なる大地が泣いている、悲しい悲しいって泣いている
Her tears just keep on falling, look what we’ve put her through
こぼれる涙がとまらない、僕らはなんてことをしたんだろう

(1番)
Question! What’s going on in this world that we live in, too much taking and not enough giving
Mother nature keeps on crying, she’s kind of sad cause the planet keeps dying I’m telling ya…
質問!この世界はどうなっているの?取るばっかりで与えない
母なる大地が泣いている、地球が死んでいくって泣いている

If I were the king of the world, I would make a better place for the boys and girls
I would clean up, all of the pollution, if we work together we can find the solution now
僕が王様だったら子供たちのために、もっといい場所にするのに
公害をぜんぶなくすんだ、みんなで力を合わせればできるよ、今が絶好のチャンスさ

It’s a perfect time to make this world a better place, kids from all around the world standing for the human race
Europe to Japan, and on the Africa, in the middle east and back to America
この世界をよくするために人類のために、子供たちが立ち上がるんだ
ヨーロッパから日本、アフリカから中東そしてアメリカまで

Kids everywhere, trying to save the earth, let’s clean it up, but first things first
Now’s the time, we gotta do it quick, we gotta make a change, cause the planet’s getting sick
すべての子供たちが地球を救おうとしてるんだ、きれいにしよう
間に合うように、早くやらなくちゃ、だって地球が病気なんだもの

(コーラス)
Mother Natures crying, she’s just so sad and blue
母なる大地が泣いている、悲しい悲しいって泣いている
Her tears just keep on falling, look what we’ve put her through
こぼれる涙がとまらない、僕らはなんてことをしたんだろう

Time and time again we’ve seen the writing on the wall
何度も何度も警告されて、どうなるかわかっていたのに
Nothing can be sadder than to watch her tears fall
こぼれる涙を見ていると、僕たまらないよ

(2番)
Listen! We gotta save the earth, before it gets worse, doing everything that I can, that’s the plan
I’m going to take a trip all around the nation, and spread the word, from station to station
聞いて!地球を救わなくちゃ、これ以上悪くなる前に、できることはすべてやるんだ
僕は国中旅をする、そして世界の放送局でメッセージを伝えるよ

Thinking about the situation, that’s my mission, say it through my song’s, and maybe they will listen Mother Natures begging us to do this, to make a change to this, it’s been 30 years I thought you knew this
いま起きていることを伝えるのが僕の役目、僕が歌えば聞いてもらえるかもしれない
母なる大地が僕らに訴えてるんだ、変わって欲しいって、知ってるだろ?30年も前から

The truth is, it’s getting hotter every year, and there’s a great big hole up in the atmosphere
And everybody’s talking about the ozone, with more hurricanes, more hot days and the cyclones
本当のことさ、毎年暑くなっている、大気圏に大きな穴があるんだ
みんなオゾンのことを話してる、ハリケーンが増えて、暑い日が続いて、それにサイクロン

I’m not worried, cause I know we can fix it, my generation comes with no gimmicks
The plan we got now, I think its been failing, ‘cause each and every day, the ice keeps melting
怖くはないさ、だって僕らはなんとかできる、僕らの世代は騙されないから
今までの計画はうまくいってないよ、だって毎日氷河が溶け続けているもの

(コーラス)
Mother Natures crying, she’s just so sad and blue
母なる大地が泣いている、悲しい悲しいって泣いている
Her tears just keep on falling, look what we’ve put her through
こぼれる涙がとまらない、僕らはなんてことをしたんだろう
Time and time again we’ve seen the writing on the wall
何度も何度も警告されて、どうなるかわかっていたのに
Nothing can be sadder than to watch her tears fall
こぼれる涙を見ていると、僕たまらないよ

(3番)
If your not making a difference then back on up, we got one last chance so I’m cleaning it up
The planet is a beautiful place but it’s wasted, smog so thick that sometimes I can taste it
なにもしたくないなら邪魔しないで、最後のチャンスなんだ、僕はやるよ
地球は美しい星なのにこんなに汚されて、ひどいスモッグは変な味までする

You ever seen a full moon shining on December, the way the soft snow falls down in the winter
You ever seen a picture of the Himalayas, the deep blue seas and the beaches in Jamaica
12月の満月を見たことあるかい?冬のふわふわした雪をみたことがあるかい?
ヒマラヤの写真は?ジャマイカの青い海や海岸は?

You ever seen the sky on a dark summer nights, it’s like a million stars my lil’ brothers said it’s tight
These are the things and the days that I cherish, we gotta make a change so these days won’t perish
夏の夜を見上げたことは?満天の星、僕の弟は「スゲ〜!」って言ったよ
こんな景色が僕には大事なんだ、変えなくちゃ、この景色がなくなる前に

(コーラス)
Mother Natures crying, she’s just so sad and blue
母なる大地が泣いている、悲しい悲しいって泣いている
Her tears just keep on falling, look what we’ve put her through
こぼれる涙がとまらない、僕らはなんてことをしたんだろう
Time and time again we’ve seen the writing on the wall
何度も何度も警告されて、どうなるかわかっていたのに
Nothing can be sadder than to watch her tears fall
こぼれる涙を見ていると、僕たまらないよ

2006年: どうして僕が「母なる大地が泣いている」を書いたか

学校で地球温暖化のことを習ったんだ。そしてその週に「Happy Feet ハッピー フィート」という映画を見た。その夜、父さんが「Keep America Beautiful」という70年代のキャンペーンのコマーシャルを見せてくれた。人々が地球を汚しているのに悲しんで泣いているインディアンが出て来た。その時僕は、僕の役目を果たそうと思ったんだ。父さんと一緒に「母なる大地が泣いている」を書いた。それから父さんがタイトなビートを作ってくれて、クールな仲間が集まって録音した。友達がコーラスを付けてくれた。出来た時、みんな、これはとっても大事な曲だ、って感じた。父さんはホームメイドビデオも作ってくれた。

僕の目標は、子供たちに「地球を救うことはすごく大事なこと」ということをわかってもらうこと。美しい地球を守るために、みんなが自分の役目を果たすことをわかってもらうことさ。

Melting Ice 氷河が溶けてる
Lil Peppiリル・ペピ 10歳(2009年)

Lil Peppi リル・ペピ
http://www.lilpeppi.com

ランス・バス: 全国沈黙の日

In Activism, Civil Rights, LGBT on 2009/04/11 at 23:46


Every day thousands of students are silenced.
They are silenced by fear.
They are silence by being who they are.
They are friends. They are classmates.
They are brothers. They are sisters.
They are gay. They are straight.
They are you. They are me.
They are silenced by anti-lesbian, gay, bisexual and transgender bullying and harassment.

毎日、何千もの学生たちが沈黙を強いられている。
恐怖からの沈黙。自分が自分であるために強いられる沈黙。
彼らは僕らの友達、クラスメート、兄弟、姉妹。
彼らはゲイ、ストレート、彼らは君である、僕でもある。
彼らはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを嫌う人々のいじめや屈辱によって、沈黙を強いられている。

Their silence will be heard around the country. Hundreds of thousands of students will participate in the National Day of Silence. Whoever they are, whatever their backgrounds or beliefs, these students will take action because they believe the bullying and harassment must end.

でもこの日は彼らの沈黙が国中の耳に届く。何百何千の学生が「ナショナル・デイ・オブ・サイレンス / 全国沈黙の日」に参加するからだ。自分のありかたに関わらず、自分の背景や宗教にも関係なく、学生たちはひとつになって行動を起こすんだ。いじめや屈辱はなくなるべきだと信じるから。

What are you going to do to end the silence?

君は「沈黙」を終わりにするために、何をする?

2009年4月17日 – Day of Silence
http://www.dayofsilence.org

– – – – – – – – – – – –
11-Year-Old Hangs Himself after Enduring Daily Anti-Gay Bullying
http://www.glsen.org/cgi-bin/iowa/all/news/record/2400.html

2009年4月9日: 11歳の少年が自殺、ゲイいじめを受け続け

マサチューセッツ州の11歳の少年カールが、学校でゲイであることを罵られ、いじめを受け続けた末、首を吊って自殺。母親は学校に毎週のように問題提起を続けていた。今年になっていじめが原因のこの年齢の学童の自殺は、少なくとも四件報じられている。

カールは学校では自分がゲイであると言っていなかった。この4月17日に12歳の誕生日を迎えるはずだった。丁度この日、全国の学生たちは「第13回全国沈黙の日」に参加する。LGBTコミュニティーに対するいじめや屈辱を全国に知らせ、終わりにするために、それぞれの形で沈黙の行動をとる。


‘N Sync’s Lance Bass Speaking at HRC National Dinner
イン・シンクのランス・バス、2006年人権キャンペーン授賞晩餐会でのスピーチ

(ランス・バスは2006年7月People誌にてゲイであることを公言。その年10月にHuman Rights Campaign Visibility Award人権キャンペーン特別賞を受賞している)

‥人権キャンペーンの皆さんのサポートに感謝します。こんなサポートがあることを知っていたら、もっと早くカミングアウトしていたはずです。でもこの賞を頂けると聞いた時「カミングアウトしてから数ヶ月しかたっていないし、まだなにも人権保護活動をしていないのになぜ?」と思いました。でもその意味がわかりました。僕がカミングアウトしたことに、世界中の人々から手紙が届きました。その中のひとつをご紹介します。

オハイオ州シンシナティに住む29歳の男性の手紙です。ガールフレンドもいて完璧な生活を送っていました。でも嘘の生活でした。彼はゲイだったからです。自殺のために銃を買いに行った時、People誌が並んでいるのを見ました。「ゲイです!」と公言している僕の表紙の号です。彼はそれを買って読み、僕の言っていることに自分を見いだし、自殺をやめました。家族にゲイであることを伝え、ガールフレンドと別れ、現在はとても幸せに暮らしているそうです。

これは何千もの手紙のほんの一例です。12歳の少年が「僕はゲイだ。今から僕らしく人生を歩む」と言える時代です。僕は今日、人権キャンペーンに誓います。この賞の名に恥じないよう、今から僕らしく人権活動に尽くして行くことを。

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

12歳の少女の証言が実現したバーモント州同性結婚合法化

In Civil Rights, LGBT on 2009/04/09 at 00:59

(0:00 – 5:00)

It was just a huge mix of feelings, I mean I was really nervous being there in front of all those people, and some of them didn’t support what I have to say.  So that was hard. But I also felt excited. Because I felt like I was a part of something so important to me and to my family, and so many other gay and lesbian couples in Vermont. So, it was just a mix of everything.  But over all it felt good, and it felt like it was really time for me to speak up.

(Evann Orleck-Jetter エヴァン・オーレック・ジェター) 証言した時、いろいろな気持ちが混じっていました。大勢の人の前で話すのはとても緊張しました。中には私の言いたいことに反対している人たちもいましたから。難しかった、でも同時にとても興奮しました。私と私の家族にとって、そしてバーモント州のたくさんのゲイレズビアンカップルにとって、とても大事な出来事の一部になっていることを感じたからです。いろいろな気持ちが混じっていました。でも最終的に嬉しかった。私が話さなければならないのは今なんだ、と思いました。

Can you talk about what it means for your moms to marry each other?

(Amy Goodman エミー・グッドマン) あなたのお母さんたちが結婚できることのあなたへの意味は?

It means a lot of things. It means that in school I was always not be able to connect with my classmates, their parents are all married or divorced or.. Anyway, I always felt separated from them in that way, connect with them, because my parents are Civil Unioned cause they didn’t have right to get married. And I was hurt by that.  I was upset by that. But I also felt like I really couldn’t talk about it because people didn’t know what is like to have parents who are Civil Unioned.  And now my parents got a right to married, it opens so much for me.  I feel so much more comfortable now, talk to my classmates and my teachers, and I think there’s no boundary anymore.

(エヴァン) いろいろな意味があります。学校で私はいつも、クラスメートたちと繋がれないのです。みんな両親は結婚していたり離婚していたり。でも気持ちが繋がらないのです。私の両親は結婚する法的権利がないのでシビル・ユニオン/市民婚なのです。私はそのことでいつも心を痛めていました。憤慨していました。でもそれを公に話してはいけないようにも感じていたのです。他の人には両親が市民婚である子供の気持ちはわからないことですから。でも私の両親に権利が与えられたことで、私の世界は広がります。不自然さもなくなるし、クラスメートや先生とも自由に話せます。境界線がなくなったんです。

How did you hear the governor’s veto was overwritten by the vote of republican and democratic legislature?

(エミー) 共和党も民主党も州知事の拒否権無効に投票したことを、どうやって知りましたか?

My mom picked me up at school, and I went home, and she told me, and I was just surprised because I was really worried that we couldn’t overwrite the veto. But I also felt so much joy, because.. WOW! it really happened! My parents can get married now, and we come together, Republicans and Democrats to fight for an issue, that’s really important. It felt great to be a part of it, I hope I made a difference.  It was just a great moment for me.

(エヴァン) 母が学校に迎えに来てくれて、家に帰って聞きました。驚きました。無効にできないのではないかと心配していたので。同時にとても嬉しかった。ワァ!ほんとうに無効に出来たんだ!ママたちが結婚できるんだ!みんなひとつになれるんだ!って。共和党と民主党がひとつになって重要な事柄に立ち向かうことはとても大事なことだと思います。このことの一部になれてとても嬉しいです。私の証言が少しでも役に立ったのだといいなと思います。ほんとうに素晴らしい瞬間でした。

Clearly you made a difference. Because when legislatures were asked about how they perhaps changed their vote, or why they decided to vote for gay marriage, a number of them talked about you, about 12-year old girl testifying talking about what it meant for her moms to marry. So how does it feel to make a history of it?

(エミー) あなたは無効実現に大きな役割を果たしたんですよ。開票の後、議員に聞きました。証言会でもしあなたが支持を変えたとしたら、同政権婚支持に投票することを決めたとしたら、その理由はなんだったか?と。たくさんの議員が言いましたよ「母たちが結婚できることの意味について証言した、あの12歳の少女」あなたは歴史を作ったのです。どんな気持ちですか?

Well, I think why I made such a difference is because the opposition said that “we’re all about the kids”. And that just didn’t make sense to me. If you are all about the kids, then why don’t you support the people who are trying to raise them and have a great family, instead of saying “they are not qualified”.  It was so important to me to get out there and say what I felt.  Because I don’t think they really knew what they were saying when they put that ad out.  I think it was a lack of information to say it was about the kids. It hurts me that they are so against my parents getting married.  If you think about the kids, then you should think about hurting kids whose parents just want equal rights and kids just want equal rights, feel accepted in schools with their teachers.  So getting up there, saying I felt, I though that really helped change things. I felt honored that I could help change history.  It was really a big moment for me.

(エヴァン) 私が歴史を変えたのだとしたら、それは反対者が掲げていた「これは子供たちのための問題だ」というスローガンがあったからです。私にはわからなかった。もし子供たちのためなのなら、なぜ子供たちを一生懸命育てて家族を築こうとしている人たちを支持しないのでしょうか。そのかわりに「彼らには資格がない」と言う。それを聞いた私の気持ちを伝えることが大事だと思いました。反対する人たちには言っていることの意味がほんとうにはわかっていなかったのだと思います。情報がなかったのです。「子供のため」と言っていますが、子供の私は母たちが攻撃されていることにとても心を痛めます。子供のことを考えるなら、平等を求める親たちの子供たちがどんなに傷ついているか、学校で普通の子供として受け入れられたがっているか、それを考えるべきです。そのことを証言しました。それが歴史を変えることに役立ったのだと思います。とても光栄です。ほんとうに素晴らしい瞬間でした。

Democracy Now!: Testimony of 12-Year-Old with Two Moms Moves Some Vermont Legislators to Support Gay Marriage Bill
http://www.democracynow.org/2009/4/8/testimony_of_12_year_old_with

米バーモント州議会、同性結婚を合法化 知事の拒否権覆す
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200904080015.html

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

ニール・ヤング「Get Around / Fork In The Road」ハイブリッド車リンクヴォルトの旅

In Environment, Music + on 2009/04/07 at 21:03

Get Around trailer from Shakey Pictures on Vimeo.

映像配信サイトJaman独占公開、ニール・ヤング「Get Around」

ニールは愛車1959リンカーンコンチネンタルを、環境に優しくしかも時速100マイル出せるLincVoltリンクヴォルトに改造した。そしてニールの監督アルターエゴBernard Shakeyバーナード・シェーキーは、映像のハイブリッドであるロードムービーミュージックビデオを製作した。新アルバム「Fork In The Roadフォーク・イン・ザ・ロード」を歌いながら、リンクヴォルトを運転するニール。jaman.comではこの素晴らしい映画と共に、リンクヴォルト計画の歴史、目的地ワシントンへの行程を配信していく。

jaman.com: Get Around
http://www.jaman.com/movie/Fork-Road/0-REXxc4u-FI/

Brainstorm Tech Conference 2008: Neil Young
http://www.timeinc.net/fortune/conferences/brainstormtech/tech_highlights.html

I became more fascinated really with ending wars by trying to create energy from something that we are not doing now. Something to create energy in a different way and propel a vehicle in a different way. And that became kind of like a obsession with me.  It’s like a focus that I can’t get rid of..

(ニール・ヤング) 戦争を終結するためには、エネルギー源を現状から変えなければならない、車の動力源を変えなければならない‥このことに取り憑かれてしまったんだ。

This is LincVolt. Now the story if you’re not familiar with is, he has this 1959 Lincoln Continental, he went on internet, he found this guy in Wichita KS who wants to build a ..

(司会) リンクヴォルトですね。(会場に向かって) ご存知ない方もいると思いますが、彼は1959年製リンカーン・コンチネンタルを持っています。そしてネットで調べて、カンサス州ウィチタにいるこの男を見つけたんです。彼に作らせようとしているのが‥

I had to google around for about a month to locate somebody that was into environmental efficiency and power, and generating power, and big motors, to make big things.  Everybody was talking about little things.  And I’m looking around here and stand out in front of Ritz Carlton here, and I see everybody all successful guys and ladies coming in here, and they all got huge wagons rolling in, and you know, and got Corvettes and everything, and it’s cool.

(ニール・ヤング) 一ヶ月間ググったよ。環境を考えた効率性とパワー、そうパワーが大事だった。でかいモーター、でかい車を動かすための。そんな仕事をしている男を見つけるのに。みんな小さく小さく考えているだろ。だけどこうしてリッツカールトンホテルの前に立って見回してみても、みんな成功した人たち、そんなみんなが乗り付けるのは巨大なワゴンとかコルベットとかだよ。だってイカしてるからね。

It doesn’t say anything to me rather than, Americans are, a lot of them are BIG, and they like bigger cars. Canadians are big, too. They like big cars and long highways.  (My car is) 19.5 feet, 2.5 tons. So if that’s gonna be a hybrid, we’re gonna make this thing work, and we gonna get over 100 miles a gallon with it. Without a doubt, we’re gonna do that.

それを見てもわかるように、アメリカは、アメリカ人は、大半がでかい。そしてでかい車が好きだ。カナダ人もでかいな。奴らはでかい車で長いハイウェイを走るのが好きなんだ。僕のリンカーンは19.5フィート(約6メートル)2.5トン。これをハイブリッドにするんだ。うまく行かせる。1ガロン100マイル以上の燃費にする。疑問の余地はない。絶対やる。

So, we’re gonna demonstrate 3 different ways to power a car that size. In all in same car, we hook it up with one of the Dream Force website which we’re working on right now. We got sensors on every little thing on this car, what the angle is going up and down, what it’s doing, what the temperature is, the altitude is, how much fuel, how much kilowatts in the prime mover, how much fuel is going into generator, what is the battery situation, all of these things are all being monitored and sent to the website where the back room back office is calculating them to the graphs that all comes back to the website.

僕らはリンクヴォルトに三つの方法を試している。Dream Forceウェブサイトに繋げて、リンクヴォルトの細かいデータを収集している。データの上下を見て何が起こっているか、温度は?高度は?燃料消費は?原動力のキロワットは?ジェネレーターの燃費は?バッテリーの状態は?これらすべてがモニターされて、ウェブサイトに送られる。受けた測定室ではそれらのデータをグラフにしてサイトに戻す。

So that as you’re rolling down the road, you are watching yourself on the internet checking out your stats, so we can compare a plug-in electric vehicle with a long ranger electric vehicle we like to call it that, it’s got a generator that makes you go as long as you wanna go.  We developed extremely extremely efficient generator system which I think it’s got really revolutionary thing in it.  And we are also working on a on-board fuel creation, which is one of the important things to eliminating road side refueling, and that’s a goal of our program.

運転しながら、ネットでリアルタイムの分析データを読む。それを使って、プラグイン方式と長距離電気自動車方式を比べることが出来る。長距離電気方式には走りたいだけは知れるジェネレーターを使う。僕らが開発したのはとんでもなく高性能のジェネレーターシステムだ。革命的要素があると思う。それに加えて車内燃料生成方式を開発中だ。給油の必要性をなくすこと、これが僕らの最終的な目標だからね。

And since I’m a rock ‘n roll star, it doesn’t matter, I don’t care, I’m not scare to fail.  I have this goal, and it’s a goal.

僕はロックスターだ。だから構わない。失敗は怖くない。僕には目標がある。これが僕の目標だ。

LincVolt
http://lincvolt.com

Neil Young: Folk In The Road
http://www.neilyoung.com/forkintheroad/forkintheroadpage.html

「Fork In The Road」和訳
https://100voices.wordpress.com/2009/02/05/neil-young-fork-in-the-road/

「見えない子供たち」救出計画、2009年4月25日

In Activism, Human Rights on 2009/04/01 at 23:11


2006年12月12日

..and now an extraordinary story about 3 young men from East San Diego, camera bought on eBay, and a trip to Africa. The trip has turned into much more…
..サンディエゴの三人の若者の、驚くべき物語をご紹介します。eBayで買ったカメラを持ってアフリカ観光に出た彼ら、その旅は普通の旅行からもっと大きなものへと変わって行きました..

My name is Jason Russel..Bobby Bailey..Laren Poole
僕はジェイソン・ラッセル、僕はボビー・ベイリー、僕はローレン・プール

Three of us boys from California wound up in Northern Uganda. We saw the incredible horror and encountered heart breaking suffering, especially among the children who sleep on the streets for fear of abduction.
僕ら三人はカリフォルニアを出て北ウガンダにたどり着いた。そこで想像もつかない惨劇と、胸が張り裂ける悲劇を見た。特に子供たち。誘拐を恐れて街中で眠る子供たち。

We first told our stories of experience in Northern Uganda in a documentary called “Invisible Children”. It explains our discovery of the longest of any wars in Africa, and night commuters flee from the rebel leader Joseph Kony. Because of this war of madness, people are living with no jobs and children can’t go to school.
僕らは北ウガンダでの経験を「見えない子供たち」と題したドキュメンタリー映画にした。アフリカで最も長い戦争と、抵抗軍指導者ジョセフ・コニーの誘拐から逃れるために夜間市街へ移動する子供たち「ナイトコミューター」を記録した。この狂気の戦争のために、人々には仕事がなく、子供たちは学校に行けない。

To restore hope in war-torn area, we created microeconomic bracelet program. This campaign give the name and the face of the children affected by the war. The proceeds from the bracelets will go back to Uganda to provide children with mentors and put them into schools.
戦争で破壊されたこの場所に希望を戻すため、僕らはマイクロ経済に則ったブレスレットプログラムを発足した。それぞれの色にそれぞれの子供の物語がある。キャンペーンに子供たちの顔と名前が与えられた。ウガンダに還元された収益金は、子供たちのメンター、そして子供たちが学校へ行くために使われる。

We then recruited other youth to spend a several months on an adventurous road trip on RVs, showing this documentary across the United States in a national tour. Over 2000000 people saw the film, many were moved to act.
それから僕たちはアメリカの若者たちを招集した。彼らは数ヶ月かけてアメリカ横断バスツァーを行い、各地で「見えない子供たち」上映会を開いた。200万人以上が見た。見た人々は感動し、行動に参加したいと希望した。

And to capture their energy, we created a nation wide event called “The Global Night Commute”. On April 29th 2006, 80000 Americans left their homes and slept in their downtown districts, just like the invisible children in Northern Uganda.
彼らのエネルギーを形にするために、僕らは全米イベント「地球ナイトコミュート」を実施した。2006年4月29日、8万人のアメリカ人が家を離れ、ダウンタウンで野宿した。北ウガンダの子供たちと同じように。

Bobby, Laren and I will never forget the first night we saw the kids sleeping at the bus park. It changed our lives forever. We never realized so many children could go unseen, that so many beautiful faces could be invisible.
ボビー、ローレン、そして僕は、決して忘れない。北ウガンダで子供たちがバス駐車場に集まって眠っている情景を初めて見た時のことを。あの情景は僕らの人生を変えた。あんなにたくさんの子供たちが「見えない」存在だなんて。あんなにたくさんの美しい笑顔が「見えない」なんて。


2009年3月27日

In 2006, we night commuted to end night commuting. In 2007, we displaced ourselves to bring home the displaces. And in 2009, we will abduct ourselves to rescue Joseph Kony’s child soldiers. This is The Official Rescue Plan. It’s not just about one event, one cause, one war.. it’s about a bigger idea…JUSTICE.
2006年に僕らは、ナイトコミュートをなくすためにナイトコミューターになった。2007年に僕らは、家から引き離された子供たちを取り戻すために、僕ら自身を家から引き離した。そして2009年、僕らはジョセフ・コニーに誘拐された子供たちを救出するために、僕ら自身を誘拐する。これは「オフィシャル救出計画」だ。一回のイベントではない、一つの問題ではない、一つの戦争ではない、もっと大きな目的..正義のために。

Our culture is determined by three forces: money, media, moguls. It’s a fact: money makes the world go ‘round, the media decides what stories in the world are worth telling, and moguls compete for the attention of the media, which makes them both money. And this cycle repeats itself over and over again. Defining, and redefining our priorities.
僕らの社会は三つの力で動いている。金、メディア、有力者。金が世界を動かしているのは事実だ。メディアはどんな物語が報道に値するか決める。そして有力者はメディアの注目を争う。それで双方金儲けができる。このサイクルはずっと繰り返される。これによって物事の優先度が幾度も幾度も書き換えられる。

The truth is: they need us. And when the masses take action, they have to listen, and history is rewritten. A slave is freed, a vote is counted, a wall is torn down, and a revolution begins. A revolution for love, a revolution for freedom, on April 25th.
真実は..彼らには僕らは必要なんだ。大衆が動く時、彼らは耳を傾けなければならない。そして歴史が書き変えられる。奴隷が解放され、投票が数えられ、壁が崩れ、そして革命が始まる。今、革命が始まるんだ。愛と自由のための革命。2009年4月25日。

You will abduct yourself and wait to be rescued by the cultural forces: money, media, moguls. You will meet at abduction site and walk to an LRA Camp and wait, like the abducted children are waiting.
君は君自身を誘拐し、この三つの力による救出を待ってくれ。金、メディア、有力者。君たちは誘拐現場に集合し「神の抵抗軍」キャンプに移動する。そこで待つんだ。ウガンダの誘拐された子供たちと同じように。

Here’s what you can do now: 1 – Contact moguls, the gatekeepers of culture, to come rescue you. Don’t worry, we’ll tell you how. 2 – Make sure the media comes to rescue you. The story deserves mainstream coverage, so let’s get it covered.
今できることがある。有力者に救出願いのコンタクトをとること。心配しなくていい。僕らがやり方を教えるから。それからメディアが救出に来るための準備。この物語は大々的に報道される価値がある。報道させよう。

Because we aren’t going home until they both arrive, that gives you one month to ensure your rescue. Two shameless plugs: Wear the rescue shirts all April, and donate $5 if you’ve got it, right now right now or on April 25th.
誘拐日まで一ヶ月ある。その間に救出計画を固めよう。四月中「救出Tシャツ」を着続けてほしい。もしできるなら救出資金のために5ドル支援してほしい。

The plan is action, because all men are created equal. First to rescue our children and secondly deliver the justice. That’s the plan. They’re waiting.
この計画を成功させよう。なぜなら人はみな平等なのだから。「まず子供たちを救出し、そして正義を」それが計画だ。子供たちは待っている。

To find more info on The Official Rescue Plan, go to
「オフィシャル救出計画」の詳しい情報は

http://therescue.invisiblechildren.com

「見えない子供たち」活動オフィシャルサイト
http://www.invisiblechildren.com
http://www.youtube.com/invisiblechildreninc

– – – – – – – –
Google Video: Invisible Children 全編55分
http://video.google.com/videoplay?docid=3166797753930210643&ei=3OTTScffH4OeqgKziP24DA&q=invisible+children&hl=en

アフリカ平和再建委員会
http://www.arc-japan.org/jp/index.htm
あなたの街で、学校で、映画「Invisible Children」の上映会を開いてみませんか
http://www.arc-japan.org/jp/activity/scsa/scsa_joeikai.htm

マットはどこだ?

In Music + on 2009/03/30 at 00:42

I believe globalization is forcing our brains to evolve.
僕は信じる。世界がどんどん身近になるのだから、脳も進化させなくちゃ。

僕はこの年齢の誰よりも、多くの国を体験するすごい機会に恵まれた。何年か前にバックパックひとつで旅に出て、ビデオを撮ったんだ。いろんな国のエキゾチックな場所で、僕が(すごくへたくそだけど)踊っているビデオ。ネットにアップしたのを友達が見始めた。そうしたらそのうち何百万もの人が見るようになった。スポンサーが付いて、この素敵なアクシデントの旅を続けることになった。それからまた二つビデオを作った。7大陸70カ国で踊ったビデオ。行く先々で会った人たちは、みな僕と一緒に踊りたがった。だから一緒に踊ったんだ。トロントから東京そしてトンブクトゥまで!

旅をして僕が思ったこと。人々はコネクトしたがっている。繋がりたがっている。聞いて欲しい見て欲しい、そして遠くから来た人のことを聞いたり見たりしたがっている。僕もそうだ。だから旅に出たんだ。でも同時に僕の脳はこんなことも思っている「わけのわからない広大な世界に出て行くな、自分の世界にいるのがいい」

僕の脳は、小さな世界、たぶん20人くらいで出来た部族で生きるように作られているんだと思う。それ以上大きくなると、僕はどうしていいかわからなくなるんだ。

だけど僕はこうして世界60億の人たちの中にいる。みんなが繋がっているのがわかる。旅をしなくても、地球の反対側の人に影響が届く。コーヒー1杯買うだけで、ガソリン満タンにするだけで。僕の部族は地球規模に広がったんだ。良いのか悪いのかわからないけれど「部族」の概念は確かに変わったんだ。問題は世界が変わったことじゃなくて、僕の原始的な脳がついていっていないっていうこと。

僕は「違い」に敏感なんだ。みんなもそうだろう?僕らと違う振る舞いをする人はすぐにわかる。普通にしていると、それを「脅威」に感じることが多い。きっと僕の脳が敵を察知するように作られているからだと思うけれど、こうして世界を旅していると、それは逆効果なんだ。

僕がいろんな土地の人々と踊っている時、みんな微笑んでる、笑っている、無邪気におどけている。僕が感じる「違い」はとても小さなものに感じる。世界がとってもシンプルで、僕の原始的な脳でさえとっても幸せになる。

僕は信じる。僕の子供たちは、ひとつに繋がった世界部族の中で生きていけるような、少し進化した脳を持つようになる。子供たちはもっと興味津々で、もっと吸収したがり、繋がりたがる。

僕は信じる。僕の子供たちは、知らない人々と目を合わせた時、「違い」を感じる前に「同じ」ところを見つけるに違いない。

– マット・ハーディング

NPR This I Believe: Dancing To Connect To A Global Tribe by Matt Harding
http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=102423050
「This I Believe」は、1950年の同名のラジオ番組を元にした番組。多岐に渡ってアメリカに住む人々が、自分の哲学や人生の指針を分かち合う。

Where The Hell Is Matt? マットはどこだ?
http://www.wherethehellismatt.com

2006

2005

「Blood Into Gold」世界人身売買を止めるために何ができる?

In Activism, Human Rights on 2009/03/27 at 23:22


「Blood Into Gold」Peter Buffet featuring Akon

When I go to sleep at night
I wonder why I don’t feel the pain
From where the sun is shining bright
But empty shells of lives remain

夜眠りにつく時
なぜ痛みを感じないのだろう
太陽が輝くこの場所に
あるのは命のない殻ばかり

I know the news will tell me why
And we’ll watch others take the fall
But who will hear when someone cries
That saving one can save us all

報道が知らせてくれるだろう
世界で人々が消えていくことを
だけどあの子の泣き声は届かない
あの子を救えばみなが救われるというのに

Can you open your heart?
Will you give me your hand?
Can you look in my eyes?
Will you see who I am?

心を開けるかい?
手を貸してくれるかい?
僕を見つめられるかい?
僕が誰だかわかるかい?

The blood of your sons and
The blood of your daughters
The blood of my sisters
The blood of my brothers
The blood of your fathers
The blood of your mothers
All that you own through the blood of another

息子に流れる、娘に流れる、
兄弟に流れる、姉妹に流れる、
そして父と母に流れる血
君の中に流れる血は、みなつながっているんだ

– – – – – – – – – –
ピーター・バフェットとAkonによるシングル「Blood Into Gold」は、ヒューマントラフィッキング(人身売買)をテーマにしたシングル。UNICEFユニセフの制作した映像には、世界各地に存在する悲惨な状況が描写されている。世界の人々の目がこの問題に向けられ、人々が関心を持って行動を起こし、人身売買の悲劇が終結する‥それがこの映像と音楽に託された彼らの願いだ。

ヒューマントラフィッキング(人身売買)は現代の奴隷制度に匹敵する。人間を搾取する目的の勧誘、隠蔽、輸送‥これらは現在、世界で急増している犯罪産業だ。トラフィッキングの利益は、年間320億ドルに達すると言われている。

トラフィッキングは世界規模の問題だ。どんな国も対象になり得る。男性、女性、少年、少女、国家で最も重要な人材が、トラフィッキングのターゲットだ。米国に国外から連れてこられる人々は年間17500人、米国内での人身売買の人数はさらにそれを上回る。毎年20万人の米国児童が、性産業のためにトラフィッキングの対象となる危険がある。

だが、これらを阻止する方法がある。サイトからもっとトラフィッキングについて学ぼう。トラフィッキングを終結するために活動している団体に参加しよう。

Is There Something I Can Do? 出来ることはないだろうか?
http://istheresomethingicando.com

ASSET: Alliance to Stop Slavery and End Trafficking
http://www.assetcampaign.org

Polaris Project for A World Without Slavery
http://www.polarisproject.org

Somaly Mam Foundation
http://www.somaly.org

UNICEF USA
http://www.unicefusa.org

「ハーヴェイ・ミルク」ドキュメンタリー、2009年4月日本再公開

In Activism, LGBT on 2009/03/27 at 21:42

The Times of Harvey Milk 英語版全編 (1:27:59)
http://www.youtube.com/watch?v=JZNGpB9A2js

The Times of Harvey Milk
「ハーヴェイ・ミルク」ドキュメンタリー

2009年4月18日より東京アップリンクにて、毎夜20時50分から
http://www.uplink.co.jp/x/log/002996.php
札幌、苫小牧、金沢、名古屋、大阪、岡山、福岡、沖縄でも上映

米国オフィシャルサイト
http://www.thetimesofharveymilk.com
http://www.tellingpictures.com/harveymilk/main.html

日本配給オフィシャルサイト解説
http://www.pan-dora.co.jp/harveymilk

「ハーヴェイ・ミルク」はゲイであるとカムアウトして、全米(おそらく世界でも)初の公職に就いたハーヴェイ・ミルクの活動と暗殺を追った、世界ドキュメンタリー映画史上に燦然と輝く不朽の名作である。完成後25年を経た今も世界各地で上映され、多くの人々に希望と感動を与え続けている。また、08年には本作品をもとに劇映画「ミルク」がショーン・ペン主演、ガス・ヴァン・サント監督により完成し、日本でも09年ゴールデンウィークに公開を予定している。

ハーヴェイ・ミルクは大学卒業後、いくつかの職を経た後、ベトナム反戦運動に関わるようになる。ニューヨークのゲイバーを警官が襲撃した事件から、ゲイ解放運動に参加。サンフランシスコ移住後には、積極的に地域住民との関わりを持ち、ゲイとして初の市政執行委員に当選する。黒人や他の有色人種、老人やゲイ、レズビアンなどが、彼のアンテナとなり草の根運動を展開。当初ゲイというだけで彼を毛嫌いしていた人々も、次第に彼の誠実さや、弱者のための行動を理解し始める。しかし、当時彼の最大の協力者であったジョージ・マスコーニ市長と共に、同じ市政執行委員であるダン・ホワイトに狙撃され、不慮の死を遂げる。そして、ホワイトの裁判は驚くべき展開を見せる…。

本作品は完成当時、さまざまな映画祭に出品され、アメリカ・フィルム・ライブラリー協会のブルーリボン賞を始め多くの映画賞を受賞し、アカデミー最優秀長編記録映画賞に輝いた。米国では夜8時のファミリーアワーに繰り返しテレビ放映され、後年ニューヨークにはハーヴェイ・ミルクの名を冠した同性愛者のためのハイスクールも設立された。ゲイだけではなく、アメリカ社会の実相など多くのテーマを含んだこの映画は、人種、性別、国境を越えた、あらゆる人々のための愛の映画なのである。

– – – – – – – – – – – –
監督Robert Epstein ロバート・エプスタイン作品一部
http://www.tellingpictures.com

PARAGRAPH 175 刑法175条
http://www.tellingpictures.com/paragraph175/main.html
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1957

(アムネスティー・フィルムフェスティバル解説)
数万人が同性愛を理由に「有罪」とされ、5000人から1万5000人の人々が強制収容所に送られ虐殺されたといわれる、ナチスによる同性愛者への迫害。この迫害の根拠となったのが、同性愛に刑事罰を科すと定めた刑法175条だった。「この映画は同性愛者を差別するドイツの“刑法175条”によって迫害を受けたゲイ男性たちとひとりのレズビアンについて、歴史に隠された一面を聞き出している」(山形国際ドキュメンタリー映画祭2001公式カタログより)。収容所から生還した人々は戦後も差別され、長く沈黙を強いられてきた。数少ない生存者の証言から、失われた愛の記憶と尊厳を踏みにじられた痛みと怒りが静かに伝わってくる。

COMMON THREADS
http://www.tellingpictures.com/commonthreads/main.html

(Telling Pictures解説)
1970年代、不思議な病気がゲイコミュニティーに蔓延し、人々が死に始めた。「コモンスレッド」は、運命を共有する全く異なった環境の5人の主人公たちの人生を通して、AIDSエイズの時代最初の10年間を綴る感動の物語。エイズ・メモリアルキルト – NAMES Projectを物語のモチーフにし、追悼キルトがエイズで命を落とした人々の名前を刺し紡ぐように、物語は人々の記憶と当時の政府のエイズ対策に対する大きな落ち度を交差させていく。紡がれた糸は、力強い人々のプロテスト運動へと続いていく。

CELLULOID CLOSET
http://www.tellingpictures.com/celluloidcloset/main.html

(Telling Pictures解説)
Vito Russoビトー・ルソーの画期的な原作を元に、ハリウッド映画とゲイ文化を分析したドキュメンタリー。スパルタカス、ロープ、セルマとルイーズなど100以上の作品の、典型的なゲイレズビアン投影を探る。映画クリップと平行して、監督、プロデューサー、俳優のインタヴューを収録。出演はゴア・ヴィダル、トム・ハンクス、ウーピー・ゴールドバーグなど。ナレーターはリリー・トムリン。

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

トム・モレロ / ナイトウォッチマン、ジャスティスツァー2009

In Activism, Music + on 2009/03/27 at 01:50

Tom Morello / Nightwatchman Justice Tour 2009 – Seattle
トム・モレロ / ナイトウォッチマン、ジャスティスツァー2009シアトル

The Justice Tour’s Seattle Partner: New Horizons Ministries
シアトルパートナー: ニューホライゾン・ミニストリー(ホームレス救済団体)

(トム・モレロ)ジャスティスツァーは、ハリウッドの「ホテル・カフェ」で長期ライブをしていた時に生まれたアイデアなんだ。友達たちとただ一緒に演奏したい、という願望から生まれたんだ。

(トム・モレロ、ニューホライゾンで)僕が歌おうと思ったのは、あるホームレスの青年のせいなんだ。ハリウッドのホームレス施設コヴェナントハウスの演芸会の司会をよくやっていたんだけれど、あれは5,6年前のことだった。その演芸会にはほんとに素晴らしいタレントを持った人たちが出ていた。一人の青年がいた。たぶん19才位。僕らは話し込んだんだけど、彼の生活はほんとにひどいものだった。そして彼が舞台に上がって二曲歌ったんだ。

声は確かにそんなに良くない。だけど彼の歌には、彼の言いたいことがしっかりと歌われていた。今まで見た歌手の誰よりも、ほんとうに言いたいことを歌っていた。その時思ったんだ。僕はロックバンドでギターを弾いて、アリーナをいっぱいにしたりしている。考えもあるし、ギターコードも知っているけれど、僕がしていることは、彼の歌の真実とは比べ物にならない。そして思ったんだ。僕も僕の歌を歌えるかもしれない。そしてナイトウォッチマンを始めたんだ。

(トム・モレロ)ジャスティスツァー09が始まる。気のいい友達たちと、お気に入りのナンバーで、またみんなをロックするぜ!素晴らしい社会活動のために。

(Ron Ruthruff ロン・ルスルフ、ニューホライゾン主任)もちろん観客のみなさんには、ジャスティスツァーのメンバーがやっていることに注目して欲しい。でも彼らがやっていることは、特別なことじゃない。彼らは自分たちが誰なのかを知り、自分たちの才能を知り、そしてそれを社会の変化のために使っているだけなんだ。自分の才能を社会のために使うか、それとも自己の満足のために使うか、私たちはいつでも選ぶことが出来るんだ。

ジャスティスツァー2009
http://axisofjustice.org/return-of-the-justice-tour/
2009年3月4日

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ、そしてザ・ナイトウォッチマンとしてのトム・モレロが、ジャスティス・ツァー2009を行う。シアトル、サンフランシスコ、ロスアンジェルスの三都市。チケットは15ドルという低価格に押さえ、多彩なゲストを予定。スラッシュ、アリスインチェインズのジェリー・カントレル、スリップノットのコリィ・テイラー、スティーブ・アール、ジョー・サトリアーニ、サイプレス・ヒルのセン・ドッグ、サウンドガーデンのキム・セイルとベン・シェパード、マッドハニーのマーク・アーム、ザ・クープのブーツ・ライリー、MC5のウェイン・クレーマー、シューター・ジェニングズ、ブルー・スカラーズなど。

CEOたちのあくどい振る舞いによって、アメリカ市民は日に日に貧困に押しやられ、ホームレスが増え続けている。ジャスティスツァーは市民の「Bailout 緊急援助」の一端となるべく、その収益の100%を開催地のホームレス救済団体に寄付する。ツァー参加アーティストは、各地でボランティア活動に実際に参加する。

3月24日シアトル、Crocodile Café
パートナー: New Horizons Ministries ニュー・ホライゾン・ミニストリー
http://www.nhmin.org

3月26日サンフランシスコ、Slims
パートナー: Project Open Hand プロジェクト・オープン・ハンド
http://www.openhand.org

3月28日ロスアンジェルス、Henry Fonda Theater
パートナー: PATH パス
http://www.epath.org

過去エントリー: The Nightwatchman: Axis of Justice
https://100voices.wordpress.com/2008/06/22/the-nightwatchman-axis-of-justice/

「愚かな時代」知りながら自滅する種..人類

In Environment on 2009/03/23 at 22:35

資料保管人の言葉

‥回避することが出来たのにしなかった、なんということだ、一体何を考えていたんだ、絶滅に直面しながら一笑に付すなんて‥
‥人類の歴史の常は、生まれて来たときよりも少しだけ世界を良くして去る、進歩することだったはずだ。車輪、法律、ペニシリン。それが子供や孫たちへの約束だったはずだ‥
‥不思議だ、これらの映像を見ていると、まるで望遠鏡で遠くの海辺を見ているようだ。小さな面積の中で人々は堂々巡りをしている。そして津波がすぐそこに迫っている‥
‥私たちは自らの力で絶滅する、初めての種になるだろう。そうなることを知りながら絶滅していく種。その愚かさは何を意味するだろう‥

The Age of Stupid 愚かな時代
http://www.ageofstupid.net

2055年、気候異変によって変わり果てた地球に一人残された「アーカイヴィスト 資料保管人」。氷が溶けてしまった北極に設置された「地球資料館」で、いつか地球が蘇生する日のために、資料を整理している。二度と同じ間違いを侵さないように。

彼が目を通すのは現在実際に進行している事柄。
山の変化に涙する82才のフランス人登山ガイド、国民全員が飛行機に乗れるための低額航空会社を発足するインド人、シェル石油で働きながらカトリナ時に100人を救済したアメリカ人、シェル石油が最も利益を上げている石油産地で近代的な生活を望むナイジェリア人、戦争で両親を亡くし兄弟を捜すイラク難民の子供たち、反対勢力と闘う風力発電開発者のイギリス人..

未来を舞台設定に、ドラマとドキュメンタリーとアニメーションを組み合わせた、90分映画作品。2009年3月15日にロンドンでプレミアが行われ、3月20日より全英公開中。米国5月プレミア、オーストラリア7月プレミア、インド9月プレミア予定。「資料保管人」を演じるPete Postlethwaite ピート・ポスルスウェイトは、英国が誇る舞台俳優。映画「父の祈りを」「ブラス!」などでも有名。

制作費は一般からの投資「crowd-funding」によって賄われれた。
http://www.ageofstupid.net/money

現在32カ国語の字幕を付けたDVD制作のための翻訳者を求めている。
http://www.ageofstupid.net/translation_for_subtitles

第一翻訳者を求めている言語: ヒンドゥー(インド)、グジャラチ(インド)、ベンガル(インド)、スワヒリ(アフリカ)、ウルドゥー(インド、パキスタン)

第二翻訳者を求めている言語: ヒンドゥー(インド)、グジャラチ(インド)、ベンガル(インド)、スワヒリ(アフリカ)、ウルドゥー(インド、パキスタン)、インドネシア、オランダ、ハンガリー、スウェーデン、チェコスロバキア、スロバキア、ベトナム、マレーシア、タイ、ビルマ、ハウサ(ナイジェリア)

既に翻訳者が決まった言語: イタリア、フランス、スペイン、ロシア、ポルトガル、ドイツ、トルコ、ポーランド、ルーマニア、クロアチア、オランダ、フィンランド、ギリシャ、ノルウェー、アラブ、ヘブライ、日本、中国呉、北京、マラヤーラム(インド)、バハサ(インドネシア)、タイ、韓国、プンジャビ(インド)、ベンガル(インド)、アイスランド

目標は観客2億5千万人!この映画のことを知らせよう!気候変動対策へのアクションに参加しよう!
NOT STUPID – 私は愚かではない
http://www.ageofstupid.net/notstupid

– – – – – – – –
関連記事: 地球温暖化ドキュメンタリー映画「エイジ・オブ・ステューピッド」―未来を無視する愚かな時代を映しだす
http://www.newsmag-jp.com/archives/563

ショーン・ペン「ハーヴィー・ミルクの日」制定誓願記者会見

In Activism, Civil Rights, LGBT on 2009/03/15 at 00:16


「5月22日をハーヴィー・ミルクの日に制定しよう」
2009年3月3日サンフランシスコ市役所にて

I trust Governor Schwarzenegger is an increasingly reasonable man. And that he understands that passing on prejudices, as surround this issue as so many others is poisonous to future generations. Declaring Harvey Milk day, in that I believe, will happen with this support. It’s the kind of things I can speak first hand to.

シュワルツネッガー州知事は徐々に理解を深めている人だと信じます。そして今回の同性婚廃止や他の多くの事項にまつわる差別や偏見を伝承していくことは、新しい世代を毒することだということを理解しています。私が強く信じる「ハーヴィー・ミルクの日」は、みなさんの支持によってきっと実現します。私はこの日の必要性を、自分の経験から訴えることが出来ます。

There’re current issues related to Prop 8, we’ve talked about those issues today. But also current needs for volunteerism and activism in this day in this country and the world.

今日みなで話し合ったように、現在「Proposition 8 / 州条例8」を無効にするという課題があります。だがそれにもまして、ボランティアや社会運動が、全米でそして世界で必要とされています。

Harvey Milk, in my own experience of researching the project and learning about him in the way in which a day like this will encourage children in schools around the state to do, wakes up that interest in activism and volunteerism in every way imaginable.

私は映画のためにハーヴィー・ミルクについて調べ、彼のことを学びました。彼のような人物の記念日を制定することは、全国の学童を目覚めさせ、ボランティアや社会運動への興味を湧かせると言うことです。子供たちはきっと私たちの想像もつかない様な、クリエイティブな活動を思いつくことでしょう。

For that reason, it’s not just important but essential with such a heroic and seminal figure as Harvey Milk that we honor him in this way, that we honor the children in generations to come in spreading this kind of understanding and excitement about their participation in our system.

だからこそこの日の制定は、重要だというだけでなく、必要不可欠なのです。ハーヴィー・ミルクのような代々言い伝えられる英雄を讃えることは、未来の子供たちを讃えることです。社会に参加することの意味を理解し、参加することに感動する、その喜びを伝えられるのです。

We’re very appreciative you are here today to help us remind the Governor of that, and I appreciate all of those who stand with us in that effort in that direction. Thank you very much。

今日ここに集まって下さったみなさんに感謝します。この会見でシュワルツネッガー州知事に制定の重大さを伝えることができます。そして私たちとともに、制定に向かって立ち上がって下さったみなさん、ほんとうにどうもありがとう。

Academy Award Winner Sean Penn, Senator Mark Leno, EQCA Introduce Harvey Milk Day Legislation

ガンディー、キング牧師、ハーヴィー・ミルク

1930年: ハーヴィー・ミルク誕生。ガンディー、英国の塩税反対400kmマーチ、6万人投獄。
1933年: ガンディー、21日絶食。第二次世界大戦開戦。ガンディー、インド民主主義のために大戦参戦反対、が却下。それが引き金となり、非暴力抵抗運動が始まる。
1947年: ガンディー、自由獲得のハンガーストライキ。ハーヴィー・ミルク、高校卒業。
1948年: ガンディー暗殺。
1955年: ローザ・パークス、バスボイコット。
1963年: キング牧師、セルマモンゴメリー非暴力マーチ。
1965年: 黒人投票権議会承認。
1968年: キング牧師暗殺。
1969年: ニューヨークのゲイ暴動「ストーンウォール」
1972年: ハーヴィー・ミルク、サンフランシスコへ転居。
1975年: ハーヴィー・ミルク、市議会議員立候補、落選。
1976年: ハーヴィー・ミルク、下院議員立候補、落選。
1977年: アニタ・ブライアント、反ゲイ運動。
1978年: ハーヴィー・ミルク当選、米国初ゲイ政府役職。ジョン・ブリッグス「州条例6」推進活動、ハーヴィー・ミルクの活動により却下。
1978年: ハーヴィー・ミルク暗殺。
1979年: 暗殺者ダン・ホワイトの不当な刑に対して、サンフランシスコで暴動。
2008年: 「MILK」

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

コーエン兄弟の「クリーンコールクリーン」CM

In Activism, Environment on 2009/03/12 at 22:23


Smells so clean!
すごくクリーンな香り!

Is regular clean clean enough for your family? Now you can have “Clean Coal Clean”. Clean Coal harnesses the awesome power of the word “clean” to make it sounds like cleanest clean there is.
皆さんのお宅は普通のクリーンでご満足ですか?新発売の「クリーンコールクリーン」をお試しください。「クリーンコール」にはクリーンという言葉を – もう今までになかった様な最高にクリーンな – にする素晴らしい力があります。

Clean Coal is supported by the Coal Industry, the most trusted name in coal.
「クリーンコール」は、コールで最も信頼のあるブランド – 石炭業界の提供です。

IN REALITY, THERE’S NO SUCH THING AS CLEAN COAL.
現実: 「クリーンコール」というものは存在しない。
詳しくはTHISISREALITY.ORGへ。
http://thisisreality.org


コーエン兄弟撮影風景

(Brian Hardwick: The Alliance for Climate Protection
ブライアン・ハードウィック: 気候保護同盟)
石炭業界は何年にも渡って宣伝を行っています。私たちはそれに対抗できる情報源とメッセージを持った、初めての環境保護団体の連帯です。現実には、今日「クリーンコール」というものは存在しません。

(Joel Coen ジョエル・コーエン)
今日撮影しているのは、典型的な商品コマーシャルのパロディー風です。「クリーンコール洗剤、これで洗えばみんなクリーンコールクリーン!」クリーンコールクリーンとは、実はクリーンではないんです。セールスマンがニッコリ笑って登場し、でも実際に起こっているのは、この製品がこの一家の人生を破壊している‥。そんなブラックコメディーです。

(Brian Hardwick)
ユーモアでメッセージを送るのは、とても有効な手段です。まず注目させる、笑わせる、そして疑問を持たせる。見た人たちが自分たち自身で知ろうとすることが必要です。私たちは何かを売ろうとしているのではありません。考え方を変えようとしているのです。

This Is Reality(カナリアに聞いてみよう)

US EPA: Burning coal is a leading source of global warming pollution
米国環境保護庁: 石炭の燃焼は地球温暖化公害の主要要因である

US EPA: CO2 emissions from U.S. coal-based electricity are greater than emissions from all the cars and trucks in America
米国環境保護庁: 石炭の電力化で発生する二酸化炭素量は、米国のすべての車両のそれより多い

IEA and MIT database: The Coal industry is spending millions advertising Clean Coal, but not a single Clean Coal power plant exists in the US today.
国際エネルギー機関とマサチューセッツ工科大学のデータ: 石炭業界はクリーンコールの宣伝に多額の出費をしているが、現在米国にクリーンコールによる発電所は存在しない

Blan Holman, Southern Environmental Law Center: “Clean Coal is like a Healthy Cigarette”
ブラン・ホルマン、南部環境法センター: 「クリーンコール」は「健康タバコ」のようなものだ

もっと知りたい!This Is Reality
http://thisisreality.org

The Alliance for Climate Protection 気候保護同盟/代表アル・ゴア
http://climateprotect.org
http://repoweramerica.org
http://wecansolveit.org
http://thisisreality.org

コーエン兄弟監督作品: バーン・アフター・リーディング、ノーカントリー、オー・ブラザー!、ファーゴ、バートン・フィンクなど

私はアフガニスタンに行く、人々の声を記録するために

In Activism, Anti-War, Human Rights on 2009/03/11 at 23:25

(Andrew Bacevich: 国際関係学教授、「The Limits of Power」著者)
単に米軍をアフガニスタンに送っても問題解決にはならない。

(Thomas Barfield: 人類学教授、The American Institute of Afghanistan Studies会長)
皆、軍のことを話題にするが、本当に語るべきなのは彼らの戦略についてだ。アフガニスタンの人々に恩恵を与えることが出来るかどうかだ。

(Ahukria Barakzai、アフガン議員、女性誌Women’s Mirror創始者発行人)
惨事の可能性が、さらに敵や反乱軍を増強するかもしれない。

(Anand Gopal: Christian Science Monitor紙記者)
米軍の中ではこう言われています「村を爆撃して市民を殺すと、その村は永久になくなる」

(Stephen Kinzer: 海外特派員、「Overthrow」著者)
反乱軍に勝つための方法はひとつしかない。人々を味方にすることだ。

(Faiysal Ali Khan: Foundation for Integrated Development Action – FIDA創始者、PESCO Groupディレクター)
今、私たちは心と精神の戦いに敗北しつつある。

(Robert Pape: 政治学教授、「Dying to Win」著者)
私たちが目撃しているのは、地域の民族主義者たちの米国と西側の軍圧への反対だ。

(Dr. Ramazan Bashardost: アフガン議員、大統領候補)
各地区の族長がみなそれぞれ自分の国を制している!

(Carl Conetta: Project on Defense Alternatives)
私たちは宗教も文化も理解していない国々へ何百何千もの人々を送り込んでいる。

アフガニスタン人はおそらく、海外からの抑圧と侵略への抵抗にかけては世界一だろう。

アフガニスタンは世界の優れた軍隊の墓場として知られている。

(Mohammad Osman Tariq: ソビエトアフガン戦Mujahid司令官、National Council for Peace and Democracy in Afghanistan会長)
米国はアフガニスタンに対して別の方法を考える必要がある。

これは軍事問題ではない、軍のやり方では解決できない。

QUESTIONS MUST BE ANSWERED.  DEMAND HEARINGS.
疑問に解答を!審議を要求しよう!


Why Robert Greenwald is going to Afghanistan
私はアフガニスタンに行きます: ロバート・グリーンウォルド

“Rethink Afghanistan” has been launched. The campaign has started and thanks to many of you for getting the word out there. Over 20000 people signed the petition asking for hearings that raise the critical questions.  And we got your feedback from our first video, over and over again people have told us “Yes, we love seeing the experts Bacevich and Kinzer and Pape and others.  But we are really affected by the fact that we had Afghan voices in the video. ”

「アフガニスタンを考え直そう」キャンペーンが行われています。大勢の皆さんに広めていただいて感謝しています。二万人以上が重要な事項を問う審議要求に署名して下さいました。私たちが制作した一本目の映画に対して、たくさんのご意見を頂きました。「専門家の意見を聞けたのはとても良かったけれど、アフガニスタンの人々の声が収録されているということに非常に動かされた」

And it motivated all of us here to go further. A planning to go to Afghanistan.  There are people to interview over there, there are Afghan peace movement, there are bloggers, there are elected officials who are strongly anti-Taliban and strongly opposed to increase troop escalation.

私たちBrave New Filmsのメンバーはみな、この意見に感化され、さらに前進することにしました。アフガニスタンに行くのです。アフガニスタンにはインタヴューしたい人たちがたくさんいます。アフガンの平和運動があります。ブロガーたちがいます。タリバンに反対し、軍増強に強く反対する政府関係者たちがいます。

We need your help. We need to hire local camera people, we need to hire translators, we need to have research done.  As you can imagine there’s lots of logistical planning. Can you help us? We are asking anybody who can, and we know that time is tough economically.  To contribute $20, to make possible, to make sure that “Rethink Afghanistan” campaign continues to have articulated important women and men speaking up from Afghanistan. And for $20, you’ll become a producer.

あなたの助けが必要です。次の映画制作には現地のカメラマンが必要です。翻訳者が必要です。リサーチをしなければなりません。物資や移動も大掛かりです。助力をお願いします。経済状態が厳しい時ですが、出来る方はどうかお願いします。20ドルのドネーションが、私たちの記録活動を実現します。「アフガニスタンを考え直そう」キャンペーンによって、アフガニスタンの人々の大事な声を記録できます。そして20ドルのドネーションで、あなたもプロデューサーになれます。

You can help us complete this documentary.  Donate $20 and be listed as a Producer.  Please join us at RethinkAfghanistan.com.  Thank you.
あなたもこのドキュメンタリーの完成の支援ができます。20ドルで、映画プロデューサーのクレジットに載ります。ありがとう。

Robert Greenwald ロバート・グリーンウォルド

Rethink Afghanistan
http://RethinkAfghanistan.com

プロデューサーリスト
http://rethinkafghanistan.com/producers.php

●世界中からドネーションできます

「戦場でワルツを」監督の短編アニメ「封鎖地区」

In Anti-War, Human Rights on 2009/03/10 at 21:17


Closed Zone / 封鎖地区
http://www.closedzone.com

Gazaガザ地区からの撤退宣言があったにも関わらず、イスラエルはガザ地区の境界線と海路空路の制御を継続している。この制御は、ガザ地区からの唯一の出入り口となっているRafah Crossingラファ・クロッシング(通過検問所)にも及んでいる。

この18ヶ月、イスラエルはガザ地区封鎖をさらに強化し、物資や人々が行き来することをほぼ完全に遮断している。

Hamasハマース政府を威圧する目的で行われているこの政策の本当の犠牲者は、罪のない市民だ。150万人の平穏な生活を望む人々の人権が奪い取られている。彼らが望むのは皆が望むこと‥家族と一緒に暮らしたい、教育を受けたい、医療を受けたい、生活の糧を得たい。

戦闘が行われた2008年12月から2009年1月の3週間、封鎖の弊害はさらに悲劇を起こした。封鎖によってガザ地区の人々は、爆撃から逃れることができなかった。

Gishaギシャ(イスラエルの人権擁護/解放支援団体)は、イスラエルに誓願する。ガザ地区の全面封鎖解除を。封鎖による真の犠牲者は、閉じ込められた150万人の人々だ。夢や大志を抱くことができるためには、移動の自由が不可欠なのだから。


アニメーション「Closed Zone / 封鎖地区」のできるまで

Yoni Goodman ヨニ・グッドマン監督
「Walts with Bashir / 戦場でワルツを」のアニメーション監督

「封鎖」は僕にとって、とても重要なことだ。戦争を経て僕は、このプロジェクトを使命と思うようになった。このアニメーションの少年は、少年でもあり大人でもある。アラブ人でもありユダヤ人でもある。誰もが自分を投影できるキャラクターであること。そして限られた人種の典型にしないことも大事だった。


「Walts with Bashir / 戦場でワルツを」
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/21433/
1982年にレバノン・ベイルートの難民キャンプで起きた、キリスト教徒軍によるパレスチナ難民の大虐殺を描いたドキュメンタリー・アニメーション。アリ・フォルマン監督が実体験に基づいて悲劇の真相を伝える。カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品、アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。2009年秋、シネスイッチ銀座にて日本公開。

Walts with Bashir オフィシャルサイト
http://waltzwithbashir.com

弾丸が壊した扉 – ミルクの死から生まれたコーラス隊

In Civil Rights, LGBT, Music + on 2009/03/08 at 03:46

クリップ: ドキュメンタリー映画「Why We Sing!」から
We’re Not Lost We’re Here – San Francisco Gay Men’s Chorus

160のコーラス隊5000人のシンガーが参加した、国際LGBTコーラス大会での演奏の模様とインタヴューを通して、LGBTコーラスの30年の歴史を振り返り、現在抱える問題を問いかけるドキュメンタリー。
ナレーター: サンフランシスコ市長ギャビン・ニューソム

Why We Sing! なぜ私たちは歌うのか
http://www.whywesing.org

– – – – – – – – – –
“If a bullet should enter my brain, let the bullet destroy every closet door.”
– もし弾丸が私の頭を撃ち抜くとしたら、その弾丸がすべてのクローゼットの扉を壊すだろう – ハーヴィー・ミルク

ハーヴィー・ミルクが「希望のスピーチ」を掲げてアメリカ全土を巡っていた、ゲイ民権運動の1978年。音楽家Jon Reed Sims / ジョン・シムズはミルクの声に応えて、ゲイフリーダム・マーチングバンド、バトントワラーチームを編成した。同時にゲイコーラス隊の編成を始め、1978年10月30日に最初の練習を行った。「ゲイコーラス」の名前で、社会からの偏見を恐れて公の参加を躊躇するメンバーも多くいた。

しかし彼らの本番はまもなく予期せぬ、そして悲しい形で訪れた。最初の練習から一ヶ月後の11月27日、ハーヴィー・ミルクとジョージ・マスコーニが市役所で殺された。その夜、市役所の前に100人のゲイコーラスメンバーが集まった。100の声が 「Thou, Lord, Our Refuge – 主よ、あなたはわれらの避難所である」を即興で合唱した。彼らの初めての公の場での合唱だった。ミルクの死が、SFGMC / サンフランシスコ・ゲイメンズコーラスに産声をあげさせたのだ。

1980年後半から1990年末、AIDSエイズによってSFGMCは多くのメンバーを失った。この時期の演奏会では、エイズの危機を一般に知らせるため のフォーラムや、亡くなった人々への追悼が行われた。メンバーにとって、情報の交換や支え合うことの出来る、数少ない場所のひとつとなった。家族から見放された人々にとって、コーラス隊は本当の家族の役割を果たした。

SFGMCは世界で最初のゲイコーラス隊、現在世界で最も大きな組織だ。世界のLGBTコーラスコミュニティーから、愛情を持って「grandfather/おじいちゃん – 創立の父」と呼ばれている。まだ他にLGBTコーラスが存在しなかった当初、SFGMCは地元での演奏の確立と、教会での演奏の法的許可を獲得する活動を進めた。1981年にはLGBTコーラスを全国に広めるために、レコード「The San Francisco Gay Men’s Chorus Tours America 1981」を発売し、全米9都市への演奏旅行を行った。

1981年のレコードと演奏旅行に影響を受け、米国各地や海外にもゲイコーラス、LGBTコーラスが出来始めた。ワシントンDC・ゲイメンズコーラス、ボストン・ゲイメンズコーラス、バンクーバー・メンズコーラス、メルボルン・ゲイレズビアンコーラスなどを皮切りに、1982年には米国、ヨーロッパ、オーストラリアなどのほとんどの主要都市で編成された。現在世界のLGBTコーラス隊は250以上にもなるとされている。

SFGMC / サンフランシスコ・ゲイメンズコーラス
http://www.sfgmc.org

参照:
http://en.wikipedia.org/wiki/San_Francisco_Gay_Men%27s_Chorus
http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2008/11/29/DD2K14CNRS.DTL

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

ショーン・ペンからの手紙 – We are here to recruit you!

In Activism, Civil Rights, LGBT on 2009/03/06 at 01:15

2009年3月5日
親愛なる100 voices、

今日が転換の日だ。そう、ハーヴィー・ミルクが君たちによく言ったように、”We are here to recruit you.” 君をリクルート/採用するためにこれを書いている。

数分前、カリフォルニア最高裁は「Proposition 8 / 州条例8」同性結婚を無効にする条例の転覆のための証言審議を終えた。今日から90日以内に、最高裁が同性愛者の民権を回復するか不正に剥奪するかが、私たちに知らされることになる。

最高裁がどんな判決を下しても、平等の権利を勝ち取るために、カリフォルニア全土、そして全米で私たちの闘いは続く。

もしこの判決で私たちが勝てば、前回の住民投票で州条例8を支持した人々が、私たちの民権を剥奪するためにまた違った手で運動するだろう。もしこの判決で私たちが負けたら、カリフォルニア住民に再審を訴える準備をしなければならない。どんなことになっても、私たちの最終目標はアメリカ憲法による完全な平等権なのだ。

「Courage Campaign / 勇気のキャンペーン」は現在70万人が登録し、参加者は増え続けている。これからの闘いのための軍隊。ハーヴィー・ミルクが先頭に立って繰り広げたのと同じように、人々の力による運動を起こすのだ。州条例8や「Don’t Ask, Don’t Tell 聞くな言うな」法や結婚保護法によって、権利を剥奪された人々の勝利への抵抗の物語、歴史に誇れる物語を作るのだ。

君を採用するために書いている。私たちの運動を拡大するために、支援して欲しい。できるだけで構わない。どうか支援金を送って欲しい。カリフォルニアの結婚の平等を回復し、アメリカに民権の平等をもたらすために。

http://www.couragecampaign.org/BuildTheMovement

ハーヴィー・ミルクは、組織は底辺から作り上げていかなければならないことを知っていた。ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーの人々が必要としていたのは、ゲイのリーダーであることを知っていた。そしてストレートの同胞との連帯が必要であることを知っていた。

だから私たちは、映画「MILK」を全米で公開することに懸命になってきたのだ。アメリカの新しい世代に見て欲しかったのだ。ハーヴィーが歴史的な勝利を納め平等権を獲得したのは、彼とそして人々の組織の力であったことを。

1978年にハーヴィーが人々を率いて「ブリッグス提案」を却下した時のように、「勇気のキャンペーン」は州条例8を転覆するために、カリフォルニア全土で人々を組織している。「Courage Camp / 勇気のキャンプ」イベントでは、結婚の平等のための活動家へのトレーニングを行っている。地域ごとに「Equality Teams 平等のチーム」を結成している。百万人以上が見た感動の「Fidelity」に代表される、キャンペーンビデオクリップを制作している。

自分たち自身でできる力を持つことが、カリフォルニアそして全米で平等を獲得するための唯一の道だ。「勇気のキャンペーン」はそれを目指し進んでいる。底辺から人々が立ち上がり形成する勇気の軍隊、その成功のために、どうぞ支援をお願いします。

http://www.couragecampaign.org/BuildTheMovement

「勇気のキャンペーン」に参加してくれて、ほんとうにありがとう。

ショーン・ペン、ガス・ヴァン・サント、ダスティン・ランス・ブラック、クリーブ・ジョーンズ、ブルース・コーエン、ダン・ジンクス
(映画MILK、俳優、監督、脚本家、コンサルタント、プロデューサー)

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

映画「ミルク」が一ヶ月前に公開されていたら…ダスティン・ランス・ブラックの声明

In Activism, Civil Rights, LGBT on 2009/03/05 at 02:34

If you believe in life… If you believe in happiness… if you believe in kindness… if you believe in beauty… if you believe in compassion… if you believe in love…
If you believe… then COME OUT, COME OUT, wherever you are… and be with us

もし生きることを信じるなら、幸せを信じるなら、思いやりを信じるなら、美しさを信じるなら、情熱を信じるなら、愛を信じるなら…
もし君が信じるのなら、出ておいで、出ておいで、隠れていないで、そして僕らと一緒になろう

映画「ミルク」がもし2008年10月に公開されていたら
“Harvey Would Have Opened It in October”

http://www.slate.com/id/2205564/

ハーヴィー・ミルクは1978年11月27日に射殺された。彼が政治的な偉業 – 「Proposition 6 /カリフォルニア州条例6」の否決 – を遂げた三週間後だった。同性愛者である学校教師を強制解雇する – という「Proposition 6」の否決国民投票のために、ハーヴィーは大々的なキャンペーンをはり、大成功したのだ。30年後の11月、カリフォルニアは同年に州最高裁で認められた同性愛者の結婚許可の停止「Proposition 8 /カリフォルニア州条例8」の国民投票を迎え、結婚許可支持派は敗北した。映画「MILK」は単なる娯楽映画ではない。もし「MILK」が投票一ヶ月前に公開されていたら…

しかしこの敗北によって「MILK」には新たな意味が生まれた。劇中の「Proposition 6」開票シーンで不安に満ちた人々にハーヴィーは言う「もし強制解雇が通ったら、またやりかえすんだ!」この言葉を受けて、「MILK」脚本家プロデューサーのダスティン・ランス・ブラックとハーヴィーの側近だったクリーブ・ジョーンズは共同声明を出した。

NOW IS THE TIME / 今こそその時(抜粋)
http://www.sevenweekstoequality.com/blog/now-time

2008年11月4日、何百万ものゲイ・レズビアン・バイセクシュアル・トランスジェンダーのすべての人種のアメリカ市民が、胸を張ってバラック・オバマに投票した。そして同じ日にアリゾナ、アーカンソー、カリフォルニア、フロリダの法律はGLBTの市民権を否定する法案を通した。オバマに投票したすべてのアメリカ人同様、私たちはオバマのビジョン – すべてのアメリカ人がひとつになる – に共鳴している。ひとつになって、国や地球にとってもっと大事なことに取り組んでいかなければならない時だ。

私たちはずっと国に尽くして来た。ゲイであることで軍法会議にかけられるかもしれない中で兵隊として尽くして来た。差別されレッテルをはられながらも教師として尽くして来た。苦境の中で親として里親として子供を育てて来た。崩壊した医療システムの中で医者として看護婦看護士として患者を看て来た。芸術家として、作家として、音楽家として、工場やホテルの従業員として、農家やオフィースの働き手として。私たちはずっと国を愛し、尽くして来た。

ハーヴィー・ミルクが平等への闘争に命を捧げてから30年たった。私たちはこれからさらに30年待つことを拒否する。私たちは連邦政府に対して、アメリカ全土で私たちの権利が保護されることを要求する。もう妥協することはできない。もう待つことは出来ない。

アメリカ全土に非暴力市民抵抗運動を呼びかける。2008年11月27日ハーヴィー暗殺30周年の日から7週間。そして2009年1月20日、アメリカ中からワシントンに集合し、オバマ大統領の就任式に参列するのだ。

We can accept no compromise… We can wait no longer… Now is the time… We are equal
私たちは妥協しない、私たちはこれ以上待たない、今がその時だ、私たちは平等だ

EVE OF JUSTICE
http://www.eveofjustice.com
100,000 RALLY FOR EQUALITY
http://www.100000march.org

2009年3月5日、「Proposition 8」結婚許可の停止の撤廃、併発した2008年発行結婚証明書の無効要請の撤廃を州最高裁に誓願する証言公聴会が行われる。カリフォルニア各都市、ニューヨーク、アリゾナ、オクラホマ、フロリダで前夜のロウソク集会、当日の大規模集会が行われる。

Eve of Justice: San Francisco(ビデオ写真集)
http://www.sfgate.com/cgi-bin/object/article?f=/c/a/2009/03/04/BAR916986Q.DTL&o=
Eve of Justice: Los Angeles(写真記事)
http://www.latimes.com/news/local/politics/cal/la-me-gay-marriage5-2009mar05,0,5829409.story

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

ミルク暗殺30周年追悼式、ミルク記念日制定申請

In Activism, Civil Rights, LGBT on 2009/03/04 at 01:45

ジョージ・マスコーニ、ハーヴィー・ミルク、暗殺30周年追悼式
Remembering George Moscone & Harvey Milk, 11/28/2008

2008年11月28日、サンフランシスコは市長ジョージ・マスコーニと市議会委員ハーヴィー・ミルクを偲んだ。市議会委員ダン・ホワイトによって二人が暗殺されたのは1978年11月27日、その日は30周年の翌日だった。マスコーニ市長はサンフランシスコの民権を奪われた人々の保護政策を推進し、後に続く市と州の政治家への雛形を残した。ハーヴィー・ミルクはゲイであることを公にして政府役職に初めて選ばれ、1970年代のゲイの民権運動のパイオニアであった。

市役所前での式典は、サンフランシスコ・ゲイメンズコーラスの合唱で始まった。そしてサンフランシスコ・レズビアンゲイ・フリーダムバンド、レズビアンゲイコーラス、GLAMユースクワイアの演奏や合唱が続いた。二人と親しかった政治家や活動家、そして家族のスピーチが行われた。

– トム・アミアノ(ゲイであることを公にしている州議会議員、LGBT活動家)
– ジョン・マスコーニ(ジョージ・マスコーニの息子)
– ウィリー・ブラウン(元サンフランシスコ市長、SF市長としては唯一の黒人)
– ストゥワート・ミルク(ハーヴィー・ミルクの甥)
– キャロル・ルース・シルバー(政治家、マスコーニとミルクと共に暗殺されるはずだったが、その日自室にいなかったために免れた)
– ハリー・ブリット(暗殺直後、ダイアン・ファインシュタイン市長によってミルクの市議会委員席に指名された)

この日、サンフランシスコ・ゲイメンズコーラスが歌った曲のひとつ「Thou, Lord Our Refuge」。これは1978年の暗殺のあった日の夜、彼らが市役所の前で歌った曲だ。彼らはこの夜、初めて公共の場所で歌った。この夜、全米で初めてのゲイメンズコーラスが誕生したのだ。

市役所の式典の後、人々はロウソクを手にカストロへと向かった。大通りを埋め尽くすキャンドルマーチ。マーチの目的地は「575 カストロ / 575 Castro Street」ハーヴィー・ミルクのカストロカメラがあった場所だ。人々を先導するのはレズビアンゲイ・フリーダムバンド。「575 カストロ」の前で、スピーチが行われた。

– マーク・レノ(2008年当選、ゲイであることを公にしている全米初の上院議員)
– ホゼ・シスネロス(ゲイであることを公にしているサンフランシスコ市財務局長、ラテン系)
– ベヴァン・ダフティー(ゲイであることを公にしているサンフランシスコ市議会議員、父は「Lady Sings the Blues ビリー・ホリディ物語 / 奇妙な果実」の作者ウィリアム・ダフティー、名付け親は歌手ビリー・ホリデー)

Moscone Milk Memorial 2008 – Mark Leno
暗殺30周年追悼式マーク・レノ、スピーチ

皆さんバラック・オバマの当選にまだ興奮していますよね。そしてこうして今、「MILK」のポスターが一面に貼られているカストロシアターのそばにいます。何ヶ月もの間オバマが発していたメッセージの中に、私はハーヴィーの姿を重ねていました。「次の誰かや次の機会を待っていては変化は訪れない。私たち自身が私たちの待ち望んでいた者なのだ。私たち自身が変化なのだ。」ハーヴィーは社会の不平等を知っていました。そしてそれを変えるためには自分たちの地域から変えていかなければならないことを。そして人々が草の根組織を作らなければならないことを。

私はハーヴィーの誕生日5月22日をカリフォルニアの祝日にする法案をを州議会に提出しました。この不況時に政府に負担をかけることはできないので、休日にはなりませんが、毎年その日が「ハーヴィー・ミルク・ディ」として祝われ、学校で生徒が彼のことを学ぶようになります。しかしシュワルツネーガー州知事はこれを拒否しました。その意図はサンフランシスコだけに押さえてくれ、という返答です。でも映画「MILK」が全国的に広まれば、これはサンフランシスコだけのことではなくなります。そして世界にも広がります。ミルクの物語は時代を超えて国境を越えて、語り継がれるべきなのです。自由と解放の物語、人が尊厳と自由を持って生きられるための。リンカーンやキング牧師やシーザー・シャベスやガンディーの物語のように。私は来年この法案を再度提出します。それまで皆さん、ロウソクを掲げ続けて下さい。

Academy Award Winner Sean Penn Joins Senetor Mark Leno and EQCA
2009年3月3日、俳優ショーン・ペンが上院議員マーク・レノと合同で「州法案572: 5月22日ハーヴィー・ミルク記念日の制定」を提出。

http://dist03.casen.govoffice.com/index.asp?Type=B_PR&SEC={F0DFD1A5-1C7B-4F09-9F09-C48A423D1072}&DE={2A4D57CB-84F2-4921-983B-045BE6E175DA}

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

シルベスター: ミルク革命のサントラはディスコビート

In Civil Rights, LGBT, Music + on 2009/03/02 at 23:08

ここで見ることが出来ます http://youtube.com/watch?v=Ue2UXnxp8Rs

映画MILKオフィシャルサイト記事: ミルク革命のサントラはディスコビート
Milk Marched to a Disco Beat

http://www.filminfocus.com/article/milk_marched_to_a_disco_beat

映画ミルクの半ば、何度も落選した後に市議会委員に当選した、歓喜の祝賀パーティーのシーン。会場でミルクが喜びを分かち合う一人が、両性の魅力とファルセットの黒人歌手シルベスターだ。この翌年彼は「You Make Me Feel (Mighty Real) ユー・メイク・ミー・フィール」と「Dance (Disco Heat)」で国際的なディスコスターとなる。カストロ地区のパーティーやパレードにはいつも二人の姿があった。シルベスターはミルクの最後の誕生日に歌ったし、オープンカーに座ってTシャツ姿で手を振っていたミルクの最後のプライドパレードにも出演した。もしミルクがカストロの市長なら、シルベスターは紛れもなくカストロのファーストレディーだ。ゲイ文化の象徴であり、ゲイムーブメントの最も有名なサウンドトラックだ。シルベスターとミルクは同じムーブメントの中にいた。拠点が同じだからというだけでない。彼らが密接な関係だったことは、ミルクの率いるゲイ改革運動にいかに音楽(特にダンスミュージック)が重要な役割を果たしたかを物語っている。

すべての社会運動に音楽がある。「We Shall Not Be Moved」、バッファロー・スプリングフィールド、オバマガールズ‥。1960年代そして1970年代前半、音楽によって助長され拡大した文化があった。60年代の性の自由、ヒッピー文化、ジャニス・ジョプリン、ジェファーソン・エアプレイン。70年代初頭のブリティッシュ・グリッター・グラム。デビッド・ボーイ、Tレックス、ロキシー・ミュージック。彼らは挑発的な性の融合、時に同性愛をも崇めた。だがゲイ革命運動がテーマ曲にしたのは – それなしでは運動さえ起こらなかったかもしれない音楽は – ディスコ。ゲイ革命に流れたのは「We Shall Overcome」ではなく「We Are Family」。そしてゲイ革命を突き進めたのは闘いではなく「ダンス」だった。

(中略)

ハーヴィー・ミルクとジョージ・マスコーニが殺されて数ヶ月後、シルヴェスターは長年の夢サンフランシスコ・オペラハウスで歌った。ソルドアウトだ。ツァーからのホームカミングパーティーとされたコンサートだったが、反ゲイ運動を展開するアニタ・ブライアントとジョン・ブリッグス、そしてダン・ホワイトへの怒りが底辺に込められていた。バックシンガー(イゾラ・アームステッドとマーサ・ウォルシュ = Two Tons of Fun = The Weather Girls = “Everybody Dance Now”)とバンド総勢26名。フィナーレの「You Make Me Feel (Mighty Real)」が急にスローになり、ディスコが一転してヒム/賛美歌になり会場が教会に変わる。シルベスターの指揮で会場が代わる代わるテーマを歌い、オペラハウスに「You Make Me Feel (Mighty Real)」が響き渡る。シルベスターの合図でバンドがフル演奏を始め、会場の声が合流した。まるですべての人々が手を繋いでいるように。

Sylvester: Living Proof – シルベスター: オペラハウスライブ
http://www.amazon.com/dp/B000000XHH

http://www.amazon.co.jp/dp/B000000XHH

その数ヶ月後1979年5月21日、ゲイでも黒人でもアジア人でもない陪審員たちによって、ダン・ホワイトに過失致死による7年8ヶ月の判決が下った。何千もの人々が市役所へのマーチに加わり、不条理な判決に抗議した。窓を割る者、パトカーに火を付ける者。警官は非常体制で乗り込み、カストロ地区を閉鎖し、シルベスターが毎日曜歌うバーElephant Walkをなぎ倒した。だがElephant Walkは翌日開店。そしてその日は丁度ミルクの誕生日だった。ミルクの友人クリーブ・ジョーンズがパーティーを企画し、二万人が集まった。「警官のツラにディスコをぶつけてやるのよ!」二万人がハッピー・バースデーを歌い、マリファナを吹かし、ビールを飲み、そして踊った。ジャーナリストのランディー・シルトは言った「嵐の様な暴動を起こしておきながら、一夜明けるとピースなディスコパーティーができるとは、同性愛のなんと素晴らしい才能!」シルベスターが舞台に上がり「You Make Me Feel (Mighty Real)」を歌い出すと、二万人は踊り、踊り、踊った。「やつらが攻撃してくる時、かわすコツは踊り続けること」

文: ジョシュア・ギャムソン Joshua Gamson
著書: The Fabulous Sylvester:  The Legend, The Music, The Seventies in San Francisco

http://www.amazon.com/dp/0312425694

http://www.amazon.co.jp/dp/0312425694

SYLVESTER: MIGHTY REAL シルベスターのドキュメンタリー
http://www.vimeo.com/2225907(クリップ)
http://www.officialsylvester.com

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

活動家スティービー・ワンダー、ガーシュイン賞受賞ライブ全編

In Activism, Civil Rights, Music + on 2009/03/01 at 00:31

1974年: You Haven’t Done Nothing「悪夢」

アルバム「ファースト・フィナーレ」から、バックにジャクソン5をフィーチャーしたファンクシングル。スティービーの四番目のポップチャート#1。ニクソン大統領に対する怒りをまっこうから叩き付けた曲で、B面にはやはり政治的な内容の「ビッグ・ブラザー」が収録された。

1981年: Happy Birthday「ハッピー・バースデイ」

スティービーはキング牧師誕生日祝日化運動の中心人物だった。この曲のヒットによって、運動が広く知られることになった。アルバム「ホッター・ザン・ジュライ」に収録され、キング牧師と民権運動の写真、スティービー自身によって書かれた解説文がLPスリーブに記載された。

2008年2月: UCLAオバマラリー

私たちの祖先と神の名において、私たちの命、この国とそして世界の命の原則を守るために生きて死んでいった人たちの名において、今日私はここにいます。私にはビジョンがありました。キング牧師の誕生日を祝日にすると言った時、人々は信じなかった。でも実現しました。南アフリカの解放のビジョンもありました。マンデラの名において、私はここにいます。そして今、私にはアメリカのすべての人々がひとつになるビジョンがあります。だからオバマを支援するのです。オバマにはアメリカをひとつにすることができます。

2009年2月25日: オバマ、ガーシュイン賞を授与

ミシェルと同様、スティービーの音楽は私の若い頃のサウンドトラックだ。彼の音楽は私に平和と激励を与えた。特に人生の困難に立ち向かう時。本当のところ、もしスティービーのファンでなかったら、ミシェルとデートしてもらえなかっただろうし、結婚もしていなかったかもしれない。二人ともスティービーを好きだったことが、交際中そして今も要だ。私たちだけではない。世界の大勢の人々が彼の音楽を愛し、同様な安らぎを見いだしている。困難の中で、彼の音楽で希望と人類愛を見いだしている。

米国議会図書館ガーシュイン賞(アメリカポップソング最高賞)
ホワイトハウスでの賞授与とコンサート、オンラインフィード(1時間)

PBS: In Performance at The White House
http://www.pbs.org/inperformanceatthewhitehouse/

ホスト: オバマ夫妻、演奏: スティービー・ワンダー、インディア・アリー、トニー・ベネット、アニタ・ジョンソン、ダイアナ・クラール、メリー・メリー、マルティナ・マクブライド、ポール・サイモン、エスペランザ・スパルディング

国際女性デー: パワフルノイズ、ライブ!

In Civil Rights, Human Rights on 2009/02/27 at 01:02


Hanh learned that she had contracted HIV after her husband and daughter died from AIDS. Bouncing back from despair, she started a self-help group in Vietnam, called Immortal Flower, to give people living with HIV/AIDS a place for support, counseling and health care.

‥昔、この土地はとても平和で住みやすかった。エイズが蔓延するまでは。この村を変えなえれば、私たち感染者自身の手で。「コンドームを洗っては駄目!使うのは一度だけよ!」‥

夫と娘をエイズでなくした後、ハナは自分もHIVに感染していることを知った。絶望から立ち直ったハナは、ベトナムの自分の村にコミュニティーを作った。HIV、エイズと共に生きる人々のためのカウンセリングやケアを、自分たちの力で与え合うコミュニティーは、「Immortal Flower / 不死の花」と名付けられた。

Nada is a working mother of three children. As a refugee, she survived the Bosnian War. Her women’s association, Maja Kravica, is helping ease hostilities between Serbs and Bosniaks in a region marred by war crimes and massive destruction. Nada is building an agricultural cooperative to offer employment opportunities for war widows, and fair trade markets for families to sell their crops and livestock.

‥この戦争で得たものは何もないわ。ここでは名前でレッテルを貼られる。私を見て欲しい、民族ではなくて人間として判断してほしいんです。‥

ナダは働きながら三人の子供を育てる、ボズニア戦災者。ナダの住む村クラヴィカの女性団体「Maja / マヤ」は、戦争犯罪と大規模崩壊で荒れ果てた地域で、セルビア人とボズニア人の対立を緩和する活動をしている。そこでナダは農業共同体を作り、戦争で家族を亡くした女性たちに仕事を与え、彼女たちが作物や家畜を売ることができるフェアトレード市場を提供している。

Jacqueline, better known as “Madame Urbain” fights forced labor practices in the slums of Bamako, Mali. Madame Urbain stands up for the rights of powerless girls who are often abused in the workplace or on the streets of the big city. Her organization, APAF, provides girls a basic education, teaches them vocational skills and places them in safe jobs.

‥親たちは子供たちのことを考えていない。子供は神が与えた労働力だと思っているんです。特に女の子は。「みんな、聞きなさい!娘たちを学校に行かせなさい!」‥

ジャクリーンの呼び名は「マダム・ウルベイン」。マリのバマコの貧民地区での不正強制労働と闘っている。都市の路上や作業場で虐待されている無力の少女たち。マダム・ウルベインは彼女たちの権利のために闘っている。彼女の団体APAFでは、少女たちに基礎教育を与え、仕事の技術を教えて、少女たちを安全な職場に就かせる活動をしている。

Three very different lives. Three vastly different worlds. But they share something in common: Power. These women are each overcoming gender barriers to rise up and claim a voice in their societies. Through their empowerment and ability to empower others, Hanh, Nada and Jacqueline are sparking remarkable changes.

三つの異なった人生。三つの全く違う世界。でも三人には共通しているものがある。POWER – 力。三人は女性である壁を乗り越え、自分たちの社会で自分たちの声を上げた。彼女たち自身の力、そして周囲にも力を与えることのできる能力。ハナ、ナダ、ジャクリーンはそれぞれの地域に輝かしい変化をもたらしている。

A POWERFUL NOISE Live!
全米イベント: パワフルノイズ、ライブ!

On Thursday, March 5, 2009, A POWERFUL NOISE Live will appear in 450 movie theatres across the United States. This one-night event will feature the acclaimed documentary followed by a town hall discussion broadcast live from New York City to each theatre. Panelists include Madeleine K. Albright, Natalie Portman, Christy Turlington Burns, Nicholas Kristof, Dr. Helene Gayle and more.

2009年3月5日木曜「パワフルノイズ、ライブ!」が全米450の劇場で一斉上映されます。一晩だけのイベント。ドキュメンタリー「パワフルノイズ」上映の後、ニューヨークで行われるタウンホール討論会の模様が全国に中継されます。討論会出演者は、元国務長官マドレーン・オルブライト、女優ナタリー・ポートマン、国際協力団体CAREのクリスティー・バーンズとヘレン・ゲイル、ジャーナリストのニコラス・クリストフら。

A POWERFUL NOISE Live begins at 7:30pmET/6:30pmCT
5:30pmMT/8pmPT(taped).

パワフルノイズ、オフィシャルサイト
(上映館の検索、討論会への質問送信ができます)
http://www.apowerfulnoise.org
http://apowerfulnoise.fathomevents.com

アースアワー2009, 3月28日土曜午後8:30

In Environment on 2009/02/26 at 02:35

I’m just one person. What can I do about global warming? I try to be environmentally aware. I try not to be wasteful. I try to do the right thing. But I’m just one person…
私はたった一人。地球温暖化に何が出来る?環境について勉強したり、無駄をなくしたり、出来ることはやっているけれど、でもたった一人‥。

On 31 March 2007, for one hour, one city made a powerful statement about the urgent need for action on global warming…by turning off its lights.

2007年3月31日、たった一時間、たったひとつの市がとても力強いメッセージを送った。地球温暖化へのアクションが今すぐに求められていることを。その市は一時間、電気を消した。

Earth Hour 2007 brought together families, businesses, local councils & Hollywood stars. 2.2 million people in Sydney turned off their lights.

アースアワー2007は一般家庭を、会社を、地域の委員会を、ハリウッドのスターたちを、ひとつにまとめた。シドニーの220万人が電気を消した。

What began as one city taking a stand, caught the attention of the world. And in 2008 Earth Hour went global. Earth Hour 2008 brought together 35 countries & over 370 cities.

たったひとつの市のアクションが、世界の注目を浴びた。2008年アースアワーは地球に広がり、35カ国370以上の都市がひとつになった。

Toronto CANADA, Suva FIJI, Phoenix USA, Rome ITALY, New York USA, Tel Aviv ISRAEL, Casey Station ANTARCTICA, Christchurch NEW ZEALAND, Chicago USA, Canberra AUSTRALIA, Copenhagen DENMARK, San Francisco USA, Manila PHILIPPINES, Atlanta USA, Sydney AUSTRALIA.

カナダのトロント、フィージーのスバ、アメリカのフェニックス、イタリアのローマ、アメリカのニューヨーク、イスラエルのテルアビブ、南極のケーシー基地、ニュージーランドのクリストチャーチ、アメリカのシカゴ、オーストラリアのキャンベラ、デンマークのコペンハーゲン、アメリカのサンフランシスコ、フィリピンのマニラ、アメリカのアトランタ、そしてオーストラリアのシドニー。

Millions gave their support globally.

世界の何百万もの人々が支援を表明した。

Hello, I’m Richard Branson and I want you to stand up and join us in the fight against climate change.

リチャード・ブランソン: 気候変動と闘うために一緒に立ち上がろう!

I’m Nelly Furtado, and I know as well as anyone a great idea is hard to come by.

ネリー・ファータド: みんなそう思うでしょ?こんなに素晴らしいアイデアは滅多にないわ。

Cate Blanchett: It’s very rare in the place of our life to stop and think about how much we consume and the way we live our lives, so I think it’s a beginning.

ケイト・ブランシェット: 毎日の生活の中で、私たちがどれだけ消費しているのか、私たちの暮らし方はどうなのか、こうして立ち止まって考える機会は本当に稀です。だからこれは‥考えることへの第一歩ですよね。

In Australia alone, 58% of Australian adults participated. And with over 10214 Google news items, and 24958 Earth Hour blogs, it stopped being a Sydney event, and became a global movement. It is estimated that globally 50 million people took part in Earth Hour 2008.

オーストラリアだけでも58%の大人が参加した。グーグルの関連ニュース10214件、アースアワーに関するブログ24958エントリー。アースアワーは「シドニーのイベント」ではなく「世界のイベント」世界のムーブメントになった。アースアワー2008への参加者は、世界で約5000万人だった。

Help us make Earth Hour 2009 even bigger.
アースアワー2009をもっと大きなムーブメントにしよう!
Earth Hour 2009 March 28, 8:30PM
アースアワー2009 3月28日8:30PM

This year, the world’s first global election is taking place, an election between earth and global warming. It’s not about what country you are from, but what planet you are from. Your light switch is your vote. We need one billion votes for earth, because our planet is worth saving. Vote Earth by simply switching off your lights for one hour and join the world for Earth Hour. Saturday march 28th, 8:30-9:30pm.

アースアワー2009 キャンペーン「地球に投票しよう」

今年、世界初の世界選挙が行われます。地球に投票するか、温暖化に投票するか。あなたがどの国にいるかは関係ありません。あなたがどの星にいるのかが重要なのです。あなたの電気のスイッチが投票箱。地球が当選するには、10億票が必要です。地球はそれほど大事なものなのだから。

地球に投票してください。3月28日土曜午後8:30から9:30まで一時間電気を消す‥あなたの一票です。

アースアワー、オフィシャルサイト
EARTH HOUR 2009

http://www.earthhour.org/

アースアワーグッズ
http://www.earthhour.org/downloads/

アースアワーポスター、シェパード・フェイリー
EARTH HOUR 2009 Poster: Shepard Fairey

http://www.flickr.com/photos/earthhour_global/

– – – – – – –
WWF日本「Earth Hour(アース・アワー) 2009」開催をめざして
http://www.wwf.or.jp/activity/climate/news/2009/20090109.htm

ダスティン・ランス・ブラック: ミルク脚本賞

In Civil Rights, LGBT on 2009/02/23 at 01:18


ここで見ることが出来ます http://share.ovi.com/media/atmain.public/atmain.10048

This was not an easy film to make.  At first I have to thank Cleve Jones, Anne Kronenberg and all the real life people who shared the story with me. And Gus Van Sant and Sean Penn, Emile Hirsch, Josh Brolin, James Franco and our entire cast, my producers Dan Jinks, Bruce Cohen and everyone on the ground of Focus, for taking on a challenge on telling this life saving story.

「MILK / ミルク」の製作は容易ではありませんでした。始めにクリーブ・ジョーンズ、アン・クローネンバーグ、ミルクと過ごした年月を僕に教えてくれた人々に感謝します。そしてガス・ヴァン・サント、ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ジェームス・フランコ、すべてのキャストメンバー。プロデューサーのダン・ジンクス、ブルース・コーエン、そしてフォーカス映画のすべての人々に。この「人の命を救う」物語を伝えるという難題に挑戦してくれたことに感謝します。

When I was thirteen years old, my beautiful mother and father moved me from conservative Mormon home in San Antonio TX to California. And I heard the story of Harvey Milk.  And it gave me hope. It gave me the hope to live my life, it gave me the hope to one day I can live my life openly as who I am, and maybe even I could fall in love, and one day get married.

僕が13才の時、美しい僕の母と父は、テキサス州サンアントニオの保守的なモルモン教の家庭から、僕を連れ出してくれました。そして僕はハーヴィー・ミルクのことを知ったのです。そして希望をもらいました。自分の人生を生きる希望、僕が僕としてありのままに生きて行ける人生への希望、そしていつか愛する人と巡り会い結婚できるという希望。

I wanna thank my mom, who’s always loved me for who I am even when there was pressure not to.  But most of all, if Harvey had not be taken from us 30 years ago, I think he want me to say, to all of the gay and lesbian kids out there tonight who have been told who are less by their churches, by the government, or by their families, that you are beautiful, wonderful creatures of the value.  And no matter anyone tells you God loves you, and very soon I promise you will have equal rights, federally across this nation of ours.

母に感謝します。母はいつも僕を愛してくれた、周囲の偏見の中でもずっと変わらずに。もしハーヴィーが30年前に僕たちの元から離れなかったら、きっと今日こう言うでしょう。「すべてのゲイ・レズビアンである子供たち若者たち、教会や政府や家族たちから『劣等』と言われて来た君たちへ。君たちは美しい、そして価値のある素晴らしい人間だ。誰がなんと言おうと、神は君たちを愛している。そしてもうすぐ、君たちに平等な人権が与えられる。僕たちの国の西から東まで、政府による正当な人権が。僕は約束する」

Thank you, and thank you God for giving us Harvey Milk.

ありがとう、そしてハーヴィー・ミルクを僕らに与えて下さった神よ、ありがとう。


ここで見ることが出来ます http://youtube.com/watch?v=Zt9eZnA0-EI

I believe it was right after he was elected, he says “Somewhere out there, there’s a kid in San Antonio TX”, which is where I’m from, “who’s gonna hear that a gay man was elected in the public office, and it’s gonna give him hope” and I just went losing it, broke down and cry, because I was very much that kid growing up.

あれは彼が当選してすぐのスピーチだったと思います。「テキサス州サンアントニオのどこかに少年がいる」僕の出身地です「その少年がある日、同性愛者が政府の役職に当選したことを知る。それはその少年に希望を与える。」それを聞いて僕は、感動に我を忘れて、泣き崩れてしまいました。だって、僕はまさにその「少年」だったから。

And to hear like him, someone like that saying that “Hey, not only you are OK, but you can do great things. Look at me, I’m sitting at the top of the car and I’m elected to the public office, and there’s nothing that can stop me.”  That’s probably the moment that I thought that, you know, we got to get the story back there to continue this message.

彼は言っていた「君はちゃんとした普通の人間というだけじゃない。素晴らしいことが成し遂げられるんだ。僕を見てごらん。政府の役職に選ばれて、オープンカーの上で手を振っているんだよ。僕を止められるものはなにもないんだ」その瞬間、僕の心は決まっていました。彼のメッセージを伝え続けるために、彼の物語をもう一度作らなければ‥と。

– – – – – – – – – –
Pay it forward: Send your thanks to Dustin Lance Black, Sean Penn and Cleve Jones for making “Milk” possible
Watch this inspiring speech, sign the thank you note and invite your friends to watch the video as well

「MILK」を作ってくれた人々に感謝のメールを出そう
ダスティン・ランス・ブラックの素晴らしいスピーチを友達に知らせよう
http://www.couragecampaign.org/ThankYouForMilk

– – – – – – – – – –
過去ブログ: ハーヴェイ・ミルク最後のスピーチ「希望がなければ」
https://100voices.wordpress.com/2009/02/14/got-hope/

MILK(2008)
アカデミー賞最優秀男優賞、オリジナル脚本賞受賞
http://youtube.com/watch?v=s2kD-9QZOs4

http://milkthemovie.com

http://milk-movie.jp/

The Time Of Harvey Milk (1984)
アカデミー賞ベスト・ドキュメンタリー受賞
http://youtube.com/watch?v=Ohd2txsNf0o

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

ワールドマーチ、平和と非暴力への地球マーチ

In Activism, Anti-War, Human Rights, No Nuke on 2009/02/19 at 00:21

We fell in love with the word, the most beautiful word of all, the only one that describes something that is not there.. PEACE.

この言葉に恋してしまった。世界で一番美しい言葉、そこにないものを言い表す唯一の言葉‥「平和」

We fell in love with an idea, the only one that really counts, bring peace and nonviolence to the world.

このアイデアに恋してしまった。本当に大事なのはこのことだけ。世界に平和と非暴力をもたらすこと。

And we are doing it, with the biggest world march ever known to mankind, THE MARCH FOR PEACE AND NON VIOLENCE.

だから僕らはやるんだ。人類史上最大の地球規模マーチ。平和と非暴力のためのマーチを。

The journey will spin across nearly 100 countries, 6 continents, with the direct participation of millions of people.

マーチは続くんだ。世界100カ国六大陸をつないで。何百万の人々が歩いてつなげるんだ。

And the initiative that started with the NGO – World Without Wars – which compels hundreds of organizations and celebrities to join in.

NGO World Without Warsが発起団体となり、何百もの団体や著名人が賛同参加している。

Let’s all work together for a better world.  From October 2nd 2009, the birth anniversary of Gandhi until January 2nd of 2010, millions of people will be walking to create a better future.

もっと素晴らしい世界のために、一緒に歩こう!2009年ガンディーの誕生日10月2日から、2010年1月2日まで、よりよい未来を作るために大勢の人々が歩く。

Ours, without violence, without wars, without nuclear weapons.  A future of peace and nonviolence.  You too will fall in love with the most beautiful word in the world.  Start walking.. with us!

僕らの未来、暴力のない、戦争のない、核兵器のない、平和と非暴力の未来。君もきっと恋をする、世界で一番美しい言葉に。僕らと一緒に歩き始めよう!

WORLD MARCH FOR PEACE AND NONVIOLENCE
http://www.theworldmarch.org

WORLD WITHOUT WARS
http://www.mundosinguerras.org

2009年2月現在の賛同団体賛同者の一部
http://www.theworldmarch.org/who
ヴィゴ・モーテンセン、フリオ・ボッカ、インテルナツィオナーレ・ミラノ、ピート・シーガー、ダライ・ラマ、アムネスティー、マキシミリアーノ・グエラ、グリーンピース、フィリップ・グラス、フアネス、デズモンド・ツツ、ジョゼ・サラマーゴ、ノア、ノーム・チョムスキー‥

世界参加都市連絡先
http://www.theworldmarch.org/contact

Recovery.gov: 米国復興再投資計画ポータル

In Politics on 2009/02/17 at 21:51

In the face of an economic crisis we haven’t seen since the Great Depression, The American Recovery and Reinvestment Plan represents a strategic and significant investment in our country’s future.  The size and scale of this plan demand unprecedented efforts to root out waste, inefficiency and unnecessary spending.

30年代大恐慌以来の経済危機に直面する今、このARRP米国復興再投資計画が提示しているのは、我国の未来への重大な投資です。これほどの大規模な計画を推進するためには、無駄や効率の悪さ、そして不必要な出費を、今までにない努力を費やして根絶しなければなりません。

Recovery.gov will be the online portal for these efforts. Publishing information about how the funding secured by the legislation will be spent in a timely, targeted and transparent manner. Instead of politicians doling out money behind closed doors, the important decisions about where taxpayer dollars are invested will be yours to scrutinize.

Recovery.govは、これらの努力へのオンライン・ポータルです。ARRPによって確保された政府援助金の動向をwebで公開することは、的確な援助、そして行政の透明性につながります。閉じられた扉の裏で政治家たちが勝手に予算を分配するのではなく、税金がどのように使われるのかを、みなさんの目で見て欲しいのです。

Right now, Recovery.gov provides projections, based on the planning that went into the legislation.  And once the money starts to go out to build new roads, modernize schools and create new jobs, you’ll be able to see how, when and where it is spent.

現在Recovery.govでは、ARRPに基づいた計画予定を公開しています。ARRPの援助金の投資が始まると、新しい道路が作られ、学校が近代化され、新しい仕事が増えていきます。どこでどのように投資金が使われているかを、Recovery.govでお伝えして行きます。

So take a look now, but come back often. Recovery.gov will be changing and growing a lot in the weeks and months ahead. And we’re counting on your participation. Thank you.

Recovery.govを訪れて下さい。これからの数週間数ヶ月、Recovery.govはどんどん変化して行きます。どうか頻繁に訪れて下さい。あなたの参加を待っています。ありがとう!

米国復興再投資計画ポータル
http://Recovery.gov

– – – – – – – –
President Obama Portals: オバマ大統領米国政府関連オフィシャルサイト

USAServe.org 奉仕活動支援ポータル
http://USAService.org
関連ブログ: USAService.org
https://100voices.wordpress.com/2009/01/26/usaserviceorg/

White House ホワイトハウス
http://youtube.com/whitehouse

http://whitehouse.gov

Presidential Inaugural 就任式委員会
http://youtube.com/inauguration
http://pic2009.org

President-elect Obama 移行期間活動
http://change.gov
http://youtube.com/ChangeDotGov

BarackObama.com 選挙活動
http://barackobama.com
http://youtube.com/BarackObamadotcom

使い捨て文化の内幕「The Story of Stuff」日本語版

In Environment, Human Rights on 2009/02/17 at 01:11


THE STORY OF STUFF 物の話: 予告編1

It’s all about externalizing the costs. What that means is the real costs of making stuff aren’t captured in the price. In other words, we aren’t really paying for the stuff we buy.

経費は外に‥物を作るための本当の経費は、物の価格には含まれていない。つまり、私たちは本当の対価を物に払っていないんです。

I was thinking about this the other day. I was walking to work and I wanted to listen to the news so I popped into this Radio Shack to buy a radio. I found this cute little green radio for 4 dollars and 99 cents. I was standing there in line to buy this radio and I wondering how $4.99 could possibly capture the costs of making this radio and getting it to my hands.

会社に歩いて通うから、ラジオでニュースを聞きながら歩きたいなぁと思って、ラジオシャック(電気屋)に寄りました。そしたら小さな緑のかわいいラジオが4ドル99セント。レジに並んでいる時思ったのだけれど、たった4ドル99セントでどうしてこんなラジオが売れるんだろうって。

The metal was probably mined in South Africa, the petroleum was probably drilled in Iraq, the plastics were probably produced in China, and maybe the whole thing was assembled by some 15 year old in a maquiladora in Mexico. $4.99 wouldn’t even pay the rent for the shelf space it occupied until I came along, let alone part of the staff guy’s salary that helped me pick it out, or the multiple ocean cruises and truck rides pieces of this radio went on. That’s how I realized, I didn’t pay for the radio. ..So, who did pay?

鉱石はたぶん南アメリカで採掘されて、原油はたぶんイラクで掘られて、プラスチックはたぶん中国製、そしてたぶんメキシコの工場で15才位の子供が組み立てたに違いない。4ドル99セントじゃ、店の棚賃にもならない。探してくれた店の店員の給料にもならない。遠くからこのラジオを運んで来た船賃やトラック代にもならない。そして気がついたんです。私がラジオにお金を払っているんじゃない。‥じゃぁ、誰が払っているの?


THE STORY OF STUFF 物の話: 予告編2

Planned obsolescence is another word for “designed for the dump.” It means they actually make stuff that is designed to be useless as quickly as possible so we will chuck it and go buy a new one. It’s obvious with stuff like plastic bags and coffee cups, but now it’s even big stuff: mops, DVDs, cameras, barbeques even, everything!

「PLANNED OBSOLESCENCE: 計画的老朽化」すなわち、捨てるためデザインされている‥ということ。できるだけ早く使い物にならないようにして、捨てて新しい物を買わなければならないようにデザインされているということ。レジバッグやコーヒーカップは明らかにそうだけれど、もっとしっかりした物、モップやDVDやカメラや、バーベキューグリルも!

Even computers. Have you noticed that when you buy a computer now, the technology is changing so fast that within a couple years, it’s (your new computer) actually an impediment to communication. I was curious about this so I opened up a big desk top computer to see what was inside. And I found out that the piece that changes each year is just a tiny little piece in the corner. But you can’t just change that one piece, because each new version is a different shape, so you gotta chuck the whole thing and buy a new one.

そしてコンピュータまで!コンピュータを買うと、技術の変化が早すぎて、二年もするとネット通信がスムーズに出来なりますよね。どうしてだろう?と思ってデスクトップパソコンを開けて中身を見てみました。そしたら毎年変わって行くのは隅っこにある小さなチップだけ。けれど、毎年形が変わるから、それだけを変えることはできないんです。だから大きなパソコン全部を捨てて、新しいのを買わなければならないっていうわけ。

– – – – – – – –
The Story of Stuff / 物の話」は消費主義社会の内幕に迫った刺激的な物語。原料の搾取からiPodの焼却まで、使い捨て文化の代価を暴露する。20分のアニメーションはほんの始まり。どんどん学んで、そんな世界を変える活動に参加しよう!
http://StoryofStuff.com

10 Little and Big Things You Can Do
すぐに出来る!世界を変える10の方法

http://www.storyofstuff.com/anotherway.html

– – – – – – – –
2007年12月4日に公開されたオンラインドキュメンタリー「The Story of Stuff」。ラルフ・ネーダーが「a model of clarity and motivation / 明確さと啓蒙の雛形」と評した本作は、公開以来400万人以上に閲覧され、現在世界のボランティアによって12カ国語に翻訳され字幕が付けられている。
http://www.storyofstuff.com/international

●このサイトに現在「日本語」の表示がありませんが、任意の外国語を選び、映像のbufferingが終わり右上に表示される「SUB」のリストから「Japanese」を選び、日本語の字幕を表示させることができます。

●日本語字幕作者のページで、字幕付き全編を見ることが出来ます。
The Story of Stuff 日本語版!
http://indiesatellite.jp/?p=46
http://video.google.com/videoplay?docid=-6931908723672573872

ブラックリスト – 黒人著名人たちの人生集

In Civil Rights on 2009/02/15 at 01:18

the blacklist..a list of person who are disapproved of, or are to be punished or boycotted.. Imagine reclaiming that phrase and resuscitating the term.  In our case, an assembly of short stories on race, struggle and achievement.

「ブラックリスト」の辞書の意味は、認められていない人のリスト、罰せられるべき人のリスト、拒否されるべき人のリスト。この意味を考え直して生き返らせてみよう。僕らの「ブラックリスト」の意味付けは、黒人の人生談リスト。人種について、葛藤やそして勝ち取ったもの、彼らの物語のリストだ。

Slash(スラッシュ、ガンズ・アンド・ローゼズ、ヴェルヴェット・リヴォルヴァー)
http://blacklistproject.com/List/Slash.htm

ガンズのメンバーであり黒人であることで、アクセルなんかと倫理観が違うと感じたのは、たぶん一度だけかなぁ。アクセルが書いた「One in a Million」っていう曲をプレイし始めた時だ。ほとんど覚えていないくらいなんだが、歌詞が「移民野郎、ホモ野郎、ポリ公、ニガー」。その時初めて俺は言ったんだ「あのさぁ、お前がそういう言い方するの、不愉快なんだよなぁ。」

Chris Rock(クリス・ロック、コメディアン)
http://blacklistproject.com/List/Rock.htm

隣に住んでるのは誰だ?隣は白人だが仕事は何だ?歯医者か、彼はただの歯医者だ、それがアメリカだ‥ってか?だけど親父はよく言ってたよ「何をやっても白人には絶対に勝てん。パンチでのすことはできるけどな。おまえが6で相手が5でも白人が勝つ。裁判所に持って行っても駄目だ。どんなに優勢をふるっても必ず負ける」黒人は一生黒人だ。どこにいてもいるだけで、その存在に過剰に反応される。良いにしろ悪いにしろ‥サ。

Russell Simmons(ラッセル・シモンズ、Def Jam)
http://blacklistproject.com/List/Simmons.htm

黒人でも財や地位のある人たちはラップを嫌って来た。貧しい人々の胸の内を表現する言葉は、時として衝撃的だ。彼らが使う言葉は「生」の言葉だからだ。みんな知っているし、いつも聞いている。だが自分の環境が変わってくると共に、それらから遠ざかろうとするんだ。話題にしなければ存在しないのと同じ、そんな風に装いたがる。貧しい人々の葛藤がラップで表現されなければ、葛藤が人に知られることはなくなってしまう。

Colin Powell(コリン・パウエル、前国務長官)
http://blacklistproject.com/List/Powell.htm

今までよい仕事を多く与えられてきた。そのたびに人は言った「なんでパウエルにあの仕事が行ったのかわかるだろ?黒人の顔が必要だからさ」それは直接私にも言い放たれた「この仕事が君に来たのは、黒人の顔が必要だからさ」そんな時、私はニッコリして言う「いいじゃないか。200年の間、白人だけが必要だったから、私には仕事は来なかった。だからこうして仕事が来ることに文句を言うつもりはないよ。ただ、今大事なのは『仕事が来た』とか『仕事が来なかった』とか『どうやってその仕事を得た』ではない。大事なのは、その仕事における私の仕事ぶりだけだ。」

Kareem Abdul Jabbar(カリーム・アブドゥール・ジャバー、NBA MVP)
http://blacklistproject.com/List/AbdulJabbar.htm

私は1996年に歴史書を書いた。黒人の歴史書でタイトルは「Black Profiles in Courage / 黒人の勇気の顔」伝えたかったのは、ケネディー大統領の本だけが歴史を語っているのではないということだった。その中で私はこんな文章を書いた。今でもいつも頭にある文章だ「私はジョージア州の知事になるよりも、ハーレムの街灯になりたい」黒人がそんなことを思うことが理解できない人も多い、しかしこれは本当なんだ。私がいたいのは、自分が受け入れられ、ベストに向かう自分を励ましてくれる人々がいる場所なんだ。

– – – – – – – –
The Black List Project
http://blacklistproject.com
http://www.youtube.com/blacklist

The Black List, Vol 1(DVD発売中)
http://www.hbo.com/docs/docuseries/theblacklist

The Black List, Vol 2(HBO, 2/26/2009放送)
http://www.hbo.com/docs/programs/blacklistv2

The Black List(書籍)
http://www.amazon.com/dp/1416594191
http://www.amazon.co.jp/dp/1416594191

ハーヴェイ・ミルク最後のスピーチ「希望がなければ」

In Civil Rights, LGBT on 2009/02/14 at 01:06

Somewhere in Des Moines or San Antonio there is a young gay person who all the sudden realizes that he or she is gay; knows that if their parents find out they will be tossed out of the house, their classmates will taunt the child, and the Anita Bryant’s and John Briggs’ are doing their part on TV. And that child has several options: staying in the closet, and suicide.

アイオワ州デスモインス、もしくはテキサス州アントニオのどこかで、一人の少年が突然自分が同性愛者であることに気づいたとしよう。もし両親が知ったら家を追い出される、クラスメートが知ったらひどい目に合う。歌手のアニタ・ブライアントと政治家のジョン・フリッグスは、反ゲイ運動をテレビで大展開しているし。少年に残された選択肢は、クローゼットに隠れる(ゲイであることを隠す)、もしくは自殺。

And then one day that child might open the paper that says “Homosexual elected in San Francisco” and there are two new options: the option is to go to California, or stay in San Antonio and fight.

そんなある日、その少年が新聞を開くと、目に飛び込んでくるヘッドライン「サンフランシスコは同性愛者を市会議員に選出!」少年には新たな選択肢ができた。カリフォルニアへ行く、もしくはサンアントニオに留まって闘う。

Two days after I was elected I got a phone call and the voice was quite young. It was from Altoona, Pennsylvania. And the person said “Thanks”. And you’ve got to elect gay people, so that thousand upon thousands like that child know that there is hope for a better world; there is hope for a better tomorrow.

私が市会議員に当選した二日後、電話がかかってきた。とても若い青年の声だった。ペンシルバニア州アルトゥーナからかけていると言った。若い青年の声は私に言った「ありがとう」。もっともっと同性愛者を選出しなければだめだ。そうすれば何千何万もの彼の様な少年少女青年たちに、彼らの未来に希望があることを知らせることが出来る。もっと人間らしい明日への希望があることを知らせることが出来る。

Without hope, not only gays, but those who are blacks, the Asians, the disabled, the seniors, the us’s: without hope the us’s give up. I know that you can’t live on hope alone, but without it, life is not worth living. And you, and you, and you, and you have got to give them hope.

希望がなければ…同性愛者だけでなく、黒人やアジア人や障害者や老人や、マイノリティーの私たちすべてが、希望がなければ諦めるしかない。希望だけでは生きて行けないことはわかっているが、希望がなければ生きていることの価値がないんだ。君、君、君たちみんな、彼らに希望を与えなければ!

-Harvey Milk, 1978
ハーヴェイ・ミルク 1978年

– – – – – – –
Harvey Milk was the first openly-gay man to be elected to public office in the US in 1977. His most recognized speech, “You Cannot Live On Hope Alone,” was given in 1978, shortly before he was assassinated. His words resonate particularly today as Californians debate a resolution to ban gay marriage.

ハーヴェイ・ミルクは1977年米国で初めて、自分が同性愛者であることを公にしながら政府の役職に選出された。彼の最も有名なスピーチ「You Cannot Live On Hope Alone/希望だけでは生きて行けない」は、1978年に彼が暗殺される少し前に行われた。カリフォルニアで同性愛者結婚を廃止するかどうかの論争が行われる今日、ミルクの声は今までになく強く響き渡る。

社会運動ネットワーク – CAUSECAST: MILK
http://www.causecast.org/member/harvey-milk

– – – – – – –
The Time Of Harvey Milk (1984)
アカデミー賞ベスト・ドキュメンタリー受賞
http://www.youtube.com/watch?v=Ohd2txsNf0o

MILK(2008)
アカデミー賞8部門ノミネート
http://www.youtube.com/watch?v=s2kD-9QZOs4
http://www.milkthemovie.com

Got Harvey Milk?

ブログ管理人お気に入りグッズ: Got Harvey Milk?
http://www.cafepress.com/gotharveymilk

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

黒人映画100年のベスト100を選ぼう

In Civil Rights on 2009/02/12 at 21:16

Films have the power through it’s artistry emotion to influence our view of the world and ourselves. Blockbuster and NAACP have partnered to identify this century’s most influential 100 films celebrating outstanding achievements and performances of people of color. You can help influence the top 100 film selections by going to blockbuster.com to rate your favorite films. Blockbuster, a proud sponsor of the 40th NAACP Image Awards.

映画にはその芸術的な感動で、人々の世界観そして人々自身にまで影響を与える力があります。ブロックバスター社とNAACP全米黒人地位向上協会は提携し、この100年間で最も社会に影響を与えた100の映画を選びます。People of color有色人種による秀でた演技と、特出した社会評価価値が基準です。この選出に参加して下さい。以下のサイトで100年間に作られた映画タイムラインを見ることができます。あなたの好きな映画に評価を付けて下さい。ブロックバスター社は2月12日に行われる第40回NAACPイメージ・アワードのスポンサーです。

NAACP Top 100
黒人映画100年のベスト100を選ぼう
http://www.naacptop100.com

NAACP Image Awards
NAACPイメージ・アワードは毎年春にNAACP全米黒人地位向上協会が開催する映画・テレビ・音楽・文学の賞。
http://www.naacpimageawards.net

– – – – – – – –
米国で最も古く規模が大きく最も広く知られた、草の根運動を地盤とした民権活動団体。米国全土と世界各地に広がる50万人以上の会員と支援者は、各地域での民権運動の主軸となり、投票の奨励や、公私における機会の平等の促進などを行っている。

NAACP全米黒人地位向上協会
http://www.naacp.org

– – – – – – – –
理解しにくいかもしれないが、もし私たちの大統領が100年前に生まれていたら、同世代の白人と同じ学校に行くことも、同じ水飲み場を使うことも、同じテーブルに座ることもできないのだ。そして選挙権すらもごく最近までなかった。しかし彼は今、ワシントンの我国最高の地位に就いている。理解しにくければ、民権運動の遅々とした葛藤の長い道のりを振り返ってみればいい。これはその賜物なのだ。今日、NAACP全米黒人地位向上協会は100周年を迎える。そして祝うのは100年の年月だけではない。それがもたらした「今日」なのだ。NAACPの歴史を振り返って、15枚の写真を見てみよう。

NPR: NAACP Centennial: Slide Show
NAACP100周年 / スライドショー
http://www.npr.org/blogs/pictureshow/2009/02/naacp_centennial.html?ps=bb1

– – – – – – – –
NAACP: National Association for the Advancement of Colored People
http://en.wikipedia.org/wiki/National_Association_for_the_Advancement_of_Colored_People
http://ja.wikipedia.org/wiki/全米黒人地位向上協会

Black History Timeline 米国黒人史オンライン年表
http://www.biography.com/blackhistory/black-history-timeline.jsp

パパたちを離婚させないで!

In Civil Rights, LGBT on 2009/02/12 at 00:41

Fidelity: Courage Campaign
「Fidelity / 忠誠」勇気キャンペーン、曲: Regina Spektor レジーナ・スペクター

On December 19, 2008, Ken Starr filed a legal brief seeking to invalidate the 18,000 same-sex marriages conducted in California between May and November.
2008年12月19日ケン・スターが、カリフォルニアで5月から11月の間に認められた1万8千組の同性カップルの結婚を無効にする – という法的手続きの申請をしました。

We asked the Courage Campaign community to respond by sending us personal pictures with a very simple message:
私たちはCourage Campaign勇気キャンペーンのメンバーたちに、写真を送るように伝えました。簡単なメッセージと共に。

“Don’t Divorce Us”
「私たちを離婚させないで」

Love will prevail – No matter how hard Ken Starr fights it..
愛は勝ちます、ケン・スターがどんなに闘っても..

Tell the Supreme Court not to divorce 18,000 California couples
最高裁にカリフォルニアの1万8千組の同性カップルを離婚させないように訴えて下さい

Tell them to invalidate Proposition 8
Proposition 8 / 住民投票事項8を無効にするよう、訴えてください

– – – – – – –
クリントン大統領弾劾キャンペーンを率いた男、ケン・スターが、先月法手続きを踏みました「Yes on 8 / 同性結婚禁止賛成」派の代理として..。もし彼の要求が認められると、去年Prop 8(同性結婚禁止)が通過する前にカリフォルニアで結婚した1万8千組の夫婦が、強制離婚させられることになります。

「Fidelity / 忠誠」ビデオクリップを見て下さい。そしてProp 8を無効にするよう、ケン・スターの申請を却下するよう、そして愛し合い支え合うカップルの結婚を認めるよう、州最高裁への手紙に署名して下さい。

デッドライン締め切りはバレンタインデーです。

署名サイト
http://couragecampaign.org/divorce

– – – – – – –
Foo Fighters’ Dave Grohl: White Knot for Gay Marriage
http://www.eonline.com/uberblog/marc_malkin/b98982_foo_fighers_dave_grohl_white_knot_gay.html

フー・ファイターズのデイヴ・グロールが、同性結婚を支持するストレート(同性愛者ではない)芸能人リストに。

グロールはハリウッドスターとして最初に、同性結婚支持を表明する「白いリボン」を付けた一人。「whiteknot.orgを知ってるかい?」グラミー委員会MusiCaresによるニール・ダイアモンドを讃えるチャリティーコンサートで、レッドカーペット入場の際にグロールはカメラに向かって公言した。「どういう意味か知ってるだろ?愛を信じること、平等を信じること、結婚の平等を信じることだよ」

Rock on, Mr. Grohl! 行け行けグロール!!

http://www.whiteknot.org

– – – – – – –
wiki:California Proposition 8
http://en.wikipedia.org/wiki/Proposition_8

Proposition 8 / 住民投票事項8

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

トロイ・デイビス恩赦アクション

In Activism, Civil Rights, Music + on 2009/02/10 at 23:56

Savannah, Georgia. 1991.
Troy Davis is convicted of murdering a police officer.
1991年、ジョージア州サバンナ
トロイ・デイビスは警官殺害の罪で告訴された

18 years later, he remains on death row.
But during that time the case against him has fallen apart.
18年経ち、トロイは未だに死刑囚
だがその間にトロイの罪状は崩壊した

New evidence has surfaced casting serious doubt on the verdict.
新たな証拠が見つかり、判決の信憑性が強く疑われている

The state may have THE WRONG MAN.
ジョージア州は間違った男はを捕えたのだろうか

Fact: 7 of 9 witnesses have recanted their previous testimonies.
事実: 証人9人中7人が証言を撤回した

“After a couple of hours of the detectives yelling at me and threatening me, I finally broke down and told them what they wanted to hear.”
「刑事が何時間も怒鳴って脅したので、私は耐えられなくなって彼らの聞きたいことを言いました」

“They gave me a statement and told me to sign it.  I signed it. I did not read it because I cannot read.”
「彼らは文書を渡して署名しろと言いました。署名しました。文書は読まなかった。私は字が読めないんです」

“I got tired of them harassing me..  I told them that Troy told me he did it, but it wasn’t true.”
「あまりの嫌がらせに疲れてしまって、トロイが『自分がやった』と言ったと言いました。でもそれは本当ではありません」

Fact: There was never a murder weapon or any physical evidence linking Troy Davis to the crime.
事実: トロイ・デイビスと事件を関係づける物的証拠や凶器は存在しない

Fact: One of the remaining two witnesses has been implicated as the real killer.
事実: 残る二人の証人の一人が、真犯人である可能性がある

Fact: No court has ever held a hearing on this new evidence.
事実: これらの新たな証拠に基づいた裁判は行われていない

and Troy’s execution remains imminent.
そしてトロイの死刑執行は差し迫っている

Take action at Amnesty International’s website NOW.
アムネスティーのアクションに参加してください

So the state doesn’t kill a man who may well be innocent.
無実であるかもしれない人間をジョージア州が殺さないように

Urge Gov. Perdue to Support Clemency for Troy Davis
アムネスティーアクション: ジョージア州知事にトロイ・デイビスの恩赦を誓願しよう
http://amnestyusa.org/troydavis

Amnesty: Troy Davis
アムネスティーのトロイ・デイビス死刑撤回キャンペーン
http://amnestyusa.org/death-penalty/troy-davis-finality-over-fairness/page.do?id=1011343

Troy Anthony Davis
トロイ・デイビス弁護団、オフィシャルサイト
http://troyanthonydavis.org

Troy Davis case
トロイ・デイビス事件について
http://en.wikipedia.org/wiki/Troy_Anthony_Davis

(日本語)米国 : トロイ・デイビスの死刑執行停止を称賛する
http://amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=530

(日本語)アメリカ:トロイ・デイビスさんの死刑が延期に
http://amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2130

– – – – – – –
曲: State Radio “State of Georgia”
僕らはアムネスティーと協力して、僕らの曲「State of Georgia」を使ったビデオクリップで、トロイ・デイビスへの関心を高めるキャンペーンに参加している。使われているのは、チャドのアコースティックソロライブの時の録音で、未発表のヴァージョンだ。みんな、ビデオを見て、アクションに参加してくれ。
http://stateradio.com
http://stateradioaction.com
http://rockforaremedy.org

Neil Young: Fork In The Road

In Activism, Environment, Music + on 2009/02/05 at 21:58

発売中: 米国 iTunes Store, Amazon.com

“Fork In the Road”
Neil Young @ The Huffington Post
Posted January 13, 2009 | 08:34 PM (EST)
http://www.huffingtonpost.com/neil-young/fork-in-the-road_b_157698.html

この歌は、先月ニューヨークでやったセッションの最後に湧いて来た。その夜、家に帰る前に録音した。先週撮ったShakey Pixのビデオ、楽しんでくれ。1月20日に会おう!
Joe the rock star (注: Joe the plumber / 配管工のジョー、のもじり)

「Fork in the Road / この先ゃ分かれ道」

腹が出ちまった、ひどくはないが、運転の邪魔だ
この古い相棒に乗って、この国を走る、景色は俺に語りかける

俺の友達は小型トラックで、子供を学校に送る、それから女房を美容学校へ
女房はマニキュア塗りの仕事だ、仕事を探さなきゃ、いい教師はどこだ?

この先ゃ分かれ道、どっちに行けばいい?この先ゃ分かれ道

今年は軍隊に敬礼するのを忘れちまった、みんなまだくそったれの戦地にいる
最悪だ、一体誰のアイデアだったっけ?

「希望」はあるが、「希望」で腹はふくれない
俺はまだ終わってない、諦めてない、手は引かない、もう手遅れだ

経済救済措置があったって、俺には関係ない
関係あるのはテレビで株の変動に釘付けの奴らさ、俺には関係ない

俺はロックスターだ、売り上げは没落した、だが俺には君らがいる
ありがとう!ダウンロードしてくれ!ひどい歌だが

ブログは続けてくれよ、電源が切れるまで、バッテリーが死ぬまで
「Twist and Shout / ツィスト&シャウト」がラジオでかかってる
いい時代だったよな、戻してくれ

経済救済措置があったって、俺には関係ない
関係あるのは悪事を隠している奴らさ、経済救済措置があったって、俺には関係ない

フラットスクリーン買ったけど、借金のかたに持って行かれた
壁に穴が残ってるだけ、先週の土曜だ、レイダーズの試合を身損ねた

経済救済措置があったって、俺には関係ない
経済救済措置があったって、俺には関係ない
関係あるのは悪事を隠している奴らさ

– – – – – – – – – – – – – – –
Neil Young @ The Huffington Post プロフィール
http://www.huffingtonpost.com/neil-young/

ニール・ヤング、活動家(ブリッジ・スクール、ファーム・エイド)、ロックの大御所。独自のチームを編成し、燃料を食う大型車の愛車1959年リンカーン・コンチネンタルを改造し、グリーン・テクノロジーと環境保全のお手本にすることに取り組んでいる。1ガロンで100マイル以上走行する車を対象に、1000万ドルの賞金がかけられたAutomotive X Prizeに参加。製造50年、史上最も大きく重量のあるこの車は「Linc Volt / リンク・ボルト」と名付けられ、この過程は「Repowering The American Dream」と名付けられ、ヤングの映画製作Shakey Picturesによってドキュメンタリー映画になる予定。
http://lincvolt.com

– – – – – – – – – – – – – – –
wiki: The Huffington Post
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Huffington_Post

The Huffington Post / ハフィントン・ポスト(略してHuffPost, HuffPo)は、リベラル / 自由平等主義のニュースと、各分野の著名人が多数参加する集積ブログから成り立っている。Arianna Huffington / アリアナ・ハフィントンとKenneth Lerer / ケネス・レラーが2005年5月に創立し、各種ニュースとコラムを配信している。政治、芸能、メディア、生活、ビジネス、そして環境グリーン・ムーブメントなどの話題を網羅している。

– – – – – – – – – – – – – – –
Linc Volt enteres X Prize Race
https://100voices.wordpress.com/2008/03/20/linc-volt-enteres-x-prize-race/

ローザは座った、キング牧師が歩けるように

In Civil Rights, Music + on 2009/02/04 at 00:04

“ROSA SAT – A Song for Barack Obama” by Amy Dixon-Kolar

http://amydixonkolar.com/Lyrics.html

Rosa sat so Martin could walk

ローザは座った、マーチンが歩けるように

Martin walked so Barack could run

マーチンは歩いた、バラックが走れるように

Barack ran, he ran and he won

バラックは走った、走ってそして勝ち取った

So that all our children could fly

すべての子供たちが飛べるように

Thousands of people that November night

あの11月の夜、何千何万の人々が

All of us here who have fought the long fight

一緒に長い闘いを闘った人々が

Knowing as one we’re creating a new nation

ひとつになって新しい国を作るのだと

Join together in celebration

ひとつになって祝った

Mother and daughter listenin’ to the news

母と娘は一緒にニュースに聞き入り

Momma breaks down cryin’, little girl is confused

母が泣き崩れると、少女は戸惑った

Honey we worked so hard to get to this place

母は言う「私たちはここまでくるのに本当に頑張ったのよ」

Daughter puts a loving hand on momma’s face

娘はそっと母の頬を両手で包んだ

Mr. Obama all eyes turn to you

オバマ大統領、みんなの目があなたを見つめています

Share with the country what you’re gonna do

どうぞ私たちと一緒に国を動かして下さい

Wars and foreclosures surround us this year

戦争と経済崩壊が私たちを襲っています

But Yes We Can rise above our fears

でも私たちは恐怖から立ち上がることができます

– – – – – – – –

Sourcing the quote: “Rosa Parks sat so Martin Luther King could walk. Martin Luther King walked so Obama could run. Obama ran so we can all fly.”

http://www.papermag.com/blogs/2009/01/sourcing_the_quote_rosa_parks.php

ローザ・パークスは座った、マーティン・ルーサー・キングが歩けるように

マーティン・ルーサー・キングは歩いた、オバマが走れるように

オバマは走った、私たちみんなが飛べるように

Jay-Zが言ったとされるこの詩は、広く人々の心に共感を与えた。キング牧師誕生日に引用されたり、Tシャツや街頭アートに使われたり、そしてJay-Zの「My President is Black」にも使われた。が、オリジナルはJay-Zではない。「どこかで聞いたんだけれど、誰の言葉だったっけ?」フランスの哲学者バーナード・ヘンリー・レヴィがチャーリー・ローズの番組で引用していたが、彼でもない。いろいろと調べた結果、ルイジアナの議員であったクレオ・フィールズの、去年の2月の言葉の中にある文章が、どうやら原点のようだ。

W.E.B.デュボイスは教えた、ローザ・パークが座れるように

ローザ・パークは座った、私たちみんなが立ち上がれるように

私たちは立ち上がった、キング牧師がマーチできるように

キング牧師はマーチをした、ジェシー・ジャクソンが立候補できるように

ジェシー・ジャクソンは立候補した、オバマが勝てるように

– – – – – – – –

Black History Month(黒人史月間2月)特集サイト
http://www.biography.com/blackhistory

中でもBlack History Timelineは必見
http://www.biography.com/blackhistory/black-history-timeline.jsp

Ashley Judd: EyeOnPalin.org, YouthAIDS 活動家アシュレイ・ジャッド

In Activism, Health Care, Human Rights on 2009/02/03 at 00:21


Hi, this is Ashley Judd for Defenders of Wildlife Action Fund. When Salah Palin came on a national scene last summer, few knew that she promotes the brutal aerial killing of wolves. Now back in Alaska, Palin’s again casting aside science and championing the slaughter of wildlife. Using a low flying plane, they kill in winter, when there’s no chance for the wolves to escape. Riddled with gun shots, biting their backs with agony, they die a brutal death. Palin even proposed $150 bounty for the severed foreleg of each killed wolf. And now, she is encouraging even more aerial killing. It is time to stop Salah Palin, and stop the senseless savagery. Please join with me by going to EyeOnPalin.org, and take action now. Thank you.

こんにちは、アシュレイ・ジャッドです。私は野生生物保護基金を支持します。去年の夏、サラ・ペイレンが全国の注目を浴びた頃、小型飛行機で狼を虐殺することを彼女が奨励していることは、あまり知られていませんでした。ペイレンは今アラスカに戻り、自然科学など無視して、野生動物の殺戮を思いのままにしています。小型飛行機を低空飛行させ、狼たちの逃げ場のない冬に。銃で穴だらけにされた背中を、苦しみで噛みながら、狼たちは残酷な死を迎えます。そしてペイレンは、殺されてすぐの狼の足を持ってくれば、150ドルの賞金を出す、という条例を申請しました。加えてさらなる低空飛行射撃を奨励しています。サラ・ペイレンを止めなければなりません。この意味のない残酷な殺戮を止めなければなりません。 EyeOnPalin.orgを訪れて下さい。どうぞ私と一緒にアクションに参加して下さい。ありがとう。

Defenders of Wildlife Action Fund 野生生物保護基金
http://www.defendersactionfund.org


お早う!私はアシュレイ・ジャッド、ユース・エイズの世界大使です。私の大使としての初めての旅は、国際エイズ会議が行われたタイのバンコックの周辺でした。

カンボジア: カンボジアについてはあまり知りませんでした。でもその方が良かった。目をしっかり見開いて体験し学ぶことが大事だった。先入観なしで、そこに住む人々に教えてもらうこと。素晴らしい素晴らしい病院/ホスピスの訪問から旅は始まりました。今まで治療も受けられずに、エイズとの闘いに屈しようとしている人たち。彼らの最後を癒す場所です。そこにある寺院に行きました。そこでみんなが座って私のために祈ってくれるんです。最高の幸せでした。祈りの後、寺院の外で「ワットグラニー/ワットばあちゃん」たちに会いました。彼女たちは仏教の教えに従って、病気の子供たちの面倒を見るおばあちゃんたちのことです。こんなに素敵な女性たちに会ったのは初めて。「今度は私のハンサムな旦那さんを連れてくるわね」「アハハハハ!」かわいい赤ちゃんを抱きました。ほんとにかわいい。一番辛かったのは、ホテルに戻って一人になった時。会った人たちのことを思う時。あんなに可愛い女の子がとても辛い状況にあって、それが変えられないこと。一生危険にさらされていること。少女たちが受けるエイズ教育のクラスに参加しました。とても前向きで明るいユース・エイズの先生。HIV(エイズビールス)のこと、感染の仕方、コンドームのこと、客にコンドームをさせる方法、もし客がしなかった時の安全な逃げ方。

タイ: ユース・エイズはタイでこれから教育を広めようとしています。政府高官に私たちができることを伝えました。孤児院を訪ねた時、何度も涙が出ました。あんなに小さな子供たちに、大人の問題であるべきことを教えなければならないなんて、そんなことがあってはならないのに。政府やいろいろな団体が、子供たちを路頭生活から守るためのプログラムを行っています。でもすでに多くの子供たちが路頭で性産業に捕われています。その子たちをなんとかHIVから守ること、それが私たちの大事な課題なのです。どこまでも限りなく立ち並ぶ飲み屋やカラオケバー。売春宿に入ってみて、ほんとうに驚きました。これらの店で働く少女たちは、HIVについてよく知っていました。ユース・エイズの教育が役に立っているのです。会った少女たちはみなHIVに感染していました。それでも売春を続けています。

私がずっと待っていた、大事な大事な旅でした。ユース・エイズの教育は効果があります。だから希望があります。HIV教育に携わることは、暖かい心を持つこと、希望を持つこと。そしてクリエイティブなあなたなら、もっともっとメッセ−ジを広げることができます。

Ashley Judd: YouthAIDS Global Ambassador
ユース・エイズ世界大使: アシュレイ・ジャッド
http://projects.psi.org/site/PageServer?pagename=AshleyJuddGlobalAmb_nr

Human Rescue Plan/Sean Penn: ショーン・ペンの人救済計画

In Human Rights on 2009/01/29 at 16:54

Wall Street rescue plan: 700 billion dollars
Iraq war to date: 600 billion dollars
European Union stimulus plans: 200 billion euros
Feed every hungry school child for a year: 3 billion dollars
“You wanna more bangs for your buck? Let’s talk about a human rescue plan.”

ウォール街救済計画: 7000億ドル
イラク戦争出費現在まで: 6000億ドル
EU景気刺激対策: 2000億ドル
飢餓に瀕した世界中の児童に一年間給食を与えられる金額: 30億ドル
「もっとまともな金の使い方はないかって?『人救済計画』をやろうぜ!」

– – – – – – – – –
WFP has produced a new TV Public Service Announcement starring actor/director Sean Penn (just nominated for best actor). The 30 second PSA asks viewers to consider a “human rescue plan” during the global financial crises and is due to be released during the World Economic Forum at Davos, Switzerland.

WFP国連世界食料計画は、アカデミー賞にノミネートされたばかりの俳優ショーン・ペンを起用したテレビ公共広告を制作した。30秒の広告は、経済救済政策が世界で進められる中「人救済政策」を問いかけるもの。スイスのダボスで開催されている世界経済フォーラムにあてて放送される。

What some people don’t realize that for the world’s hungry the financial crisis is hitting them hard. Unemployment is increasing, remittances are decreasing, global trade is decreasing this is hurting everybody.. for the poorest to the poor it means their budget for food is shrinking. So what we are calling for is, as the world looks for stimulus packages to get the banks restarted and credit flowing, that we also reserve 1 percent of that to help the poorest of the poor to get through this trouble.

Well the thing to remember about the 950 million people in the world who go to bed hungry every night, is that they really have no voice in the halls of power, they can’t say we are trapped in this situation and we need your help. but celebrities can do that, and when they put out that call it can help reach those children who are desperate for evening meal or for a piece of food.

Josette Sheeran-Executive Director, World Food Programme

気がつかない方も多いと思いますが、経済危機は世界の飢餓社会に大きな影響を及ぼしています。失業者の増加、送金の減少、国際貿易の減少、これらはすべての人にとっての痛手です。が、特に極貧にある人々は、食費をさらに切り詰めなければなりません。そこで私たちは呼びかけます。世界が金融機関の再建のための刺激計画を推し進めるのなら、極貧中の極貧にある人々が苦難を乗り越えるために、そのたった1%の金額を受け取る権利があります。

そして忘れてはならないのは、毎晩空腹をかかえて眠りにつく世界の9億5千万人の人々には、権力者たちに届く声がないということです。彼らには、自分たちが極貧世界の囚人であり助けを求めていること、それを伝える声がありません。でも有名人にはそれができます。彼らがメッセージを世界に届ける時、一切れのパンを求めている子供たちに、救いの手が差し伸べられるのです。

WFP事務局長 ジョゼット・シーラン

WFP国連世界食料計画
http://beta.wfp.org/
http://www.wfp.or.jp/

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

Al Goreからのお願い: 環境のための経済回復対策

In Environment on 2009/01/28 at 23:30

Last week, I sat a few feet away as Barack Obama was sworn in as our new president. It was an amazing and wonderful feeling to see the history being made, and to feel the passion and hope of millions, literary stretching more than a mile in the mall.

Our new president called us to actions and service, and I know we all take that very seriously. The truth is we’ve never been closer to real progress on the issue we care so much about. But it’s up to us to turn hope into action.

I was there in 1993 when we had our ground full of support in our inauguration for major change. But too much of that was blocked by powerful special interests.

This time can be different. But only if we decide to make it different. So it’s time to get real.  Right now our new leaders and congress are debating in the economic recovery plan that will invest in alternative and renewable energy, help end our addiction to foreign oil and dirty coal, begin to address the climate crisis and create millions new jobs in the process.  It’s a crucial down payment on our Repower America agenda.

But it’s passage is in no way of certainty. Because the big oil and coal lobbies will fight tooth and nail against change. Just they have in the past.

This time, though, we can stop them. We have to act now. The next few weeks are critical. We have real opportunities right now that we may never have again. If we are able to seize these opportunities, we will set in motion the exciting incentives that we’ll create high paying new jobs, give us new renewable energy sources, and provide long overdue solutions to the climate crises.

That’s why days and weeks ahead, I’m going to be calling on you to take further action to help make our goal of a 100% clean electricity in 10 years a reality.  It’s a bold goal, but the one is very much attainable.  And with your support, I have no doubt that together we can repower America.

Thank you,

Al Gore

先週私は、バラック・オバマが新しい大統領として宣誓する場面を、彼のすぐそばで見ていました。歴史が作られるのを目の当たりにする、信じられない様な素晴らしい気持ち、そして何百万もの人々の情熱と希望が、ナショナルモール一面に広がっていました。

私たちの新しい大統領は、行動と奉仕を呼びかけました。もちろん私たちは真剣に取り組みます。そして何より、私たちが望んで来たことの実現に、これほど近づいたことはありません。でも「希望」を「行動」に変えるのは私たち次第です。

1993年、私が副大統領に就任した時、私たちが目指した大きな変化を支援する人々でいっぱいでした。しかし力を握る利益団体によって阻止されてしまいました。

今回は違います。もし私たちが本気で変えようとすれば、変わります。本気になる時です。現在私たちの指導者と議会は、経済回復策として代替再生可能エネルギーへの投資を検討しています。海外からの石油や有害な石炭への依存を辞め、気候危機への対策を明らかにし、その過程で多くの「仕事」を生み出すのです。私たち「Repower America」の大きな目標です。

簡単にを行きません。今までのように石油石炭の利益団体が、変化を阻止するためにありとあらゆる手を使うだろうからです。

今回は彼らを阻止することが出来ます。今が行動する時です。これからの数週間はとても重要な期間。もう二度と訪れないかもしれない素晴らしい機会がやってきたのです。この機会をつかめれば可能になります。市民への安定した新しい仕事、再生可能エネルギー、そして待ちに待った気候危機解決への始動。

この機会を逃さないために、私はみなさんに呼びかけます。10年以内に100%クリーンな電力供給の実現。大胆な目標です。しかし十分可能な目標です。あなたの支援があれば、みんなで力を合わせれば、私たちはきっとアメリカをrepower再充電することができます。

アル・ゴア

– – – – – – – – –
Send a message to Congress today to ensure that the economic recovery package focuses on new jobs and clean energy sources that will Repower America.
グリーンジョブとクリーンエネルギーに焦点をあてた経済回復計画を、議会に嘆願するメールを出そう!
http://www.repoweramerica.org

1/28/2009: Al Gore Testifies in Senate Today on Solving America’s Challenges
アル・ゴアの上院での証言(映像とスクリプト)
http://www.repoweramerica.org/press/recent/569

Repower America video clips including the ad ABC refused to run.
映像集(ABCテレビ局に拒否された広告を含む)
http://www.repoweramerica.org/video/

We Can Solve It
http://www.wecansolveit.org
http://www.youtube.com/WeCanSolveIt

America’s Song: will.i.am, David Foster, Faith Hill, Mary J. Blige, Seal, Bono

In Music + on 2009/01/26 at 16:52

From Delaware to Tennessee to Hawaii
From mountaintops we have dreamed from sea to shining sea
And now here we are

We have come, we have prevailed
For whosoever dreamed this is your win
And here we are… here we are

At the dawn, and the morning
Of a brand new day
For us, in the spirit of our fathers

America, America
America is beautiful (beautiful, yes it is)
My America, Your America
Our America is beautiful

And may God, may God keep us together
‘Cause America is beautiful (beautiful yeah)

Let liberty and justice ring for all
Let your dreams stand tall
May opportunities fall upon you
In the land of the free

We have come, we have prevailed
For whosoever dreamed this is your win
And here, here we are… here we are

At the start of a horizon
Of a brand new day
For us, in the spirit of our fathers

America, America
America is beautiful (yes it is, so beautiful)
My America, Your America
Our America is beautiful

May Jesus, and may God
May God keep us together
May God keep us together
America is beautiful… to me

America, America
America is beautiful (so beautiful) to me

アメリカの歌(歌詞一部)

デラウェアからテネシーから、そしてハワイから
山の頂から輝く海から、僕らはずっと夢見ていた
そして今ここにいる

たどり着いたんだ、勝ち取ったんだ
夢見て来たみんな、これは僕らの勝利だ
そして今ここにいる

自由と正義を響かせよう
僕らの夢に胸をはって
チャンスがみんなに訪れる、この自由の国で

夜明け、そして朝、新しい日
僕らの、そして僕らの父たちの、新しい日
アメリカは美しい、僕の、君の、僕らのアメリカは美しい

神よ、どうか僕らをひとつに
こんなに美しいアメリカなのだから

– – – – – – – –
The song made its debut on “The Oprah Winfrey Show” on January 19, 2009. It was available as a free download for 24 hours. The performance of that show can be viewed at below sites.

“America’s Song” は1/19/2009のThe Oprah Winfrey Showオプラ・ウィンフリー・ショーでデビュー。同時に24時間の無料ダウンロードが行われた。ショーでの演奏の模様は以下のサイトで見ることが出来る。

http://dipdive.com

http://www.oprah.com/article/world/20090119_tows_americassong

USAService.org

In Activism, Politics on 2009/01/26 at 00:28

America’s greatness was not crafted in skyscrapers alone, but on the ground by those who could see what needed to be done. Volunteers who in service stepped forward onto the dust of the moon, a levee in the heartland, the marble steps of a dream. You may ask yourself: ‘Where’s my moon, my levee, my dream?,’ Well, it’s here, with you. Step forward. Help renew America. At USAService.org.

アメリカの素晴らしさは高層ビルに刻まれているだけではない。アメリカの素晴らしさは至る所で、成すべきことを見つめる人々の中に息づいている。人類を月に送る道で、あの堤防の傍らで、そして夢をかなえる階段を造るために、ボランティアたちは力を尽くした。自分に問いかけてみよう。「私の月は?私の堤防は?そして私の夢はどこ?」それはここにある。前進しよう。アメリカが生まれ変わるために。USAService.org.

– – – – – – – – – –
USA Service Blog: All Because of You
http://usaservice.org/blog/entry/all_because_of_you/

The winds of change are sweeping across America because of you. President Obama issued a call to service two weeks ago and thousands of you already have responded with amazing alacrity.

You rapidly organized more than 13,000 service projects in all 50 states, helping repaint schools, mentor kids, collect canned food and donate blood. At Robert F. Kennedy Memorial Stadium in Washington, D.C., thousands of you helped assemble more than 80,000 care packages for our troops.

On Martin Luther King Jr. Day, we showed what was possible when Americans work together to strengthen our communities. Now that MLK Day is over, we need to keep that same spirit of volunteerism alive throughout the year. You can keep using our site to create or find events, as well as find other service opportunities through some great organizations.

It doesn’t matter how you choose to stay involved in your community, it just matters that you do.

「チェンジ」の風がアメリカ中を吹き抜けています。あなたのお陰です。二週間前、オバマ大統領が奉仕への参加を呼びかけました。何千もの人々が即座にその声に応えました。

50州全土で13000以上の奉仕活動が組織されました。老朽校舎の塗り替え、子供たちの話し合い手、貧しい地区への缶詰食品の収集、献血..。ワシントンのケネディー記念スタジアムでは、何千ものボランティアの人々が、戦地の兵士たちへのケアパッケージ8万個を梱包しました。

キング牧師誕生日の祝日に私たちは、コミュニティーの力を合わせればこんなに素晴らしいことができることを証明しました。そして今、この日の気持ちをずっと持ち続けることが必要です。奉仕イベントの登録や参加に、このサイトを利用し続けて下さい。

どのような参加方法でも構いません。参加することが大切なのです。

– – – – – – – – – –
KEEP INSPIRED by watching Obama’s speeches and addresses!
オバマ大統領のスピーチでやる気を持続しよう!

Campaign speech archive:
選挙キャンペーン演説
http://youtube.com/BarackObamadotcom
http://barackobama.com

President-elect weekly address archive:
移行期週間演説
http://youtube.com/ChangeDotGov
http://change.gov

Inaugural speech and message archive:
就任演説、メッセージ
http://youtube.com/inauguration
http://pic2009.org

President Obama weekly address:
オバマ大統領週間演説
http://youtube.com/whitehouse
http://whitehouse.gov

We Are One: オバマ就任コンサート

In Music +, Politics on 2009/01/24 at 19:09

オバマ就任委員会オフィシャルYouTubeサイトから、全編2時間の映像です。1/18/2009 HBOの放送時にカットされ問題となった、冒頭のゲイの牧師Gene Robinsonジーン・ロビンソンの祈りから始まります。

We Are One: オバマ大統領就任記念コンサート
The Obama Celebration at The Lincoln Memorial – 1/18/2009
http://www.hbo.com/weareone/

guests: Jack Black, Steve Corell, Rosario Dawson, Jamie Foxx, Tom Hanks, Samuel L. Jackson, Ashley Judd, Martin Luther King III, Queen Latifah, Laura Linney, George Lopez, Kal Penn, Marisa Tomei, Denzel Washington, Forest Whitaker, Tiger Woods

ゲスト: ジャック・ブラック、ステーブ・コレル、ロザリオ・ドーソン、ジェミー・フォックス、トム・ハンクス、サミエル・ジャクソン、アシュレー・ジャッド、マーチン・ルーサー・キング三世、クィーン・ラティファ、ローラ・リニー、ジョージ・ロペス、カル・ペン、メリサ・トメイ、デンゼル・ワシントン、フォレスト・ウィテカー、タイガー・ウッズ

performances: Beyonce, Mary J. Blige, Jon Bon Jovi, Garth Brooks, Sheryl Crow, Renee Fleming, Mstr.Sgt. Caleb Green (US Army), Josh Groban, Herbie Hancock, Heather Headley, Bettye LaVette, John Legend, Jennifer Nettles, John Mellencamp, Pete Seeger, Shakira, Bruce Springsteen, James Taylor, U2, Usher, will.i.am, Stevie Wonder

曲目演奏順
●The Rising: Bruce Springsteen ブルース・スプリングスティーン
●Lean On Me: Mary J. Blige メリー・J・ブライジ
●Change Is Gonna Come: Jon Bon Jovi, Bettye LaVette ボン・ジョビ、ベティー・ラベット
●Shower The People: James Taylor, John Legend, Jennifer Nettles ジェームス・テイラー、ジョン・レジェンド、ジェニファー・ネトレス
●Pink Houses: John Mellencamp ジョン・メレンキャンプ
●My Country ‘Tis Of Thee: Josh Groban, Heather Headley ジョシュ・グローバン、ヘザー・ヘッドリー
●One Love: Herbie Hancock, will.i.am, Sheryl Crow ハービー・ハンコック、ウィル・アイ・アム、シェリル・クロウ
●You’ll Never Walk Alone: レネ・フレミング
●American Pie/Shout/We Shall Be Free: Garth Brooks ガース・ブルックス
●Higher Ground: Stevie Wonder, Usher, Shakira スティービー・ワンダー、アッシャー、シャキラ
●Pride(In The Name Of Love)/City Of Blinding Lights: U2
●This Land Is Your Land: Pete Seeger, Bruce Springsteen ピート・シーガー、ブルース・スプリングスティーン
●America The Beautiful: Beyonce ビヨンセ