YouTubeから聞こえるアメリカの声

Sean Penn for Dennis Kucinich

In Anti-War, Politics on 2007/12/10 at 02:09

2007年12月7日、サンフランシスコ州立大学
俳優ショーン・ペンの民主党大統領候補の穴馬デニス・クシニッチを支持する講演「Conventional Wisdom on electability 当選可能性に対する世間の通念」

I’m gonna use some bad words. I was thinking about words coming over.. ‘College Kids.’ ‘College Kids,’ that’s what they call you, right? But the same age and younger, in the military, they call it ‘Young Men and Women of the military’. I’ve known the myth that it takes war to make a man, but I didn’t know you have to go to the war to be one.

言葉遣が悪いが勘弁してくれ。言葉と言えば、ここへ来る途中に浮かんだのは「カレッジ・キッズ/大学小僧」。君たちはそう呼ばれているんだろ?だが君たちと同じ年、もっと若い年の若者が軍隊では「軍の若き男女」と呼ばれている。「男」になるには修羅場(war)をくぐらなければならないとは聞いていたが、「男」と正式に呼ばれるためには戦場(war)に行かなければならないとは知らなかったよ。

… Wolf Blitzer asked each candidate if they would support the other should they themselves not be the nominee. One after another, the answer, yes. One exception: Dennis Kucinich, who with the minimal time allotted him, once again rose up beyond the sound bite and put principal ahead of party; argued policy rather than politeness. He has been the dominant voice of integrity on issues of trade, labor, education, environment, health, civil liberties, and the one endlessly determined voice of peace. But is he too short? Does his haircut not appeal? Is he not loyal enough to a cowardly democratic platform? Does he not appeal to the cult of personality? And what if the answer is yes?

‥ウルフ・ブリッツアー(民主党候補討論会の司会)が候補者に「もし自分が党代表にならなかった時、代表を支援しますか?」と聞いた。すべての候補が「yes」と答えた。デニス・クシニッチを除いて。短い発言時間しか与えられていないにも関わらず、彼の党としての連帯よりも重要事項を優先する、体裁よりも主義を優先する姿勢が、凛として際立った。彼の声は重要な事項を言及する。貿易、労働、教育、環境、福祉医療、民権、そして耐える事なく「平和」を訴え続けている。彼は背が低過ぎるか?髪型が冴えないか?怯えた民主党の主義に忠誠を尽くしていない?カリスマ性がない?もしそれらの答えが「yes」だとしたら?

What if Dennis Kucinich, the most deserving and noble of candidates, the most experienced in issues of policy and the least willing to play into the politics of personal power? What if we can’t elect a man simply on the basis of the best ideas, the most courage, and the most selfless service? What does it say about our country when we can’t rally the voices of the common good to support a man, like our troops, who would die for us, who would die for our constitution? Who, as mayor of Cleveland at the age of 31 stood up against contracts on his life. Three separate assassins whose intent was to kill him as he stood up for his constituency there. Nonetheless, he carries on. He continues to serve.

クシニッチ、最も指導職に適した高潔な候補、米国政策の経験が最も長く、個人の権力をもてあそぶ事を拒否する彼が否定されたら?純粋に最も優れた思想と最も大きな勇気と自己犠牲、もし私たちがそれらの基準で候補者を選べないとしたら?アメリカ憲法のために命を犠牲にする兵隊たち、もし私たちが彼らのために市民の良識の声を上げる事が出来ないとしたら?それはアメリカにとってどういうことだ?31歳でクリーブランド市長となり、主義の主張のために三度暗殺されかけたクシニッチ。彼はそれでも主張を続け、国のために身を捧げている。

I’ve been a supporter of Dennis Kucinich for many years. And I’ve been torn lately. I’ve been torn by the allure of “electability.” I began to invest some support in a very good man (one among Dennis’s opponents) who seems to be finding himself as a constitutional defender, but he’s not one yet. He is however, among those that we allow the media to distinguish as electable. But we’re talking about the Constitution here. We’re talking about our country. I have decided not to participate in proactive support on the basis of media distinctions. I have chosen to pledge my support to the singular, strongest and most proven representative of our constitutional mandate.

私は長い事クシニッチの支援者だ。そして最近とても苦しんでいる。「electability 当選可能性」とは一体なんなんだ?私はある素晴らしい候補者を支援した。憲法を保護する姿勢を見せている、メディアに「当選可能性がある」と評価されている候補の一人だ。だが彼はまだ完全な憲法保護者ではない。本当に重要なのは憲法だ。私たちの国にかかわることだ。私はメディアの判断を基準に候補者を支援するのはやめた。唯一はっきりと憲法を代弁する候補クシニッチだけを支持することに決めた。

Dennis Kucinich offers us a very singular opportunity as we share this minute of time on earth. We, the people. It is for us to determine what is electable. And here’s how simple it is: If we, those of us who truly believe in the Constitution of the United States of America, all of us, vote for Dennis Kucinich, he will be elected. Could we call him electable then? If so, America will stand taller than ever…

クシニッチはこの地球を分かち合う私たちに、簡単な機会を与えてくれている。市民として、私たちには「当選可能性」を判断する義務がある。とても簡単なことだ。アメリカ合衆国憲法を信じるのなら、クシニッチに投票すればいい。そうすればクシニッチは選ばれる。そうだ、クシニッチには「当選可能性」がある。もしそうなったら、アメリカは本当に立ち上がれる…

– – – – – – – – – –
「Conventional Wisdom on electability」全文

デニス・クセニッチ選挙運動サイト
Dennis4President.com

– – – – – – – – – –
映画「MILK」とLGBT/GLBT活動に関する記事一覧
https://100voices.wordpress.com/milk

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。