YouTubeから聞こえるアメリカの声

Darfur Now, Solar Cooker Project

In Human Rights on 2007/10/22 at 06:22

ジョージ・クルーニー「彼らが死なないためには、なにをしたらいいんだ?」

2004年米国政府は、ダルフールの虐殺を民族殺戮行為(genocide)であると認定しました。死者20万人以上、難民250万人‥。

「意図的に一般民がターゲットにされているのです。女性はレイプされ、村落は爆破され‥」

三年後、殺戮は未だに続いている。

アダム・スターリング(活動家)「歴史の数々のことから、そしてナチドイツから学んだこと。今同じことが起こっていて、過去の教訓から正しいことをすべき時なのに、まったくなにもできていない!」

ドン・チードル「時間がありません。切実です。いますぐ行動を起こさなければなりません。」

ルイ・モレノ・オカンポ(国際検察官)「私の指名はダルフールにおける最も大きな犯罪を調査して告発することです。」

パブロ・レカルド(博愛主義者)「私は人命を救うために食料を供給します。私の人間としての義務です。」

街頭でチラシを配るアダム「ダルフールの民族殺戮のことを知っていますか?」通り過ぎる人々「ごめん、時間がないんだ‥」

議会に出向くアダム「私たちの税金が民族殺戮を援助する事に使われていないように、しっかりと確認しなければいけません。」

中国とエジプトはスーダンの最も大きな貿易相手だ。

ドン・チードル「ジョージ・クルーニーからemailが来て、中国とエジプトへ行くと言うんだ。」

同行したドンとジョージの記者会見「今回の目的は政治的な手順ではありません。人命を救うことが一番の目的です。」

変化は普通の人々から始まる。普通の人々が起こす、普通でない素晴らしいこと。それが変化に繋がる。

記者会見でのモレノ・オカンポ検察官「検察は審議の結果、アーメド・ハルーンとアリ・コシェイブに、人権犯罪と戦争犯罪においての罪があるという結論に達しました。」

ボランティア事務所のボランティア「出来る限り頑張ります!」ドン「よっしゃ!頼むよ!」

アダムの活動が認められたカリフォルニア州知事シュワルツネッガー記者会見「私ははっきりと表明します。殺人や民族殺戮は許しません。」

アダム・スターリング「変えることが出来る!行動の連結で」

FEED(食料供給)PROTECT(保護)ACT(活動)HELP(救助)SAVE(救済)DARFUR NOW(ダルフールを、今)

– – – – – – – –
「DARFUR NOW」は人権の歴史上最も暗い年月の中での希望の物語です。スーダンのダルフールで起こっている惨事を止めるために、世界の人々に呼びかける作品です。ダルフールで、そして世界の各地で、それぞれのやり方で惨事を止めようとする6人の人間。彼らの活動を通して、一人の人間のアクションが何百万人もの人間に影響を与え、変化をもたらすことを描いています。

米国11.2公開。DARFUR NOW
myspace.com/darfurnow
participate.net/darfurnow

ソーラー・クッカー・プロジェクト Solar Cooker Project

スーダンのチャドの難民キャンプの女性たちは、レイプや暴行の危険を侵して、薪を集める作業をしています。この危険を少しでも減らすために、米国の市民団体がソーラー・クッカーを送る活動をしています。これがあれば、薪がなくても、太陽熱で料理をすることが出来ます。30ドルで、ソーラー・クッカー2つ、鍋2つ、備品、使い方のトレーニングを与えることが出来ます。

「DARFUR NOW」提携プロジェクトです。
jewishworldwatch.org (Solar Cooker Project)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。