YouTubeから聞こえるアメリカの声

S-CHIP: Bethany’s Story

In Health Care on 2007/10/16 at 05:52

「ハ〜イ!」

ベサニーは健康な子供に見えます。でも三ヶ月の時、医者はベサニーが命に関わる心臓病であることを見つけました。ベサニーには手術が必要でした。手術費が出せない両親に代わって、政府が払いました。州児童医療保険(S-CHIP)がベサニーの命を守っているのです。

ベサニーの両親は州児童医療保険が本当に人々を助ける事業であることを知っています。ジョージ・ブッシュにはなぜわからないのでしょう?ベサニーのような子供80万人の保険は、イラク戦争のたった一週間の費用で足りるのです。どちらが大事ですか?

「あたしを『拒否』しないで!Don’t Veto Me!」

– – – – – – – – – –
「Veto 拒否」の大統領の一筆で、1000万人の子供の健康保険が拒否されました。そして今週の木曜、下院で審議が行われます。市民団体TrueMajorityとMoveOnそして協賛団体多数は、団結して米国全土で「Candlelight Vigils ロウソク集会」を行います。大統領に無視された子供たちのために。72%の市民が、共和党支持の61%ですら、州児童医療保険を支持でしています。大統領の「Veto 拒否」を初めて覆す、本当のチャンスです。実現のために議会に訴えましょう。

下院共和党議員で「Veto 拒否」支持はたった15名です。彼らに道を譲るわけには行きません。7年の間で初めて、大統領の思い通りにはさせません。アメリカのために。議会には市民のために立ち上がり、大統領に立ち向かう義務があります。憲法が示す通りに、市民のために。

– – – – – – – – – –
サイトから最寄りの集会場所を知ることができます。
TrueMajorityAction: SCHIP
MoveOn: KidsHealthVigil

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。