YouTubeから聞こえるアメリカの声

Bush vs. Kids

In Health Care on 2007/10/05 at 00:00


「ブッシュ大統領はいい人だと思う」
「とってもいい人だよ」
「とっても優しい人だと思う」
「一緒にフットボールしたいなぁ」
「もしブッシュ大統領に会ったら『あなたは一番いい大統領です!』って僕は言うんだ。だっていい人だもの」
「みんなを助けてくれるもの」
「ブッシュ大統領に、この国をもっときれいでいい国にしてほしいなぁ」
「親切で寛大だもの」
「もしブッシュ大統領に会えたら僕は、すごくすごくすごく嬉しい」
「ブッシュ大統領は子供が大好きなんだよ!」

ブッシュ大統領は米国1000万人の子供の健康保険更新を拒否しました。この子たちの健康保険も。怒りを運動に変えましょう。そして何かを成し遂げましょう。

– – – – – – – – – – – – – – – – –
The Making of This Video

早くも7月の時点でブッシュ大統領は、まだ州児童医療保険事業法案更新の内容もはっきりしていないうちに、拒否権を行使すると表明しました。

「目下の目標はより多くの国民が民間保険に加入することだ。米国民には保険に加入するすべがあるんだから。いざとなったら救急病棟へ行けばいい。」

大統領が子供たちに「救急病棟へ行け」と言うのを聞いて、私たちは耳を疑いました。私たちの怒りはすぐに行動に変わりました。

この夏、州児童医療保険事業法案が議会で議論されている間、私たちは現在州児童医療保険事業(S-CHIP)に加入している何百万人もの子供たちのために、立ち上がりました。この拒否権の影響を受ける子供たちの数は1000万人に及びます。このビデオに映っている子供たちもその中にいます。

このビデオでは、子供たちの大統領に対する信頼の気持ちと、大統領の子供の健康への無関心さを並べて表現しました。事実上、大統領と議会の同調者たちは、明らかに、そして謝罪の気持ちもなく、労働階級の子供たちへの健康保険を断ち切っています。これらの家族にはこの保険以外には、払って行ける民間保険がないのです。

このビデオの目的は、大統領の拒否権によって影響を受ける何百万もの子供たちの実際の「顔」を見せることでした。実際にこの対象となる子供たちを選びました。子役ではありません。

この素晴らしいビデオがあなたの心を動かし、この行動に参加し、そして子供たちに健康保険を与える他のたくさんの方法を知って下さるよう願います。子供たちのために、ブッシュ大統領とその仲間を、今こそ止める時です。

– – – – – – – –
サイトから議会への拒否権転覆請願への署名と献金ができます。このビデオをホストする方法も記載されています。

Families USA: The Voice for Health Care Consumers

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。