YouTubeから聞こえるアメリカの声

「インビクタス」モーガン・フリーマンからの呼びかけ

In Activism, Human Rights on 2009/12/07 at 01:13


It all began with the story. After being in jail for 27 years based primarily on his political beliefs, Nelson Mandela became the first democratically elected president in South Africa. I had the honor of playing Nelson Mandela in the new film “Invictus”. And believe the powerful story like this inspire millions of people. We all accept that it is only through the effort of dedicated people coming together that human rights will continued to be protected.
すべては「物語」から始まった。政治思想のために27年間投獄された後、ネルソン・マンデラは南アフリカ初の民主選挙で選ばれた大統領となった。私は光栄にも映画「インビクタス/負けざる者たち」でネルソン・マンデラを演じた。そしてこのような「物語」が多くの人々を感化することを強く感じている。そして人権保護のために尽くす人々の協力と努力のお陰で、世界人権が守られ続けていることは、みなが認めるところだ。

That’s why this month, I’m working with Amnesty International and YouTube to shine a light onto the important work done by human rights organizations around the world. But we need your help to tell the stories. We want you to make a video that explains how your favorite human rights organization has advanced the movement and inspires you to stand up for others. We select the top 3 winners, and these will be featured on YouTube homepage at the end of the month. So, go ahead, tell us your best human rights story.
だから私はこの12月、国際アムネスティーとYouTubeと共に、世界の人権保護団体の貴重な働きに光を当てるために運動することにした。そして君の助けが必要だ。君の「物語」が必要だ。君が支援する人権保護団体について、それがどのように人権確立への動きを生んだか、そしてどのように人々を感化して立ち上がらせたか、ビデオで語って欲しい。君たちのビデオの中から三つの作品を選んで、今月末にこのホームページに掲載する。さぁ、君の「物語」を聞かせてくれ。最高の人権の物語を。

YouTube: Video Volunteers
http://www.youtube.com/videovolunteers

Join Morgan Freeman to Bring Human Rights Work to Light
アムネスティーYouTubeブログ: モーガン・フリーマンと一緒に人権保護活動に光を当てよう

http://blog.amnestyusa.org/us/join-morgan-freeman-to-bring-human-rights-work-to-light

YouTube can be a powerful tool championing the rights of individuals and promoting free expression. This month, during International Human Rights Day, YouTube is partnering with Morgan Freeman and Amnesty International to encourage you to become advocates for equality and justice, through Video Volunteers.
YouTubeは個人のキャンペーン活動や自由な表現の道具として素晴らしい力を持っています。12月は国際人権の日(12月10日)の月。YouTubeはモーガン・フリーマンと国際アムネスティーと組み、あなたへのキャンペーンを行います。Video Volunteersを使って、平等と正義のための声をあげて欲しいのです。

Here’s how you can help. Create a video about the nonprofit of your choice working on a human rights issue that you care about — it could be genocide, human trafficking, refugee protection, gender equality or something else -and submit it to the Video Volunteers channel by December 21. Amnesty International and Freeman, who plays legendary crusader Nelson Mandela in the upcoming movie Invictus, will select three videos to appear on the YouTube homepage at the end of the month.
やり方はこうです。あなたが気にかけている人権問題のために活動している非利益団体について、ビデオを作って下さい。民族殺戮、人身売買、難民問題、性の平等など。12月21日までにVideo Volunteersにビデオを投稿してください。その中から、国際アムネスティーとモーガン・フリーマンが三つの作品を選びます。

This is your chance to help citizens around the world who often can’t help themselves and to bring the vital work of human rights organizations to light. Join Morgan Freeman to protect the rights of these individuals at www.youtube.com/videovolunteers.
世界中で助けを求めている人たち、そしてその人たちの人権のためになくてはならない活動をしている多くの人たち、彼らに光を当てるチャンスです。彼らの人権保護のために、あなたもモーガン・フリーマンの活動に参加しましょう!


Invictus「インビクタス/負けざる者たち」
http://invictusmovie.com

From director Clint Eastwood, Invictus tells the inspiring true story of how Nelson Mandela (Morgan Freeman) joined forces with the captain of South Africa’s rugby team, Francois Pienaar (Matt Damon), to help unite their country.
クリント・イーストウッド監督作品「インビクタス」。マンデラ大統領とラグビーチームのキャプテンが力を合わせ、南アフリカをひとつに団結する、感動に満ちた実話。

Newly elected President Mandela knows his nation remains racially and economically divided in the wake of apartheid. Believing he can bring his people together through the universal language of sport, Mandela rallies South Africa’s underdog rugby team as they make an unlikely run to the 1995 World Cup Championship match.
選ばれたばかりのマンデラ大統領は、人種と経済の分離がアパルトヘイト時代のままに続いていることを知っていた。スポーツという万国共通の言葉で、南アフリカのすべての国民を団結できるに違いないと信じている。マンデラ大統領は自国の弱小ラグビーチームに期待をかける。チームは1995年ワールドカップ優勝戦へと、思わぬ進出を果たして行く。

「未来へのラブレター」タイムカプセルに託す100年後へのメッセージ

In Activism, Environment on 2009/11/11 at 00:15


Picture this. 100 years from now, someone reads the message that you wanted to tell them about the future of this planet. How can we say our children and our grandchildren that we didn’t know, we didn’t believe it’s true. There is no “planet B”. It’s no just affect my grandchildren, it’s gonna affect my nephews and my nieces. That’s how urgent it is. We no longer have 10 or 20 years, we have this year. It’s going to affect our children, grandchildren and life on this planet. Why should you care? Well, you live here, too. Now is the time. Make a video, post a picture, write a message, send the love letter to the future.

想像してみて下さい。私たちが地球の未来について伝えたいメッセージを、100年後に誰かが読むのです。子供たちや孫たちに、知らなかった、本当だとは思わなかった‥などと言えますか?第二の地球などないのです。孫たち‥いや私たちの甥や姪たちに影響が出る、それほど性急なことなんです。10年20年の猶予ではありません。今年がその時なんです。子供たちや孫たち、そしてこの地球の生き物すべてに影響するのです。なぜ心配する必要があるのか?だってあなたもここに住んでいるのだから。ビデオを作って下さい、写真をアップして下さい、メッセージを書いて下さい。未来にラブレターを出すのです。

- – – – – – -
Time Capsule being built in Copenhagen creates a future thinking perspective on today’s climate change debate and it could include your message!

コペンハーゲンで作られるタイムカプセルには、今日の気候変動論争に対する私たちの将来への思いが詰め込まれる。あなたのメッセージも加わるかもしれない。

Produced by the Emmy® Award winning production company Xenophile Media in Toronto, Love Letters to the Future is a project designed to raise awareness about climate change.

エミー賞受賞経験のあるトロントのプロダクション、ゼノファイルメディアによって企画された「未来へのラブレター」は、気候異変への人々の関心を高めるためのプロジェクトだ。

Imagine what generations in the future will think of us if we don’t do anything about climate change. And then try to imagine that future differently. What would you say to a generation 100 years from now?

気候変動に対して何もしなかったら、未来の世代は私たちのことをどう思うだろう?そして一体どんな未来が待ち受けているのだろう?100年後の世代に、あなたなら何と言いますか?

The project is collecting video love letters to the future from the public, and is also collecting filmed statements from indigenous people in the Cook Islands and places that are among those most effected by climate change.

ビデオラブレターは、一般から集められる。そして現在の気候変動で最も影響を受けている場所のひとつクックアイランドの原住民の言葉も、映像として記録される。

A time capsule being built in Copenhagen will preserve the 100 best messages uploaded to http://www.loveletterstothefuture.com, as voted on by the public. It will be sealed in mid-December, to be re-opened in the next century. To ensure our love letters are still around 100 years from today, they will be stored using Monolith™ cards, a technology incorporating analog and digital data pioneered by the Imaging and Media Lab at the University of Basel.

コペンハーゲンのタイムカプセルには、loveletterstothefuture.comにアップロードされたメッセージの中から、一般投票によって選ばれた上位100が詰め込まれる。タイムカプセルは12月中旬に封印され、100年後の開封を待つ。100年後までしっかり形を保つように、メッセージはモノリスカードに保存される。モノリスカードには、バーゼル大学のメディア研究所で開発された、アナログデジタル技術が使われている。

The project’s goal is to collect a critical mass of love letters and present them to the world at a live event during the UN Climate Change Conference in Copenhagen in mid-December. Throughout the event, a selection of the time-capsule messages will be projected on a huge screen and read out by a (soon-to-be-revealed!) celebrity.

このプロジェクトの目標は、連鎖反応によって集められた膨大なラブレターを、12月の国連気候変動会議期間中にライブイベントとして公開すること。イベントではタイムカプセルの中のメッセージが巨大スクリーンに映し出され、有名人(名前は近々公開)によって読み上げられる。

Anyone can be a part of this project! Create your love letter to the future as a video, image or 140 character text and upload it on: http://www.loveletterstothefuture.com

誰もがこのプロジェクトの一部になれる。あなたの「未来へのラブレター」を送って下さい。ビデオか写真か140文字以内のメッセージを、loveletterstothefuture.comへアップロードして下さい。

We are at a tipping point in the global fight against climate change. This is our chance to tell the world our future is at stake. Help us to get the word out!

私たちは気候変動への地球規模の闘争の分岐点に立っている。世界に「未来が危機に瀕している」ことを知らせるチャンスだ。どうかこのメッセージを広げる手助けをして下さい。

Love Letters To The Future「未来へのラブレター」
http://www.loveletterstothefuture.com

hopenhagen.org: コペンハーゲン国連気候変動会議への地球規模草の根運動

In Activism, Environment on 2009/11/09 at 23:32


On December 7th, the world’s leaders will gather in Copenhagen to decide the fate of our planet.

12月7日、世界のリーダーたちがコペンハーゲンに集まり、私たちの地球の運命を決めます。

Cope – Hope(協力=希望)
Copenhagen – Hopenhange(コペンハーゲン=ホーペンハーゲン)

Help seal the deal at Hopenhagen.com

約束を決める手助けをして下さい。Hopenhagen.comで。

- – – – – – -
HOPENHAGEN.ORG
http://hopenhagen.org

Welcome to Hopenhagen.
ホーペンハーゲンへようこそ。

Hopenhagen is a movement, a moment and a chance at a new beginning. The hope that in Copenhagen this December – during the United Nations Climate Change Conference – we can build a better future for our planet and a more sustainable way of life. It is the hope that we can create a global community that will lead our leaders into making the right decisions. The promise that by solving our environmental crisis, we can solve our economic crisis at the same time.

ホーペンハーゲンはムーブメントです。新しい始まりへのチャンスです。12月のコペンハーゲンへの希望です。国連気候変動会議で、私たちは地球のためにより良い未来を、そして持続可能な生存方法を作り上げることが出来るのです。ホーペンハーゲンが地球規模の運動になるように、そして世界のリーダーたちを正しい選択へ導けるように。環境危機を解決する条約は、同時に経済危機の解決にも繋がるのです。

Hopenhagen is change – and that change will be powered by all of us.
ホーペンハーゲンは変化です。私たちみんなの力で起こすチェンジです。

OUR MISSION

ホーペンハーゲンの目標

To connect every person, every city, and every nation to Copenhagen. To give everyone hope, and a platform from which to act. To create a grassroots movement that’s powerful enough to influence change.

すべての人々、都市、国々コペンハーゲンにつなげること。すべての人に希望を与え、活動の基盤を与えること。変化を起こすのに十分な草の根ムーブメントを起こすこと。

Why Act?

どうして参加するのか?

Change will not happen unless the people demand it. That’s why Hopenhagen exists – to give you a rallying cry and the tools to demand a positive outcome in Copenhagen. Signing the UN Climate Petition is only the first step. We need your help activating Hopenhagen in your communities, so the movement grows. This needs to be a people’s movement, with enough people involved that our leaders can’t ignore it.

変化は人々が望まない限り起こりません。だからホーペンハーゲンがあるのです。あなたに時の声を与え、コペンハーゲンでの前向きな決断を要求するための道具を与えるために。ここで国連気候保護署名をするのは始めの一歩。あなたの地域でホーペンハーゲンを拡大してください。そうすればムーブメントは広がります。これは人々によるムーブメントでなければなりません。私たちみなが要求すれば、リーダーたちは無視することは出来ません。

What Will Change?

何が変るのか?

Our hope is that in Copenhagen we can begin to build a cleaner, more livable world than the one we live in today. And this hope is more than just wishful thinking. We’re already seeing examples of how this is possible, all around the planet.

私たちはコペンハーゲンで、今ある地球よりももっとクリーンで、今よりももっと住むに値する環境を創り始める約束が決められることを望みます。これは根拠のない希望ではありません。すでに世界中に、それが可能になる例が存在するのですから。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。